有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2015年3月31日)

当事業年度

(2016年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

13,012

60,027

受取手形

124

83

売掛金

※1 202,698

※1 192,263

有価証券

91,530

12,024

商品及び製品

81,468

83,272

原材料及び貯蔵品

11,002

7,183

繰延税金資産

44,942

42,172

その他

※1 28,014

※1 82,561

流動資産合計

472,791

479,585

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

48,774

47,330

構築物

2,439

1,791

機械及び装置

4,159

1,873

工具、器具及び備品

7,480

8,559

土地

9,898

9,221

リース資産

991

1,133

建設仮勘定

5,385

4,115

その他

7

0

有形固定資産合計

79,133

74,022

無形固定資産

62,393

85,514

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

68,476

51,868

関係会社株式

321,792

324,232

関係会社出資金

5,345

4,411

長期貸付金

57

60

繰延税金資産

7,135

36,709

その他

35,673

45,812

貸倒引当金

14

52

投資その他の資産合計

438,464

463,040

固定資産合計

579,991

622,577

資産合計

1,052,782

1,102,161

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2015年3月31日)

当事業年度

(2016年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

買掛金

※1 82,425

※1 87,007

短期借入金

※1 60,677

※1 293,643

リース債務

365

415

未払金

※1 109,772

※1 61,843

未払費用

17,651

20,071

未払法人税等

9,520

18,315

預り金

※1 18,860

※1 10,261

売上割戻引当金

3,243

2,665

その他

※1 3,510

※1 27,744

流動負債合計

306,023

521,964

固定負債

 

 

リース債務

626

718

その他

4,691

28,750

固定負債合計

5,316

29,468

負債合計

311,340

551,432

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

103,001

103,001

資本剰余金

 

 

資本準備金

176,822

176,822

資本剰余金合計

176,822

176,822

利益剰余金

 

 

利益準備金

16,827

16,827

その他利益剰余金

 

 

退職積立金

900

900

特別償却準備金

173

137

固定資産圧縮積立金

1,445

1,251

別途積立金

365,970

365,970

繰越利益剰余金

131,196

19,957

利益剰余金合計

516,511

405,042

自己株式

86,997

157,111

株主資本合計

709,337

527,754

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

29,864

20,849

評価・換算差額等合計

29,864

20,849

新株予約権

2,241

2,126

純資産合計

741,442

550,729

負債純資産合計

1,052,782

1,102,161

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 2014年4月1日

 至 2015年3月31日)

当事業年度

(自 2015年4月1日

 至 2016年3月31日)

売上高

※1 634,487

※1 649,415

売上原価

※1 274,321

※1 266,857

売上総利益

360,166

382,557

販売費及び一般管理費

※2 315,834

※2 376,967

営業利益

44,333

5,590

営業外収益

 

 

受取利息及び受取配当金

※1 1,020

※1 1,088

その他

※1 1,476

※1 3,718

営業外収益合計

2,496

4,806

営業外費用

 

 

支払利息

※1 59

※1 289

その他

※1 1,909

1,447

営業外費用合計

1,968

1,736

経常利益

44,860

8,659

特別利益

 

 

固定資産売却益

1,379

457

その他

5,635

11,050

特別利益合計

7,014

11,506

特別損失

 

 

固定資産除売却損

964

440

減損損失

286

9,143

その他

10,809

666

特別損失合計

12,058

10,249

税引前当期純利益

39,816

9,917

法人税、住民税及び事業税

14,497

23,750

法人税等調整額

1,003

21,812

法人税等合計

15,501

1,938

当期純利益

24,316

7,978

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 2014年4月1日 至 2015年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本

剰余金

合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益

剰余金

合計

 

退職積立金

特別償却準備金

固定資産

圧縮

積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

103,001

176,822

176,822

16,827

900

205

1,375

365,970

187,025

572,302

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

 

 

 

7,622

7,622

会計方針の変更を反映した当期首残高

103,001

176,822

176,822

16,827

900

205

1,375

365,970

194,647

579,924

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

 

8

 

 

8

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

 

41

 

 

41

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

 

 

70

 

70

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

 

62,146

62,146

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

 

24,316

24,316

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

 

 

 

 

 

 

185

185

自己株式の消却

 

 

 

 

 

 

 

 

25,398

25,398

株主資本以外の

項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

32

70

63,451

63,413

当期末残高

103,001

176,822

176,822

16,827

900

173

1,445

365,970

131,196

516,511

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券

評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

54,535

797,590

20,387

20,387

2,110

820,086

会計方針の変更による累積的影響額

 

7,622

 

 

 

7,622

会計方針の変更を反映した当期首残高

54,535

805,211

20,387

20,387

2,110

827,708

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

剰余金の配当

 

62,146

 

 

 

62,146

当期純利益

 

24,316

 

 

 

24,316

自己株式の取得

58,229

58,229

 

 

 

58,229

自己株式の処分

369

184

 

 

 

184

自己株式の消却

25,398

 

 

 

株主資本以外の

項目の当期変動額(純額)

 

 

9,477

9,477

131

9,608

当期変動額合計

32,462

95,875

9,477

9,477

131

86,266

当期末残高

86,997

709,337

29,864

29,864

2,241

741,442

 

当事業年度(自 2015年4月1日 至 2016年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本

剰余金

合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益

剰余金

合計

 

退職積立金

特別償却準備金

固定資産

圧縮

積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

103,001

176,822

176,822

16,827

900

173

1,445

365,970

131,196

516,511

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

 

3

 

 

3

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

 

38

 

 

38

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

 

 

27

 

27

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

221

 

221

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

 

69,622

69,622

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

 

7,978

7,978

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

 

 

 

 

 

 

248

248

自己株式の消却

 

 

 

 

 

 

 

 

49,577

49,577

株主資本以外の

項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

35

194

111,239

111,469

当期末残高

103,001

176,822

176,822

16,827

900

137

1,251

365,970

19,957

405,042

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券

評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

86,997

709,337

29,864

29,864

2,241

741,442

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

剰余金の配当

 

69,622

 

 

 

69,622

当期純利益

 

7,978

 

 

 

7,978

自己株式の取得

120,127

120,127

 

 

 

120,127

自己株式の処分

436

188

 

 

 

188

自己株式の消却

49,577

 

 

 

株主資本以外の

項目の当期変動額(純額)

 

 

9,015

9,015

115

9,130

当期変動額合計

70,114

181,583

9,015

9,015

115

190,713

当期末残高

157,111

527,754

20,849

20,849

2,126

550,729

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.資産の評価基準及び評価方法

(1) 有価証券の評価基準及び評価方法

満期保有目的の債券

償却原価法(定額法)

子会社株式及び関連会社株式

移動平均法による原価法

その他有価証券

時価のあるもの

期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

 

(2) たな卸資産の評価基準及び評価方法

通常の販売目的で保有するたな卸資産

総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

 

2.固定資産の減価償却の方法

(1) 有形固定資産(リース資産を除く)

定額法

なお、主な耐用年数は以下のとおりです。

建物

2〜50年

機械及び装置

2〜20年

工具、器具及び備品

2〜20年

 

(2) 無形固定資産(リース資産を除く)

定額法

なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっています。

 

(3) リース資産

所有権移転外ファイナンス・リース取引に係るリース資産

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用しています。

 

3.引当金の計上基準

(1) 貸倒引当金

売上債権、貸付債権等の貸倒損失に備え、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。

 

(2) 売上割戻引当金

期末日後に発生が見込まれる売上割戻の支出に備え、期末売掛金及び期末特約店在庫金額に対し直近の割戻率を乗じた金額を計上しています。

 

(3) 退職給付引当金

確定給付型の退職給付制度に基づく従業員の退職給付に備え、当期末における退職給付債務から年金資産の額を控除した額に未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用を調整した額を計上しています。

数理計算上の差異は発生時の従業員の平均残存勤務年数にわたり定額法により翌年度から処理し、過去勤務費用は発生時の従業員の平均残存勤務年数にわたり定額法により処理しています。

なお、2006年10月1日に旧山之内製薬株式会社の採用していた退職給付制度と旧藤沢薬品工業株式会社の採用していた退職給付制度を統合していますが、統合以前の旧藤沢薬品工業株式会社の採用していた退職給付制度に係る数理計算上の差異は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)にわたり定額法により翌年度から処理し、過去勤務費用は、発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)にわたり定額法により処理しています。

 

4.ヘッジ会計の方法

(1) ヘッジ会計の方法

原則として繰延ヘッジによっています。ただしその他有価証券については、時価ヘッジによっています。

 

(2) ヘッジ手段とヘッジ対象

ヘッジ手段:デリバティブ取引

ヘッジ対象:相場変動、キャッシュ・フロー変動により、損益が発生する資産、負債

 

(3) ヘッジ方針

当社で規定されたデリバティブ取引に関する管理体制に基づき、ヘッジ対象に係る相場変動リスク、キャッシュ・フロー変動リスクを一定の範囲内でヘッジしています。

 

(4) ヘッジ有効性評価の方法

繰延ヘッジに関しては、ヘッジ開始時から有効性判定時点までの期間において、ヘッジ対象の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計とヘッジ手段の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計を比較し、両者の変動額等を基礎に判断することにしています。

 

5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

消費税等の会計処理方法

税抜方式によっています。

 

(表示方法の変更)

(貸借対照表関係)

前事業年度において独立掲記していた流動負債の「役員賞与引当金」は、金額的重要性が乏しいため、流動負債の「その他」に含めて表示しています。

この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の貸借対照表の組み替えを行っています。

この結果、前事業年度の貸借対照表において、流動負債の「役員賞与引当金」に表示していた150百万円は「その他」として組み替えています。

 

(貸借対照表関係)

※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務

 

前事業年度

(2015年3月31日)

当事業年度

(2016年3月31日)

短期金銭債権

44,597百万円

102,116百万円

短期金銭債務

104,409百万円

330,620百万円

 

2 保証債務

次の会社等の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っています。

前事業年度

(2015年3月31日)

当事業年度

(2016年3月31日)

従業員

737百万円

従業員

579百万円

株式会社UNIGEN

800百万円

株式会社UNIGEN

800百万円

1,537百万円

1,379百万円

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引高

 

前事業年度

(自 2014年4月1日

至 2015年3月31日)

当事業年度

(自 2015年4月1日

至 2016年3月31日)

売上高

117,392百万円

133,932百万円

仕入高

49,661百万円

41,730百万円

営業取引以外の取引高

695百万円

1,543百万円

 

※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度9%、当事業年度11%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度91%、当事業年度89%です。

販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。

 

前事業年度

(自 2014年4月1日

  至 2015年3月31日)

当事業年度

(自 2015年4月1日

  至 2016年3月31日)

給料手当及び賞与

45,662百万円

43,938百万円

研究開発費

175,889百万円

226,096百万円

 

(有価証券関係)

子会社株式及び関連会社株式(前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式321,008百万円、関連会社株式783百万円、当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式321,105百万円、関連会社株式3,128百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載していません。

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

(単位:百万円)

 

前事業年度

(2015年3月31日)

 

 

当事業年度

(2016年3月31日)

繰延税金資産

 

 

 

有価証券評価損

1,903

 

2,177

退職給付引当金

3,147

 

3,054

固定資産減価償却

19,457

 

26,113

その他の償却

640

 

524

減損損失

941

 

2,887

未払費用

4,873

 

4,700

引当金

1,066

 

834

たな卸資産

7,986

 

9,304

事業税

790

 

1,627

前渡金

16,784

 

14,994

その他

24,968

 

37,773

繰延税金資産小計

82,557

 

103,987

評価性引当額

△12,854

 

△12,841

繰延税金資産合計

69,703

 

91,146

繰延税金負債

 

 

 

その他有価証券評価差額金

△13,549

 

△8,557

前払年金費用

△2,674

 

△2,488

固定資産圧縮積立金

△680

 

△549

特別償却準備金

△81

 

△60

その他

△641

 

△611

繰延税金負債合計

△17,626

 

△12,265

繰延税金資産の純額

52,077

 

78,881

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

(単位:%)

 

前事業年度

(2015年3月31日)

 

 

当事業年度

(2016年3月31日)

国内の法定実効税率

35.3

 

32.8

(調整)

 

 

 

交際費等永久に損金に算入されない項目

2.9

 

4.9

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

△0.4

 

△1.4

研究費税額控除

△12.8

 

△75.7

繰延税金資産評価性引当額

1.0

 

6.4

税率変更による影響

14.4

 

39.8

当事業年度の一時差異変動に係る

解消年度との税率差異

 

16.2

その他

△1.4

 

△3.4

税効果会計適用後の法人税等の負担率

38.9

 

19.6

 

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産及び繰延税金負債の金額の修正

「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)及び「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が2016年3月29日に国会で成立し、2016年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げ等が行われることになりました。これに伴い、繰延税金資産及び繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は、前事業年度の計算において使用した32.0%から2016年4月1日に開始する事業年度及び2017年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異については30.7%に、2018年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異については30.5%になります。

この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)が3,530百万円減少しています。

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

(単位:百万円)

区分

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却

累計額

 

有形固定資産

建物

48,774

8,739

7,101

(7,014)

3,083

47,330

64,139

構築物

2,439

150

637

(584)

162

1,791

4,309

機械及び装置

4,159

374

1,225

(1,140)

1,435

1,873

25,740

工具、器具及び備品

7,480

4,735

612

(95)

3,044

8,559

47,534

土地

9,898

677

(305)

9,221

リース資産

991

591

6

444

1,133

1,089

建設仮勘定

5,385

2,436

3,706

4,115

その他

7

5

(5)

2

0

30

79,133

17,026

13,968

(9,143)

8,170

74,022

142,841

無形固定資産

62,393

37,816

8

(0)

14,687

85,514

(注)当期減少額欄の(   )内は内書きで、減損損失の計上額です。

 

【引当金明細表】

(単位:百万円)

区分

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

貸倒引当金

14

40

2

52

売上割戻引当金

3,243

2,665

3,243

2,665

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。

 

(3)【その他】

該当事項はありません。

 





出典: アステラス製薬株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書