有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
① 【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1 現金及び預金
   
43,426
   
25,566
 
2 受取手形
※1
※4
 
2,952
   
1,345
 
3 売掛金
※1
 
124,040
   
125,402
 
4 有価証券
   
8,114
   
3,927
 
5 商品
   
6,178
   
6,726
 
6 製品
   
9,043
   
9,215
 
7 半製品
   
8,935
   
8,734
 
8 原材料
   
5,350
   
7,581
 
9 仕掛品
   
424
   
607
 
10 貯蔵品
   
1,043
   
1,023
 
11 繰延税金資産
   
16,650
   
19,397
 
12 短期貸付金
※1
 
5,595
   
79,374
 
13 その他
※1
 
13,898
   
17,217
 
流動資産合計
   
245,655
42.8
 
306,121
31.3
Ⅱ 固定資産
             
1 有形固定資産
             
(1) 建物
 
107,885
   
108,492
   
減価償却累計額
※3 
65,658
42,226
 
66,471
42,020
 
(2) 構築物
 
7,987
   
8,061
   
減価償却累計額
※3
5,415
2,571
 
5,519
2,541
 
(3) 機械及び装置
 
76,616
   
76,970
   
減価償却累計額
※3 
61,897
14,719
 
63,198
13,772
 
(4) 車両及び運搬具
 
385
   
372
   
減価償却累計額
※3 
310
75
 
321
51
 
(5) 工具器具及び備品
 
33,589
   
34,979
   
減価償却累計額
※3 
25,418
8,171
 
26,371
8,607
 
(6) 土地
   
11,200
   
11,208
 
(7) 建設仮勘定
   
1,386
   
5,202
 
有形固定資産合計
   
80,352
14.0
 
83,403
8.6

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
2 無形固定資産
             
(1) 特許権
   
24
   
20
 
(2) ソフトウェア
   
8,891
   
8,872
 
(3) 販売権
   
20,705
   
24,092
 
(4) その他
   
632
   
493
 
無形固定資産合計
   
30,253
5.3
 
33,477
3.4
3 投資その他の資産
             
(1) 投資有価証券
   
103,424
   
81,373
 
(2) 関係会社株式
   
77,228
   
422,509
 
(3) 長期貸付金
   
3
   
2
 
(4) 関係会社長期貸付金
   
2,845
   
2,892
 
(5) 長期前払費用
   
948
   
875
 
(6) 繰延税金資産
   
28,960
   
42,649
 
 (7) その他
   
7,569
   
7,417
 
 (8) 貸倒引当金
   
△3,539
   
△3,465
 
投資その他の資産合計
   
217,441
37.9
 
554,254
56.7
固定資産合計
   
328,046
57.2
 
671,135
68.7
資産合計
   
573,702
100.0
 
977,256
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1 支払手形
   
62
   
67
 
2 買掛金
   
7,551
   
6,708
 
3 短期借入金
   
   
362,814
 
4 未払金
※1
 
26,014
   
25,062
 
5 未払費用
   
17,667
   
14,459
 
6 未払法人税等
   
15,257
   
14,196
 
7 預り金
※1
 
9,625
   
10,313
 
8 返品調整引当金
   
376
   
246
 
9 返品廃棄損失引当金
   
245
   
187
 
10 その他
   
63
   
288
 
流動負債合計
   
76,864
13.4
 
434,345
44.5
Ⅱ 固定負債
             
1 長期借入金
   
   
50,000
 
2 退職給付引当金
   
28,221
   
20,321
 
3 役員退職慰労引当金
   
1,073
   
1,230
 
固定負債合計
   
29,295
5.1
 
71,552
7.3
負債合計
   
106,160
18.5
 
505,897
51.8
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
44,985
7.9
 
44,985
4.6
2 資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1) 資本準備金
 
55,222
 
 
55,222
 
 
(2) その他資本剰余金
 
 
 
1,743
 
 
資本剰余金合計 
 
 
55,222
9.6
 
56,966
5.8
3 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1) 利益準備金
 
7,899
 
 
7,899
 
 
(2) その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
固定資産圧縮積立金
 
126
 
 
126
 
 
別途積立金
 
337,880
 
 
337,880
 
 
繰越利益剰余金
 
44,026
 
 
53,070
 
 
利益剰余金合計 
 
 
389,932
68.0
 
398,976
40.8
4 自己株式
 
 
△42,219
△7.4
 
△39,694
△4.0
株主資本合計 
 
 
447,921
78.1
 
461,233
47.2
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価
差額金
 
 
19,325
 
 
9,568
 
評価・換算差額等合計 
 
 
19,325
3.3
 
9,568
1.0
Ⅲ 新株予約権
 
 
294
0.1
 
556
0.0
純資産合計 
 
 
467,541
81.5
 
471,358
48.2
負債純資産合計 
 
 
573,702
100.0
 
977,256
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
② 【損益計算書】
   
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※3 
           
1 製品売上高
 
305,634
   
342,481
   
2 商品売上高
 
46,012
351,647
100.0
46,719
389,200
100.0
Ⅱ 売上原価
 
           
1 期首製品・商品たな卸高
 
12,316
   
15,222
   
2 当期製品製造原価
※2
42,029
   
38,301
   
3 当期商品仕入高
 
25,453
   
26,107
   
 
79,798
   
79,631
   
4 他勘定振替高
※1
15,573
   
12,426
   
5 期末製品・商品たな卸高
 
15,222
80,149
22.8
15,942
76,115
19.6
売上総利益
   
271,497
77.2
 
313,085
80.4
返品調整引当金繰入
(△戻入)額
   
△61
△0.0
 
△130
△0.1
差引売上総利益
   
271,558
77.2
 
313,216
80.5
Ⅲ 販売費及び一般管理費
             
1 広告宣伝費
 
7,716
   
7,954
   
2 販売諸費
 
29,240
   
32,654
   
3 旅費交通・通信費
 
5,994
   
6,149
   
4 給与・賞与
 
26,989
   
27,133
   
5 福利厚生費
 
5,437
   
5,585
   
6 退職給付費用
 
31
   
△1,387
   
7 役員退職慰労引当金
繰入額
 
142
   
153
   
8 事務諸費
 
13,146
   
15,155
   
9 減価償却費
 
4,861
   
5,323
   
10 研究開発費
※2
106,378
   
133,989
   
11 その他
 
6,593
206,532
58.7
7,397
240,109
61.7
営業利益
   
65,026
18.5
 
73,106
18.8

 

   
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅳ 営業外収益
             
1 受取利息
※3
109
   
607
   
2 有価証券利息
 
315
   
279
   
3 受取配当金
 
1,071
   
992
   
4 その他
 
382
1,878
0.5
396
2,275
0.6
Ⅴ 営業外費用
             
1 支払利息
 
65
   
808
   
2 為替差損
 
892
   
3,078
   
3 減価償却費
 
81
   
   
4 その他
 
189
1,230
0.3
462
4,349
1.1
経常利益
   
65,674
18.7
 
71,033
18.3
Ⅵ 特別利益
             
1 固定資産売却益
※4
204
   
7
   
2 投資有価証券売却益
 
1,651
   
2,202
   
3 貸倒引当金戻入額
 
25
   
   
4 製品廃棄子会社負担額
 
554
   
   
5 その他
 
2,437
0.7
32
2,242
0.5
Ⅶ 特別損失
             
1 固定資産処分損
※5
975
   
948
   
2 減損損失
※6
81
   
49
   
3 投資有価証券評価損 
 
   
1,251
   
4 仕掛品原価差損 
 
   
845
   
5 有形固定資産臨時償却費
 
646
   
   
6 その他
 
34
1,738
0.5
52
3,147
0.8
税引前当期純利益
   
66,374
18.9
 
70,128
18.0
法人税、住民税及び
事業税
 
30,437
   
33,820
   
法人税等調整額
 
△6,866
23,570
6.7
△9,673
24,146
6.2
当期純利益
   
42,803
12.2
 
45,982
11.8
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
   
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 原材料費
 
18,066
37.4
14,709
33.3
Ⅱ 労務費
 
11,897
24.7
10,916
24.7
Ⅲ 経費
(注2)
18,269
37.9
18,581
42.0
当期総製造費用
 
48,233
100.0
44,206
100.0
期首仕掛品半製品たな卸高
 
9,493
 
9,359
 
合計
 
57,726
 
53,566
 
期末仕掛品半製品たな卸高
 
9,359
 
9,342
 
他勘定振替高
(注3)
△6,338
 
△5,922
 
当期製品製造原価
 
42,029
 
38,301
 
 (注) 1 原価計算の方法は、組別、工程別総合原価計算であり、標準原価計算制度を採用しております。
2 「経費」のうち主なものは、減価償却費6,053百万円(前事業年度6,918百万円)、外注加工費2,836百万円(前事業年度2,547百万円)であります。
3 「他勘定振替高」の主なものは、受託加工費の未収金への振替および研究開発費への振替であります。
③ 【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
   
株主資本
 
資本金
資本
剰余金
利益剰余金
自己
株式
株主資本
合計
 
資本
準備金
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
 
固定資
産圧縮
積立金
別途
積立金
繰越
利益
剰余金
前事業年度末残高
(平成18年3月31日)
(百万円)
44,985
55,222
7,899
122
323,880
45,234
377,137
△31,913
445,432
当事業年度変動額
                 
剰余金の配当(注1)
 
 
 
 
 
△14,293
△14,293
 
△14,293
剰余金の配当(注2)
 
 
 
 
 
△15,619
△15,619
 
△15,619
固定資産圧縮積立金の取崩(注1)
 
 
 
△0
 
0
 
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
△8
 
8
 
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
 
12
 
△12
 
別途積立金の積立(注1)
 
 
 
 
14,000
△14,000
 
当期純利益
 
 
 
 
 
42,803
42,803
 
42,803
自己株式の処分差損
 
 
 
 
 
△94
△94
 
△94
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△11,194
△11,194
自己株式の処分
 
 
 
 
 
 
 
887
887
株主資本以外の項目の
当事業年度変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当事業年度変動額合計
(百万円)
3
14,000
△1,208
12,795
△10,306
2,488
当事業年度末残高
(平成19年3月31日)
(百万円)
44,985
55,222
7,899
126
337,880
44,026
389,932
△42,219
447,921
   
評価・換算差額等
新株予約権
純資産合計
   
その他有価証券
評価差額金
前事業年度末残高
(平成18年3月31日)
(百万円)
19,779
465,211
当事業年度変動額
     
剰余金の配当(注1)
 
 
△14,293
剰余金の配当(注2)
 
 
△15,619
固定資産圧縮積立金の取崩(注1)
 
 
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
固定資産圧縮積立金の積立
 
 
別途積立金の積立(注1)
 
 
当期純利益
 
 
42,803
自己株式の処分差損
 
 
△94
自己株式の取得
 
 
△11,194
自己株式の処分
 
 
887
株主資本以外の項目の
当事業年度変動額(純額)
△453
294
△158
当事業年度変動額合計
(百万円)
△453
294
2,329
当事業年度末残高
(平成19年3月31日)
(百万円)
19,325
294
467,541
 (注) 1 平成18年5月の取締役会決議による利益処分項目であります。
2 平成18年10月の取締役会決議による剰余金の配当であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
   
株主資本
 
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
株主資本
合計
 
資本
準備金
その他
資本
剰余金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
 
固定資
産圧縮
積立金
別途
積立金
繰越
利益
剰余金
前事業年度末残高
(平成19年3月31日)
(百万円)
44,985
55,222
55,222
7,899
126
337,880
44,026
389,932
△42,219
447,921
当事業年度変動額
                     
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
 
 
 
△0
 
0
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
 
△36,938
△36,938
 
△36,938
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
45,982
45,982
 
45,982
自己株式の処分
 
 
1,743
1,743
 
 
 
 
 
2,798
4,542
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△273
△273
株主資本以外の項目の
当事業年度変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当事業年度変動額
合計
(百万円)
1,743
1,743
△0
9,043
9,043
2,525
13,312
当事業年度末残高
(平成20年3月31日)
(百万円)
44,985
55,222
1,743
56,966
7,899
126
337,880
53,070
398,976
△39,694
461,233
   
評価・換算差額等
新株予約権
純資産合計
   
その他有価証券
評価差額金
前事業年度末残高
(平成19年3月31日)
(百万円)
19,325
294
467,541
当事業年度変動額
     
固定資産圧縮積立金の取崩
 
 
剰余金の配当
 
 
△36,938
当期純利益
 
 
45,982
自己株式の処分
 
 
4,542
自己株式の取得
 
 
△273
株主資本以外の項目の
当事業年度変動額(純額)
△9,757
261
△9,495
当事業年度変動額
合計
(百万円)
△9,757
261
3,817
当事業年度末残高
(平成20年3月31日)
(百万円)
9,568
556
471,358
継続企業の前提に重要な疑義を抱かせる事象又は状況
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 該当事項はありません。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 該当事項はありません。
重要な会計方針
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 有価証券の評価基準および評価方法
1 有価証券の評価基準および評価方法
(1) 満期保有目的の債券…償却原価法(定額法)
(1) 満期保有目的の債券…同左
(2) 子会社株式および関連会社株式
…移動平均法による原価法
(2) 子会社株式および関連会社株式
…同左
(3) その他有価証券
時価のあるもの…期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(3) その他有価証券
時価のあるもの…同左
時価のないもの…移動平均法による原価法
時価のないもの…同左
2 デリバティブ等の評価基準および評価方法
2 デリバティブ等の評価基準および評価方法
…時価法
同左
3 たな卸資産の評価基準および評価方法
3 たな卸資産の評価基準および評価方法
製品、商品、半製品、仕掛品、原材料、貯蔵品
…総平均法による原価法
同左
4 固定資産の減価償却の方法
(1) 有形固定資産
 定率法を採用しております。
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
4 固定資産の減価償却の方法
(1) 有形固定資産
同左
建物
15〜50年
機械及び装置
6〜7年
 
(2) 無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、主な償却期間は次のとおりであります。
自社利用のソフトウェア
主に5年
販売権
5〜10年
(2) 無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、主な償却期間は次のとおりであります。
自社利用のソフトウェア
5年
販売権
5〜10年
5 引当金の計上基準
(1) 貸倒引当金
 売上債権、貸付金等の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
5 引当金の計上基準
(1) 貸倒引当金
同左
(2) 返品調整引当金
 販売済製品・商品の期末日後に予想される返品による損失に備えるため、期末売上債権残高に直近2事業年度平均の返品率および当事業年度の利益率を乗じた金額を計上しております。
(2) 返品調整引当金
同左
(3) 返品廃棄損失引当金
 販売済製品・商品の期末日後に予想される返品に伴う廃棄損失に備えるため、期末売上債権残高に直近2事業年度平均の返品率および返品廃棄率を乗じた金額を計上しております。
(3) 返品廃棄損失引当金
同左

 

前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(4) 退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、期末日における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき、期末日において発生していると認められる額を計上しております。
 過去勤務債務は5年の按分額を営業費用として処理しております。
 数理計算上の差異は償却年数5年の定額法により、それぞれ発生した事業年度の翌事業年度から営業費用として処理しております。
(4) 退職給付引当金
同左
(5) 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支払いに備えるため、会社内規に基づく必要額を計上しております。
(5) 役員退職慰労引当金
同左
6 外貨建の資産および負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
6 外貨建の資産および負債の本邦通貨への換算基準
同左
7 リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
7 リース取引の処理方法
同左
8 ヘッジ会計の方法
(1) ヘッジ会計の方法
 繰延ヘッジ処理を採用しております。
 なお、為替予約については振当処理の要件を満たしている場合には振当処理を採用しております。
8 ヘッジ会計の方法
(1) ヘッジ会計の方法
同左
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
① ヘッジ手段…為替予約取引
② ヘッジ対象…営業取引の外貨建金銭債権債務等(予定取引を含む)
(2) ヘッジ手段とヘッジ対象
① ヘッジ手段…為替予約取引
② ヘッジ対象…外貨建貸付金および営業取引の外貨建金銭債権債務等(予定取引を含む)
(3) ヘッジ方針
 外貨建取引に係るヘッジ取引は、社内管理規程に基づき、通常の取引の範囲内において、将来の為替相場に係る変動リスクの回避(キャッシュ・フローの固定)を目的として行っております。
(3) ヘッジ方針
同左
(4) ヘッジの有効性評価の方法
 外貨建金銭債権債務等に同一通貨建による同一金額内で同一期日の為替予約を振当てているため、その後の為替相場の変動による相関関係は、完全に確保されておりますので、有効性の評価を省略しております。
(4) ヘッジの有効性評価の方法
同左
9 消費税等の会計処理
 消費税および地方消費税の会計処理は、税抜方式によっております。
9 消費税等の会計処理
同左
会計処理の変更
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)および「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 従来の資本の部の合計に相当する金額は、467,246百万円であります。
 なお、財務諸表等規則の改正により、当事業年度末における貸借対照表の純資産の部については、改正後の財務諸表等規則に基づき作成しております。
————————————
(ストック・オプション等に関する会計基準)
 当事業年度より「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)および「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第11号 改正 平成18年5月31日)を適用しております。これにより営業利益、経常利益および税引前当期純利益はそれぞれ294百万円減少しております。
————————————
表示方法の変更
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(損益計算書)
1  前事業年度まで独立掲記しておりました「賃貸収入」は、営業外収益の総額の100分の10以下となったため、当事業年度より営業外収益の「その他」に含めて表示しております。
なお、当事業年度の「賃貸収入」は134百万円であります。
2  前事業年度まで独立掲記しておりました「貸与資産関係諸費」は、営業外費用の総額の100分の10以下となったため、当事業年度より営業外費用の「その他」に含めて表示しております。
なお、当事業年度の「貸与資産関係諸費」は22百万円であります。 
3  前事業年度において特別利益の「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券売却益」は、特別利益の総額の100分の10を超えたため、当事業年度より独立掲記しております。
なお、前事業年度の特別利益の「その他」に含まれている「投資有価証券売却益」は4百万円であります。 
4  前事業年度まで独立掲記しておりました「貸倒引当金繰入額」は、特別損失の総額の100分の10以下となったため、当事業年度より特別損失の「その他」に含めて表示しております。
なお、当事業年度の「貸倒引当金繰入額」は21百万円であります。 
(損益計算書)
1  前事業年度まで独立掲記しておりました「減価償却費」は、営業外費用の総額の100分の10以下であるため、当事業年度より営業外費用の「その他」に含めて表示しております。
なお、当事業年度の「減価償却費」は72百万円であります。
2  前事業年度まで独立掲記しておりました「貸倒引当金戻入額」は、特別利益の総額の100分の10以下であるため、当事業年度より特別利益の「その他」に含めて表示しております。
なお、当事業年度の「貸倒引当金戻入額」は31百万円であります。 
3  前事業年度において特別損失の「その他」に含めて表示しておりました「投資有価証券評価損」は、特別損失の総額の100分の10を超えたため、当事業年度より独立掲記しております。
なお、前事業年度の特別損失の「その他」に含まれている「投資有価証券評価損」は12百万円であります。 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る注記
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対する主なものは、次のとおりであります。
※1 関係会社に係る注記
 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対する主なものは、次のとおりであります。
受取手形
47百万円
売掛金
  24,754百万円
短期貸付金
5,548百万円
流動資産のその他
6,847百万円
未払金
   6,688百万円
預り金
  7,412百万円
受取手形
  38百万円
売掛金
    26,414百万円
短期貸付金
    79,374百万円
流動資産のその他
    10,775百万円
未払金
     4,855百万円
預り金
     8,024百万円
 2 偶発債務
 次のとおり債務の連帯保証を行っております。
 2 偶発債務
 次のとおり債務の連帯保証を行っております。
被保証人
種類
金額
(百万円)
従業員
住宅資金借入
110
エーザイ・マシナリー・ゲーエムベーハー
受注先からの前受金他
90
(574千ユーロ)
エーザイ・ヨーロッパ・リミテッド
土地購入代金および建設費用等に関する未払金
264 
(1,142千英ポンド)
 (注) 上記のうち外貨建保証債務は、決算日の為替相場により円換算しております。
被保証人
種類
金額
(百万円)
エーザイ・マシナリー・ゲーエムベーハー
受注先からの前受金他
 103
(654千ユーロ)
 (注) 上記保証債務は、決算日の為替相場により円換算しております。
※3       ————————— 
※3 減価償却累計額には減損損失累計額を含めております。 
※4 事業年度末日の満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
なお、当事業年度末日は金融機関の休日であったため、次の満期手形が当事業年度の残高に含まれております。
受取手形
16百万円
※4       —————————
(損益計算書関係)
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 他勘定振替の主なものは、ロイヤルティ等の支払いであります。
※1          同左
※2 一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、106,378百万円であります。
なお、研究開発費のうち、退職給付費用および減価償却費は次のとおりであります。
※2 一般管理費および当期製造費用に含まれる研究開発費の総額は、次のとおりであります。
一般管理費
  133,989百万円
当期製造費用
     −百万円
退職給付費用
16百万円
減価償却費
 5,509百万円
※3 関係会社との主な取引高は、次のとおりであります。
※3 関係会社との主な取引高は、次のとおりであります。
売上高
   85,310百万円
売上高
   103,576百万円
受取利息
   535百万円
※4 固定資産売却益の主な内容は、次のとおりであります。
※4 固定資産売却益の主な内容は、次のとおりであります。
土地
199百万円
機械及び装置
   6百万円
※5 固定資産処分損の主な内容は、次のとおりであります。
※5 固定資産処分損の主な内容は、次のとおりであります。
建物
290百万円
機械及び装置
113百万円
工具器具及び備品
101百万円
ソフトウェア
352百万円
建物
   593百万円
機械及び装置
   226百万円
工具器具及び備品
   105百万円
※6 減損損失 
 当社は事業用資産については継続的に収支を把握している事業単位ごとに、また、遊休資産および販売権については個々にグルーピングしております。当事業年度において、次の資産グループについて減損損失を計上しております。
用途
種類
場所 
遊休
資産
投資その他の資産(その他)
福井県越前町 他
機械及び装置等
埼玉県美里町
岐阜県各務原市
 遊休資産については市場価額が著しく下落しているため、回収可能価額まで減額し減損損失を認識しております。
 当事業年度において計上した減損損失は81百万円であり、その主な内容は、投資その他の資産(その他)42百万円、機械及び装置33百万円、工具器具及び備品3百万円であります。
 当該資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。
  なお、正味売却価額については合理的に算定された価額(不動産鑑定評価額等)を使用しております。
※6 減損損失 
 当社は事業用資産については継続的に収支を把握している事業単位ごとに、また、遊休資産および販売権については個々にグルーピングしております。当事業年度において、次の資産グループについて減損損失を計上しております。
用途
種類
場所 
遊休
資産
無形固定資産
(ソフトウェア)
東京都文京区
機械及び装置等
埼玉県美里町 他
 遊休資産については市場価額が著しく下落しているため、回収可能価額まで減額し減損損失を認識しております。
 当事業年度において計上した減損損失は49百万円であり、その主な内容は、無形固定資産(ソフトウェア)48百万円、機械及び装置1百万円であります。
 当該資産グループの回収可能価額は、正味売却価額により測定しております。
  なお、正味売却価額については合理的に算定された価額を使用しております。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 自己株式の種類および株式数に関する事項
 自己株式の種類および株式数に関する事項
株式の種類
 
普通株式
前事業年度末株式数
(千株)
10,692
当事業年度増加株式数
(千株)
2,023
当事業年度減少株式数
(千株)
277
当事業年度末株式数
(千株)
12,437
(注)1 自己株式(普通株式)の増加は、平成18年7月31日開催の取締役会決議に基づく市場買付けによる自己株式の取得2,000千株と単元未満株式の買取り23千株によるものであります。
2 自己株式(普通株式)の減少は、ストック・オプションの権利行使によるものであります。
株式の種類
 
普通株式
前事業年度末株式数
(千株)
12,437
当事業年度増加株式数
(千株)
51
当事業年度減少株式数
(千株)
824
当事業年度末株式数
(千株)
11,665
(注)1 自己株式(普通株式)の増加は、三光純薬㈱を完全子会社とする株式交換に伴う株式買取請求33千株と、単元未満株式の買取り18千株によるものであります。
2 自己株式(普通株式)の減少は、ストック・オプションの権利行使69千株と三光純薬㈱を完全子会社とする株式交換に伴う754千株によるものであります。
(リース取引関係)
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
1 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額および期末残高相当額
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額
相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
車両及び
運搬具
68
29
38
工具器具
及び備品
2,914
1,361
1,552
ソフトウェア
47
39
7
合計
3,030
1,431
1,599
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額
相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
車両及び
運搬具
72
43
28
工具器具
及び備品
2,534
890
1,643
ソフトウェア
45
14
30
合計
2,652
948
1,703
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
(2) 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
1年内
885百万円
1年超
751百万円
合計
1,636百万円
1年内
   635百万円
1年超
   1,089百万円
合計
     1,725百万円
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額および減損損失
(3) 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額および減損損失
支払リース料
938百万円
減価償却費相当額
885百万円
支払利息相当額
65百万円
支払リース料
   1,005百万円
減価償却費相当額
   958百万円
支払利息相当額
  40百万円
(4) 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4) 減価償却費相当額の算定方法
同左
(5) 利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各事業年度への配分方法については、利息法によっております。
(5) 利息相当額の算定方法
同左
2 オペレーティング・リース取引
          ————————
 (減損損失について)
リース資産に配分された減損損失はありません。
2 オペレーティング・リース取引
          ————————
 (減損損失について)
同左
(有価証券関係)
 前事業年度(平成19年3月31日現在)における有価証券のうち子会社株式および関連会社株式で時価のあるものは次のとおりであります。
区分
貸借対照表計上額
(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
子会社株式(三光純薬㈱)
4,279
2,950
△1,329
 当事業年度(平成20年3月31日現在)における有価証券のうち子会社株式および関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(1) 流動の部
1 繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(1) 流動の部
繰延税金資産
 
委託研究費
12,830百万円
未払賞与
3,436百万円
その他
3,237百万円
繰延税金資産小計
  19,505百万円
評価性引当額
△2,854百万円
繰延税金資産合計
16,650百万円
繰延税金資産
 
委託研究費
  15,602百万円
未払賞与
  3,488百万円
その他
   3,631百万円
繰延税金資産小計
  22,722百万円
評価性引当額
△3,325百万円
繰延税金資産合計
  19,397百万円
(2) 固定の部
(2) 固定の部
繰延税金資産
 
退職給付引当金
20,898百万円
委託研究費
15,003百万円
税務上の繰延資産
4,565百万円
その他
6,039百万円
繰延税金資産小計
46,507百万円
評価性引当額
△4,048百万円
繰延税金資産合計
42,458百万円
   
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
△13,410百万円
固定資産圧縮積立金
△87百万円
繰延税金負債合計
△13,498百万円
繰延税金資産の純額
28,960百万円
繰延税金資産
 
委託研究費
  24,975百万円
退職給付引当金
  17,724百万円
その他
  10,594百万円
繰延税金資産小計
  53,294百万円
評価性引当額
 △3,907百万円
繰延税金資産合計
  49,386百万円
   
繰延税金負債
 
その他有価証券評価差額金
 △6,649百万円
固定資産圧縮積立金
   △87百万円
繰延税金負債合計
△6,737百万円
繰延税金資産の純額
  42,649百万円
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率
41.0%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
2.2
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.4
試験研究費の法人税額特別控除
△7.4
評価性引当額
0.8
その他
△0.7
税効果会計適用後の法人税等の負担率
35.5%
   
法定実効税率
 41.0%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
2.2
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△0.3
試験研究費の法人税額特別控除
△7.6
評価性引当額
0.5
その他
△1.4
税効果会計適用後の法人税等の負担率
 34.4%
   
(企業結合等関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日) 
    該当事項はありません。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日) 
    平成19年10月1日、当社は三光純薬㈱を株式交換により完全子会社といたしました。
    なお、詳細については、「第5 経理の状況、1 連結財務諸表等、(1)連結財務諸表、注記事項、(企業結合等関係)」における記載内容と同一であるため省略しております。
(1株当たり情報)
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,644円49銭
1株当たり当期純利益
150円23銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
150円01銭
1株当たり純資産額
   1,652円51銭
1株当たり当期純利益
   161円63銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
   161円49銭
 (注) 1株当たり当期純利益および潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、次のとおりであります。
 
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
   
(1) 当期純利益(百万円)
42,803
45,982
(2) 普通株主に帰属しない金額(百万円)
(3) 普通株式に係る当期純利益(百万円)
42,803
45,982
(4) 普通株式の期中平均株式数(千株)
284,911
284,487
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
   
  普通株式増加数(千株)
431
255
(うち新株引受権(千株))
(100)
(52)
(うち新株予約権(千株))
(331)
(203)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
──────
平成19年6月22日定時株主総会および取締役会決議による新株予約権(264千株)
(重要な後発事象)
前事業年度
  (自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
  (自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
          ————————
国内無担保普通社債の発行
 当社は平成20年5月15日に、代表執行役により国内無担保普通社債の発行について包括決定いたしました。平成20年5月29日に条件を決定し、平成20年6月6日に3銘柄を発行いたしました。
 なお、詳細については、「第5 経理の状況、1 連結財務諸表等、(1)連結財務諸表、注記事項、(重要な後発事象)」に記載のとおりであります。
④ 【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
(投資有価証券)
   
その他
有価証券
(普通株式)
   
アルフレッサホールディングス㈱
1,050,303
8,223
 
㈱スズケン
1,892,587
7,759
 
㈱東京放送
2,545,100
6,057
 
㈱メディセオ・パルタックホールディングス
2,863,594
5,171
 
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
3,309,420
2,846
 
第一三共㈱
906,338
2,669
 
東邦薬品㈱
945,207
2,405
 
参天製薬㈱
1,030,500
2,395
 
㈱ミレアホールディングス
531,750
1,956
 
㈱アステム
2,308,494
1,620
 
㈱マツモトキヨシホールディングス
707,500
1,531
 
㈱インテージ
900,000
1,512
 
日本光電工業㈱
582,630
1,328
 
フクダ電子㈱
529,000
1,290
 
久光製薬㈱
332,100
1,205
 
㈱りそなホールディングス
7,230
1,200
 
野村ホールディングス㈱
790,000
1,177
 
㈱常陽銀行
2,283,680
1,150
 
㈱日清製粉グループ本社
1,033,858
1,100
 
キッセイ薬品工業㈱
474,000
995
 
㈱東京都民銀行
303,027
628
 
中央三井トラスト・ホールディングス㈱
970,409
585
 
その他56銘柄
3,183,983
1,582
 
(優先株式)
   
 
㈱みずほフィナンシャルグループ
3,000
3,000
29,483,710
59,395
【債券】
銘柄
券面総額(百万円)
貸借対照表計上額
(百万円)
(有価証券)
   
満期保有目的の債券
野村ホールディングス㈱ 第4回無担保社債
800
800
 
小計
800
800
(投資有価証券)
   
満期保有目的の債券
金銭外信託
12,000
12,001
The Goldman Sachs Group,Inc.
ユーロ円建コーラブル債
2,000
2,000
 
ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク
第3回円貨社債(2004)
1,000
1,000
 
JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
第5回円貨社債(2005)
1,000
1,000
 
SLM Corporation ユーロ円建普通社債
1,000
1,000
 
NOMURA EUROPE FINANCE N.V.(NEF)
ユーロ円建リバースフローター債
1,000
1,000
 
Rosetta Limited Series No.95
ユーロ円建普通社債
1,000
1,000
 
みずほインターナショナル コーラブル債
8411-9008 ユーロ円建コーラブル債
1,000
1,000
 
JETS International Limited #192
ユーロ円建普通社債
1,000
1,000
 
小計
21,000
21,001
21,800
21,801
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(口)
貸借対照表計上額
(百万円)
(有価証券)
   
その他
有価証券
(投資信託受益証券)
   
 
大和投信
ダイワマネーマネージメントファンド
1,611,693,712
1,611
 
新光投信
新光マネーマネージメントファンド 
1,011,931,851
1,011
 
ソシエテジェネラルアセットマネジメント
りそなマネーマネージメントファンド
503,515,536
503
 
小計
3,127,141,099
3,127
(投資有価証券)
   
その他
有価証券
(投資事業組合)
   
 
KF10−ニューウェーブ投資事業組合
1
5
 
(投資信託受益証券)
   
 
償還時元本・利回り確保型ファンド06-02
500,000,000
495
 
日興アセットマネジメント
日興グローバル・ボンド&カレンシー・
ロング・ショート2004-12
50,000
475
 
小計
500,050,001
976
3,627,191,100
4,103
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
(注2)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
(注1)
当期償却額
(百万円)
(注2)
差引当期末
残高
(百万円)
有形固定資産
             
建物
107,885
4,566
3,960
108,492
66,471
4,276
(0)
42,020
構築物
7,987
284
209
8,061
5,519
291
 
2,541
機械及び装置
76,616
2,952
2,598
76,970
63,198
3,831
(1)
13,772
車両及び運搬具
385
3
16
372
321
26
 
51
工具器具及び備品
33,589
3,567
2,177
34,979
26,371
3,016
(0)
8,607
土地
11,200
7
11,208
 
11,208
建設仮勘定
1,386
5,038
1,222
5,202
 
5,202
有形固定資産計
239,052
16,418
10,184
245,286
161,882
11,442
(1)
83,403
無形固定資産
             
特許権
47
8
39
18
4
20
ソフトウェア
22,754
3,250
9,307
(48)
16,697
7,824
3,220
8,872
販売権
24,036
6,463
30,500
6,408
3,076
24,092
その他
698
89
205
582
89
24
493
無形固定資産計
47,537
9,803
9,521
(48)
47,819
14,341
6,326
33,477
長期前払費用
1,682
272
182
1,771
896
324
875
繰延資産
 (注) 1 「当期末減価償却累計額又は償却累計額」には減損損失累計額が含まれております。
 2 「当期減少額および当期償却額」の( )内に減損損失計上額を内書きしております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金(注)
3,539
50
57
66
3,465
返品調整引当金
376
246
376
246
返品廃棄損失引当金
245
187
245
187
役員退職慰労引当金
1,073
229
72
1,230
(注) 「当期減少額(その他)」は前期計上額の洗替えおよび回収等によるものであります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
 平成20年3月31日現在の貸借対照表の主たる科目の内容および内訳は、次のとおりであります。
① 現金及び預金
区分
金額(百万円)
現金
0
預金の種類
 
当座預金
474
普通預金
24,091
定期預金
1,000
小計
25,565
合計
25,566
② 受取手形
 受取手形は得意先より売掛金の決済として受入れた手形で、いずれも期日未到来のものであり、その相手先別内訳および期日別内訳は、次のとおりであります。
相手先別内訳
   
期日別内訳
 
相手先
金額(百万円)
 
期日
金額(百万円)
UNIBRANDS
404
 
平成20年4月
626
㈱宮崎温仙堂商店
350
 
5月
315
鍋林㈱
204
 
6月
364
㈱茂木薬品商会
81
 
7月
32
藤村薬品㈱
59
 
8月以降
7
その他
245
 
1,345
1,345
     
③ 売掛金
 得意先に対する製品・商品の売上債権未回収残高であり、相手先および売掛金の滞留状況は次のとおりであります。
相手先別内訳
 
相手先
金額(百万円)
エーザイ・インク
21,246
㈱スズケン
20,381
アルフレッサ㈱
18,989
㈱メディセオ・
パルタックホールディングス
16,264
東邦薬品㈱
6,759
その他
41,762
125,402
  売掛金の発生および回収ならびに滞留状況
前期繰越高
(百万円)
当期発生高
(百万円)
当期回収高
(百万円)
次期繰越高
(百万円)
回収率(%)
滞留期間(月)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
×100
(D)
÷
(B)
───
12
124,040
361,542
360,180
125,402
74.17
4.16
(注) 消費税等の会計処理は税抜方式を採用しておりますが、上記「当期発生高」には消費税等が含まれております。 
④ たな卸資産
区分
金額(百万円)
商品(注1)
6,726
製品(注2)
9,215
半製品(注3)
8,734
原材料(注4)
7,581
仕掛品
607
貯蔵品
1,023
33,890
 (注) 1
医家向品
6,012百万円
薬粧品
697百万円
その他
16百万円
医家向品
8,038百万円
薬粧品
714百万円
その他
462百万円
医家向品
8,373百万円
薬粧品
320百万円
その他
41百万円
原料
7,184百万円
包材
397百万円
 
 
⑤ 短期貸付金
相手先
金額(百万円)
エーザイ・コーポレーション・オブ・ノースアメリカ
74,222
その他
5,152
79,374
⑥ 関係会社株式
銘柄
金額(百万円)
子会社株式
 
三光純薬㈱
8,686
サンノーバ㈱
1,630
エルメッド エーザイ㈱
0
エーザイフード・ケミカル㈱
2,276
エーザイマシナリー㈱ 
1,320
㈱カン研究所
70
エーザイ物流㈱
60
㈱パルマビーズ研究所
25
エーザイ・アール・アンド・ディー・マネジメント㈱
79
㈱サンプラネット
1,174
㈱クリニカル・サプライ (注)
103
エーザイ生科研㈱
338
エーザイ・コーポレーション・オブ・ノースアメリカ
372,466
エーザイ・ヨーロッパ・リミテッド
27,143
ピー・ティー・エーザイ・インドネシア
987
エーザイ・アジア・リージョナル・サービス・プライベート・リミテッド
2,137
エーザイ・(マレーシア)・シンデランバハド
28
衛采製薬股份有限公司
1,136
エーザイ・(ホンコン)・カンパニー・リミテッド
7
エーザイ・コリア・インク
366
ハイ・エーザイ・ファーマシューティカル・インク
65
エーザイ・ファーマシューティカルズ・インディア・プライベート・リミテッド
418
エーザイ・ファーマテクノロジー・アンド・マニュファクチャリング・
プライベート・リミテッド
1,731
エーザイ・オーストラリア・ピーティーワイ・リミテッド 
86
422,342
関連会社株式
 
ブラッコ・エーザイ㈱
166
166
合計
422,509
(注) 平成20年6月に当社は当社所有の㈱クリニカル・サプライの全株式をテルモ㈱に譲渡する旨の株式売買契約を締結いたしました。
⑦ 支払手形
相手先別内訳
   
期日別内訳
 
相手先
金額(百万円)
 
期日
金額(百万円)
タマ生化学㈱
46
 
平成20年4月
20
豊南印刷㈱
11
 
5月
31
東興薬品工業㈱
10
 
6月
16
67
 
67
⑧ 買掛金
相手先
金額(百万円)
サンノーバ㈱
793
味の素㈱
612
ブラッコ・エーザイ㈱
480
神戸天然物科学㈱
355
中外製薬㈱
353
その他
4,112
6,708
⑨ 短期借入金
相手先
金額(百万円)
㈱みずほコーポレート銀行
183,463
㈱三菱東京UFJ銀行
162,294
㈱埼玉りそな銀行
10,000
JPモルガン・チェース銀行 東京支店
7,056
362,814
⑩ 長期借入金
相手先
金額(百万円)
日本生命保険相互会社
50,000
50,000
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: エーザイ株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書