有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
東洋製薬化成㈱
2,400
100
日本新薬㈱
45,606
46,426
日本海瓦斯㈱
8,257
327
武内プレス㈱
234,324
1,301
日本通運㈱
1,371
915
㈱ほくほくFG
1,602,713
828,602
㈱みずほFG
97.05
93,459
㈱北國銀行
20,000
11,180
㈱三井住友FG
59.54
77,402
㈱富山銀行
50,000
19,750
北日本放送㈱
368
344
富山テレビ放送㈱
1,000
500
北証パトナ㈱
500
250
㈱富山ステーション
49
245
㈱薬日新聞社
160
800
㈱家庭薬新聞社
240
60
富山観光開発㈱
1,300
1,047
立山黒部貫光㈱
2,000
1,000
富山空港ターミナル㈱
450
4,500
富山市民プラザ㈱
100
5,000
富山県いきいき物産㈱
20
1,000
㈱ケーブルテレビ富山
100
5,000
富山ウェスト開発㈱
60
3,000
富山シティーエフエム㈱
20
1,000
朝日印刷㈱
15,016
19,655
㈱エージーエムコーポレーション
1
1,000
㈱チューリップテレビ
100
7,489
富山駅前開発㈱
5
500
小計
1,986,316.59
1,131,857
1,986,316.59
1,131,857
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
満期保有
目的の債券
富山商工会議所
3,000
2,331
3,000
2,331
投資有価証券合計
 
1,134,188
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
5,986,481
34,810
6,021,291
2,783,360
320,340
3,237,930
構築物
297,077
1,168
295,909
174,217
24,982
121,692
機械及び装置
4,644,544
181,559
122,703
4,703,400
3,969,780
228,720
733,620
車輌運搬具
77,502
32,573
44,928
39,513
3,413
5,414
工具・器具・備品
292,057
17,018
30,305
278,771
199,722
12,069
79,048
土地
750,418
1,097
749,321
749,321
建設仮勘定
6,767
82,786
89,553
89,553
有形固定資産計
12,054,849
316,174
187,847
12,183,175
7,166,594
589,526
5,016,581
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
電話加入権
3,485
3,485
1,057
2,428
特許権
713
713
商標権
8,456
1,780
6,675
6,358
317
営業権
824,261
76,624
900,886
715,727
134,484
185,159
ソフトウエア
48,580
78,036
126,616
26,013
12,758
100,602
無形固定資産計
885,497
154,660
2,493
1,037,664
749,156
147,243
288,507
長期前払費用
4,875
13,109
17,985
10,443
7,542
繰延資産
繰延資産計
 (注)1.当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
資産の種類
増減区分
事業所(部)
金額(千円)
建物
増 加
本社製造部
32,140
 機械装置
増 加
本社製造部
177,559
 営業権
増 加
営業推進部
76,624
【資本金等明細表】
 
(単位:千円)
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
摘要
資本金
1,395,000
1,395,000
 
資本金うち
既発行株式
普通株式
(10,380,000株)
1,395,000
(10,380,000株)
1,395,000
(注1)
(10,380,000株)
1,395,000
(10,380,000株)
1,395,000
 
資本剰余金
及びその他
資本剰余金
(資本準備金)
 
 
 
 
 
再評価積立金
10,858
10,858
 
株式払込剰余金
1,095,000
1,095,000
 
1,105,858
1,105,858
 
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
85,250
85,250
 
(任意積立金)
 
 
 
 
 
退職給与積立金
540,000
540,000
 
固定資産圧縮積立金
150,613
9,661
140,952
(注2)
別途積立金
2,250,000
200,000
2,450,000
(注3)
3,025,864
200,000
9,661
3,216,202
 
 (注1)当期末における自己株式数は、96,525株であります。
 (注2)固定資産圧縮積立金の減少額は、税法の規定に基づく取崩額であります。
 (注3)別途積立金の増加額は、前期の利益処分による積立額であります。
【引当金明細表】
 
(単位:千円)
区分
期首残高
当期増加額
当期減少額
期末残高
目的使用
その他
貸倒引当金
94,049
26,972
14,049
 −
106,972
賞与引当金
111,866
240,421
232,698
 −
119,589
退職給付引当金
837,753
45,736
265,263
 −
618,226
役員退職慰労引当金
70,930
24,582
63,455
32,057
 (注1)引当金の計上基準及び算定の方法は、重要な会計方針に記載しております。




出典: 株式会社 廣貫堂、2006-03-31 期 有価証券報告書