有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第一部【企業情報】
第1【企業の概況】
1【主要な経営指標等の推移】
回次
第88期
第89期
第90期
第91期
第92期
決算年月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
(1)連結経営指標等
 
 
 
 
 
売上高
(千円)
10,480,678
11,003,474
10,421,363
11,668,734
12,152,925
経常利益
(千円)
122,050
360,899
121,487
428,084
636,204
当期純利益
(千円)
182,049
207,346
142,127
252,238
259,104
純資産額
(千円)
5,679,256
5,770,727
5,924,068
6,251,594
6,677,550
総資産額
(千円)
13,941,922
14,164,674
15,308,312
16,625,163
16,402,598
1株当たり純資産額
(円)
547.13
557.82
574.33
607.30
651.56
1株当たり当期純利益金額
(円)
28.60
20.02
13.75
24.47
25.23
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
40.73
40.74
38.69
37.60
40.71
自己資本利益率
(%)
3.20
3.59
2.40
4.03
3.88
株価収益率
(倍)
営業活動によるキャッシュ
・フロー
(千円)
1,241,471
251,332
505,651
1,019,062
984,743
投資活動によるキャッシュ
・フロー
(千円)
△524,426
△2,315,816
△1,672,985
△784,220
△620,524
財務活動によるキャッシュ
・フロー
(千円)
1,198,974
68
1,275,141
444,369
△487,129
現金及び現金同等物の期末残高
(千円)
3,028,708
964,292
1,072,099
1,751,309
1,628,399
従業員数
(外、平均臨時雇用人員)
(人)
461
(63)
490
(57)
505
(104)
526
(79)
535
(95)

 

回次
第88期
第89期
第90期
第91期
第92期
決算年月
平成14年3月
平成15年3月
平成16年3月
平成17年3月
平成18年3月
(2)提出会社の経営指標等
 
 
 
 
 
売上高
(千円)
10,354,907
10,967,584
10,331,620
10,011,503
10,330,445
経常利益
(千円)
81,039
327,192
95,138
507,719
836,162
当期純利益
(千円)
142,356
205,135
142,402
291,237
511,162
資本金
(千円)
1,395,000
1,395,000
1,395,000
1,395,000
1,395,000
発行済株式総数
(千株)
10,380
10,380
10,380
10,380
10,380
純資産額
(千円)
5,633,659
5,720,582
5,874,732
6,240,807
6,918,564
総資産額
(千円)
13,734,282
14,033,941
15,073,437
15,329,125
15,356,391
1株当たり純資産額
(円)
542.74
552.12
567.70
604.28
672.78
1株当たり配当額
(うち1株当たり中間配当額)
(円)
5.00
(−)
5.00
(−)
7.00
(−)
5.00
(−)
7.00
(−)
1株当たり当期純利益金額
(円)
22.36
19.78
13.75
28.16
49.61
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
(円)
自己資本比率
(%)
41.02
40.76
38.97
40.71
45.05
自己資本利益率
(%)
2.53
3.59
2.42
4.66
7.38
株価収益率
(倍)
配当性向
(%)
22.36
25.28
50.91
17.75
14.08
従業員数
(外、平均臨時雇用人員)
(人)
428
(11)
453
(53)
483
(44)
326
(26)
325
(34)
 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。
2.潜在株式調整後、1株当たり当期純損益金額について新株引受け権付社債、転換社債等発行していないので該当事項はありません。
3.平成14年3月に提出会社において、第三者割当増資を行いました。資本金は、3億円から13億9千5百万円となりました。
4.平成14年3月期より自己株式を資本に対する控除項目としており、また、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の各数値は発行済株式総数から自己株式数を控除して計算しております。
5.株価収益率については、当社の株式は非上場・非店頭登録につき、記載しておりません。
6.第88期連結会計期間から、1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に当たっては、「1株当たり当期純利益に関する会計基準」(企業会計基準第2号)及び「1株当たり当期純利益に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第4号)を適用しております。
7.第92期の1株当たり配当額には、創業130周年記念配当2円を含んでおります。
2【沿革】
大正3年12月
富山市梅沢町において資本金50万円で設立
昭和19年11月
合同製薬、富山県製薬、富山薬剤の3社を吸収合併し、資本金190万5千円になる滑川市四間町において滑川工場を開設
20年8月
本社戦災にて消失するも現在地で復興
29年4月
本社新社屋を現在地で竣工
30年10月
東京都渋谷区恵比寿において東京営業所を開設
35年6月
日本薬剤㈱を設立
50年6月
資本金3億円に増資
56年4月
富山市荒町において廣貫堂パークビルを開設
61年6月
東京都世田谷区代田に東京支店を新築移転
63年2月
本社発送センターを新築
平成9年1月
滑川支店・工場廃止
13年3月
関連会社 富健薬品㈱、東広薬品㈱を解散
13年4月
直販事業部の宮城・船橋・関東3営業所を新設
13年6月
関連会社 ㈱広宣を解散
13年10月
関連会社 富広薬品㈱を合併
 
浜松・大阪各営業所を富山支店に統合
 
直販事業部の富山営業所を新設
14年3月
第三者割当増資により、資本金13億9千5百万円になる
15年9月
滑川市小林において滑川工場を新設
15年10月
廣貫堂メディフーズ㈱を設立
16年4月
広貫堂薬品販売㈱を設立
16年4月
NYグローカル㈱を日本薬剤㈱の子会社として設立
16年12月
㈱沖縄廣貫堂を設立
16年12月
トキワ広貫堂㈱を広貫堂薬品販売㈱の子会社として設立




出典: 株式会社 廣貫堂、2006-03-31 期 有価証券報告書