有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
東洋製薬化成㈱
2,400
100
日本新薬㈱
45,606
45,332
日本海瓦斯㈱
8,257
327
武内プレス㈱
234,324
1,301
日本通運㈱
1,371
1,013
㈱ほくほくFG
1,602,713
650,701
㈱みずほFG
97.05
73,660
㈱北國銀行
20,000
10,300
㈱三井住友FG
59.54
63,707
㈱富山銀行
50,000
18,500
北日本放送㈱
368
344
富山テレビ放送㈱
1,000
500
北証パトナ㈱
500
250
㈱富山ステーションデパート
49
245
㈱薬日新聞社
160
800
㈱家庭薬新聞社
240
60
富山観光開発㈱
1,300
1,047
立山黒部貫光㈱
2,000
1,000
富山空港ターミナルビル㈱
450
4,500
富山市民プラザ㈱
100
5,000
富山県いきいき物産㈱
20
1,000
㈱ケーブルテレビ富山
100
5,000
富山ウェスト開発㈱
60
3,000
富山シティーエフエム㈱
20
1,000
朝日印刷㈱
15,016
19,655
㈱エージーエムコーポレーション
1
1,000
㈱チューリップテレビ
100
7,489
富山駅前開発㈱
5
500
小計
1,986,316.59
916,270
1,986,316.59
916,270
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
満期保有
目的の債券
富山商工会議所
3,000
1,998
利付国債(2年)
 
50,000
50,034
53,000
52,032
投資有価証券合計
 
968,303
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
6,021,291
154,875
449,727
5,726,439
2,719,915
276,508
3,006,523
構築物
295,909
951
294,958
193,746
20,335
101,212
機械及び装置
4,703,400
288,039
106,163
4,885,276
4,096,497
224,715
788,779
車輌及び運搬具
44,928
4,432
900
48,461
41,777
3,118
6,683
工具器具及び備品
278,771
20,117
16,842
282,046
198,296
12,183
83,749
土地
749,321
563
748,758
748,758
建設仮勘定
89,553
528,299
144,005
473,847
473,847
有形固定資産計
12,183,175
995,763
719,151
12,459,787
7,250,232
536,861
5,209,555
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
電話加入権
3,485
3,485
1,057
2,428
商標権
6,675
6,675
6,358
317
のれん(注)1
900,886
106,472
1,007,359
815,207
99,479
192,152
ソフトウエア
126,616
19,390
5,418
140,588
51,444
27,229
89,143
無形固定資産計
1,037,664
125,863
5,418
1,158,109
874,067
126,709
284,041
長期前払費用
7,542
26,252
18,156
15,638
10,401
5,237
繰延資産
繰延資産計
 (注)1.当事業年度より、改正後の財務諸表等規則に基づき、営業権を「のれん」と表示しております。
 2.当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
資産の種類
増減区分
事業所(部)
金額(千円)
事業所(部)
金額(千円)
建物
増加額
本社工場
150,440
減少額
広貫堂パークビル
449,727
 機械及び装置
増加額
本社工場
286,738
滑川工場
1,300
建設仮勘定
増加額
本社工場
528,299
 のれん
増加額
本  社
106,472
【引当金明細表】
 
(単位:千円)
区分
期首残高
当期増加額
当期減少額
期末残高
目的使用
その他
貸倒引当金
106,972
(注2)
106,972
賞与引当金
119,589
97,032
(注3) 
119,589
97,032
役員退職慰労引当金
32,057
15,765
16,291
 (注1)引当金の計上基準及び算定の方法は、重要な会計方針に記載しております。
 (注2)貸倒引当金の全額を薬都広貫堂㈱に分割移行しております。
 (注3)洗替による戻入額であります。




出典: 株式会社 廣貫堂、2007-03-31 期 有価証券報告書