有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
2,336,029
 
 
1,898,757
 
2 受取手形
※5
 
1,890,446
 
 
1,516,905
 
3 売掛金
※3
 
1,478,011
 
 
1,168,211
 
4 製品
 
 
1,441,505
 
 
1,388,420
 
5 半製品
 
 
80,817
 
 
97,370
 
6 原材料
 
 
317,503
 
 
436,982
 
7 仕掛品
 
 
422,167
 
 
323,077
 
8 繰延税金資産
 
 
67,988
 
 
56,792
 
9 短期貸付金
※3
 
 
 
2,371,000
 
10 その他
 
 
183,855
 
 
26,804
 
貸倒引当金
 
 
 
 
△234,668
 
流動資産合計
 
 
8,218,327
55.5
 
9,049,654
60.9
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物
※1
5,726,439
 
 
5,824,611
 
 
減価償却累計額
 
△2,719,915
3,006,523
 
△2,962,174
2,862,436
 
(2)構築物
 
294,958
 
 
299,588
 
 
減価償却累計額
 
△193,746
101,212
 
△210,740
88,847
 
(3)機械及び装置
 
4,885,276
 
 
4,942,152
 
 
減価償却累計額
 
△4,096,497
788,779
 
△4,310,883
631,269
 
(4)車輌及び運搬具
 
48,461
 
 
48,461
 
 
減価償却累計額
 
△41,777
6,683
 
△44,780
3,680
 
(5)工具器具及び備品
 
282,046
 
 
294,957
 
 
減価償却累計額
 
△198,296
83,749
 
△211,902
83,054
 
(6)土地
※1
 
748,758
 
 
748,758
 
(7)建設仮勘定
 
 
473,847
 
 
144,979
 
有形固定資産合計
 
 
5,209,555
35.2
 
4,563,028
30.8

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)電話加入権
 
 
2,428
 
 
2,428
 
(2)商標権
 
 
317
 
 
 
(3)のれん
 
 
192,152
 
 
252,325
 
(4)ソフトウェア
 
 
89,143
 
 
75,396
 
無形固定資産合計
 
 
284,041
1.9
 
330,150
2.2
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
※1
 
968,303
 
 
711,199
 
(2)関係会社株式
 
 
93,440
 
 
86,841
 
(3)出資金
 
 
1,581
 
 
1,581
 
(4)長期貸付金
 
 
17,658
 
 
36,701
 
(5)長期前払費用
 
 
5,237
 
 
1,365
 
(6)契約保証金
 
 
5,793
 
 
8,166
 
(7)繰延税金資産
 
 
 
 
59,734
 
投資その他の資産合計
 
 
1,092,014
7.4
 
905,588
6.1
固定資産合計
 
 
6,585,611
44.5
 
5,798,767
39.1
資産合計
 
 
14,803,939
100.0
 
14,848,421
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形
※5
 
2,228,393
 
 
1,789,921
 
2 買掛金
※3
 
549,679
 
 
427,333
 
3 短期借入金
※1
 
400,000
 
 
1,830,000
 
4 1年以内に期限到来の長期借入金
※1
 
558,688
 
 
535,888
 
5 未払金
※3
 
121,047
 
 
243,041
 
6 未払法人税等
 
 
219,578
 
 
83,844
 
7 未払消費税等
 
 
13,074
 
 
30,539
 
8 未払費用
 
 
48,524
 
 
47,254
 
9 前受金
※3
 
770,227
 
 
734,504
 
10 預り金
 
 
16,425
 
 
18,307
 
11 従業員預り金
※2
 
233,207
 
 
239,440
 
12 賞与引当金
 
 
97,032
 
 
96,932
 
13 金利スワップ
 
 
1,574
 
 
570
 
14 仮受金
 
 
23,000
 
 
23,000
 
流動負債合計
 
 
5,280,453
35.7
 
6,100,579
41.1
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 長期借入金
※1
 
1,730,817
 
 
1,168,438
 
2 退職給付引当金
 
 
571,744
 
 
444,958
 
3 役員退職慰労引当金
 
 
16,291
 
 
16,291
 
4 繰延税金負債
 
 
83,021
 
 
 
固定負債合計
 
 
2,401,874
16.2
 
1,629,688
11.0
負債合計
 
 
7,682,328
51.9
 
7,730,267
52.1

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
1,395,000
9.4
 
1,395,000
9.3
2 資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
1,105,858
 
 
1,105,858
 
 
資本剰余金合計 
 
 
1,105,858
7.5
 
1,105,858
7.4
3 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
85,250
 
 
85,250
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
退職給与積立金
 
540,000
 
 
540,000
 
 
固定資産圧縮積立金
 
124,779
 
 
117,939
 
 
別途積立金
 
2,650,000
 
 
2,850,000
 
 
繰越利益剰余金
 
938,612
 
 
906,114
 
 
利益剰余金合計 
 
 
4,338,641
29.3
 
4,499,304
30.3
4 自己株式
 
 
△74,251
△0.5
 
△100,264
△0.6
株主資本合計 
 
 
6,765,248
45.7
 
6,899,898
46.4
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価差額金
 
 
360,684
2.4
 
218,597
1.5
2 繰延ヘッジ損益
 
 
△4,321
△0.0
 
△342
△0.0
評価・換算差額等合計 
 
 
356,362
2.4
 
218,254
1.5
純資産合計 
 
 
7,121,610
48.1
 
7,118,153
47.9
負債純資産合計 
 
 
14,803,939
100.0
 
14,848,421
100.0
               
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※1,8
 
9,990,252
100.0
 
9,689,964
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1 商品製品期首たな卸高
 
1,301,959
 
 
1,441,505
 
 
2 当期商品仕入高
※8
2,246,739
 
 
2,059,641
 
 
3 当期製品製造原価
※5
6,054,827
 
 
5,828,647
 
 
合計
 
9,603,526
 
 
9,329,793
 
 
4 他勘定振替高
※2
4,328
 
 
25,920
 
 
5 商品製品期末たな卸高
 
1,441,505
8,157,692
81.7
1,388,420
7,915,453
81.7
売上総利益
 
 
1,832,559
18.3
 
1,774,510
18.3
Ⅲ 販売費及び一般管理費
 
 
 
 
 
 
 
1 販売費
※3
584,045
 
 
831,628
 
 
2 一般管理費
※4
627,990
1,212,036
12.1
795,680
1,627,308
16.8
営業利益
 
 
620,522
6.2
 
147,202
1.5
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
3,525
 
 
23,039
 
 
2 受取配当金
※8
7,143
 
 
7,973
 
 
3 土地建物賃貸料
 
27,052
 
 
23,902
 
 
4 雑収入
 
127,890
 
 
115,238
 
 
5 その他
 
54,200
219,811
2.2
145,274
315,428
3.2
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
68,905
 
 
83,221
 
 
2 雑損失
 
2,451
71,357
0.7
4,036
87,258
0.9
経常利益
 
 
768,977
7.7
 
375,372
3.8
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産売却益
※7 
23,648
23,648
0.2
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 固定資産除却損
 
 
 
2,783
 
 
2 関係会社株式評価損
 
9,999
12,783
0.1
税引前当期純利益
 
 
792,625
7.9
 
362,589
3.7
法人税、住民税及び
事業税
 
298,138
 
 
190,256
 
 
法人税等調整額
 
59,794
357,932
3.6
△39,487
150,769
1.5
当期純利益
 
 
434,693
4.3
 
211,820
2.2
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
期別
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 原材料費
 
3,082,698
50.7
2,792,980
48.6
Ⅱ 労務費
※1
1,358,474
22.3
1,271,597
22.1
Ⅲ 経費
※2
1,641,721
27.0
1,681,531
29.3
当期総製造費用
 
6,082,893
100.0
5,746,109
100.0
期首仕掛品半製品
たな卸高
 
474,919
 
502,985
 
合計
 
6,557,812
 
6,249,095
 
期末仕掛品半製品
たな卸高
 
502,985
 
420,447
 
当期製品製造原価
 
6,054,827
 
5,828,647
 
 (注) 主な内訳は、次のとおりであります。
項目
前事業年度
金額(千円)
当事業年度
金額(千円)
※1 法定福利費
138,634
131,478
退職給付費用
16,088
15,702
※2 外注加工費
104,611
110,626
電力費
86,469
81,607
租税及び課金
61,240
57,748
減価償却費
536,310
498,066
 (注) 原価計算の方法は、組別、工程別総合原価計算であります。
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 
株主資本 
資本金
資本剰余金
利益剰余金 
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
利益
準備金
その他利益剰余金 
利益
剰余金
合計
退職給与
積立金
固定資産
圧縮
積立金
別途
積立金
繰越利益
剰余金
 平成18年3月31日
 残高(千円)
1,395,000
1,105,858
85,250
540,000
140,952
2,450,000
759,730
3,975,932
△48,262
6,428,528
事業年度中の変動額
                   
固定資産圧縮積立金
の取崩し(注)
 
 
 
 
△8,551
 
8,551
 
 
固定資産圧縮積立金
の取崩し
 
 
 
 
△7,622
 
7,622
 
 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
 
200,000
△200,000
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
 
 
 
△71,984
△71,984
 
△71,984
当期純利益
 
 
 
 
 
 
434,693
434,693
 
434,693
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△25,989
△25,989
株主資本以外の
項目の事業年度
中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 事業年度中の変動額合計(千円)
△16,173
200,000
178,882
362,709
△25,989
336,720
 平成19年3月31日
 残高(千円)
1,395,000
1,105,858
85,250
540,000
124,779
2,650,000
938,612
4,338,641
△74,251
6,765,248
 
評価・換算差額等
純資産合計
 
その他
有価証券
評価差額金
繰延
ヘッジ
損益
評価・換算
差額等合計
 平成18年3月31日
 残高(千円)
490,036
490,036
6,918,564
事業年度中の変動額
       
固定資産圧縮積立金
の取崩し(注)
 
 
 
 
固定資産圧縮積立金
の取崩し
 
 
 
 
別途積立金の積立(注)
 
 
 
 
剰余金の配当(注)
 
 
 
△71,984
当期純利益
 
 
 
434,693
自己株式の取得
 
 
 
△25,989
株主資本以外の
項目の事業年度
中の変動額(純額)
△129,352
△4,321
△133,674
△133,674
 事業年度中の変動額
 合計(千円)
△129,352
△4,321
△133,674
203,046
 平成19年3月31日
 残高(千円)
360,684
△4,321
356,362
7,121,610
(注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 
株主資本 
資本金
資本剰余金
利益剰余金 
自己株式
株主資本
合計
資本
準備金
利益
準備金
その他利益剰余金 
利益
剰余金
合計
退職給与
積立金
固定資産
圧縮
積立金
別途
積立金
繰越利益
剰余金
 平成19年3月31日
 残高(千円)
1,395,000
1,105,858
85,250
540,000
124,779
2,650,000
938,612
4,338,641
△74,251
6,765,248
事業年度中の変動額
                   
固定資産圧縮積立金
の取崩し
 
 
 
 
△6,839
 
6,839
 
 
 
別途積立金の積立
 
 
 
 
 
200,000
△200,000
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△51,157
△51,157
 
△51,157
当期純利益
 
 
 
 
 
 
211,820
211,820
 
211,820
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△26,012
△26,012
株主資本以外の
項目の事業年度
中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 事業年度中の変動額合計(千円)
△6,839
200,000
△32,497
160,662
△26,012
134,650
 平成20年3月31日
 残高(千円)
1,395,000
1,105,858
85,250
540,000
117,939
2,850,000
906,114
4,499,304
△100,264
6,899,898
 
評価・換算差額等
純資産合計
 
その他
有価証券
評価差額金
繰延
ヘッジ
損益
評価・換算
差額等合計
 平成19年3月31日
 残高(千円)
360,684
△4,321
356,362
7,121,610
事業年度中の変動額
       
固定資産圧縮積立金
の取崩し
 
 
 
 
別途積立金の積立
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
△51,157
当期純利益
 
 
 
211,820
自己株式の取得
 
 
 
△26,012
株主資本以外の
項目の事業年度
中の変動額(純額)
△142,087
3,979
△138,107
△138,107
 事業年度中の変動額
 合計(千円)
△142,087
3,979
△138,107
△3,457
 平成20年3月31日
 残高(千円)
218,597
△342
218,254
7,118,153
 
重要な会計方針
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)売買目的有価証券
…時価法(売却原価は移動平均法により算定)
(1)売買目的有価証券
同左
 
(2)満期保有目的の債券
…償却原価法(定額法)
(2)満期保有目的の債券
同左
 
(3)子会社株式及び関連会社株式
…移動平均法による原価法
(3)子会社株式及び関連会社株式
同左
 
(4)その他有価証券
① 時価のあるもの
…期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(4)その他有価証券
① 時価のあるもの
同左
 
② 時価のないもの
…移動平均法による原価法
② 時価のないもの
同左
2.デリバティブ等の評価
  基準及び評価方法
(1)デリバティブ
…時価法
(1)デリバティブ
同左
3.たな卸資産の評価基準
  及び評価方法
移動平均法による原価法
製品、副資材については移動平均法による原価法により評価しております。なお、半製品、仕掛品、主要原材料、補助原材料については、個別法による原価法により評価しております。
(会計方針の変更)
半製品、仕掛品、主要原材料、補助原材料については、より正確な原価管理をおこなうため、従来の移動平均法による原価法から、個別法による原価法に変更し、評価しております。これによる損益の影響はありません。
4.固定資産の減価償却の
  方法
(1)有形固定資産
定率法(但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については定額法を採用しております。)
なお主な耐用年数は以下の通りであります。
建物及び構築物    7〜50年
機械装置及び運搬具  4〜12年
(1)有形固定資産
同左
   
(会計方針の変更)
法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これによる損益の影響はありません。

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
   
(追加情報)
法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却に含めて計上しております。
   
この結果、従来の方法に比べ、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益がそれぞれ20,163千円減少しております。
 
(2)無形固定資産
定額法を採用しております。
なお、自社利用のソフトウエアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
(2)無形固定資産
同左
5.引当金の計上基準
 
(1)貸倒引当金
一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、将来の支給見込額のうち当期の負担額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上しております。
数理計算上の差異は5年による定額により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理するものとしております。
過去勤務債務の費用処理については、5年による定額法により費用処理しております。
(3)退職給付引当金
同左
 
(4)役員退職慰労引当金
役員の退職金に充てるため、会社内規に基づき期末退職要支給額を計上しております。
(4)役員退職慰労引当金
同左
6.リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左

 

 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
7.ヘッジ会計の方法
(1)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。
(1)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
同左
 
② ヘッジ手段とヘッジ対象
② ヘッジ手段とヘッジ対象
 
(ヘッジ手段)
(ヘッジ対象)
金利キャップ
借入金
金利スワップ
借入金
同左
 
③ ヘッジ方針
金利キャップ取引および金利スワップ取引については通常の事業活動の中での金利の変動リスクを回避するためとし、投機目的とした取引は行わない方針であります。
③ ヘッジ方針
同左
 
④ ヘッジの有効性評価の方法
ヘッジ手段の変動額の累計額とヘッジ対象の変動額の累計額とを比較して有効性の判定をしております。
④ ヘッジの有効性評価の方法
同左
8.その他財務諸表作成の
ための基本となる重要な事項
(1)駐車場収入は継続して売上高に含まれております。
(1)      同左
(2)消費税等の会計処理
消費税及び地方消費税は税抜方式を採用しております。
(2)消費税等の会計処理
同左
9.貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
これまでの資本の部の合計に相当する金額は7,125,932千円であります。
なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表関係)
前事業年度において、営業権として掲記されていたものは、当事業年度からのれんと表示しております。
(損益計算書関係)
前事業年度において、営業権償却額として掲記されていたものは、当事業年度からのれん償却額と表示しております。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
※1 担保資産及び担保付債務
 担保に供している資産は、次の通りであります。
※1 担保資産及び担保付債務
 担保に供している資産は、次の通りであります。
建物
2,205,494千円
土地
354,194千円
投資有価証券
57,200千円
2,616,888千円
建物
2,041,346千円
土地
354,194千円
投資有価証券
28,864千円
2,424,404千円
 担保付債務は、次の通りであります。
 担保付債務は、次の通りであります。
短期借入金
958,688千円
長期借入金
1,730,817千円
2,689,505千円
短期借入金
535,888千円
長期借入金
1,168,438千円
1,704,326千円
短期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金を含みます。
短期借入金には、1年以内返済予定の長期借入金を含みます。
※2 従業員預り金は労働基準法施行規則第5条の2の規定により之を保全する為に期末残高の100%の額は金融機関による支払保証があります。
※2          同左
※3 関係会社に対する資産、負債
(資 産)
※3 関係会社に対する資産、負債
(資 産)
売掛金
1,113,715千円
未収入金
27,056千円
売掛金
859,605千円
短期貸付金
2,371,000千円
(負 債)
(負 債)
買掛金
2,224千円
未払金
21,576千円
前受金
770,227千円
買掛金
   −千円 
未払金
36,876千円
前受金
734,504千円
4 保証債務
下記の通り、子会社の金融機関からの借入金に対し、債務の保証を行っております。
4 保証債務
下記の通り、子会社の金融機関からの借入金に対し、債務の保証を行っております。
広貫堂薬品販売㈱
900,000千円
廣貫堂メディフーズ㈱
200,000千円
トキワ広貫堂㈱
200,000千円
㈱沖縄廣貫堂
50,000千円
日本薬剤㈱
50,000千円
薬都広貫堂㈱
1,200,000千円
2,600,000千円
トキワ広貫堂㈱
   200,000千円
   
※5 期末日の満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理しております。
なお、期末日は金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
受取手形
219,693千円
支払手形
97,768千円
※5           —
 
6 当社においては、グループ会社の資金の効率化を図るため、北陸銀行を主幹事とする金融機関7行とコミットメントライン契約を締結しております。
当座貸越極度額及び貸出
コミットメントの総額
2,500,000千円
借入実行残高
1,800,000千円
差引額
700,000千円
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 売上高の計算方法
売上高は原則として引渡を完了し、売上金額の確定したときに計上する。
 
※1 売上高の計算方法
同左
※2 売上原価の他勘定振替高は次の通りであります。
    無償提供品               4,328千円
※2 売上原価の他勘定振替高は次の通りであります。
    無償提供品              25,920千円
※3 販売費の主要な費目及び金額は次の通りであります。
※3 販売費の主要な費目及び金額は次の通りであります。
給料賞与手当
93,477千円
法定福利費
12,036千円
地代及び家賃
2,358千円
発送費
186,647千円
広告宣伝費
50,788千円
販売促進費
54,165千円
特売費
4,328千円
退職給付費用
1,879千円
減価償却費
109,694千円
給料賞与手当
226,551千円
法定福利費
30,186千円
地代及び家賃
4,563千円
発送費
199,660千円
広告宣伝費
13,422千円
販売促進費
65,580千円
特売費
25,920千円
退職給付費用
3,493千円
減価償却費
128,064千円
※4 一般管理費の主要な費目及び金額は次の通りであります。
※4 一般管理費の主要な費目及び金額は次の通りであります。
給料賞与手当
300,988千円
法定福利費
37,835千円
租税及び課金
26,725千円
雑費
70,787千円
退職給付費用
8,831千円
減価償却費
17,565千円
給料賞与手当
276,465千円
法定福利費
32,761千円
租税及び課金
11,474千円
雑費
63,724千円
退職給付費用
3,063千円
減価償却費
16,636千円
※5 研究開発費の総額
当期製造経費に含まれる研究開発費
308,636千円
※5 研究開発費の総額
当期製造経費に含まれる研究開発費
332,171千円
※6 減損損失
当社は、以下の資産グループについて減損の兆候の評価を行っております。
当事業年度には減損損失を認識する必要のないことを確認しております。
場所
用途 
種類 
その他
本社工場
富山県
富山市
医薬品
製造設備
機械装置
建物及び
土地等 
 
滑川工場
富山県
滑川市
医薬品
製造設備
機械装置
建物及び
土地等 
 
広貫堂パーク
富山県
富山市
平成18年5月1日売却
※6 減損損失
当社は、以下の資産グループについて減損の兆候の評価を行っております。
当事業年度には減損損失を認識する必要のないことを確認しております。
場所
用途 
種類 
その他
本社工場
富山県
富山市
医薬品
製造設備
機械装置
建物及び
土地等 
 
滑川工場
富山県
滑川市
医薬品
製造設備
機械装置
建物及び
土地等 
 

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※7 固定資産売却益
土地売却益
23,648千円
※8 関係会社に対する事項
売上高
6,904,352千円
仕入高
14,732千円
受取配当金
−千円
※7 固定資産売却益
土地売却益
−千円
※8 関係会社に対する事項
売上高
6,684,038千円
仕入高
5,724千円
受取配当金
 −千円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)
96
52
148
合計
96
52
148
(注)普通株式の自己株式の増加52千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)
148
52
200
合計
148
52
200
(注)普通株式の自己株式の増加52千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
① リース物件の取引価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
① リース物件の取引価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
 
取得価額
相当額
 
減価償却累計額相当額
 
期末残高
相当額
 
 
(千円)
 
(千円)
 
(千円)
機械装置及び
運搬具
 
2,296,879
 
1,131,547
 
1,165,331
工具器具及び
備品
 
7,160
 
3,873
 
3,286
ソフトウエア
 
4,961
 
3,638
 
1,323
 
2,309,000
 
1,139,058
 
1,169,940
 
 
取得価額
相当額
 
減価償却累計額相当額
 
期末残高
相当額
 
 
(千円)
 
(千円)
 
(千円)
機械装置及び
運搬具
 
2,630,121
 
1,454,991
 
1,175,131
工具器具及び
備品
 
7,160
 
5,007
 
2,153
ソフトウエア
 
46,885
 
38,169
 
8,715
 
2,684,166
 
1,498,167
 
1,185,999
② 未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額
1年内
338,790千円
1年超
770,125千円
1,108,916千円
1年内
444,172千円
1年超
791,194千円
1,235,366千円
③ 当会計期間の支払リース料等
③ 当会計期間の支払リース料等
支払リース料
364,286千円
減価償却費相当額
348,410千円
支払利息相当額
19,770千円
支払リース料
424,522千円
減価償却費相当額
388,645千円
支払利息相当額
16,057千円
④ 減価償却費相当額の算定方法
リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっています。
④ 減価償却費相当額の算定方法
同左
⑤ 利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっている。
⑤ 利息相当額の算定方法
同左
2.オペレーティング・リース取引に係る注記
 該当事項はありません。
2.オペレーティング・リース取引に係る注記
同左
(有価証券関係)
 前事業年度、当事業年度のいずれにおいても子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
 
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
繰延税金資産
貸倒引当金損金算入限度超過額
賞与引当金損金算入限度超過額
退職給付引当金損金算入限度超過額
未払事業税
未払金(法定福利費)
減価償却費超過額
その他
繰延税金資産小計
評価性引当額
繰延税金資産合計
繰延税金負債
その他有価証券評価差額金
固定資産圧縮積立金
繰延税金負債合計
繰延税金資産の純額
 
 
 
千円
38,812
 
235,213
 
20,755
 
5,538
 
5,406
 
2,881
 
308,607
 
 
308,607
 
 
 
△240,456
 
△83,186
 
△323,642
 
△15,035
 
 
 
 
93,867
千円
38,772
 
184,500
 
12,286
 
5,504
 
5,725
 
228
 
340,884
 
 
340,884
 
 
 
△145,731
 
△78,626
 
△224,358
 
116,526
 
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
 
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
国内の法定実効税率
(調整)
回収可能性の検討による差異
(評価性引当額)
交際費等永久に損金に算入されない項目
住民税均等割等
受取配当金等永久に益金にされない項目
その他
税効果会計適用後の法人税等の負担率
40.0
 
 
 
 
0.6
 
0.2
 
△0.2
 
4.5
 
45.1
 
 
40.0
 
 
 
 
0.4
 
0.5
 
△0.5
 
1.1
 
41.5
 
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
696円04銭
1株当たり当期純利益金額
42円40銭
1株当たり純資産額
699円26銭
1株当たり当期純利益金額
20円76銭
 (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当期純利益金額(千円)
434,693
211,820
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
434,693
211,820
普通株式の期中平均株式数(千株)
10,252
10,202
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
東洋製薬化成㈱
2,400
100
日本新薬㈱
45,606
47,110
日本海瓦斯㈱
8,257
327
武内プレス㈱
234,324
1,301
日本通運㈱
1,371
785
㈱ほくほくFG
1,602,713
480,813
㈱みずほFG
97.05
35,423
㈱北國銀行
20,000
8,940
㈱三井住友FG
59.54
39,058
㈱富山銀行
80,000
27,120
北日本放送㈱
368
344
富山テレビ放送㈱
1,000
500
北証パトナ㈱
500
250
㈱富山ステーションデパート
49
245
㈱薬日新聞社
160
800
㈱家庭薬新聞社
240
60
富山観光開発㈱
1,300
1,047
立山黒部貫光㈱
2,000
1,000
富山空港ターミナルビル㈱
450
4,500
富山市民プラザ㈱
100
5,000
富山県いきいき物産㈱
20
1,000
㈱ケーブルテレビ富山
100
5,000
富山ウェスト開発㈱
60
3,000
富山シティーエフエム㈱
20
1,000
朝日印刷㈱
15,016
16,517
㈱エージーエムコーポレーション
1
1,000
㈱チューリップテレビ
100
7,489
富山駅前開発㈱
5
500
㈱富山第一銀行
20,000
14,300
とやま医療健康システム㈱
10
5,000
小計
2,036,326.59
709,534
2,036,326.59
709,534
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
満期保有
目的の債券
富山商工会議所
3,000
1,665
3,000
1,665
投資有価証券合計
 
711,199
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
5,726,439
126,896
28,723
5,824,611
2,962,174
268,199
2,862,436
構築物
294,958
4,630
299,588
210,740
16,994
88,847
機械及び装置
4,885,276
56,875
4,942,152
4,310,883
214,385
631,269
車輌及び運搬具
48,461
48,461
44,780
3,003
3,680
工具器具及び備品
282,046
12,910
294,957
211,902
13,605
83,054
土地
748,758
748,758
748,758
建設仮勘定
473,847
180,115
508,983
144,979
144,979
有形固定資産計
12,459,787
381,428
537,706
12,303,509
7,740,481
516,188
4,563,028
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
電話加入権
3,485
3,485
1,057
2,428
商標権
6,675
6,675
6,675
317
のれん
1,007,359
159,425
8,836
1,157,948
905,622
97,485
252,325
ソフトウエア
140,588
15,029
155,617
80,220
28,776
75,396
無形固定資産計
1,158,109
174,454
8,836
1,323,727
993,576
126,578
330,150
長期前払費用
5,237
9,110
2,481
11,866
10,501
1,365
繰延資産
繰延資産計
5,237
9,110
2,481
11,866
10,501
1,365
(注)当期増加額及び当期減少額のうち主なものは次のとおりであります。
資産の種類
増減区分
事業所(部)
金額(千円)
事業所(部)
金額(千円)
建物
増加額
本社工場
126,096
滑川工場
800
 機械及び装置
増加額
本社工場
51,905
滑川工場
4,970
建設仮勘定
増加額
本社工場
180,115
建設仮勘定
減少額
本社工場
408,289
リースに組み替え
 
 のれん
増加額
本  社
159,425
【引当金明細表】
 
(単位:千円)
区分
期首残高
当期増加額
当期減少額
期末残高
目的使用
その他
貸倒引当金
234,688
234,688
賞与引当金
97,032
96,932
(注1)
97,032
96,932
退職給付引当金
571,744
22,258
149,044
 
444,958
役員退職慰労引当金
16,291
16,291
 (注1)洗替による戻入額であります。
 (注2)引当金の計上基準及び算定の方法は、重要な会計方針に記載しております。
(2)【主な資産及び負債の内容】
 当事業年度末(平成20年3月31日現在)における主な資産及び負債の内容は次のとおりであります。
① 現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
15,620
預金
当座預金
811,933
普通預金
401,861
振替貯金
1,841
定期預金
667,500
1,883,136
合計
1,898,757
② 受取手形
主な相手先別内訳
相手先
金額(千円)
㈱IHM
459,913
㈱新日配薬品
135,602
布亀㈱
128,329
アイチ薬品㈱
84,200
㈱布村薬品
47,491
その他
661,368
合計
1,516,905
決済期日別内訳
相手先
金額(千円)
平成20年4月
298,426
〃  5月
70,024
〃  6月
294,519
〃  7月
161,630
〃  8月
96,672
〃  9月以降
595,634
合計
1,516,905
③ 売掛金
主な相手先別内訳
相手先
金額(千円)
日本薬剤㈱
460,258
薬都広貫堂㈱
353,991
武田薬品工業㈱
223,934
㈱ツムラ
66,101
廣貫堂メディフーズ㈱
25,581
その他
38,343
合計
1,168,211
売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
1,478,011
11,079,564
11,389,364
1,168,211
90.69
43.70
④ たな卸資産
科目
金額(千円)
内訳
胃腸剤
熱鎮痛剤
五疳薬
外用剤
保健強壮剤
その他
商品製品
1,388,420
174,281
197,483
63,871
80,648
448,874
423,263
半製品
97,370
35,040
12,524
17,063
2,321
3,546
26,876
原材料
436,982
仕掛品
323,077
33,963
45,750
21,385
574
97,893
123,512
合計
2,245,850
 
 
 
 
 
 
⑤ 短期貸付金
相手先
金額(千円)
薬都広貫堂㈱
900,000
廣貫堂メディフーズ㈱
180,000
広貫堂薬品販売㈱
1,260,000
トキワ広貫堂㈱
30,000
㈱HBC
1,000
合計
2,371,000
⑥ 支払手形
主な相手先別内訳
相手先
金額(千円)
ライオン㈱
165,425
阪神容器㈱
159,359
朝日印刷㈱
154,635
㈱日立物流
114,406
アピ㈱
96,814
その他
1,099,280
合計
1,789,921
支払手形期日別内訳
相手先
金額(千円)
平成20年4月
463,681
〃  5月
433,927
〃  6月
435,452
〃  7月
444,001
〃  8月以降
12,860
合計
1,789,921
⑦ 買掛金
主な相手先別内訳
相手先
金額(千円)
阪神容器㈱
63,603
大和特殊硝子㈱
41,069
㈱IHM
30,288
金剛薬品㈱
20,021
多田薬品工業㈱
15,699
その他
256,653
合計
427,333
⑧ 短期借入金
相手先
金額(千円)
㈱北陸銀行本店
1,800,000
㈱みずほ銀行富山支店
30,000
合計
1,830,000
⑨ 前受金
相手先
金額(千円)
薬都広貫堂㈱
608,143
廣貫堂産業㈱
72,024
日本薬剤㈱
24,735
広貫堂薬品販売㈱
14,547
㈱NYグローカル
9,294
その他
5,761
合計
734,504
⑩ 長期借入金
相手先
金額(千円)
㈱北陸銀行本店
960,130
㈱北國銀行富山支店
413,113
㈱富山銀行富山支店
240,013
㈱富山第一銀行本店
91,070
合計
1,704,326
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社 廣貫堂、2008-03-31 期 有価証券報告書