有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成している。
 なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成している。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成している。
 なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成している。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けている。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
38,362
   
7,746
 
2.受取手形及び売掛金
 ※3
 
28,896
   
29,024
 
3.有価証券
   
3,503
   
36,015
 
4.たな卸資産
   
20,936
   
22,117
 
5.繰延税金資産
   
1,601
   
1,240
 
6.その他
   
620
   
609
 
7.貸倒引当金
   
△3
   
△4
 
流動資産合計
   
93,915
71.9
 
96,747
72.6
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
 
28,956
   
29,055
   
減価償却累計額
 
16,808
12,148
 
16,872
12,183
 
(2)機械装置及び運搬具
 
25,602
   
25,175
   
減価償却累計額
 
20,863
4,739
 
21,078
4,097
 
(3)工具器具及び備品
 
7,466
   
7,639
   
減価償却累計額
 
6,078
1,388
 
6,361
1,278
 
(4)土地
   
10,417
   
9,790
 
(5)建設仮勘定
   
163
   
799
 
有形固定資産合計
   
28,855
22.1
 
28,147
21.1
2.無形固定資産
             
(1)ソフトウェア
   
658
   
522
 
(2)ソフトウェア仮勘定
   
4
   
8
 
(3)その他
   
240
   
191
 
無形固定資産合計
   
902
0.7
 
721
0.5
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
※1
 
4,712
   
4,430
 
(2)繰延税金資産
   
1,696
   
1,596
 
(3)その他
   
644
   
1,757
 
(4)貸倒引当金
   
△50
   
△82
 
投資その他の資産合計
   
7,002
5.3
 
7,701
5.8
固定資産合計
   
36,759
28.1
 
36,569
27.4
資産合計
   
130,674
100.0
 
133,316
100.0
               

 

   
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形及び買掛金
 ※3
 
12,846
   
13,106
 
2.短期借入金
   
673
   
531
 
3.未払法人税等
   
2,582
   
1,559
 
4.賞与引当金
   
1,657
   
1,531
 
5.役員賞与引当金 
   
73
   
47
 
6.その他
   
3,815
   
4,283
 
流動負債合計
   
21,646
16.6
 
21,057
15.8
Ⅱ 固定負債
             
1.退職給付引当金
   
6,343
   
6,295
 
2.役員退職慰労引当金
   
407
   
318
 
3.その他
   
2
   
2
 
固定負債合計
   
6,752
5.2
 
6,615
5.0
負債合計
   
28,398
21.8
 
27,672
20.8
               
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
2,340
1.8
 
2,340
1.8
2.資本剰余金
 
 
1,067
0.8
 
1,067
0.8
3.利益剰余金
 
 
98,189
75.1
 
102,214
76.6
4.自己株式
 
 
△12
0.0
 
△15
0.0
  株主資本合計
 
 
101,584
77.7
 
105,606
79.2
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
442
0.3
 
232
0.2
2.為替換算調整勘定
 
 
250
0.2
 
△194
△0.2
  評価・換算差額等合計
 
 
692
0.5
 
38
0.0
純資産合計
 
 
102,276
78.2
 
105,644
79.2
負債純資産合計
 
 
130,674
100.0
 
133,316
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
   
76,742
100.0
 
77,967
100.0
Ⅱ 売上原価
   
48,213
62.8
 
50,367
64.6
売上総利益
   
28,529
37.2
 
27,600
35.4
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1
 
17,747
23.1
 
17,821
22.9
営業利益
   
10,782
14.0
 
9,779
12.5
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
137
   
318
   
2.受取配当金
 
10
   
12
   
3.持分法による投資利益
 
50
   
44
   
4.地代家賃収入
 
19
   
19
   
5.受取特許和解金
 
50
   
   
6.その他
 
40
306
0.4
48
441
0.6
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
34
   
43
   
2.為替差損
 
24
   
31
   
3.たな卸資産廃棄損
 
16
   
5
   
4.その他
 
12
86
0.1
14
93
0.1
経常利益
   
11,002
14.3
 
10,127
13.0
Ⅵ 特別利益
             
1.補助金受入額
 
220
   
   
2.持分変動損益 
 
8
   
   
3.固定資産売却益
※2
   
325
   
4.事業整理益
※3
228
0.3
49
374
0.5
Ⅶ 特別損失
             
  1.減損損失
 ※6
280
   
   
2.固定資産売却及び除却損
※4
28
   
133
   
3.投資有価証券評価損
※5
12
   
1
   
4.貸倒引当金繰入額
 
320
0.4
20
154
0.2
税金等調整前当期純利益
   
10,910
14.2
 
10,347
13.3
法人税、住民税及び事業税
 
4,650
   
3,315
   
法人税等調整額
 
△317
4,333
5.6
590
3,905
5.0
少数株主損益 
 
 
△3
0.0
 
当期純利益
   
6,580
8.6
 
6,442
8.3
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
2,340
1,067
94,023
△9
97,421
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当(注)
 
 
△1,150
 
△1,150
役員賞与(注)
 
 
△81
 
△81
当期純利益
 
 
6,580
 
6,580
剰余金の配当 
 
 
△1,183
 
△1,183
自己株式の取得
 
 
 
△3
△3
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
4,166
△3
4,163
平成19年3月31日 残高
(百万円)
2,340
1,067
98,189
△12
101,584
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
399
50
449
97,870
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当(注)
 
 
 
△1,150
役員賞与(注)
 
 
 
△81
当期純利益
 
 
 
6,580
剰余金の配当 
 
 
 
△1,183
自己株式の取得
 
 
 
△3
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
43
200
243
243
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
43
200
243
4,406
平成19年3月31日 残高
(百万円)
442
250
692
102,276
 (注) 平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目である。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
2,340
1,067
98,189
△12
101,584
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△2,417
 
△2,417
当期純利益
 
 
6,442
 
6,442
自己株式の取得
 
 
 
△3
△3
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
4,025
△3
4,022
平成20年3月31日 残高
(百万円)
2,340
1,067
102,214
△15
105,606
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
442
250
692
102,276
連結会計年度中の変動額
       
剰余金の配当
 
 
 
△2,417
当期純利益
 
 
 
6,442
自己株式の取得
 
 
 
△3
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△210
△444
△654
△654
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△210
△444
△654
3,368
平成20年3月31日 残高
(百万円)
232
△194
38
105,644
 
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
1.税金等調整前当期純利益
 
10,910
10,347
2.減価償却費
 
3,221
3,388
3.貸倒引当金の増減額(減少:△)
 
△0
21
4.退職給付引当金の増減額(減少:△)
 
213
△48
5.役員退職慰労引当金の増減額(減少:△)
 
21
△89
6.賞与引当金の増減額(減少:△)
 
53
△125
7.役員賞与引当金の増減額(減少:△) 
 
73
△26
8.受取利息及び受取配当金
 
△147
△330
9.支払利息
 
34
43
10.持分法による投資利益
 
△50
△44
11.持分変動損益 
 
△8
12.補助金受入額
 
△220
13.事業整理益 
 
△49
14.有形固定資産売却益
 
△325
15.固定資産売却及び除却損
 
28
133
16.投資有価証券評価損
 
12
1
17.減損損失
 
280
18.売上債権の増減額(増加:△)
 
△1,213
△233
19.たな卸資産の増減額(増加:△)
 
△1,873
△1,429
20.仕入債務の増減額(減少:△)
 
243
334
21.役員賞与の支払額
 
△81
22.その他
 
△205
162
小計
 
11,291
11,731
23.利息及び配当金の受取額
 
154
327
24.利息の支払額
 
△34
△43
25.法人税等の支払額
 
△4,571
△4,427
26.補助金受入による収入
 
220
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
7,060
7,588
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
1.定期預金の預入による支出
 
△2,000
△650
2.定期預金の満期による収入
 
3,750
150
3.有価証券の取得による支出
 
△3,505
4.有価証券の償還による収入
 
1,000
3,500
5.投資有価証券の取得による支出
 
△1,026
△11

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
6.有形固定資産の取得による支出
 
△2,217
△2,988
7.有形固定資産の売却による収入
 
4
1,195
8.無形固定資産の取得による支出
 
△154
△116
9.長期前払費用の増加による支出 
 
△776
10.その他
 
△92
8
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△4,240
312
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
1.短期借入金の純増減額(減少:△)
 
82
△46
2.配当金の支払額
 
△2,333
△2,417
3.自己株式の取得による支出
 
△3
△3
4.少数株主からの払込による収入 
 
3
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△2,251
△2,466
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
75
△35
Ⅴ 現金及び現金同等物の増減額(減少:△)
 
644
5,399
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
37,568
38,212
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
 
38,212
43,611
       
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項
 連結子会社4社
 連結子会社名 ㈱ワコーケミカル、㈱BSワコー、ドイツ和光純薬㈲、米国和光純薬㈱
1.連結の範囲に関する事項
同左
2.持分法の適用に関する事項
(1)持分法適用関連会社6社
 持分法適用関連会社名 広島和光㈱、北海道和光純薬㈱、湘南和光純薬㈱、京都和光純薬㈱、仙台和光純薬㈱、ケミカルサービス東京㈱ 
    上記のうち、ケミカルサービス東京㈱については、当連結会計年度中に新たに設立し、その後持分が変動したため、持分法適用関連会社に含めている。
2.持分法の適用に関する事項
(1)持分法適用関連会社6社
 持分法適用関連会社名 広島和光㈱、北海道和光純薬㈱、湘南和光純薬㈱、京都和光純薬㈱、仙台和光純薬㈱、ケミカルサービス東京㈱ 
    
(2)持分法適用関連会社のうち、決算日が連結決算日と異なる会社については、各社の事業年度に係る財務諸表を使用している。
(2)         同左
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 すべての連結子会社の事業年度の末日は、連結決算日と一致している。
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
同左
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券の評価基準及び評価方法
[1]満期保有目的の債券…償却原価法(定額法)
4.会計処理基準に関する事項
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券の評価基準及び評価方法
[1]満期保有目的の債券…同左
[2]その他有価証券
時価のあるもの………期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定している)
[2]その他有価証券
時価のあるもの………同左
時価のないもの………移動平均法による原価法
時価のないもの………同左
② たな卸資産の評価基準及び評価方法
主として次の方法により評価している。
製品     ………移動平均法による原価法
商品、原材料 ………移動平均法による低価法
半製品、仕掛品………総平均法による原価法
② たな卸資産の評価基準及び評価方法
同左
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
 主として定率法を採用している。
 但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用している。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりである。
建物及び構築物   5年〜50年
機械及び装置    5年〜15年
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
② 無形固定資産
 定額法を採用している。
 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用している。
② 無形固定資産
同左
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上している。
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
同左
② 賞与引当金
 従業員に対して支給する賞与にあてるため、翌連結会計年度支給予定額のうち当連結会計年度に属する支給対象期間に見合う額を計上している。
② 賞与引当金
同左
③ 役員賞与引当金  
 当社及び国内連結子会社は、役員賞与の支出に備えて、当連結会計年度における支給見込額に基づき計上している。 
③ 役員賞与引当金  
         同左 
④ 退職給付引当金
  従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上している。なお、会計基準変更時差異(1,856百万円)については、10年による均等額を費用処理している。
数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしている。 
④ 退職給付引当金
         同左
 
⑤ 役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、当社及び国内連結子会社の「役員退職慰労金内規」に基づく期末要支給額を計上している。
⑤ 役員退職慰労引当金
 同左
(4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
外貨建金銭債権債務については、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理している。なお、在外子会社等の資産及び負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定に含めて計上している。
(4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準
                 同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(5)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっている。
(5)重要なリース取引の処理方法
同左
(6)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
 原則として繰延ヘッジ処理によっている。なお、振当処理の要件を満たしている為替予約については振当処理によっている。
(6)重要なヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
同左
② ヘッジ手段とヘッジ対象
 当連結会計年度にヘッジ会計を適用したヘッジ手段とヘッジ対象は以下のとおりである。
② ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
a.ヘッジ手段…為替予約
 
b.ヘッジ対象…製品輸出による外貨建売上債権、原材料輸入による外貨建買入債務及び外貨建予定取引
 
③ ヘッジ方針
 デリバティブ取引に関する権限規定及び取引限度額等を定めた内部規定に基づき、ヘッジ対象に係る為替相場変動リスクを一定の範囲内でヘッジしている。
③ ヘッジ方針
同左
④ ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ対象のキャッシュ・フロー変動の累計又は相場変動とヘッジ手段のキャッシュ・フロー変動の累計又は相場変動を半期ごとに比較し、両者の変動額等を基礎にして、ヘッジ有効性を評価している。
④ ヘッジ有効性評価の方法
同左
(7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
① 消費税等の会計処理
 税抜方式によっている。
(7)その他連結財務諸表作成のための重要な事項
① 消費税等の会計処理
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用している。
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
同左
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなる。
6.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
                 ─────
 (有形固定資産の減価償却の方法)
  当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更している。
 これにより営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は、それぞれ61百万円減少している。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載している。
 (役員賞与に関する会計基準)
 当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号  平成17年11月29日)を適用している。 
 これにより、営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益はそれぞれ73百万円減少している。
 なお、セグメント情報に与える影響は軽微である。
 
                 ─────
 (貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準) 
 当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号  平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号  平成17年12月9日)を適用している。
  これまでの資本の部の合計に相当する金額は102,276百万円である。
  なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成している。
 
                 ─────
 
 
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
               
                ───── 
 
 
               
            
 
 
(連結貸借対照表)
 従来「現金及び預金」に含めていた譲渡性預金は、「金融商品会計に関する実務指針」(日本公認会計士協会 平成19年7月4日 会計制度委員会報告第14号)及び「金融商品会計に関するQ&A」(日本公認会計士協会 平成19年11月6日 会計制度委員会)において有価証券として取り扱うこととされたため、当連結会計年度より「有価証券」として表示している。
  なお、譲渡性預金の残高は前連結会計年度は30,700百万円、当連結会計年度は36,015百万円である。
               
                ───── 
 
 
               
 
 
(連結キャッシュ・フロー計算書)
 投資活動によるキャッシュ・フローの「長期前払費用の増加による支出」は、前連結会計年度は「その他」に含めて表示していたが、金額的重要性が増したため区分掲記している。
 なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「長期前払費用の増加による支出」は△223百万円である。
追加情報
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
            
                ─────
 
 
 (有形固定資産の減価償却の方法)
  当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上している。
 これにより営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は、それぞれ131百万円減少している。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載している。
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※1 関連会社に対する投資有価証券は次のとおりである。
※1 関連会社に対する投資有価証券は次のとおりである。
 
百万円
投資有価証券
1,111
 
百万円
投資有価証券
1,138
 2 連結会社以外の保証債務は次のとおりである。
 2 連結会社以外の保証債務は次のとおりである。
 
百万円
㈱日栄東海
90
(金融機関借入金)
 
ケミカルサービス東京㈱
80
(金融機関借入金)
 
 
百万円
ケミカルサービス東京㈱
80
(金融機関借入金)
 
※3  連結会計年度末日満期手形
連結会計年度末日満期手形の会計処理については、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったが、満期日に決済が行われたものとして処理している。当連結会計年度末日満期手形の金額は、次のとおりである。      
※3                ─────  
 
百万円
受取手形
1,979
支払手形
778
 
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりである。
※1 販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりである。
 
百万円
賃借料
844
給料・手当
4,224
賞与引当金繰入額
803
役員賞与引当金繰入額 
73
退職給付費用
457
役員退職慰労引当金繰入額
61
研究開発費
3,758
 
百万円
賃借料
836
給料・手当
4,284
賞与引当金繰入額
741
役員賞与引当金繰入額 
47
退職給付費用
426
役員退職慰労引当金繰入額
76
研究開発費
3,744
一般管理費に含まれる研究開発費
    3,758百万円
一般管理費に含まれる研究開発費
   3,744百万円
※2               ─────
※2 固定資産売却益は新座用地売却による土地売却益325百万円である。
※3        ─────
※3 事業整理益は連結子会社ドイツ和光純薬㈲のハーフェン工場(ドイツ ノイス市)の売却に伴うものである。固定資産売却益63百万円、港湾施設利用料未払金の支払義務解除に伴う戻入益119百万円及び固定資産の移設、修繕等に要した費用133百万円を純額表示したものである。
※4 固定資産売却及び除却損は建物及び構築物除却損3百万円、機械装置及び運搬具除却損11百万円、工具器具及び備品除却損14百万円である。
※4 固定資産売却及び除却損は建物及び構築物売却及び除却損67百万円、機械装置及び運搬具売却及び除却損53百万円、工具器具及び備品売却及び除却損13百万円である。
※5 投資有価証券評価損は株式評価損12百万円である。
※5 投資有価証券評価損は株式評価損 1百万円である。
※6 減損損失
 当連結会計年度において、当連結グループは以下の資産グループについて減損損失を計上した。
場所
用途
種類
減損損失
(百万円)
ドイツ ノイス市
事業用資産
建物、構築物、機械装置、工具器具及び備品
277
 静岡県 伊豆市
 遊休資産
 土地
3
    当連結グループは、主に継続的に収支の把握を行っている内部管理上採用している区分(製品群別)に基づき資産をグルーピングしている。
 遊休資産については、今後の使用予定がなく土地の市場価額が下落している資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、事業用資産については、用途変更により市場価額が下落している資産について帳簿価額を回収可能価額まで減額し、当該減少額を減損損失として、特別損失に計上した。
  なお、遊休資産からなる資産グループの回収可能価額は主として路線価による評価額に基づく正味売却価額、事業用資産からなる資産グループの回収可能価額は鑑定評価額に基づく正味売却価額により測定している。
※6        ─────
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
33,342
33,342
合計
33,342
33,342
自己株式
       
普通株式
15
2
17
合計
15
2
17
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加2千株は、単元未満株式の買取りによる増加である。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月28日
定時株主総会
普通株式
1,150
34.50
平成18年3月31日
平成18年6月29日
平成18年10月23日
取締役会
普通株式
1,183
35.50
平成18年9月30日
平成18年12月8日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月27日
定時株主総会
普通株式
1,200
利益剰余金
36.00
平成19年3月31日
平成19年6月28日
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式
33,342
33,342
合計
33,342
33,342
自己株式
       
普通株式
17
3
20
合計
17
3
20
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加3千株は、単元未満株式の買取りによる増加である。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月27日
定時株主総会
普通株式
1,200
36.00
平成19年3月31日
平成19年6月28日
平成19年10月22日
取締役会
普通株式
1,217
36.50
平成19年9月30日
平成19年12月10日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年6月25日
定時株主総会
普通株式
1,267
利益剰余金
38.00
平成20年3月31日
平成20年6月26日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1. 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年3月31日現在)
1. 現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成20年3月31日現在)
 
百万円
現金及び預金勘定
38,362
預入期間が3か月を超える定期預金
△150
現金及び現金同等物
38,212
 
百万円
現金及び預金勘定
7,746
有価証券に含まれる譲渡性預金 
36,015
預入期間が3か月を超える定期預金
△150
現金及び現金同等物
43,611
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)借主側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
1. リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)借主側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
機械装置及び運搬具
33
15
18
工具器具及び備品
8,585
4,348
4,237
合計
8,618
4,363
4,255
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
機械装置及び運搬具
40
22
18
工具器具及び備品
8,469
4,310
4,159
合計
8,509
4,332
4,177
② 未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額
1年内
    1,594百万円
1年超
    2,735百万円
合計
     4,329百万円
1年内
     1,589百万円
1年超
     2,664百万円
合計
     4,253百万円
③ 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
③ 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(1)支払リース料
     1,813百万円
(2)減価償却費相当額
     1,727百万円
(3)支払利息相当額
    95百万円
(1)支払リース料
     1,841百万円
(2)減価償却費相当額
     1,750百万円
(3)支払利息相当額
      96百万円
④ 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。
④ 減価償却費相当額の算定方法
同左
⑤ 利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額の差額を利息相当額とし、各連結会計年度への配分方法については利息法によっている。
⑤ 利息相当額の算定方法
同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)貸主側
① リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
(2)貸主側
① リース物件の取得価額、減価償却累計額及び期末残高
 
取得価額
(百万円)
減価償却累計額
(百万円)
期末残高
(百万円)
工具器具及び備品
3,643
1,094
2,549
合計
3,643
1,094
2,549
 
取得価額
(百万円)
減価償却累計額
(百万円)
期末残高
(百万円)
工具器具及び備品
5,114
2,003
3,111
合計
5,114
2,003
3,111
② 未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額
1年内
    664百万円
1年超
     2,044百万円
合計
2,708百万円
1年内
     1,008百万円
1年超
     2,226百万円
合計
     3,234百万円
③ 受取リース料、減価償却費及び受取利息相当額
③ 受取リース料、減価償却費及び受取利息相当額
(1)受取リース料
     450百万円
(2)減価償却費
     346百万円
(3)受取利息相当額
     149百万円
(1)受取リース料
     1,037百万円
(2)減価償却費
902百万円
(3)受取利息相当額
    190百万円
④ 利息相当額の算定方法
 利息相当額の各連結会計年度への配分方法については、利息法によっている。
④ 利息相当額の算定方法
同左
2.オペレーティング・リース取引
(1)貸主側
未経過リース料
2.オペレーティング・リース取引
(1)貸主側
未経過リース料
1年内
   37百万円
1年超
  16百万円
合計
   53百万円
1年内
     10百万円
1年超
    11百万円
合計
     21百万円
(有価証券関係)
Ⅰ 前連結会計年度(平成19年3月31日現在)
1.満期保有目的の債券で時価のあるもの(平成19年3月31日現在)
 
種類
連結貸借対照表計上額(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
(1)国債・地方債等
(2)社債
(3)その他
1,008
1,010
2
小計
1,008
1,010
2
時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
(1)国債・地方債等
(2)社債
3,503
3,502
△1
(3)その他
1,500
1,456
△44
小計
5,003
4,958
△45
合計
6,011
5,968
△43
2.その他有価証券で時価のあるもの(平成19年3月31日現在)
 
種類
取得原価(百万円)
連結貸借対照表計上額(百万円)
差額(百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
303
995
692
(2)債券
     
①国債・地方債等
②社債
③その他
(3)その他
小計
303
995
692
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
3
2
△1
(2)債券
     
①国債・地方債等
②社債
③その他
(3)その他
小計
3
2
△1
合計
306
997
691
3.時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成19年3月31日現在)
(1)その他有価証券
 
非上場株式
   96百万円
 
4.その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額(平成19年3月31日現在)
 
1年以内(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超(百万円)
(1)債券
       
①国債・地方債等
②社債
3,503
③その他
1,508
1,000
(2)その他
合計
3,503
1,508
1,000
(注) 有価証券について12百万円(その他有価証券で時価のない株式12百万円)減損処理を行っている。
 なお、当該株式の減損にあたっては、時価が30〜50%下落した場合は発行会社の業績、信用リスクに係る評価結果等を加味して総合的に勘案し時価が「著しく下落した」か否かを判定している。
 一方、債券の場合の減損にあたっては、下落の原因により判定することにしている。
Ⅱ 当連結会計年度(平成20年3月31日現在)
1.満期保有目的の債券で時価のあるもの(平成20年3月31日現在)
 
種類
連結貸借対照表計上額(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
時価が連結貸借対照表計上額を超えるもの
(1)国債・地方債等
(2)社債
(3)その他
小計
時価が連結貸借対照表計上額を超えないもの
(1)国債・地方債等
(2)社債
(3)その他
2,507
2,480
△27
小計
2,507
2,480
△27
合計
2,507
2,480
△27
2.その他有価証券で時価のあるもの(平成20年3月31日現在)
 
種類
取得原価(百万円)
連結貸借対照表計上額(百万円)
差額(百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
235
624
389
(2)債券
     
①国債・地方債等
②社債
③その他
(3)その他
小計
235
624
389
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
81
66
△15
(2)債券
     
①国債・地方債等
②社債
③その他
(3)その他
小計
81
66
△15
合計
316
690
374
3.時価評価されていない主な有価証券の内容及び連結貸借対照表計上額(平成20年3月31日現在)
(1)その他有価証券
 
譲渡性預金
  36,015百万円
 
 
非上場株式 
95百万円 
 
4.その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額(平成20年3月31日現在)
 
1年以内(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超(百万円)
(1)債券
       
①国債・地方債等
②社債
③その他
1,507
1,000
(2)その他
合計
1,507
1,000
(注) 有価証券について1百万円(その他有価証券で時価のある株式1百万円)減損処理を行っている。
        なお、株式の減損にあたっては、時価が30〜50%下落した場合は発行会社の業績、信用リスクに係る評価結果等を加味して総合的に勘案し時価が「著しく下落した」か否かを判定している。
 一方、債券の場合の減損にあたっては、下落の原因により判定することにしている。
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.取引の状況に関する事項
① 取引の内容
 当社及び海外連結子会社では、為替予約取引を利用している。
1.取引の状況に関する事項
① 取引の内容
同左
② 取引に対する取組方針
 当社及び海外連結子会社は、基本的には外貨建金銭債権・債務の実需に基づく金額の範囲内で為替予約取引を行っており、1年を超える長期契約は行わない方針である。また、これを投機目的あるいはトレーディング目的で利用することは一切行わないこととしている。
② 取引に対する取組方針
同左
③ 取引の利用目的
 当社及び海外連結子会社は、外国為替相場の変動によるリスクをヘッジする目的で特定の外貨建金銭債権・債務の為替予約取引を行っている。
③ 取引の利用目的
同左
④ 取引に係るリスクの内容
 当社及び海外連結子会社が利用している為替予約取引は、外国為替相場変動がリスク要因となる。また、為替予約の契約先が信用度の高い銀行であり契約不履行によるリスク発生の可能性はほとんどないと認識している。
④ 取引に係るリスクの内容
同左
⑤ 取引に係るリスク管理体制
 当社では、実需に基づく金額の範囲内で取引し、為替相場変動のリスクを回避する目的以外では為替予約取引を行わないという内規に基づき、経理部長の承認で為替予約を実施している。また、為替予約実施状況・為替予約残高等を定期的に経営会議に報告している。
 また、海外連結子会社では、経理担当者の計画・立案した為替予約を社長承認のうえ、実施している。
⑤ 取引に係るリスク管理体制
同左
⑥ その他
 外貨建金銭債権・債務等に先物為替予約が付されていることにより、決済時における円貨額が確定している外貨建金銭債権・債務等で、連結貸借対照表に当該円貨額で表示しているものについては、時価等の開示の対象から除いている。
⑥ その他
同左
2.取引の時価等に関する事項
該当事項なし。
2.取引の時価等に関する事項
同左
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社及び国内連結子会社は、確定給付型の制度として、適格退職年金制度及び退職一時金制度を設けている。なお、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合がある。また、海外連結子会社の一部については、確定拠出型の年金制度を設けている。
2.退職給付債務に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
イ.退職給付債務(百万円)
△13,197
△12,734
ロ.年金資産(百万円)
6,798
5,430
ハ.未積立退職給付債務(百万円)(イ+ロ)
△6,399
△7,304
ニ.会計基準変更時差異の未処理額(百万円)
556
371
ホ.未認識数理計算上の差異(百万円)
△500
638
ヘ.連結貸借対照表計上額純額(百万円)
(ハ+ニ+ホ)
△6,343
△6,295
ト.前払年金費用(百万円)
チ.退職給付引当金(百万円)(ヘ−ト)
△6,343
△6,295
前連結会計年度
(平成19年3月31日現在)
 
当連結会計年度
(平成20年3月31日現在)
(注) 一部の連結子会社は、退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用している。
 
(注)         同左
3.退職給付費用に関する事項
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
イ.勤務費用(百万円)(注)1
610
625
ロ.利息費用(百万円)
247
261
ハ.期待運用収益(百万円)
△117
△136
ニ.会計基準変更時差異の費用処理額(百万円)
186
186
ホ.数理計算上の差異の費用処理額(百万円)
49
△44
へ.その他(注)2
8
8
ト.退職給付費用(百万円)
(イ+ロ+ハ+ニ+ホ+へ)
983
900
前連結会計年度
(平成19年3月31日現在)
 
当連結会計年度
(平成20年3月31日現在)
(注)1. 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用は、「イ.勤務費用」に計上し、適格退職年金掛金の従業員拠出額を控除している。
 
(注)1.       同左
2. 「へ.その他」は確定拠出型の年金への掛金支払額である。
 
2.       同左
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
イ.退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
同左
ロ.割引率
 2.0%
同左
ハ.期待運用収益率
 2.0%
同左
ニ.数理計算上の差異の処理年数
5年(各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理することとしている。)
同左
ホ.会計基準変更時差異の処理年数
10年
同左
(ストック・オプション等関係)
該当事項なし。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1. 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
(単位:百万円)
繰延税金資産
 
(流動)
 
賞与引当金
673
未払事業税
210
たな卸資産の未実現利益
234
たな卸資産評価損
153
委託研究費
303
未払社会保険料
68
その他
38
 
1,679
評価性引当金
△56
 
1,623
(固定)
 
退職給付引当金
2,575
役員退職慰労引当金
165
その他
304
 
3,044
評価性引当金
△93
 
2,951
繰延税金資産合計
4,574
   
繰延税金負債
 
(流動)
 
貸倒引当金他
22
 
22
(固定)
 
圧縮積立金
812
特別償却準備金
64
その他有価証券評価差額金
281
特別減価償却費
70
在外子会社の未分配利益
28
 
1,255
繰延税金負債合計
1,277
   
繰延税金資産の純額
3,297
 
(単位:百万円)
繰延税金資産
 
(流動)
 
賞与引当金
622
未払事業税
143
たな卸資産の未実現利益
217
たな卸資産評価損
211
未払社会保険料
72
その他
35
 
1,300
評価性引当金
△41
 
1,259
(固定)
 
退職給付引当金
2,556
役員退職慰労引当金
129
その他
263
 
2,948
評価性引当金
△112
 
2,836
繰延税金資産合計
4,095
   
繰延税金負債
 
(流動)
 
貸倒引当金他
19
 
19
(固定)
 
圧縮積立金
887
特別償却準備金
41
その他有価証券評価差額金
152
特別減価償却費
81
在外子会社の未分配利益
70
その他 
9
 
1,240
繰延税金負債合計
1,259
   
繰延税金資産の純額
2,836
2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異がある時の、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため、注記を省略した。
2. 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異がある時の、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 
(%)
法定実効税率
40.6
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.5
試験研究費の税額控除
△4.2
住民税均等割
0.3
海外連結子会社の税率差異等
△0.4
その他
△0.1
税効果会計適用後の法人税等の負担率
37.7
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
試薬
(百万円)
化成品
(百万円)
臨床検査薬
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
32,702
22,178
21,830
32
76,742
76,742
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
125
125
(125)
32,702
22,178
21,830
157
76,867
(125)
76,742
営業費用
28,751
18,007
19,234
129
66,121
(161)
65,960
営業利益
3,951
4,171
2,596
28
10,746
36
10,782
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
             
資産
30,486
32,979
20,372
272
84,109
46,565
130,674
減価償却費
724
1,758
732
7
3,221
3,221
資本的支出
849
1,472
306
1
2,628
2,628
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
試薬
(百万円)
化成品
(百万円)
臨床検査薬
(百万円)
その他
(百万円)
(百万円)
消去又は全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
             
売上高
             
(1)外部顧客に対する売上高
34,679
20,809
22,453
26
77,967
77,967
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
120
120
(120)
34,679
20,809
22,453
146
78,087
(120)
77,967
営業費用
30,888
17,678
19,657
115
68,338
(150)
68,188
営業利益
3,791
3,131
2,796
31
9,749
30
9,779
Ⅱ 資産、減価償却費及び資本的支出
             
資産
31,791
32,570
20,055
248
84,664
48,652
133,316
減価償却費
885
1,739
757
7
3,388
3,388
資本的支出
1,778
913
997
1
3,689
3,689
 (注)1. 事業区分は内部管理上採用している区分に基づいている。
2. 各事業の主な製品及び商品
(1)試薬   ………JIS試薬、計量標準試薬、精密分析用試薬、原子吸光分析用試薬、高速液体クロマトグラフ用試薬、環境分析用試薬、残留農薬試験用試薬、ダイオキシン測定用試薬、アミノ酸分析用試薬、免疫研究用試薬、合成用試薬、エンドトキシン測定装置及び試薬、キレート試薬、培養基及び培養基材、遺伝子工学研究用試薬、蛍光修飾試薬、生化学試薬、硅素化合物試薬、局方品、各種輸入試薬、機器、器材
(2)化成品  ………医薬品・化粧品原料、重合開始剤及び重合禁止剤、樹脂・繊維・塗料等の改質剤・安定剤、写真用薬品、LCD・エレクトロデバイス関連薬品、機能性ポリマー、有機受託合成品
(3)臨床検査薬………生化学的検査用試薬、免疫血清学的検査用試薬、血液学的検査用試薬、一般検査用試薬、微生物学的検査用試薬、臨床検査用機器・機材
(4)その他  ………不動産維持・管理・賃貸業務
3. 資産のうち消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、前連結会計年度46,565百万円、当連結会計年度48,652百万円であり、その主なものは現金及び預金、有価証券及び投資有価証券である。
4. 減価償却費及び資本的支出には長期前払費用とその償却額が含まれている。
5. 会計方針の変更 
(当連結会計年度)
 「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更」及び「追加情報」に記載のとおり、当連結会計年度より当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い減価償却の方法を変更している。これにより、従来の方法によった場合に比べ、当連結会計年度の営業費用は、試薬事業が59百万円、化成品事業が82百万円、臨薬事業が51百万円、その他の事業が0百万円それぞれ増加し、営業利益が同額減少している。
 
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める日本の割合が、いずれも90%を超えているため、所在地別セグメント情報の記載を省略している。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 海外売上高が、いずれも連結売上高の10%未満のため、海外売上高の記載を省略している。
【関連当事者との取引】
 前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係内容
役員の兼務等
事業上の関係
親会社
武田薬品工業㈱
大阪市中央区
63,541
医療用医薬品、一般用医薬品等の製造及び販売
直接 70.0%
間接   0.3%
兼任 1
転籍 1
当社が製商品の販売、当社が原材料の購入
     
取引内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
 
     
営業取引
試薬等の販売
2,470
売掛金
1,146
 
 (注) 取引金額は消費税等抜きの金額であり、期末残高は、消費税等込みの金額である。
取引条件及び取引条件の決定方針等
 当社製商品の販売については、価格その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっている。
(2)役員及び個人主要株主等
 該当事項なし。
(3)子会社等
 該当事項なし。
(4)兄弟会社等
 該当事項なし。
 当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
(1)親会社及び法人主要株主等
属性
会社等の名称
住所
資本金
(百万円)
事業の内容又は職業
議決権等の所有(被所有)割合
関係内容
役員の兼務等
事業上の関係
親会社
武田薬品工業㈱
大阪市中央区
63,541
医薬品、医薬部外品等の製造、販売及び輸出入
直接 70.0%
間接   0.3%
兼任 1
当社が製商品の販売、当社が原材料の購入
     
取引内容
取引金額
(百万円)
科目
期末残高
(百万円)
 
     
営業取引
試薬等の販売
2,786
売掛金
1,292
 
 (注) 取引金額は消費税等抜きの金額であり、期末残高は、消費税等込みの金額である。
取引条件及び取引条件の決定方針等
 当社製商品の販売については、価格その他の取引条件は、当社と関連を有しない他の当事者と同様の条件によっている。
(2)役員及び個人主要株主等
 該当事項なし。
(3)子会社等
 該当事項なし。
(4)兄弟会社等
 該当事項なし。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
      3,069円 8銭
1株当たり当期純利益金額
      197円44銭
1株当たり純資産額
      3,170円37銭
1株当たり当期純利益金額
     193円31銭
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載していない。
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりである。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当期純利益(百万円)
6,580
6,442
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
6,580
6,442
期中平均株式数(株)
33,325,360
33,323,460
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項なし。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
673
531
3.8
1年以内に返済予定の長期借入金 
1年以内に返済予定のリース債務 
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。) 
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。) 
その他の有利子負債(預り保証金)
883
950
0.6
合計
1,556
1,481
 (注)「平均利率」は期末の利率及び残高を使用し、加重平均利率を算定している。
 
(2)【その他】
 該当事項なし。




出典: 和光純薬工業株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書