有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自平成16年1月1日 至平成16年12月31日)

子会社等

属性

会社等の名称

住所

資本金又は出資金

(百万円)

事業の内容又は職業

議決権等の所有(被所有)割合

関係内容

取引の内容

取引金額

(百万円)

科目

期末残高

(百万円)

役員の兼任等

(人)

事業上の関係

関連会社

バイオ・ラッド富士レビオ㈱

東京都

荒川区

20

臨床検査薬の輸入販売業

直接

49.0%

1

製造の受託及び商品の仕入

商品の仕入

1,080

支払手形及び買掛金

537

配当の受取

21

 (注)1.取引条件ないし取引条件の決定方針等

商品の仕入についての価格その他の取引条件は、当事者の希望価格により、毎期交渉の上、一般的取引条件と同様に決定しております。

2.上記取引金額には、消費税等は含まれておりませんが、債務残高については消費税等が含まれております。

 

当連結会計年度(自平成17年1月1日 至平成17年3月31日)

子会社等

属性

会社等の名称

住所

資本金又は出資金

(百万円)

事業の内容又は職業

議決権等の所有(被所有)割合

関係内容

取引の内容

取引金額

(百万円)

科目

期末残高

(百万円)

役員の兼任等

(人)

事業上の関係

関連会社

バイオ・ラッド富士レビオ㈱

東京都

荒川区

20

臨床検査薬の輸入販売業

直接

49.0%

1

製造の受託及び商品の仕入

商品の仕入

54

支払手形及び買掛金

58

配当の受取

12

 (注)1.取引条件ないし取引条件の決定方針等

商品の仕入についての価格その他の取引条件は、当事者の希望価格により、毎期交渉の上、一般的取引条件と同様に決定しております。

2.上記取引金額には、消費税等は含まれておりませんが、債務残高については消費税等が含まれております。

(1株当たり情報)

前連結会計年度

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年1月1日

至 平成17年3月31日)

 

1株当たり純資産額

1,070円57銭

1株当たり当期純利益

97円01銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

84円86銭

 

 

1株当たり純資産額

1,066円33銭

1株当たり当期純利益

3円68銭

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

3円41銭

 

 (注) 1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

前連結会計年度

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年1月1日

至 平成17年3月31日)

1株当たり当期純利益

 

 

当期純利益        (百万円)

4,179

167

普通株主に帰属しない金額 (百万円)

24

5

(うち利益処分による取締役賞与金)

(24)

(5)

普通株式に係る当期純利益 (百万円)

4,154

162

期中平均株式数        (株)

42,829,975

44,144,679

 

 

 

潜在株式調整後1株当たり当期純利益

 

 

当期純利益調整額     (百万円)

普通株式増加数        (株)

6,135,149

3,477,544

(うち転換社債)

(5,946,712)

(3,261,295)

(うち新株予約権)

(188,437)

(216,249)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要

──────

 

 

 

 

──────

 

 

(重要な後発事象)

前連結会計年度

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年1月1日

至 平成17年3月31日)

(㈱エスアールエルとの株式交換について)

(㈱エスアールエルとの株式交換について)

イ.株式交換の目的

イ.株式交換の目的

 当社は医療・健康・生命科学の分野における垂直統合型の新しいビジネスモデルを創造し、より付加価値の高い製品とサービスの提供をしていくことを目的として、㈱エスアールエルと結束・統合するため、平成16年12月7日付けで同社を当社の完全子会社とする株式交換契約書を締結し、平成17年1月27日開催の臨時株主総会において株式交換契約書の承認を受けております。

当社は医療・健康・生命科学の分野における垂直統合型の新しいビジネスモデルを創造し、より付加価値の高い製品とサービスの提供をしていくことを目的として、㈱エスアールエルと結束・統合するため、平成16年12月7日付けで同社を当社の完全子会社とする株式交換契約書を締結し、平成17年4月1日に株式交換を行いました。

ロ.株式交換の内容

ロ.株式交換の内容

 商法第352条ないし商法第363条に定める方法により株式交換を行います。

商法第352条ないし商法第363条に定める方法により株式交換を行いました。

ハ.株式交換の日

ハ.株式交換の日

 平成17年4月1日

平成17年4月1日

ニ.株式交換に際して割当交付する株式

ニ.株式交換に際して割当交付する株式

 当社は、株式交換に際して、株式交換の日の前日における最終の㈱エスアールエルの株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載された株主(実質株主を含む)に対し、その所有する㈱エスアールエルの普通株式1株につき、当社の普通株式0.920株の割合をもって割当交付します。ただし、当社が所有する㈱エスアールエルの株式 26,949,167株については、株式交換による当社の株式の割当は行いません。1株に満たない端数につきましては、その部分について新たに発行した株式を売却し、その端数に応じてその代金を交付いたします。

 割当交付する株式は当社が有する自己株式のうちの1,800,000株に加え、新規に発行する普通株式により行います。

当社は、株式交換に際して、株式交換の日の前日における最終の㈱エスアールエルの株主名簿(実質株主名簿を含む)に記載された株主(実質株主を含む)に対し、その所有する㈱エスアールエルの普通株式1株につき、当社の普通株式 0.920株の割合をもって割当交付を行いました。ただし、当社が所有する㈱エスアールエルの株式 26,949,167株については、株式交換による当社の株式の割当は行っておりません。

割当交付する株式は当社が有する自己株式のうちの 1,800,000株に加え、新規に発行する普通株式により行いました。

 

前連結会計年度

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年1月1日

至 平成17年3月31日)

(㈱エスアールエルの子会社株式の譲渡について)

(㈱エスアールエルの子会社株式の譲渡について)

 ㈱エスアールエルは保有する㈱リジョイスおよび㈱リジョイス薬局の発行済株式数全数を㈱アインファーマシーズに譲渡することを平成17年1月17日開催の取締役会にて決議し、㈱アインファーマシーズと平成17年2月8日に売買契約書を締結いたしました。

 ㈱エスアールエルは保有する㈱リジョイスおよび㈱リジョイス薬局の発行済株式数全数を譲渡するための売買契約を平成17年2月8日に㈱アインファーマシーズと締結し、4月1日に同社へ売却いたしました。

イ.株式譲渡の理由

イ.株式譲渡の理由

 グループ中期経営計画に基づき、コアビジネスである臨床検査事業へのグループ経営資源の集中による強化、ならびに医療マネジメントサポート事業の治験事業を中心とした再編を推進していくためであります。

 グループ中期経営計画に基づき、コアビジネスである臨床検査事業へのグループ経営資源の集中による強化、ならびに医療マネジメントサポート事業の治験事業を中心とした再編を推進していくためであります。

ロ.譲渡先

ロ.譲渡先

 ㈱アインファーマシーズ

㈱アインファーマシーズ

ハ.売却時期

ハ.売却時期

 平成17年4月1日

平成17年4月1日

ニ.対象となる連結子会社の名称、事業内容

ニ.対象となる連結子会社の名称、事業内容

 

会社名

㈱リジョイス

㈱リジョイス薬局

資本金

230百万円

400百万円

 

(平成16年12月31日現在)

持株比率

87.0%

100.0%

事業内容

薬局、薬店の経営

薬局、薬店の経営

 

会社名

㈱リジョイス

㈱リジョイス薬局

資本金

230百万円

400百万円

 

(平成17年3月31日現在)

持株比率

87.0%

100.0%

事業内容

薬局、薬店の経営

薬局、薬店の経営

 

ホ.売却する株式の数、売却損益及び売却後の持株比率

ホ.売却する株式の数、売却損益及び売却後の持株比率

 

 

㈱リジョイス

㈱リジョイス薬局

売却する株式の数

4,000株

8,000株

売却価格

4,500百万円

売却利益

 

 

 

 

 

㈱リジョイス

㈱リジョイス薬局

売却する株式の数

4,000株

8,000株

売却価格

4,500百万円

売却利益

 

 

 第56期(平成18年3月期)の業績への影響は連結決算において約37億円を見込んでおります。

 第56期(平成18年3月期)の業績への影響は連結決算において3,710百万円を見込んでおります。

 

 

売却後の持株比率

−%

−%

 

売却後の持株比率

−%

−%

前連結会計年度

(自 平成16年1月1日

至 平成16年12月31日)

当連結会計年度

(自 平成17年1月1日

至 平成17年3月31日)

 

(㈱エスアールエルの希望退職者の募集について)

 

 ㈱エスアールエルは、1.企業体質の強化、2.人材パフォーマンスの最適化、3.事業の選択と集中による事業構造の変化、の実現を目的とした雇用の調整が必要と判断し、希望退職者の募集を実施いたしました。

 

イ.希望退職者募集の概要及び募集結果

 

募集対象者:平成17年8月31日時点で、満35歳以上59歳以下で、かつ勤続10年以上の正社員(嘱託社員を除く)

 

募集期間 :平成17年5月21日から平成17年6月3日

 

募集人員 :200名

 

応募者数 :227名

 

退職日  :平成17年8月31日付

 

ロ.連結損益に与える影響額

 

 適用対象者に対して支給する特別退職金等につきましては、平成18年3月期の連結決算において特別損失として28.5億円を計上する予定であります。

 

 





出典: みらかホールディングス株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書