有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の連結財務諸表及び前事業年度(平成18年4月1日から平成19年3月31日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成19年4月1日から平成20年3月31日まで)の財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
 
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
21,246
 
 
17,401
 
2.受取手形及び売掛金
※4
 
26,444
 
 
27,295
 
3.有価証券
 
 
40
 
 
6,283
 
4.たな卸資産
 
 
9,278
 
 
9,913
 
5.繰延税金資産
 
 
2,409
 
 
2,904
 
6.その他
 
 
2,405
 
 
2,089
 
  貸倒引当金
 
 
△147
 
 
△205
 
流動資産合計
 
 
61,676
50.5
 
65,682
51.1
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物及び構築物
 
38,623
 
 
39,752
 
 
減価償却累計額
 
24,863
13,759
 
26,105
13,646
 
(2)機械装置及び運搬具
 
8,848
 
 
9,173
 
 
減価償却累計額
 
7,228
1,619
 
7,423
1,750
 
(3)工具器具及び備品
 
37,039
 
 
39,466
 
 
減価償却累計額
 
28,734
8,305
 
30,401
9,064
 
(4)土地
 
 
7,668
 
 
7,623
 
(5)建設仮勘定
 
 
2,347
 
 
2,363
 
有形固定資産合計
 
 
33,700
27.6
 
34,449
26.8
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)ソフトウェア
 
 
6,665
 
 
8,404
 
(2)のれん
※2
 
2,975
 
 
3,224
 
(3) その他 
 
 
4,385
 
 
4,455
 
無形固定資産合計
 
 
14,026
11.5
 
16,083
12.5
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
※1 
 
5,081
 
 
3,687
 
(2)繰延税金資産
 
 
3,149
 
 
3,877
 
(3)その他
 
 
4,566
 
 
4,975
 
  貸倒引当金
 
 
△166
 
 
△179
 
投資その他の資産合計
 
 
12,630
10.4
 
12,359
9.6
固定資産合計
 
 
60,357
49.5
 
62,892
48.9
資産合計
 
 
122,034
100.0
 
128,575
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.支払手形及び買掛金
 
 
8,139
 
 
10,593
 
2.短期借入金
 
 
3,793
 
 
1,356
 
3.未払金
 
 
6,005
 
 
7,252
 
4.未払法人税等
 
 
2,068
 
 
4,503
 
5.賞与引当金
 
 
3,221
 
 
3,727
 
6.その他
 
 
3,569
 
 
3,867
 
流動負債合計
 
 
26,799
22.0
 
31,300
24.3
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.長期借入金
 
 
3,447
 
 
1,797
 
2.退職給付引当金
 
 
7,174
 
 
7,388
 
3.役員退職慰労引当金
 
 
80
 
 
26
 
4.繰延税金負債
 
 
 
 
457
 
5.その他
 
 
1,770
 
 
1,577
 
固定負債合計
 
 
12,472
10.2
 
11,247
8.8
負債合計
 
 
39,271
32.2
 
42,547
33.1
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
7,547
6.2
 
7,663
5.9
2.資本剰余金
 
 
23,269
19.1
 
23,386
18.2
3.利益剰余金
 
 
51,346
42.1
 
57,351
44.6
4.自己株式
 
 
△802
△0.7
 
△2,229
△1.7
  株主資本合計
 
 
81,361
66.7
 
86,171
67.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
670
0.5
 
136
0.1
2.為替換算調整勘定
 
 
76
0.1
 
△631
△0.5
  評価・換算差額等合計
 
 
746
0.6
 
△494
△0.4
Ⅲ 新株予約権
 
 
39
0.0
 
117
0.1
Ⅳ 少数株主持分
 
 
614
0.5
 
232
0.2
純資産合計
 
 
82,762
67.8
 
86,027
66.9
負債純資産合計
 
 
122,034
100.0
 
128,575
100.0
               
②【連結損益計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
137,208
100.0
 
143,299
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
86,954
63.4
 
92,055
64.2
売上総利益
 
 
50,253
36.6
 
51,243
35.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1
※2 
 
35,729
26.0
 
36,448
25.5
営業利益
 
 
14,523
10.6
 
14,795
10.3
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
67
 
 
95
 
 
2.受取配当金 
 
99
 
 
54
 
 
3.持分法による投資利益
 
141
 
 
221
 
 
4.業務受託収入
 
113
 
 
98
 
 
5.保険配当金収入
 
90
 
 
 
 
6.その他
 
233
745
0.6
361
831
0.6
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
109
 
 
74
 
 
2.投資事業持分損失
 
25
 
 
 
 
3.貸与資産関係諸費用
 
42
 
 
45
 
 
4.コミットメントフィー 
 
23
 
 
20
 
 
5.その他
 
24
224
0.2
30
170
0.1
経常利益
 
 
15,044
11.0
 
15,456
10.8
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却益
※3 
35
 
 
45
 
 
2.投資有価証券売却益
※4 
46
 
 
101
 
 
3.貸倒引当金戻入益 
 
43
 
 
 
 
4.その他
 
13
139
0.1
14
162
0.1
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産除却損
※5 
258
 
 
278
 
 
2.固定資産売却損
※6 
1
 
 
17
 
 
3.事業構造改善費用 
※7
313
 
 
276
 
 
4.特別退職金等
※8
 
 
599
 
 
5.その他
 
234
807
0.6
263
1,435
1.0
税金等調整前当期純利益
 
 
14,377
10.5
 
14,183
9.9
法人税、住民税及び事業税
 
5,793
 
 
6,315
 
 
法人税等調整額
 
118
5,912
4.3
△454
5,860
4.1
少数株主利益
 
 
17
0.0
 
25
0.0
当期純利益
 
 
8,447
6.2
 
8,297
5.8
 
 
 
 
 
 
 
 
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
7,300
23,022
44,947
△783
74,487
連結会計年度中の変動額
         
新株の発行
246
246
 
 
493
剰余金の配当(注)1
 
 
△1,077
 
△1,077
剰余金の配当
 
 
△963
 
△963
役員賞与(注)2
 
 
△8
 
△8
当期純利益
 
 
8,447
 
8,447
自己株式の取得
 
 
 
△19
△19
自己株式の処分
 
0
 
0
1
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
246
247
6,398
△19
6,873
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,547
23,269
51,346
△802
81,361
 
評価・換算差額等
新株予約権
少数株主持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
903
37
940
607
76,036
連結会計年度中の変動額
           
新株の発行
 
 
 
 
 
493
剰余金の配当(注)1
 
 
 
 
 
△1,077
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△963
役員賞与(注)2
 
 
 
 
 
△8
当期純利益
 
 
 
 
 
8,447
自己株式の取得
 
 
 
 
 
△19
自己株式の処分
 
 
 
 
 
1
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△233
39
△194
39
7
△147
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△233
39
△194
39
7
6,726
平成19年3月31日 残高
(百万円)
670
76
746
39
614
82,762
 (注)1.平成18年5月の取締役会決議における利益処分項目であります。
    2.連結子会社における平成18年6月の定時株主総会決議における利益処分項目であります。
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
7,547
23,269
51,346
△802
81,361
連結会計年度中の変動額
         
新株の発行
116
116
 
 
232
剰余金の配当
 
 
△2,292
 
△2,292
役員賞与(注)
 
 
△0
 
△0
当期純利益
 
 
8,297
 
8,297
自己株式の取得
 
 
 
△1,427
△1,427
自己株式の処分
 
0
 
0
0
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
116
116
6,004
△1,426
4,810
平成20年3月31日 残高
(百万円)
7,663
23,386
57,351
△2,229
86,171
 
評価・換算差額等
新株予約権
少数株主持分
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
為替換算
調整勘定
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
670
76
746
39
614
82,762
連結会計年度中の変動額
           
新株の発行
 
 
 
 
 
232
剰余金の配当
 
 
 
 
 
△2,292
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
△0
当期純利益
 
 
 
 
 
8,297
自己株式の取得
 
 
 
 
 
△1,427
自己株式の処分
 
 
 
 
 
0
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△533
△707
△1,241
77
△381
△1,545
連結会計年度中の変動額合計
(百万円)
△533
△707
△1,241
77
△381
3,264
平成20年3月31日 残高
(百万円)
136
△631
△494
117
232
86,027
 (注)在外連結子会社における平成19年6月の定時株主総会決議における利益処分項目であります。
    
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
税金等調整前当期純利益
 
14,377
14,183
減価償却費
 
8,564
9,222
のれん償却額
 
484
426
賞与引当金の増減額
(△は減少額)
 
△108
50
退職給付引当金の増減額
(△は減少額)
 
△1,181
122
貸倒引当金の増減額
(△は減少額) 
 
△59
77
受取利息及び受取配当金
 
△166
△149
持分法による投資損益
(△は利益)
 
△141
△221
支払利息
 
109
74
固定資産除却損
 
258
278
売上債権の増減額
(△は増加額)
 
△332
△973
たな卸資産の増減額
(△は増加額)
 
△906
△790
その他流動資産の増減額
(△は増加額)
 
△301
483
仕入債務の増減額
(△は減少額)
 
△622
2,521
未払消費税等の増減額
(△は減少額)
 
△490
その他流動負債の増減額
(△は減少額)
 
132
その他
 
98
32
小計
 
19,581
25,470
利息及び配当金の受取額
 
167
170
利息の支払額
 
△112
△73
法人税等の支払額
 
△6,902
△3,772
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
12,733
21,794

 

 
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
金額(百万円)
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
有形固定資産の取得による支出
 
△6,549
△6,960
無形固定資産の取得による支出
 
△3,637
△4,378
投資有価証券の売却による収入 
 
605
子会社株式の取得による支出
 
△443
連結の範囲の変更を伴う子会社
株式の取得による支出
※2 
△1,386
△469
連結の範囲の変更を伴う子会社
株式の取得に対する前期未払い
分の支払いによる支出
 
△457
その他
 
292
88
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△11,281
△12,014
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
 
 
 
短期借入金の純増減額
(△は純減少額)
 
△100
△2,330
長期借入金の返済による支出
 
△3,712
△1,757
配当金の支払額
 
△2,029
△2,286
株式の発行による収入
 
91
232
自己株式の取得による支出 
 
△1,427
その他
 
218
△51
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△5,531
△7,620
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
13
55
Ⅴ 現金及び現金同等物の増減額
(△は減少額)
 
△4,065
2,215
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
25,352
21,286
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
※1 
21,286
23,501
 
 
 
 
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社の数  19社
 主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
 (新規) 1社
フジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)(株式の取得による)
  (除外) 7社
㈱ティーエスエル(合併による)、㈱エスアールエル北海道(合併による)、㈱南信臨床検査研究所(合併による)、㈱エスアールエル静岡(合併による)、㈱生命情報分析センター(合併による)、㈱エスアールエル西日本(合併による)、㈱エスアールエル北陸(合併による)
(1)連結子会社の数  20社
 主要な連結子会社名は、「第1 企業の概況 4.関係会社の状況」に記載しているため、省略しております。
 (新規) 1社
㈱先端生命科学研究所(株式の取得による)
 
 
(2)非連結子会社の名称等
フジレビオ ヨーロッパ社(オランダ)
 
(2)非連結子会社の名称等
同左
 
 
(3)非連結子会社について、連結の範囲から除いた理由
 非連結子会社 フジレビオ ヨーロッパ社は、小規模会社であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないため、連結範囲から除外しております。
(3)非連結子会社について、連結の範囲から除いた理由
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
2.持分法の適用に関する事項
(1)持分法適用関連会社の数 3社
ケアレックス㈱、㈱ヘルスサービス長野、㈱日本臨床薬理研究所
  (除外) 1社
㈱メディヴァンス(株式の売却による)
(2)持分法を適用していない非連結子会社(フジレビオ ヨーロッパ社)及び関連会社(バイオ・ラッド 富士レビオ㈱他1社)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
(1)持分法適用関連会社の数 3社
ケアレックス㈱、㈱ヘルスサービス長野、㈱あすも臨床薬理研究所(旧社名 ㈱日本臨床薬理研究所)
  
(2)持分法を適用していない非連結子会社(フジレビオ ヨーロッパ社)及び関連会社(フジ・エス・シー・バイオ㈱)は、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ全体としても重要性がないため、持分法の適用範囲から除外しております。
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 連結子会社の決算日は、連結決算日と一致しております。
 連結子会社のうち、㈱先端生命科学研究所の決算日は12月31日であります。
 連結財務諸表の作成に当たっては、連結決算日現在で実施した仮決算に基づく財務諸表を使用しております。 
4.会計処理基準に関する事項
 
 
 (1)重要な資産の評価基準
 及び評価方法
(イ)有価証券
満期保有目的の債券
 償却原価法(定額法)
(イ)有価証券
満期保有目的の債券
同左
 
その他有価証券
 時価のあるもの
連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
 時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
  主として移動平均法による原価法
  なお、投資事業組合への出資(証券取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。
時価のないもの
 主として移動平均法による原価法
  なお、投資事業組合への出資(金融商品取引法第2条第2項により有価証券とみなされるもの)については、組合契約に規定される決算報告日に応じて入手可能な最近の決算書を基礎とし、持分相当額を純額で取り込む方法によっております。 
 
 (ロ)デリバティブ
時価法
 (ロ)デリバティブ
同左
 
 (ハ)たな卸資産
商品・原材料・貯蔵品
主として移動平均法による原価法
 (ハ)たな卸資産
商品・原材料・貯蔵品
同左
 
製品・仕掛品
主として総平均法による原価法
製品・仕掛品
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)重要な減価償却資産の
(イ)有形固定資産
(イ)有形固定資産
 減価償却の方法
 当社及び国内連結子会社は定率法を採用し、在外連結子会社は定額法によっております。
 ただし、当社及び国内連結子会社は平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法によっております。
 また、連結子会社であります富士レビオ㈱の工具器具及び備品のうち、機器システムリース用検査機器等については、定額法によっております。
 なお、主な耐用年数は、次のとおりであります。
建物及び構築物    6〜50年
機械装置及び運搬具  4〜15年
工具器具及び備品   2〜20年
(会計方針の変更)
 連結子会社であります富士レビオ㈱の工具器具及び備品のうち、機器システムリース用検査機器等の減価償却の方法は、従来、定率法によっておりましたが、当連結会計年度より定額法に変更しております。
 これは、定額である機器賃貸収入に対して、減価償却費を平準的に期間配分することにより、収益と費用のより適切な対応を図るため変更したものであります。これによる損益に与える影響は、軽微であります。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
同左 
 
 
 
 
 
 
(会計方針の変更)
 当社及び国内連結子会社は、平成19年度の法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は、それぞれ367百万円減少しております。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
(追加情報) 
 当社及び国内連結子会社は、平成19年度の法人税法改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益は、それぞれ196百万円減少しております。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 (ロ)無形固定資産 
 当社及び国内連結子会社は定額法を採用し、在外連結子会社については、見積耐用年数に基づく定額法によっております。 
 また、自社利用のソフトウェアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
 (ロ)無形固定資産 
同左
 
 
 (ハ)長期前払費用
 当社及び国内連結子会社は支出の効果が及ぶ期間で均等償却しており、在外連結子会社については、定額法によっております。
 (ハ)長期前払費用
同左
(3)重要な引当金の計上基準
(イ)貸倒引当金 
(イ)貸倒引当金 
 
 債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
同左
 
(ロ)賞与引当金 
 国内連結子会社は、従業員の賞与支給に備えるため、支給見込相当額を計上しております。
(ロ)賞与引当金 
同左
 
(ハ)退職給付引当金 
 主要な国内連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。 
 なお、過去勤務債務(債務の減額)については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年又は10年)による定額法により費用処理しております。 
  また、数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年又は10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。 
(追加情報)
 一部の連結子会社は、平成19年3月に適格退職年金制度及び退職一時金制度の一部について確定拠出年金制度・退職金前払制度の選択制へ移行し、「退職給付制度間の移行等に関する会計処理」(企業会計基準適用指針第1号)を適用しております。本移行に伴う影響額は、特別損失として75百万円計上しております。
(ハ)退職給付引当金 
 主要な国内連結子会社は、従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。 
 なお、過去勤務債務(債務の減額)については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年又は10年)による定額法により費用処理しております。 
  また、数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年又は10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理しております。 
 

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(ニ)役員退職慰労引当金
 主要な国内連結子会社は、役員の退職慰労金支給に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
(ニ)役員退職慰労引当金
 国内連結子会社の一部は、役員の退職慰労金支給に備えるため、内規に基づく当連結会計年度末要支給額を計上しております。
(4)重要な外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
 なお、在外連結子会社等の資産・負債は、連結決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益・費用は、期中平均相場により円貨に換算し、為替差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び少数株主持分に含めて計上しております。
同左
 
(5)重要なリース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
(6)重要なヘッジ会計の方法
(イ)ヘッジ会計の方法 
(イ)ヘッジ会計の方法 
 
 主として繰延ヘッジ処理を採用しております。
 なお、為替予約及び通貨スワップについては、振当処理の要件を満たしている場合は振当処理を採用しております。
 また、特例処理の要件を満たしている金利スワップについては、特例処理を採用しております。
同左
 
(ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象 
 
ヘッジ手段
 
 
 
ヘッジ対象
 
 
為替予約
 
外貨建輸出入取引
 
通貨スワップ
 
外貨建輸出入取引
 
金利スワップ
 
借入金
(ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象 
同左
 
(ハ)ヘッジ方針 
 内規に基づき、為替相場変動リスク及び金利変動リスクをヘッジしております。
 原則として、実需に基づくものを対象としてデリバティブ取引を行っており、投機目的のデリバティブ取引は行っておりません。 
(ハ)ヘッジ方針 
同左
 
(ニ)ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ手段及びヘッジ対象について、個別取引毎のヘッジ効果を検証しております。ただし、ヘッジ手段とヘッジ対象に関する元本・利率・期間等の重要な条件が同一の場合は、ヘッジ効果が極めて高いことから、ヘッジの有効性の判断は省略しております。
(ニ)ヘッジ有効性評価の方法
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(7)その他連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項
 消費税及び地方消費税の会計処理
 税抜方式によっております。
 消費税及び地方消費税の会計処理
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価については、全面時価評価法を採用しております。
同左
6.のれん及び負ののれんの償却に関する事項
 のれんの償却については、その個別案件毎に判断し、20年以内の合理的な年数で定額法により償却を行っております。
同左
7.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は82,108百万円であります。
 なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴い、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。
(ストック・オプション等に関する会計基準)
 当連結会計年度より、「ストック・オプション等に関する会計基準」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)及び「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第11号 平成18年5月31日)を適用しております。
 これによる損益に与える影響は軽微であります。
 なお、セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
─────────
 
 
───────── 
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(連結貸借対照表)
  「営業権」は、前連結会計年度まで、無形固定資産の「その他」に含めて表示しておりましたが、当連結会計年度から「のれん」と表示しております。
 なお、前連結会計年度末の「営業権」の金額は25百万円であります。
 また、前連結会計年度において「連結調整勘定」として区分掲記されていたものは、当連結会計年度から「のれん」と表示しております。
 
(連結貸借対照表)
  従来、「現金及び預金」に含めて表示しておりました譲渡性預金は、「金融商品会計に関する実務指針」(日本公認会計士協会 平成19年7月4日 会計制度委員会報告第14号)及び「金融商品会計に関するQ&A」(日本公認会計士協会 平成19年11月6日 会計制度委員会)が改正されたことに伴い、当連結会計年度より「有価証券」として表示しております。
 なお、譲渡性預金の残高は前連結会計年度及び当連結会計年度とも6,000百万円であります。
(連結損益計算書) 
1.「受取利息」及び「受取配当金」は、前連結会計年度まで「受取利息及び受取配当金」として表示しておりましたが、「受取配当金」が営業外収益の総額の100分の10を超えたため、それぞれ区分掲記しました。
 なお、前連結会計年度における「受取利息」及び「受取配当金」の金額はそれぞれ52百万円、36百万円であります。
2.「事業構造改善費用」は、前連結会計年度まで特別損失の「その他」に含めて表示しておりましたが、特別損失の総額の100分の10を超えたため、区分掲記しました。
 なお、前連結会計年度における「事業構造改善費用」の金額は49百万円であります。
(連結損益計算書) 
  前連結会計年度まで区分掲記しておりました「保険配当金収入」(当連結会計年度78百万円)は、営業外収益の総額の100分の10以下となったため、営業外収益の「その他」に含めて表示しております。
 

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(連結キャッシュ・フロー計算書) 
1.営業活動によるキャッシュ・フローの「営業権償却費」は、前連結会計年度において、「減価償却費」に含めておりましたが、当連結会計年度から「のれん償却額」と表示しております。
 なお、前連結会計年度の「営業権償却費」の金額は10百万円であります。
 また、営業活動によるキャッシュ・フローの「連結調整勘定償却額」と掲記されていたものは、当連結会計年度から「のれん償却額」と表示しております。
2.営業活動によるキャッシュ・フローの「投資有価証券売却益」は、当連結会計年度において金額的重要性が乏しくなったため「その他」に含めております。
 なお、当連結会計年度の「その他」に含まれている「投資有価証券売却益」は46百万円であります。
3.営業活動によるキャッシュ・フローの「未払消費税等の増減額」は、前連結会計年度は「その他」に含めて表示しておりましたが、金額的重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「未払消費税等の増加額」は158百万円であります。
4.営業活動によるキャッシュ・フローの「その他流動負債の増減額」は、当連結会計年度において金額的重要性が乏しくなったため「その他」に含めております。
 なお、当連結会計年度の「その他」に含まれている「その他流動負債の増加額」は138百万円であります。
 
(連結キャッシュ・フロー計算書) 
1.営業活動によるキャッシュ・フローの「未払消費税等の増減額」は、当連結会計年度において金額的重要性が乏しくなったため「その他」に含めております。
 なお、当連結会計年度の「その他」に含まれている「未払消費税等の増加額」は279百万円であります。
2.投資活動によるキャッシュ・フローの「投資有価証券の売却による収入」は、前連結会計年度は「その他」に含めて表示しておりましたが、金額的重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「投資有価証券の売却による収入」は258百万円であります。
3.投資活動によるキャッシュ・フローの「自己株式の取得による支出」は、前連結会計年度は「その他」に含めて表示しておりましたが、金額的重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度の「その他」に含まれている「自己株式の取得による支出」は19百万円であります。
 
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
※1.非連結子会社及び関連会社に係る注記
※1.非連結子会社及び関連会社に係る注記
投資有価証券(株式)
828百万円
投資有価証券(株式)
1,012百万円
※2.無形固定資産ののれんは、のれんと負ののれんを相殺して表示しております。なお、相殺前の金額は、次のとおりであります。
※2.無形固定資産ののれんは、のれんと負ののれんを相殺して表示しております。なお、相殺前の金額は、次のとおりであります。
のれん
4,005百万円
負ののれん
1,029百万円
のれん
     4,125百万円
負ののれん
     901百万円
3.保証債務
 下記のとおり銀行借入債務等に対し、保証を行っております。
3.保証債務
 下記のとおり銀行借入債務等に対し、保証を行っております。
 
保証先
 
保証額
 
フジレビオ
ヨーロッパ社
 
0百万円
 
合計
 
  0百万円
 
 
保証先
 
保証額
 
フジレビオ
ヨーロッパ社
 
 0百万円
 
合計
 
  0百万円
 
※4.連結会計年度末日満期手形
 連結会計年度末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当連結会計年度の末日が金融機関の休日であったため、次の連結会計年度末日満期手形が連結会計年度末残高に含まれております。
※4.      ─────────
受取手形
573百万円
 
5.財務体質の強化及び機動的な資金調達枠の確保の観点から、取引金融機関と貸出コミットメント契約を締結しております。この契約に基づく当連結会計年度末の借入未実行残高は、次のとおりであります。
 5.      ─────────
貸出コミットメントの総額
10,000百万円
借入実行残高
−百万円
差引額
10,000百万円
 
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
※1.販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
給料・賞与
10,913
百万円
賞与引当金繰入額
1,273
百万円
退職給付費用
570
百万円
役員退職慰労引当金繰入額
1
百万円
減価償却費
2,330
百万円
のれん償却額
484
百万円
支払手数料
3,777
百万円
研究開発費
3,949
百万円
給料・賞与
11,015
百万円
賞与引当金繰入額
1,284
百万円
退職給付費用
597
百万円
役員退職慰労引当金繰入額
0
百万円
貸倒引当金繰入額 
84
百万円 
減価償却費
2,216
百万円
のれん償却額
426
百万円
支払手数料
3,757
百万円
研究開発費
4,453
百万円
※2.当連結会計年度の研究開発費は、3,949百万円であり、全額を一般管理費に計上しております。
※2.当連結会計年度の研究開発費は、4,453 百万円であり、全額を一般管理費に計上しております。
※3.固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
※3.固定資産売却益の内容は、次のとおりであります。
建物及び構築物
11
百万円
工具器具及び備品
1
百万円
土地
21
百万円
その他
1
百万円
35
百万円
建物及び構築物等
1
百万円
工具器具及び備品
41
百万円 
ソフトウェア
1
百万円
45
百万円
※4.投資有価証券売却益は、持分法適用関連会社である㈱メディヴァンスの株式を譲渡したことによるものであります。
※4.      ─────────
※5.固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。
※5.固定資産除却損の内容は、次のとおりであります。
建物及び構築物
75
百万円
機械装置及び運搬具
7
百万円
工具器具及び備品
129
百万円
ソフトウェア
39
百万円
その他
5
百万円
258
百万円
建物及び構築物
49
百万円
機械装置及び運搬具
17
百万円
工具器具及び備品
173
百万円
ソフトウェア
38
百万円
278
百万円
※6.固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。
※6.固定資産売却損の内容は、次のとおりであります。
機械装置及び運搬具等
1
百万円
土地等
17
百万円
※7.事業構造改善費用は、主に、連結子会社である㈱エスアールエルにおける社員早期退職優遇制度に係る退職金178百万円、試薬製造部門分割に係る費用53百万円、人事制度統合準備費用49百万円等であります。 
※7.事業構造改善費用は、主に、連結子会社である㈱エスアールエルにおける社員早期退職優遇制度に係る退職金181百万円、地域ラボ再編費用47百万円、エスアールエル関西に係る統合等費用32百万円等であります。 
※8.      ─────────
※8.特別退職金等は、連結子会社である㈱エスアールエル関西が募集した希望退職者に対する特別退職金であります。
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式 (注)1
60,366
473
60,839
合計
60,366
473
60,839
自己株式
       
普通株式 (注)2
532
7
0
539
合計
532
7
0
539
 (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加473千株は、転換社債の普通株式への転換による増加394千株、新株予約権の権利行使による新株の発行による増加79千株であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の増加7千株は、単元未満株式の買取りによるものであり、減少0千株は、単元未満株式の売渡しによるものであります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
区分
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数(株) 
当連結会計
年度末残高
(百万円)
前連結会計年度末
当連結会計年度増加
当連結会計年度減少
当連結会計年度末
提出会社(親会社)
ストック・オプションとしての新株予約権
39
合計
39
 (注)新株予約権は、権利行使可能期間が到来しておりません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成18年5月15日
   取締役会
普通株式
1,077
18
平成18年3月31日
平成18年6月7日
 平成18年11月15日
   取締役会
普通株式
963
16
平成18年9月30日
平成18年12月8日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月23日
  取締役会
普通株式
964
利益剰余金 
16
平成19年3月31日
平成19年6月5日
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(千株)
当連結会計年度増加株式数(千株)
当連結会計年度減少株式数(千株)
当連結会計年度末株式数(千株)
発行済株式
       
普通株式 (注)1
60,839
200
61,040
合計
60,839
200
61,040
自己株式
       
普通株式 (注)2
539
606
0
1,145
合計
539
606
0
1,145
 (注)1.普通株式の発行済株式総数の増加200千株は、新株予約権の権利行使による新株の発行による増加200千株であります。
2.普通株式の自己株式の株式数の増加606千株は、自己株式の買付による増加601千株、単元未満株式の買取りによる増加4千株であり、減少0千株は、単元未満株式の売渡しによるものであります。
2.新株予約権及び自己新株予約権に関する事項
区分
新株予約権の内訳
新株予約権の目的となる株式の種類
新株予約権の目的となる株式の数(株) 
当連結会計
年度末残高
(百万円)
前連結会計年度末
当連結会計年度増加
当連結会計年度減少
当連結会計年度末
提出会社(親会社)
ストック・オプションとしての新株予約権
117
合計
117
 (注)新株予約権は、権利行使可能期間が到来しておりません。
3.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
 平成19年5月23日
   取締役会
普通株式
964
16
平成19年3月31日
平成19年6月5日
 平成19年11月12日
   取締役会
普通株式
1,327
22
平成19年9月30日
平成19年12月7日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(百万円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月23日
  取締役会
普通株式
1,317
利益剰余金 
22
平成20年3月31日
平成20年6月3日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年3月31日現在)
※1.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成20年3月31日現在)
現金及び預金勘定
21,246
百万円 
有価証券勘定
40
百万円 
現金及び現金同等物
21,286
百万円 
現金及び預金勘定
17,401
百万円 
有価証券勘定に含まれる譲渡性預金
6,000
百万円 
有価証券勘定に含まれる実績配当型合同運用指定金銭信託
100
百万円 
現金及び現金同等物
23,501
百万円 
※2.株式の取得により新たにフジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びにフジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)株式の取得価額とフジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
流動資産
461
百万円 
固定資産
1,619
百万円 
流動負債
△147
百万円 
固定負債
百万円 
フジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)株式の取得価額
1,932
百万円 
 
 
 
フジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)の現金及び現金同等物
△77
百万円 
未払金
△468
百万円 
差引:フジレビオ ダイアグノスティックス社(スウェーデン)取得のための支出
1,386
百万円 
※2.株式の取得により新たに㈱先端生命科学研究所を連結したことに伴う連結開始時の資産及び負債の内訳並びに㈱先端生命科学研究所株式の取得価額と㈱先端生命科学研究所取得のための支出(純額)との関係は次のとおりであります。
流動資産
291
百万円 
固定資産
115
百万円 
のれん
675
百万円 
流動負債
△166
百万円 
固定負債
△45
百万円 
少数株主持分
△48
百万円 
㈱先端生命科学研究所株式の取得価額
822
百万円 
 
 
 
㈱先端生命科学研究所の現金及び現金同等物
△130
百万円 
未払金
△222
百万円 
差引:㈱先端生命科学研究所取得のための支出
469
百万円 
 3.転換社債の転換の内訳
 3.      ─────────
転換による資本金増加額
201
百万円 
転換による資本準備金増加額
200
百万円 
端数調整
0
百万円
転換による転換社債の減少額
402
百万円 
 
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)借主側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)借主側
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
 
減価償却累計額相当額
 
期末残高相当額
 
百万円
 
百万円
 
百万円
建物及び
構築物
10
 
3
 
6
機械装置
及び運搬具
127
 
71
 
55
工具器具
及び備品
4,026
 
2,554
 
1,472
ソフトウェア
975
 
580
 
395
合計
5,139
 
3,209
 
1,929
 
取得価額相当額
 
減価償却累計額相当額
 
期末残高相当額
 
百万円
 
百万円
 
百万円
建物及び
構築物
8
 
2
 
6
機械装置
及び運搬具
203
 
110
 
92
工具器具
及び備品
2,959
 
1,933
 
1,026
ソフトウェア
838
 
651
 
187
合計
4,009
 
2,698
 
1,311
② 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額等
未経過リース料期末残高相当額
1年内
     913 百万円
( 30百万円)
1年超
     1,169 百万円
( 78百万円)
合計
     2,082 百万円
(108百万円)
1年内
     670 百万円
( 53百万円)
1年超
        765 百万円
( 94百万円)
合計
      1,435 百万円
(148百万円)
(注)上記の( )書の金額は、内数で、転リース取引に係る未経過リース料期末残高相当額であります。
同左
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
③ 支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
    1,138 百万円
減価償却費相当額
    1,076 百万円
支払利息相当額
 43 百万円
支払リース料
      921 百万円
減価償却費相当額
      876 百万円
支払利息相当額
  34 百万円
④ 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法により算定しております。
④ 減価償却費相当額の算定方法
同左
⑤ 利息相当額の算定方法
リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については利息法によっております。
⑤ 利息相当額の算定方法
同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)貸主側
① 固定資産に含まれているリース物件の取得価額、減価償却累計額、減損損失累計額及び期末残高
(2)貸主側
① 固定資産に含まれているリース物件の取得価額、減価償却累計額、減損損失累計額及び期末残高
 
取得価額
 
減価償却累計額
 
期末残高
 
百万円
 
百万円
 
百万円
建物及び
構築物
151
 
45
 
106
工具器具
及び備品
1,017
 
585
 
432
土地
140
 
 
140
ソフトウェア
189
 
80
 
109
合計
1,499
 
710
 
788
 
取得価額
 
減価償却累計額
 
期末残高
 
百万円
 
百万円
 
百万円
建物及び
構築物
151
 
52
 
99
工具器具
及び備品
1,621
 
722
 
899
土地
140
 
 
140
ソフトウェア
196
 
93
 
102
合計
2,109
 
868
 
1,241
② 未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額
1年内
   306 百万円
( 67百万円)
1年超
   886 百万円 
(188百万円)
合計
   1,193 百万円 
(256百万円)
1年内
    399 百万円
( 45百万円)
1年超
    1,005 百万円 
(188百万円)
合計
     1,404 百万円 
(233百万円)
(注)上記の( )書の金額は内数で、転リース取引に係る未経過リース料期末残高相当額であります。なお、未経過リース料期末残高相当額は、営業債権の期末残高等に占める未経過リース料及び見積残存価額の合計額の割合が低いため、受取利子込み法により算定しております。
同左
③ 受取リース料及び減価償却費
③ 受取リース料及び減価償却費
受取リース料
   279 百万円
減価償却費
  168 百万円
受取リース料
     397 百万円
減価償却費
   267 百万円
2.オペレーティング・リース取引
(借主側)
未経過リース料
2.オペレーティング・リース取引
(借主側)
未経過リース料
1年内
   202 百万円
1年超
   646 百万円
合計
   848 百万円
1年内
   198 百万円
1年超
    585 百万円
合計
   784 百万円
 (減損損失)
  リース資産に配分された減損損失はありません。 
 (減損損失)
             同左
(有価証券関係)
有価証券
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
取得原価
(百万円)
連結貸借対照表計上額
(百万円)
差額
(百万円)
取得原価
(百万円)
連結貸借対照表計上額
(百万円)
差額
(百万円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
820
2,220
1,399
339
1,108
768
(2)その他
370
370
0
小計
1,190
2,590
1,399
339
1,108
768
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
402
377
△25
878
550
△328
(2)その他
202
198
△3
200
183
△16
小計
604
576
△28
1,078
733
△344
合計
1,795
3,166
1,371
1,418
1,842
423
2.前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
売却額(百万円)
売却益の合計額
(百万円)
売却損の合計額
(百万円)
売却額(百万円)
売却益の合計額
(百万円)
売却損の合計額
(百万円)
188
1
2,645
101
3.時価評価されていない主な有価証券の内容
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
連結貸借対照表計上額(百万円)
連結貸借対照表計上額(百万円)
その他有価証券
 
 
マネー・マネージメント・ファンド
40
 投資事業組合出資金
382
368
 非上場株式
702
647
 譲渡性預金
6,000
 金銭信託
100
4.その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
種類
前連結会計年度(平成19年3月31日)
当連結会計年度(平成20年3月31日)
1年以内
(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
1年以内
(百万円)
1年超5年以内
(百万円)
5年超10年以内
(百万円)
10年超
(百万円)
 その他
200
200
合計
200
200
(注)有価証券の減損にあたっては、下落率が50%以上の場合及び30%以上50%未満については個々の銘柄の下落額が連結財務諸表に重要な影響を与える場合に、「著しく下落した」ものと認識しております。
時価が「著しく下落した」と判断された有価証券については、回復可能性の判定を行い、明らかに回復する見込があると判断された銘柄以外の有価証券について減損処理を行うこととしております。
なお、非上場株式について、前連結会計年度は34百万円、当連結会計年度は33百万円の減損処理を行っております。
 
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)取引の内容・取引の利用目的
 当社グループは、外貨建債権・債務に係る将来の為替レートの変動を回避する目的で、包括的な為替予約取引及び通貨スワップ取引を利用しており、また金利変動リスクをヘッジする目的で、金利スワップ取引を利用しております。
 なお、デリバティブ取引を利用してヘッジ会計を行っております。
(1)取引の内容・取引の利用目的
同左
(イ)ヘッジ会計の方法
 主として繰延ヘッジ処理を採用しております。
(イ)ヘッジ会計の方法
同左
(ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段
 
ヘッジ対象
 
為替予約
外貨建輸出入取引
通貨スワップ
外貨建輸出入取引
金利スワップ
借入金
(ロ)ヘッジ手段とヘッジ対象
同左
(ハ)ヘッジ方針
 内規に基づき、為替相場変動リスク及び金利変動リスクをヘッジしております。
 原則として、実需に基づくものを対象としてデリバティブ取引を行っており、投機目的のデリバティブ取引は行っておりません。
(ハ)ヘッジ方針
同左
 
(ニ)ヘッジ有効性評価の方法
 ヘッジ手段及びヘッジ対象について、個別取引毎のヘッジ効果を検証しております。ただし、ヘッジ手段とヘッジ対象に関する元本・利率・期間等の重要な条件が同一の場合は、ヘッジ効果が極めて高いことから、ヘッジの有効性の判断は省略しております。
(ニ)ヘッジ有効性評価の方法
同左
(2)取引に対する取組方針
 当社グループは、(1)に掲げた利用目的においてのみ、デリバティブ取引を利用することとしております。
(2)取引に対する取組方針
同左

 

前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(3)取引に係るリスクの内容
 当社グループが利用しております為替予約取引及び通貨スワップ取引は、為替相場変動という市場リスクを有し、また金利スワップ取引は金利変動リスクを有しております。
 なお、当社グループのデリバティブ取引の契約先はいずれも信用度の高い国内銀行であるため、相手方の契約不履行によるリスクはほとんどないと判断しております。
 また、当社グループは取引の対象物の価格変動に対する当該取引の時価の変動率が大きい特殊な取引(レバレッジの効いたデリバティブ取引)は利用しておりません。
(3)取引に係るリスクの内容
同左
(4)取引に係るリスク管理体制
 当社グループは、デリバティブ取引につきましては、外国為替業務に付随した取引及び金融資産に係る金利変動リスクを回避する取引と認識しており、経理部が管轄して、取引の実行及び管理を行っております。
(4)取引に係るリスク管理体制
同左
2.取引の時価等に関する事項
前連結会計年度(平成19年3月31日)
 デリバティブ取引は、全てヘッジ会計を適用しているため、記載を省略しております。
当連結会計年度(平成20年3月31日)
 デリバティブ取引は、全てヘッジ会計を適用しているため、記載を省略しております。
(退職給付関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
1.採用している退職給付制度の概要
  主要な国内連結子会社は、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度、企業年金基金制度、適格退職年金制度及び退職一時金制度を設けております。
  また、従業員の退職に際して割増退職金を支払う場合があります。
  厚生年金基金制度は総合設立型であり、連結子会社の1社が加入しております。拠出割合による年金資産の額は4,438百万円であります。
  なお、国内連結子会社1社は、平成19年3月に適格退職年金及び退職一時金制度の一部について確定拠出型年金制度・退職金前払制度の選択制へ移行しました。
1.採用している退職給付制度の概要
  主要な国内連結子会社は、確定給付型の制度として、厚生年金基金制度、企業年金基金制度、適格退職年金制度及び退職一時金制度を設けております。
  また、従業員の退職に際して割増退職金を支払う場合があります。
   なお、要拠出額を退職給付費用として処理してい
 る複数事業主制度(総合設立型の厚生年金基金制度
 であり、連結子会社の1社が加入)に関する事項は
 次の通りであります。
(1)制度全体の積立状況に関する事項(平成19年3月
 31日現在)
 年金資産の額 461,860百万円 
 年金財政計算上の給付債務の額 469,729百万円 
 差引額 △7,869百万円 
(2)制度全体に占める当社グループの掛金拠出割合 
 (自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 1.0%
(3)補足説明
  上記(1)の差引額の主な要因は、未償却過去勤務 
 債務残高60,021百万円及び当年度不足金3,759百万 
 円から別途積立金55,911百万円を控除した額であり
 ます。
  この当年度不足金については、別途積立金を取崩 
 して充当することが決定しております。
  未償却過去勤務債務残高の内訳は特別掛金収入現
 価であり、償却方法は元利均等方式、事業主負担掛
 金率15.5%、償却残余期間は平成18年度末で11年10
 月であります。
  なお、上記(2)の割合は当社グループの実際の負
 担割合とは一致しません。

 

前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
2.退職給付債務及びその内訳
2.退職給付債務及びその内訳
(1) 退職給付債務
      △17,638百万円
(2) 年金資産
      11,695百万円
(3)未積立退職給付債務
((1)+(2))
     △5,942百万円
(4) 未認識数理計算上の差異
   △726百万円
(5)未認識過去勤務債務(債務の減額)
   △452百万円
(6)連結貸借対照表計上額純額
((3)+(4)+(5))
     △7,121百万円
(7) 前払年金費用
  52百万円
(8) 退職給付引当金
 ((6)−(7))
     △7,174百万円
(1) 退職給付債務
      △17,666百万円
(2) 年金資産
        10,750百万円
(3)未積立退職給付債務
((1)+(2))
       △6,915百万円
(4) 未認識数理計算上の差異
     △407百万円
(5)未認識過去勤務債務(債務の減額)
     △61百万円
(6)連結貸借対照表計上額純額
((3)+(4)+(5))
       △7,384百万円
(7) 前払年金費用
    4百万円
(8) 退職給付引当金
 ((6)−(7))
      △7,388百万円
(追加情報)
  当連結会計年度より、「『退職給付に係る会計基
 準』の一部改正(その2)」(企業会計基準第14号 
 平成19年5月15日)を適用しております。 
3.退職給付費用の内訳
3.退職給付費用の内訳
(1) 勤務費用
     1,169百万円
(2) 利息費用
   357百万円
(3) 期待運用収益
  △181百万円
(4) 数理計算上の差異の費用処理額
   64百万円
(5) 過去勤務債務の費用処理額
  △81百万円
(6) 退職給付費用
((1)+(2)+(3)+(4)+(5))
     1,328百万円
(7) 確定拠出型年金制度への移行に伴う損益 
 75百万円
計((6)+(7)) 
 1,404百万円
 
(注)1.一部の連結子会社においては上記退職給付費用以外に、確定拠出型等の退職給付費用として98百万円、社員早期退職優遇制度退職金等(特別損失)として185百万円を計上しております。
2.この他、総合設立型の厚生年金基金に対する会社拠出額は171百万円であります。 
(1) 勤務費用
         999百万円
(2) 利息費用
      319百万円
(3) 期待運用収益
     △98百万円
(4) 数理計算上の差異の費用処理額
     △131百万円
(5) 過去勤務債務の費用処理額
    △6百万円
(6) 退職給付費用
((1)+(2)+(3)+(4)+(5))
       1,082百万円
 
 (注) 一部の連結子会社においては上記退職給付費用以外に、確定拠出型等の退職給付費用として217百万円、社員早期退職優遇制度退職金等(特別損失)として780百万円を計上しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
(1) 割引率
2.0%
(2) 期待運用収益率
1.5%
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
(4)数理計算上の差異の処理年数
 5年又は10年
(5)過去勤務債務(債務の減額)の処理年数
 5年又は10年
(1) 割引率
 2.0%
(2) 期待運用収益率
 1.5%
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
(4)数理計算上の差異の処理年数
  5年又は10年
(5)過去勤務債務(債務の減額)の処理年数
 5年又は10年
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
1.ストック・オプションに係る当連結会計年度における費用計上額及び科目名
販売費及び一般管理費  39百万円
2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成15年ストック・オプション
平成18年ストック・オプション
 付与対象者の区分及び人数
当社の取締役   10名
当社の監査役   4名
当社従業員    78名
関係会社の取締役 5名
当社の取締役    9名
当社の執行役    2名
当社従業員     1名
関係会社の取締役  30名
関係会社の監査役  7名
関係会社の執行役員 5名
関係会社従業員   71名
 株式の種類別のストック・オプションの付与数(注)
普通株式 395,000株
普通株式 159,000株
 付与日
平成15年12月8日
平成18年7月18日
 権利確定条件
付与日(平成15年12月8日)以降、原則として、権利確定日(平成17年3月31日)まで継続して勤務していること。
付与日(平成18年7月18日)以降、原則として、権利確定日(平成20年6月30日)まで継続して勤務していること。
 対象勤務期間
自 平成15年12月8日
至 平成17年3月31日
自 平成18年7月18日
至 平成20年6月30日
 権利行使期間
権利確定後3年以内。ただし、権利確定後退任・退職した場合は、退任・退職の日後2年内(ただし、権利行使期間中に限る)に限り行使可。
権利確定後4年以内。ただし、権利確定後退任・退職した場合は、退任・退職の日後2年内(ただし、権利行使期間中に限る)に限り行使可。
 (注)株式数に換算して記載しております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
① ストック・オプションの数
 
平成15年ストック・オプション
平成18年ストック・オプション
権利確定前      (株)
 
 
前連結会計年度末
付与
159,000
失効
権利確定
未確定残
159,000
権利確定後      (株)
 
 
前連結会計年度末
285,500
権利確定
権利行使
79,000
失効
未行使残
206,500
② 単価情報
 
平成15年ストック・オプション
平成18年ストック・オプション
 権利行使価格      (円)
1,158
2,995
行使時平均株価     (円)
2,743
 付与日における公正な評価単価(円)
667
3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
 当連結会計年度において付与された平成18年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
① 使用した評価技法     ブラック・ショールズ式
② 主な基礎数値及び見積方法
 
平成18年ストック・オプション
株価変動性(注)1
30%
予想残存期間(注)2
4年
予想配当(注)3
36円/株
無リスク利子率(注)4
1.12%
(注)1.4年間(平成14年7月から平成18年6月まで)の株価実績に基づき算定しております。
2.十分なデータ蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行使されるものと推定して見積もっております。
3.平成18年3月期の期末配当実績(18円/株)の2倍としております。
4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
 基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
1.ストック・オプションに係る当連結会計年度における費用計上額及び科目名
販売費及び一般管理費  77百万円
2.ストック・オプションの内容、規模及びその変動状況
(1)ストック・オプションの内容
 
平成15年ストック・オプション
平成18年ストック・オプション
平成19年ストック・オプション
 付与対象者の区分及び人数
当社の取締役   10名
当社の監査役   4名
当社従業員    78名
関係会社の取締役 5名
当社の取締役    9名
当社の執行役    2名
当社従業員     1名
関係会社の取締役  30名
関係会社の監査役  7名
関係会社の執行役員 5名
関係会社従業員   71名
当社の取締役    9名
当社の執行役    2名
当社従業員     1名
関係会社の取締役  42名
関係会社の監査役  7名
関係会社従業員   77名
 
 株式の種類別のストック・オプションの付与数(注)
普通株式 395,000株
普通株式 159,000株
普通株式 176,100株
 付与日
平成15年12月8日
平成18年7月18日
平成19年7月23日
 権利確定条件
付与日(平成15年12月8日)以降、原則として、権利確定日(平成17年3月31日)まで継続して勤務していること。
付与日(平成18年7月18日)以降、原則として、権利確定日(平成20年6月30日)まで継続して勤務していること。
付与日(平成19年7月23日)以降、原則として、権利確定日(平成21年6月30日)まで継続して勤務していること。
 対象勤務期間
自 平成15年12月8日
至 平成17年3月31日
自 平成18年7月18日
至 平成20年6月30日
自 平成19年7月23日
至 平成21年6月30日
 権利行使期間
権利確定後3年以内。ただし、権利確定後退任・退職した場合は、退任・退職の日後2年内(ただし、権利行使期間中に限る)に限り行使可。
権利確定後4年以内。ただし、権利確定後退任・退職した場合は、退任・退職の日後2年内(ただし、権利行使期間中に限る)に限り行使可。
権利確定後4年以内。ただし、権利確定後退任・退職した場合は、退任・退職の日後2年内(ただし、権利行使期間中に限る)に限り行使可。
 (注)株式数に換算して記載しております。
(2)ストック・オプションの規模及びその変動状況
 当連結会計年度において存在したストック・オプションを対象とし、ストック・オプションの数については、株式数に換算して記載しております。
① ストック・オプションの数
 
平成15年ストック・
オプション
平成18年ストック・
オプション
平成19年ストック・
オプション
権利確定前     (株)
 
 
 
前連結会計年度末
159,000
付与
176,100
失効
権利確定
未確定残
159,000
176,100
権利確定後     (株)
 
 
 
前連結会計年度末
206,500
権利確定
権利行使
200,500
失効
6,000
未行使残
② 単価情報
 
平成15年ストック・
オプション
平成18年ストック・
オプション
平成19年ストック・
オプション
 権利行使価格   (円)
1,158
2,995
2,571
行使時平均株価  (円)
2,479
 付与日における公正な
 評価単価     (円)
667
373
3.ストック・オプションの公正な評価単価の見積方法
 当連結会計年度において付与された平成19年ストック・オプションについての公正な評価単価の見積方法は以下のとおりであります。
① 使用した評価技法     ブラック・ショールズ式
② 主な基礎数値及び見積方法
 
平成19年ストック・オプション
株価変動性(注)1
30%
予想残存期間(注)2
4年
予想配当(注)3
44円/株
無リスク利子率(注)4
1.33%
(注)1.4年間(平成15年8月から平成19年7月まで)の株価実績に基づき算定しております。
2.十分なデータ蓄積がなく、合理的な見積りが困難であるため、権利行使期間の中間点において行使されるものと推定して見積もっております。
3.平成19年3月期の期末配当実績(22円/株)の2倍としております。
4.予想残存期間に対応する期間に対応する国債の利回りであります。
4.ストック・オプションの権利確定数の見積方法
 基本的には、将来の失効数の合理的な見積りは困難であるため、実績の失効数のみ反映させる方法を採用しております。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成19年3月31日)
当連結会計年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
退職給付引当金限度超過額
2,784百万円
未払事業税
176百万円
賞与引当金繰入超過額
1,249百万円
繰越欠損金
241百万円
前払退職金
173百万円
未払法定福利費
134百万円
電子カルテ事業譲渡損
153百万円
確定拠出年金制度への
一部移行による未払額 
455百万円
未払ロイヤルティ
164百万円
その他
813百万円
繰延税金資産 小計
6,347百万円
評価性引当額
△51百万円
繰延税金資産 合計
6,296百万円
 
 
繰延税金負債
 
特別償却準備金
△148百万円
その他有価証券評価差額金
△571百万円
 その他
△21百万円
繰延税金負債 合計
△741百万円
 
 
繰延税金資産の純額
5,554百万円
 (注) 当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
 
当連結会計年度
(平成19年3月31日現在)
流動資産−繰延税金資産
2,409百万円
固定資産−繰延税金資産
3,149百万円
流動負債−その他(繰延
     税金負債)
△4百万円
繰延税金資産
 
退職給付引当金限度超過額
     2,988百万円
未払事業税
   372百万円
賞与引当金繰入超過額
     1,266百万円
繰越欠損金
   564百万円
貸倒引当金繰入超過額
   108百万円
未払法定福利費
   158百万円
電子カルテ事業譲渡損
   115百万円
確定拠出年金制度への
一部移行による未払額 
   334百万円
未払ロイヤルティ
   155百万円
外国税額控除
 332百万円
その他
805百万円
繰延税金資産 小計
     7,202百万円
評価性引当額
  △43百万円
繰延税金資産 合計
     7,158百万円
 
 
繰延税金負債
 
特別償却準備金
△161百万円
その他有価証券評価差額金
△213百万円
無形固定資産
△294百万円
 その他
△165百万円
繰延税金負債 合計
    △834百万円
 
 
繰延税金資産の純額
6,323百万円
 (注) 当連結会計年度における繰延税金資産の純額は、連結貸借対照表の以下の項目に含まれております。
 
当連結会計年度
(平成20年3月31日現在)
流動資産−繰延税金資産
     2,904百万円
固定資産−繰延税金資産
     3,877百万円
固定負債−繰延税金負債
△457百万円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
連結財務諸表提出会社の法定実効税率
40.5%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.2%
試験研究費等の法人税額特別控除
△2.5%
住民税均等割
1.1%
のれん償却
1.3%
持分法投資利益
△0.4%
その他
△0.1%
税効果会計適用後の法人税等の
負担率
41.1%
連結財務諸表提出会社の法定実効税率
40.5%
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
1.6%
試験研究費等の法人税額特別控除
 △2.3%
住民税均等割
 1.1%
のれん償却
1.2%
持分法投資利益
△0.6%
その他
△0.2%
税効果会計適用後の法人税等の
負担率
41.3%
(セグメント情報)
 前連結会計年度及び当連結会計年度のセグメント情報は、次のとおりであります。
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
臨床検査薬事業
(百万円)
受託臨床
検査事業
(百万円)
その他
の事業
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
30,103
88,266
18,838
137,208
137,208
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
3,050
1,848
109
5,008
(5,008)
33,154
90,114
18,948
142,217
(5,008)
137,208
営業費用
25,893
84,841
17,087
127,822
(5,138)
122,684
営業利益
7,260
5,273
1,860
14,394
129
14,523
Ⅱ.資産、減価償却費及び
  資本的支出
 
 
 
 
 
 
資産
39,034
78,662
6,785
124,483
(2,448)
122,034
減価償却費
2,391
5,867
293
8,553
11
8,564
資本的支出
2,234
5,872
106
8,212
1,059
9,272
 (注)1.事業区分の方法
事業は役務又は商品等の内容及び市場の類似性を考慮して区分しております。
事業区分
主要役務又は商品
臨床検査薬事業
検査試薬・検査システムの製造販売
受託臨床検査事業
特殊臨床検査、一般臨床検査、医科学分析、病院検査室の運営
その他の事業
食品衛生検査、環境検査、健康商品・感染防止商品の販売、医療器具等の滅菌サービス、治験支援、診療所開設・運営支援
2.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は740百万円であり、これは持株会社である当社で発生した費用であります。
3.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は11,663百万円であり、これは持株会社である当社での余資運用資金等であります。
4.減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用の償却額及び増加額がそれぞれ含まれております。
5.会計方針の変更
(1)〔連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項〕4.(2)(イ)に記載のとおり、当連結会計年度より、連結子会社であります富士レビオ㈱の工具器具及び備品のうち、機器システムリース用検査機器等の減価償却の方法を、定率法から定額法に変更しております。これによるセグメント情報に与える影響は、軽微であります。
なお、「臨床検査薬事業」以外の事業については、セグメント情報に与える影響はありません。
(2)〔連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更〕に記載のとおり、当連結会計年度より、「ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準第8号 平成17年12月27日)を適用しております。
この変更に伴う「消去又は全社」の営業費用及び営業利益に与える影響は、軽微であります。
6.事業区分の変更
事業区分については、従来、「臨床検査薬事業」、「受託臨床検査事業及び周辺事業」、「その他の事業」の3事業に区分しておりましたが、セグメント情報を中心となる事業をより明瞭な区分となるよう、当連結会計年度よりグループ内の管理区分を変更したため「受託臨床検査事業及び周辺事業」のうち、食品衛生検査、環境検査、健康商品、感染防止商品については「その他の事業」に区分することとし、「臨床検査薬事業」、「受託臨床検査事業」、「その他の事業」の3事業に区分することといたしました。
なお、当連結会計年度において、従来の事業区分によった場合の事業の種類別セグメントは、以下のとおりです。
前連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
臨床検査薬事業
(百万円)
受託臨床検査事業及び周辺事業
(百万円)
その他
の事業
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
30,103
92,458
14,646
137,208
137,208
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
3,050
1,853
99
5,003
(5,003)
33,154
94,311
14,746
142,212
(5,003)
137,208
営業費用
25,893
88,161
13,762
127,817
(5,133)
122,684
営業利益
7,260
6,149
983
14,394
129
14,523
Ⅱ.資産、減価償却費及び
  資本的支出
 
 
 
 
 
 
資産
39,034
79,569
5,880
124,483
(2,449)
122,034
減価償却費
2,391
5,913
247
8,553
11
8,564
資本的支出
2,234
5,889
88
8,212
1,059
9,272
当連結会計年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
臨床検査薬事業
(百万円)
受託臨床
検査事業
(百万円)
その他
の事業
(百万円)
(百万円)
消去又は
全社
(百万円)
連結
(百万円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
32,730
90,208
20,359
143,299
143,299
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
3,171
2,032
104
5,309
(5,309)
35,902
92,241
20,464
148,608
(5,309)
143,299
営業費用
28,728
86,570
18,445
133,745
(5,241)
128,503
営業利益
7,174
5,670
2,018
14,863
(67)
14,795
Ⅱ.資産、減価償却費及び
  資本的支出
 
 
 
 
 
 
資産
44,319
85,702
7,827
137,849
(9,274)
128,575
減価償却費
2,468
6,272
300
9,041
180
9,222
資本的支出
2,112
7,589
198
9,900
2,451
12,351
 (注)1.事業区分の方法
事業は役務又は商品等の内容及び市場の類似性を考慮して区分しております。
事業区分
主要役務又は商品
臨床検査薬事業
検査試薬・検査システムの製造販売
受託臨床検査事業
特殊臨床検査、一般臨床検査、医科学分析、病院検査室の運営
その他の事業
食品衛生検査、環境検査、健康商品・感染防止商品の販売、医療器具等の滅菌サービス、治験支援、診療所開設・運営支援
2.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は1,113百万円であり、これは持株会社である当社で発生した費用であります。
3.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は29,154百万円であり、これは持株会社である当社での余資運用資金等であります。
4.減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用の償却額及び増加額がそれぞれ含まれております。
5.会計方針の変更
〔連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項〕4.(2)(イ)に記載のとおり、当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これにより各セグメントの営業利益は、臨床検査薬事業において64百万円、受託臨床検査事業において287百万円、その他の事業において5百万円、消去又は全社において9百万円減少しております。
6.追加情報
〔連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項〕4.(2)(イ)に記載のとおり、当社及び国内連結子会社は、法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した連結会計年度の翌連結会計年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。これにより各セグメントの営業利益は、臨床検査薬事業において82百万円、受託臨床検査事業において112百万円、その他の事業において1百万円減少しております。
 
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しております。
【海外売上高】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 海外売上高は、いずれも連結売上高の10%未満であるため、海外売上高の記載を省略しております。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
取引に重要性がありませんので、記載を省略しております。
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
取引に重要性がありませんので、記載を省略しております。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,361円65銭
1株当たり当期純利益金額
140円40銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
140円07銭
1株当たり純資産額
1,430円46銭
1株当たり当期純利益金額
137円61銭
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
137円42銭
 (注)1.1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益        (百万円)
8,447
8,297
普通株主に帰属しない金額 (百万円)
普通株式に係る当期純利益 (百万円)
8,447
8,297
期中平均株式数        (株)
60,170,685
60,297,051
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益調整額     (百万円)
普通株式増加数        (株)
140,627
83,330
(うち新株予約権)
(140,627)
(83,330)
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含めなかった潜在株式の概要
新株予約権 
株主総会の決議日
 平成18年6月27日
 新株予約権   1,590個
 なお、詳細については「第4 提出会社の状況 1.株式の状況(2)新株予約権等の状況」に記載しております。
新株予約権 
株主総会の決議日
 平成18年6月27日
 新株予約権   1,590個 
株主総会の決議日
 平成19年6月26日
 新株予約権   1,761個
 なお、詳細については「第4 提出会社の状況 1.株式の状況(2)新株予約権等の状況」に記載しております。 
 (注)2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度末
(平成19年3月31日)
当連結会計年度末
(平成20年3月31日)
純資産の部の合計額     (百万円)
82,762
86,027
純資産の部の合計額から控除する金額
              (百万円)
654
350
(うち新株予約権)
39
117
 (うち少数株主持分)
614
232
普通株式に係る期末の純資産額(百万円)
82,108
85,677
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末の普通株式の数        (株)
60,300,277
59,894,949
(重要な後発事象)
当連結会計年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
1.自己株式の取得
(1)自己株式の取得について
 当社は、平成20年3月6日開催の取締役会において、会社法第459条第1項第1号の規定による定款の定めに基づき、自己株式を取得することを決議し、自己株式の取得を実施いたしました。
①取得理由
 
資本効率の向上を図るとともに、経営環境に応じた機動的な資本政策を可能とするため
②取得期間
平成20年3月11日から平成20年5月30日まで
③取得の方法
信託方式による市場取引
④取得する株式の種類
普通株式
⑤取得する株式の総数
1,800,000株(上限)
⑥株式の取得価額の総額
4,500百万円(上限)
(2)当連結会計年度における自己株式の取得の実施内容
①取得期間 
平成20年3月18日から平成20年3月24日(約定ベース)
②取得する株式の総数
601,600株
③株式の取得価額の総額
1,416百万円
(3)翌連結会計年度における自己株式の取得の実施内容
①取得期間 
平成20年4月1日から平成20年5月30日(約定ベース)
②取得する株式の総数
1,078,900株
③株式の取得価額の総額
2,658百万円
2.株式の取得
(1)株式取得について
 当グループ会社において、臨床検査薬事業を行っている富士レビオ株式会社の米国子会社であるフジレビオ ダイアグノスティックス社(本社:米国ペンシルバニア州、以下「FDI」)が、アメリカン バイオロジカル テクノロジーズ社(本社:テキサス州、以下「AbT」)の全株式を取得いたしました。
(2)株式取得の目的
 AbTは、臨床検査の精度管理に使用するコントロール製品および血清製品類等を米国で製造し、大手検査薬企業などに提供しております。
 この度の株式取得により、AbTの製品群と生産ノウハウを富士レビオグループに取り込むことができ、FDIが得意とする腫瘍マーカーの免疫学的検査に留まらず、より広い検査領域でのビジネス展開ができるものと考えております。
(3)株式取得日
 平成20年4月1日
(4)対象会社の概要
①設立
1988年
②本社所在地
940 Crossroads Blvd.Seguin,TX 78155,U.S.A.
③従業員数
28名
④事業規模(2007年12月期)
 
金 額
 売上高
5,454千US$ 
 営業利益
1,455千US$ 
 資本金
100US$ 
 総資産
2,711千US$ 
(5)取得する株式の数、取得価額および取得後の持分比率
取得する株式の数
100株
取得価額
12,500千US$
取得後の持分比率
100%
 
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期末残高
(百万円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
2,330
1年以内に返済予定の長期借入金
1,463
1,356
1.24
1年以内に返済予定のリース債務 
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
3,447
1,797
1.39
平成22年
〜平成25年
リース債務(1年以内に返済予定のものを除く。) 
   −
その他の有利子負債
 
 
 
 
 流動負債 「未払金」
10
10
1.20
 固定負債 「長期未払金」
36
26
1.20
平成23年
合計
7,288
3,190
 (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は、以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(百万円)
2年超3年以内
(百万円)
3年超4年以内
(百万円)
4年超5年以内
(百万円)
長期借入金
1,593
101
55
47
その他有利子負債
「長期未払金」
10
10
5
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: みらかホールディングス株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書