有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1)連結経営指標等

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

売上高

(百万円)

149,074

165,736

175,388

192,211

203,371

経常利益

(百万円)

20,187

21,598

22,669

25,739

27,118

当期純利益

(百万円)

11,587

11,174

12,311

14,871

15,322

包括利益

(百万円)

10,910

15,383

26,546

24,907

純資産額

(百万円)

95,362

102,797

114,523

137,335

157,348

総資産額

(百万円)

137,089

149,082

207,868

220,912

242,159

1株当たり純資産額

(円)

1,633.58

1,759.48

1,958.36

2,344.33

2,677.30

1株当たり当期純利益金額

(円)

199.06

191.93

211.33

254.92

261.48

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

191.75

210.99

254.39

260.80

自己資本比率

(%)

69.4

68.7

54.9

62.0

64.9

自己資本利益率

(%)

12.7

11.3

11.4

11.8

10.4

株価収益率

(倍)

14.32

16.59

15.28

17.99

17.29

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

21,753

20,359

23,583

30,528

28,723

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

6,609

21,112

47,854

6,751

17,153

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

2,990

5,465

15,927

15,905

9,699

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

39,500

33,076

24,729

32,854

35,671

従業員数

(人)

4,586

5,320

6,167

6,087

6,244

(外、平均臨時雇用者数)

(4,919)

(5,366)

(5,641)

(5,800)

(6,136)

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.第60期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

(2)提出会社の経営指標等

回次

第60期

第61期

第62期

第63期

第64期

決算年月

平成22年3月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

営業収益

(百万円)

5,565

9,575

11,089

14,725

16,928

経常利益

(百万円)

4,576

8,645

9,199

13,229

15,385

当期純利益

(百万円)

4,622

8,655

9,148

13,327

15,375

資本金

(百万円)

7,666

7,703

7,770

8,058

8,433

発行済株式総数

(株)

58,441,866

58,466,766

58,510,166

58,695,166

58,925,566

純資産額

(百万円)

49,565

54,745

60,232

69,827

80,845

総資産額

(百万円)

76,018

79,388

125,180

134,178

138,179

1株当たり純資産額

(円)

846.84

934.30

1,026.68

1,189.45

1,373.59

1株当たり配当額

(円)

60.00

62.00

70.00

80.00

86.00

(内1株当たり中間配当額)

(29.00)

(31.00)

(35.00)

(37.00)

(43.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

79.41

148.68

157.04

228.45

262.39

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

148.54

156.79

227.98

261.70

自己資本比率

(%)

64.8

68.5

47.8

51.8

58.3

自己資本利益率

(%)

9.5

16.7

16.0

20.6

20.5

株価収益率

(倍)

35.89

21.42

20.57

20.07

17.23

配当性向

(%)

75.56

41.70

44.57

35.02

32.78

従業員数

(人)

18

20

23

40

57

(外、平均臨時雇用者数)

(2)

(1)

()

(1)

(3)

 (注)1.営業収益には、消費税等は含まれておりません。

2.第60期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2【沿革】

昭和25年12月

医薬品の製造・販売を目的として、東京都新宿区下落合四丁目6番7号にて資本金300千円をもって富士臓器製薬株式会社を設立

昭和41年12月

診断用薬部門に進出

昭和45年6月

臨床検査センター 株式会社東京スペシアル レファレンス ラボラトリー(現・株式会社エスアールエル)を設立(現・連結子会社)

昭和45年8月

診断用薬の海外での販売活動を開始

昭和56年1月

中華民国台湾省桃園縣に合弁会社 台富臓器製薬股份有限公司(現・台富製薬股份有限公司)を設立(現・連結子会社)

昭和57年11月

東レ株式会社と合弁でトーレ・フジバイオニクス株式会社(現・株式会社テイエフビー)を設立(現・連結子会社)

昭和58年4月

富士レビオ株式会社に商号を変更

昭和58年9月

東京証券取引所市場第二部に株式を上場

昭和62年6月

東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

昭和62年10月

旧Fujirebio America,Inc.(米国ニュージャージー州)を設立(後にFujirebio Diagnostics,Inc.と合併)

平成2年8月

株式会社エスアールエルが、東京証券取引所市場第二部に上場

平成4年4月

本店所在地を東京都新宿区西新宿二丁目7番1号に変更

平成8年8月

検査薬事業部門において品質保証の国際規格であるISO9001の認証を取得

平成9年4月

本店所在地を東京都中央区日本橋浜町二丁目62番5号に変更

平成10年11月

旧Fujirebio America,Inc.(米国)の100%子会社として、Centocor社(米国ペンシルバニア州)より Centocor Diagnostics Pennsylvania社を買収し、Fujirebio Diagnostics,Inc.に商号を変更

平成12年6月

医薬事業部門をユーシービージャパン株式会社(ベルギー国 UCB S.A.の100%子会社)に営業譲渡

平成13年5月

全事業所及び全製品を対象に品質保証の国際規格であるISO13485、ISO9001及び欧州規格であるEN46001の認証を拡大取得

平成13年6月

新Fujirebio America,Inc.(持株会社:米国デラウェア州)を、旧Fujirebio America,Inc.の全株式を現物出資することにより設立(現・連結子会社)

平成13年7月

旧Fujirebio America,Inc.(輸入販売業)とFujirebio Diagnostics,Inc.(製造・販売業)とが、Fujirebio Diagnostics,Inc.を存続会社として合併(現・連結子会社)

平成13年12月

環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得

 

株式会社エスアールエルが東京証券取引所市場第一部銘柄に指定

平成14年9月

中外診断科学株式会社の全株式を取得し、レビオ・ジェン株式会社に商号を変更(後に富士レビオ株式会社と合併)

平成16年11月

株式会社エスアールエルを株式の追加取得により子会社化

平成17年3月

株式会社エスアールエルは東京証券取引所市場第一部の上場を廃止

平成17年4月

株式会社エスアールエルを株式交換により完全子会社化

 

株式会社エスアールエル所有の株式会社リジョイス及び株式会社リジョイス薬局の全株式を株式会社アインファーマシーズへ譲渡

 

株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社エスアールエル東京メディカル及び株式会社SBSが合併(株式会社エスアールエルが存続会社)

平成17年6月

委員会等設置会社へ移行

平成17年7月

分社型の新設分割により設立した富士レビオ株式会社に営業の全てを承継させ、同社及び株式会社エスアールエルを傘下に収める純粋持株会社に移行
これに伴い、社名をみらかホールディングス株式会社に変更
また、本店所在地を東京都新宿区西新宿一丁目24番1号に変更

 平成18年4月

株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社ティーエスエル、株式会社エスアールエル北海道、株式会社南信臨床検査研究所、株式会社エスアールエル静岡、株式会社生命情報分析センター、株式会社エスアールエル西日本及び株式会社エスアールエル北陸が合併(株式会社エスアールエルが存続会社)

 

 平成18年5月

 

Fujirebio Diagnostics,Inc.が、CanAg Diagnostics AB(スウェーデン)の全株式を取得し、Fujirebio Diagnostics AB(スウェーデン)に商号を変更(現・連結子会社)

 

 

平成19年6月

 

株式会社エスアールエルが、株式会社シオノギバイオメディカルラボラトリーズを100%子会社とし、株式会社エスアールエル関西に商号を変更(同年8月)

平成20年3月

富士レビオ株式会社が、株式会社先端生命科学研究所を株式の取得により子会社化(現・連結子会社)

平成20年4月

Fujirebio Diagnostics,Inc.が、American Biological Technologies, Inc.の全株式を取得

 

 

富士レビオ株式会社と同社子会社のレビオ・ジェン株式会社が合併(富士レビオ株式会社が存続会社)

 

 

株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社エスアールエル関西が合併(株式会社エスアールエルが存続会社)

平成21年6月

 

Fujirebio Diagnostics, Inc.と同社子会社のAmerican Biological Technologies, Inc.が合併(Fujirebio Diagnostics, Inc.が存続会社)

平成21年10月

 

株式会社エスアールエルが、持分法適用関連会社であったケアレックス株式会社の残株式全てを取得し完全子会社化(現・連結子会社)

平成21年11月

 

株式会社フォーネットと株式会社エスエスシーが合併(株式会社フォーネットが存続会社)

株式会社エスアールエルテクノシステムと株式会社プレアードが合併(株式会社エスアールエルテクノシステムが存続会社)

平成22年4月

株式会社エスアールエルが、株式会社日本医学臨床検査研究所の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社)

 

日本ステリ株式会社と九州ステリ株式会社が合併(日本ステリ株式会社が存続会社)

平成22年9月

富士レビオ株式会社が、Innogenetics N.V.(現・Fujirebio Europe N.V.)の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社)

平成23年5月

株式会社エスアールエルが、株式会社ツチヤ・エンタプライズ(現・株式会社北信臨床)の全株式を取得し完全子会社化(現・連結子会社)

平成23年11月

米国にMiraca USA, Inc.を設立(現・連結子会社)

その後、Caris Diagnostics, Inc.(現・Miraca Life Sciences, Inc.)及びその子会社を傘下に有するCaris Life Sciences, Inc. (現・CDx Holdings, Inc.)に、Miraca USA, Inc.が新たに米国内に設立した買収目的会社を吸収合併(Caris Life Sciences, Inc. が存続会社)させることにより、Caris Diagnostics, Inc.を完全子会社化(現・連結子会社)

平成23年12月

株式会社エスアールエルが、株式会社群馬臨床検査センターを株式取得により子会社化(現・連結子会社)

平成24年10月

本店所在地を東京都新宿区西新宿二丁目1番1号に変更

平成25年7月

株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社エスアールエルテクノシステムが合併(株式会社エスアールエルが存続会社)

平成25年10月

株式会社エスアールエルと同社子会社の株式会社エスアールエル・ラボ・クリエイトが合併(株式会社エスアールエルが存続会社)

 

Lakewood Pathology Associates, Inc.(d/b/a PLUS Diagnostics)を傘下に有するLakewood
Investment Corp.(現・Miraca Life Sciences Holdings, Inc.)に、Miraca Life Sciences, Inc.が新たに米国内に設立した買収目的会社を吸収合併(Lakewood Investment Corp. が存続会社)させることにより、Lakewood Pathology Associates, Inc.(d/b/a PLUS Diagnostics)を完全子会社化(現・連結子会社)

 

3【事業の内容】

当社グループは、純粋持株会社であるみらかホールディングス株式会社(以下「当社」という。)、富士レビオ株式会社、株式会社エスアールエル及びそれぞれの子会社・関連会社より構成されており、臨床検査薬の製造・販売、
臨床検査の受託とヘルスケア関連の事業を行っております。

なお、当社は、有価証券の取引等の規制に関する内閣府令第49条第2項に規定する特定上場会社等に該当しており、これにより、インサイダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて判断することとなります。

当社グループの事業内容及び各会社の当該事業に係わる位置付けは、次のとおりであります。

 

(臨床検査薬事業)

富士レビオ株式会社及び株式会社テイエフビーは、臨床検査薬の製造・販売を行っており、国内外の代理店及び当社の子会社を通じて、医療機関及び受託臨床検査会社等へ販売しております。

海外では、Fujirebio Diagnostics, Inc.は、癌関連臨床検査薬の抗原・抗体等を世界各国の臨床検査薬会社等に販売しております。Fujirebio America, Inc.は、Fujirebio Diagnostics, Inc.の全株式を保有する持株会社であります。Fujirebio Europe N.V. は、感染症・遺伝子領域における臨床検査薬を開発・製造するほか、富士レビオ株式会社から製品の供給を受け、これらを欧州を中心とした販売子会社を通じて世界各国において販売しております。

なお、株式会社テイエフビーは、平成26年4月1日付で、富士レビオ株式会社と合併いたしました。

 

(受託臨床検査事業)

株式会社エスアールエルは、主に大規模病院を中心とした医療機関から特殊検査を受託しており、また、地域の中小規模の病院及び診療所から一般検査と特殊検査を受託しております。株式会社日本医学臨床検査研究所、株式会社北信臨床及び株式会社群馬臨床検査センターは、地域の中小規模の病院及び診療所から一般検査と特殊検査を受託しております。周辺事業としては、検体輸送業務、検査施設の庶務等の業務、検査システムの保守・管理及び開発業務、検査機器システムの保守・管理及び開発業務等のサービスを行っております。

海外では、Miraca Life Sciences, Inc. は、米国内で病理検査及びこれに関連するサービスを提供しております。CDx Holdings, Inc. はMiraca Life Sciences, Inc. の全株式を保有する持株会社であり、また、Miraca USA, Inc. は、CDx Holdings, Inc. の全株式を保有する持株会社であります。

なお、株式会社エスアールエルテクノシステムは、平成25年7月1日付で、株式会社エスアールエルと合併いたしました。

株式会社エスアールエル・ラボ・クリエイトは、平成25年10月1日付で、株式会社エスアールエルと合併いたしました。

当社の米国子会社であるMiraca Life Sciences, Inc. は、平成25年10月、米国で病理検査サービスを提供するLakewood Pathology Associates, Inc.(d/b/a PLUS Diagnostics)を子会社化いたしました。

また、株式会社日本病理学研究所は、平成26年1月1日付で、株式会社日本医学臨床検査研究所と合併いたしました。

 

(ヘルスケア関連事業)

滅菌事業……日本ステリ株式会社は、主に大規模病院内の医療用具・器材・手術用の器具等を回収し、洗浄・消毒・滅菌を行い各診療部門へ供給するサービスを行っております。

治験事業……株式会社エスアールエル・メディサーチは、医薬品開発(治験)における治験検査の受託及び支援を行っております。

上記のほか、健診機関業務の請負や診療所の開設・運営の支援、介護用品のレンタル等の事業も行っております。

 

以上のように当社グループは、臨床検査という事業領域を中核としながら、各社がそれぞれ有機的かつ補完的な関係性にあり、事業系統図によって示すと次のとおりであります。

 

事業系統図

 

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

会社の名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任

(人)

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

富士レビオ㈱

東京都新宿区

百万円

4,252

臨床検査薬事業

100.00

3

㈱テイエフビー

東京都中央区

百万円

214

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

Fujirebio America,Inc.

米国

千US$

21,154

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

2

Fujirebio Diagnostics,Inc.

米国

千US$

10,200

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

1

Fujirebio Diagnostics AB

スウェーデン

千SEK

641

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

Fujirebio Europe N.V.

ベルギー

千EUR

64,398

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

3

GENimmune N.V.

ベルギー

千EUR

11,670

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

台富製薬股份有限公司

台湾

千NT$

119,900

臨床検査薬事業

100.00

(100.00)

㈱エスアールエル

東京都新宿区

百万円

11,027

受託臨床検査事業

100.00

5

㈱日本医学臨床検査研究所

京都府久世郡

久御山町

百万円

80

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

1

㈱北信臨床

長野県長野市

百万円

130

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

㈱群馬臨床検査センター

群馬県前橋市

百万円

10

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

Miraca USA,Inc.

米国

千US$

0

受託臨床検査事業

100.00

1

CDx Holdings,Inc.

米国

千US$

0

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

Miraca Life Sciences, Inc.

米国

千US$

0

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

1

Miraca Life Sciences Holdings, Inc.

米国

千US$

0

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

Lakewood Pathology Associates, Inc.

米国

千US$

0

受託臨床検査事業

100.00

(100.00)

日本ステリ㈱

東京都千代田区

百万円

240

ヘルスケア関連事業

100.00

(100.00)

㈱エスアールエル・メディサーチ

東京都新宿区

百万円

150

ヘルスケア関連事業

100.00

(100.00)

ケアレックス㈱

東京都千代田区

百万円

450

ヘルスケア関連事業

100.00

(100.00)

㈱ヒューマンヘルスプロモーション

東京都千代田区

百万円

110

ヘルスケア関連事業

100.00

(100.00)

その他17社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.富士レビオ㈱、Fujirebio America,Inc.Fujirebio Diagnostics,Inc.Fujirebio Europe N.V.、GENimmune N.V.、㈱エスアールエル、Miraca USA,Inc.、CDx Holdings,Inc.及びMiraca Life Sciences,Inc.は、特定子会社に該当しております。

3.Fujirebio America,Inc.は、Fujirebio Diagnostics,Inc.の株式を100%保有する持株会社であります。

4.Innogenetics N.V.は、Fujirebio Europe N.V.に商号を変更しております。変更日は平成25年10月1日であります。

5.Miraca USA,Inc.は、Miraca Life Sciences,Inc.を傘下に有するCDx Holdings,Inc.の株式を100%保有する持株会社であります。

6.Miraca Life Sciences Holdings,Inc.は、Lakewood Pathology Associates,Inc.の株式を100%保有する持株会社であります

7.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

8.富士レビオ㈱及び㈱エスアールエルは、売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

 

主要な損益情報等

 

 

 

富士レビオ㈱

 

 ㈱エスアールエル

(1)売上高

 

26,268百万円

 

100,111百万円

(2)経常利益

 

7,383百万円

 

17,465百万円

(3)当期純利益

 

5,861百万円

 

11,449百万円

(4)純資産額

 

30,852百万円

 

55,554百万円

(5)総資産額

 

44,389百万円

 

78,620百万円

 

(2)持分法適用関連会社

会社の名称

住所

資本金

主要な事業の内容

議決権の所有割合又は被所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任

(人)

資金援助

営業上の取引

設備の賃貸借

㈱HSN

長野県諏訪市

百万円

50

受託臨床検査事業

50.0

(50.0)

㈱あすも臨床薬理研究所

東京都八王子市

百万円

146

ヘルスケア関連事業

49.0

(49.0)

 (注)1.「主要な事業の内容」欄には、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有割合の( )内は、間接所有割合で内数であります。

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

平成26年3月31日現在

 

セグメントの名称

従業員数(人)

臨床検査薬事業

1,168

(165)

受託臨床検査事業

3,749

(3,073)

ヘルスケア関連事業

1,270

(2,895)

  報告セグメント計

6,187

(6,133)

全社(共通)

57

(3)

合計

6,244

(6,136)

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.「全社(共通)」は、当社の就業人員であります。

 

(2)提出会社の状況

平成26年3月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

     57 (3)

45.4

14.8

9,007

 

セグメントの名称

従業員数(人)

臨床検査薬事業

(−)

受託臨床検査事業

(−)

ヘルスケア関連事業

(−)

  報告セグメント計

(−)

全社(共通)

57

(3)

合計

57

(3)

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は( )内に年間の平均人員を外数で記載しております。

2.上記のほか、富士レビオ㈱及び㈱エスアールエルとの兼務者が49人おります。

3.平均勤続年数は、出向元である会社からの勤続年数を通算しております。

4.平均年間給与は、基準外賃金及び賞与を含んでおります。

 

(3)労働組合の状況

 連結子会社であります㈱エスアールエルの労働組合は、平成10年3月28日にスタッフ社員をもって組織されたSRL契約社員労働組合、平成11年1月31日に従業員をもって組織されたエスアールエルユニオン及び平成13年2月13日に社員をもって組織された全労協全国一般の分会の3組合を有しております。

 なお、安定的な労使関係の構築に努めております。





出典: みらかホールディングス株式会社、2014-03-31 期 有価証券報告書