有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






第5【経理の状況】
1.財務諸表の作成方法について
 当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)の財務諸表について、監査法人トーマツにより監査を受けております。
3.連結財務諸表について
 当社は子会社がありませんので、連結財務諸表を作成しておりません。
1【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
2,132,665
   
2,009,340
 
2.受取手形
※2
 
898,961
   
677,968
 
3.売掛金
   
2,874,215
   
2,489,874
 
4.有価証券
   
662,105
   
344,283
 
5.商品
   
77,221
   
86,416
 
6.製品
   
1,324,176
   
1,554,402
 
7.原材料
   
2,795,135
   
3,409,925
 
8.仕掛品
   
390,151
   
549,373
 
9.貯蔵品
   
92,810
   
97,725
 
10.前渡金
   
387,887
   
246,016
 
11.前払費用
   
31,010
   
32,145
 
12.繰延税金資産
   
87,566
   
76,920
 
13.その他
   
56,093
   
75,749
 
14.貸倒引当金
   
△3,772
   
△3,173
 
流動資産合計
   
11,806,229
58.3
 
11,646,968
57.4
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物
※1
2,663,649
   
2,685,859
   
減価償却累計額
 
1,504,638
1,159,010
 
1,577,862
1,107,997
 
(2)構築物
※1
2,197,059
   
2,557,219
   
減価償却累計額
 
1,515,701
681,358
 
1,660,909
896,309
 
(3)機械及び装置
※1
9,025,542
   
10,323,408
   
減価償却累計額
 
7,981,606
1,043,936
 
8,443,421
1,879,987
 
(4)車両運搬具
 
68,991
   
70,698
   
減価償却累計額
 
47,881
21,110
 
55,196
15,502
 
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(5)工具器具備品
 
998,224
   
1,048,756
   
減価償却累計額
 
771,535
226,689
 
862,130
186,625
 
(6)土地
※1
 
3,751,699
   
3,751,699
 
(7)建設仮勘定
   
551,256
   
2,567
 
有形固定資産合計
   
7,435,062
36.8
 
7,840,688
38.6
2.無形固定資産
             
(1)工業用水道施設利用権
   
441
   
373
 
(2)電話加入権
   
1,700
   
1,700
 
(3)ソフトウェア
   
22,064
   
9,819
 
(4)下水道施設分担金
   
18,270
   
16,973
 
無形固定資産合計
   
42,477
0.2
 
28,867
0.1
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
898,886
   
658,101
 
(2)出資金
   
120
   
120
 
(3)長期前払費用
   
25,085
   
9,230
 
(4)保険積立金
   
2,206
   
2,393
 
(5)繰延税金資産
   
   
90,856
 
(6)その他
   
44,811
   
44,877
 
(7)貸倒引当金
   
△13,816
   
△13,816
 
投資その他の資産合計
   
957,293
4.7
 
791,762
3.9
固定資産合計
   
8,434,834
41.7
 
8,661,319
42.6
資産合計
   
20,241,064
100.0
 
20,308,287
100.0
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.買掛金
   
843,705
   
819,423
 
2.短期借入金
   
2,000,000
   
2,400,000
 
3.1年以内返済予定の長期借入金
※1
 
155,896
   
149,196
 
4.未払金
   
959,728
   
734,899
 
5.未払法人税等
   
224,416
   
18,871
 
6.未払費用
   
3,418
   
4,620
 
7.預り金
   
31,486
   
22,393
 
8.賞与引当金
   
164,537
   
176,347
 
9.その他
   
2,739
   
41,266
 
流動負債合計
   
4,385,927
21.7
 
4,367,018
21.5
Ⅱ 固定負債
             
1.長期借入金
※1
 
483,371
   
424,175
 
2.退職給付引当金
   
188,869
   
190,678
 
3.役員退職慰労引当金
   
221,456
   
248,015
 
4.繰延税金負債
   
17,595
   
 
固定負債合計
   
911,292
4.5
 
862,869
4.3
負債合計
   
5,297,220
26.2
 
5,229,888
25.8
               

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
             
Ⅰ 株主資本
             
1.資本金
   
1,789,567
8.8
 
1,789,567
8.8
2.資本剰余金
             
(1)資本準備金
 
1,728,997
   
1,728,997
   
(2)その他資本剰余金
             
自己株式処分差益
 
2
   
16
   
資本剰余金合計
   
1,729,000
8.5
 
1,729,013
8.5
3.利益剰余金
             
(1)利益準備金
 
138,000
   
138,000
   
(2)その他利益剰余金
             
特別償却準備金
 
28,790
   
15,945
   
別途積立金
 
10,497,000
   
11,057,000
   
繰越利益剰余金
 
628,475
   
348,992
   
利益剰余金合計
   
11,292,266
55.8
 
11,559,938
56.9
4.自己株式
   
△136,186
△0.6
 
△136,462
△0.6
株主資本合計
   
14,674,647
72.5
 
14,942,057
73.6
Ⅱ 評価・換算差額等
             
1.その他有価証券評価差額金
   
269,197
1.3
 
136,342
0.6
評価・換算差額等合計
   
269,197
1.3
 
136,342
0.6
純資産合計
   
14,943,844
73.8
 
15,078,399
74.2
負債・純資産合計
   
20,241,064
100.0
 
20,308,287
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
             
1.製品売上高
 
10,771,639
   
10,953,326
   
2.商品売上高
 
586,052
11,357,691
100.0
244,021
11,197,347
100.0
Ⅱ 売上原価
             
1.製品売上原価
             
(1)製品期首たな卸高
 
1,155,475
   
1,324,176
   
(2)当期製品製造原価
 
7,891,985
   
8,394,229
   
合計
 
9,047,460
   
9,718,406
   
(3)他勘定払出高
※1
7,091
   
6,588
   
(4)製品期末たな卸高
 
1,324,176
   
1,554,402
   
製品売上原価
 
7,716,192
   
8,157,414
   
2.商品売上原価
             
(1)商品期首たな卸高
 
63,932
   
77,221
   
(2)当期商品仕入高
 
497,552
   
190,748
   
合計
 
561,485
   
267,970
   
(3)他勘定払出高
※2
8,142
   
6,012
   
(4)商品期末たな卸高
 
77,221
   
86,416
   
商品売上原価
 
476,120
8,192,312
72.1
175,541
8,332,956
74.4
売上総利益
   
3,165,378
27.9
 
2,864,391
25.6
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※1,2,
 3,4
 
2,168,910
19.1
 
2,165,333
19.3
営業利益
   
996,468
8.8
 
699,057
6.3
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
5,449
   
7,823
   
2.受取配当金
 
18,720
   
11,801
   
3.為替差益
 
15,966
   
   
               

 

   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
4.組合投資運用益
 
740
   
437
   
5.雑収入
 
51,130
92,008
0.8
40,650
60,713
0.5
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
15,124
   
31,984
   
2.手形売却損
 
10,971
   
13,526
   
3.為替差損
 
   
52,482
   
4.雑損失
 
5,003
31,100
0.3
5,894
103,887
0.9
経常利益
   
1,057,376
9.3
 
655,883
5.9
Ⅵ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※5
583
   
   
2.貸倒引当金戻入益
 
   
599
   
3.投資有価証券売却益
 
76,067
76,650
0.7
599
0.0
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産処分損
※6
3,030
   
462
   
2.投資有価証券評価損
 
3,030
0.0
20,076
20,539
0.2
税引前当期純利益
   
1,130,996
10.0
 
635,943
5.7
法人税、住民税及び事業税
 
463,543
   
248,276
   
法人税等調整額
 
△14,605
448,938
4.0
△7,750
240,525
2.2
当期純利益
   
682,058
6.0
 
395,417
3.5
               
製造原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
5,378,045
67.4
5,727,629
67.0
Ⅱ 労務費
 
1,159,943
14.5
1,200,885
14.0
Ⅲ 経費
※2
1,445,185
18.1
1,625,527
19.0
当期総製造費用
 
7,983,174
100.0
8,554,042
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
299,471
 
390,151
 
合計
 
8,282,646
 
8,944,193
 
他勘定払出高
※3
509
 
590
 
期末仕掛品たな卸高
 
390,151
 
549,373
 
当期製品製造原価
 
7,891,985
 
8,394,229
 
           
(脚注)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 1.原価計算の方法は組別工程別総合原価計算を採用しております。
 1.         同左
※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。
※2.経費の主な内訳は次のとおりであります。
減価償却費
318,815千円
電力費
191,658千円
包装費
253,011千円
修繕費
184,129千円
燃料費
142,502千円
減価償却費
496,548千円
電力費
188,027千円
包装費
243,416千円
修繕費
191,662千円
燃料費
128,063千円
※3.他勘定払出高は次のとおりであります。
※3.他勘定払出高は次のとおりであります。
販売費及び一般管理費
509千円
販売費及び一般管理費
590千円
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
自己株式処分差益
特別償却準備金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高(千円)
1,789,567
1,728,997
2
1,729,000
138,000
41,635
9,477,000
1,101,120
10,757,756
△136,028
14,140,296
事業年度中の変動額
                     
特別償却準備金の取崩し(注)
         
△12,844
 
12,844
 
別途積立金の積立て(注)
           
1,020,000
△1,020,000
 
剰余金の配当(注)
             
△63,874
△63,874
 
△63,874
剰余金の配当
             
△63,873
△63,873
 
△63,873
役員賞与(注)
             
△19,800
△19,800
 
△19,800
当期純利益
             
682,058
682,058
 
682,058
自己株式の取得
                 
△158
△158
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
                     
事業年度中の変動額合計(千円)
△12,844
1,020,000
△472,645
534,510
△158
534,351
平成19年3月31日 残高(千円)
1,789,567
1,728,997
2
1,729,000
138,000
28,790
10,497,000
628,475
11,292,266
△136,186
14,674,647
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高(千円)
330,903
330,903
14,471,198
事業年度中の変動額
     
特別償却準備金の取崩し(注)
   
別途積立金の積立て(注)
   
剰余金の配当(注)
   
△63,874
剰余金の配当
   
△63,873
役員賞与(注)
   
△19,800
当期純利益
   
682,058
自己株式の取得
   
△158
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△61,705
△61,705
△61,705
事業年度中の変動額合計(千円)
△61,705
△61,705
472,645
平成19年3月31日 残高(千円)
269,197
269,197
14,943,844
(注) 平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本準備金
その他資本剰余金
資本剰余金合計
利益準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
自己株式処分差益
特別償却準備金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高(千円)
1,789,567
1,728,997
2
1,729,000
138,000
28,790
10,497,000
628,475
11,292,266
△136,186
14,674,647
事業年度中の変動額
                     
特別償却準備金の取崩し
         
△12,844
 
12,844
 
別途積立金の積立て
           
560,000
△560,000
 
剰余金の配当
             
△127,745
△127,745
 
△127,745
当期純利益
             
395,417
395,417
 
395,417
自己株式の取得
             
 
 
△323
△323
自己株式の処分
   
13
13
         
48
62
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
                     
事業年度中の変動額合計(千円)
13
13
△12,844
560,000
△279,483
267,671
△275
267,410
平成20年3月31日 残高(千円)
1,789,567
1,728,997
16
1,729,013
138,000
15,945
11,057,000
348,992
11,559,938
△136,462
14,942,057
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高(千円)
269,197
269,197
14,943,844
事業年度中の変動額
     
特別償却準備金の取崩し
   
別途積立金の積立て
   
剰余金の配当
   
△127,745
当期純利益
   
395,417
自己株式の取得
   
△323
自己株式の処分
   
62
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△132,854
△132,854
△132,854
事業年度中の変動額合計(千円)
△132,854
△132,854
134,555
平成20年3月31日 残高(千円)
136,342
136,342
15,078,399
 
④【キャッシュ・フロー計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ 営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税引前当期純利益
 
1,130,996
635,943
減価償却費
 
545,282
810,520
貸倒引当金の増加額又は減少額(△)
 
1,355
△599
退職給付引当金の増加額
 
11,624
1,809
役員退職慰労引当金の増加額
 
68
26,558
賞与引当金の増加額
 
21,964
11,810
受取利息及び受取配当金
 
△24,170
△19,625
支払利息
 
15,124
31,984
投資有価証券売却益
 
△76,067
投資有価証券評価損
 
20,076
為替差益
 
△15,966
為替差損
 
31,934
固定資産売却益
 
△583
固定資産処分損
 
3,030
462
売上債権の増加額(△)又は減少額
 
△396,885
605,334
たな卸資産の増加額
 
△678,211
△1,018,347
前渡金の増加額(△)又は減少額
 
△377,356
141,871
その他流動資産の増加額
 
△65,402
△20,913
保険積立金の増加額(△)又は減少額
 
3,265
△186
その他投資等の増加額(△)又は減少額
 
△21,246
9,796
仕入債務の減少額
 
△73,460
△24,281
未払消費税等の減少額
 
△3,238
その他流動負債の増加額
 
9,417
9,264
役員賞与の支払額
 
△19,800
小計
 
△10,259
1,253,415

 

   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
利息及び配当金の受取額
 
24,780
19,670
利息の支払額
 
△14,280
△30,706
法人税等の支払額
 
△558,237
△453,820
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
△557,997
788,558
Ⅱ 投資活動によるキャッシュ・フロー
     
定期預金の純減少額
 
622,730
14,833
有価証券の取得による支出
 
△100,328
△100,607
有価証券の売却による収入
 
100,279
100,328
有形固定資産の取得による支出
 
△905,725
△1,398,193
有形固定資産の売却による収入
 
1,550
無形固定資産の取得による支出
 
△9,432
△3,650
投資有価証券の取得による支出
 
△24,580
△3,664
投資有価証券の売却による収入
 
86,616
貸付金の回収による収入
 
3,600
その他
 
1,462
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△225,290
△1,389,492
Ⅲ 財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の純増加額
 
400,000
長期借入金の借入による収入
 
630,000
100,000
長期借入金の返済による支出
 
△74,253
△165,896
自己株式の純増加額
 
△158
△261
配当金の支払額
 
△127,429
△127,567
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
428,159
206,274

 

   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅳ 現金及び現金同等物に係る換算差額
 
15,966
△31,934
Ⅴ 現金及び現金同等物の減少額
 
△339,161
△426,594
Ⅵ 現金及び現金同等物の期首残高
 
2,781,645
2,442,484
Ⅶ 現金及び現金同等物の期末残高
2,442,484
2,015,890
       
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(1)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2.たな卸資産の評価基準及び評価方法
商品・製品・原材料及び仕掛品
月次総平均法による原価法
商品・製品・原材料及び仕掛品
同左
 
貯蔵品
最終仕入原価法による原価法
貯蔵品
同左
3.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
(1)デリバティブ
 時価法
──────
 
4.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法によっております。
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(附属設備を除く)については、定額法を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
(1)有形固定資産
同左
 
建物
31年、38年
機械及び装置
7〜9年
 
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づいております。
(2)無形固定資産
同左
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率による計算額を、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
 従業員に支給する賞与に充てるため、支給見込額に基づき計上しております。
(2)賞与引当金
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(3)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、計上しております。
 数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定率法により、それぞれ発生の翌事業年度から損益処理することとしております。
 また、過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により損益処理しております。
(3)退職給付引当金
同左
 
(4)役員退職慰労引当金
 役員退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(4)役員退職慰労引当金
同左
6.キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
 消費税等の会計処理は税抜方式によっております。
消費税等の会計処理
同左
会計処理の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これによる損益に与える影響はありません。
 なお、これまでの資本の部の合計に相当する金額は14,943,844千円であります。
 当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
──────
(役員賞与に関する会計基準)
 当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ17,600千円減少しております。
──────
 
──────
 
 
 
 
 
(有形固定資産の減価償却の方法)
 法人税法の改正に伴い、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産については、改正後の法人税法に基づく方法に変更しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ51,893千円減少しております。
 
追加情報
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
──────
 
(有形固定資産の減価償却の方法)
 法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に達した事業年度の翌事業年度より取得価額の5%と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。
 
 
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ76,150千円減少しております。
 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1.担保に提供している資産及びこれに対応する債務は次のとおりであります。
(イ)担保提供資産
※1.担保に提供している資産及びこれに対応する債務は次のとおりであります。
(イ)担保提供資産
建物
153,989千円
構築物
174,272千円
機械及び装置
306,681千円
土地
929,653千円
1,564,597千円
建物
140,728千円
構築物
149,971千円
機械及び装置
240,420千円
土地
929,653千円
1,460,774千円
(ロ)上記のうち工場財団設定分
(ロ)上記のうち工場財団設定分
建物
153,989千円
構築物
174,272千円
機械及び装置
306,681千円
土地
929,653千円
1,564,597千円
建物
140,728千円
構築物
149,971千円
機械及び装置
240,420千円
土地
929,653千円
1,460,774千円
(ハ)上記の担保提供資産に対応する債務
(ハ)上記の担保提供資産に対応する債務
1年以内返済予定の長期借入金
119,196千円
長期借入金
470,871千円
1年以内返済予定の長期借入金
119,196千円
長期借入金
351,675千円
このうちの工場財団抵当による対応債務の内訳
このうちの工場財団抵当による対応債務の内訳
1年以内返済予定の長期借入金
119,196千円
長期借入金
470,871千円
1年以内返済予定の長期借入金
119,196千円
長期借入金
351,675千円
※2.期末日満期手形
 期末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。なお、当期末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形が期末残高に含まれております。
受取手形
114,628千円
※2.       ──────
 
 
       
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.製品他勘定払出高の内訳
※1.製品他勘定払出高の内訳
販売費及び一般管理費
7,091千円
販売費及び一般管理費
6,588千円
※2.商品他勘定払出高の内訳
※2.商品他勘定払出高の内訳
販売費及び一般管理費
8,142千円
販売費及び一般管理費
6,012千円
※3.販売費及び一般管理費
 販売費に属する費用のおおよその割合は44%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は56%であります。主要な費目及び金額は次のとおりであります。
※3.販売費及び一般管理費
 販売費に属する費用のおおよその割合は42%であり、一般管理費に属する費用のおおよその割合は58%であります。主要な費目及び金額は次のとおりであります。
荷造運賃
478,256千円
役員報酬
104,583千円
従業員給与手当
333,904千円
賞与
92,693千円
賞与引当金繰入額
36,887千円
退職給付費用
18,527千円
役員退職慰労引当金繰入額
25,868千円
法定福利厚生費
69,745千円
研究開発費
353,126千円
減価償却費
176,332千円
貸倒引当金繰入額
1,355千円
荷造運賃
470,209千円
役員報酬
119,070千円
従業員給与手当
308,013千円
賞与
82,874千円
賞与引当金繰入額
40,318千円
退職給付費用
14,777千円
役員退職慰労引当金繰入額
26,558千円
法定福利厚生費
67,430千円
研究開発費
324,409千円
減価償却費
270,000千円
   
※4.研究開発費の総額
一般管理費及び当期総製造費用に含まれる研究開発費               356,787千円
※4.研究開発費の総額
一般管理費及び当期総製造費用に含まれる研究開発費                326,579千円
※5.固定資産売却益は車両運搬具583千円であります。
※5.       ──────
※6.固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
固定資産除却損
※6.固定資産処分損の内容は次のとおりであります。
固定資産除却損
機械及び装置
535千円
車両運搬具
85千円
工具器具備品
2,283千円
2,904千円
固定資産売却損
車両運搬具
126千円
機械及び装置
359千円
車両運搬具
68千円
工具器具備品
34千円
462千円
 
 
 
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式
数(株)
当事業年度増加株
式数(株)
当事業年度減少株
式数(株)
当事業年度末株式
数(株)
発行済株式
       
普通株式
10,839,663
10,839,663
合計
10,839,663
10,839,663
自己株式
       
普通株式
193,938
164
194,102
合計
193,938
164
194,102
(注)普通株式の自己株式の増加164株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年6月20日
定時株主総会
普通株式
63,874
6.00
平成18年3月31日
平成18年6月20日
平成18年10月27日
取締役会
普通株式
63,873
6.00
平成18年9月30日
平成18年12月1日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月19日
定時株主総会
普通株式
63,873
利益剰余金
6.00
平成19年3月31日
平成19年6月20日
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式
数(株)
当事業年度増加株
式数(株)
当事業年度減少株
式数(株)
当事業年度末株式
数(株)
発行済株式
       
普通株式
10,839,663
10,839,663
合計
10,839,663
10,839,663
自己株式
       
普通株式
194,102
409
64
194,447
合計
194,102
409
64
194,447
(注)1.普通株式の自己株式の増加409株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
2.普通株式の自己株式の減少64株は、単元未満株式の買増請求による売渡しによる減少であります。
2.配当に関する事項
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年6月19日
定時株主総会
普通株式
63,873
6.00
平成19年3月31日
平成19年6月20日
平成19年10月29日
取締役会
普通株式
63,872
6.00
平成19年9月30日
平成19年11月30日
(2)基準日が当期に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌期となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年6月19日
定時株主総会
普通株式
63,871
利益剰余金
6.00
平成20年3月31日
平成20年6月20日
(キャッシュ・フロー計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(1)現金及び現金同等物の期末残高と貸借対照表に掲記されている科目の金額との関係
(平成19年3月31日現在)
(平成20年3月31日現在)
現金及び預金勘定
2,132,665千円
有価証券勘定
662,105千円
2,794,771千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△251,958千円
株式、債券及びリスクを伴う投資信託
△100,328千円
現金及び現金同等物
2,442,484千円
現金及び預金勘定
2,009,340千円
有価証券勘定
344,283千円
2,353,623千円
預入期間が3ヶ月を超える定期預金
△237,125千円
株式、債券及びリスクを伴う投資信託
△100,607千円
現金及び現金同等物
2,015,890千円
(有価証券関係)
前事業年度(平成19年3月31日現在)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
取得原価(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
386,108
842,737
456,628
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
19,588
21,030
1,441
小計
405,697
863,767
458,069
貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
32,004
25,608
△6,396
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
32,004
25,608
△6,396
合計
437,702
889,375
451,673
 (注) 取得原価は減損処理後の帳簿価額であり、当事業年度においては該当する銘柄が無いため、減損処理は行っておりません。
なお、減損処理にあたっては、事業年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行い、30〜50%程度下落した場合には定量的な回復可能性の判断を行い、必要と認められた額について減損処理を行っております。
2.当事業年度中に売却したその他有価証券(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
売却額(千円)
売却益の合計額(千円)
売却損の合計額(千円)
78,067
76,067
3.時価評価されない主な有価証券の内容
 
貸借対照表計上額(千円)
(1)その他有価証券
 
非上場株式
6,972
割引金融債
100,328
フリーファイナンシャルファンド
319,080
マネーマネジメントファンド
242,696
投資事業組合出資金
2,539
4.その他有価証券のうち満期があるものの今後の償還予定額
 
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超(千円)
1.債券
       
(ア)国債・地方債等
(イ)社債
(ウ)その他
100,328
2.その他
       
投資信託
561,777
合計
662,105
当事業年度(平成20年3月31日現在)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
取得原価(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
243,908
497,246
253,337
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
小計
243,908
497,246
253,337
貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
157,632
137,387
△20,245
(2)債券
     
① 国債・地方債等
② 社債
③ その他
(3)その他
19,748
15,418
△4,330
小計
177,381
152,805
△24,575
合計
421,290
650,052
228,762
 (注) 当事業年度において、投資有価証券について20,076千円(その他有価証券で時価のある株式)の減損処理を行っております。
なお、減損処理にあたっては、事業年度末における時価が取得原価に比べ50%以上下落した場合には全て減損処理を行い、30〜50%程度下落した場合には定量的な回復可能性の判断を行い、必要と認められた額について減損処理を行っております。
2.時価評価されない主な有価証券の内容
 
貸借対照表計上額(千円)
(1)その他有価証券
 
非上場株式
6,972
割引金融債
100,607
マネーマネジメントファンド
243,675
投資事業組合出資金
1,076
3.その他有価証券のうち満期があるものの今後の償還予定額
 
1年以内(千円)
1年超5年以内
(千円)
5年超10年以内
(千円)
10年超(千円)
1.債券
       
(ア)国債・地方債等
(イ)社債
(ウ)その他
100,607
2.その他
       
投資信託
243,675
15,418
合計
344,283
15,418
(デリバティブ取引関係)
1.取引の状況に関する事項
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(1)取引の内容
 当社の利用しているデリバティブ取引は、為替予約取引であります。
──────
 
(2)取引に対する取組方針
 当社のデリバティブ取引は、将来の為替の変動によるリスク回避を目的としており、投機的な取引は行わない方針であります。
 
 
(3)取引の利用目的
 当社のデリバティブ取引は、外貨建金銭債権債務の為替変動リスクを回避し、安定的な利益の確保をはかる目的で利用しております。
 
 
(4)取引に係るリスクの内容
 為替予約取引は為替相場の変動によるリスクを有しております。
 なお、取引相手先は高格付を有する金融機関に限定しているため、信用リスクはほとんどないものと認識しております。
 
 
(5)取引に係るリスク管理体制
 デリバティブ取引の執行・管理については、取引権限及び取引限度額等を定めた社内ルールに従い、資金担当部門が決裁担当者の承認を得て行っております。
 
 
(6)取引の時価等に関する事項についての補足説明
 取引の時価等に関する事項についての契約額等は、あくまでもデリバティブ取引における名目的な契約額、または計算上の想定元本であり、当該金額自体がデリバティブ取引のリスクの大きさを示すものではありません。
 
 
2.取引の時価等に関する事項
 前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
期末残高がないため、該当事項はありません。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
該当事項はありません。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度
 当社は、確定給付型の制度として、確定給付企業年金法による規約型企業年金制度及び退職一時金制度を設けております。また、従業員の退職等に際して割増退職金を支払う場合があります。さらに当社は中小企業退職金共済事業団に加入し、退職一時金制度の退職給付債務の一助としております。
2.退職給付債務及びその内訳
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
(1)退職給付債務(千円)
△1,467,941
△1,512,630
(2)年金資産(千円)
1,391,319
1,402,032
(3)未積立退職給付債務(千円)(1)+(2)
△76,621
△110,597
(4)未認識数理計算上の差異(千円)
49,933
41,553
(5)未認識過去勤務債務(債務の減額)(千円)
△162,180
△121,635
(6)貸借対照表計上額純額(千円)
(3)+(4)+(5)
△188,869
△190,678
3.退職給付費用の内訳
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
退職給付費用
   
(1)勤務費用(千円)
77,478
76,842
(2)利息費用(千円)
28,432
29,358
(3)期待運用収益(減算)(千円)
△15,854
△16,257
(4)未認識過去勤務債務の処理額(千円)
△40,545
△40,545
(5)数理計算上の差異の処理額(千円)
18,309
10,286
(6)退職給付費用(千円)
(1)+(2)+(3)+(4)+(5)
67,820
59,684
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
(1)割引率(%)
2.0
2.0
(2)期待運用収益率(%)
1.2
1.2
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
期間定額基準
(4)数理計算上の差異の処理年数(年)
10
10
(5)過去勤務債務の処理年数(年)
5
5
(ストック・オプション等関係)
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 該当事項はありません。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産〈流動〉
繰延税金資産〈流動〉
未払事業税
18,858千円
未払社会保険料
6,592千円
賞与引当金
59,880千円
貸倒引当金
480千円
未払不動産取得税
1,754千円
 
87,566千円
未払事業税
5,118千円
未払社会保険料
6,765千円
賞与引当金
64,478千円
貸倒引当金
557千円
 
76,920千円
繰延税金資産〈流動〉の純額
87,566千円
繰延税金資産〈流動〉の純額
76,920千円
繰延税金資産〈固定〉
繰延税金資産〈固定〉
退職給付引当金
76,303千円
役員退職慰労引当金
89,468千円
会員権評価損
6,464千円
有価証券評価損
6,037千円
 
178,273千円
退職給付引当金
77,034千円
役員退職慰労引当金
100,198千円
会員権評価損
6,464千円
有価証券評価損
13,382千円
 
197,078千円
繰延税金負債〈固定〉
 
特別償却準備金
△10,809千円
有価証券評価差額
△185,060千円
 
△195,869千円
繰延税金負債〈固定〉の純額
△17,595千円
繰延税金負債〈固定〉
 
特別償却準備金
△3,873千円
有価証券評価差額
△102,348千円
 
△106,221千円
繰延税金資産〈固定〉の純額
90,856千円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が、法定実効税率の5/100以下であるため、注記を省略しております。
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
(%)
法定実効税率
40.4
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.7 
受取配当金等永久に益金に算入されない
項目
△0.3 
住民税均等割
1.2 
試験研究に係る法人税の特別控除額
△5.8 
法人税の留保金課税
1.0 
その他
0.6 
税効果会計適用後の法人税等の負担率
37.8
 
 
(持分法損益等)
 持分法を適用した場合の投資損益につきましては、前期及び当期は関連会社がありませんので記載しておりません。
【関連当事者との取引】
前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
 該当事項はありません。
当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
 該当事項はありません。
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,403.76円
1株当たり当期純利益
64.07円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
−円
1株当たり純資産額
1,416.45円
1株当たり当期純利益
37.14円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
−円
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
同左
 (注)1.1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
   
当期純利益(千円)
682,058
395,417
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
682,058
395,417
期中平均株式数(株)
10,645,621
10,645,402
    2.1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度末
(平成19年3月31日)
当事業年度末
(平成20年3月31日)
純資産の部の合計額(千円)
14,943,844
15,078,399
純資産の部の合計額から控除する金額
(千円)
普通株式に係る期末純資産額(千円)
14,943,844
15,078,399
1株当たり純資産額の算定に用いられた期末普通株式の数(株)
10,645,561
10,645,216
(重要な後発事象)
該当事項はありません。
⑤【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
株式会社寺岡製作所
203,922
123,984
東海旅客鉄道株式会社
100
103,000
株式会社中国銀行
50,041
71,508
綜研化学株式会社
20,000
45,800
株式会社オリバー
29,000
44,950
日本精化株式会社
76,000
43,472
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
33,480
28,792
横浜ゴム株式会社
58,650
27,976
株式会社広島銀行
40,000
19,240
朝日印刷株式会社
16,000
17,600
株式会社コーコス信岡
19,100
15,585
株式会社JSP
17,400
15,225
リョービ株式会社
39,930
15,053
三井物産株式会社
6,000
12,120
DCMJapanホールディングス株式会社
24,000
11,928
その他(17銘柄)
157,957
45,370
791,581
641,607
【債券】
銘柄
券面総額(千円)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
その他有価証券
第861回割引商工債券
45,360
45,196
第866回割引商工債券
25,510
25,418
割引商工債券(9銘柄)
30,100
29,992
100,970
100,607
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(千口)
貸借対照表計上額
(千円)
有価証券
その他有価証券
(証券投資信託受益証券)
 
 
マネーマネジメントファンド(4銘柄)
243,675
243,675
小計
243,675
243,675
投資有価証券
その他有価証券
中国・四国インデックスファンド
2
15,418
投資事業組合出資金
0
1,076
小計
2
16,494
243,677
260,170
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
             
建物
2,663,649
22,210
2,685,859
1,577,862
73,223
1,107,997
構築物
2,197,059
360,159
2,557,219
1,660,909
145,208
896,309
機械及び装置
9,025,542
1,305,177
7,312
10,323,408
8,443,421
468,767
1,879,987
車両運搬具
68,991
3,207
1,500
70,698
55,196
8,746
15,502
工具器具備品
998,224
51,291
760
1,048,756
862,130
91,320
186,625
土地
3,751,699
3,751,699
3,751,699
建設仮勘定
551,256
1,101,021
1,649,711
2,567
2,567
有形固定資産計
19,256,425
2,843,067
1,659,283
20,440,209
12,599,520
787,267
7,840,688
無形固定資産
             
工業用水道施設利用権
2,777
2,777
2,404
67
373
電話加入権
1,700
1,700
1,700
ソフトウェア
156,505
3,650
74,875
85,280
75,460
15,895
9,819
下水道施設分担金
19,661
19,661
2,688
1,297
16,973
無形固定資産計
180,645
3,650
74,875
109,420
80,553
17,260
28,867
長期前払費用
65,214
5,101
14,964
55,351
46,121
5,992
9,230
繰延資産
 (注) 当期増加額のうち主なものは次のとおりであります。
構築物(千円)
福山工場
356,598
機械及び装置(千円)
福山工場
1,210,123
建設仮勘定(千円)
福山工場
1,030,753
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
短期借入金
2,000,000
2,400,000
1.1
1年以内返済予定の長期借入金
155,896
149,196
1.5
1年以内返済予定のリース債務
長期借入金(1年以内返済予定のものを除く。)
483,371
424,175
1.5
平成24年
リース債務(1年以内返済予定のものを除く。)
− 
その他有利子負債
2,639,267
2,973,371
 (注)1.平均利率は当期末残高にかかる加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内返済予定のものを除く。)の決算日後5年内の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内(千円)
2年超3年以内(千円)
3年超4年以内(千円)
4年超5年以内(千円)
長期借入金
141,696
139,196
133,283
10,000
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
17,588
3,173
3,772
16,989
賞与引当金
164,537
176,347
164,537
176,347
役員退職慰労引当金
221,456
26,558
248,015
 (注) 貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、一般債権の貸倒実績率による洗替処理によるものであります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
1)資産の部
① 現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
2,248
預金の種類
 
当座預金
154,378
普通預金
773,007
定期預金
1,074,889
別段預金
4,816
小計
2,007,091
合計
2,009,340
② 受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
千代田洋紙株式会社
136,945
佐藤化学工業株式会社
69,778
横浜ゴム株式会社
48,824
株式会社大和紙工業
36,286
オルガノ株式会社
28,221
その他
357,910
合計
677,968
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
185,971
5月
194,500
6月
158,355
7月
114,125
8月
25,015
9月以降
合計
677,968
③ 売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
日本エヌエスシー株式会社
377,760
アイカ工業株式会社
142,986
株式会社ニトムズ
95,633
高砂香料工業株式会社
87,258
日東電工株式会社
84,022
その他
1,702,213
合計
2,489,874
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
2,874,215
11,653,557
12,037,897
2,489,874
82.9
84
 (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
④ 商品
区分
金額(千円)
水処理装置
85,577
その他
839
合計
86,416
⑤ 製品
区分
金額(千円)
粘着・接着用樹脂
936,462
ホットメルト接着剤
260,296
化成品
249,163
ラミネート品
108,480
合計
1,554,402
⑥ 原材料
区分
金額(千円)
テルペン類
3,087,124
有機薬品
206,174
ホットメルト原料
84,657
ラミネート用フィルム
26,852
無機薬品
5,115
合計
3,409,925
⑦ 仕掛品
区分
金額(千円)
テルペン類
503,087
ホットメルト接着剤
25,352
ラミネート品
20,933
合計
549,373
⑧ 貯蔵品
区分
金額(千円)
劣化触媒資産
66,920
その他
30,805
合計
97,725
2)負債の部
① 買掛金
相手先
金額(千円)
株式会社明成商会
123,242
フタムラ化学株式会社
61,613
蝶理株式会社
59,308
株式会社高橋栄商店
53,274
荒川化学工業株式会社
42,984
その他
478,999
合計
819,423
② 短期借入金
相手先
金額(千円)
株式会社中国銀行
1,000,000
株式会社三菱東京UFJ銀行
1,000,000
商工組合中央金庫
200,000
株式会社広島銀行
200,000
合計
2,400,000
③ 1年以内返済予定の長期借入金
相手先
金額(千円)
株式会社中国銀行
79,200
株式会社三菱東京UFJ銀行
39,996
日本生命保険相互会社
20,000
明治安田生命保険相互会社
10,000
合計
149,196
④ 長期借入金
相手先
金額(千円)
株式会社中国銀行
235,000
株式会社三菱東京UFJ銀行
116,675
日本生命保険相互会社
70,000
明治安田生命保険相互会社
2,500
合計
424,175
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: ヤスハラケミカル株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書