有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
最近2連結会計年度の事業の種類別セグメント情報は次のとおりであります。
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
 
薬品関連資材事業(千円)
装置事業
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
6,886,742
1,659,678
8,546,421
8,546,421
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
16,700
16,700
(16,700)
6,886,742
1,676,378
8,563,121
(16,700)
8,546,421
営業費用
5,345,552
1,573,750
6,919,303
546,485
7,465,788
営業利益
1,541,190
102,628
1,643,818
(563,185)
1,080,632
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
 
 
 
 
 
資産
5,165,157
850,605
6,015,763
3,041,647
9,057,410
減価償却費
191,558
4,307
195,865
25,034
220,899
資本的支出
131,881
3,250
135,131
39,192
174,324
 (注)1.事業区分は、製品の系列及び性質等から総合的に区分しております。
2.各区分に属する主要な製品
(1)薬品関連資材事業………自動車部品用樹脂めっき薬品、プリント配線板用めっき薬品、半導体用めっき薬品、工業用化学品、非鉄金属
(2)装置事業…………………自動車部品用樹脂めっき装置、プリント配線板用めっき装置
3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は561,410千円であり、その主なものは経営企画室、総務部、経理部等の管理部門の費用であります。
4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は3,041,647千円であり、その主なものは現金及び預金、投資有価証券、管理部門に係る資産であります。
5.減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用と同費用に係る償却費が含まれております。
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
薬品関連資材事業(千円)
装置事業
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
7,716,978
1,960,512
9,677,490
9,677,490
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
14,830
14,830
(14,830)
7,716,978
1,975,342
9,692,320
(14,830)
9,677,490
営業費用
6,028,848
2,037,543
8,066,392
587,399
8,653,792
営業利益又は営業損失(△)
1,688,129
△62,201
1,625,928
(602,230)
1,023,698
Ⅱ.資産、減価償却費及び資本的支出
 
 
 
 
 
資産
6,791,847
1,053,874
7,845,721
1,672,761
9,518,483
減価償却費
204,514
9,916
214,431
22,717
237,148
資本的支出
1,369,110
78,467
1,447,577
6,401
1,453,978
 (注)1.事業区分は、製品の系列及び性質等から総合的に区分しております。
2.各区分に属する主要な製品
(1)薬品関連資材事業………自動車部品用樹脂めっき薬品、プリント配線板用めっき薬品、半導体用めっき薬品、工業用化学品、非鉄金属
(2)装置事業…………………自動車部品用樹脂めっき装置、プリント配線板用めっき装置
3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は595,544千円であり、その主なものは経営企画室、総務部、経理部等の管理部門の費用であります。
4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は1,687,588千円であり、その主なものは現金及び預金、投資有価証券、管理部門に係る資産であります。
5.減価償却費及び資本的支出には、長期前払費用と同費用に係る償却費が含まれております。
【所在地別セグメント情報】
  前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
 
日本
 (千円)
アジア
(千円)
 (千円)
消去又は全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
7,423,661
1,122,759
8,546,421
8,546,421
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
183,802
183,802
(183,802)
7,607,464
1,122,759
8,730,224
(183,802)
8,546,421
営業費用
6,151,595
906,274
7,057,870
407,918
7,465,788
営業利益
1,455,868
216,484
1,672,353
(591,721)
1,080,632
Ⅱ.資産
4,990,526
1,338,864
6,329,391
2,728,019
9,057,410
 (注)1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
 2.日本以外の区分に属する主な国又は地域
アジア……………韓国、台湾、中国
3.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は561,410千円であり、その主なものは経営企画室、総務部、経理部等の管理部門の費用であります。
4.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は3,041,647千円であり、その主なものは現金及び預金、投資有価証券、管理部門に係る資産であります。
  当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
日本
 (千円)
アジア
(千円)
 その他
(千円)
 (千円)
消去又は全社
(千円)
連結
(千円)
Ⅰ.売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
7,395,486
2,282,004
9,677,490
9,677,490
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
328,292
328,292
(328,292)
7,723,779
2,282,004
10,005,783
(328,292)
9,677,490
営業費用
6,380,639
1,999,215
8,379,854
273,937
8,653,792
営業利益
1,343,139
282,788
1,625,928
(602,230)
1,023,698
Ⅱ.資産
5,732,598
2,440,864
135,806
8,309,269
1,209,213
9,518,483
 (注)1.国又は地域の区分は、地理的近接度によっております。
 2.日本以外の区分に属する主な国又は地域
アジア……………韓国、台湾、中国、タイ
その他の地域……メキシコ
3.当連結会計年度において、メキシコに新たに連結子会社を取得したため、所在地別セグメントに「その他」の区分を追加しております。
4.営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は595,544千円であり、その主なものは経営企画室、総務部、経理部等の管理部門の費用であります。
5.資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は1,687,588千円であり、その主なものは現金及び預金、投資有価証券、管理部門に係る資産であります。
【海外売上高】
最近2連結会計年度の海外売上高は、次のとおりであります。
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)
 
アジア
その他
Ⅰ 海外売上高(千円)
2,177,954
7,588
2,185,543
Ⅱ 連結売上高(千円)
8,546,421
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
25.5
0.1
25.6
 (注)1.国又は地域は、地理的近接度により区分しております。
2.各区分に属する国又は地域の内訳は次のとおりであります。
(1)アジア……………韓国、台湾、中国、タイ、シンガポール等
(2)その他の地域……アメリカ、メキシコ
3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
アジア
その他
Ⅰ 海外売上高(千円)
2,537,930
24,064
2,561,994
Ⅱ 連結売上高(千円)
9,677,490
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
26.2
0.3
26.5
 (注)1.国又は地域は、地理的近接度により区分しております。
2.各区分に属する国又は地域の内訳は次のとおりであります。
(1)アジア……………韓国、台湾、中国、タイ、シンガポール等
(2)その他の地域……アメリカ、メキシコ
3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。




出典: 株式会社JCU、2007-03-31 期 有価証券報告書