有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
902,151
 
 
1,479,037
 
2.受取手形
※1
 
1,074,744
 
 
1,180,079
 
3.売掛金
※2
 
2,047,528
 
 
2,153,374
 
4.商品
 
 
22,089
 
 
12,954
 
5.製品
 
 
318,021
 
 
224,666
 
6.原材料
 
 
239,105
 
 
224,461
 
7.仕掛品
 
 
273,095
 
 
189,777
 
8.貯蔵品
 
 
5,900
 
 
4,177
 
9.前渡金 
 
 
 
 
1,177
 
10.前払費用
 
 
34,118
 
 
38,244
 
11.繰延税金資産
 
 
199,984
 
 
119,621
 
12.その他
 
 
34,635
 
 
35,773
 
貸倒引当金
 
 
△7,209
 
 
△12,360
 
流動資産合計
 
 
5,144,165
54.9
 
5,650,985
53.2
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.有形固定資産
※3
 
 
 
 
 
 
(1)建物
 
2,018,802
 
 
2,129,092
 
 
減価償却累計額
 
396,555
1,622,247
 
461,405
1,667,687
 
(2)構築物
 
100,924
 
 
100,924
 
 
減価償却累計額
 
46,336
54,588
 
53,739
47,184
 
(3)機械装置
 
975,967
 
 
978,481
 
 
減価償却累計額
 
750,036
225,931
 
809,939
168,541
 
(4)車両運搬具
 
61,431
 
 
49,080
 
 
減価償却累計額
 
50,643
10,787
 
46,128
2,951
 
(5)工具器具備品
 
811,291
 
 
851,313
 
 
減価償却累計額
 
607,228
204,062
 
634,307
217,005
 
(6)土地
 
 
672,824
 
 
672,824
 
(7) リース資産 
 
 
 
175,337
 
 
    減価償却累計額
 
 
4,383
170,953
 
(8) 建設仮勘定    
 
 
5,658
 
 
 
有形固定資産合計
 
 
 
2,796,100
29.9
 
 
2,947,148
27.7

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
2.無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) ソフトウエア
 
 
5,847
 
 
5,220
 
無形固定資産合計
 
 
5,847
0.1
 
5,220
0.1
3.投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
 
 
329,949
 
 
701,641
 
(2) 関係会社株式 
 
 
602,404
 
 
671,285
 
(3)出資金
 
 
1,200
 
 
1,200
 
(4)関係会社出資金
 
 
104,222
 
 
251,965
 
(5) 破産更生債権等
 
 
19,492
 
 
24,356
 
(6)長期前払費用
 
 
124,441
 
 
117,205
 
(7)繰延税金資産
 
 
 
 
76,916
 
(8)差入敷金・保証金
 
 
256,570
 
 
199,910
 
    貸倒引当金
 
 
△19,492
 
 
△24,356
 
投資その他の資産合計
 
 
1,418,787
15.1
 
2,020,124
19.0
固定資産合計
 
 
4,220,735
45.1
 
4,972,493
46.8
資産合計
 
 
9,364,900
100.0
 
10,623,478
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.支払手形
※1
 
1,216,878
 
 
331,028
 
2.買掛金
 
 
732,667
 
 
1,578,102
 
3.短期借入金
 
 
140,000
 
 
165,000
 
4.一年内返済予定長期借入金
 
 
300,000
 
 
648,000
 
5.リース債務 
 
 
 
 
5,570
 
6.未払金
 
 
334,704
 
 
238,168
 
7.未払費用
 
 
67,187
 
 
45,472
 
8.未払法人税等
 
 
187,800
 
 
6,700
 
9.前受金
 
 
117,475
 
 
301,882
 
10.預り金
 
 
11,198
 
 
14,354
 
11.賞与引当金
 
 
233,520
 
 
210,153
 
12. その他
 
 
 
 
1,300
 
流動負債合計
 
 
3,341,433
35.7
 
3,545,731
33.4

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.長期借入金
 
 
300,000
 
 
1,147,000
 
2.リース債務 
 
 
 
 
183,830
 
3.繰延税金負債 
 
 
9,334
 
 
 
4.退職給付引当金
 
 
411,156
 
 
439,042
 
5.長期未払金
 
 
109,383
 
 
101,782
 
固定負債合計
 
 
829,874
8.8
 
1,871,655
17.6
負債合計
 
 
4,171,307
44.5
 
5,417,387
51.0
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
900,812
9.6
 
910,562
8.6
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
853,461
 
 
863,211
 
 
資本剰余金合計 
 
 
853,461
9.1
 
863,211
8.1
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
50,000
 
 
50,000
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
圧縮積立金 
 
347,279
 
 
332,999
 
 
別途積立金
 
2,000,000
 
 
2,500,000
 
 
繰越利益剰余金
 
1,049,197
 
 
653,247
 
 
利益剰余金合計 
 
 
3,446,476
36.8
 
3,536,247
33.3
4.自己株式
 
 
△592
△0.0
 
△592
△0.0
株主資本合計 
 
 
5,200,158
55.5
 
5,309,429
50.0
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
△6,565
△0.0
 
△103,337
△1.0
評価・換算差額等合計 
 
 
△6,565
△0.0
 
△103,337
△1.0
純資産合計 
 
 
5,193,592
55.5
 
5,206,091
49.0
負債純資産合計 
 
 
9,364,900
100.0
 
10,623,478
100.0
               
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
 
 
 
 
 
1.製品売上高
 
8,353,079
 
 
8,576,263
 
 
2.商品売上高
 
1,115,458
9,468,537
100.0
1,131,910
9,708,173
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.期首製品及び商品たな卸高
 
278,810
 
 
340,110
 
 
2.当期製品製造原価
 
4,023,148
 
 
4,341,674
 
 
3.当期製品及び商品仕入高
 
1,195,485
 
 
1,161,276
 
 
4.支払ロイヤルティ
 
20,648
 
 
17,287
 
 
合計
 
5,518,092
 
 
5,860,348
 
 
5.他勘定振替高
※2
28,488
 
 
67,926
 
 
6.期末製品及び商品たな卸高
 
340,110
5,149,492
54.4
237,620
5,554,801
57.2
売上総利益
 
 
4,319,044
45.6
 
4,153,372
42.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※3
 
 
 
 
 
 
1.梱包運送費
 
294,740
 
 
241,477
 
 
2.貸倒引当金繰入額
 
21,307
 
 
16,340
 
 
3.給与手当
 
985,745
 
 
1,026,930
 
 
4.賞与
 
344,959
 
 
330,434
 
 
5.退職給付費用
 
88,387
 
 
86,870
 
 
6.役員退職慰労引当金繰入額
 
4,541
 
 
 
 
7.福利厚生費
 
208,300
 
 
237,412
 
 
8.旅費交通費
 
262,433
 
 
239,489
 
 
9.減価償却費
 
126,097
 
 
197,316
 
 
10.その他
 
940,299
3,276,812
34.6
1,105,255
3,481,525
35.9
営業利益
 
 
1,042,232
11.0
 
671,846
6.9

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
3,877
 
 
3,781
 
 
2.受取配当金 
※1 
 
 
10,133
 
 
3.受取損害保険金
 
1,516
 
 
241
 
 
4.その他
 
2,768
8,162
0.1
3,888
18,045
0.2
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
13,062
 
 
38,118
 
 
2.為替差損 
 
3,673
 
 
42,622
 
 
3.株式上場関連費用
 
17,821
 
 
 
 
4.合弁事業関連費用 
 
7,296
 
 
 
 
5.その他
 
1,358
43,212
0.5
1,092
81,833
0.8
経常利益
 
 
1,007,182
10.6
 
608,058
6.3
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却益
※4
823,253
 
 
2,684
 
 
2.受取和解金 
 
10,862
 
 
 
 
3.研究所移転関係費用戻入益
 
 
 
11,050
 
 
4.製品補償損失戻入益
 
834,115
8.8
2,699
16,434
0.1
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
  1.固定資産売却損
※5
108,213
 
 
3,856
 
 
2.固定資産除却損
※6
24,030
 
 
5,816
 
 
3.研究所移転関係費用 
 
107,787
 
 
 
 
4.製品補償損失 
 
56,962
 
 
 
 
5.投資有価証券評価損 
 
 
 
53,241
 
 
6.投資有価証券売却損 
 
296,992
3.1
1,656
64,571
0.7
税引前当期純利益
 
 
1,544,306
16.3
 
559,921
5.7
法人税、住民税及び事業税
 
462,714
 
 
233,285
 
 
法人税等調整額 
 
171,024
633,739
6.7
60,502
293,788
3.0
当期純利益
 
 
910,566
9.6
 
266,133
2.7
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
2,535,956
68.6
3,086,061
72.5
Ⅱ 労務費
 
356,366
9.7
364,119
8.5
Ⅲ 経費
※2
803,491
21.7
808,272
19.0
当期総製造費用
 
3,695,814
100.0
4,258,454
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
600,489
 
273,095
 
合計
 
4,296,303
 
4,531,549
 
他勘定振替高
※3
59
 
98
 
期末仕掛品たな卸高
 
273,095
 
189,777
 
当期製品製造原価
 
4,023,148
 
4,341,674
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 1.原価計算の方法
(1) 表面処理薬品の製造については総合原価計算による実際原価計算を採用しております。
 1.原価計算の方法
(1) 表面処理薬品の製造については総合原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。
(2) 表面処理装置の製造については個別原価計算による実際原価計算を採用しております。
(2) 表面処理装置の製造については個別原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。
なお、当事業年度において製品及び仕掛品に配賦された原価差額は、次のとおりであります。
 製品
138千円 
 仕掛品
   1,530千円
※2.経費の主な内訳
※2.経費の主な内訳
 減価償却費
       102,838千円
 外注加工費
       522,088千円
 減価償却費
       92,620千円
 外注加工費
       545,562千円
※3.他勘定振替高の内訳
※3.他勘定振替高の内訳
 販売費及び一般管理費
  59千円
 販売費及び一般管理費
    98千円
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日) 
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
 
利益
剰余金
合計
圧縮積立金
別途積立金
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
878,875
831,524
831,524
50,000
1,000,000
1,628,754
2,678,754
△592
4,388,561
事業年度中の変動額
                   
新株の発行
21,937
21,937
21,937
 
 
 
 
 
 
43,875
剰余金の配当 (注)1
 
 
 
 
 
 
△122,844
△122,844
 
△122,844
役員賞与 (注)2
 
 
 
 
 
 
△20,000
△20,000
 
△20,000
別途積立金の積立 (注)2
 
 
 
 
 
1,000,000
△1,000,000
 
圧縮積立金の積立 
 
 
 
 
347,279
 
△347,279
 
当期純利益
 
 
 
 
 
 
910,566
910,566
 
910,566
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
21,937
21,937
21,937
347,279
1,000,000
△579,556
767,722
811,597
平成19年3月31日 残高
(千円)
900,812
853,461
853,461
50,000
347,279
2,000,000
1,049,197
3,446,476
△592
5,200,158
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日 残高
(千円)
12,341
12,341
4,400,902
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
43,875
剰余金の配当 (注)1
 
 
△122,844
役員賞与 (注)2
 
 
△20,000
別途積立金の積立 (注)2
 
 
圧縮積立金の積立 
 
 
当期純利益
 
 
910,566
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△18,906
△18,906
△18,906
事業年度中の変動額合計
(千円)
△18,906
△18,906
792,690
平成19年3月31日 残高
(千円)
△6,565
△6,565
5,193,592
(注)1.平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目△75,213千円を含みます。
   2.平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日) 
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己
株式
株主資本
合計
資本
準備金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
 
利益
剰余金
合計
圧縮積立金
別途積立金
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
900,812
853,461
853,461
50,000
347,279
2,000,000
1,049,197
3,446,476
△592
5,200,158
事業年度中の変動額
                   
新株の発行
9,750
9,750
9,750
 
 
 
 
 
 
19,500
剰余金の配当 
 
 
 
 
 
 
△176,362
△176,362
 
△176,362
圧縮積立金の取崩し 
 
 
 
 
△14,279
 
14,279
 
別途積立金の積立て
 
 
 
 
 
500,000
△500,000
 
当期純利益
 
 
 
 
 
 
266,133
266,133
 
266,133
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
9,750
9,750
9,750
△14,279
500,000
△395,949
89,771
109,271
平成20年3月31日 残高
(千円)
910,562
863,211
863,211
50,000
332,999
2,500,000
653,247
3,536,247
△592
5,309,429
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券
評価差額金
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日 残高
(千円)
△6,565
△6,565
5,193,592
事業年度中の変動額
     
新株の発行
 
 
19,500
剰余金の配当 
 
 
△176,362
圧縮積立金の取崩し
 
 
別途積立金の積立て
 
 
当期純利益
 
 
266,133
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△96,772
△96,772
△96,772
事業年度中の変動額合計
(千円)
△96,772
△96,772
12,498
平成20年3月31日 残高
(千円)
△103,337
△103,337
5,206,091
 
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社及び関連会社株式
 移動平均法による原価法を採用しております。
(1)子会社及び関連会社株式
同左
 
(2)その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。
(2)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法を採用しております。
時価のないもの
同左
2.デリバティブ等の評価基準及び評価方法
 —————
 
 時価法を採用しております。
 
3.たな卸資産の評価基準及び評価方法
(1)薬品製品、薬品仕掛品、原材料
 月次総平均法による原価法を採用しております。
(1)商品
 主として個別法による原価法を採用しております。
 
(2)装置製品、装置仕掛品、商品
 個別法による原価法を採用しております。
(2)薬品製品、薬品仕掛品、原材料
 月次総平均法による原価法を採用しております。
 
(3)貯蔵品
 先入先出法による原価法を採用しております。
(3)装置製品、装置仕掛品
 個別法による原価法を採用しております。
 
 
 
(4)貯蔵品
 先入先出法による原価法を採用しております。
4.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
    定率法を採用しております。
    ただし、平成10年4月1日以降に取
  得した建物(建物付属設備を除く。) 
  については、定額法を採用しておりま
 す。
   なお、主な耐用年数は次のとおりで
 あります。
建物      3〜50年
構築物     7〜45年
機械装置    6〜7年
車両運搬具   4〜7年
工具器具備品  2〜20年
(1)有形固定資産
    定率法を採用しております。
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物付属設備を除く。)及びリース資産については、定額法を採用しております。
   なお、主な耐用年数は次のとおりで
 あります。
建物      3〜50年
構築物     7〜45年
機械装置    5〜7年
車両運搬具   4〜7年
工具器具備品  2〜20年
リース資産     20年
 (会計方針の変更)
  法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
  これにより営業利益、経常利益、税引前当期純利益は、それぞれ16,817千円減少しております。

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (追加情報)
  法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却に含めて計上しております。
 これにより営業利益、経常利益、税引前当期純利益は、それぞれ4,187千円減少しております。
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。
 自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
(2)無形固定資産
同左
 
 
(3)長期前払費用
 定額法を採用しております。
(3)長期前払費用
同左
4.繰延資産の処理方法
株式交付費 
  支出時に全額費用として処理しております。
同左
5.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
同左
6.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率に基づき、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
 従業員に対する賞与の支払に充てるため、支給見込額の当期負担額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、簡便法による退職給付債務額(期末自己都合退職要支給額)を計上しております。
(3)退職給付引当金
同左
7.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が、借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
8.ヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
  繰延ヘッジ処理を採用しております。また、為替変動リスクのヘッジについて振当処理の要件を満たしている場合には振当処理を採用しております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
   ヘッジ手段・・・為替予約
   ヘッジ対象・・・外貨建営業取引
           及び外貨建予定
           取引
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対象
   ヘッジ手段・・・同左
   ヘッジ対象・・・同左
           
        
 
 
(3)ヘッジ方針
  外貨建営業取引及び外貨建予定取引に係る為替変動リスクを回避する目的で為替予約を利用しております。
(3)ヘッジ方針
同左
 
(4)ヘッジの有効性評価の方法
  ヘッジ対象とヘッジ手段の相場変動の累計を比較し、その変動額の比率によって有効性を評価しております。ただし、為替予約取引は振当処理によっている場合、有効性の評価を省略しております。
(4)ヘッジの有効性評価の方法
同左
9.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
 税抜方式を採用しております。
同左
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は5,193,592千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
         ──────
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 ──────
 (損益計算書) 
  「受取配当金」は、前事業年度まで営業外収益の「その他」に含めて表示しておりましたが、営業外収益の総額の100分の10を超えたため区分掲記しました。
  なお、前事業年度における「受取配当金」の金額は390千円であります。
追加情報
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(役員退職慰労引当金)
  従来、役員の退職慰労金の支払に充てるため、内規に基づく期末要支給額を計上しておりましたが、役員報酬体系の見直しに伴い、平成18年6月29日の定時株主総会決議により、役員退職慰労金制度を廃止することを決定しました。この結果、役員退職慰労引当金は全額取崩して「長期未払金」に表示しております。
 なお、当事業年度末日において「長期未払金」に含まれる役員退職慰労金の未払額は76,788千円であります。
──────
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 事業年度末日満期手形の会計処理については、手
  形交換日をもって決済処理しております。
   なお、当事業年度末日が金融機関の休日であった
  ため、以下の事業年度末日満期手形が、事業年度末
  日残高に含まれております。
受取手形
支払手形
  164,104千円 80,937千円
※1               ——————
※2 関係会社項目
 関係会社に対する資産及び負債には、区分掲記されたもののほか次のものがあります。
※2 関係会社項目
 関係会社に対する資産及び負債には、区分掲記されたもののほか次のものがあります。
売掛金
     407,221千円
売掛金
    877,387千円
※3 過年度に取得した資産のうち、国庫補助金等による圧縮記帳額は以下のとおりであり、貸借対照表計上額は、この圧縮記帳額を控除しております。
※3 過年度に取得した資産のうち、国庫補助金等による圧縮記帳額は以下のとおりであり、貸借対照表計上額は、この圧縮記帳額を控除しております。
建物
159,379千円
構築物
38,244千円
機械装置
110,208千円
車両運搬具
1,501千円
工具器具備品
7,034千円
建物
    159,379千円
構築物
      38,244千円
機械装置
     109,878千円
車両運搬具
     1,501千円
工具器具備品
     7,034千円
 4         ——————
 4 偶発債務
  次の関係会社について、金融機関からの借入に対して債務保証を行っております。 
保証先
金額(千円)
内容
EBARA-UDYLITE 
AMERICA,S.A.DE C.V.
23,450
借入債務
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1               ——————
※1 関係会社との取引に係るものが次のとおり含まれております。
 
関係会社よりの受取配当金
2,865千円
※2 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
※2 他勘定振替高の内訳は次のとおりであります。
販売費及び一般管理費
      27,543千円
有形固定資産
     945千円
子会社設立による振替
     52,462千円
販売費及び一般管理費 
12,703千円
その他
2,760千円
計 
67,926千円
※3 研究開発費の総額
※3 研究開発費の総額
一般管理費に含まれる研究開発費
406,957千円
一般管理費に含まれる研究開発費
470,471千円
※4 固定資産売却益の内訳
※4 固定資産売却益の内訳
土地
   823,253千円
車両運搬具
       466千円
工具器具備品
 2,218千円
計 
2,684千円
※5 固定資産売却損の内訳
建物
 97,779千円
構築物
10,433千円
   108,213千円
※5 固定資産売却損の内訳
建物
      3,007千円
工具器具備品
      848千円
    3,856千円
※6 固定資産除却損の内訳
※6 固定資産除却損の内訳
機械装置
    22,830千円
車両運搬具
118千円
工具器具備品
 1,081千円
   24,030千円
建物
         310千円
機械装置 
322千円
車両運搬具
 229千円
工具器具備品
      4,953千円
       5,816千円
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式             (注)
50
50
100
合計
50
50
100
(注)普通株式の自己株式の株式数の増加50株は、平成18年4月1日付で実施した株式分割による増加であります。 
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式             
100
100
合計
100
100
 
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品
60,397
34,065
26,331
ソフトウェア
1,473
30
1,442
合計
61,870
34,096
27,774
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
工具器具備品
124,137
55,555
68,581
ソフトウェア
34,369
4,694
29,674
合計
158,507
60,250
98,256
2.未経過リース料期末残高相当額等
  未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額等
  未経過リース料期末残高相当額
1年内
      15,178千円
1年超
      13,103千円
合計
      28,281千円
1年内
            31,125千円
1年超
            68,261千円
合計
          99,387千円
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
支払リース料
      16,331千円
減価償却費相当額
      15,728千円
支払利息相当額
   591千円
支払リース料
          33,659千円
減価償却費相当額
          32,053千円
支払利息相当額
      2,228千円
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同左
5.利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
5.利息相当額の算定方法
同左
 (減損損失について)
    リース資産に配分された減損損失はありません。
 (減損損失について)
               同左
(有価証券関係)
 前事業年度(平成19年3月31日)及び当事業年度(平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
未払事業税否認
    21,604千円
賞与引当金否認
95,019
退職給付引当金否認
167,299
長期未払金否認
44,508
減価償却超過額
491
投資有価証券評価損否認
71,435
研究所移設費用未払金否認
28,399
その他有価証券評価差額金
4,504
その他
69,648
繰延税金資産小計
502,907
評価性引当額
△74,005
繰延税金資産合計
428,902
繰延税金負債
 
圧縮積立金
238,252
繰延税金負債合計
238,252
繰延税金資産の純額
190,649
繰延税金資産
 
未払事業税否認
2,726千円
賞与引当金否認
85,511
退職給付引当金否認
179,068
長期未払金否認
41,415
減価償却超過額
10,081
投資有価証券評価損否認
93,099
その他有価証券評価差額金
70,895
その他
71,490
 
 
繰延税金資産小計
554,288
評価性引当額
△129,293
繰延税金資産合計
424,994
繰延税金負債
 
圧縮積立金
228,456
繰延税金負債合計
228,456
繰延税金資産の純額
196,538
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の要因となった主要な項目別の内訳
  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の要因となった主要な項目別の内訳 
 
法定実効税率
  40.69%  
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
6.73
評価性引当額
9.88
試験研究費特別控除
△3.79
過年度法人税等
住民税均等割    
その他
△2.87
1.92
△0.09
税効果会計適用後の法人税等の負担率
52.47
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
        1,626.86円
1株当たり当期純利益金額
      288.17円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
       281.25円
1株当たり純資産額
         1,617.60円
1株当たり当期純利益金額
            82.95円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
            82.10円
 当社は、平成18年4月1日付で株式1株につき2株の株式分割を行っております。
 なお、当該株式分割が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度における1株当たり情報については、以下のとおりとなります。
 
1株当たり純資産額
       1,397.91円
1株当たり当期純利益金額
     194.39円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
     192.42円
 
(注)1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
 当期純利益(千円)
910,566
266,133
 普通株主に帰属しない金額(千円)
 普通株式に係る当期純利益(千円)
910,566
266,133
 期中平均株式数(千株)
3,159
3,208
 
 
 
潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 
 
 当期純利益調整額(千円)
 普通株式増加数(千株)
77
33
 (うち新株予約権)
(77) 
(33) 
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(重要な子会社の設立)
 平成19年5月25日開催の取締役会の決議に基づき、次のとおり韓国に子会社を設立しております。
1.設立の目的
 韓国における当社製品販売の増強
2.設立会社の概要
(1)会社名   EBARA-UDYLITE(KOREA)CO.,LTD.
(2)事業内容  表面処理薬品及び装置の製造販売
(3)設立年月日 平成19年6月21日
(4)資本金   10億ウォン(138,440千円)
(5)出資比率  当社 100%
 
(多額な資金の借入)
 平成19年5月25日開催の取締役会の決議に基づき、次のとおり資金の借入を実行しております。
1.使途    韓国における子会社設立
        有価証券の取得
        設備投資(主に研究開発設備)
2.借入先   みずほ銀行
        三菱東京UFJ銀行
        三井住友銀行
        横浜銀行
3.借入金額  1,200,000千円
4.借入条件  金  利:2.005%(固定)
        返済方法:毎月元本均等返済
5.実行日   2007年6月7日
6.返済期限  2012年5月31日
7.担保    無担保
(重要な子会社の増資)
 平成20年4月25日開催の取締役会において、次のとおり連結子会社の増資を決議しております。
1.増資の目的
  事業拡大に伴う資金需要の増加のため
2.増資の内容
(1)払込金額 100,000千円
(2)払込期日 平成20年7月(予定)
3.増資する連結子会社の概要
(1)会社名  荏原ユージライト(上海)貿易有限公司
(2)事業内容 表面処理薬品及び装置の販売
(3)資本金  293,518千円(増資後)
(4)出資比率 当社 100%
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
投資有価証券
その他有価証券
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
富士機工電子㈱
700,000
34,440
イビデン㈱
4,946
19,390
日本シイエムケイ㈱
1,100
1,107
㈱アルファ
14,500
14,717
日本高純度化学㈱
405
136,485
JESAGI HANKOOK CO.,LTD.
200,000
84,096
㈱コア
102,900
69,045
㈱石井表記 
41,500
105,825
日本パーカライジング㈱ 
89,000
118,192
日本化学産業㈱ 
158,000
118,342
小計
1,312,351
701,641
1,312,351
701,641
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高
(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
2,018,802
139,153
28,863
2,129,092
461,405
75,522
1,667,687
構築物
100,924
100,924
53,739
7,403
47,184
機械装置
975,967
8,783
6,270
978,481
809,939
65,850
168,541
車両運搬具
61,431
1,600
13,951
49,080
46,128
2,035
2,951
工具器具備品
811,291
160,592
120,570
851,313
634,307
118,803
217,005
土地
672,824
672,824
672,824
リース資産
175,337
175,337
4,383
4,383
170,953
建設仮勘定
5,658
101,682
107,341
有形固定資産計
4,646,900
587,149
276,995
4,957,052
2,009,903
273,998
2,947,148
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
13,569
1,253
282
14,540
9,320
1,702
5,220
無形固定資産計
13,569
1,253
282
14,540
9,320
1,702
5,220
長期前払費用
182,566
7,000
189,566
72,361
14,235
117,205
(注)1.工具器具備品の当期増加額のうち主なものは、研究開発用分析・試験機器類であります。
     2. 当期増減額のうち主なものは次のとおりです。
 資産の種類
 内容
 金額
建物 
増加額(千円)
総合研究所の附属設備の増設
123,425
減少額(千円) 
台北支店現地法人化に伴う売却
14,851
韓国支店現地法人化に伴う譲渡
3,029
車両運搬具
減少額(千円) 
台北支店現地法人化に伴う売却
4,503
韓国支店現地法人化に伴う譲渡
2,667
工具器具備品
増加額(千円) 
プラズマデスミア装置
12,722
研究開発用実験設備、分析機器の新設
72,843
総合研究所絵画購入 
13,350
会社案内ビデオ作成 
9,015
減少額(千円) 
台北支店現地法人化に伴う売却
13,992
韓国支店現地法人化に伴う譲渡
4,114
リース資産
増加額(千円) 
名古屋支店の新設
175,337
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
26,702
23,705
6,325
7,364
36,717
賞与引当金
233,520
210,153
233,520
210,153
(注)貸倒引当金の「当期減少額(その他)」は、破産更生債権の配当による戻入額及び一般債権の貸倒実績率に         よる洗替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
3,126
預金
 
普通預金
1,449,803
当座預金
3,150
外貨預金
19,735
別段預金
3,222
小計
1,475,910
合計
1,479,037
② 受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
富士機工電子㈱
132,300
㈱コタベ
91,365
プラメックス㈱
60,715
㈱板通
55,250
㈱ヤマトヤ商会
50,970
その他
789,477
合計
1,180,079
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
487,298
5月
154,776
6月
340,940
7月
190,195
8月 
6,397
9月
470
合計 
1,180,079
③ 売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
荏原ユージライト(上海)貿易有限公司
429,077
台湾荏原ユージライト股份有限公司
263,390
EBARA-UDYLITE(KOREA)CO.,LTD
124,008
日本特殊陶業㈱
119,713
神谷理研㈱
107,252
その他
1,109,932
合計
2,153,374
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
2,047,528
10,354,658
10,248,811
2,153,374
82.64
74.24
(注)当期発生高には消費税等が含まれております。
④ 商品
品目
金額(千円)
表面処理薬品関連資材
12,954
合計
12,954
⑤ 製品
品目
金額(千円)
表面処理薬品
208,888
めっき液分析管理装置
15,777
合計
224,666
⑥ 原材料
相手先
金額(千円)
工業用薬品
220,390
梱包用材料
4,070
合計
224,461
⑦ 仕掛品
品目
金額(千円)
表面処理薬品
15,392
表面処理装置
174,385
合計
189,777
⑧ 貯蔵品
品目
金額(千円)
表面処理装置部品
4,177
合計
4,177
⑨ 関係会社株式
相手先
金額(千円)
EBARA-UDYLITE(ASIA PACIFIC)CO.,LTD
324,250
EBARA-UDYLITE AMERICA, S.A.DE.C.V 
66,341
台湾荏原ユージライト股份有限公司   
211,813
EBARA-UDYLITE(KOREA)CO.,LTD  
56,400
PROGRESSIVE EU CHEMICALS PVT.LTD.
12,480
合計
671,285
    ⑩ 支払手形
    (イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
権田金属工業㈱
58,125
千代田サービス㈱
42,720
イワキ㈱
13,185
㈱尚電工業
11,445
トナミ運輸㈱
10,966
その他
194,585
合計
331,028
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
72,157
5月
28,825
6月
113,350
7月
67,324
8月
49,370
合計
331,028
⑪ 買掛金
相手先
金額(千円)
ファンタスティック・ファンディング・コーポレーション
1,026,614
㈱荏原電産
54,884
㈱スイレイ 
42,107
クニケミカル㈱
33,701
㈱日本サーモエナー
32,986
その他
387,807
合計
1,578,102
    ⑫ 一年内返済予定長期借入金
相手先
金額(千円)
みずほ銀行
332,000
三菱東京UFJ銀行
140,000
三井住友銀行
123,996
横浜銀行 
52,004
合計
648,000
   ⑬ 長期借入金
相手先
金額(千円)
みずほ銀行
638,000
三菱東京UFJ銀行
190,000
三井住友銀行
212,674
横浜銀行 
106,326
合計
1,147,000
(3)【その他】
  該当事項はありません。




出典: 株式会社JCU、2008-03-31 期 有価証券報告書