有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【製造原価明細書】

 

 

前事業年度

(自 平成21年4月1日

至 平成22年3月31日)

当事業年度

(自 平成22年4月1日

至 平成23年3月31日)

区分

注記

番号

金額(千円)

構成比

(%)

金額(千円)

構成比

(%)

Ⅰ 材料費

 

2,252,545

77.9

3,333,501

77.6

Ⅱ 労務費

 

343,184

11.9

415,143

9.7

Ⅲ 経費

※2

294,705

10.2

547,109

12.7

当期総製造費用

 

2,890,435

100.0

4,295,754

100.0

期首仕掛品たな卸高

 

516,074

    

93,299

    

他勘定受入高 

※3 

20,999

    

    

合計

 

3,427,509

    

4,389,053

    

他勘定振替高

※4

1,339

    

152

    

期末仕掛品たな卸高

 

93,299

    

78,569

    

当期製品製造原価

 

3,332,870

    

4,310,331

    

前事業年度

(自 平成21年4月1日

至 平成22年3月31日)

当事業年度

(自 平成22年4月1日

至 平成23年3月31日)

 1.原価計算の方法

(1) 表面処理薬品の製造については総合原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。

   なお、当事業年度において製品及び仕掛品に配賦された原価差額は、次のとおりであります。

 製品

   12,000千円 

 仕掛品

       1,342千円

 1.原価計算の方法

(1) 表面処理薬品の製造については総合原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。

   なお、当事業年度において製品及び仕掛品に配賦された原価差額は、次のとおりであります。

 製品

   11,965千円 

 仕掛品

       690千円

(2) 表面処理装置の製造については個別原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。

(2) 表面処理装置の製造については個別原価計算による実際原価計算(予定原価)を採用しております。原価差額は、原則として売上原価に賦課しておりますが、総製造費用の1%を超えた場合には売上原価と製品及び仕掛品に配賦しております。

※2.経費の主な内訳

※2.経費の主な内訳

 減価償却費

      64,484千円

 外注加工費

     60,866千円

 

 減価償却費

      104,285千円

 外注加工費

     210,665千円

 

※3.他勘定受入高の内訳

※3.              ──────

 事業譲受による仕掛品受入

      20,999千円

 

 

      

 

※4.他勘定振替高の内訳

※4.他勘定振替高の内訳

 販売費及び一般管理費

      1,339千円

 

 販売費及び一般管理費

      152千円

 





出典: 株式会社JCU、2011-03-31 期 有価証券報告書