有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4 【提出会社の状況】

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

19,392,000

19,392,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在発行数
(株)
(平成28年3月31日)

提出日現在発行数(株)
(平成28年6月30日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

7,054,800

7,054,800

東京証券取引所
(市場第一部)

(注)

7,054,800

7,054,800

 

(注)普通株式は完全議決権株式であり、権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であります。なお、単元株式数は100株であります。

 

(2) 【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高

(株)

資本金増減額
(千円)

資本金残高
(千円)

資本準備金
増減額

(千円)

資本準備金
残高

(千円)

平成26年10月1日
(注)

3,527,400

7,054,800

1,176,255

1,128,904

 

(注)普通株式1株につき2株の割合をもって株式分割を行っております。

 

(6) 【所有者別状況】

平成28年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満

株式の状況

(株)

政府及び地
方公共団体

金融機関

金融商品

取引業者

その他の

法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

21

20

72

86

3

6,057

6,259

所有株式数
(単元)

9,709

660

26,202

9,298

7

24,651

70,527

2,100

所有株式数の
割合(%)

13.77

0.94

37.15

13.18

0.01

34.95

100.00

 

(注)自己株式466株は、「個人その他」に4単元及び「単元未満株式の状況」に66株を含めて記載しております。

 

 

(7) 【大株主の状況】

平成28年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合
(%)

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海一丁目8番11号

287

4.06

日本パーカライジング株式会社

東京都中央区日本橋一丁目15番1号

227

3.21

日本高純度化学株式会社

東京都練馬区北町三丁目10番18号

220

3.11

粕谷 佳允

神奈川県横浜市鶴見区

207

2.94

荏原実業株式会社

東京都中央区銀座七丁目14番1号

200

2.83

株式会社スイレイ

愛知県名古屋市港区入場一丁目206番2号

200

2.83

日本化学産業株式会社

東京都台東区下谷二丁目20番5号

186

2.63

JP MORGAN CHASE BANK 380634
(常任代理人 株式会社みずほ銀行決済営業部)

25 BANK STREET, CANARY WHARF, LONDON, E14 5JP, UNITED KINGDOM
(東京都港区港南二丁目15番1号 品川インターシティA棟)

184

2.61

神谷理研株式会社

静岡県浜松市西区桜台一丁目8番1号

160

2.26

栄電子工業株式会社

埼玉県東松山市松山町一丁目3番26号

160

2.26

2,032

28.80

 

(注)1.発行済株式総数に対する所有株式数の割合は、小数点第3位以下を切り捨てて表示しております。

2.上記大株主の粕谷佳允氏(当社前代表取締役会長)は平成28年2月13日に逝去いたしましたが、平成28年3月31日現在、名義変更手続きが未了のため、株主名簿上の名義に基づき記載しております。

3.DIAMアセットマネジメント株式会社及びその共同保有者から、平成27年1月7日付の大量保有報告書(変更報告書)の写しの送付があり、平成26年12月31日現在でそれぞれ以下のとおり株式を保有している旨の報告を受けておりますが、当社として期末時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。 

氏名又は名称

住所

保有株券等の数(株)

株券等保有割合(%)

DIAMアセットマネジメント株式会社

東京都千代田区丸の内三丁目3番1号

株式370,500

5.25

ダイアム インターナショナル リミテッド
(DIAM International Ltd)

英国 ロンドン市フライデーストリート1番地 イーシー 4エム 9ジェイエー

株式94,000

1.33

株式464,500

6.58

 

 

4.大和証券投資信託委託株式会社及びその共同保有者から、平成27年1月8日付の大量保有報告書(変更報告書)の写しの送付があり、平成26年12月31日現在で以下のとおり株式を保有している旨の報告を受けておりますが、当社として期末時点における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。 

氏名又は名称

住所

保有株券等の数(株)

株券等保有割合(%)

大和証券投資信託委託株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

株式325,700

4.62

大和証券株式会社

東京都千代田区丸の内一丁目9番1号

株式12,700

0.18

株式338,400

4.80

 

 

(8) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成28年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式
400

完全議決権株式(その他)

普通株式
7,052,300

70,523

権利内容に何ら限定のない当社における標準となる株式であり、単元株式数は100株であります。

単元未満株式

普通株式
2,100

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

7,054,800

総株主の議決権

70,523

 

 (注)「単元未満株式」欄の普通株式には、当社所有の自己株式66株が含まれております。

 

② 【自己株式等】

平成28年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義所有
株式数(株)

他人名義所有
株式数(株)

所有株式数
の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社JCU

東京都台東区東上野四丁目8番1号

400

400

0.00

400

400

0.00

 

 

(9) 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

普通株式

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

株式数(株)

処分価額の総額
(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他
(  —  )

保有自己株式数

466

466

 

(注)当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取りによる株式は含まれておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の最重要課題の一つと位置づけたうえで、財務体質の強化と積極的な事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、安定した配当を継続して実施するとともに、業績の状況に応じて配当性向等を勘案して配当政策を実施することを基本方針としております。内部留保金につきましては、今後の事業活動並びに経営基盤の強化に有効投資する方針であります。また、当社は原則として、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うこととしております。

また、「会社法第459条第1項の規定に基づき、取締役会の決議をもって剰余金の配当等を行うことができる。」旨を定款に定めているため、剰余金の配当の決定機関は、取締役会であります。

当事業年度の剰余金の処分につきましては、平成28年5月27日開催の取締役会決議により、当期の業績及び財政状況等を総合的に勘案した結果、1株当たり期末配当金は60円(普通配当50円、東京証券取引所上場10周年記念配当10円)とし、年間1株当たり120円(普通配当100円、東京証券取引所上場10周年記念配当20円)とさせていただきました。また、別途積立金に2,000,000,000円を積み立てさせていただきました。

なお、当事業年度に係る剰余金の配当は次のとおりであります。

 

決議年月日

配当金の総額
(千円)

1株当たりの配当額
(円)

平成27年11月4日
取締役会決議

423,260

60

平成28年5月27日
取締役会決議

423,260

60

 

 

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

 

回次

第52期

第53期

第54期

第55期

第56期

決算年月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

最高(円)

3,230

5,440

6,730

9,390

□6,440

5,610

最低(円)

1,782

2,088

3,810

5,610

□4,215

3,000

 

(注)1.最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。
2.□印は、株式分割(平成26年10月1日、1株→2株)による権利落ち後の株価であります。

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

 

月別

平成27年10月

平成27年11月

平成27年12月

平成28年1月

平成28年2月

平成28年3月

最高(円)

4,475

4,965

4,820

4,340

3,980

4,070

最低(円)

4,010

4,350

4,125

3,555

3,000

3,285

 

(注)最高・最低株価は、東京証券取引所(市場第一部)におけるものであります。

 

 

5 【役員の状況】

男性15名 女性—名 (役員のうち女性の比率—%)

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役会長
(代表取締役)

最高経営責任者
(CEO)

小澤 惠二

昭和25年10月11日生

昭和49年4月

当社入社

(注)1

21,300

平成11年4月

大阪支店長

平成14年1月

営業推進統括部長

平成16年9月

執行役員経営企画室長

平成19年6月

取締役常務執行役員管理本部長

平成20年6月

専務取締役専務執行役員管理本部長

平成21年6月

取締役副社長管理本部長

平成22年6月

代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)

平成23年7月

PT.JCU Indonesia代表取締役社長(現任)

平成26年6月

代表取締役副会長

平成28年2月

当社代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)(現任)

平成28年2月

JCU(上海)貿易有限公司董事長(現任)

平成28年2月

JCU (THAILAND) CO.,LTD.代表取締役社長(現任)

平成28年2月

台湾JCU股份有限公司董事長(現任)

平成28年2月

JCU KOREA CORPORATION代表理事(現任)

平成28年2月

JCU VIETNAM CORPORATION代表取締役社長(現任)

平成28年2月

銀座鈴蘭堂化粧品股份有限公司董事長(現任)

平成28年2月

JCU(北京)貿易有限公司董事長(現任)

平成28年2月

櫻麓泉(上海)国際貿易有限公司董事長(現任)

取締役社長

(代表取締役)

最高執行責任者
(COO)

君塚 亮一

昭和30年8月28日生

昭和57年4月

当社入社

(注)1

36,000

平成12年4月

中央研究所電子薬品統括部首席研究員

平成15年4月

中央研究所長

平成16年9月

執行役員中央研究所長

平成19年4月

執行役員総合研究所薬品開発研究所長

平成20年6月

取締役常務執行役員総合研究所長

平成22年6月

常務取締役常務執行役員総合研究所長

平成23年6月

専務取締役専務執行役員総合研究所長

平成26年4月

代表取締役副社長

平成26年6月

代表取締役社長兼最高執行責任者(COO)(現任)

平成27年1月

JCU(深圳)貿易有限公司董事長(現任)

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

専務取締役
専務執行役員

営業本部長

小林 幹司

昭和32年2月22日生

昭和55年4月

当社入社

(注)1

4,500

平成15年4月

営業本部本社薬品営業部長

平成22年4月

国内営業本部副本部長

平成22年6月

執行役員国内営業本部副本部長

平成25年6月

取締役常務執行役員薬品事業本部副本部長

平成26年6月

常務取締役常務執行役員薬品事業本部副本部長

平成27年4月

常務取締役常務執行役員経営戦略室長

平成28年4月

常務取締役常務執行役員営業本部長

平成28年6月

専務取締役専務執行役員営業本部長(現任)

常務取締役
常務執行役員

総合研究所所長

林 伸治

昭和33年7月30日生

昭和56年4月

当社入社

(注)1

2,300

平成16年8月

中央研究所電子技術統括部長

平成18年4月

中央研究所第2開発室長

平成21年4月

総合研究所新製品新市場開発部長

平成22年4月

総合研究所新事業技術統括部長

平成25年6月

取締役常務執行役員総合研究所副所長

平成26年4月

取締役常務執行役員総合研究所長

平成26年6月

常務取締役常務執行役員総合研究所長(現任)

常務取締役

常務執行役員

 

大森 晃久

昭和40年10月2日生

平成2年1月

当社入社

(注)1

1,200

平成22年4月

大阪支店長

平成24年6月

経営戦略室長

平成26年4月

常務執行役員経営戦略室長

平成26年6月

取締役常務執行役員経営戦略室長

平成27年4月

取締役常務執行役員
JCU INTERNATIONAL,INC.社長(現任)

平成28年6月

常務取締役常務執行役員(現任)

常務取締役

常務執行役員

営業本部
副本部長

新 隆徳

昭和42年5月13日生

平成18年9月

当社入社

(注)1

600

平成21年6月

管理本部経理部長

平成26年4月

常務執行役員管理本部長

平成26年6月

取締役常務執行役員管理本部長

平成27年4月

取締役常務執行役員薬品事業本部副本部長

平成28年4月

取締役常務執行役員営業本部副本部長

平成28年6月

常務取締役常務執行役員営業本部副本部長(現任)

取締役
常務執行役員

経営戦略室長

木村 昌志

昭和33年2月9日生

昭和55年3月

株式会社荏原電産入社

(注)1

300

平成16年4月

同社プリント回路薬品事業部長

平成22年4月

当社入社 DENSAN統括部長

平成22年8月

JCU(THAILAND)CO.,LTD.副社長

平成25年6月

執行役員

平成28年4月

執行役員経営戦略室長

平成28年6月

取締役常務執行役員経営戦略室長(現任)

取締役
常務執行役員

生産本部長

松本 順一

昭和35年10月30日生

平成元年9月

当社入社

(注)1

5,600

平成19年4月

戦略マーケティング部長

平成23年4月

海外事業本部海外事業企画部長

平成24年6月

薬品事業本部海外事業推進部長

平成26年4月

執行役員生産本部長

平成28年6月

取締役常務執行役員生産本部長(現任)

 

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(株)

取締役
常務執行役員

営業本部
副本部長

谷野 塁

昭和32年10月2日生

昭和57年4月

富士機工電子株式会社入社

(注)1

1,800

平成11年6月

同社業務執行役員基板営業本部長

平成21年1月

当社入社 新事業推進統括部長

平成22年3月

新事業営業推進部長 

平成24年6月

新規事業本部副本部長

平成26年4月

執行役員新規事業本部副本部長

平成28年4月

執行役員営業本部副本部長

平成28年6月

取締役常務執行役員営業本部副本部長(現任)

取締役

 

縄舟 秀美

昭和23年1月4日生

昭和56年3月

工学博士(大阪府立大学)

(注)1

200

平成9年4月

甲南大学理学部教授

平成21年4月

同大学フロンティアサイエンス学部教授に移籍

平成26年3月

同大学退職

平成26年4月

同大学名誉教授(現任)

平成26年6月

当社取締役(現任)

取締役

 

髙中 正彦

昭和26年8月6日生

昭和51年10月

司法試験合格

(注)1

昭和54年4月

弁護士登録(現任)

平成17年6月

当社監査役

平成26年4月

東京弁護士会会長・日本弁護士連合会副会長

平成27年6月

当社取締役(現任)

常勤監査役

 

中澤 隆司

昭和26年2月8日生

昭和49年4月

当社入社

(注)2

14,050

平成11年4月

名古屋支店長

平成15年4月

営業本部副本部長

平成16年9月

執行役員営業本部副本部長

平成19年6月

取締役執行役員薬品営業本部長

平成20年6月

取締役常務執行役員薬品営業本部長

平成22年6月

常務取締役常務執行役員国内営業本部長

平成24年6月

常務取締役常務執行役員調達本部長

平成26年6月

当社顧問

平成28年6月

常勤監査役(現任)

監査役

 

伴 峰夫

昭和17年1月27日生

昭和35年4月

株式会社富士銀行入行

(注)3

昭和61年6月

同行西川口支店長

平成元年5月

同行町田支店長

平成7年3月

同行退職

平成7年4月

東京ファニシング株式会社専務取締役

平成11年11月

同社取締役社長(現ヒューリックオフィスサービス株式会社)

平成17年4月

同社顧問

平成17年5月

同社顧問退任

平成17年6月

当社監査役(現任)

監査役

 

高井 治

昭和22年11月3日生

平成4年4月

名古屋大学工学部教授

(注)4

平成24年3月

同大学定年退職

平成24年4月

同大学名誉教授(現任)

 

関東学院大学工学部教授(現任)

平成25年6月

当社監査役(現任)

監査役

 

市川 充

昭和35年4月15日生

平成4年11月

司法試験合格

(注)5

平成7年4月

弁護士登録(現任)

平成26年6月

当社監査役(現任)

 

 

 

 

 

 

87,850

 

 

 

 

 

(注) 1.平成28年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から1年間

2.平成28年6月29日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

3.平成27年6月26日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

4.平成25年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

5. 平成26年6月27日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6.取締役 縄舟 秀美、髙中 正彦は、社外取締役であります。

7.監査役 伴 峰夫、高井 治及び市川 充は、社外監査役であります。

8.当社では執行役員制度を導入しており、取締役を兼務していない執行役員は次のとおりであります。

  執行役員 営業本部薬品調達部長     山本  観一朗

 執行役員 総合研究所副所長       萩原 秀樹

 執行役員 管理本部長            粕谷 多聞
 執行役員 営業本部副本部長       鈴木 智雄

 執行役員 管理本部副本部長       林 英彦

 執行役員 生産本部副本部長       今井 豊一

 執行役員 台湾JCU股份有限公司総経理   池側 浩文

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

※ コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社グループは、法令の遵守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する社会情勢及び経済環境に対応した迅速な経営意思の決定と経営の健全性の向上を図ることによって、株主価値を高めることを経営上の重要な課題としております。その実現のために、株主の皆様、お客様、従業員、お取引先様、地域社会等、様々な利害関係者との良好な関係を築くとともに、企業規模の拡大に伴い、企業統治に必要な諸機能を一層強化、改善、整備しながら、コーポレート・ガバナンスの充実と同時に、コンプライアンス経営を徹底し、リスク管理の観点から、リスクを未然に防止する社内体制システムを構築してまいります。また、あわせて適時に適切な情報開示を行ない、経営の透明性を高めてまいります。

 

① 企業統治の体制

イ.企業統治の体制の概要及びその採用理由

当社の企業統治の体制は下図のとおり(平成28年6月30日現在)であります。

 


 

・当社の取締役会は、取締役11名(うち社外取締役2名)で構成されており、原則として毎月1回以上開催して経営に関する重要事項を決定しております。また、迅速かつ柔軟な業務執行体制を構築するため執行役員制度を導入しており、毎月1回開催する経営会議において業務遂行状況の分析、検討等を行っております。なお、経営会議には、取締役、監査役、執行役員が出席しております。

・社外取締役については、外部の目によるコーポレート・ガバナンスの強化を図るため、平成26年6月に1名、平成27年6月にもう1名選任し、現在2名の体制としております。

・当社は監査役制度を採用しており、監査役会は常勤監査役1名と社外監査役3名で構成されております。監査役は原則として毎月1回の監査役会を開催するとともに、毎月開催される取締役会に出席するなどして業務の執行についての適法性、法的義務の履行状況等の監査を行っております。

・上記の体制により、迅速かつ柔軟な業務執行体制の構築と外部の目による客観性が保たれた経営監視機能及び監査体制が確保できていると判断し、当該体制を採用しております。

 

ロ.内部統制システム、リスク管理体制及び子会社の業務の適正を確保するための体制整備の状況

当社は、会社法及び会社法施行規則に基づき、次のとおり内部統制システム構築の基本方針を取締役会にて決議し、その体制を整備、運用しております。

 

<内部統制システム構築の基本方針>

a. 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

ⅰ 取締役及び使用人の職務の執行が法令及び定款に適合し、かつ社会的責任及び企業倫理を果たすため、「企業理念と企業行動基準」を定め、それを全役職員に周知徹底させる。

ⅱ コンプライアンス全体に関する総括責任者として管理部門担当執行役員を任命し、法務部及びコンプライアンス部がコンプライアンス体制の推進及び問題点の把握に努める。

ⅲ 事業活動または取締役及び従業員等に法令違反の疑義のある行為等を発見した場合、速やかに相談・通報する窓口を設置し、通報者の保護を徹底した内部通報制度を整備する。

ⅳ コンプライアンス部は、コンプライアンスの状況を監査する。

ⅴ 社会秩序や健全な企業活動に脅威を与える反社会的勢力及び団体とは一切の関係を持たず、所轄官庁及び関連団体と協力し毅然とした態度をもってその排除に努める。また、不当要求が発生した場合の対応統括部署は総務部とし、警察、弁護士等とも連携して対応する。

b. 取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

ⅰ 取締役の職務の執行に係る情報については、「文書管理規程」に基づき、定められた期間保存及び管理する。

ⅱ 取締役または監査役からの閲覧の要請があった場合、速やかに、本社において閲覧が可能となる場所に保管する。

c. 損失の危険の管理に関する規程その他の体制

ⅰ リスク管理に関する総括責任者として管理部門担当執行役員を任命し、各部門担当取締役ともに、リスク管理体制の整備に努める。

ⅱ 事業に関するコンプライアンス及び各種リスクに対し、それぞれの担当部署にて、規則、ガイドラインの制定、研修の実施、マニュアルの作成・配布等を行う。

ⅲ コンプライアンス部は、リスクの管理状況を監査する。

d. 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

ⅰ 取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を毎月1回開催するほか、必要に応じて臨時に開催し、重要事項の決定並びに取締役の業務の執行状況の監督等を行う。

ⅱ 環境変化に対応した会社全体の将来ビジョンと目標を定めるため、中期経営計画及び単年度の経営計画を策定する。

ⅲ 取締役の職務権限と担当業務を明確にするとともに、その責任者を定め、適正かつ効率的に職務が行われる体制を確保する。

e. 当社及びその子会社から成る企業集団における業務の適正を確保するための体制

ⅰ 当社の「企業理念と企業行動基準」に基づき、当社子会社と一体となったコンプライアンスの推進を行う。

ⅱ 経営管理については、「関係会社管理規程」に基づき、子会社から適宜報告等を受け、また子会社業務が効率的に行われるよう適切な管理を行う。

ⅲ コンプライアンス部は、「内部監査規程」に基づき、子会社のリスク管理の状況等子会社に対する内部監査を行う。

f. 監査役を補助する使用人の体制及びその補助する使用人の独立性の確保並びに当該使用人に対する指示の実効性の確保

ⅰ 監査役がその職務を補助する使用人を置くことを要請したときは、取締役会は監査役と協議のうえ、職務を補助する使用人を置くとともに必要な協力を行う。

ⅱ 監査役を補助する使用人はその職務に関して監査役の指揮命令のみに服し、取締役等から指揮命令を受けないこととする。

ⅲ 当該使用人の人事評価は監査役が行い、人事異動、懲戒その他の人事に関する事項の決定には監査役の同意を得る。

g. 当社及び子会社の取締役及び使用人が当社の監査役に報告をするための体制並びに報告したことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

ⅰ 当社及び子会社の取締役及び使用人は、当社グループに重大な損失を与える事項及び違法行為や不正行為を発見したとき、その他監査役が報告すべきものと定めた事項が生じたときは、「内部通報管理規程」に基づく方法等により、当社の監査役に報告する。

ⅱ 監査役は、取締役会等の重要な会議に出席し、重要な報告を受ける体制をとる。

ⅲ 当社及び子会社は、監査役へ報告を行った当社及び子会社の取締役及び使用人に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止する。

h. その他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

ⅰ 代表取締役は、監査役と相互の意思疎通を図るための定期的な会合を行う。

ⅱ コンプライアンス部は、内部監査の状況報告を、監査役に対しても、定期的及び必要に応じて行い、相互の連携を図る。

ⅲ 当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたときは、担当部署において審議の上、当該請求に係る費用または債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用または債務を処理する。

ⅳ 監査役は、必要に応じて、会社の費用で法律・会計の専門家を活用することができる。

i. 財務報告の信頼性と適正性を確保するための体制

ⅰ 金融商品取引法に基づく内部統制報告制度に適正に対応するため、総括責任者として管理部門担当執行役員を任命し、コンプライアンス部が当社グループの内部統制体制を強化する。

ⅱ 構築された内部統制体制の適切な運用により、有効かつ正当な評価を受けうる財務報告を行う。

 

<運用状況の概要>

a. コンプライアンスに関する取り組み等

当社は、従前より、当社及び子会社の行動規範として、「企業理念と企業行動基準」を定め、取締役及び使用人が社会秩序や行動規範を尊重し良識ある企業行動により、社会的責任や企業使命を果たすことを広く浸透させています。

代表取締役会長兼CEOを総括責任者としたコンプライアンス委員会が設置され、必要に応じ運用できる体制を取っており、法務部及びコンプライアンス部は、コンプライアンス委員会の事務局を務めコンプライアンス体制の推進及び問題点の把握に努めております。

加えて、コンプライアンス部は、内部統制の基本方針に従って、企業グループの内部統制の整備及び運用状況の確認を行いました。

b. リスク管理に関する取り組み等

経営目標の達成と事業活動に重大な影響をおよぼすリスクを把握し、リスク低減策を策定、万一リスクが顕在化した場合の被害・損害を出来る限り小さくするために必要な備えと訓練を実施しています。

当期はさらにリスクへの対応力を高めるために、先ず、親会社における新たなリスクについての調査を実施、その結果を受け、重要な海外子会社におけるリスク調査をリスク管理委員会にて決議し、実施しました。

c. 子会社管理に関する取り組み等

当社は、従前より、当社同様子会社の行動規範として、「企業理念と企業行動基準」を定め、コンプライアンスを推進しています。

加えて、コンプライアンス部は、期首に策定した内部監査年間実施予定表に基づき、重要な子会社における監査テーマを決め、内部監査を実施しました。

d. 取締役会による監督に関する取り組み等

当社の取締役会は、社外取締役2名を加えた取締役10名(平成28年2月13日の1名退任までは11名)の体制にて、定例取締役会及び臨時取締役会を開催し、法令または定款その他社内規程に定められた事項を決議するとともに、取締役の職務執行等に関する法令及び定款等への適合性、並びに合理的な経営判断に基づく業務執行の妥当性について監督を行いました。

経営会議においては、上記の取締役に加え、執行役員も出席し、経営全般に関する事項の討議及び決定を行いました。

h. 監査役監査に関する取り組み等

監査役は、取締役会、経営会議、リスク管理委員会及びその関連の委員会などへの重要会議への出席、工場・研究所などへの往査、重要な事業部門に対するヒアリング、重要な海外子会社調査、取締役との意見交換などを行いました。

会計監査人との関係においては、監査の独立性と適正を監視しながら、監査計画報告(年次)及び会計監査結果報告(四半期レビュー・期末決算毎)の受領並びに情報交換・意見交換を行うほか、会計監査人の選定に関わる協議も実施しました。

また、コンプライアンス部をはじめとする内部監査部門とは、定期的及び必要の都度相互の情報交換・意見交換を行うなどの連携を密にして、監査の実効性と効率性の向上を図りました。

 

ハ.責任限定契約の内容の概要

当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は、会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)は、法令が定める額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)または監査役が責任の原因となった職務遂行について善意でかつ重大な過失がないときに限られます。

 

② 内部監査及び監査役監査の状況

イ.内部監査

コンプライアンス部(人員4名)が担当し、国内の各部門、海外子会社に対して業務執行に対する監査及び内部統制評価を実施しております。コンプライアンス部は、必要に応じ監査役会に出席するほか、監査役と会計監査人の会合に出席し、連携、情報交換を図っております。これらの監査の結果については、リスク管理委員会及び取締役会に報告されております。

ロ.監査役監査

監査役監査の状況については、「① ロ. <運用状況の概要> h. 」のとおりであります。

 

③ 社外取締役及び社外監査役の状況

イ.社外取締役

当社の社外取締役は2名であり、客観的な立場から取締役会における意思決定及び執行役員による業務執行の監督等の役割を担っております。

(縄舟 秀美氏)

化学に関する知識、法令、特許等の専門知識を有しており、外部の学識経験者としての客観的な立場から経営体制が強化されることを期待して選任しております。

(高中 正彦氏)

弁護士として企業法務に精通しており、外部の「法規制」の専門家としての客観的な立場から経営体制が強化されることを期待して選任しております。

ロ.社外監査役

当社の社外監査役は3名であり、客観的な立場による取締役の業務執行の監視等の役割を担っております。なお、社外監査役は、取締役会への出席に加え、監査役会の構成員として内部監査及び内部統制部門並びに会計監査人と連携を図るとともに、監査役会において内部統制システムの整備・運用状況、リスク管理の状況及び会計監査人からの職務の執行状況の報告を受け、積極的な意見情報交換を行い、監査の実効性向上を図っております。

(伴 峰夫氏)

大手金融機関及び企業経営の職務経験から財務及び会計に関する相当程度の知見を有しており、外部の企業経営経験者としての客観的な立場から監査体制が強化されることを期待して選任しております。

(高井 治氏)

化学に関する知識、法令、特許等の専門知識を有しており、外部の学識経験者としての客観的な対場から監査体制が強化されることを期待して選任しております。

(市川 充氏)

弁護士として企業法務に精通しており、外部の「法規制」の専門家としての客観的な立場から監査体制が強化されることを期待して選任しております。

 

 

④  役員報酬等
イ.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

 

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(人)

基本報酬

賞与

退職慰労金

弔慰金

取締役
(社外取締役を除く)

414,340

358,300

47,040

9,000

9

監査役
(社外監査役を除く)

18,000

18,000

1

社外役員

20,850

20,850

5

 

(注)1.上記には、当期中に退任した取締役1名が含まれております。

2.取締役の支給額には、使用人兼務取締役の使用人分給与は含まれておりません。

3.取締役に対する退職慰労金47,040千円は、平成18年6月29日開催の第46回定時株主総会において決議いただいた退職慰労金制度廃止に伴う打ち切り支給額を、退任した取締役に支払ったものであります。

4. 取締役に対する弔慰金9,000千円は、逝去により退任した取締役1名に「役員弔慰金規程」及び取締役会決議に基づき支払ったものであります。

 

ロ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 

氏名

連結報酬等
の総額
(千円)

役員区分

会社区分

連結報酬等の種類別の額(千円)

基本報酬

賞与

退職慰労金

弔慰金

粕谷 佳允

189,040

取締役

提出会社

133,000

47,040

9,000

 

(注)連結報酬等の総額が1億円以上である者に限定して記載しております。

 

ハ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

 

総額(千円)

対象となる役員の員数(人)

内容

26,400

2

使用人兼務取締役の使用人分としての給与であります。

 

 

ニ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

当社は役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針は、取締役会規程に基づき経営内容、業績の達成度、個人ごとの業績、役位、責任の実体、従業員給与とのバランス、賞与、退職慰労金相当額等を考慮して行うことを基本方針としており、この方針は取締役会の決議及び監査役の協議によって定めております。

上記の方針に基づき、個々の取締役の報酬額につきましては、株主総会で承認された取締役の報酬総額の範囲内において取締役会にて決議しております。また、個々の監査役の報酬額につきましては、株主総会で承認された監査役の報酬総額の範囲内において監査役会の協議により決定しております。

なお、取締役の報酬限度額は、平成26年6月27日開催の第54回定時株主総会において年額500,000千円以内(うち社外取締役分40,000千円以内。ただし、使用人分給与は含まない。)と決議いただいており、監査役の報酬限度額は、平成18年6月29日開催の第46回定時株主総会において年額50,000千円と決議いただいております。

 

 

⑤  株式の保有状況
イ. 投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

  10銘柄  1,293,990千円

 

ロ. 保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

前事業年度

特定投資株式

 

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

保有目的

日本パーカライジング㈱

184,000

535,440

取引・資本関係強化のため

㈱ファルテック

180,000

286,200

取引・資本関係強化のため

日本化学産業㈱

300,000

237,900

取引・資本関係強化のため

石原ケミカル㈱

76,900

116,426

取引・資本関係強化のため

日本高純度化学㈱

40,500

100,156

取引・資本関係強化のため

㈱コア

102,900

91,683

取引関係強化のため

イビデン㈱

7,751

15,712

取引関係強化のため

㈱アルファ

14,500

19,575

取引・資本関係強化のため

日本シイエムケイ㈱

2,200

682

取引関係強化のため

 

 

当事業年度

特定投資株式

 

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額
(千円)

保有目的

日本パーカライジング㈱

368,000

374,624

取引・資本関係強化のため

㈱ファルテック

180,000

243,000

取引・資本関係強化のため

日本化学産業㈱

300,000

237,600

取引・資本関係強化のため

㈱コア

102,900

143,031

取引関係強化のため

石原ケミカル㈱

76,900

103,199

取引・資本関係強化のため

日本高純度化学㈱

40,500

82,458

取引・資本関係強化のため

㈱アルファ

14,500

15,892

取引・資本関係強化のため

イビデン㈱

8,195

11,277

取引関係強化のため

日本シイエムケイ㈱

2,200

976

取引関係強化のため

 

 

 

⑥ 会計監査の状況

当社の会計監査は新日本有限責任監査法人に依頼しており、定期的な監査の他、会計上の課題については随時確認を行い、会計処理の適正化に努めております。当社における監査体制は、会計監査人による会計監査と監査役監査及び内部監査の三様監査を基本とし、三者にて定例の報告会(第2四半期末及び期末決算時)を実施しております。また、監査計画策定時には、監査方針及び監査日程の調整等相互連携を図り、監査効率の向上に努めております。

なお、業務を執行した公認会計士の氏名、所属する法人名及び継続する監査年数は次のとおりであり、監査業務にかかる体制は、監査責任者2名、公認会計士8名及びその他13名により構成されております。

 

公認会計士の氏名等

所属する監査法人名

指定有限責任社員
業務執行社員

小野 淳史

新日本有限責任監査法人

田中 清人

 

※継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。

 

⑦ 取締役の定数

当社の取締役は11名以内とする旨定款に定めております。

 

⑧ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。また、取締役の選任決議は累積投票によらない旨も定款に定めております。

 

⑨ 剰余金の配当等の決定機関

当社は、剰余金の配当等会社法第459条第1項各号に定める事項について、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議により定める旨定款に定めております。これは、剰余金の配当等を取締役会の権限とすることにより、株主への機動的な利益還元はもとより、財務戦略の機動性や経営基盤の安定性を確保するものであります。

 

⑩ 自己の株式の取得の決定機関

当社は、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議によって市場取引等により自己の株式を取得することができる旨定款に定めております。これは、機動的な資本政策の遂行を可能とするためであります。

 

⑪ 株主総会の特別決議要件

当社は、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨定款に定めております。これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の円滑な運営を行うことを目的とするものであります。

 

⑫ 取締役及び監査役の責任免除

当社は、取締役及び監査役が職務の遂行にあたり期待される役割を十分に発揮できるようにするため、会社法第426条第1項の規定により、同法第423条第1項に規定する取締役(取締役であった者を含む。)及び監査役(監査役であった者を含む。)の損害賠償責任を、法令の限度において、取締役会の決議によって免除することができる旨を定款に定めております。

 

 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

監査証明業務に基づく報酬(千円)

非監査業務に基づく報酬(千円)

提出会社

26,500

28,500

連結子会社

26,500

28,500

 

 

② 【その他重要な報酬の内容】

(前連結会計年度)

当社の連結子会社2社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査公認会計士等に対して、次のとおり報酬を支払っております。

 

会 社 名

支 払 先

内 容

金額(千円)

JCU KOREA CORPORATION

韓英会計法人

監査証明業務

2,010

JCU KOREA CORPORATION

韓英会計法人

非監査業務

364

JCU(深圳)貿易有限公司

Ernst & Young Hua Ming

監査証明業務

1,290

 

 

 

(当連結会計年度)

当社の連結子会社2社は、当社の監査公認会計士等と同一のネットワークに属している監査公認会計士等に対して、次のとおり報酬を支払っております。

 

会 社 名

支 払 先

内 容

金額(千円)

JCU KOREA CORPORATION

韓英会計法人

監査証明業務

2,142

JCU KOREA CORPORATION

韓英会計法人

非監査業務

1,906

JCU(深圳)貿易有限公司

Ernst & Young Hua Ming

監査証明業務

1,479

 

 

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

(前連結会計年度)

該当事項はありません。

 

(当連結会計年度)

該当事項はありません。

 

④ 【監査報酬の決定方針】

当社の監査公認会計士等に対する監査報酬の決定方針としましては、監査公認会計士等より監査所要時間及び監査報酬の見積書の提示を受け、前事業年度との増減を勘案して、価格の交渉の上決定しております。

なお、監査報酬の決定につきましては、会社法第399条に基づき、監査役会の同意を得ております。

 





出典: 株式会社JCU、2016-03-31 期 有価証券報告書