有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 

 
合成樹脂
加工品事業
(千円)
不動産賃貸
事業
(千円)
その他事業
(千円)
計(千円)
消去又は
全社(千円)
連結(千円)
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1) 外部顧客に
対する売上高
17,358,257
487,741
151,373
17,997,372
17,997,372
(2) セグメント間の内部
売上高又は振替高
105,631
105,631
△105,631
17,358,257
487,741
257,005
18,103,004
△105,631
17,997,372
営業費用
17,180,582
139,921
255,796
17,576,300
△105,631
17,470,668
営業利益
177,674
347,819
1,209
526,704
526,704
Ⅱ 資産、減価償却費及び
資本的支出
 
 
 
 
 
 
資産
13,326,058
1,537,751
14,863,810
4,088,169
18,951,979
減価償却費
668,251
92,326
3
760,582
760,582
資本的支出
328,669
328,669
328,669

(注) 1 事業区分の方法

  事業は、内部管理上採用している区分によっています。

2 各区分に属する主要品目

事業区分
主要品目
合成樹脂加工品事業
建築用床材、屋上防水材、壁装材、各種防水・室内装飾工事等
不動産賃貸事業
ショッピングセンター施設
その他事業
業務の受託

  なお、(株)ロンエスにつきましては、平成22年3月10日付にて清算結了したことにより、連結の範囲から除外しております。清算結了までの期間の損益につきましては、連結損益計算書に反映させるとともに、事業区分は「その他事業」として記載しております。

3 当連結会計年度における資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、4,088,169千円であり、その主なものは、親会社での余資運用資金(現金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)、繰延税金資産等です。

 

【所在地別セグメント情報】

 前連結会計年度における、本邦の売上高及び資産の金額は、全セグメントの売上高の合計及び全セグメントの資産の金額の合計額に占める割合がいずれも90%超であるため、所在地別セグメント情報の記載を省略しています。

 

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

 
北米
欧州
アジア
その他の地域
Ⅰ 海外売上高(千円)
1,282,198
339,653
331,305
36,436
1,989,594
Ⅱ 連結売上高(千円)
17,997,372
Ⅲ 連結売上高に占める
海外売上高の割合(%)
7.1%
1.9%
1.9%
0.2%
11.1%

(注) 1 国又は地域の区分は地理的近接度によっています。

2 各区分に属する主な国又は地域

(1) 北米      米国、カナダ

(2) 欧州      イングランド、スイス他

(3) アジア     中国、シンガポール他

(4) その他の地域  サウジアラビア、ニュージーランド他

3 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高です。

 

 

 

【セグメント情報】

Ⅰ  前連結会計年度(自  平成21年4月1日  至  平成22年3月31日)

1  報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社グループの報告セグメントの区分方法は製造方法・製造過程ならびに販売方法の類似性を考慮して区分しており、「合成樹脂加工品事業」、「不動産賃貸事業」の2つを報告セグメントとしております。
 区分に属する主要な品目は下記の通りであります。

報告セグメント
主要品目
合成樹脂加工品事業
建築用床材、屋上防水材、壁装材、各種防水・室内装飾工事等
不動産賃貸事業
ショッピングセンター施設

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成ための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。なお、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

 
 
 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
その他
(注)1
合計
調整額
(注)2
連結財務諸表計上額
合成樹脂加工品事業
不動産賃貸事業
売上高
 
 
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
17,358,257
487,741
17,845,999
151,373
17,997,372
17,997,372
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
105,631
105,631
△105,631
17,358,257
487,741
17,845,999
257,005
18,103,004
△105,631
17,997,372
セグメント利益
177,674
347,819
525,494
1,209
526,704
526,704
セグメント資産
13,326,058
1,537,751
14,863,810
14,863,810
4,088,169
18,951,979
その他の項目
 
 
 
 
 
 
 
  減価償却費
668,251
92,326
760,578
3
760,582
760,582
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
328,669
328,669
328,669
328,669

(注)1 「その他」の区分は報告セグメントに含まれない事業セグメントであり、業務の受託を含んでおります。

 2 調整額は以下のとおりです。

(1)売上高の調整額△105,631千円にはセグメント間消去△105,631千円を含んでおります。

(2)セグメント資産の調整額4,088,169千円には、各報告セグメントに配分していない全社資産4,088,169千円を含んでおります。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金です。

 

 

Ⅱ  当連結会計年度(自  平成22年4月1日  至  平成23年3月31日)

1  報告セグメントの概要

当社グループの報告セグメントは、当社及び子会社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。
 当社グループの報告セグメントの区分方法は製造方法・製造過程ならびに販売方法の類似性を考慮して区分しており、「合成樹脂加工品事業」、「不動産賃貸事業」の2つを報告セグメントとしております。
 区分に属する主要な品目は下記の通りであります。

報告セグメント
主要品目
合成樹脂加工品事業
建築用床材、屋上防水材、壁装材、各種防水・室内装飾工事等
不動産賃貸事業
ショッピングセンター施設

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成ための基本となる重要な事項」における記載と同一であります。なお、報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

 
 
 
 
(単位:千円)
 
報告セグメント
調整額(注)
連結財務諸表計上額
合成樹脂加工品事業
不動産賃貸事業
売上高
 
 
 
 
 
  外部顧客への売上高
16,831,505
466,160
17,297,666
17,297,666
  セグメント間の内部
  売上高又は振替高
16,831,505
466,160
17,297,666
17,297,666
セグメント利益
412,903
327,088
739,991
739,991
セグメント資産
13,384,788
1,450,911
14,835,699
4,335,503
19,171,203
その他の項目
 
 
 
 
 
  減価償却費
557,199
86,840
644,040
644,040
  有形固定資産及び
  無形固定資産の増加額
94,716
94,716
94,716

(注)調整額は以下のとおりです。

 セグメント資産の調整額4,335,503千円には、各報告セグメントに配分していない全社資産4,335,503千円を含んでおります。全社資産は主に報告セグメントに帰属しない現金及び預金です。

 

(追加情報)

当連結会計年度より「セグメント情報等の開示に関する会計基準」(企業会計基準第17号  平成21年3月27日)及び「セグメント情報等の開示に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第20号  平成20年3月21日)を適用しております。

 

 

 

【関連情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

1  製品及びサービスごとの情報

  セグメント情報に同様の情報を開示しているため、記載を省略しております。

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

(単位:千円)

日本
北米
欧州
アジア
その他の地域
合計
14,970,734
1,208,047
434,948
652,008
31,928
17,297,666

(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

 本邦に所在している有形固定資産の金額が連結貸借対照表の有形固定資産の金額の90%を超えるため、記載を省略しております。

 

3  主要な顧客ごとの情報

 外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載はありません。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】
前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

1 関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社
東ソー㈱
東京都
港区
40,633,880
ソーダ・石油化学製品等の製造販売
(被所有)
直接 32.5
原材料の仕入
役員の兼任
原材料の仕入
207,012
買掛金
89,475

(注) 1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針については、一般取引条件と同様に決定しています。

 

(イ) 連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

   該当事項はありません。

 

(ウ) 連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社の子会社
東ソー物流㈱
山口県
周南市
1,200,000
荷役業務の受託・配送業務
荷役業務の委託・配送業務
請負業務等
1,206,033
未払金
268,209

(注) 1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針については、一般取引条件と同様に決定しています。

 

(エ) 連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

   該当事項はありません。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

   該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

(1) 親会社情報

   該当事項はありません。

 

(2) 重要な関連会社の要約財務情報

   該当事項はありません。

 

 

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

1 関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者の取引

(ア) 連結財務諸表提出会社の親会社及び主要株主(会社等に限る)等

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社
東ソー㈱
東京都
港区
40,633,880
ソーダ・石油化学製品等の製造販売
(被所有)
直接 32.5
原材料の仕入
役員の兼任
原材料の仕入
217,230
買掛金
111,117

(注) 1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針については、一般取引条件と同様に決定しています。

 

(イ) 連結財務諸表提出会社の子会社及び関連会社等

   該当事項はありません。

 

(ウ) 連結財務諸表提出会社と同一の親会社を持つ会社等及び連結財務諸表提出会社のその他の関係会社の子会社等

 

種類
会社等の名称
又は氏名
所在地
資本金又
は出資金
(千円)
事業の内容
又は職業
議決権等
の所有
(被所有)割合(%)
関連当事者
との関係
取引の内容
取引金額
(千円)
科目
期末残高
(千円)
その他の関係会社の子会社
東ソー物流㈱
山口県
周南市
1,200,000
荷役業務の受託・配送業務
荷役業務の委託・配送業務
請負業務等
営業外収益
1,306,269
35,798
未払金
313,867

(注) 1 上記の金額のうち、取引金額には消費税等が含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれています。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針については、一般取引条件と同様に決定しています。

 

(エ) 連結財務諸表提出会社の役員及び主要株主(個人の場合に限る)等

   該当事項はありません。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

   該当事項はありません。

 

2 親会社又は重要な関連会社に関する注記

(1) 親会社情報

   該当事項はありません。

 

(2) 重要な関連会社の要約財務情報

   該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
1株当たり純資産額
167.18円

1株当たり純資産額
171.51円

1株当たり当期純利益
4.35円

1株当たり当期純利益
5.05円

 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

 

(注) 算定上の基礎

1 1株当たり純資産額

項目
前連結会計年度
(平成22年3月31日現在)
当連結会計年度
(平成23年3月31日現在)
連結貸借対照表の純資産の部の合計額(千円)
8,031,800
8,233,004
普通株式に係る純資産額(千円)
8,022,382
8,224,589
差額の主な内訳(千円)
 
 
   少数株主持分
9,417
8,414
普通株式の発行済株式数(千株)
48,253
48,253
普通株式の自己株式数(千株)
267
299
1株当たりの純資産額の算定に用いられた
普通株式の数(千株)
47,985
47,953

 

 

2 1株当たり当期純利益金額

項目
前連結会計年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
当連結会計年度
(自 平成22年4月1日
至 平成23年3月31日)
連結損益計算書上の当期純利益(千円)
209,150
242,291
普通株式に係る当期純利益(千円)
209,150
242,291
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式の期中平均株式数(千株)
48,039
47,975

 

(重要な後発事象)

前連結会計年度(自 平成21年4月1日 至 平成22年3月31日)

該当事項ありません。

 

当連結会計年度(自 平成22年4月1日 至 平成23年3月31日)

該当事項ありません。





出典: ロンシール工業株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書