有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4 【提出会社の状況】

 

1 【株式等の状況】

(1) 【株式の総数等】

① 【株式の総数】

 

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

90,000,000

90,000,000

 

 

② 【発行済株式】

 

種類

事業年度末現在
発行数(株)
(平成28年3月31日)

提出日現在
発行数(株)
(平成28年6月29日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

48,253,094

同左

東京証券取引所
(市場第二部)

単元株式数は
1,000株です。

48,253,094

同左

 

 

(2) 【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

 

(3) 【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

 

(4) 【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

 

(5) 【発行済株式総数、資本金等の推移】

 

年月日

発行済株式
総数増減数
(株)

発行済株式
総数残高
(株)

資本金増減額
 
(千円)

資本金残高
 
(千円)

資本準備金
増減額
(千円)

資本準備金
残高
(千円)

平成4年2月19日

8,230,000

48,253,094

1,152,200

5,007,917

1,152,200

4,120,573

 

(注) 有償第三者割当 発行価格280円 資本組入額140円

主な割当先   東ソー㈱ 日祥㈱

 

 

(6) 【所有者別状況】

平成28年3月31日現在

区分

株式の状況(1単元の株式数1,000株)

単元未満
株式の状況
(株)

政府及び
地方公共
団体

金融機関

金融商品
取引業者

その他の
法人

外国法人等

個人
その他

個人以外

個人

株主数
(人)

11

24

84

18

4

3,420

3,561

所有株式数
(単元)

6,584

1,010

17,389

5,910

20

17,044

47,957

296,094

所有株式数
の割合(%)

13.73

2.11

36.26

12.32

0.04

35.54

100.00

 

(注) 自己株式342,496株は、「個人その他」に341単元、「単元未満株式の状況」に1,496株を含めて記載してあります。なお、自己株式342,496株は株主名簿上の株式数であり、平成28年3月31日現在の実質保有残高は341,996株です。

 

(7) 【大株主の状況】

平成28年3月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数
(千株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

東ソー株式会社

東京都港区芝3丁目8番2号

15,478

32.07

KBL EPB S.A. 107704
(常任代理人株式会社みずほ銀行決済営業部)

43 BOULEVARD ROYAL L-2955 LUXEMBOURG
(東京都港区港南2丁目15番1号)

4,897

10.14

株式会社みずほ銀行

東京都千代田区大手町1丁目5番5号

2,112

4.37

株式会社りそな銀行

大阪府大阪市中央区備後町2丁目2番1号

1,000

2.07

東京海上日動火災保険株式会社

東京都千代田区丸の内1丁目2番1号

910

1.88

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社

東京都渋谷区恵比寿1丁目28番1号

657

1.36

保 義一

和歌山県和歌山市

602

1.24

日本生命保険相互会社

東京都千代田区丸の内1丁目6番6号

531

1.10

日本証券金融株式会社

東京都中央区日本橋茅場町1丁目2番10号

511

1.05

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口)

東京都中央区晴海1丁目8番11号

495

1.02

27,196

56.36

 

(注)1 前事業年度末において主要株主でなかったKBL EPB S.A. 107704は、当事業年度末現在では主要株主になっております。

  2 平成27年9月16日付で公衆の縦覧に供されている大量保有報告書及び変更報告書において、ハーリー シキャブが平成27年6月30日現在で以下の株式を所有している旨が記載されていますが、当社として当事業年度末現在における実質所有株式数の確認ができませんので、上記大株主の状況には含めておりません。
なお、変更報告書の内容は次のとおりです。

氏名又は名称

住所

保有株券等の数
(千株)

株券等保有割合
(%)

ハーリー シキャブ

ルクセンブルク、ロバート・ウィケットキーパー L−2557

4,636

9.60

 

 

(8) 【議決権の状況】

① 【発行済株式】

平成28年3月31日現在

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)
            (注)1

(自己保有株式)

普通株式  341,000

完全議決権株式(その他)

普通株式
47,616,000 

47,616

単元未満株式      (注)2

普通株式
296,094 

発行済株式総数

48,253,094

総株主の議決権

47,616

 

(注) 1 「完全議決権株式(自己株式等)」の341,000株は、全て当社保有の自己株式です。

2 「単元未満株式」の中には、株主名簿上は当社名義となっているが実質的に所有していない株式500株及び当社所有の自己株式996株が含まれています。

 

② 【自己株式等】

平成28年3月31日現在

所有者の氏名
又は名称

所有者の住所

自己名義
所有株式数
(株)

他人名義
所有株式数
(株)

所有株式数
の合計
(株)

発行済株式
総数に対する
所有株式数
の割合(%)

(自己保有株式)
ロンシール工業㈱

東京都墨田区緑四丁目
15番3号

341,000

341,000

0.70

341,000

341,000

0.70

 

(注) このほか株主名簿上は当社名義となっていますが、実質的に所有していない株式が500株及び当社所有の自己株式が996株あります。

 

(9) 【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

 

 

2 【自己株式の取得等の状況】

 

【株式の種類等】

会社法第155条第3号及び会社法第155条第7号による普通株式の取得

 

 

(1) 【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

 

(2) 【取締役会決議による取得の状況】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

取締役会(平成28年5月12日)での決議状況
(取得期間平成28年5月19日〜平成28年9月23日)

2,300,000

300,000

当事業年度前における取得自己株式

当事業年度における取得自己株式

残存決議株式の総数及び価額の総額

当事業年度の末日現在の未行使割合(%)

 

 

 

当期間における取得自己株式

982,000

162,825

提出日現在の未行使割合(%)

57.3

45.7

 

(注) 当期間における取得自己株式には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(3) 【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

 

区分

株式数(株)

価額の総額(千円)

当事業年度における取得自己株式    

6,083

1,008

 

 

 

当期間における取得自己株式           

100

14

 

(注) 当期間における取得自己株式には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

(4) 【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

 

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

株式数(株)

処分価額の総額
(千円)

引き受ける者の募集を行った
取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る
移転を行った取得自己株式

その他

 

 

 

 

 

保有自己株式数

341,996

1,324,096

 

(注) 当期間における保有自己株式数には、平成28年6月1日から有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式数は含めておりません。

 

 

3 【配当政策】

当社は、株主価値の持続的な向上を目指し、将来の事業展開に必要な内部留保を確保しつつ、永続的かつ安定的な利益還元を行うことを基本としております。利益還元の目標としては、連結当期純利益の15%〜30%を目安とし、内部留保及び事業環境等を勘案し決定します。
 このような方針の下、第73期の期末配当につきましては、平成28年5月12日開催の取締役会において、1株当たり4円と決議し、前期に比べ1円増配させていただきました。
 また、平成28年5月12日開催の取締役会において、自己株式の取得を決議しており、配当と合わせたトータルでの利益還元を実施することで、株主還元の充実、資本効率の向上を図ります。 
 当社は期末配当及び中間配当をすることができる旨を定款に定めており、剰余金の配当等の決定機関は取締役会です。

 

(注) 基準日が当事業年度に属する剰余金の配当は、次のとおりです。

決議年月日

配当金の総額(千円)

1株当たり配当額(円)

平成28年5月12日
取締役会決議

191,644

4.00

 

 

4 【株価の推移】

(1) 【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

 

回次

第69期

第70期

第71期

第72期

第73期

決算年月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

平成28年3月

最高(円)

127

150

191

188

198

最低(円)

70

70

97

105

121

 

(注) 株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものです。

 

(2) 【最近6月間の月別最高・最低株価】

 

月別

平成27年10月

11月

12月

平成28年1月

2月

3月

最高(円)

159

169

170

162

153

162

最低(円)

136

156

151

131

121

144

 

(注) 株価は、東京証券取引所(市場第二部)におけるものです。

 

 

5 【役員の状況】

男性9名 女性—名 (役員のうち女性の比率—%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

代表取締役
社長

門 脇  進

昭和27年3月2日生

昭和49年5月

東洋曹達工業㈱(現東ソー㈱)入社

(注)3

60

平成14年6月

東ソー㈱ポリマー事業部機能性ポリマー部長

平成17年6月

同社理事東曹(広州)化工有限公司董事総経理

平成22年6月

同社取締役有機化成品事業部長

平成23年6月

同社取締役機能商品セクター副セクター長兼有機化成品事業部長

平成24年6月

当社代表取締役社長(現)

取締役
兼常務執行
役員

土浦事業所長兼土浦事業所生産技術部長 設備管理部、環境安全部、品質保証部、研究・開発部、購買部担当

田 中 利 彦

昭和31年3月21日生

昭和55年4月

東洋曹達工業㈱(現東ソー㈱)入社

(注)3

20

平成14年6月

大洋塩ビ㈱技術サービスグループ部長

平成17年6月

同社四日市工場長

平成21年6月

プラス・テク㈱取締役技術生産本部長

平成25年5月

東ソー㈱理事

平成25年6月

当社常務取締役土浦事業所長 設備環境管理部、品質保証部、研究・開発部担当

平成27年6月

当社取締役兼常務執行役員土浦事業所長兼土浦事業所生産技術部長 設備管理部、環境安全部、品質保証部、研究・開発部、購買部担当(現)

取締役
兼常務執行
役員

人事・総務部、経理部、監査室担当

稲 葉 英 介

昭和31年4月25日生

昭和55年4月

㈱日本興業銀行入行

(注)3

22

昭和63年12月

無所属海外派遣カナダ興銀出向

平成10年4月

国際営業第二部第二班副参事役(班長)欧州委員会委員

平成13年6月

シンガポール支店副支店長

平成14年4月

㈱みずほ銀行東京支店第二部副部長

平成15年3月

㈱みずほコーポレート銀行(現㈱みずほ銀行)(㈱シーザーパーク・ホテルアンドリゾートアジア出向)

平成17年12月

同行企業推進第二部付参事役

平成18年1月

㈱みずほフィナンシャルグループ監査業務部参事役

平成21年6月

当社顧問

平成21年6月

当社常務取締役 人事・総務部、経理部、監査室担当

平成26年6月

当社取締役兼常務執行役員 人事・総務部、経理部、監査室担当(現)

取締役
兼常務執行
役員

建装事業部長 マーケティング部担当

中 瀨 雅 廣

昭和31年8月13日生

昭和54年4月

当社入社

(注)3

22

平成20年4月

当社購買部長

平成20年6月

当社理事購買部長

平成25年6月

当社取締役建装事業部長 マーケティング部担当

平成26年6月

当社取締役兼執行役員建装事業部長 マーケティング部担当

平成27年6月

当社取締役兼常務執行役員建装事業部長 マーケティング部担当(現)

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

取締役
兼執行役員

経営管理部、情報システム部担当 購買部副担当

松 本 公 一

昭和35年7月26日生

昭和60年5月

東洋曹達工業㈱(現東ソー㈱)入社

(注)3

平成21年6月

東ソー㈱財務部長

平成26年6月

同社購買・物流部原燃料グループ・リーダー

平成28年6月

当社取締役兼執行役員 経営管理部、情報システム部担当 購買部副担当(現)

取締役

田 中 達 也

昭和26年6月29日生

昭和49年4月

三井石油化学工業㈱(現三井化学㈱)入社

(注)3

平成15年6月

三井化学㈱石化原料事業部長

平成17年6月

同社理事石化事業グループ石化企画管理部長

平成20年8月

同社退社

平成20年9月

田中藍㈱入社 常務取締役東京支社長

平成22年7月

同社代表取締役社長(現)

平成28年6月

当社取締役(現)

取締役
(監査等
委員)

平 山 達 也

昭和30年1月7日生

昭和52年4月

当社入社

(注)4

10

平成13年6月

当社建装部長

平成18年6月

当社理事建装事業部長

平成22年6月

当社理事建装事業部長

平成26年6月

当社執行役員防水事業部長

平成27年6月

当社監査役(常勤)

平成28年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

取締役
(監査等
委員)

大 石 秀 夫

昭和25年4月9日生

昭和49年4月

電気化学工業㈱(現デンカ㈱)入社

(注)4

平成12年6月

同社エンジニアリング事業部長

平成19年6月

同社執行役員大船工場長

平成22年4月

同社上席執行役員大船工場長

平成23年4月

同社顧問

平成23年6月

同社常勤監査役

平成27年6月

同社顧問(現)

平成27年6月

当社取締役

平成28年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

取締役
(監査等
委員)

河 本 浩 爾

昭和32年7月28日生

昭和55年4月

東洋曹達工業㈱(現東ソー㈱)入社

(注)4

平成17年6月

東ソー㈱財務部長

平成22年6月

同社理事経営管理室長兼IT戦略室長

平成25年6月

同社取締役経営管理室長兼IT戦略室長

平成27年6月

当社取締役

平成28年6月

東ソー㈱取締役常務執行役員経営管理室長兼購買・物流部長 IT戦略室、財務部、広報室、総務部、監査室担当(現)

平成28年6月

当社取締役(監査等委員)(現)

134

 

(注) 1 平成28年6月29日開催の定時株主総会において定款の変更が決議されたことにより、当社は同日付をもって監査等委員会設置会社へ移行しました。

   2 監査等委員でない取締役田中達也並びに監査等委員である取締役大石秀夫及び河本浩爾は、会社法第2条第15号に定める社外取締役です。

   3 監査等委員でない取締役の任期は、平成29年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。

   4 監査等委員である取締役の任期は、平成30年3月期に係る定時株主総会終結の時までです。

   5 監査等委員会の体制は、次のとおりです。
   委員長 平山達也  委員 大石秀夫  委員 河本浩爾

 

   6 当社は、執行役員制度を導入しており、取締役を兼務していない執行役員は次のとおりです。

役名

職名

氏名

常務執行役員

壁装事業部長

土 谷 敏 夫

常務執行役員

防水事業部長兼大阪支店長 住宅事業部担当

江 森 正 光

執行役員

開発事業部長兼開発営業部長

常 盤 昭 夫

執行役員

研究・開発部長

佐 藤   保

執行役員

土浦事業所 第一製造部長

前 田   篤

 

   7 当社は、法令に定める監査等委員である取締役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第3項に定める補欠の監査等委員である取締役1名を選任しております。補欠の監査等委員である取締役の略歴は次のとおりです。 

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数
(千株)

堀 谷 宏 志

昭和44年5月13日生

平成5年4月

東ソー㈱入社

(注)

平成27年1月

同社経営企画・連結経営部(現)

 

(注) 補欠の監査等委員である取締役の任期は、就任した時から退任した監査等委員である取締役の任期の満了の時までです。

 

 

6 【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1) 【コーポレート・ガバナンスの状況】

 当社は、『ステークホルダーの信頼に応え続けること』を経営の基本として捉え、コーポレート・ガバナンスを一層充実させる為に、経営のスピードアップと事業遂行力の向上、企業行動の透明性と健全性の確保、適時かつ適切な情報開示及びアカンタビリティ(説明責任)の充実に努めております。

①企業統治の体制

ア.企業統治の体制

 当社は、平成28年6月に開催された第73回定時株主総会の決議を経て監査等委員会設置会社へ移行致しました。監査等委員会設置会社では、取締役でもある監査等委員で構成される監査等委員会を設置し、経営の監査・監督機能を果たします。また、取締役会は重要な業務執行の決定を大幅に取締役に委任することにより、業務執行の迅速化を図るとともに、取締役会の業務執行者に対する監督機能が強化されております。
 具体的には、当社の取締役会は監査等委員でない取締役6名(うち社外取締役1名)、監査等委員である取締役3名(うち社外取締役2名)で構成し、客観的かつ公正な社外取締役の意見を踏まえた透明性の高い経営の実現を図っております。取締役会は、月1回開催することを原則とし、その他必要に応じて随時開催して「取締役会規則」に定める事項の決定を行い、また、業務の執行状況等に関する報告を受けております。
 また、経営の意思決定機能及び監督機能と、業務執行機能の分離を図るため執行役員制度を導入しております。取締役会で選任された執行役員は、会社の方針のもとにその委嘱業務を遂行しております。
 当社は取締役会決議事項以外の業務執行の決定は代表取締役社長が行っています。代表取締役社長の業務執行決定にあたり、重要事項に関しては社長及び全執行役員で構成する経営会議にて審議され、代表取締役社長の意思決定を補佐しています。
 社外取締役が過半を占める監査等委員会は経営の監査・監督機能を担っております。監査等委員会は、内部監査部門から内部監査等の結果の報告を受けるなど当社の内部統制システムを活用するとともに、必要に応じて当社及び子会社の役職員に対して報告を求めることができる体制としております。

 

イ.リスク管理体制及びコンプライアンス体制の整備の状況等

 当社は、「リスク管理基本規程」に則り、リスク管理体制を整備するとともに役職員への周知徹底を行っており、リスク管理の状況は定期的に取締役会に報告しております。
 当社グループでは、コンプライアンスを企業活動の重要課題の一つとして位置づけ、法令・定款及び社会規範を遵守するための行動指針を示した「ロンシール・グループ コンプライアンス行動指針」を定め、役職員一人一人が高い倫理観を持ち公正誠実にコンプライアンスを実践するよう継続的な教育を推進しております。また、コンプライアンスに関する相談及び通報が出来る体制を整えるため、コンプライアンス担当部門及びコンプライアンス相談窓口を設置しております。なお、当社は通報を行った者に対し、当該通報したことを理由に不利な取扱いを行わないことを確保しております。

 

ウ.子会社の業務の適正を確保するための体制の整備の状況等

 当社は、「子会社管理規程」に則り、その適正な運用を図っており、子会社は、当社のリスク管理体制に準じた自律的な管理体制を構築・運用し、当社は適切な報告を求めております。また、子会社は、職務権限及び意思決定のルールを明確化し、当社は適切な管理及び指導を行っております。
 当社は、当社グループの役職員が法令・定款及び社会規範を遵守するための行動規範を示した「ロンシール・グループ コンプライアンス行動指針」を子会社へ周知徹底しております。
 

 

②内部監査及び監査等委員会監査の体制

 当社は内部監査部門として監査室を設置しており、2名体制で「内部監査規程」及び「内部統制規程」に基づき当社及び子会社の監査等を実施し、その結果を代表取締役社長へ報告するとともに、必要な改善事項の指摘、改善状況のフォローアップ等を実施しています。
 監査等委員会は社外取締役2名を含む3名で構成され、監査等委員会が定める「監査等委員会規則」及び「監査等委員会監査等基準」に基づき、法令に定める監査等委員会監査を網羅的に実行する体制を整え、重要な会議への出席、重要な決裁書類等を閲覧するとともに、取締役、執行役員及び使用人からの職務の執行状況の報告を聴取し、常に取締役の業務執行状況等を監査・監督する体制としています。
 また、監査等委員会、内部監査部門並びに会計監査人は必要に応じて意見・情報交換を行い、監査の有効性・効率性を高めるため相互に連携強化に努めております。

 

③会計監査の状況

 当社の会計監査業務を執行した公認会計士は、平山昇及び朝長義郎であり、聖橋監査法人に所属しております。当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士5名、その他2名です。

 


 

④社外取締役

 当社は、コーポレート・ガバナンス体制の強化・監査体制拡充のため社外取締役3名を選任しております。
 社外取締役田中達也氏は、事業会社の経営者として多岐に亘る経験、実績、見識を有しており、客観的かつ公正な立場で当社のコーポレート・ガバナンスの強化に適任であると判断し選任しております。田中達也氏が代表を務める田中藍株式会社との間に特別な利害関係はありません。社外取締役(監査等委員)大石秀夫氏は、事業会社において製造部門、技術部門等での多岐に亘る経験、実績、見識を有しており、客観的かつ公正な立場で当社の経営に関する監査・監督の強化に適任であると判断し選任しております。大石秀夫氏が顧問を務めるデンカ株式会社と当社の間には、一部製品販売に関する取引がありますが、その取引は僅少であり、社外取締役の独立性に影響を及ぼすものではありません。なお、両氏については、東京証券取引所が指定を義務付ける独立役員として選任しております。社外取締役(監査等委員)河本浩爾氏は、事業会社において経営管理部門等での多岐に亘る経験、実績、見識並びに財務・会計に関する適切な知見を有しており、客観的かつ公正な立場で当社の監査・監督の強化に適任であると判断し選任しております。河本浩爾氏が取締役を務める東ソー株式会社は当社株式の32.07% (平成28年3月31日現在)を保有し、同社からは一部の原材料の供給を受けております。同社との取引は定常的な取引であり、社外取締役個人が直接利害関係を有するものではありません。なお、同社との取引に関する事項は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項 関連当事者情報」に記載のとおりです。
 当社は、東京証券取引所の規定する独立性基準を採用しております。
 また、他社の取締役、監査役等として培われた企業経営等の豊富な経験、実績及び見識等により、当社経営の意思決定への参画や業務執行状況の監督等を行うに適任であるとの判断により、社外取締役を選任しております。

 社外取締役の兼職する主な他の法人等及び役職は次のとおりです。

役名

氏名

兼職する主な他の法人等及び役職

社外取締役

田 中 達 也

田中藍株式会社 代表取締役社長

社外取締役(監査等委員)

大 石 秀 夫

デンカ株式会社 顧問

社外取締役(監査等委員)

河 本 浩 爾

東ソー株式会社 取締役 常務執行役員

 

 

⑤役員の報酬等

ア.提出会社の役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額
(千円)

報酬等の種類別の総額(千円)

対象となる
役員の員数
(名)

基本報酬

ストック
オプション

賞与

退職慰労金

 取締役
 (社外取締役を除く)

93,216

93,216

8

 監査役
 (社外監査役を除く)

24,300

24,300

3

 社外役員

9,024

9,024

6

 

 

イ.提出会社の役員ごとの連結報酬等の総額等

 連結報酬等の総額が1億円以上である者が存在しないため、記載しておりません。

 

ウ.使用人兼務役員の使用人給与のうち、重要なもの

 該当事項はありません。

 

エ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針

 監査等委員でない業務執行取締役の報酬の算定は、会社の持続的な成長へ向けた健全なインセンティブとの観点等から、会社全体の業績及び当該取締役の中長期的な観点も含めた会社の業績への貢献度合い等を毎年度評価し、取締役会で決定しております。監査等委員でない非業務執行取締役の報酬の算定は、監督機能を有効に機能させる観点等により取締役会で決定しております。監査等委員である取締役の報酬は監査等委員の協議によって定めることとしております。

 

⑥株式の保有状況

ア.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式
  銘柄数            15銘柄
  貸借対照表計上額の合計額   823,228千円

 

イ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

(前事業年度)

 特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

保有目的

大和ハウス工業㈱

200,000

474,200

取引関係の強化

㈱サンゲツ

56,000

101,752

取引関係の強化

㈱みずほフィナンシャル グループ

200,000

42,220

取引関係の強化

㈱りそなホールディングス

30,000

17,898

取引関係の強化

太平化学製品㈱

61,000

3,660

取引関係の強化

リリカラ㈱

20,000

3,660

取引関係の強化

チッソ㈱

100,000

1,200

取引関係の強化

 

(注) 大和ハウス工業㈱及び㈱サンゲツ以外の銘柄は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下ですが、銘柄数が30に満たないため、全て記載しております。

 

(当事業年度)

 特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額(千円)

保有目的

大和ハウス工業㈱

200,000

633,200

取引関係の強化

㈱サンゲツ

56,000

114,296

取引関係の強化

㈱みずほフィナンシャル グループ

200,000

33,620

取引関係の強化

㈱りそなホールディングス

30,000

12,048

取引関係の強化

リリカラ㈱

20,000

2,600

取引関係の強化

太平化学製品㈱

61,000

1,830

取引関係の強化

チッソ㈱

100,000

900

取引関係の強化

 

(注) 大和ハウス工業㈱及び㈱サンゲツ以外の銘柄は、貸借対照表計上額が資本金額の100分の1以下ですが、銘柄数が30に満たないため、全て記載しております。

ウ.保有目的が純投資目的である投資株式

 

前事業年度
(千円)

当事業年度
(千円)

貸借対照表計上額の合計額

貸借対照表計上額の合計額

受取配当金の合計額

売却損益の合計額

評価損益の合計額

非上場株式以外の株式

693

626

△292

 

 

⑦剰余金の配当等の決定機関

 当社は、剰余金の配当等会社法第459条1項各号に定める事項については、法令に別段の定めがある場合を除き、株主総会の決議によらず取締役会の決議によって定める旨を定款に定めております。これは、資本政策及び配当政策を機動的に遂行することが可能となるよう定めたものです。

 

⑧取締役の定数

 当社の監査等委員でない取締役は3名以上とし、監査等委員である取締役は3名以上とする旨を定款に定めております。

 

⑨取締役の選任の決議要件

 当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使できる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨を定款に定めております。

 

⑩株主総会の特別決議要件

 当社は、株主総会の円滑な運営を目的として、会社法第309条第2項の規定による株主総会の決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。
 これは、株主総会における特別決議の定足数を緩和することにより、株主総会の特別決議事項の審議をより確実に行うことを目的とするものです。

 

(2) 【監査報酬の内容等】

① 【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

 

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

監査証明業務に
基づく報酬(千円)

非監査業務に
基づく報酬(千円)

提出会社

25,000

300

25,000

連結子会社

25,000

300

25,000

 

 

② 【その他重要な報酬の内容】

 該当事項はありません。

 

③ 【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

前連結会計年度

 当社が監査公認会計士等に対して報酬を支払った非監査業務の内容は、産業競争力強化法に基づく「生産性向上設備投資促進税制」に係る特例の認定申請に関する合意された手続業務です。

 

当連結会計年度

 該当事項はありません。

 

④ 【監査報酬の決定方針】

 当社の監査公認会計士等に対する監査報酬額は、監査人の独立性が損なわれることがないよう、監査等委員会の同意を得て、当社の事業規模から合理的と考えられる監査手続き及び監査日程等を勘案して決定します。

 





出典: ロンシール工業株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書