有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第5【経理の状況】

1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について

(1)当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第93条の規定により、国際会計基準(以下、「IFRS」という。)に準拠して作成しております。

 

(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下、「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。

 また、当社は、特例財務諸表提出会社に該当し、財務諸表等規則第127条の規定により財務諸表を作成しております。

 

(3)IFRSにより作成した連結財務諸表における主要な項目と、日本基準により作成した連結財務諸表におけるこれらに相当する項目との差異は、「第2 事業の状況 1 業績等の概要」に記載しております。

 

2.監査証明について

 当社は、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、連結会計年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の連結財務諸表及び事業年度(平成28年4月1日から平成29年3月31日まで)の財務諸表について、

有限責任監査法人トーマツにより監査を受けております。

 

3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備について

 当社は、連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備を行っております。その内容は以下のとおりであります。

 

(1)当社は、IFRSに準拠した財務情報を作成するため、グループ内の統一マニュアルを作成し、連結会社が随時閲覧できるようにしております。連結会社はIFRSに準拠した財務情報を作成し、IFRS決算チェックリストにて確認後、当社に財務情報とチェックリストを併せて提出しております。これらはIFRSについて十分な専門知識を有する社内の役員、使用人によって分析的手法等に基づいてレビューされ、必要に応じて照会を行い、不備等があれば修正・再提出させるプロセスを構築しております。

 

(2)グループ統一マニュアルは、国際会計基準審議会が公表するプレスリリースや基準書を随時入手し、最新のIFRSを把握し、定期的に内容の更新を行うとともに、更新版を連結会社に通知しております。また、四半期毎に重要な改訂及び決算上の留意点を含む指示書を配信し、連結会社の経理担当者の教育を行っております。これらの教育活動には、公益財団法人財務会計基準機構や監査法人等が主催する国際財務報告基準のセミナー等への参加及び社内勉強会を含み、社内における専門知識の蓄積に努めております。

 

1【連結財務諸表等】

(1)【連結財務諸表】

①【連結財政状態計算書】

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

 

注記

資産

 

 

 

非流動資産:

 

 

 

有形固定資産−純額

6,8,33

108,751

103,729

のれん

7,8

9,502

14,590

無形資産

7,33

16,317

26,412

持分法で会計処理されている投資

9

182

196

長期金融資産

11,22

15,820

7,357

その他の非流動資産

12,18

3,283

2,578

繰延税金資産

10

11,231

9,399

非流動資産合計

 

165,086

164,263

流動資産:

 

 

 

棚卸資産

13

66,408

65,501

売上債権及びその他の債権

14,22

92,887

98,315

その他の短期金融資産

11,22

10,984

17,788

未収法人所得税

 

587

389

その他の流動資産

12

16,764

16,477

現金及び現金同等物

22

286,292

296,851

流動資産合計

 

473,922

495,321

資産合計

 

639,007

659,583

 

 

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

 

注記

資本及び負債

 

 

 

資本

 

 

 

資本金

21(1)

6,264

6,264

資本剰余金

21(1)

15,899

15,899

自己株式

21(2)

△34,633

△6,816

その他の資本剰余金

21(2),23

△4,956

△5,345

利益剰余金

21(3),34

510,787

506,367

累積その他の包括利益

 

△96

△5,482

親会社の所有者に帰属する持分

 

493,265

510,887

非支配持分

21(4)

4,909

4,518

資本合計

 

498,174

515,405

負債

 

 

 

非流動負債:

 

 

 

長期有利子負債

15,16,22

35,404

504

その他の長期金融負債

11,22

3,110

4,843

退職給付に係る負債

18

1,859

2,001

引当金

19

2,335

2,419

その他の非流動負債

12

808

813

繰延税金負債

10

1,902

2,857

非流動負債合計

 

45,419

13,438

流動負債:

 

 

 

短期有利子負債

15,16,22

1,924

36,913

仕入債務及びその他の債務

20,22

41,407

41,371

その他の短期金融負債

11,22

311

652

未払法人所得税

 

13,243

11,649

引当金

19

1,284

1,333

その他の流動負債

12

37,247

38,822

流動負債合計

 

95,415

130,740

負債合計

 

140,834

144,178

資本及び負債合計

 

639,007

659,583

 

 

②【連結包括利益計算書】

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

 

注記

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

 

 

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

継続事業

 

 

 

収益:

 

 

 

売上収益

24

505,714

478,927

金融収益

25

1,721

8,022

持分法による投資利益

9

3

16

その他の収益

24

7,747

2,764

収益合計

 

515,186

489,729

費用:

 

 

 

商品及び製品・仕掛品の増減

 

△4,108

3,132

原材料及び消耗品消費高

 

94,136

74,304

人件費

18,23,24

118,222

114,504

減価償却費及び償却費

6,7,24

33,524

29,777

外注加工費

 

5,808

4,783

広告宣伝費及び販売促進費

 

13,077

12,912

支払手数料

24

27,132

28,523

減損損失

8

981

334

金融費用

18,25

976

1,130

為替差損益

24

2,567

2,389

その他の費用

6,7,17,24

103,773

107,147

費用合計

 

396,086

378,935

税引前当期利益

 

119,099

110,795

法人所得税

10

25,782

23,943

継続事業からの当期利益

 

93,317

86,852

当期利益

 

93,317

86,852

 

 

 

 

その他の包括利益:

26

 

 

純損益に振替えられない項目:

 

 

 

確定給付負債(資産)の純額の再測定

 

152

△281

その他の包括利益(損失)に関する法人所得税

10

11

△4

純損益に振替えられない項目合計

 

163

△285

その後に純損益に振替えられる可能性のある項目:

 

 

 

売却可能金融資産評価損益

 

△20

180

在外営業活動体の換算損益

 

△30,558

△5,808

持分法適用関連会社のその他の包括利益持分

 

△24

△1

その他の包括利益(損失)に関する法人所得税

10

△68

△58

その後に純損益に振替えられる

可能性のある項目合計

 

△30,670

△5,687

その他の包括利益(損失)合計

 

△30,507

△5,972

当期包括利益(損失)

 

62,810

80,879

 

 

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

 

注記

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

 

 

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

 

 

 

 

当期利益の帰属:

 

 

 

親会社の所有者

 

93,175

86,740

非支配持分

 

142

112

合計

 

93,317

86,852

 

 

 

 

当期包括利益(損失)の帰属:

 

 

 

親会社の所有者

 

62,885

81,069

非支配持分

 

△75

△189

合計

 

62,810

80,879

 

(単位:円)

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

 

注記

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

 

 

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

基本的1株当たり利益

27

 

 

継続事業

 

225.45

221.93

非継続事業

 

基本的1株当たり利益合計

 

225.45

221.93

希薄化後1株当たり利益

27

 

 

継続事業

 

224.85

221.49

非継続事業

 

希薄化後1株当たり利益合計

 

224.85

221.49

 

③【連結持分変動計算書】

(単位:百万円)

 

注記

資本金

資本剰余金

自己株式

その他の

資本剰余金

利益剰余金

平成27年4月1日残高

 

6,264

15,899

△5,932

△3,736

547,162

当期包括利益(損失)

 

 

 

 

 

 

当期利益

 

 

 

 

 

93,175

その他の包括利益(損失)

26

 

 

 

 

 

当期包括利益(損失)合計

 

 

 

 

 

93,175

所有者との取引額

 

 

 

 

 

 

所有者による拠出及び

所有者への分配

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

21(2)

 

 

△130,021

△130

 

自己株式の処分

21(2)

 

 

3,134

△1,153

 

自己株式の消却

21(2)

 

 

98,186

 

△98,186

配当(1株当たり75.00円)

21(3)

 

 

 

 

△31,527

その他の非支配持分の増減

21(4)

 

 

 

△361

 

株式報酬取引

(ストック・オプション)

23

 

 

 

425

 

累積その他の包括利益から

利益剰余金への振替

 

 

 

 

 

163

所有者による拠出及び

所有者への分配合計

 

△28,701

△1,220

△129,550

所有者との取引額合計

 

△28,701

△1,220

△129,550

平成28年3月31日残高

 

6,264

15,899

△34,633

△4,956

510,787

当期包括利益(損失)

 

 

 

 

 

 

当期利益

 

 

 

 

 

86,740

その他の包括利益(損失)

26

 

 

 

 

 

当期包括利益(損失)合計

 

 

 

 

 

86,740

所有者との取引額

 

 

 

 

 

 

所有者による拠出及び

所有者への分配

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

21(2)

 

 

△34,987

△20

 

自己株式の処分

21(2)

 

 

1,412

△662

 

自己株式の消却

21(2)

 

 

61,392

 

△61,392

配当(1株当たり 75.00円)

21(3)

 

 

 

 

△29,482

その他の非支配持分の増減

21(4)

 

 

 

△115

 

株式報酬取引

(ストック・オプション)

23

 

 

 

408

 

累積その他の包括利益から

利益剰余金への振替

 

 

 

 

 

△285

所有者による拠出及び

所有者への分配合計

 

27,817

△389

△91,160

所有者との取引額合計

 

27,817

△389

△91,160

平成29年3月31日残高

 

6,264

15,899

△6,816

△5,345

506,367

 

  (単位:百万円)

 

 

 

 

 

 

注記

 

 

 

 

 

親会社の

所有者に

帰属する

持分

 

 

非支配持分

 

 

資本合計

売却可能

金融資産

評価損益

在外営業

活動体の

換算損益

確定給付

負債

(資産)

の純額の

再測定

持分法適用関連会社のその他の包括利益持分

累積その

他の包括

利益

平成27年4月1日残高

 

△7

32,298

△1,934

30,357

590,014

6,081

596,095

当期包括利益(損失)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期利益

 

 

 

 

 

 

93,175

142

93,317

その他の包括利益(損失)

26

△12

△30,416

163

△24

△30,290

△30,290

△217

△30,507

当期包括利益(損失)合計

 

△12

△30,416

163

△24

△30,290

62,885

△75

62,810

所有者との取引額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所有者による拠出及び

所有者への分配

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

21(2)

 

 

 

 

 

△130,151

 

△130,151

自己株式の処分

21(2)

 

 

 

 

 

1,981

 

1,981

自己株式の消却

21(2)

 

 

 

 

 

 

配当(1株当たり75.00円)

21(3)

 

 

 

 

 

△31,527

△626

△32,153

その他の非支配持分の増減

21(4)

 

 

 

 

 

△361

△471

△832

株式報酬取引

(ストック・オプション)

23

 

 

 

 

 

425

 

425

累積その他の包括利益から

利益剰余金への振替

 

 

 

△163

 

△163

 

所有者による拠出及び

所有者への分配合計

 

△163

△163

△159,634

△1,097

△160,730

所有者との取引額合計

 

△163

△163

△159,634

△1,097

△160,730

平成28年3月31日残高

 

△20

1,882

△1,958

△96

493,265

4,909

498,174

当期包括利益(損失)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期利益

 

 

 

 

 

 

86,740

112

86,852

その他の包括利益(損失)

26

126

△5,511

△285

△1

△5,671

△5,671

△301

△5,972

当期包括利益(損失)合計

 

126

△5,511

△285

△1

△5,671

81,069

△189

80,879

所有者との取引額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

所有者による拠出及び

所有者への分配

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

21(2)

 

 

 

 

 

△35,007

 

△35,007

自己株式の処分

21(2)

 

 

 

 

 

749

 

749

自己株式の消却

21(2)

 

 

 

 

 

 

配当(1株当たり 75.00円)

21(3)

 

 

 

 

 

△29,482

△29,482

その他の非支配持分の増減

21(4)

 

 

 

 

 

△115

△202

△316

株式報酬取引

(ストック・オプション)

23

 

 

 

 

 

408

 

408

累積その他の包括利益から

利益剰余金への振替

 

 

 

285

 

285

 

所有者による拠出及び

所有者への分配合計

 

285

285

△63,446

△202

△63,648

所有者との取引額合計

 

285

285

△63,446

△202

△63,648

平成29年3月31日残高

 

106

△3,629

△1,960

△5,482

510,887

4,518

515,405

 

④【連結キャッシュ・フロー計算書】

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

 

注記

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

 

 

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

 税引前当期利益

 

119,099

110,795

 減価償却費及び償却費

 

33,524

29,777

 減損損失

 

981

334

 金融収益

 

△1,721

△8,022

 金融費用

 

976

1,130

 持分法による投資損失(△は利益)

 

△3

△16

 有形固定資産売却損(△は利益)

 

△842

△720

 有形固定資産除却損

 

400

226

 為替差損益(△は利益)

 

2,946

1,269

 その他

 

△2,040

3,589

営業活動によるキャッシュ・フロー

(運転資本の増減等調整前)

 

153,319

138,360

運転資本の増減

 

 

 

 棚卸資産の減少額(△は増加額)

 

△2,758

729

 売上債権及びその他の債権の減少額(△は増加額)

 

2,741

△5,528

 仕入債務及びその他の債務の増加額(△は減少額)

 

355

△859

 退職給付に係る負債及び引当金の増加額

(△は減少額)

 

267

16

小計

 

153,924

132,718

 利息の受取額

 

1,699

1,813

 配当金の受取額

 

8

50

 利息の支払額

 

△878

△858

 支払法人所得税

 

△23,206

△26,614

 還付法人所得税

 

342

553

営業活動によるキャッシュ・フロー

 

131,889

107,662

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

 定期預金の払戻による収入

 

11,909

10,149

 定期預金の預入による支出

 

△12,115

△8,898

 有形固定資産の売却による収入

 

2,746

1,060

 有形固定資産の取得による支出

 

△18,184

△21,528

 投資の売却による収入

 

128

5,818

 投資の取得による支出

 

△391

 子会社の売却による収入

 

0

 子会社の取得による支出

 

△1,792

△6,360

 合併交付金の支出

 

△2

△19

 事業譲受による支出

 

△111

△6,193

 その他の収入

 

4,903

597

 その他の支出

 

△2,254

△2,134

投資活動によるキャッシュ・フロー

 

△15,161

△27,507

 

(単位:百万円)

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

 

注記

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

 

 

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

 

 

 支払配当金

 

△31,496

△29,447

 非支配持分への支払配当金

 

△625

 短期借入金の増加(△は減少)

 

△94

△4

 長期借入金の返済による支出

 

△279

△258

 社債の償還による支出

15

△21

△21

 自己株式の売却による収入

21(2)

0

0

 自己株式の取得による支出

21(2)

△130,151

△35,007

 ストック・オプションの行使による収入

 

1,980

749

 非支配持分の取得による支出

21(4)

△832

△301

財務活動によるキャッシュ・フロー

 

△161,519

△64,289

現金及び現金同等物の増加(△は減少)

 

△44,791

15,866

現金及び現金同等物の期首残高

 

348,819

286,292

現金及び現金同等物に係る為替変動の影響額

 

△17,737

△5,307

現金及び現金同等物の期末残高

 

286,292

296,851

(注)非資金取引については、注記「28.非資金取引」に記載しております。

償還期日が3ヶ月以内に到来する短期投資はありません。

 

【連結財務諸表注記】

 

 

1. 報告企業

 

 HOYA株式会社(以下、「親会社」)は日本国にある株式会社であります。その登記している本社及び主要な事業所の住所は親会社のホームページ(URL http://www.hoya.co.jp)で開示されております。当社グループの主要な活動は、注記「5.セグメント情報」をご参照ください。

 

 

2. 財務諸表の基礎

(1)財務諸表の基本事項

 当社グループの連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号)第93条の規定により、IFRSに準拠して作成しております。

 当社は、連結財務諸表規則第1条の2に定める要件を満たしており、同条に定める指定国際会計基準特定会社に該当いたします。

 すなわち、「第5 経理の状況」の冒頭において、有価証券報告書に連結財務諸表の適正性を確保するための特段の取組みに係る記載を行い、また、IFRSの十分な知識を有する役員又は使用人の設置及びIFRSに基づく適正な財務書類作成体制の整備を行っております。

 具体的な取り組みについては、「第5 経理の状況 3.連結財務諸表等の適正性を確保するための特段の取組み及びIFRSに基づいて連結財務諸表等を適正に作成することができる体制の整備について」に記載しております。

 連結財務諸表の表示通貨は、日本円であり、百万円未満を四捨五入しております。

 親会社及び国内連結子会社は、日本において一般に公正妥当と認められた会計の原則(以下、「日本基準」)に基づき会計帳簿を保持し、財務諸表を作成しており、海外連結子会社は、それぞれの所在国での一般に公正妥当と認められた会計の原則に基づき会計帳簿を保持し、財務諸表を作成しております。このため、当連結財務諸表の作成にあたっては、IFRSへの準拠を図るべく一定の調整及び振替を加えております。これらの調整事項は法定の会計帳簿には記帳されておりません。

 

(2)新IFRSの適用の影響

 

 当社グループは、当連結会計年度より以下の基準を採用しております。

IFRS

新設・改訂の内容

IFRS第5号

(改訂)

売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業

・企業が資産(または処分グループ)を、売却目的保有から所有者への分配目的保有に、分類変更する場合(またはその逆の場合)、または分配目的保有の会計処理が中止となる場合について、特定のガイダンスを追加

IFRS第7号

(改訂)

金融商品:開示

・企業が金融資産譲渡後に、その譲渡金融資産に関して継続的関与を有する場合は、一定の開示が要求される。譲渡金融資産を回収するサービス業務契約が、継続的関与に該当するか否かのガイダンスを追加

・「開示−金融資産・負債の相殺表示」(IFRS第7号改訂)の期中財務諸表への適用について、IFRS第7号の記載を削除

IFRS第11号

(改訂)

共同支配の取決め

・共同支配事業に対する持分を取得し、その共同支配事業がIFRS第3号の事業の定義を満たす場合には、当取得に関する会計処理はIFRS第3号及び企業結合に関連する他のIFRSに従う

・共同支配事業の形成時における持分の取得にも適用

 

IFRS

新設・改訂の内容

IFRS第12号

(改訂)

他の企業への関与の開示

・全ての子会社を公正価値で測定する投資企業の財務諸表において、IFRS第12号で求められている投資企業に関連する開示を行う

IAS第16号

(改訂)
IAS第38号

(改訂)

有形固定資産
無形資産

・有形固定資産に関して、収益を基礎とした減価償却の使用を禁止

・無形資産に関して、一部の限定的な状況を除き、収益を基礎とした減価償却の使用を禁止

IAS第19号

(改訂)

従業員給付

・同一の通貨を共有する複数の国から構成される地域市場(例、ユーロ圏)の割引率について、以下を明確化

・退職後給付債務の割引率を決定する際に参照する優良社債に厚みのある市場が存在するか否かの評価は、通貨レベルで行う

・厚みのある市場が存在しない場合は、その通貨建の国債の市場利回りを参照する

IAS第34号

(改訂)

期中財務報告

・IAS第34号で要求される情報が、期中財務報告書内だが、期中財務諸表の外で、他の部分に表示される場合、期中財務諸表から期中財務報告書の他の部分に相互参照する方法で組み込む

 それぞれの経過規定に準拠して適用しております。

 上記の基準書については、当連結会計年度において重要な影響はありません。

 

(3)未適用の公表済み基準書及び解釈指針

 連結財務諸表の承認日までに主に以下の基準書及び解釈指針の新設又は改訂が公表されておりますが、当連結会計年度(平成29年3月期)以前に強制適用されるものではなく、当社グループでは早期適用しておりません。

 なお、これらの適用による影響は検討中であり、現時点では見積もることはできません。

 

IFRS

強制適用時期

(〜以降開始年度)

当社

グループ
適用時期

新設・改訂の内容

IFRS第9号

金融商品

平成30年1月1日〜

平成31年3月期

金融商品に関する会計処理の改訂

IFRS第15号

 

顧客との契約から生じる収益

平成30年1月1日〜

平成31年3月期

収益認識に関する会計処理の改訂

IFRS第16号

リース

平成31年1月1日〜

平成32年3月期

リースに関する会計処理の改訂

IAS第7号

(改訂)

キャッシュ・フロー計算書

平成29年1月1日〜

平成30年3月期

財務活動に係る負債の変動の開示の改訂

IAS第12号

(改訂)

法人所得税

平成29年1月1日〜

平成30年3月期

未実現損失に関する繰延税金資産の認識の改訂

IFRS第10号

(改訂)

IAS第28号

(改訂)

連結財務諸表

 

関連会社及びジョイント・ベンチャーに対する投資

未定

未定

投資者とその関連会社または共同支配企業との間の資産の売却または拠出に係る会計処理の改訂

 

3. 重要な会計方針の要約

 

(1) 測定の基礎

 

 連結財務諸表は、以下の会計方針で記載されているとおり、再評価額又は公正価値で測定されている特定の非流動資産及び金融商品を除き、取得原価により測定し、作成しております。当社グループが採用した重要な会計方針は以下のとおりであります。

 

 

(2) 連結の基礎

 ① 子会社

 連結財務諸表は、親会社及び親会社が各年度の3月31日現在で支配している事業体(子会社)の財務諸表に基づき作成しております。支配とは、投資先への関与により生じる変動リターンに対するエクスポージャーまたは権利を有し、かつ、投資先に対するパワーによりそのリターンに影響を及ぼす能力を有することをいいます。当社は、これらの支配の要素についての変化を示す事実や状況がある場合には、投資先を支配しているかどうかを再判定しております。

 すべての子会社は、当社グループが支配を獲得した日から支配を喪失する日まで、連結の対象に含めております。子会社が採用する会計方針が当社グループの会計方針と異なる場合には、必要に応じて当該子会社の財務諸表に調整を加えております。連結財務諸表の作成にあたり、連結会社間の内部取引高及び債権債務残高を相殺消去しております。

 支配を喪失しない子会社の当社グループの所有持分の変動は、資本取引として会計処理されます。当社グループの持分及び非支配持分の帳簿価額は、子会社に対する持分の変動を反映して調整されます。「修正された非支配持分の金額」と「支払った又は受領した対価の公正価値」との差額は資本に直接認識し、親会社の株主に帰属させます。

 当社グループが子会社の支配を喪失する場合、処分損益は (i)受取対価の公正価値及び残存持分の公正価値の合計と (ii) 子会社の資産(のれんを含む)、負債及び非支配持分の従前の帳簿価額との間の差額として算定されます。

 連結子会社の非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別されております。非支配持分は、当初の企業結合日での持分額及び企業結合日からの非支配持分の変動から構成されております。包括利益は非支配持分が負となる場合であっても親会社の所有者と非支配持分に帰属させております。

 ② 関連会社への投資

 関連会社とは、当社グループが投資先企業に対し、財務及び営業の方針を支配又は共同支配することはないものの、それらの方針の決定への参加を通じて重要な影響力を行使する立場にある場合の、当該投資先企業をいいます。

 関連会社の経営成績並びに資産及び負債の残高は、投資が、IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に従って会計処理される売却目的で保有する資産に分類される場合を除いて、持分法を適用して会計処理しております。

 持分法では、関連会社への投資は、「関連会社の純資産の当社グループ持分の取得後の変動」を修正した取得原価から、個々の投資の減損を差し引いて連結財政状態計算書に計上されております。

 関連会社の当社持分(関連会社への当社による純投資の実質的な一部を構成する長期持分を含む)を超える関連会社の損失は、当社の法的債務又は推定的債務が発生している、又は関連会社の代わりに支払いをした範囲内でのみ認識されており、それらを超える損失については持分の認識を停止しております。「取得原価」が取得日に認識された関連会社の「識別可能資産、負債及び偶発負債の公正価値純額の当社グループの持分」を超える金額は、その投資の一部として減損の評価が行われます。取得日に認識された関連会社の「識別可能資産、負債及び偶発負債の公正価値純額の当社グループの持分」が「取得原価」を超える金額は直ちに損益で認識されます。当社グループが当社グループの関連会社と取引する場合、その関連会社における当社グループ持分割合の損益が消去されます。

 

 ③ 共同支配の取決め

 当社グループは、共同支配の取決めへの関与を、当社グループの、その取決めの資産に対する権利または負債に係る義務により、ジョイント・オペレーション(取決めに関連して当社グループが資産への権利を有し、負債への義務を負う場合)と、ジョイント・ベンチャー(当社グループが取決めの純資産に対する権利のみを有する場合)に分類しております。

 

 ジョイント・オペレーションについては、その持分に関連した資産、負債、収益及び費用を認識します。

 ジョイント・ベンチャーについては、持分法を適用します。

 なお、当社グループでは、ジョイント・オペレーション及びジョイント・ベンチャーを有しておりません。

 

(3) 企業結合

 企業結合は、支配が獲得された時点で「取得法」を用いて会計処理しております。取得に直接起因する取引費用は損益として処理されます。被取得事業における識別可能資産及び引受負債は、取得日の公正価値で認識されます。

 取得日において、識別可能な資産及び引受負債は、以下を除き、取得日における公正価値で認識されます。

・繰延税金資産・負債及び従業員給付契約に関連する資産・負債

・被取得企業の株式報酬契約等

・IFRS第5号「売却目的で保有する非流動資産及び非継続事業」に従って売却目的に分類される資産または処分グループ

 

 当社グループが移転した企業結合の対価に、条件付対価契約から生じる資産又は負債が含まれる場合、条件付対価は、取得日の公正価値で測定され、移転した企業結合の対価の一部として含まれます。測定期間の修正として適格な条件付対価の公正価値の変動は遡及して修正され、対応してのれんの金額を修正いたします。測定期間の修正とは、「測定期間」(取得日から1年を超えることはできません)に取得した、取得日に存在した事実及び状況に関する追加的な情報から生じる修正であります。

 

測定期間の修正として適格でない条件付対価の、公正価値の変動は、以下のいずれかにより会計処理いたします。

① 資本に分類される条件付対価は、事後の報告日において再測定されず、事後の決済も資本取引として会計処理いたします。

② 資産又は負債に分類される条件付対価は、事後の報告日において、適切に、IAS第39号「金融商品:認識及び測定」又はIAS第37号「引当金、偶発負債及び偶発資産」に従い再測定され、対応する利得又は損失は、損益に認識いたします。

 

のれんは、移転した企業結合の対価、被取得事業の非支配持分の金額、及び取得企業が以前に保有していた被取得事業の資本持分の公正価値の合計金額が、取得日における識別可能資産及び引受負債の正味価額を上回る場合にその超過額として測定されます。負ののれんは直ちに損益に認識されます。

 非支配持分は、当社グループの持分とは別個に識別されます。被取得事業に対する非支配持分の測定については、以下のいずれかを個々の企業結合取引ごとに選択しております。
① 非支配持分を公正価値で測定。
② 取得事業の識別可能な資産・引受負債の純額に対する非支配持分の比例割合で測定。

 段階的に達成される企業結合の場合、当社グループが以前に保有していた被取得事業の資本持分は取得日(すなわち当社グループの支配獲得日)の公正価値で再評価され、発生した利得又は損失があれば損益として認識いたします。取得日以前にその他の包括利益に計上されていた被取得事業の持分の金額は、取得企業がその持分を処分した場合と同じ方法で会計処理されます。

IFRS移行日前の取得により生じたのれんは、IFRS移行日に減損テストを実施した後のIFRS移行日現在の従前の一般に認められた会計原則(日本基準)による帳簿価額で計上されております。

(4) 外貨換算

 ① 外貨建取引

 当社グループの各企業の個々の財務諸表は、その企業が営業活動を行う主たる経済環境の通貨(機能通貨)で表示されます。連結財務諸表の目的のため、各企業の財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローは、親会社の機能通貨であり、連結財務諸表の表示通貨である日本円で表示されます。各企業の個々の財務諸表を作成する際、その企業の機能通貨以外の通貨(外貨)での取引の換算については、取引日の為替レートが使用されます。

 各連結会計年度末日に、外貨建の貨幣項目は、連結会計年度末日の為替レートで換算されます。公正価値で計上された外貨建非貨幣項目は、公正価値が決定した日の為替レートで換算されます。

 換算又は決済により生じる為替差損益は、その期間の損益として認識されます。

 ② 在外子会社等の財務諸表

 連結財務諸表を表示するために、当社グループの在外子会社等の資産及び負債は、連結会計年度末日の為替レートを使用して日本円で表示されます。損益項目は、連結会計期間中の為替レートが著しく変動していない限り、その期間の平均為替レートで換算されます。為替レートに著しい変動がある場合には、取引日の為替レートが使用されます。換算差額が生じた場合、その他の包括利益に「在外営業活動体の換算損益」として認識され、累積額は資本の「累積その他の包括利益」に分類されます。在外営業活動体の換算損益は、在外子会社等が処分された期間に損益として認識されます。当該損益は、連結包括利益計算書の「その他の費用」に含まれております。

(5) 有形固定資産

当社グループは、有形固定資産の測定に「原価モデル」を採用しております。

有形固定資産は、取得原価から減価償却累計額及び減損損失累計額を控除した帳簿価額で表示されております。建設中の資産は、生産目的、管理目的又は使用目的が未定であるもののいずれも、取得原価により計上し、認識された減損損失累計額を控除しております。取得原価には、資産の取得に直接付随する費用、資産の解体・撤去及び設置していた場所の原状回復費用に関する初期見積り費用及び(該当ある場合には)長期プロジェクトのための借入コスト等が含まれます。これらの資産の減価償却は、使用可能となった時点から開始されます。

 重要な構成部分を定期的に交換する必要がある場合、当社グループはその部分について、固有の耐用年数により減価償却される個別資産として認識しております。また、日常的に生じる有形固定資産の保守費用は、発生時に損益として認識しております。

 土地及び建設仮勘定以外の資産の減価償却費は、以下の見積耐用年数にわたり、主として定額法で計上されます。

 見積耐用年数、残存価額及び減価償却方法は、将来に反映される見積りの変動の影響を考慮して、各連結会計年度末に見直されます。

 建物及び構築物               3−50 年
 機械装置及び運搬具             2−10 年
 工具器具及び備品              2−10 年

 ファイナンス・リースにより保有する資産は、リース期間の終了時までに所有権の移転が確実である場合は見積耐用年数で、確実でない場合はリース期間とリース資産の見積耐用年数のいずれか短い期間で、減価償却を行っております。

(6) リース

 リース契約により、資産の所有に伴うリスクと経済価値を実質的にすべて借手に移転する場合、当該リース取引はファイナンス・リースに分類しております。ファイナンス・リース以外のリース取引は、オペレーティング・リースに分類しております。

 当社グループにおけるファイナンス・リース資産は、機械装置及び運搬具、工具器具及び備品等であり、リース開始時のリース物件の公正価値と最低支払リース料総額の現在価値のいずれか低い金額をもって資産計上しております。リース債務は、短期有利子負債又は長期有利子負債として連結財政状態計算書に負債計上しております。金融費用は、負債残高に対して一定の期間利子率となるように、リース期間にわたって期間配分しております。

 オペレーティング・リースの支払リース料は、リース期間にわたって定額法により費用として認識しております。

 変動リース料は、発生した期間の費用として認識しております。

(7) 無形資産

 当社グループは、無形資産の測定に「原価モデル」を採用しております。また、無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した帳簿価額で表示されております。

 ① 個別に取得した無形資産及び企業結合で取得した無形資産

 個別に取得した無形資産は当初認識時に取得原価で測定されます。企業結合で取得した無形資産は、無形資産の定義を満たし、識別可能であり、かつ公正価値が信頼性をもって測定できる場合、のれんとは別個に識別され、取得日の公正価値で認識されます。

 ② 自己創設無形資産(研究開発費)

 研究活動の支出は、発生した連結会計年度に費用として認識されます。開発過程(又は内部プロジェクトの開発段階)で発生した費用は、以下のすべてを立証できる場合に限り、資産計上されます。
(a) 使用又は売却できるように無形資産を完成させることの技術上の実行可能性
(b) 無形資産を完成させ、さらにそれを使用又は売却するという企業の意図
(c) 無形資産を使用又は売却する能力
(d) 無形資産が可能性の高い将来の経済的便益を創出する方法
(e) 無形資産の開発を完成させ、さらにそれを使用又は売却するために必要となる、適切な技術上、財務上及びその他
  の資源の利用可能性
(f) 開発期間中に無形資産に起因する支出を、信頼性をもって測定できる能力

 自己創設無形資産の当初認識額は、無形資産が上記の認識条件のすべてを初めて満たした日から開発完了までに発生した費用の合計額であります。償却は、開発に費やした資金が回収されると見込まれる期間で行い、将来の経済的便益の獲得が期待できなくなった場合等には、残存する帳簿価額を損失として認識いたします。

 当初認識後、自己創設無形資産は、取得原価から償却累計額及び減損損失累計額を控除した金額で計上されます。自己創設無形資産が認識されない場合は、開発コストは発生した連結会計年度に費用として認識されます。

 

 ③ 無形資産の償却

 見積耐用年数にわたって定額法で償却しております。主な無形資産の見積耐用年数は以下のとおりであります。なお、耐用年数を確定できない無形資産はありません。

 特許権                 7−13年
 技術資産                10−20年
 顧客関連資産              5−15年
 ソフトウエア              3−5年

 

 ④ 無形資産の認識の中止

 処分の時点、又は使用もしくは処分による将来の経済的便益が期待できなくなった時点で、無形資産の認識を中止いたします。無形資産の認識の中止から生じる利得又は損失は、認識の中止時点で連結包括利益計算書に認識されます。

(8) のれん

 事業の取得から生じたのれんは、「移転された対価、被取得事業の非支配持分の金額及び取得企業が以前に保有していた被取得事業の資本持分の公正価値の合計額」が、取得日における「識別可能資産及び引き受けた負債の正味価額」を超える金額で資産に認識されます。のれんは当初、取得原価で資産として認識され、償却は行わず、毎連結会計年度において減損テストが実施されます。連結財政状態計算書には、取得原価から減損損失累計額を控除した帳簿価額で計上されます。

 のれんは、企業結合のシナジーから便益を得ることが期待される資金生成単位又は資金生成単位グループに配分されます。のれんが配分された資金生成単位は、各連結会計年度末、又は減損の兆候がある場合には随時、減損テストが実施されます。資金生成単位の回収可能価額が帳簿価額よりも低い場合、減損損失は、まず、その資金生成単位に配分されたのれんの帳簿価額から控除し、残額があればその資金生成単位におけるその他の資産の帳簿価額の比例割合でその他の資産から控除されます。のれんについて認識された減損損失はその後の期間で戻入ができません。資金生成単位の処分の際には、関連するのれんの金額は処分の損益額に含められます。

 なお、関連会社の取得により生じたのれんに関する当社グループの会計方針は、「(2)連結の基礎 ②関連会社への投資」に記載しております。

(9) 有形固定資産及び無形資産の減損

 当社グループでは、各連結会計年度末に有形固定資産及び無形資産の帳簿価額について、減損の兆候の有無を判定しております。減損の兆候がある場合には、その資産又はその資産の属する資金生成単位ごとの回収可能価額の見積りを行っております。

 合理的であり一貫性のある配分方法が識別できる場合、全社資産(のれん以外の資産で検討の対象である資金生成単位と他の資金生成単位の双方のキャッシュ・フローに寄与する資産)もまた、個々の資金生成単位又は資金生成単位のグループに配分されております。

 回収可能価額は、「売却費用控除後の公正価値」と、「使用価値」のいずれか高い金額となります。「使用価値」の算定は、貨幣の時間的価値及び当該資産に固有のリスクを反映した税引前割引率により見積ったキャッシュ・フローを、現在価値に割り引くことにより測定しております。

 資産(又は資金生成単位)の回収可能価額が帳簿価額を下回った場合、資産(又は資金生成単位)の帳簿価額は回収可能価額まで切り下げられます。

 減損損失を認識後に戻し入れる場合、当該資産(又は資金生成単位)の帳簿価額は、改訂後の見積回収可能価額まで増額いたします。ただし、当該減損の戻入は、戻入時点における資産(又は資金生成単位)が、仮に減損損失を認識していなかった場合の帳簿価額を超えない範囲で行われます。減損損失の戻入は直ちに純損益を通じて認識されます。

(10) デリバティブ金融商品

 デリバティブは、デリバティブ契約が締結された日の公正価値で当初認識され、当初認識後は各連結会計年度末日の公正価値で再測定されます。

 当社グループは、認識されている金融資産と負債及び将来の取引に関するキャッシュ・フローを確定するため、先物為替予約を利用しております。

 なお、上記デリバティブについて、ヘッジ会計の適用となるものはありません。従って、デリバティブ金融商品は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に分類しております。

 デリバティブ金融商品に関する詳細は、注記「22.金融商品」で記載しております。

(11) デリバティブ以外の金融資産

 ① 当初認識及び測定

 すべての通常の方法での金融資産の購入又は売却(市場の規制又は慣行により定められている期間内での資産の引渡しを要求する金融資産の購入又は売却)は、約定日において、認識もしくは認識の中止を行い、当初は公正価値に取引コストを加算した金額で測定されます。

 金融資産は、以下の4つのカテゴリーに分類されます。

・純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

・満期保有投資

・貸付金及び債権

・売却可能金融資産
 この分類は、金融資産の性質と目的に依存し、当初の認識時に決定されます。

 ② 純損益を通じて公正価値で測定する金融資産

 金融資産が、トレーディング目的保有又は純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定された場合、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に区分されます。

 金融資産は、以下のいずれかの場合に、トレーディング目的保有に分類されます。
(a) 主として短期間に売却する目的で取得した金融資産

(b) 当初認識時において、当社グループがまとめて管理しており、かつ最近における短期的な利益獲得の実績がある、特定の金融商品のポートフォリオの一部である金融資産

(c) ヘッジ手段として指定しておらず有効でもないデリバティブ

 トレーディング目的で保有する金融資産以外の金融資産は、以下のいずれかであれば、当初の認識で「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に指定される可能性があります。

(a) その指定が、起きるであろう測定又は認識の矛盾(会計上のミスマッチ)を消し去るか、又は大幅に減少する。

(b) 金融資産が、当社グループの文書化されたリスク管理又は投資戦略にしたがって管理され、その実績が公正価値で測定されており、グルーピングに関する情報が内部に公正価値のベースで提供されている「金融資産又は金融負債(又はその両方)のグループ」の一部を形成している。

(c) 1つ以上の組込みデリバティブを含む契約の一部を形成している(IAS第39号「金融商品:認識及び測定」は、完全な結合契約(資産又は負債)を、純損益を通じて公正価値で測定する金融資産に指定することを認めている)。

 「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に指定された金融資産は、公正価値で測定され、関連する変動は損益として認識されます。上記を含め、認識された損益は、配当収益、利息収益又は評価損益として連結包括利益計算書に認識されます。

 なお、当社グループは、平成28年3月31日及び平成29年3月31日現在、「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」に指定された金融資産(デリバティブ以外)を保有しておりません。

 

 ③ 満期保有投資

 当社グループが満期まで保有する明確な意図と能力を有するデリバティブ以外の金融資産は、「満期保有投資」に分類されます。「満期保有投資」は、減損控除後の実効金利法を使用した償却原価で測定され、収益は実効金利にて認識されます。

 当社グループは、平成28年3月31日及び平成29年3月31日現在、「満期保有投資」を保有しておりません。

 なお、実効金利法は、金融資産の償却原価の計算方法であり、関連する期間にわたり受取利息を配分する方法であります。実効金利は、将来の現金受領額の見積額(その計算にあたっては、実効金利の不可分の一部となる契約当事者間で授受されるすべてのプレミアム又はディスカウントを含む)を金融資産の予想残存期間、又は適切な場合にはより短い期間にわたり、正確に割り引く利率であります。

 

 ④ 貸付金及び債権

 活発な市場で値付けされていない貸付金、売上債権、その他の債権は、「貸付金及び債権」に分類されております。「貸付金及び債権」は、実効金利法を適用した償却原価から減損損失を控除して測定されております。受取利息は、原則として、実効金利法を適用して認識しております。

 ⑤ 売却可能金融資産

 デリバティブ以外の金融資産のうち、「売却可能金融資産」に指定されたもの、又は「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」、「満期保有投資」もしくは「貸付金及び債権」のいずれにも分類されないものは「売却可能金融資産」に分類されております。

 市場で取引されている売却可能な上場株式は、公表市場価格で測定されます。非上場株式については、評価技法を適用して算定された公正価値で測定されます。公正価値は、注記「22.金融商品」に示した方法で決定されます。公正価値の変動から生じる損益は、その他の包括利益として認識されます。一方、減損損失及び貨幣性資産に係る外貨換算損益は、例外的に損益として認識されます。
 金融資産の認識が中止された場合、又は減損損失が認識された場合には、当該時点まで累積その他の包括利益として認識していた損益は、その期間の損益に振替えられます。
 売却可能金融資産に係る配当は、当社グループの配当を受け取る権利が確定した時点で、損益として認識いたします。外貨建の売却可能金融資産の公正価値は、外貨で決定され、連結会計年度末日の為替レートで換算されます。外貨建て貨幣性資産の為替レート変動の影響は為替差損益に、その他の外貨建て売却可能金融資産の為替レート変動の影響は、その他の包括利益で認識されます。

 ⑥ 金融資産の減損

 「純損益を通じて公正価値で測定する金融資産」以外の金融資産は、各連結会計年度末において、減損の客観的証拠があるかどうかを検討しております。金融資産は、金融資産の当初の認識以降に発生する1つ以上の事象の結果として当該金融資産の見積将来キャッシュ・フローが影響を受けているという客観的な証拠がある場合には、減損損失が認識されます。

 「売却可能金融資産」に分類された上場及び非上場株式については、著しく、又は長期に公正価値が取得原価を下回ることは、減損の客観的な証拠とみなされます。「売却可能金融資産」に分類された償還可能証券、ファイナンス・リース債権を含むすべてのその他の金融資産に関する減損の客観的な証拠には、以下の項目が含まれます。
(a) 発行者又は関係者の重大な財政状態の悪化
(b) 利息又は元本支払の債務不履行、延滞
(c) 発行者が破産する又は財政的再編成を行う可能性が高い

 売上債権等の特定の分野の金融資産については、個々には減損していなくても、全体的な減損の評価が行われます。債権のポートフォリオの減損の客観的な証拠には、債権の債務不履行に関連する国又は地方の経済状況の変化、及び平均信用供与期間である90日〜120日を超えたポートフォリオにおける支払遅延の増加等が含まれます。

 償却原価で評価される金融資産については、減損損失の金額は、「資産の帳簿価額」と「金融資産の当初の実効金利で割り引いた見積将来キャッシュ・フローの現在価値」との差額であります。金融資産の帳簿価額は、貸倒引当金を用いて減損損失が計上される売上債権等を除いて、減損損失額を直接減額いたします。売上債権等は回収期日を変更した債権も含め、回収不能と判断される場合には貸倒引当金が設定され、その後債権が放棄された場合及び回収された場合には貸倒引当金を減額いたします。貸倒引当金の変動は使用による減少を除き損益として認識されます。売却可能金融資産を除いて、その後の期間で、減損損失の金額が減少し、減少が減損損失認識後に発生した事象に客観的に関連している場合には、以前に認識した減損損失は、減損損失を戻し入れた後の投資の帳簿価額が減損損失を認識しなかった場合の償却原価を超えない範囲で損益を通して戻し入れます。

 「売却可能金融資産」に分類されている資本性金融商品に関しては、以前に損益で認識した減損損失は、損益を通して戻すことはできません。減損後の公正価値の変動は、追加の減損が生じない限り、その他の包括利益を通して認識されます。

 ⑦ 金融資産の認識の中止

 当社グループは、金融資産からのキャッシュ・フローに対する契約上の権利が失効する、又は当社グループが金融資産の所有のリスクと経済価値のほとんどすべてを移転する場合にのみ金融資産の認識を中止いたします。当社グループが、移転した当該金融資産に対する支配を継続している場合には、継続的関与を有している範囲において、資産と関連する負債を認識いたします。

(12) 棚卸資産

 棚卸資産は、原価又は正味実現可能価額のいずれか低い金額で計上されます。正味実現可能価額とは、通常の事業の過程における見積売価から、完成までに要する費用及び販売に要する見積費用を控除した金額であります。原価は、主として総平均法に基づいて算定されており、購入原価、加工費及び棚卸資産の現在の保管場所及び状態に至るまでに要した全ての費用を含んでおります。加工費には、固定及び変動製造間接費の適切な配賦額も含んでおります。

(13) 現金及び現金同等物

 現金及び現金同等物は、手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資から構成されております。

(14) 売却目的で保有する資産

 非流動資産(又は処分グループ)の帳簿価額が、継続的使用よりも、主として売却取引により回収される場合に、当該資産(又は処分グループ)は、「売却目的で保有する資産」として分類されます。「売却目的で保有する資産」としての分類の条件は、売却の可能性が非常に高く、現状で直ちに売却することが可能な場合にのみ満たされます。経営者が、当該資産の売却計画の実行を確約していなければならず、分類した日から1年以内で売却が完了する予定でなければなりません。

 当社グループが子会社に対する支配の喪失を伴う売却計画を確約し、かつ、上記の条件を満たす場合、当社グループが売却後も従前の子会社に対する非支配持分を有するか否かにかかわらず、当該子会社の全ての資産及び負債が売却目的保有に分類されます。

 売却目的で保有する資産は、「帳簿価額」と「売却費用控除後の公正価値」のいずれか低い金額で測定いたします。「売却目的で保有する資産」に分類後の有形固定資産及び無形資産については、減価償却又は償却は行いません。

(15) 自己株式

 

 再取得された自己の資本性金融商品(自己株式)は取得原価で評価され、資本から控除されます。当社の自己株式の購入、売却又は消却においていかなる利得及び損失も損益としては認識されません。なお、帳簿価額と売却時の対価との差額はその他の資本剰余金として認識されます。

(16) 株式報酬

 当社では、取締役、執行役及び一部の従業員に対するインセンティブ制度として、ストック・オプション制度を設けております。ストック・オプション(資本性金融商品)は、付与日に当社の株価等を参照して公正価値で測定されます。ストック・オプションの公正価値を決定するための詳細は、注記「23. 株式報酬制度」に記載しております。

 ストック・オプションの付与日に決定した公正価値は、最終的に権利確定すると予想されるストック・オプションの数を考慮した上で、権利確定期間にわたって定額法で費用計上され、同時に、その他の資本剰余金が認識されます。毎期、当社グループは権利確定することが予想されるストック・オプションの数の見積りを修正します。当連結会計年度の見積りの修正の影響は、その他の資本剰余金(ストック・オプション)の修正と対応して、累積費用が修正された見積りを反映するように損益で認識されます。

 上記に記述されている方針は、平成14年11月7日より後に付与され、平成20年4月1日以降に権利が確定するストック・オプションに適用されます。

(17) 利益の配当

 親会社の株主に対する配当は、連結財務諸表上、当該配当が親会社の取締役会によって承認された日の属する期間の負債として認識しております。

(18) デリバティブ以外の資本性金融商品及び金融負債

 ① 資本性金融商品(株式)

 資本性金融商品は、企業のすべての負債を控除した後の資産に対する残余持分の所有権を表す契約であります。

 ② 金融負債

 金融負債は、「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」又は「その他の金融負債」のいずれかに分類されます。

 ③ 純損益を通じて公正価値で測定する金融負債

 金融負債が、トレーディング目的保有又は「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」に指定された場合、「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」に区分されます。

 金融負債は、以下のいずれかの場合に、トレーディング目的保有に分類されます。
 (a) 主として短期間に売却又は買戻しを行う目的で取得又は発生させたもの
 (b) 当初認識時において、まとめて管理され、かつ、最近における実際の短期的な利益獲得のパターンの証拠があると
   識別されたポートフォリオの一部であるもの
 (c) デリバティブ(金融保証契約又は指定された有効なヘッジ手段であるデリバティブを除く)

 トレーディング目的で保有する金融負債以外の金融負債は、以下のいずれかであれば、当初認識で「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」に指定される可能性があります。

 (a) その指定が、起きるであろう測定又は認識の矛盾(会計上のミスマッチ)を消し去るか、又は大幅に減少する。

 (b) 金融負債が、当社グループの文書化されたリスク管理又は投資戦略にしたがって管理され、その業績が公正価値で測定されており、グルーピングに関する情報が内部に公正価値のベースで提供されている「金融資産又は金融負債(又はその両方)のグループ」の一部を形成している。

 (c) 1つ以上の組込みデリバティブを含む契約の一部を形成している(IAS第39号「金融商品:認識及び測定」は、完全な結合契約(資産又は負債)が純損益を通じて公正価値で測定する金融負債に指定することを認めている)。

 「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」に指定された金融負債は、公正価値で測定され、関連する変動は損益として認識されます。上記を含め、認識された損益は、利息費用又は評価損益として連結包括利益計算書に認識されます。公正価値は注記「22.金融商品」で示した方法で決定されます。

 なお、当社グループは、平成28年3月31日及び平成29年3月31日現在、「純損益を通じて公正価値で測定する金融負債」に指定された金融負債を保有しておりません。

 ④ その他の金融負債

 借入金を含むその他の金融負債は、取引コスト控除後の公正価値で当初測定されます。当初認識後は、実効金利法を使用した償却原価で測定され、支払利息は、実効金利法で認識されます。

 ⑤ 金融負債の認識の中止

 当社グループは、金融負債が消滅した時、すなわち、契約中に特定された債務が免責、取消し、又は失効となった時に、金融負債の認識を中止いたします。

 

 ⑥ 金融保証契約

 金融保証契約は以下のいずれか大きい金額で事後測定されます。
 ・IAS第37号「引当金、偶発負債及び偶発資産」にしたがって決定された、契約上の債務の金額
 ・当初認識の額から、IAS第18号「収益」に従って認識された累積償却額を控除した金額

(19) 退職給付

 確定給付型の退職給付に係る費用は、各連結会計年度末に、年金数理計算で予測単位積増方式を用いて算定しております。

 再測定は、数理計算上の差異、資産上限額の変動の影響、制度資産に係る収益(利息分除く)を含み、発生期間にその他の包括利益に認識することで即時に財政状態計算書に反映されます。その他の包括利益に認識された再測定は、即時に利益剰余金に反映され、純損益には振り替えられません。

 過去勤務費用は、制度改定が行われた期間に純損益に認識しております。

 利息純額は、確定給付負債又は資産の純額に対して、報告期間の期首時点の割引率を使用して計算しております。

 確定給付費用は以下のように分類しております。

・勤務費用(当期勤務費用、過去勤務費用、縮小及び清算に伴う利得又は損失を含む)

・利息費用純額又は利息収益純額

・再測定

 当社グループは、確定給付費用の最初の2つの要素を「人件費」及び「金融費用」の項目で純損益に表示しております。

 連結財政状態計算書上に認識される退職給付債務は、当社グループの確定給付制度における実際の積立不足又は積立超過を表しております。この計算による積立超過は、制度からの変換又は制度に対する将来掛金の減額という形による利用可能な将来の経済的便益の現在価値を上限としております。

 確定拠出型の退職給付に係る費用は、拠出した連結会計年度に費用として認識しております。

(20) 引当金・企業結合時の偶発負債

 過去の事象の結果として、現在の法的債務及び推定的債務が存在し、当社グループが当該債務の決済をするために経済的便益をもつ資源の流出が必要となる可能性が高く、その債務の金額を信頼性をもって見積ることができる場合に、連結会計年度末日における債務に関するリスク及び不確実性を考慮に入れた、現在の債務の決済のために必要な支出(将来キャッシュ・フロー)の最善の見積りにより、引当金を認識いたします。

 引当金の貨幣の時間価値が重要な場合には、見積られた将来キャッシュ・フローをその負債に固有のリスクを反映させた税引前割引率で割り引いた現在価値で測定しております。時の経過に伴う割引額の割戻しは、金融費用として認識しております。

 各引当金の説明は以下のとおりであります。

 ① 資産除去債務引当金

 賃借事務所・建物・店舗等に対する原状回復義務及び固定資産に関連する有害物質の除去に備え、過去の原状回復実績及び事務所等に施した内部造作の耐用年数を考慮して決定した使用見込期間等を基礎として、各物件の状況を個別具体的に勘案して資産除去債務を見積り、認識・測定しております。計算に用いる割引率は使用見込期間、所在国等により異なります。

 将来において経済的便益の流出が予測される時期は、主に各連結会計年度末日より1年を経過した後の時期であります。

 ② 製品保証引当金

 販売済製品(メガネ製品等)に対して、保証期間内に発生が見込まれるアフターサービス費用に充てるため、過年度の実績を基礎に将来の保証見込を加味して、製品保証費用を見積り、認識・測定しております。

 将来において経済的便益の流出が予測される時期は、各連結会計年度末日より1年以内の時期であります。

 ③ 企業結合により発生した偶発負債

 企業結合により発生した偶発負債は、取得日の公正価値で当初認識・測定されます。当初認識後は、各連結会計年度末日において偶発債務の支払見積額、発生確率及び支払時期を基に再度見積っております。

(21) 収益

 収益は、割引、割戻し及び消費税等の税金を控除後の、受領する対価の公正価値で測定されます。販売時にポイントを付与するカスタマー・ロイヤルティ・プログラムでの販売については、当該ポイントの公正価値を見積り、これを控除した収益を認識しております。

 ① 物品の販売

 物品の所有に伴う重要なリスクと経済価値が顧客に移転し、物品に対する継続的な管理上の関与も実質的な支配もなく、その取引に関連する経済的便益が流入する可能性が高く、その取引に関連して発生した原価と収益の金額を信頼性をもって測定できる場合に、収益を認識しております。具体的には、所有権及び危険負担が当社グループから顧客に移転する時期に応じて、船積日、顧客に引き渡された時点、又は顧客の検収がなされた時点等で収益を認識しております。

 ② サービスの提供

 当社グループにおけるサービス提供は、主として製品等の販売に付随して発生する修理依頼、短期間で終了するメンテナンス請負となります。当該取引については、サービス提供時に収益を認識しております。

 ③ 配当収益及び利息収益

 投資による配当収益は、支払を受ける株主の権利が確定した時に認識しております。また、利息収益は、元本及び該当する実効金利に基づき、発生主義で認識しております。

(22) 政府補助金

 補助金交付のための条件を満たし、補助金を受領することに合理的な保証がある場合は、補助金収入を公正価値で測定し、認識しております。発生した費用に対する補助金は、費用の発生と同じ連結会計年度に収益として計上しております。資産の取得に対する補助金は、資産の耐用年数にわたって規則的にその他の収益として計上し、未経過の補助金収入を繰延収益として負債に計上しております。

(23) 法人所得税

 法人所得税は当期税金及び繰延税金で構成されており、資本の「累積その他の包括利益」に計上される項目から生じる税金又は企業結合の当初認識による税金を除き、損益として計上しております。

 当期税金は、税務当局に対する納付又は税務当局から還付が予想される金額で測定されます。税額の算定にあたっては、当社グループが事業活動を行い、課税対象となる損益を稼得する国において、連結会計年度末日までに制定又は実質的に制定されている税率及び税法に従っております。

 繰延税金は、会計上の資産及び負債の帳簿価額と、関連する税務基準額との差額により生じる一時差異、繰越欠損金及び税額控除に関して、負債法を適用して会計処理しております。なお、以下の一時差異に対しては、繰延税金資産及び負債を計上しておりません。

 • のれんから生じる一時差異

 • 会計上の利益にも税務上の課税所得にも影響を与えない取引(企業結合取引を除く)によって発生する資産及び負債の当初認識により生じる一時差異

 • 子会社及び関連会社に対する投資に係る将来加算一時差異のうち、解消時期をコントロールでき、かつ予測可能な期間内に一時差異が解消しない可能性が高い場合

 繰延税金負債は原則としてすべての将来加算一時差異について認識され、繰延税金資産は将来減算一時差異を使用できるだけの課税所得が稼得される可能性が高い範囲内で、すべての将来減算一時差異について認識されます。
 繰延税金資産の帳簿価額は毎期見直され、繰延税金資産の全額又は一部が使用できるだけの十分な課税所得が稼得されない可能性が高い部分については、帳簿価額を減額しております。未認識の繰延税金資産は毎期再評価され、将来の課税所得により繰延税金資産が回収される可能性が高くなった範囲内で認識されます。

 繰延税金資産及び負債は、連結会計年度末日において制定されている、又は実質的に制定されている法定税率(及び税法)に基づいて資産が実現する期間又は負債が決済される期間に適用されると予想される税率(及び税法)によって測定されます。

 繰延税金資産及び負債は、当期税金負債と当期税金資産を相殺する法律上強制力のある権利を有し、かつ同一の税務当局によって同一の納税主体に課されている場合、相殺しております。

 企業結合の場合、税効果は、のれんを計算する時点、又は負ののれんを決定する時点で考慮されます。

 

 

(24) 1株当たり利益

 基本的1株当たり利益は、親会社の普通株主に帰属する損益を、当連結会計年度中の発行済普通株式の加重平均株式数で除して計算しております。希薄化後1株当たり利益は、希薄化効果を有する全ての潜在株式の影響を調整して計算しております。

 

 

(25) 組替

 当連結会計年度の表示形式に合わせ、前連結会計年度の連結財務諸表を一部組み替えて表示しております。

4. 重要な判断及び不確実性の見積りの主要な源泉

 (1) 見積り及び判断の利用

 連結財務諸表の作成にあたり、経営者は見積り及び判断を利用しております。
 経営者による見積り及び判断は、連結財務諸表の報告日の資産、負債の金額及び偶発負債の開示、並びに収益及び費用として報告した金額に影響を与えております。

 経営者の見積り及び判断を行った項目で重要なものは以下のとおりであります。

・ 品質低下、陳腐化及び滞留状況にある棚卸資産の正味実現可能価額の評価(注記13.棚卸資産)

・ 通常の回収期間を経過した売上債権の将来キャッシュ・フローの前提(注記22.金融商品)

・ 有形固定資産、ファイナンス・リース資産及び無形資産の耐用年数(注記3.重要な会計方針の要約 (5)有形固定資産及び(7)無形資産)

・ 有形固定資産、のれん及び無形資産等から成る資金生成単位の回収可能価額(注記8.減損損失)

・ 活発な市場における市場価格が存在しない売却可能金融資産の評価技法(注記22.金融商品)

・ 繰延税金資産の回収可能性(注記10.繰延税金及び法人所得税)

・ 在外子会社等の未分配利益の配当の前提(注記10.繰延税金及び法人所得税)

・ 課税所得計算上の税務当局との見解の相違(注記10.繰延税金及び法人所得税)

・ 退職給付会計の基礎率(注記18.退職給付)

・ 資産除去債務における法的・推定的債務の認識(注記19.引当金)

・ ストック・オプションの公正な評価単価(注記23.株式報酬制度)

・ 偶発負債の将来の経済的便益の流出の可能性(注記32.偶発債務)

 会計上の見積りに利用した仮定は、過去の経験及び利用可能な情報を適切に収集して設定しており、そのため実績値と異なる可能性があります。

 なお、会計上の見積り及び重要な仮定は、継続的に見直しを行っております。

 当該修正は、事象に応じて、当連結会計年度又は将来の連結会計年度に影響を与えます。

 (2) リスク及び不確実要素

 当社グループの財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローは、以下にあるような様々なリスク及び不確実要素に晒されております。当該リスク及び不確実要素が、会計上の見積り及び仮定に不確実性をもたらす主な原因となります。

・ 当社グループの業界が属する産業における過剰供給及び競争のさらなる激化

・ 新製品の開発力及び開発スピード

・ 当社グループが事業を行っている国々における政治、経済又は法環境の変化、労働力の不足、ストライキ、天災地変等の予期せぬ国際情勢の影響

・ 異なる税率となる税務管轄地域間または課税事業・免税事業間の取引に関する繰延税金及び法人所得税の影響(課税所得計算上の税務当局との見解の相違を含む)

・ 為替レートの変動

・ 環境その他政府規制の動向

 

 また、災害や世界経済の停滞は、当社グループの将来の収益力に大きな影響を与えます。当社グループの将来の収益力は以下の項目の見積りに影響を及ぼします。

・ 有形固定資産、のれん及び無形資産の減損(注記8.減損損失)

・ 繰延税金資産の回収可能性(注記10. 繰延税金及び法人所得税)

 

5. セグメント情報

(1)報告セグメントの収益源の製品及びサービス

 当社グループの報告セグメントは、当社グループの構成単位のうち、分離された財務情報が入手可能であり、最高経営意思決定機関である取締役会が、経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているセグメントであります。

 当社グループは、経営理念にて「情報・通信」及び「生活・文化」という事業ドメインを定めており、当該事業ドメインでの継続的な企業価値の増大を実現するため、経営資源の配分に関する意思決定を行い、業績をモニタリングしております。

 したがって、当社グループは上記事業ドメインに対応したセグメントから構成されており、「情報・通信」事業、「ライフケア」事業及び「その他」事業の3つを報告セグメントとしております。

 「情報・通信」事業では、情報のデジタル化やインターネットの出現により発展した多種・多様なアプリケーション製品群を対象分野としております。現代のデジタル情報・通信技術にとって不可欠なエレクトロニクス関連製品と、光学技術をベースに画像・映像をデジタル情報として取り込むために必要な映像関連製品など、情報・通信分野におけるI/O(Input/Output Device; 周辺機器)関連製品を幅広く製造・販売しております。

 「ライフケア」事業は、健康や医療分野において日常生活で使用されるヘルスケア関連製品と、医療行為などに使用される医療機器及び医療材料などのメディカル関連製品を製造・販売しております。当該事業の特徴として薬事法などの承認・認可を必要とし、高度な技術力と信頼性の高い品質管理体制が重要な要件となっております。

 「その他」事業は、主に情報システムサービスを提供する事業及び新規事業等であります。

 上記のように決定された報告セグメントにおける主要製品及び役務は次のとおりであります。

報告セグメント

主要製品及び役務

情報・通信

エレクトロニクス関連製品

半導体用マスクブランクス・フォトマスク、液晶用マスク、
ハードディスク用ガラスサブストレート

映像関連製品

光学レンズ・光学ガラス材料、デジタルカメラモジュール、

各種レーザー機器

ライフケア

ヘルスケア関連製品

メガネレンズ、コンタクトレンズ

メディカル関連製品

内視鏡、処置具(メディカルアクセサリー)、眼内レンズ、人工骨、金属製整形インプラント

そ の 他

情報システム構築、業務請負

 

(2)セグメント収益及び業績

 当社グループの報告セグメントによる継続事業からの収益及び業績は以下のとおりであります。

 報告セグメントの会計方針は、注記「3.重要な会計方針の要約」で記載している当社グループの会計方針と同じであります。

 前連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

(単位:百万円)

 

情報・通信

ライフケア

その他

小計

調整額

連結

外部顧客からの売上収益

178,749

322,673

4,289

505,711

4

505,714

セグメント間の売上収益

916

0

1,863

2,779

△2,779

179,665

322,674

6,152

508,490

△2,776

505,714

利息収益

383

330

4

717

995

1,712

利息費用

△320

△371

△1

△692

△278

△970

減価償却費及び償却費

△14,844

△18,493

△86

△33,423

△101

△33,524

持分法による投資損益

0

3

3

3

減損損失

△348

△633

△981

△981

その他の損益

△99,046

△245,762

△5,103

△349,912

△2,944

△352,856

セグメント利益

(税引前当期利益)

65,491

57,747

965

124,203

△5,104

119,099

その他の情報:

資本的支出

9,358

10,756

48

20,162

165

20,328

 (注)1.外部顧客からの売上収益の調整額4百万円は、報告セグメントに含まれない研究開発部門によるものであります。

 2.セグメント利益の調整額△5,104百万円には、セグメント間取引消去4百万円、当社本社部門、研究開発部門及び海外の地域持株会社に係る損益(関係会社からの受取配当金消去後)△5,107百万円が含まれております。

 

 当連結会計年度(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日)

(単位:百万円)

 

情報・通信

ライフケア

その他

小計

調整額

連結

外部顧客からの売上収益

160,617

314,442

3,866

478,925

3

478,927

セグメント間の売上収益

609

0

1,860

2,469

△2,469

161,226

314,442

5,726

481,394

△2,466

478,927

利息収益

294

372

2

668

1,090

1,758

利息費用

△221

△589

△0

△811

△312

△1,123

減価償却費及び償却費

△12,792

△16,362

△74

△29,228

△549

△29,777

持分法による投資損益

2

13

16

16

減損損失

△244

△90

△334

△334

その他の損益

△93,758

△243,067

△4,752

△341,577

2,905

△338,672

セグメント利益

(税引前当期利益)

54,507

54,718

902

110,128

667

110,795

その他の情報:

資本的支出

10,202

12,512

99

22,814

49

22,863

 (注)1.外部顧客からの売上収益の調整額3百万円は、報告セグメントに含まれない研究開発部門によるものであります。

 2.セグメント利益の調整額667百万円には、セグメント間取引消去5百万円、当社本社部門、研究開発部門及び海外の地域持株会社に係る損益(関係会社からの受取配当金消去後)662百万円が含まれております。

 

(3)主要な製品及び役務からの売上収益

 継続事業の主要な製品及び役務からの売上収益は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

情報・通信

 

 

  エレクトロニクス関連製品

132,861

124,247

  映像関連製品

45,887

36,370

情報・通信計

178,749

160,617

ライフケア

 

 

  ヘルスケア関連製品

241,296

234,622

  メディカル関連製品

81,378

79,819

ライフケア計

322,673

314,442

その他

4,289

3,866

全社(研究開発部門)

4

3

外部顧客からの売上収益

505,714

478,927

 

(4)地域別情報

 外部顧客からの売上収益

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成28年4月1日

至 平成29年3月31日)

日本

154,334

151,316

アメリカ合衆国

64,325

63,247

中華人民共和国

55,216

51,214

その他

231,840

213,150

外部顧客からの売上収益

505,714

478,927

 (注)売上収益は販売仕向先の所在地によっております。

 

 非流動資産

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

日本

33,148

31,918

アメリカ合衆国

9,006

25,215

タイ

18,345

15,863

ベトナム

13,046

9,587

中華人民共和国

16,016

14,768

その他

45,017

47,381

合計

134,579

144,732

 (注)1.非流動資産は資産の所在地によっております。

    2.金融商品、繰延税金資産及び退職給付資産等を含んでおりません。

 非流動資産に記載されておりますタイ及びベトナムは、外部顧客からの売上収益については重要性がないため、その他に含めております。

(5)主要な顧客に関する情報

 単一の外部顧客との取引による収益が当社グループの収益の10%を超える外部顧客がないため、記載を省略しております。

 

6. 有形固定資産

 有形固定資産の取得原価、減価償却累計額及び減損損失累計額の増減は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

取得原価

建物及び

構築物

機械装置及び

運搬具

工具器具及び

備品

土地

建設仮勘定

合計

平成27年4月1日残高

106,377

299,781

53,322

10,741

6,887

477,108

取得

 968

 1,741

 2,409

 −

 14,017

 19,135

企業結合による増加

 11

 228

 18

 −

 2

 259

処分(注1)

△5,504

△10,339

△2,264

△1,158

△176

△19,441

建設仮勘定からの振替

 1,652

 10,047

 1,256

 −

△12,955

 −

外貨換算差額

△6,073

△18,119

△2,761

△332

△395

△27,681

その他

 626

△469

 521

 −

△151

 527

平成28年3月31日残高

 98,057

 282,870

 52,501

 9,251

 7,228

 449,908

取得

1,229

2,461

2,489

15,207

21,386

企業結合による増加

5

272

33

309

処分(注1)

△2,949

△13,262

△3,415

△39

△256

△19,920

建設仮勘定からの振替

1,192

11,741

913

△13,846

外貨換算差額

△539

△1,581

△338

△33

217

△2,274

その他

80

△1,825

492

△100

△1,353

平成29年3月31日残高

97,074

280,677

52,674

9,179

8,451

448,055

 

減価償却累計額及び

減損損失累計額

建物及び

構築物

機械装置及び

運搬具

工具器具及び

備品

土地

建設仮勘定

合計

平成27年4月1日残高

△63,037

△247,264

△37,218

△1,116

△282

△348,917

減価償却費

△5,021

△19,564

△3,977

 −

 −

△28,561

減損損失(注2)

△299

△140

△136

△406

 −

△981

処分(注1)

 4,306

 10,124

 2,199

 406

 64

 17,099

外貨換算差額

 3,587

 14,433

 2,208

 −

 24

 20,252

その他

 △287

 44

 175

 −

 19

 △50

平成28年3月31日残高

△60,751

△242,367

△36,749

△1,116

△175

△341,157

減価償却費

△4,390

△17,297

△3,734

 −

 −

△25,421

減損損失(注2)

△226

△30

△6

 −

 −

△262

処分(注1)

 2,660

 12,990

 3,230

 2

 127

 19,009

外貨換算差額

 196

 566

 201

 −

△0

 963

その他

 37

 1,808

 697

 −

 −

 2,542

平成29年3月31日残高

△62,472

△244,331

△36,360

△1,114

△48

△344,326

 

(単位:百万円)

帳簿価額

建物及び

構築物

機械装置及び

運搬具

工具器具及び

備品

土地

建設仮勘定

合計

平成27年4月1日残高

43,340

52,517

16,104

9,625

6,605

128,191

平成28年3月31日残高

 37,306

 40,503

 15,753

 8,135

 7,054

 108,751

平成29年3月31日残高

34,602

36,346

16,314

8,064

8,403

103,729

 (注)1.前連結会計年度(平成28年3月期)及び当連結会計年度(平成29年3月期)の有形固定資産売却益、有形固定資産売却損及び有形固定資産除却損については、注記「24.収益・費用(金融収益及び金融費用を除く)」をご参照ください。なお、有形固定資産売却益及び有形固定資産売却損には、売却目的で保有する資産の売却によるものが含まれております。

2.減損損失の内容については、注記「8.減損損失」をご参照ください。

3.建設中の有形固定資産項目に関する金額は、上記の中で、建設仮勘定の科目により表示しております。

 

 帳簿価額3百万円の機械装置及び運搬具を当社グループの長期有利子負債15百万円の担保として差し入れております(注記「15.有利子負債」)。

 また、政府援助に付随する未履行の条件債務81百万円に対して、建物及び構築物16百万円及び土地1百万円を担保に供しております。

 有形固定資産の購入に関するコミットメントについては、注記「33.支出に関するコミットメント」をご参照ください。

 また、有形固定資産の取得原価に含めた借入コストはありません。

 平成28年3月31日及び平成29年3月31日末現在の各固定資産に含まれている、ファイナンス・リースによるリース資産の帳簿価額は、以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

建物及び構築物

機械装置及び運搬具

工具器具及び備品

合計

平成28年3月31日残高

83

31

266

380

平成29年3月31日残高

30

29

287

346

 

 なお、当社グループのファイナンス・リース債務(注記「16.ファイナンス・リース債務」)は、貸手がリース資産の所有権を留保することにより担保されております。

7. のれん及び無形資産

 のれん及び無形資産の取得原価、償却累計額及び減損損失累計額の増減内容は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

取得原価

のれん

無形資産

ソフト

ウエア

技術資産

特許権

顧客関連

資産

その他

(注1)

平成27年4月1日残高

13,632

16,917

13,121

10,565

12,520

7,493

60,616

外部購入

 −

 1,072

 59

0

 9

 52

 1,192

企業結合による増加

 595

 11

 −

 −

 871

 474

 1,357

処分(注2)

△96

△276

△21

△10,255

△24

△718

△11,293

外貨換算差額

△1,195

△957

△261

△6

△1,021

△337

△2,582

その他

 −

 420

 21

 −

△21

 88

 508

平成28年3月31日残高

 12,936

 17,187

 12,919

 304

 12,335

 7,053

49,798

外部購入

0

1,394

3

23

57

1,477

企業結合による増加

4,970

1

8,970

186

3,891

58

13,106

処分(注2)

△21

△250

△2

△9

△156

△418

外貨換算差額

154

240

△421

△7

126

△407

△469

その他

367

△32

△14

361

△318

363

平成29年3月31日残高

18,039

18,940

21,436

492

16,704

6,286

63,857

 

償却累計額及び

減損損失累計額

のれん

無形資産

ソフト

ウエア

技術資産

特許権

顧客関連

資産

その他

平成27年4月1日残高

△3,662

△13,803

△10,286

△9,877

△2,901

△4,088

△40,955

償却費(注3)

 −

△1,263

△684

△609

△1,516

△891

△4,963

処分(注2)

 96

 274

 21

 10,223

 −

 709

11,226

外貨換算差額

 132

 798

 212

 2

 286

 228

1,527

その他

 −

△238

△22

 4

△43

△16

△316

平成28年3月31日残高

△3,434

△14,232

△10,759

△257

△4,174

△4,058

△33,481

償却費(注3)

 −

△1,156

△815

△17

△1,568

△800

△4,356

減損損失(注4)

△72

処分(注2)

 −

 197

 1

 −

 2

 149

 349

外貨換算差額

 57

△191

 34

 0

△81

 274

 36

その他

 −

△37

△0

 15

△401

 430

 7

平成29年3月31日残高

△3,449

△15,419

△11,539

△259

△6,222

△4,005

△37,445

 

(単位:百万円)

帳簿価額

のれん

無形資産

ソフト

ウエア

技術資産

特許権

顧客関連

資産

その他

平成27年4月1日残高

9,970

3,114

2,834

688

9,619

3,405

19,661

平成28年3月31日残高

 9,502

 2,955

 2,160

 47

 8,161

 2,995

 16,317

平成29年3月31日残高

14,590

3,521

9,897

233

10,482

2,281

26,412

 (注)1.前連結会計年度(平成28年3月期)及び当連結会計年度(平成29年3月期)において、重要な自己創設無形資産はありません。

2.無形資産除却損については、注記「24.収益・費用(金融収益及び金融費用を除く)」をご参照ください。

3.無形資産の償却費は、連結包括利益計算書上の「減価償却費及び償却費」に含まれております。

4.減損損失の内容については、注記「8.減損損失」をご参照ください。

 

 所有権に対する制限、及び負債の担保として抵当権が設定された無形資産はありません。

 無形資産の購入に関するコミットメントについては、注記「33.支出に関するコミットメント」をご参照ください。

 

 連結財政状態計算書に計上されている無形資産について、主な内容は以下のとおりであります。

 

 

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

帳簿価額

(百万円)

残存償却年数

(年)

帳簿価額

(百万円)

残存償却年数

(年)

技術資産

メディカル関連製品製造

2,156

9

9,897

12

顧客関連資産

ヘルスケア関連製品販売

4,816

8

8,347

9

 

メディカル関連製品販売

1,948

9

1,585

9

 

 

8. 減損損失

 減損損失を認識した資産の種類別内訳は、以下のとおりであります。

 当該減損損失は連結包括利益計算書の「減損損失」に含まれております。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

建物及び構築物

299

226

機械装置及び運搬具

140

30

工具器具及び備品

136

6

土地

406

有形固定資産 計

981

262

のれん

72

減損損失 計

981

334

 

 

 (1) 資金生成単位

 当社グループは、戦略的事業単位(Strategic Business Unit;以下、「SBU」)を基準に資金生成単位をグルーピングしております。SBUは、主な製品別の生産・販売ラインであります。売却及び除却予定資産・遊休資産については、個別に減損の要否を検討しております。

 (2) 戦略的事業単位(SBU)の減損損失及び減損損失戻入

前連結会計年度(平成28年3月期)

 前連結会計年度(平成28年3月期)において、映像関連製品の一部を製造している製造設備等について、販売促進を図ってまいりましたが、当初計画の黒字転換に遅れが生じていること等から、帳簿価額を回収可能価額まで減額し、以下のとおり減損処理をいたしました。

 なお、当該各資産グループの回収可能価額は売却費用控除後の公正価値(不動産鑑定評価額等)により測定しており

ます。当該公正価値のヒエラルキーのレベルは、レベル3であります。

(単位:百万円)

 

減損損失額

情報・通信

 映像関連製品

 

  機械装置

136

  工具器具及び備品

136

有形固定資産 計

272

合計

272

 

当連結会計年度(平成29年3月期)

 当連結会計年度(平成29年3月期)において、ライフケアの子会社ののれんについて、最新の計画に基づいて減損テストを実施し、減損処理をいたしました。

 なお、当該各資産グループの回収可能額は使用価値により測定しております。使用価値は、経営者が承認した今後4〜5年度分(当該資産グループの平均残存期間)の財務予算を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を、当該資金生成単位の税引前加重平均資本コスト(WACC)16%により現在価値に割引いて算定しております。

(単位:百万円)

 

減損損失額

ライフケア

 ヘルスケア関連製品:メガネレンズ

 

  のれん

72

合計

72

 

 (3)  遊休資産の減損損失

 前連結会計年度(平成28年3月期)において、事業の再編により将来の使用が見込まれない資産について、帳簿価額を

回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上いたしました。回収可能価額は売却費用控除後の公正価値によ

り測定しております。

 

 前連結会計年度(平成28年3月期)の減損損失の内訳は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

減損損失額

情報・通信

 

 建物・構築物

72

 機械装置

4

情報・通信 計

76

ライフケア

 

 建物・構築物

227

 土地

406

ライフケア 計

633

合計

709

 

 当連結会計年度(平成29年3月期)において、事業の再編により将来の使用が見込まれない資産について、帳簿価額を

回収可能額まで減額し、当該減少額を減損損失として計上いたしました。回収可能価額は売却費用控除後の公正価値によ

り測定しております。

 

 当連結会計年度(平成29年3月期)の減損損失の内訳は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

減損損失額

情報・通信

 

 建物・構築物

226

 機械装置

12

 工具器具及び備品

6

情報・通信 計

244

ライフケア

 

 機械装置

18

ライフケア 計

18

合計

262

 

 (4) 資金生成単位へののれんの配分額

 資金生成単位別に配分されたのれんの回収可能価額が、取得したのれんの帳簿価額を下回っている場合には、のれんの減損損失が認識され、回収可能価額まで減額されます。

 各資金生成単位ののれんの回収可能価額は使用価値により測定しております。使用価値は、主として経営者が承認した財務予算を基礎としたキャッシュ・フローの見積額を、当該資金生成単位の税引前加重平均資本コスト(WACC)5〜16%により現在価値に割引いて算定しております。予算期間におけるキャッシュ・フロー予測は、予算期間を通じて同じ予想売上総利益率及びインフレ率に基づいております。予算期間を超えるキャッシュ・フローは、各製品が販売される市場において予測される長期平均成長率等、一定成長率をもとに推定しております。

 経営者は、回収可能価額の基礎となっている重要な仮定(利益率、インフレ率、長期平均成長率及び税引前加重平均資本コスト)に合理的に起こりうる変化があっても帳簿価額の合計は資金生成単位の回収可能価額を超えることはないと考えております。

 資金生成単位に配分された、のれんの帳簿価額(減損損失認識後)は以下のとおりであります。

 (単位:百万円)

前連結会計年度(平成28年3月期)

 

ライフケア

調整額

 

 

ヘルスケア

関連製品

メディカル

関連製品

研究開発部門

合計

 

メガネレンズ

医用機器・処置具

 

 

日本

791

733

1,524

米州

4,903

72

4,974

欧州

611

821

1,432

アジア

1,572

1,572

7,877

1,625

9,502

 

 (単位:百万円)

当連結会計年度(平成29年3月期)

 

ライフケア

調整額

 

 

ヘルスケア

関連製品

メディカル

関連製品

研究開発部門

合計

 

メガネレンズ

医用機器・処置具

 

 

日本

791

733

1,524

米州

7,080

3,237

10,318

欧州

594

770

1,364

アジア

1,384

1,384

9,850

4,740

14,590

 

 

9. 持分法で会計処理されている投資

 個々には重要性のない関連会社について合算した情報は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

当期利益(損失)の当社グループ持分

3

16

その他の包括利益(損失)の当社グループ持分

△24

△1

当期包括利益(損失)の当社グループ持分

△21

14

純資産に対する当社グループ持分

182

196

 

 個々には重要性のない関連会社の詳細は以下のとおりであります。

名称

主要な事業の内容

所在地

セグメント

持分割合(%)

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

AvanStrate(株)

TFT液晶用ガラス基板の製造・販売

日本

全社

46.6

46.6

JIASHAN CANDEO OPTICAL GLASS CO.,LTD.

カラードガラス等の特殊ガラスの製造・販売

中国

情報・通信

49.0

49.0

HTK LENTES OFTALMICAS LTDA

メガネレンズの販売

ブラジル

ライフケア

39.5

38.9

 

 持分法の適用に際して関連会社の損失に対する持分の認識を停止していることによる未認識の関連会社の損失に対する持分は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

当期の関連会社の損失に対する未認識の持分

3,730

△1,132

関連会社の損失に対する未認識の持分の累計額

4,105

2,973

 

10. 繰延税金及び法人所得税

(1) 繰延税金

 繰延税金資産及び繰延税金負債の増減内容は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

平成27年

純損益を通じて

認識

その他の包括利益において認識

企業結合

平成28年

4月1日残高

 

3月31日残高

一時差異

 

 

 

 

 

未払事業税

381

209

590

棚卸資産評価損

1,550

△367

1,183

貸倒引当金

494

29

524

引当金

893

5

898

未払費用

3,811

△221

3,590

未実現利益

3,024

41

3,066

減価償却費及び償却費

1,612

346

1,958

減損損失

750

△230

520

在外営業活動体の換算損益

72

△72

その他

3,697

△280

11

3,428

小計

16,284

△467

△61

15,756

 

 

 

 

 

 

未分配利益

△2,483

△240

△2,723

減価償却費及び償却費

△5,331

1,051

△212

△4,492

売却可能金融資産評価損益

4

4

8

その他

△593

48

△545

小計

△8,402

859

4

△212

△7,752

 

 

 

 

 

 

税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除

 

 

 

 

 

税務上の繰越欠損金

1,743

△421

1,322

繰越税額控除

272

△270

2

小計

2,015

△691

1,324

 

 

 

 

 

 

純額

9,897

△300

△57

△212

9,328

(注)純損益を通じて認識された額の合計と繰延税金費用合計との差額は、為替の変動によるものであります。

 

(単位:百万円)

 

平成28年

純損益を通じて

認識

その他の包括利益において認識

企業結合

平成29年

4月1日残高

 

3月31日残高

一時差異

 

 

 

 

 

未払事業税

590

△48

543

棚卸資産評価損

1,183

41

1,223

貸倒引当金

524

11

535

引当金

898

53

950

未払費用

3,590

△44

3,546

未実現利益

3,066

△81

2,985

減価償却費及び償却費

1,958

△27

1,931

減損損失

520

50

570

在外営業活動体の換算損益

その他

3,428

△491

△4

2,932

小計

15,756

△536

△4

15,216

 

 

 

 

 

 

未分配利益

△2,723

△14

△2,737

減価償却費及び償却費

△4,492

90

△3,446

△7,849

売却可能金融資産評価損益

8

△58

△50

その他

△545

88

△457

小計

△7,752

164

△58

△3,446

△11,092

 

 

 

 

 

 

税務上の繰越欠損金及び繰越税額控除

 

 

 

 

 

税務上の繰越欠損金

1,322

39

1,040

2,402

繰越税額控除

2

15

17

小計

1,324

54

1,040

2,418

 

 

 

 

 

 

純額

9,328

△318

△62

△2,406

6,542

(注)純損益を通じて認識された額の合計と繰延税金費用合計との差額は、為替の変動によるものであります。

 

 繰延税金資産を認識していない繰越欠損金及び将来減算一時差異は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

繰越欠損金

13,416

12,285

将来減算一時差異

3,674

4,083

合計

17,090

16,368

 

 繰延税金資産を認識していない繰越欠損金の金額と繰越期限は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

1年目

254

931

2年目

836

1,736

3年目

1,763

2,340

4年目

1,896

988

5年目超

8,666

6,290

合計

13,416

12,285

 

 前連結会計年度末(平成28年3月31日)及び当連結会計年度末(平成29年3月31日)現在の繰延税金負債として認識されていない子会社の未分配利益に関連する一時差異の総額は、それぞれ276,406百万円及び273,333百万円であります。当社グループが一時差異の解消時期をコントロールでき、かつ予見可能な期間内での一時差異が解消しない可能性が高い場合には、当該一時差異に関連する繰延税金負債を認識しておりません。

 なお、前連結会計年度末(平成28年3月31日)及び当連結会計年度末(平成29年3月31日)現在で親会社において税務上の欠損金に係る繰延税金資産の計上はありません。

 (2) 法人所得税

  日本における、前連結会計年度(平成28年3月期)及び当連結会計年度(平成29年3月期)の実効税率はそれぞれ約33.0%及び30.5%であります。

  他の納税管轄地における税額は、それぞれの管轄地において一般的な税率をもって計算しております。当期税金費用及び繰延税金費用の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

当期税金費用:

 

 

当期

25,500

22,094

過年度

90

1,523

当期税金費用 計

25,590

23,617

繰延税金費用:

 

 

一時差異等の発生と解消

△95

326

税率の変更等

287

繰延税金費用 計

192

326

法人所得税 合計

25,782

23,943

継続事業

25,782

23,943

非継続事業

 

 当期税金費用には、従前は税効果未認識であった税務上の欠損金、税額控除又は過去の期間の一時差異から生じた便益の額が含まれております。これに伴う前連結会計年度(平成28年3月期)及び当連結会計年度(平成29年3月期)における当期税金費用の減少額は、それぞれ317百万円及び147百万円であります。

 繰延税金費用には、従前は税効果未認識であった税務上の欠損金、税額控除又は過去の期間の一時差異から生じた便益の額と、繰延税金資産の評価減又は以前に計上した評価減の戻入により生じた費用の額が含まれております。これに伴う前連結会計年度(平成28年3月期)及び当連結会計年度(平成29年3月期)における繰延税金費用の増減額は、それぞれ623百万円(増加)及び282百万円(増加)であります。

 なお、平成25年6月26日に、東京国税局より移転価格税制に基づく更正通知書を受領しました。当該更正処分による法人所得税(付帯税を含む)への影響額は8,419百万円でありますが、当社の主張と東京国税局の見解は、明らかに相違があるため、法令に則り、更正処分の取り消しのための手続きを進めております。現時点においては、今後国内の救済措置(不服申立・訴訟)において、当社の主張が認められるものと判断していることから、当該影響額を当期税金費用に含めず、仮払法人所得税として、その他の流動資産に含めております。

 

 継続事業における各年度の法定実効税率と実際負担税率との調整は以下のとおりであります。実際負担税率は税引前当期利益に対する法人所得税の負担割合を表示しております。

 

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

法定実効税率

33.0%

30.5%

課税所得計算上減算されない費用

0.7%

0.8%

課税所得計算上加算されない収益

0.0%

△0.0%

未認識の繰延税金資産

0.4%

0.4%

海外子会社の適用する法定実効税率との差異

△15.5%

△13.8%

持分法投資損益

0.0%

△0.0%

税率変更による期末繰延税金資産の修正額

0.2%

棚卸資産の未実現利益消去に係る税率差異

0.1%

△0.0%

在外連結子会社留保利益に対する繰延税金負債の増減

0.2%

0.0%

過年度法人税等

△0.0%

1.4%

その他

2.5%

2.3%

実際負担税率

21.6%

21.6%

 当社株主に対する配当金の支払いが法人所得税に与える影響はありません。

11. その他の金融資産・負債

 その他の金融資産・負債の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

その他の金融資産

 

 

純損益を通じて公正価値で測定する金融資産(デリバティブ)

115

売却可能金融資産

1,182

1,345

貸付金及び債権

 

 

貸付金及び債権

26,291

24,359

貸倒引当金

△783

△559

貸付金及び債権計

25,508

23,800

合計

26,804

25,145

非流動資産合計(長期金融資産)

15,820

7,357

流動資産合計(その他の短期金融資産)

10,984

17,788

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

その他の金融負債

 

 

純損益を通じて公正価値で測定する金融負債(デリバティブ)

484

492

償却原価で測定される金融負債

2,937

5,003

合計

3,421

5,495

非流動負債合計(その他の長期金融負債)

3,110

4,843

流動負債合計(その他の短期金融負債)

311

652

 

12. その他の資産・負債

その他の資産・負債の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

非流動:その他の資産

 

 

長期前払費用

3,082

2,557

その他

201

21

合計

3,283

2,578

流動:その他の資産

 

 

仮払法人所得税(注)

8,419

8,419

前払費用

2,952

2,679

未収消費税等

2,265

2,381

その他

3,128

2,998

合計

16,764

16,477

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

非流動:その他の非流動負債

 

 

長期前受収益等

808

813

合計

808

813

流動:その他の流動負債

 

 

未払給与・未払賞与・未払有給休暇

13,697

14,278

その他未払費用

15,667

17,613

前受金・前受収益

3,498

3,165

未払消費税等

1,759

1,478

その他

2,626

2,289

合計

37,247

38,822

 

(注)当社は、平成25年6月26日に、東京国税局より移転価格税制に基づく更正通知書を受領しました。当該更正処分による法人所得税(付帯税を含む)への影響額は8,419百万円でありますが、当社の主張と東京国税局の見解は、明らかに相違があるため、法令に則り、更正処分の取り消しのための手続を進めております。このため、上記影響額を仮払法人所得税として、「その他の流動資産」に含めております。

 

13. 棚卸資産

 棚卸資産の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

商品及び製品

33,805

31,498

仕掛品

7,004

7,015

原材料

14,183

16,081

貯蔵品

11,416

10,907

合計

66,408

65,501

うち、12ヶ月を超えて販売される予定の棚卸資産

3

5

 

 費用(継続事業)として認識された棚卸資産は、前連結会計年度(平成28年3月期)238,571百万円、当連結会計年度(平成29年3月期)220,712百万円であります。

 費用(継続事業)として認識された棚卸資産の評価減の金額及び評価減の戻入金額は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

評価減の金額

1,242

1,351

評価減の戻入金額

△70

△55

 評価減の戻入は、当社製品の積極的な販売活動を実施した結果、受注が増加し、正味実現可能価額が回復したことによる戻入れであります。

 

14. 売上債権及びその他の債権

 売上債権及びその他の債権の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

売掛金

87,437

91,177

受取手形及び電子記録債権

5,939

6,472

未収入金

1,859

3,164

貸倒引当金

△2,348

△2,499

差引計

92,887

98,315

 物品の売上の平均信用期間は、90〜120日であります。

 信用リスク管理、売上債権及びその他の債権の公正価値は、注記「22.金融商品」に記載しております。

 

15. 有利子負債

有利子負債の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

平均利率(%)

(注1)

返済期限

長期借入金

(1年内返済予定を除く)

14

8

平成30年〜平成32年

1年内返済予定の長期借入金

8

7

短期借入金

1,658

1,640

1.12%

社債 (注2)

35,015

14

1.51%

1年内償還予定の社債(注2)

21

35,015

1.93%

長期リース債務

 (注記16.参照)

374

483

平成30年〜平成35年

短期リース債務

 (注記16.参照)

237

252

有利子負債合計

37,328

37,418

 

 

非流動負債合計

35,404

504

 

 

流動負債合計

1,924

36,913

 

 

(注)1.平均利率については、借入金等の期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

   2.社債の発行条件の要約は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

会社名

銘柄

発行年月日

前連結会計年度

(平成28年3月期)

当連結会計年度

(平成29年3月期)

利率

(%)

担保

償還期限

HOYA株式会社

第3回無担保社債

平成19年9月11日

34,981

34,994

1.93

平成29年9月20日

HOYA Technosurgical㈱

私募債1銘柄

平成23年11月5日

56

35

1.51

平成27年〜平成30年

合計

35,036

35,028

 

 上記長期借入金(1年内返済予定を含む)の担保として、機械装置及び運搬具3百万円を差し入れております。

 当社のファイナンス・リース債務(注記「16.ファイナンス・リース債務」)は貸手がリース資産の所有権を留保することにより担保されております。

 財務制限条項付の借入金はありません。

 

 長期借入金及び社債の返済期日到来予定期別内訳、その公正価値については注記「22.金融商品」を参照ください。

16. ファイナンス・リース債務

ファイナンス・リース債務の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

 

最低支払リース料総額

最低支払リース料総額の現在価値

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

ファイナンス・リースに係る未払債務:

 

 

 

 

1年以内

243

273

237

252

1年超5年以内

415

543

372

482

5年超

2

1

2

1

合計

660

817

611

735

控除−将来財務費用

△49

△82

 

 

リース債務の現在価値

611

735

611

735

控除−短期リース債務

 

 

237

252

長期リース債務

 

 

374

483

 

 当社グループは、原則としてファイナンス・リースの新規契約を締結しておりません。陳腐化リスクの回避や関連経費の削減等、総合的に勘案してリース取引による方がメリットがあると判断した場合に限り、リース取引を行うこととしております。平成29年3月31日時点における平均的な残存リース期間は2〜4年であります。

 いくつかの契約には更新又は購入選択権を含んでおります。また、サブリース契約、未払変動リース料及びエスカレーション条項(リース契約金額の引き上げを定めた条項)並びにリース契約によって課された制限(配当、追加借入及び追加リースに関する制限など)はありません。

 当社グループのリース債務の公正価値については、注記「22.金融商品」を参照ください。

17. オペレーティング・リース契約

 費用(継続事業)として認識したオペレーティング・リース契約の最低リース料総額及び変動リース料は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

最低リース料総額

8,460

8,179

変動リース料

681

774

9,141

8,953

 

 最低リース料総額及び変動リース料は、連結包括利益計算書上の「その他の費用」に含まれております。

 変動リース料は、ショッピングセンター等への店舗出店契約に伴う、売上高に連動したリース料であります。

 

 当社グループの解約不能オペレーティング・リースに係る未払債務の支払期日別の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

1年以内

1,669

1,353

1年超5年以内

2,157

2,129

5年超

2,368

2,790

6,194

6,272

 

 オペレーティング・リース料は、一部の事務所土地及び建物他に関し当社グループが支払うべき賃借料であります。平成29年3月31日時点における平均的な残存リース期間は、それぞれ38年、3年であります。

 いくつかの契約には更新又は購入選択権及びエスカレーション条項(リース契約金額の引き上げを定めた条項)が含まれております。サブリース契約及びリース契約によって課された制限(配当、追加借入及び追加リースに関する制限など)はありません。

18. 退職給付

 当社グループは様々な退職給付制度を有し、その中には、積立型の確定拠出制度及び確定給付制度、未積立の確定給付制度が含まれております。確定給付制度の会計方針については、注記「3.重要な会計方針の要約(19)退職給付」をご参照ください。

 当社及び国内連結子会社は主として確定拠出制度を採用しております。海外子会社においては、それぞれの国で要求される制度に準拠しており、確定給付制度を要求されない限り、確定拠出制度によっております。新たに取得した子会社及び事業において社内の制度として確定給付制度を採用している場合、順次確定拠出制度への移行をすすめておりますが、海外の一部子会社においては、社内の制度として確定給付型年金制度を有しております。これらの年金制度のうち、イギリスの年金制度は、当社グループの確定給付制度債務の重要な割合を占めておりますが、従業員の新規加入を停止した閉鎖型の制度となっております。なお、これらの年金制度については、一般的な投資リスク・利率リスク・給与リスクがあるものの重要性がないと判断しております。

 年金及び一時金以外の退職後の給付はありません。

(1) 確定給付制度

 連結財政状態計算書に含まれている当社の確定給付制度に係る債務の金額は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

確定給付制度債務の現在価値

5,266

5,539

制度資産の公正価値

△3,610

△3,543

1,656

1,996

資産上限額の影響

29

0

負債の純額

1,685

1,996

連結財政状態計算書上の金額

 

 

負債

1,859

2,001

資産(その他の非流動資産)

174

5

 包括利益に認識した金額は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

勤務費用

 

 

 当期勤務費用

332

353

利息費用(純額)

26

13

純損益に認識された確定給付費用の構成要素

358

366

 

 

 

確定給付負債の純額の再測定

 

 

 制度資産に係る収益

137

△145

 人口統計上の仮定の変更により生じた数理計算上の差異

△92

△68

 財務上の仮定の変更により生じた数理計算上の差異

△157

512

 実績の修正により生じた数理計算上の差異

△39

7

 確定給付資産の制限による調整

0

△25

その他の包括利益に認識した確定給付費用の構成要素

△152

281

合計

206

647

(注)勤務費用及び利息費用(純額)は、それぞれ、連結包括利益計算書上の「人件費」及び「金融費用」に含まれております。

 確定給付制度債務の現在価値の期首残高から期末残高への調整表は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

期首における確定給付制度債務

5,928

5,266

勤務費用

332

353

利息費用

150

110

再測定に係る損益

 

 

 人口統計上の仮定の変更により生じた数理計算上の差異

△92

△68

 財務上の仮定の変更により生じた数理計算上の差異

△157

512

 実績の修正により生じた数理計算上の差異

△39

7

給付の支払

△354

△286

外貨換算差額

△501

△354

期末における確定給付制度債務

5,266

5,539

 制度資産の公正価値の期首残高から期末残高への調整表は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

期首における制度資産の公正価値

3,871

3,610

利息収益

124

96

再測定に係る損益

 

 

 制度資産に係る収益(利息収益の金額を除く)

△137

145

事業主からの掛金拠出

279

255

給付の支払

△181

△206

外貨換算差額

△346

△358

期末における制度資産の公正価値

3,610

3,543

 

 資産の上限額の影響の期首残高から期末残高への調整表は次のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

当連結会計年度

(自 平成27年4月1日

(自 平成28年4月1日

至 平成28年3月31日)

至 平成29年3月31日)

期首における資産上限の影響額

32

29

利息費用

0

0

再測定に係る損益

 

 

 資産上限額の影響の変動

0

△25

外貨換算差額

△3

△4

期末における資産上限額の影響

29

0

 

 制度資産の各カテゴリーの報告期間の末日における公正価値は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

現金及び現金同等物

610

644

資本性金融商品-外国株式

1,911

1,829

負債性金融商品-外国政府債

537

503

負債性金融商品-外国社債

541

538

その他

11

28

合計

3,610

3,543

上記の資本性金融商品と負債性金融商品の公正価値は、活発な市場において公表された市場価格によって算定されております。また上記の資本性金融商品と負債性金融商品には、当社グループの譲渡可能な金融商品はありません。

 

 報告期間の末日における主な数理計算上の仮定は以下のとおりであります。

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

割引率

3.5%

2.6%

将来キャッシュ・フローの金額、時期及び不確実性に関する開示につきましては、当社グループの確定給付制度が経営成績、財政状態及びキャッシュ・フローの状況に重要な影響は与えないと判断しているため、その記載を省略しております。

 

 (2) 確定拠出制度

 確定拠出制度に関して費用として認識した金額は、前連結会計年度(平成28年3月期)が2,189百万円、当連結会計年度(平成29年3月期)が2,271百万円であります。

 (3) 退職加算金

 

 通常の退職日前における従業員の退職に際して退職加算金を支払う場合があります。前連結会計年度(平成28年3月期)には2,281百万円、当連結会計年度(平成29年3月期)には2,471百万円の退職加算金を費用として認識しております。

19. 引当金

引当金の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

資産除去債務引当金

2,345

2,441

製品保証引当金

1,275

1,311

合計

3,620

3,752

非流動負債

2,335

2,419

流動負債

1,284

1,333

 

引当金の増減内容は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

資産除去債務引当金

製品保証引当金

合計

平成28年4月1日残高

2,345

1,275

3,620

期中増加額

 114

 397

 511

時の経過による割引の戻し

 20

 −

 20

期中減少額(目的使用)

△33

△362

△396

外貨換算差額

△5

 1

△4

平成29年3月31日残高

 2,441

 1,311

 3,752

 

 各引当金の説明については、注記「3.重要な会計方針の要約 (20)引当金・企業結合時の偶発負債」に記載しております。

20. 仕入債務及びその他の債務

仕入債務及びその他の債務の内訳は以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

買掛金

19,541

19,437

支払手形及び電子記録債務

6,738

5,760

未払加工料

698

529

未払金

13,662

14,983

設備支払手形及び設備電子記録債務

767

663

合計

41,407

41,371

 

 支払手形及び電子記録債務の平均支払サイトは120日であります。

 買掛金の平均支払サイトは、日本以外のアジア地域が請求後30日〜60日、日本においては請求後90〜120日であります。欧州・米国の仕入債務は、主に当社グループ内の取引に係る債務であり、連結財政状態計算書の作成にあたり相殺消去されております。日本・欧州・米国においては、キャッシュ・プールを実施しており、支払期日に確実に支払を行うことができる体制を整えております。

21. 資本及びその他の資本項目

 (1) 資本金等

 

授権株式数

発行済株式数

流通株式数

資本金

資本剰余金

(無額面普通株式)

(無額面普通株式)

(無額面普通株式)

(単位:百万円)

(単位:百万円)

平成27年4月1日残高

1,250,519,400 株

425,782,920 株

423,930,977 株

6,264

15,899

減少 (注1、2)

21,175,400

27,315,794

平成28年3月31日残高

1,250,519,400

404,607,520 株

396,615,183 株

6,264

15,899

減少 (注1、2)

14,827,600

8,521,412

平成29年3月31日残高

1,250,519,400 株

389,779,920 株

388,093,771 株

6,264

15,899

(注)1.発行済株式数の減少は、取得した自己株式の消却によるものであります。

2.流通株式数の増加及び減少は、以下の自己株式の増減によるものであります。

 (2) 自己株式及びその他の資本剰余金

 ①自己株式

 

株数

金額

 

(株)

(百万円)

平成27年4月1日残高

1,851,943

5,932

自己株式の買取による増加

28,061,900

130,016

自己株式の消却による減少

△21,175,400

△98,186

単元未満株式の買取請求による増加

1,138

6

単元未満株式の売渡請求による減少

△44

△0

ストック・オプション行使による減少

△747,200

△3,134

平成28年3月31日残高

7,992,337

34,633

自己株式の買取による増加

8,866,700

34,983

自己株式の消却による減少

△14,827,600

△61,392

単元未満株式の買取請求による増加

792

3

単元未満株式の売渡請求による減少

△80

△0

ストック・オプション行使による減少

△346,000

△1,411

平成29年3月31日残高

1,686,149

6,816

 

 ②その他の資本剰余金

 

自己株式処分

差損益

ストック・

オプション

その他

合計

(百万円)

(百万円)

(百万円)

(百万円)

平成27年4月1日残高

△6,265

2,952

△423

△3,736

自己株式の取得

△130

△130

自己株式の処分

△864

△290

△1,153

株式報酬取引(注1)

425

425

その他の非支配持分の増減(注2)

△361

△361

平成28年3月31日残高

△7,129

3,087

△914

△4,956

自己株式の取得

△20

△20

自己株式の処分

△474

△188

△662

株式報酬取引(注1)

408

408

その他の非支配持分の増減(注3)

△115

△115

平成29年3月31日残高

△7,603

3,307

△1,049

△5,345

(注)1.株式報酬取引(ストック・オプション)の詳細については、注記「23.株式報酬制度」に記載しております。

2.当社グループは前連結会計年度において連結子会社であるPENTAX ITALIA S.R.Lの40%の株式を取得し、100%まで持分が増加しました。非支配持分(純資産簿価の比例持分)の減少額と支払対価の差額である361百万円は、その他の資本剰余金に計上しております。

3.当社グループは当連結会計年度において連結子会社であるSISTEMAS INTEGRALES DE MEDICINA,S.A.の16.7%の株式を取得し、91.7%まで持分が増加しました。非支配持分(純資産簿価の比例持分)の減少額と支払対価の差額である115百万円は、その他の資本剰余金に計上しております。

 

 (3) 利益剰余金及び配当金

 

金額

(百万円)

平成27年4月1日残高

547,162

当期利益(親会社の所有者)

93,175

自己株式の消却

△98,186

配当

△31,527

累積その他の包括利益から利益剰余金への振替

163

平成28年3月31日残高

510,787

当期利益(親会社の所有者)

86,740

自己株式の消却

△61,392

配当

△29,482

累積その他の包括利益から利益剰余金への振替

△285

平成29年3月31日残高

506,367

 

 直近における株主への配当実績については以下のとおりであります。

決議日

1株当たり配当金

配当総額(百万円)

基準日

効力発生日

平成27年5月21日

45円

19,077

平成27年3月31日

平成27年6月1日

平成27年10月29日

30円

12,450

平成27年9月30日

平成27年11月27日

平成28年5月20日

45円

17,848

平成28年3月31日

平成28年6月1日

平成28年10月28日

30円

11,634

平成28年9月30日

平成28年11月30日

平成29年5月23日

45円

17,464

平成29年3月31日

平成29年6月1日

 

 未払配当金は連結財政状態計算書上、その他の短期金融負債に含めて表示しております。

 (4) 非支配持分

 

金額

 

(百万円)

平成27年4月1日残高

6,081

当期利益に対する持分

142

その他の包括利益に対する持分

△217

配当

△626

非支配株主からの株式取得による持分の減少

△471

平成28年3月31日残高

4,909

当期利益に対する持分

112

その他の包括利益に対する持分

△301

非支配株主からの株式取得による持分の減少

△202

平成29年3月31日残高

4,518

 

22. 金融商品

 

(1) 資本リスク管理

 当社グループは、持続的成長を続け、企業価値を最大化するために資本管理をしております。

 当社グループの純負債と資本の対比は、以下のとおりであります。

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

有利子負債

37,328

37,418

現金及び現金同等物

286,292

296,851

純負債(差引)

△248,965

△259,433

資本

498,174

515,405

 

 当社グループは、企業価値を最大化するため、キャッシュ・フロー重視の経営を行っており、平成28年3月31日及び平成29年3月31日現在、現金及び現金同等物の金額が有利子負債を超えるポジションを維持しております。また、当社グループは平成29年3月31日現在、外部から資本規制を受けておりません。

 有利子負債は注記「15.有利子負債」、また、資本の内訳は、注記「21.資本及びその他の資本項目」に内訳を記載しております。

(2) 重要な会計方針

 各金融資産、金融負債、資本性金融商品に関する認識基準、測定の基礎、損益認識に関する重要な会計方針は、注記「3.重要な会計方針の要約」で開示しております。

(3) 金融商品の分類

 

(単位:百万円)

 

前連結会計年度

(平成28年3月31日)

当連結会計年度

(平成29年3月31日)

<金融資産>

 

 

純損益を通じて公正価値で測定する金融資産(デリバティブ)

 

 

その他の金融資産

115

貸付金及び債権

 

 

売上債権及びその他の債権

92,887

98,315

その他の金融資産

25,508

23,800

売却可能金融資産

 

 

その他の金融資産

1,182

1,345

現金及び現金同等物

286,292

296,851

<金融負債>

 

 

純損益