有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

7,814

5,964

受取手形

7,348

9,347

売掛金

※1 75,133

※1 76,238

有価証券

21,000

20,000

商品及び製品

14,878

13,001

仕掛品

335

317

原材料及び貯蔵品

1,277

1,215

前払費用

866

896

繰延税金資産

2,703

3,252

短期貸付金

※1 7,305

※1 7,532

1年内回収予定の長期貸付金

1

未収入金

※1 14,418

※1 15,485

その他

※1 974

※1 1,271

流動資産合計

154,056

154,521

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

31,377

44,440

構築物

1,464

2,009

1,054

951

機械及び装置

9,318

9,709

車両運搬具

93

83

工具、器具及び備品

4,861

5,179

土地

15,614

13,987

リース資産

49

53

建設仮勘定

8,278

8,769

有形固定資産合計

72,112

85,183

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

9,141

9,719

その他

248

251

無形固定資産合計

9,390

9,971

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

48,297

53,923

関係会社株式

51,245

51,245

関係会社出資金

21,788

22,175

長期貸付金

7

7

差入保証金

※1 5,512

※1 5,318

長期前払費用

63

45

繰延税金資産

8,175

5,349

その他

1,053

1,043

貸倒引当金

23

20

投資その他の資産合計

136,120

139,087

固定資産合計

217,624

234,242

資産合計

371,681

388,764

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

34

買掛金

※1 51,733

※1 52,210

短期借入金

※1 17,243

※1 44,967

1年内返済予定の長期借入金

19,200

コマーシャル・ペーパー

12,000

9,000

リース債務

36

35

未払金

※1 13,406

※1 18,078

未払費用

※1 14,733

※1 15,252

未払法人税等

1,092

2,620

未払消費税等

1,726

641

前受金

78

57

預り金

※1 7,731

※1 5,039

役員賞与引当金

205

218

製品点検補修引当金

226

191

事業再編引当金

528

908

環境対策引当金

57

流動負債合計

140,035

149,221

固定負債

 

 

長期借入金

500

500

リース債務

46

41

退職給付引当金

43,256

40,873

資産除去債務

1,418

1,405

その他

51

20

固定負債合計

45,273

42,841

負債合計

185,308

192,062

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

35,579

35,579

資本剰余金

 

 

資本準備金

29,101

29,101

資本剰余金合計

29,101

29,101

利益剰余金

 

 

利益準備金

8,290

8,290

その他利益剰余金

114,471

120,663

特別償却準備金

4

10

圧縮記帳積立金

1,981

1,953

別途積立金

84,807

89,307

繰越利益剰余金

27,678

29,392

利益剰余金合計

122,761

128,954

自己株式

14,492

14,481

株主資本合計

172,949

179,153

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

12,883

16,946

評価・換算差額等合計

12,883

16,946

新株予約権

539

601

純資産合計

186,372

196,701

負債純資産合計

371,681

388,764

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

当事業年度

(自 平成28年4月1日

 至 平成29年3月31日)

売上高

※1 387,564

※1 392,803

売上原価

※1 257,201

※1 262,547

売上総利益

130,363

130,256

販売費及び一般管理費

※1,※2 118,463

※1,※2 122,784

営業利益

11,899

7,471

営業外収益

 

 

受取利息及び受取配当金

※1 12,180

※1 15,124

その他

※1 2,088

※1 1,731

営業外収益合計

14,268

16,856

営業外費用

 

 

支払利息

※1 95

※1 70

その他

2,822

2,585

営業外費用合計

2,917

2,655

経常利益

23,250

21,671

特別利益

 

 

土地等売却益

3,789

32

投資有価証券売却益

48

105

受取補償金

260

補助金収入

836

特別利益合計

4,934

137

特別損失

 

 

土地等売却損

1

投資有価証券売却損

0

有価証券評価損

208

56

会員権評価損

4

6

減損損失

190

製品点検補修損失

233

事業再編費用

393

588

関係会社出資金評価損

618

646

特別損失合計

1,458

1,488

税引前当期純利益

26,726

20,321

法人税、住民税及び事業税

1,696

1,752

法人税等調整額

3,329

867

法人税等合計

5,026

2,619

当期純利益

21,699

17,701

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

特別償却準備金

圧縮記帳積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

35,579

29,101

29,101

8,290

7

100

101,107

1,256

110,761

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

2

 

 

2

圧縮記帳積立金の積立

 

 

 

 

 

1,930

 

1,930

圧縮記帳積立金の取崩

 

 

 

 

 

48

 

48

別途積立金の積立

 

 

 

 

 

 

 

 

 

別途積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

16,300

16,300

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

9,650

9,650

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

21,699

21,699

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

 

 

 

 

 

48

48

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

2

1,881

16,300

26,421

12,000

当期末残高

35,579

29,101

29,101

8,290

4

1,981

84,807

27,678

122,761

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

15,505

159,936

16,442

16,442

578

176,957

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

圧縮記帳積立金の積立

 

 

 

 

圧縮記帳積立金の取崩

 

 

 

 

別途積立金の積立

 

 

 

 

別途積立金の取崩

 

 

 

 

剰余金の配当

 

9,650

 

 

 

9,650

当期純利益

 

21,699

 

 

 

21,699

自己株式の取得

71

71

 

 

 

71

自己株式の処分

1,084

1,035

 

 

 

1,035

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

3,559

3,559

38

3,597

当期変動額合計

1,012

13,013

3,559

3,559

38

9,415

当期末残高

14,492

172,949

12,883

12,883

539

186,372

 

当事業年度(自  平成28年4月1日  至  平成29年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

特別償却準備金

圧縮記帳積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

35,579

29,101

29,101

8,290

4

1,981

84,807

27,678

122,761

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

 

 

 

9

 

 

9

-

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

3

 

 

3

-

圧縮記帳積立金の積立

 

 

 

 

 

51

 

51

-

圧縮記帳積立金の取崩

 

 

 

 

 

79

 

79

-

別途積立金の積立

 

 

 

 

 

 

4,500

4,500

-

別途積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

11,501

11,501

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

17,701

17,701

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

 

 

 

 

 

7

7

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

-

-

-

-

6

27

4,500

1,714

6,192

当期末残高

35,579

29,101

29,101

8,290

10

1,953

89,307

29,392

128,954

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

新株予約権

純資産合計

 

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

14,492

172,949

12,883

12,883

539

186,372

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の積立

 

-

 

 

 

-

特別償却準備金の取崩

 

-

 

 

 

-

圧縮記帳積立金の積立

 

-

 

 

 

-

圧縮記帳積立金の取崩

 

-

 

 

 

-

別途積立金の積立

 

-

 

 

 

-

別途積立金の取崩

 

-

 

 

 

-

剰余金の配当

 

11,501

 

 

 

11,501

当期純利益

 

17,701

 

 

 

17,701

自己株式の取得

13

13

 

 

 

13

自己株式の処分

24

17

 

 

 

17

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

4,063

4,063

61

4,124

当期変動額合計

11

6,203

4,063

4,063

61

10,328

当期末残高

14,481

179,153

16,946

16,946

601

196,701

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.資産の評価基準及び評価方法

(1) 有価証券の評価基準及び評価方法

子会社株式及び関連会社株式

移動平均法による原価法

 

その他有価証券

時価のあるもの

決算日の市場価格等に基づく時価法

(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

 

(2) デリバティブの評価基準及び評価方法

デリバティブ

時価法

 

(3) たな卸資産の評価基準及び評価方法

製品、半製品、仕掛品

先入先出法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

原材料、貯蔵品

総平均法による原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)

 

2.固定資産の減価償却の方法

(1) 有形固定資産

(リース資産を除く)

定額法

 

(2) 無形固定資産

定額法

なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)による

 

(3) リース資産

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法

なお、所有権移転外ファイナンス・リース取引のうち、リース取引開始日が平成20年3月31日以前のリース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理による

 

3.引当金の計上基準

(1) 貸倒引当金

売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しています。

 

 

(2) 役員賞与引当金

役員の賞与の支出に備えるため、当事業年度末における支給見込額を計上しています。

 

 

(3) 製品点検補修引当金

製品の点検補修活動等に係る損失に備えるため、当該見込額を計上しています。

 

 

(4) 事業再編引当金

事業の再編・整理等に係る損失に備えるため、当該見込額を計上しています。

 

 

(5) 退職給付引当金

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しています。なお、退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっています。

過去勤務費用は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法により費用処理しています。

数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(14年)による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しています。

4.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

(1) 退職給付に係る会計処理

 

(2) 外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算基準

退職給付に係る未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっています。

 

外貨建金銭債権債務は、期末日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しています。

 

 

(3) ヘッジ会計の方法

繰延ヘッジ処理によっています。

 

 

(4) 消費税等の会計処理

消費税及び地方消費税の会計処理は、税抜方式によっています。

 

 

(5) 連結納税制度の適用

連結納税制度を適用しています。

 

(追加情報)

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号  平成28年3月28日)を当

事業年度から適用しています。

 

(貸借対照表関係)

※1  関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(区分表示したものを除く)

 

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

短期金銭債権

66,848百万円

68,960百万円

長期金銭債権

62

55

短期金銭債務

68,648

79,586

 

  2  保証債務

  他の会社の金融機関等からの借入債務に対し、保証を行っています。

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

2,265百万円

2,153百万円

 

(損益計算書関係)

※1  関係会社との取引高

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

至  平成29年3月31日)

売上高

129,545百万円

131,105百万円

営業費用

283,080

278,866

営業取引以外の取引高

12,812

15,484

 

※2  販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度約72%、当事業年度約69%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度約28%、当事業年度約31%です。

  販売費及び一般管理費のうち主要な費目及び金額は次のとおりです。

 

前事業年度

(自  平成27年4月1日

  至  平成28年3月31日)

当事業年度

(自  平成28年4月1日

  至  平成29年3月31日)

発送費及び配達費

12,672百万円

12,453百万円

給料・賞与及び手当金

30,198

33,503

役員賞与引当金繰入額

205

218

退職給付費用

2,559

2,752

貸倒引当金繰入額

0

2

減価償却費

3,905

4,475

業務委託料

15,122

13,622

研究開発費

18,330

18,653

 

(有価証券関係)

子会社株式及び関連会社株式

前事業年度(平成28年3月31日)

区分

貸借対照表計上額

(百万円)

時価(百万円)

差額(百万円)

子会社株式

関連会社株式

1,380

20,613

19,232

合計

1,380

20,613

19,232

 

当事業年度(平成29年3月31日)

区分

貸借対照表計上額

(百万円)

時価(百万円)

差額(百万円)

子会社株式

関連会社株式

1,380

15,245

13,864

合計

1,380

15,245

13,864

 

(注)時価を把握することが極めて困難と認められる子会社株式及び関連会社株式の貸借対照表計上額

(単位:百万円)

区分

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

子会社株式

49,541

49,541

関連会社株式

323

323

これらについては、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、上表の「子会社株式及び関連会社株式」には含めていません。

(税効果会計関係)

前事業年度

(平成28年3月31日)

当事業年度

(平成29年3月31日)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

繰延税金資産

 

賞与引当金損金算入限度超過額

1,961百万円

退職給付引当金

損金算入限度超過額

13,173

関係会社株式評価損

5,900

その他

10,851

繰延税金資産小計

31,886

評価性引当額

△14,908

繰延税金資産合計

16,978

繰延税金負債

 

その他有価証券評価差額金

△4,994

固定資産圧縮積立金

△866

その他

△238

繰延税金負債合計

△6,099

繰延税金資産の純額

10,879

 

 

繰延税金資産

 

賞与引当金損金算入限度超過額

2,231百万円

退職給付引当金

損金算入限度超過額

12,439

関係会社株式評価損

5,900

その他

10,666

繰延税金資産小計

31,238

評価性引当額

△15,160

繰延税金資産合計

16,078

繰延税金負債

 

その他有価証券評価差額金

△6,404

固定資産圧縮積立金

△796

その他

△276

繰延税金負債合計

△7,477

繰延税金資産の純額

8,601

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

法定実効税率

32.8%

(調整)

 

  交際費等永久に損金に算入され

  ない項目

0.8

  受取配当金等永久に益金に算入

  されない項目

△16.9

 

  住民税均等割

0.6

 

  税額控除

△2.5

  外国源泉税

5.4

  評価性引当額の増減

△4.8

  税率変更

3.0

  その他

0.4

 

 税効果会計適用後の法人税等の

 負担率

18.8

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

法定実効税率

30.7%

(調整)

 

 

  交際費等永久に損金に算入され

  ない項目

1.1

  受取配当金等永久に益金に算入

  されない項目

△20.4

 

  住民税均等割

0.7

 

  税額控除

△5.6

  外国源泉税

5.3

  評価性引当額の増減

1.2

  その他

△0.1

 

 税効果会計適用後の法人税等の

 負担率

12.9

 

 

 

(企業結合等関係)

該当事項はありません。

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

(単位:百万円)

 

区分

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却累計額

有形固定資産

建物

31,377

15,442

149

(7)

2,229

44,440

47,522

構築物

1,464

721

19

(0)

157

2,009

5,663

1,054

17

10

109

951

870

機械及び装置

9,318

1,766

74

(0)

1,301

9,709

17,735

車両運搬具

93

33

2

40

83

342

工具、器具及び備品

4,861

2,670

490

(1)

1,862

5,179

15,943

土地

15,614

-

1,626

(189)

-

13,987

-

リース資産

49

33

-

30

53

130

建設仮勘定

8,278

21,142

20,652

-

8,769

-

72,112

41,829

23,025

(198)

5,732

85,183

88,209

無形固定資産

ソフトウエア

9,141

4,702

1,776

(0)

2,348

9,719

-

その他

248

8

0

5

251

-

9,390

4,711

1,777

(0)

2,353

9,971

-

 

(注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりです。

建             物   小倉第二工場  建物及び附属設備                             7,691百万円

                    中津工場  建物及び附属設備                                 5,737

構      築     物   小倉第二工場  構築物                                         199

                    中津工場  構築物                                             130

機 械 及 び 装 置   小倉第二工場  生産用機械装置                                 267

                    中津工場  生産用機械装置                                     123

工具、器具及び備品  各支社・営業所ショールーム展示品                           1,177

                    小倉第二工場  器具・備品                                     436

建  設  仮  勘  定  中津工場  生産用機械装置                                   6,937

                    新保養所  建物及び附属設備                                   977

ソ フ ト ウ エ ア   衛生陶器  生産管理システム                                   797

その他、当期増加額は概ね当期中に各資産科目へ振り替えられたものであり、主なものは上記のとおりです。なお、その振替額は当期減少額に含まれています。

2.当期減少額のうち主なものは次のとおりです。

工具、器具及び備品  各支社・営業所ショールーム展示品                             457百万円

3.「当期減少額」欄の(  )内は内書きで、減損損失の計上額です。このうち、8百万円については、事業再編費用として計上しています。

【引当金明細表】

(単位:百万円)

 

科目

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

貸倒引当金

23

20

23

20

役員賞与引当金

205

218

205

218

製品点検補修引当金

226

35

191

事業再編引当金

528

580

200

908

環境対策引当金

57

57

 

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しています。

 

(3)【その他】

該当事項はありません。





出典: TOTO株式会社、2017-03-31 期 有価証券報告書