有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
3,534,217
   
2,641,452
 
2.受取手形
※1,3
 
2,610,788
   
2,507,439
 
3.売掛金
※1
 
1,934,461
   
1,934,679
 
4.有価証券
   
455,717
   
 
5.商品
   
126,435
   
153,618
 
6.製品
   
486,115
   
423,518
 
7.原材料
   
387,592
   
431,226
 
8.仕掛品
   
1,238,622
   
1,596,413
 
9.貯蔵品
   
115,693
   
110,686
 
10.前払費用
   
25,758
   
24,342
 
11.繰延税金資産
   
138,301
   
150,498
 
12.関係会社短期貸付金
   
50,939
   
26,965
 
13.その他
   
43,968
   
42,620
 
    貸倒引当金
   
△3,239
   
△4,929
 
流動資産合計
   
11,145,371
76.7
 
10,038,533
70.1
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物
 
1,955,529
   
2,243,241
   
減価償却累計額
 
976,096
979,432
 
1,049,574
1,193,666
 
(2)構築物
 
678,248
   
739,648
   
減価償却累計額
 
459,492
218,756
 
497,138
242,510
 
(3)機械装置
 
2,926,771
   
2,952,375
   
減価償却累計額
 
2,378,444
548,327
 
2,521,120
431,255
 
(4)車両運搬具
 
60,365
   
60,365
   
減価償却累計額
 
56,116
4,249
 
57,270
3,095
 
(5)工具・器具・備品
 
328,101
   
344,592
   
減価償却累計額
 
274,700
53,401
 
296,745
47,847
 
(6)土地
   
72,405
   
158,905
 
(7) 建設仮勘定
   
127,484
   
952,038
 
有形固定資産合計
   
2,004,056
13.8
 
3,029,318
21.2

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
2.無形固定資産
             
(1)商標権
   
213
   
103
 
(2)ソフトウェア
   
36,975
   
28,212
 
(3)ソフトウェア仮勘定
   
47,445
   
64,375
 
(4)その他
   
8,346
   
8,336
 
無形固定資産合計
   
92,980
0.7
 
101,027
0.7
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
465,520
   
293,021
 
(2)関係会社株式
   
413,869
   
452,772
 
(3)出資金
   
3,010
   
3,010
 
(4)従業員長期貸付金
   
   
511
 
(5)関係会社長期貸付金
   
107,587
   
76,477
 
(6)破産更生債権等
   
12,314
   
20,622
 
(7)長期前払費用
   
12,860
   
5,257
 
(8)繰延税金資産
   
105,193
   
119,786
 
(9)保証金
   
84,688
   
97,667
 
(10)その他
   
90,481
   
94,536
 
   貸倒引当金
   
△12,391
   
△20,714
 
投資その他の資産合計
   
1,283,134
8.8
 
1,142,948
8.0
固定資産合計
   
3,380,171
23.3
 
4,273,295
29.9
資産合計
   
14,525,543
100.0
 
14,311,828
100.0
               
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.支払手形
※3
 
1,979,272
   
1,770,120
 
2.買掛金
※1
 
731,287
   
720,966
 
3.短期借入金
   
120,000
   
 
4. リース債務 
 
 
   
74,964
 
5.未払金
   
195,569
   
295,853
 
6.未払費用
   
265,687
   
252,131
 
7.未払法人税等
   
217,237
   
290,039
 
8.未払消費税等
   
23,475
   
1,798
 
9.預り金
   
35,236
   
20,562
 
10.賞与引当金
   
247,463
   
245,000
 
11.役員賞与引当金
   
14,150
   
 
12.設備関係支払手形
※3
 
62,866
   
187,770
 
13.その他
   
4,215
   
6,401
 
流動負債合計
   
3,896,462
26.8
 
3,865,608
27.0

 

   
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅱ 固定負債
             
1.リース債務 
   
   
76,932
 
2.退職給付引当金
   
133,473
   
71,456
 
3.役員退職慰労引当金
   
160,018
   
168,840
 
固定負債合計
   
293,491
2.0
 
317,229
2.2
負債合計
   
4,189,953
28.8
 
4,182,838
29.2
               
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
573,280
3.9
 
573,280
4.0
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
550,972
 
 
550,972
 
 
(2)その他資本剰余金
 
8,582
 
 
8,582
 
 
資本剰余金合計 
 
 
559,555
3.9
 
559,555
3.9
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
143,320
 
 
143,320
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金
 
29,714
 
 
22,285
 
 
別途積立金
 
8,100,000
 
 
8,600,000
 
 
繰越利益剰余金
 
843,640
 
 
916,003
 
 
利益剰余金合計 
 
 
9,116,674
62.8
 
9,681,609
67.7
4.自己株式
 
 
△16,988
△0.1
 
△754,794
△5.3
株主資本合計 
 
 
10,232,521
70.5
 
10,059,649
70.3
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
103,068
0.7
 
69,340
0.5
評価・換算差額等合計 
 
 
103,068
0.7
 
69,340
0.5
純資産合計 
 
 
10,335,590
71.2
 
10,128,990
70.8
負債純資産合計 
 
 
14,525,543
100.0
 
14,311,828
100.0
               
②【損益計算書】
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
             
1.製品売上高
 
10,235,095
   
10,352,346
   
2.商品売上高
 
4,415,244
14,650,340
100.0
4,463,094
14,815,440
100.0
Ⅱ 売上原価
             
1.製品売上原価
             
(1)製品期首棚卸高
 
403,270
   
486,115
   
(2)当期製品製造原価
 
7,246,753
   
7,115,937
   
合計
 
7,650,023
   
7,602,053
   
(3)他勘定振替高
※3
8,731
   
   
(4)製品期末棚卸高
※4
486,115
   
423,518
   
製品売上原価
 
7,155,176
   
7,178,534
   
2.商品売上原価
             
(1)商品期首棚卸高
 
115,616
   
126,435
   
(2)当期商品仕入高
 
3,615,776
   
3,658,267
   
合計
 
3,731,393
   
3,784,702
   
(3)他勘定振替高
※3
1,626
   
   
(4)商品期末棚卸高
 
126,435
   
153,618
   
商品売上原価
 
3,603,332
10,758,508
73.4
3,631,083
10,809,618
73.0
売上総利益
   
3,891,831
26.6
 
4,005,822
27.0
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※2,5
 
2,754,528
18.8
 
2,747,354
18.5
営業利益
   
1,137,303
7.8
 
1,258,467
8.5
Ⅳ 営業外収益
             
1.受取利息
 
19,263
   
14,968
   
2.受取配当金
※1
38,673
   
47,492
   
3.経営指導料
※1
41,538
   
22,664
   
4.為替差益
 
20,809
   
   
5.投資有価証券評価損戻入
 
   
7,029
   
6.その他の営業外収益
 
6,766
127,052
0.9
9,271
101,427
0.7
               

 

   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅴ 営業外費用
             
1.支払利息
 
2,058
   
3,833
   
2.為替差損
 
   
89,942
   
3.棚卸資産処分損
 
24,696
   
   
4.棚卸資産評価損
 
15,584
   
   
5.投資有価証券評価損
 
8,300
   
   
6.自己株式取得費用 
 
   
19,736
   
7.その他の営業外費用
 
3,724
54,364
0.4
4,626
118,139
0.8
経常利益
   
1,209,990
8.3
 
1,241,755
8.4
Ⅵ 特別利益
             
1.前期損益修正益
※6
14,919
   
13,496
   
2.固定資産売却益
※7
862
   
   
3.投資有価証券売却益
 
   
13,000
   
4.会員権売却益
 
2,500
   
   
5.貸倒引当金戻入益 
 
3,934
22,215
0.1
26,496
0.2
Ⅶ 特別損失
             
1.固定資産売却損
※8
206
   
   
2.固定資産除却損
※9
61,394
   
130
   
3.投資有価証券評価損
 
   
22,900
   
4.訴訟和解金
 
3,675
   
   
5.ソフトウェア仮勘定除却損
 
34,100
   
   
6.役員退職慰労金
 
910
100,286
0.7
23,030
0.2
税引前当期純利益
   
1,131,919
7.7
 
1,245,221
8.4
法人税、住民税及び事業税
 
399,787
   
482,686
   
過年度法人税等
 
   
27,809
   
法人税等調整額
 
54,594
454,382
3.1
△3,888
506,607
3.4
当期純利益
   
677,537
4.6
 
738,614
5.0
               
製造原価明細書
   
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
3,141,224
43.3
3,463,240
46.4
Ⅱ 外注加工費
 
1,605,072
22.1
1,519,502
20.3
Ⅲ 労務費
 
1,339,292
18.5
1,385,503
18.5
(うち従業員給与手当)
 
(920,432)
 
(936,108)
 
Ⅳ 経費
 
1,169,489
16.1
1,105,634
14.8
(うち減価償却費)
 
(208,244)
 
(203,557)
 
当期総製造費用
 
7,255,077
100.0
7,473,880
100.0
期首仕掛品棚卸高
 
1,256,916
 
1,238,622
 
 
8,511,993
 
8,712,502
 
差引:他勘定振替高
※2
26,618
 
151
 
差引:期末仕掛品棚卸高
 
1,238,622
 
1,596,413
 
当期製品製造原価
 
7,246,753
 
7,115,937
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 1.原価計算の方法
 1.原価計算の方法
 実際原価による組別総合原価計算を採用しております。
同左
※2.他勘定振替高の内訳
※2. 他勘定振替高の内訳      
棚卸資産処分損
12,864
千円
棚卸資産評価損
13,753
 
 
26,618
 
未収入金
151
千円
 
 
151
 
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
その他資本剰余金
利益準備金
その他利益剰余金
特別償却準備金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
(千円)
573,280
550,972
7,908
143,320
44,571
7,650,000
764,974
△22,300
9,712,725
事業年度中の変動額
                 
特別償却準備金の取崩(注)
 
 
 
 
△7,428
 
7,428
 
特別償却準備金の取崩
 
 
 
 
△7,428
 
7,428
 
別途積立金の積立(注) 
 
 
 
 
 
450,000
△450,000
 
剰余金の配当(注) 
 
 
 
 
 
 
△144,478
 
△144,478
役員賞与(注)
 
 
 
 
 
 
△19,250
 
△19,250
当期純利益
 
 
 
 
 
 
677,537
 
677,537
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△1,064
△1,064
自己株式の処分
 
 
674
 
 
 
 
6,376
7,051
株主資本以外の項目の事業
年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
674
△14,857
450,000
78,666
5,312
519,796
平成19年3月31日 残高
(千円)
573,280
550,972
8,582
143,320
29,714
8,100,000
843,640
△16,988
10,232,521
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
平成18年3月31日 残高
(千円)
89,719
9,802,445
事業年度中の変動額
   
特別償却準備金の取崩(注)
 
特別償却準備金の取崩
 
 別途積立金の積立(注) 
 
剰余金の配当(注) 
 
△144,478
役員賞与(注) 
 
△19,250
当期純利益
 
677,537
自己株式の取得
 
△1,064
自己株式の処分
 
7,051
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
13,348
13,348
事業年度中の変動額合計
(千円)
13,348
533,144
平成19年3月31日 残高
(千円)
103,068
10,335,590
 (注)平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
その他資本剰余金
利益準備金
その他利益剰余金
特別償却準備金
別途積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(千円)
573,280
550,972
8,582
143,320
29,714
8,100,000
843,640
△16,988
10,232,521
事業年度中の変動額
                 
特別償却準備金の取崩
 
 
 
 
△7,428
 
7,428
 
別途積立金の積立 
 
 
 
 
 
500,000
△500,000
 
剰余金の配当 
 
 
 
 
 
 
△173,679
 
△173,679
当期純利益
 
 
 
 
 
 
738,614
 
738,614
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
△737,806
△737,806
株主資本以外の項目の事業
年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(千円)
△7,428
500,000
72,362
△737,806
△172,871
平成20年3月31日 残高
(千円)
573,280
550,972
8,582
143,320
22,285
8,600,000
916,003
△754,794
10,059,649
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他有価証券評価差額金
平成19年3月31日 残高
(千円)
103,068
10,335,590
事業年度中の変動額
   
特別償却準備金の取崩
 
 別途積立金の積立 
 
剰余金の配当 
 
△173,679
当期純利益
 
738,614
自己株式の取得
 
△737,806
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△33,727
△33,727
事業年度中の変動額合計
(千円)
△33,727
△206,599
平成20年3月31日 残高
(千円)
69,340
10,128,990
 
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法
(1)子会社株式及び関連会社株式
同左
 
(2)その他有価証券
時価のあるもの
決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は部分純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(2)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2.たな資産の評価基準及び評価方法
商品・製品・原材料・仕掛品
総平均法による低価法
商品・製品・原材料・仕掛品
同左
 
貯蔵品
最終仕入原価法
貯蔵品
同左
3.固定資産の減価償却の方法
有形固定資産
建物(建物付属設備を除く)は定額法
有形固定資産
建物(建物付属設備を除く)は定額法
 
 建物以外については定率法によっております。なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
 建物以外については定率法によっております。なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
 
建物
7年〜38年
構築物
7年〜35年
機械装置
8年〜10年
車両運搬具
4年〜6年
工具・器具・備品
5年〜15年
建物
7年〜38年
構築物
7年〜35年
機械装置
8年〜10年
車両運搬具
4年〜6年
工具・器具・備品
5年〜15年
 
          ──────
(会計方針の変更)
  法人税法の改正に伴い、当事業年度よ
 り、平成19年4月1日以降に取得した有
 形固定資産について、改正後の法人税法
 に基づく減価償却の方法に変更しており
 ます。
  これによる営業利益、経常利益及び税
 引前当期純利益への影響は、軽微であり
 ます。
   また、この変更は当事業年度から適用
 するものであり、当中間会計期間におい
 ては適用しておりません。これは固定資
 産管理システムの対応に時間を要したた
 めであります。なお、当中間会計期間に
 おいて変更後の方法を適用した場合の当
 中間財務諸表に与える影響は軽微であり
 ます。

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
          ──────
(追加情報)
  法人税法の改正に伴い、平成19年3月
 31日以前に取得した資産については、改
 正前の法人税法に基づく減価償却の方法
 の適用により取得価額の5%に到達した
 事業年度の翌事業年度より、取得価額の
 5%相当額と備忘価額との差額を5年間
 にわたり均等償却し、減価償却費に含め
 て計上しております。 
  この結果、従来の方法に比べ、営業利
  益、経常利益及び税引前当期純利益がそ
  れぞれ19,862千円減少しております。
 
無形固定資産
 定額法。ただしソフトウェア(自社利用)については、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
無形固定資産
同左
4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
同左
5.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
  売上債権、貸付金等の貸倒損失に備
 えるため一般債権については貸倒実績
 率により、貸倒懸念債権等特定の債権
 については、個別に回収可能性を勘案
 し回収不能見込額を計上しておりま
 す。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)賞与引当金
 従業員に対する賞与の支給に備えるため、翌期支給見込額のうち当期に負担すべき額を計上しております。
(2)賞与引当金
同左
 
(3)役員賞与引当金
 役員賞与の支給に備えるため、当事業年度における役員賞与支給見込額に基づき計上しております。
(会計方針の変更)
 当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
 これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ14,150千円減少しております。
(3)         ──────
 

 

項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
(4)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、計上しております。数理計算上の差異は、各事業年度の発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生した事業年度から費用処理することとしております。
(4)退職給付引当金
同左
 
(5)役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支払いに備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(5)役員退職慰労引当金
       同左
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
7.ヘッジ会計の方法
 ──────
 (1) ヘッジ会計の方法
    原則として繰延ヘッジ処理によっ 
  ております。なお、振当処理の要件を
  満たしている為替予約については振当
  処理によっております。
 (2) ヘッジ手段とヘッジ対象
    ヘッジ手段:為替予約
    ヘッジ対象:外貨建定期預金
 (3) ヘッジ方針
    為替変動要因による収支悪化改善の
   ため、対象債権の範囲内でヘッジを行
     なっております。
 (4) ヘッジ有効性評価の方法
    ヘッジ開始時から有効性判定時点ま
   での期間において、ヘッジ対象とヘッ
     ジ手段の為替変動の累計を比較し、両
     者の変動額等を基礎にして判断してお
     ります。
 
8.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
  消費税等の会計処理方法
 消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式を採用しております。
  消費税等の会計処理方法
同左 
会計処理方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は10,335,590
千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 
 ──────
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1.関係会社に対する主な資産及び負債
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記され
たもののほか次のものがあります。
※1.関係会社に対する主な資産及び負債
 関係会社に対する資産及び負債には区分掲記され
たもののほか次のものがあります。
受取手形
194,934
千円
売掛金
252,201
 
買掛金
105,108
 
受取手形
260,092
千円
売掛金
326,992
 
買掛金
110,776
 
 2.        ──────
 2.貸出コミットメント
 当社は、運転資金の効率的な調達を行うため取引銀行2行と貸出コミットメント契約を締結しております。これら契約に基づく当事業年度末の貸出コミットメントに係る借入未実行残高は次のとおりであります。
貸出コミットメントの総額
1,500,000
千円
借入実行残高
 
差引額
1,500,000
 
 
※3.期末日満期手形
    期末日満期手形の会計処理については、手形交換日
   をもって決済処理しております。なお、当事業年度末
   日は金融機関の休日であったため、次の期末日満期手
     形が期末残高に含まれております。
受取手形 
234,508
千円
支払手形
359,892
 
設備関係支払手形
2,433
 
※3.         ──────
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 関係会社に係る営業外収益の内訳は、次のとおりであります。
※1 関係会社に係る営業外収益の内訳は、次のとおりであります。
受取配当金
31,507
千円
経営指導料
41,538
 
受取配当金
39,922
千円
経営指導料
22,664
 
※2 研究開発費の総額
※2 研究開発費の総額
一般管理費に含まれる研究開発費
一般管理費に含まれる研究開発費
 
249,744
千円
 
236,133
千円
※3 製品売上原価の他勘定振替高の内訳は、次のとおりであります。
※3         ──────
営業外費用 
8,731
千円
 
 また、商品売上原価の他勘定振替高の内訳は、次のとおりであります。
 
営業外費用
1,626
千円
 
※4 低価法による製品評価減の金額が次のとおり製品期末棚卸高から減額されております。
※4 低価法による製品評価減の金額が次のとおり製品期末棚卸高から減額されております。
製品評価損 
1,830
千円
製品評価損 
2,891
千円
※5 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
※5 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。
運賃
319,665
千円
役員報酬
107,947
 
従業員給与手当
878,540
 
賞与引当金繰入額
126,269
 
役員賞与引当金繰入額
14,150
 
役員退職慰労引当金繰入額
8,653
 
賃借料
76,360
 
減価償却費
75,333
 
支払手数料
82,240
 
旅費交通費
117,625
 
退職給付費用
54,419
 
運賃
324,602
千円
貸倒引当金繰入額
11,104
 
役員報酬
111,353
 
従業員給与手当
867,435
 
賞与引当金繰入額
122,885
 
役員退職慰労引当金繰入額
8,821
 
賃借料
74,170
 
減価償却費
71,529
 
支払手数料
71,948
 
旅費交通費
118,342
 
退職給付費用
71,997
 
 販売費に属する費用と一般管理費に属する費用の割合は、概ね次のとおりであります。 
 販売費に属する費用と一般管理費に属する費用の割合は、概ね次のとおりであります。 
販売費に属する費用
約70%
一般管理費に属する費用
約30%
販売費に属する費用
約71%
一般管理費に属する費用
約29%
※6 前期損益修正益の内訳は次のとおりであります。
過年度退職給付費用の修正
14,919
千円
※6 前期損益修正益の内訳は次のとおりであります。
過年度ソフトウェア仮勘定計上額の修正
10,018
千円
関係会社に係る過年度経営指導料の修正 
3,478
 

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※7 固定資産売却益の内訳は次のとおりであります。
車両運搬具
862
千円
※7          ──────
※8 固定資産売却損の内訳は、次のとおりであります。
※8           ──────
車両運搬具
206
千円
 
※9 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
※9 固定資産除却損の内訳は、次のとおりであります。
建物
16,589
千円
構築物
8,226
 
車両運搬具
8,153
 
工具・器具・備品
2,611
 
撤去費用
25,813
 
 
61,394
 
機械装置
113
千円
工具・器具・備品
16
 
 
130
 
(株主資本等変動計算書関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
  自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式
38,470
800
11,000
28,270
合計
38,470
800
11,000
28,270
 (注)1. 普通株式の自己株式数の増加800株は、単元未満株式の買取によるものであります。
     2. 普通株式の自己株式数の減少11,000株は、新株予約権の行使によるものであります。
 当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
  自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(株)
当事業年度増加株式数(株)
当事業年度減少株式数(株)
当事業年度末株式数(株)
普通株式
28,270
580,860
609,130
合計
28,270
580,860
609,130
 (注) 普通株式の自己株式数の増加580,860株は、取締役会決議による自己株式の取得による増加580,000株、単元    未満株式の買取による増加860株によるものであります。
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
 重要な所有権移転外ファイナンス・リース取引はありません。
同左
(有価証券関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)及び当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年
3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
前事業年度
(平成19年3月31日現在)
当事業年度
(平成20年3月31日現在)
(1)流動の部
               
繰延税金資産
               
未払事業税
 
17,575
千円
   
23,483
千円
 
賞与引当金
 
100,074
     
99,078
   
未払費用
 
12,570
     
17,192
   
たな卸資産評価損
 
9,688
     
12,861
   
ソフトウェア
 
     
2,132
   
一括償却資産
 
3,440
     
797
   
繰延税金資産合計
 
143,348
     
155,545
   
繰延税金負債
 
 
     
 
   
 特別償却準備金
 
5,046
千円
   
5,046
千円
 
繰延税金負債合計
 
5,046
     
5,046
   
繰延税金資産の純額
 
138,301
     
150,498
   
(2)固定の部
               
繰延税金資産
               
退職給付引当金
 
114,133
千円
   
89,054
千円
 
役員退職慰労引当金
 
64,711
     
68,278
   
投資有価証券評価損
 
3,356
     
513
   
ソフトウェア 
 
     
8,530
   
一括償却資産
 
1,680
     
2,477
   
会員権評価損
 
1,701
     
1,701
   
減損損失(土地) 
 
558
     
558
   
貸倒引当金
 
3,843
     
5,612
   
その他
 
330
     
232
   
繰延税金資産合計
 
190,315
     
176,960
   
繰延税金負債
               
特別償却準備金
 
15,140
千円
   
10,093
千円
 
その他有価証券評価差額金
 
69,981
 
   
47,080
 
 
繰延税金負債合計
 
85,121
     
57,174
   
繰延税金資産の純額
 
105,193
     
119,786
   
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの差異の原因となった主要
  な項目別の内訳
 前事業年度(平成19年3月31日)
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるた
め、注記を省略しております。
 当事業年度(平成20年3月31日)
 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるた
め、注記を省略しております。
(企業結合等関係)
   前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
    該当事項はありません。
  当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日) 
   共通支配下の取引等
    連結財務諸表 「注記事項(企業結合等関係)」に記載しているので、注記を省略しております。
(1株当たり情報)
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
1,785円28銭
1株当たり当期純利益金額
117円13銭
 
 
    なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 については、潜在株式が存在しないため記載して
  おりません。
1株当たり純資産額
1,944円72銭
1株当たり当期純利益金額
135円14銭
 
 
    なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額
 については、潜在株式が存在しないため記載して
  おりません。
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益金額
   
当期純利益(千円)
677,537
738,614
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
677,537
738,614
普通株式の期中平均株式数(株)
5,784,476
5,465,638
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
子会社の合併
 連結子会社REZBOND ABRASIVES CO.,LTD.は、連結子会
社UNIQUE SANDPAPERS ( J.T.M.)INC.と平成19年4月1日をもって合併いたしました。
(1)合併の目的
 子会社2社を合併し、事業の簡素化を図り、グループ全体の収益力・体質の強化を図るものであります。    (2)合併方式
 REZBOND ABRASIVES CO.,LTD.を存続会社とし、UNIQUE  SANDPAPERS ( J.T.M.)INC.は解散いたしました。
(3)資本金の増加
 存続会社REZBOND ABRASIVES CO.,LTD.の資本金は、
UNIQUE SANDPAPERS ( J.T.M.)INC. の資本金100カナダド
ル分を増加し754,291カナダドルといたしました。
(4)合併期日
 平成19年4月1日
(5)社名変更
 存続会社REZBOND ABRASIVES CO.,LTD.は平成19年4月12日をもって社名をFUJI STAR CANADA INC.と変更いたしました。
(6)合併による引継財産
 REZBOND ABRASIVES CO.,LTD.は、UNIQUE SANDPAPERS
 ( J.T.M.)INC.から引継いだ資産、負債及び純資産は以
 下のとおりであります。
資産合計
173,035
千円
負債合計
27,705
 
純資産合計
 
145,330
 
             ──────
             ──────
 新株予約権の発行
 当社は平成20年6月27日開催の定時株主総会において、会社法第236条、第238条及び第239条の規定に基づき、当社の取締役及び従業員に対してストックオプションとして新株予約権を発行することを決議いたしました。
 なお、詳細につきましては「第4 提出会社の状況1 株式等の状況 (8)ストックオプション制度の内容」に記載しております。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額
(千円)
投資有価証券
その他有価証券
天龍製鋸㈱
30,000
129,000
長瀬産業㈱
30,000
30,540
㈱菊川鉄工所
100,000
20,800
日本レヂボン㈱
49,000
41,650
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
18,600
15,996
㈱マキタ
8,000
25,040
㈱三井住友フィナンシャルグループ
22
14,432
㈱タカラスタンダード
10,000
4,240
愛知機械工業㈱
17,000
3,128
その他(8銘柄)
24,169
8,195
286,791
293,021
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末残高(千円)
有形固定資産
             
建物
1,955,529
287,711
2,243,241
1,049,574
73,477
1,193,666
構築物
678,248
61,400
739,648
497,138
37,646
242,510
機械装置
2,926,771
25,994
390
2,952,375
2,521,120
142,952
431,255
車輌運搬具
60,365
60,365
57,270
1,153
3,095
工具・器具・備品
328,101
16,891
400
344,592
296,745
22,428
47,847
土地
72,405
86,500
158,905
158,905
建設仮勘定
127,484
1,180,020
355,466
952,038
952,038
有形固定資産計
6,148,905
1,658,517
356,256
7,451,166
4,421,848
277,658
3,029,318
無形固定資産
             
商標権
800
696
110
103
ソフトウェア
104,654
76,442
19,053
28,212
ソフトウェア仮勘定
64,375
64,375
その他
8,515
179
10
8,336
無形固定資産計
178,344
77,318
19,173
101,027
 長期前払費用
16,407
7,203
7,203
16,407
11,149
7,603
5,257
 (注)1.当期増加額のうち主なものは次のとおりです。
建物
新工場の建設関連
287,022
千円
建設仮勘定
新工場の建設関連
946,672
千円
 (注)2.無形固定資産の金額が資産の総額の1%以下であるため「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」欄の記載を省略しております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
15,630
14,801
1,353
3,435
25,643
賞与引当金
247,463
245,000
247,463
245,000
役員賞与引当金
14,150
14,150
役員退職慰労引当金
160,018
8,821
168,840
 (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)のうち主なものは、一般債権の貸倒実績率洗替による3,315千円でありま  
    す。   
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
1)現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
13,247
預金の種類
 
当座預金
573,256
普通預金
806,407
定期預金
1,247,470
別段預金
1,071
小計
2,628,205
合計
2,641,452
2)受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
G-TEAM MACHINERY(SHANGHAI)CO.,LTD.
203,878
G-TEAM CO.,LTD.
85,177
日本レヂボン(株)
71,538
シマツ㈱
45,366
TOA-SANKYO INDUSTRIES LTD.
44,268
その他
2,057,209
合計
2,507,439
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
759,727
5月
599,083
6月
584,247
7月
480,611
8月
81,748
9月以降
2,021
合計
2,507,439
3)売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
FUJI STAR COATED ABRASIVES,INC.
256,960
日東電工㈱
60,022
㈱光陽社
32,512
松永トイシ㈱
30,405
その他
1,554,778
合計
1,934,679
(ロ)売掛金の発生及び回収ならびに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
1,934,461
15,539,325
15,539,106
1,934,679
88.9
45.5
4)商品
品目
金額(千円)
研磨材
53,418
研磨機械工具
51,626
粘着テープ
18,111
その他
30,462
合計
153,618
5)製品
品目
金額(千円)
耐水研磨紙
271,373
研磨紙
48,243
耐水研磨布
43,609
研磨布
33,263
その他
25,557
合計
423,518
6)原材料
品目
金額(千円)
基材
79,934
研削材
271,425
接着剤
66,763
その他
13,102
合計
431,226
7)仕掛品
品目
金額(千円)
耐水研磨紙
389,538
研磨紙
149,921
耐水研磨布
398,092
研磨布
160,438
その他
498,422
合計
1,596,413
8)貯蔵品
品目
金額(千円)
包装資材
20,099
製造用消耗品
42,507
販売用消耗品
38,853
事務用消耗品
9,226
合計
110,686
② 流動負債
1)支払手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
㈱岡島
140,369
日本紙通商㈱
131,366
高島㈱
122,109
昭和工業㈱
95,236
㈱シャイネックス
92,493
その他
1,188,544
合計
1,770,120
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
516,059
5月
505,404
6月
506,139
7月
242,075
8月以降
441
合計
1,770,120
2)買掛金
相手先
金額(千円)
㈱ウジケ
78,602
ニチバン㈱
50,402
高島㈱
43,335
昭和工業㈱
31,938
㈱シャイネックス
30,938
その他
485,747
合計
720,966
(3)【その他】
該当事項はありません。




出典: 三共理化学株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書