有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、当連結会計年度が当社の設立初年度となりますので、前連結会計年度との対比は行っておりません。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
 なお、当事業年度が当社の設立初年度となりますので、前事業年度との対比は行っておりません。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、当連結会計年度(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)の連結財務諸表及び当事業年度(平成17年4月1日から平成18年3月31日まで)の財務諸表について、新日本監査法人により監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
 
 
当連結会計年度
(平成18年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
1.現金及び預金
 
 
8,044
 
2.受取手形及び売掛金等
 
 
18,512
 
3.たな卸資産
 
 
5,737
 
4.繰延税金資産
 
 
244
 
5.その他
 
 
1,959
 
貸倒引当金
 
 
△898
 
流動資産合計
 
 
33,599
70.5
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
1.有形固定資産
 
 
 
 
(1)建物及び構築物
※2
2,223
 
 
(2)機械装置及び運搬具
※2
3,169
 
 
(3)土地
※3
4,949
 
 
(4)建設仮勘定
 
135
 
 
(5)その他
※2
623
11,102
23.3
2.無形固定資産
 
 
 
 
(1)連結調整勘定
 
147
 
 
(2)その他
 
369
516
1.1
3.投資その他の資産
 
 
 
 
(1)投資有価証券
※1,3
1,022
 
 
(2)長期貸付金
 
74
 
 
(3)繰延税金資産
 
411
 
 
(4)その他
 
1,351
 
 
貸倒引当金
 
△402
2,457
5.1
固定資産合計
 
 
14,076
29.5
Ⅲ 繰延資産
 
 
 
 
1.社債発行費
 
 
7
 
繰延資産合計
 
 
7
0.0
資産合計
 
 
47,683
100.0
 
 
 
 
 

 

 
 
当連結会計年度
(平成18年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
1.支払手形及び買掛金等
 
 
12,522
 
2.ファクタリング未払金
 
 
7,036
 
3.短期借入金
※3
 
400
 
4.一年以内返済予定長期借入金
※3
 
1,437
 
5.未払法人税等
 
 
670
 
6.賞与引当金
 
 
357
 
7.その他
 
 
3,114
 
流動負債合計
 
 
25,539
53.5
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
1.社債
 
 
2,300
 
2.長期借入金
※3
 
4,084
 
3.繰延税金負債
 
 
1,241
 
4.退職給付引当金
 
 
829
 
5.役員退職慰労引当金
 
 
545
 
6.長期未払金
 
 
261
 
7.連結調整勘定
 
 
2,685
 
8.その他
 
 
211
 
固定負債合計
 
 
12,158
25.5
負債合計
 
 
37,697
79.0
 
 
 
 
 
(少数株主持分)
 
 
 
 
少数株主持分
 
 
172
0.4
 
 
 
 
 
(資本の部)
 
 
 
 
Ⅰ 資本金
※6
 
2,156
4.5
Ⅱ 資本剰余金
 
 
4,452
9.3
Ⅲ 利益剰余金
 
 
3,086
6.5
Ⅳ その他有価証券評価差額金
 
 
136
0.3
Ⅴ 自己株式
※7
 
△18
△0.0
資本合計
 
 
9,813
20.6
負債、少数株主持分及び資本合計
 
 
47,683
100.0
 
 
 
 
 




出典: アジアパイルホールディングス株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書