有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
250
 
 
277
 
2 受取手形
※3
※7
 
2,052
 
 
2,135
 
3 売掛金
※3
 
3,899
 
 
5,308
 
4 製品・仕掛品
※1
 
2,079
 
 
2,301
 
5 原材料
 
 
502
 
 
550
 
6 貯蔵品
 
 
421
 
 
408
 
7 前払費用
 
 
23
 
 
25
 
8 未収入金
※3
 
446
 
 
327
 
9 繰延税金資産
 
 
155
 
 
179
 
10 その他
 
 
18
 
 
4
 
貸倒引当金
 
 
△37
 
 
△54
 
流動資産合計
 
 
9,811
45.1
 
11,465
48.5
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
※2
 
 
 
 
 
 
(1) 建物
 
5,934
 
 
5,869
 
 
減価償却累計額
 
4,113
1,821
 
4,209
1,659
 
(2) 構築物
 
886
 
 
889
 
 
減価償却累計額
 
627
258
 
644
244
 
(3) 機械装置
 
7,603
 
 
7,656
 
 
減価償却累計額
 
6,644
958
 
6,515
1,140
 
(4) 車輌運搬具
 
85
 
 
84
 
 
減価償却累計額
 
74
11
 
76
8
 
(5) 工具
 
1,292
 
 
1,292
 
 
減価償却累計額
 
1,168
124
 
1,189
103
 
(6) 器具備品
 
274
 
 
278
 
 
減価償却累計額
 
227
46
 
233
45
 
(7) 土地
※6
 
7,208
 
 
7,204
 
(8) 建設仮勘定
 
 
3
 
 
23
 
有形固定資産合計
 
 
10,434
48.0
 
10,429
44.2

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) ソフトウェア
 
 
18
 
 
16
 
(2) 電話加入権
 
 
9
 
 
9
 
無形固定資産合計
 
 
28
0.1
 
26
0.1
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1) 投資有価証券
 
 
213
 
 
621
 
(2) 関係会社株式
 
 
341
 
 
314
 
(3) 長期貸付金
 
 
288
 
 
278
 
(4) 従業員長期貸付金
 
 
33
 
 
29
 
(5) 破産更生債権等
 
 
189
 
 
127
 
(6) 長期前払費用
 
 
1
 
 
1
 
(7) 保証金
 
 
192
 
 
10
 
(8) 繰延税金資産
 
 
557
 
 
588
 
貸倒引当金
 
 
△340
 
 
△277
 
投資その他の資産合計
 
 
1,478
6.8
 
1,694
7.2
固定資産合計
 
 
11,940
54.9
 
12,150
51.5
資産合計
 
 
21,752
100.0
 
23,615
100.0

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形
※4 
 
2,370
 
 
404
 
2 買掛金
※3
※4
 
1,855
 
 
3,919
 
3 短期借入金
※2
 
3,000
 
 
2,700
 
4 一年以内に返済する
長期借入金
※2
 
634
 
 
1,357
 
5 未払金
※3
 
466
 
 
312
 
6 未払費用
 
 
34
 
 
30
 
7 未払法人税等
 
 
748
 
 
405
 
8 未払消費税等
 
 
52
 
 
67
 
9 前受金
 
 
40
 
 
22
 
10 預り金
 
 
116
 
 
159
 
11 賞与引当金
 
 
217
 
 
205
 
12 設備関係支払手形
 
 
115
 
 
40
 
13 設備関係未払金
 
 
92
 
 
216
 
流動負債合計
 
 
9,745
44.8
 
9,841
41.7
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 長期借入金
※2
 
1,287
 
 
1,904
 
2 長期預り保証金
 
 
86
 
 
86
 
3 再評価に係る
繰延税金負債
※6
 
2,820
 
 
2,820
 
4 退職給付引当金
 
 
748
 
 
806
 
5 役員退職慰労引当金
 
 
50
 
 
50
 
6 PCB処理引当金
 
 
65
 
 
65
 
固定負債合計
 
 
5,058
23.3
 
5,733
24.3
負債合計
 
 
14,803
68.1
 
15,575
66.0

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
2,102
9.6
 
2,102
8.9
2 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1) その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
繰越利益剰余金
 
824
 
 
1,937
 
 
利益剰余金合計
 
 
824
3.8
 
1,937
8.2
3 自己株式
 
 
△2
△0.0
 
△2
△0.0
株主資本合計
 
 
2,925
13.4
 
4,037
17.1
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価
差額金
 
 
56
0.3
 
4
0.0
2 土地再評価差額金
※6
 
3,966
18.2
 
3,998
16.9
評価・換算差額等合計
 
 
4,023
18.5
 
4,003
16.9
純資産合計
 
 
6,949
31.9
 
8,040
34.0
負債純資産合計
 
 
21,752
100.0
 
23,615
100.0
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※1
 
 
 
 
 
 
製品売上高
 
 
18,452
100.0
 
19,872
100.0
Ⅱ 売上原価
※1
 
 
 
 
 
 
製品売上原価
 
 
 
 
 
 
 
(1) 期首製品仕掛品
たな卸高
 
1,622
 
 
2,079
 
 
(2) 当期総製造費用
※3
15,690
 
 
16,852
 
 
(3) 他勘定振替高
※2
△5
 
 
△23
 
 
(4) 期末製品仕掛品
たな卸高
 
2,079
15,227
82.5
2,301
16,606
83.6
売上総利益
 
 
3,224
17.5
 
3,266
16.4
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※3 
 
 
 
 
 
 
1 役員報酬
 
97
 
 
96
 
 
2 給料手当
 
342
 
 
318
 
 
3 賞与引当金繰入額
 
81
 
 
71
 
 
4 賞与手当
 
63
 
 
63
 
 
5 法定福利費
 
78
 
 
72
 
 
6 退職給付引当金繰入額
 
61
 
 
63
 
 
7 役員退職慰労引当金
繰入額
 
13
 
 
13
 
 
8 交際費
 
11
 
 
10
 
 
9 旅費交通費
 
75
 
 
74
 
 
10 減価償却費
 
29
 
 
30
 
 
11 賃借料
 
38
 
 
21
 
 
12 貸倒引当金繰入額
 
26
 
 
16
 
 
13 雑費・その他
 
251
1,171
6.4
242
1,096
5.5
営業利益
 
 
2,053
11.1
 
2,170
10.9
Ⅳ 営業外収益
※1
 
 
 
 
 
 
1 受取利息
 
1
 
 
1
 
 
2 受取配当金
 
3
 
 
4
 
 
3 原材料売却益
 
10
 
 
17
 
 
4 消費税等調整額
 
 
 
8
 
 
5 雑収入
 
14
29
0.2
22
54
0.3
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
88
 
 
94
 
 
2 債権売却損
 
32
 
 
11
 
 
3 雑損失
 
3
124
0.7
19
126
0.6
経常利益
 
 
1,958
10.6
 
2,098
10.6
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 関係会社清算益
 
 
 
30
 
 
2 固定資産売却益
※4 
 
9
40
0.2
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
 1 貸倒引当金繰入額
 
 
 
126
 
 
2 固定資産売却損
※5 
 
 
49
 
 
3 固定資産廃却損
 
41
41
0.2
31
207
1.0
税引前当期純利益
 
 
1,916
10.4
 
1,931
9.8
法人税、住民税
及び事業税
 
819
 
 
806
 
 
法人税等調整額
 
△30
788
4.3
△19
787
4.0
当期純利益
 
 
1,127
6.1
 
1,143
5.8
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
科目
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
4,684
 
29.8
5,808
 
34.5
Ⅱ 労務費
※2
1,487
 
9.5
1,499
 
8.9
Ⅲ 経費
※3
9,518
 
60.7
9,544
 
56.6
当期総製造費用
 
 
15,690
100.0
 
16,852
100.0
期首製品仕掛品たな卸高
 
 
1,622
 
 
2,079
 
合計
 
 
17,312
 
 
18,931
 
他勘定振替高
※4
 
△5
 
 
△23
 
期末製品仕掛品たな卸高
 
 
2,079
 
 
2,301
 
当期製品製造原価
 
 
 
 
 
 
 
(売上原価)
※5
 
15,227
 
 
16,606
 
 (注)1 原価計算方法
当社の原価計算方法は個別原価計算方法を採用しております。
 (注)1 原価計算方法
同左
※2 労務費のうち、賞与引当金繰入額は142百万円、退職給付引当金繰入額は138百万円であります。
※2 労務費のうち、賞与引当金繰入額は137百万円、退職給付引当金繰入額は154百万円であります。
※3 経費のうち、減価償却費は276百万円、外注加工費は7,592百万円、事業所税は40百万円であります。
※3 経費のうち、減価償却費は350百万円、外注加工費は7,310百万円、事業所税は40百万円であります。
※4 他勘定振替高は自社用品として原材料、貯蔵品振替△9百万円、販売費及び一般管理費振替21百万円ほかであります。
※4 他勘定振替高は、販売費振替△11百万円ほかであります。
※5 貸借対照表※1にも注記してあるとおり、当社では製品と仕掛品との勘定区分を行っておりませんので、ただちに売上原価の算定が行われます。
※5 同左
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
資本剰余金
合計
利益準備金
その他利益
剰余金
利益剰余金
合計
繰越利益
剰余金
平成18年3月31日残高(百万円)
2,102
179
179
301
△783
△482
△1
1,798
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
欠損填補
 
△179
△179
△301
480
179
 
当期純利益
 
 
 
 
1,127
1,127
 
1,127
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△0
△0
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計(百万円)
△179
△179
△301
1,608
1,306
△0
1,127
平成19年3月31日残高(百万円)
2,102
824
824
△2
2,925
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
土地再評価
差額金
評価・換算
差額等合計
平成18年3月31日残高(百万円)
74
3,966
4,041
5,840
事業年度中の変動額
 
 
 
 
欠損填補
 
 
 
当期純利益
 
 
 
1,127
自己株式の取得
 
 
 
△0
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
△18
△18
△18
事業年度中の変動額合計(百万円)
△18
△18
1,108
平成19年3月31日残高(百万円)
56
3,966
4,023
6,949
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
資本準備金
資本剰余金
合計
利益準備金
その他利益
剰余金
利益剰余金
合計
繰越利益
剰余金
平成19年3月31日残高(百万円)
2,102
824
824
△2
2,925
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
当期純利益
 
 
 
 
1,143
1,143
 
1,143
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
△0
△0
土地再評価差額金取崩による減少
 
 
 
 
△31
△31
 
△31
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計(百万円)
1,112
1,112
△0
1,112
平成20年3月31日残高(百万円)
2,102
1,937
1,937
△2
4,037
 
評価・換算差額等
純資産合計
その他
有価証券
評価差額金
土地再評価
差額金
評価・換算
差額等合計
平成19年3月31日残高(百万円)
56
3,966
4,023
6,949
事業年度中の変動額
 
 
 
 
当期純利益
 
 
 
1,143
自己株式の取得
 
 
 
△0
土地再評価差額金取崩による減少
 
 
 
△31
株主資本以外の項目の
事業年度中の変動額(純額)
△52
31
△20
△20
事業年度中の変動額合計(百万円)
△52
31
△20
1,091
平成20年3月31日残高(百万円)
4
3,998
4,003
8,040
重要な会計方針
区分
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 有価証券の評価基準及び評価方法
(1) 子会社株式及び関連会社株式
移動平均法による原価法
(1) 子会社株式及び関連会社株式
同左
 
(2) その他有価証券
① 時価のあるもの
期末日前1ヵ月の市場価格の平均に基づく時価法(評価差額は、全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(2) その他有価証券
① 時価のあるもの
同左
 
② 時価のないもの
移動平均法による原価法
② 時価のないもの
同左
2 デリバティブ等の評価基準及び評価方法
デリバティブ
時価法
デリバティブ
時価法
3 たな卸資産の評価基準及び評価方法
製品・仕掛品:個別法による原価法
製品・仕掛品:同左
原材料及び貯蔵品:移動平均法による原価法
原材料及び貯蔵品:同左
4 固定資産の減価償却の方法
有形固定資産:定額法
有形固定資産:同左
なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
同左
 
建物及び構築物
7〜47年
機械装置及び車輌運搬具
2〜10年
 
 
 
 
 
 
(会計方針の変更)
 当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 この変更に伴う損益に与える影響は軽微であります。
(追加情報)
 当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度から、平成19年3月31日以前に取得した有形固定資産について、償却可能限度額まで償却が終了した翌年から5年間で均等償却する方法によっております。
 当該変更により、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益がそれぞれ73百万円減少しております。 
 
無形固定資産:定額法
無形固定資産:同左
 
なお、ソフトウェア(自社利用分)については、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
同左

 

区分
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
5 引当金の計上基準
 
 
(1) 貸倒引当金
売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。
同左
(2) 賞与引当金
従業員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額のうち当期の負担額を計上する方法によっております。
同左
(3) 退職給付引当金
従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。
なお、会計基準変更時差異(1,643百万円)については、15年による按分額を費用処理しております。
また、数理計算上の差異は、その発生年度に収益又は費用として処理することとしております。
同左
(4) 役員退職慰労引当金
役員の退職慰労金の支出に備えるため、「役員退職慰労金規程」に基づく当事業年度末要支給額を計上しております。
同左
(5) PCB処理引当金
PCB(ポリ塩化ビフェニル)の廃棄処理に備えるため、当事業年度末における処理費用見込額を計上しております。
同左
6 リース取引の処理方法
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左
7 ヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
繰延ヘッジ処理を採用しております。なお特例処理の要件を満たす金利スワップについては、特例処理を採用しております。
① ヘッジ会計の方法
金利スワップについては、特例処理の要件を満たしておりますので、特例処理を採用しております。
 
② ヘッジ手段とヘッジ対象
a.ヘッジ手段…為替予約
ヘッジ対象…外貨建予定取引
b. ヘッジ手段…金利スワップ取引
ヘッジ対象…借入金の金利
② ヘッジ手段とヘッジ対象
ヘッジ手段…金利スワップ取引
ヘッジ対象…借入金の金利
 
 
 
③ ヘッジ方針
外貨建予定取引の為替変動リスクを回避する目的で為替予約取引を、借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引をそれぞれ行っており、投機目的のデリバティブ取引は行わない方針であります。
③ ヘッジ方針
借入金の金利変動リスクを回避する目的で金利スワップ取引を行っております。

 

区分
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 
④ ヘッジの有効性評価の方法
為替予約は、為替予約と外貨建予定取引に関する重要な条件が同一であるため、ヘッジの有効性の判定を省略しております。なお、金利スワップの特例処理によっているものは、特例処理の要件を満たしているため、ヘッジの有効性の判定を省略しております。
④ ヘッジの有効性評価の方法
金利スワップについては、特例処理によっているため有効性の評価を省略しております。
8 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
消費税等の会計処理
消費税及び地方消費税の会計処理は税抜方式によっております。
消費税等の会計処理
同左
会計処理の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 従来の資本の部の合計に相当する金額は6,949百万円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
 
 
——————
 
 
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1 当社における生産は多品種少量生産で、その製造工程は比較的短期間であり、また、その生産形態は受注生産であるため完成と同時に出荷され、製品としての滞留は少ないので、製品と仕掛品の勘定区分は行っておりません。
※1    同左
※2 有形固定資産のうち、下記の資産の帳簿価額8,229百万円は工場財団を組成し、短期借入金900百万円(根抵当)及び長期借入金1,099百万円、1年以内返済長期借入金559百万円の担保に供されております。
※2 有形固定資産のうち、下記の資産の帳簿価額8,117百万円は工場財団を組成し、短期借入金721百万円(根抵当)及び長期借入金430百万円、1年以内返済長期借入金329百万円の担保に供されております。
建物
1,010百万円
構築物
1 〃
機械装置
207 〃
工具
1 〃
土地
7,006 〃
合計
8,229 〃
建物
945百万円
構築物
1 〃
機械装置
161 〃
工具
1 〃
土地
7,006 〃
合計
8,117 〃
その他土地及び建物・構築物390百万円は短期借入金79百万円(根抵当)の担保に供されております。
その他土地及び建物・構築物381百万円は短期借入金100百万円(根抵当)の担保に供されております。
※3 関係会社項目
関係会社にかかる資産、負債で、区分掲記されたもの以外のものは次のとおりであります。
※3 関係会社項目
関係会社にかかる資産、負債で、区分掲記されたもの以外のものは次のとおりであります。
科目
金額
受取手形
350百万円
売掛金
304 〃
未収入金
277 〃
買掛金
885 〃
未払金
158 〃
前受金
2 〃
預り金
156 〃
科目
金額
受取手形
146百万円
売掛金
1,352 〃
未収入金
302 〃
買掛金
1,361 〃
※4 
——————
 
 
 
 
 5 保証債務
下記関係会社の借入金に対し保証を行っております。
新東北メタル㈱      261百万円
※4 一括支払信託による支払方法の変更
平成19年9月支払分より、原則として支払先への支払方法を手形から一括支払信託による支払いに変更しております。
この変更に伴い支払手形が1,689百万円減少し、買掛金が1,689百万円増加しております。
 5 保証債務
下記関係会社の借入金に対し保証を行っております。
新東北メタル㈱      232百万円

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※6 土地再評価法の適用
「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づいて事業用土地の再評価を行い、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に、残額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
※6 土地再評価法の適用
「土地の再評価に関する法律」(平成10年3月31日公布法律第34号)に基づいて事業用土地の再評価を行い、当該評価差額に係る税金相当額を「再評価に係る繰延税金負債」として負債の部に、残額を「土地再評価差額金」として純資産の部に計上しております。
・再評価の方法 「土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)」第2条第3号に定める評価額に合理的な調整を加えて算定する方法。
・再評価の方法 「土地の再評価に関する法律施行令(平成10年3月31日公布政令第119号)」第2条第3号に定める評価額に合理的な調整を加えて算定する方法。
・再評価を行った日
平成14年2月25日
・再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額の差額
・再評価を行った日
平成14年2月25日
・再評価を行った土地の期末における時価と再評価後の帳簿価額の差額
— 
※7 会計期間末日満期手形
会計期間末日満期手形の会計処理については、手形交換日をもって決済処理をしております。
なお、当会計期間の末日は金融機関の休日であったため、次の会計期間末日の満期手形が当会計期間末残高に含まれております。
受取手形   409百万円
※7
——————
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1 関係会社項目
関係会社にかかる取引が次のとおり含まれております。
※1 関係会社項目
関係会社にかかる取引が次のとおり含まれております。
科目
金額
売上高
2,532百万円
売上原価
(原材料仕入高ほか)
3,656 〃
営業外収益
(原材料売却益ほか)
5 〃
科目
金額
売上高
3,828百万円
売上原価
(原材料仕入高ほか)
5,057 〃
営業外収益
(原材料売却益ほか)
9 〃
※2 製造原価明細書(注)4を参照
※2 同左
※3 研究開発費の総額は30百万円であります。
※3 研究開発費の総額は43百万円であります。
※4       ——————
※4 固定資産売却益は、土地であります。
※5       ——————
※5 固定資産売却損は、建物45百万円、土地3百万円及び器具備品0百万円であります。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
1 自己株式に関する事項
株式の種類
前事業年度末
増加
減少
当事業年度末
普通株式(株)
13,132
2,050
15,182
(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次のとおりであります。
単元未満株式の買取りによる増加 2,050株
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
1 自己株式に関する事項
株式の種類
前事業年度末
増加
減少
当事業年度末
普通株式(株)
15,182
785
15,967
(変動事由の概要)
増加数の内訳は、次のとおりであります。
単元未満株式の買取りによる増加  785株
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1) リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却
累計額
相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
機械装置
及び車輌
運搬具
1,189
675
514
工具及び
器具備品
92
71
21
合計
1,282
747
535
 
取得価額
相当額
(百万円)
減価償却
累計額
相当額
(百万円)
期末残高
相当額
(百万円)
機械装置
及び車輌
運搬具
338
189
148
工具及び
器具備品
53
43
9
合計
391
233
158
(2) 未経過リース料の期末残高相当額
(2) 未経過リース料の期末残高相当額
 
当期末残高相当額(百万円)
1年以内
369
1年超
173
542
 
当期末残高相当額(百万円)
1年以内
45
1年超
128
173
(3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3) 支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
 
当会計期間(百万円)
支払リース料
189
減価償却費相当額
178
支払利息相当額
27
 
当会計期間(百万円)
支払リース料
169
減価償却費相当額
155
支払利息相当額
21
(4) 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
減価償却費相当額の算定方法
・リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4) 減価償却費相当額及び利息相当額の算定方法
減価償却費相当額の算定方法
同左
利息相当額の算定方法
・リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
利息相当額の算定方法
同左
(有価証券関係)
 前事業年度(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
 当事業年度(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)における子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
賞与引当金
87百万円
貸倒引当金
109 〃
退職給付引当金
301 〃
役員退職慰労引当金
20 〃
投資有価証券評価損
22 〃
子会社株式評価損
108 〃
PCB処理引当金
26 〃
その他
74 〃
繰延税金資産合計
751 〃
繰延税金負債
その他有価証券評価差額金
△38 〃
繰延税金負債合計
△38 〃
繰延税金資産の純額
713 〃
繰延税金資産
 
賞与引当金
82百万円
貸倒引当金
91 〃
退職給付引当金
325 〃
役員退職慰労引当金
20 〃
投資有価証券評価損
22 〃
子会社株式評価損
108 〃
PCB処理引当金
26 〃
その他
93 〃
繰延税金資産合計
771 〃
繰延税金負債
その他有価証券評価差額金
△3 〃
繰延税金負債合計
△3 〃
繰延税金資産の純額
767 〃
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
同左
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
165円28銭
1株当たり当期純利益
26円82銭
1株当たり純資産額
191円25銭
1株当たり当期純利益
27円21銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
 (注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
当期純利益(百万円)
1,127
1,143
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
1,127
1,143
普通株式の期中平均株式数(株)
42,044,860
42,043,938
(重要な後発事象)
 該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(株)
貸借対照表計上額(百万円)
投資
有価証券
その他
有価証券
JFE商事ホールディングス㈱
711,000
468
㈱横浜銀行
60,436
39
㈱トウチュウ
50,000
39
㈱みずほフィナンシャルグループ
95
37
東京湾横断道路㈱
260
13
呉羽製鋼㈱
12,000
5
日本鉄塔工業㈱
10,000
5
駒井鉄工㈱
20,000
3
㈱サクラダ
125,000
3
トピー工業㈱
8,000
2
その他(4銘柄)
24,169
4
1,020,960
621
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末
残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
5,934
2
68
5,869
4,209
115
1,659
構築物(注)2
886
7
4
889
644
21
244
機械装置(注)1,2
7,603
389
336
7,656
6,515
181
1,140
車両運搬具(注)2
85
1
84
76
3
8
工具(注)2
1,292
19
19
1,292
1,189
38
103
器具備品(注)2
274
10
6
278
233
11
45
土地
7,208
4
7,204
7,204
建設仮勘定
3
456
436
23
23
有形固定資産計
23,290
886
877
23,298
12,869
371
10,429
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
56
40
8
16
電話加入権
9
9
無形固定資産計(注)3
66
40
8
26
長期前払費用
6
1
2
5
3
1
1
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
 (注)1 当期増加額の主なものは、水平連続鋳造装置改造20百万円ほかであります。
2 当期減少額の主なものは、ロックリング製造設備261百万円ほかであります。
3 無形固定資産については、資産総額の1%以下のため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略いたしました。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
377
180
186
39
332
賞与引当金
217
205
217
205
役員退職慰労引当金
50
13
13
50
PCB処理引当金
65
65
 (注) 貸倒引当金の当期減少額「その他」は、一般債権に係る実績率による期首残高の洗替額37百万円及び回収等による取崩額1百万円であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
(a) 資産の部
イ 現金及び預金
区分
金額(百万円)
預金の種類
 
当座預金
112
普通預金
62
通知預金
101
別段預金
0
276
現金
1
合計
277
ロ 受取手形
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
三兼商事㈱
154
宇部興産機械㈱
152
㈱エヌ・エス・シー
122
㈱東京鐵骨橋梁
97
栗本細野㈱
89
その他
1,520
合計
2,135
(ロ)期日別内訳
期日別
受取手形(百万円)
平成20年4月満期
662
  〃  5月 〃
541
  〃  6月 〃
381
  〃  7月 〃
474
  〃  8月 〃
57
  〃  9月 〃
14
  〃  10月 〃
4
合計
2,135
 
ハ 売掛金
(イ)相手先別内訳
相手先
金額(百万円)
JFEスチール㈱
1,149
キヤノン㈱
457
㈱ダット興業
198
三菱重工業㈱
182
大同興業㈱
153
その他
3,167
合計
5,308
(ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(百万円)
(A)
当期発生高
(百万円)
(B)
当期回収高
(百万円)
(C)
次期繰越高
(百万円)
(D)
回収率(%)
(C)
×100
(A)+(B)
滞留期間(日)
 
(A)+(D)
 
 
 
 
(B)
 
 
366
 
3,899
20,845
19,435
5,308
78.5
80.8
 (注) 消費税等の会計処理は税抜方式によっていますが、上記金額には消費税等を含めて記載しております。
ニ 製品・仕掛品
品名
金額(百万円)
素形材
1,609
鋼構造品・景観
672
その他
20
合計
2,301
ホ 原材料
品名
金額(百万円)
鋳鉄、鋼屑類
168
合金鉄類
379
精錬材
2
合計
550
ヘ 貯蔵品
品名
金額(百万円)
支承素材
168
木型類
95
造型材
48
鋳物砂
32
その他
63
合計
408
(b) 負債の部
イ 支払手形
(イ)支払先別内訳
相手先
金額(百万円)
大宗鋼機㈱
28
㈱山二
25
中嶋産業㈱
24
アサクラ理研工業㈱
23
㈱キタニ
22
その他
279
合計
404
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(百万円)
平成20年4月満期
127
  〃  5月 〃
100
  〃  6月 〃
78
  〃  7月 〃
73
  〃  8月 〃
24
合計
404
ロ 買掛金
相手先
金額(百万円)
JFEスチール㈱
1,262
㈱住軽日軽エンジニアリング
92
東京ファブリック工業㈱
83
㈱湘南ユニテック
77
横浜ゴムMBE㈱
75
その他
2,328
合計
3,919
ハ 短期借入金
借入先
金額(百万円)
㈱みずほ銀行
1,166
㈱横浜銀行
1,151
㈱あおぞら銀行
560
㈱三菱東京UFJ銀行
375
商工組合中央金庫
343
その他
460
合計
4,057
(注)短期借入金には1年以内に返済予定の長期借入金が1,357百万円含まれています。
 
ニ 設備関係支払手形
(イ)支払先別内訳
相手先
金額(百万円)
㈱森迫工務店
11
東芝産業機器システム㈱
8
サン技研㈱
5
奥浜産業㈱
2
アサミ工業㈱
2
その他
8
合計
40
(ロ)期日別内訳
期日別
金額(百万円)
平成20年4月満期
8
  〃  5月 〃
7
  〃  6月 〃
12
  〃  7月 〃
6
  〃  8月 〃
5
合計
40
ホ 長期借入金
借入先
金額(百万円)
㈱みずほ銀行
549
㈱横浜銀行
522
日本生命保険相互会社
256
商工組合中央金庫
193
㈱住友信託銀行
131
その他
251
合計
1,904
ヘ 再評価に係る繰延税金負債
区分
金額(百万円)
土地再評価に係る繰延税金負債
2,820
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 日本鋳造株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書