有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)

    (単位:百万円)

 

情報通信

電子電装

エネルギー

関連

その他

 

消去又は

全社

連結

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

82,174

124,415

112,476

12,259

331,325

 

331,325

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

736

322

141

15,003

16,205

(16,205)

       —

82,911

124,738

112,617

27,263

347,530

(16,205)

331,325

営業費用

83,031

111,401

114,719

25,076

334,229

(16,263)

317,966

営業利益又は営業損失

(△)

△120

13,336

△2,101

2,186

13,300

58

13,359

Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

 

資産

74,729

87,097

96,820

40,827

299,475

112,840

412,316

減価償却費

8,848

7,497

5,503

2,151

24,001

1,531

25,532

減損損失

18

94

13,272

2,517

15,902

-

15,902

資本的支出

5,130

12,657

1,446

740

19,974

1,071

21,046

 

当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)

    (単位:百万円)

 

情報通信

電子電装

エネルギー

関連

その他

 

消去又は

全社

連結

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

71,686

143,708

131,271

14,086

360,752

 

360,752

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

424

166

114

13,165

13,870

(13,870)

   —

72,111

143,874

131,385

27,252

374,623

(13,870)

360,752

営業費用

74,817

125,202

133,104

24,655

357,779

(13,790)

343,989

営業利益又は営業損失

(△)

△ 2,706

18,671

△ 1,718

2,597

16,843

(80)

16,763

Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出

 

 

 

 

 

 

 

資産

93,405

99,082

90,248

37,326

320,063

93,621

413,684

減価償却費

7,036

9,021

3,380

1,935

21,372

1,609

22,982

減損損失

3,394

140

5

3,541

31

3,572

資本的支出

3,530

14,575

1,852

141

20,100

1,406

21,506

 

(注) 

1 事業区分の方法

事業区分の方法は、内部管理上採用している区分をベースに、製造方法・製造過程並びに使用目的及び販売方法の類似性を考慮して区分している。

2 各事業区分の主要製品

 

事業区分

主要品種

情報通信

光ファイバ、通信ケーブル、光ケーブル、通信部品、光部品、光関連機器、ネットワーク機器、工事等

電子電装

プリント配線板、電子ワイヤ、メンブレンスイッチ、ハードディスク用部品、自動車用ワイヤハーネス、各種コネクタ等

エネルギー関連

電力ケーブル、被覆線、アルミ線、裸線、付属品・工事、巻線等

その他

不動産事業他

 

3 営業費用はすべて各セグメントに配賦している。

 

4 資産の内「消去又は全社」の項目に含めた全社資産は、前連結会計年度112,632百万円、当連結会計年度

  94,236百万円である。全社資産の主なものは、親会社での研究開発及び管理部門に関わる資産及び投資

有価証券等である。

  なお、「消去又は全社」の項目の全社資産の減価償却費は各セグメントの営業費用に含めている。

 

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)

    (単位:百万円)

 

日本

アジア

その他

消去又は全社

連結

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

263,973

55,758

11,594

331,325

 

331,325

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

44,063

44,504

1,049

89,616

(89,616)

308,036

100,262

12,643

420,942

(89,616)

331,325

営業費用

303,571

91,887

12,625

408,084

(90,118)

317,966

営業利益

4,465

8,374

17

12,858

501

13,359

Ⅱ 資産

287,902

54,536

4,078

346,517

65,799

412,316

 

当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)

    (単位:百万円)

 

日本

アジア

その他

消去又は全社

連結

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

280,171

68,161

12,420

360,752

 

360,752

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

52,607

54,576

1,054

108,238

(108,238)

332,779

122,737

13,473

468,990

(108,238)

360,752

営業費用

327,022

111,766

13,205

451,994

(108,005)

343,989

営業利益

5,756

10,971

268

16,996

(232)

16,763

Ⅱ 資産

266,815

59,315

38,554

364,685

48,999

413,684

(注) 1 地域は、地理的近接度により区分している。

       2 本邦以外の区分に属する地域の主な内訳は次のとおりである。

・アジア…タイ、シンガポール、マレーシア、中国

・その他…アメリカ、イギリス

       3 資産の内「消去又は全社」の項目に含めた全社資産は、前連結会計年度112,632百万円、当連結会計年度94,236百万円である。全社資産の主なものは、親会社での研究開発及び管理部門に関わる資産及び投資有価証券等である。

 

 
【海外売上高】

    (単位:百万円)

 

 

アジア

その他

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

Ⅰ 海外売上高

83,009

19,088

102,098

Ⅱ 連結売上高

331,325

Ⅲ 連結売上高に占める

海外売上高の割合(%)

25.1

5.8

30.8

 

                                            (単位:百万円)

 

 

アジア

その他

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

Ⅰ 海外売上高

89,858

22,142

112,001

Ⅱ 連結売上高

360,752

Ⅲ 連結売上高に占める

海外売上高の割合(%)

24.9

6.1

31.0

(注) 1 地域は、地理的近接度により区分している。

2 本邦以外の区分に属する地域の主な内訳は次のとおりである。

・アジア…タイ、シンガポール、マレーシア、中国

・その他…アメリカ、イギリス

3 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高である。

 

【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成15年4月1日 至 平成16年3月31日)

該当事項なし。

 
当連結会計年度(自 平成16年4月1日 至 平成17年3月31日)

子会社等

属性

会社等の名称

住所

資本金又は出資金

(百万円)

事業の内容又は職業

議決権等の所有(被所有の割合)

関係内容

取引の内容

取引金額

(百万円)

科目

期末残高

(百万円)

役員の兼務等

事業上の関係

関連会社(当該関連会社の子会社を含む)

株式会社ビスキャス

東京都品川区

12,100

エネルギー関連

所有

直接50%

役員

1名

当社より原材料の支給及び当社への製品販売

 

営業譲渡

譲渡資産合計

 

 

 

13,307

 

 

 

未収入金

 

 

 

71

 

(取引条件及び取引条件の決定方針等) 

注1. 上記の取引金額には消費税が含まれておらず、期末残高には消費税が含まれております。

2. 営業譲渡については、譲渡日における第三者による本営業の評価額及び譲渡財産の時価を基礎として株式会社ビスキャスとの協議の上、決定している。

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

1株当たり純資産額

472.71円

1株当たり純資産額

486.70円

1株当たり当期純損失

6.72円

1株当たり当期純利益

19.78円

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。

 

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。

 

 

(注)1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)の金額の算定上の基礎は、以下のとおりである。

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

1株当たり当期純利益又は当期純損失(△)

 当期純利益又は純損失(△)(百万円)

 普通株主に帰属しない金額(百万円)

  (うち利益処分による役員賞与金)

 普通株式に係る当期純利益又は当期純

損失(△)(百万円)

 普通株式の期中平均株式数(千株)

 

 

 

△2,557

1

(1)

 

△2,559

380,648

 

 

            

            7,441

              1

(1)

 

7,439

376,180

 

 

(重要な後発事象)

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

 当社は電力事業部門の競争力向上を目的に、古河電気工業株式会社との間で同事業の統合範囲を拡大することに合意し、本年3月25日、両社折半出資の株式会社ビスキャスに対し、両社が本年10月1日を目標期日として以下に記載する事業を譲渡し、もって両社の電力事業を統合する旨の事業統合基本契約書を締結した。

 これに基づき、本年4月19日開催の取締役会決議に従い、4月28日に統合後の株式会社ビスキャスの運営の詳細を定める合弁契約書及び同社に対して以下記載の事業を譲渡する営業譲渡契約書を締結した。

 なお、本営業譲渡契約は平成16年6月29日開催の当社定時株主総会において承認の決議を受けた。

 

営業譲渡の対象事業

1. 架空送電関連の工事、設計、製造及び研究開発の事業全般(国内工事を除く)

2. 地中送電関連の工事、製造及び研究開発の事業全般

3. 配電ケーブル・電線関連の工事、設計、製造及び研究開発の事業(配電部品関連事業を除く)

4. 前各号の国内電力会社向け販売及び海外販売業務

 

(注)地中送電関連事業の設計業務及び海外販売業務については既に株式会社ビスキャスに統合済みである。

 

電力事業合弁及び営業譲渡の理由

 電力事業を取り巻く環境は、電力規制緩和に伴う国内電力会社の急激な設備投資削減の影響で大幅に売上が減少しており、中長期的に見ても回復が難しい状況である。一方、海外市場でも、従来の欧州メーカーとの競争に加え、アジアのメーカーが台頭し、従来以上に競争が激化している。

 このような状況を乗り越え、電力事業を国内外マーケットで勝ち残っていける体質にしていくために、上記対象事業を当社及び古河電気工業株式会社が株式会社ビスキャスに譲渡して同社で統合運営することとし、このために以下のとおり営業譲渡を行うものである。

 合弁契約書は、当社と古河電気工業株式会社の折半出資会社である株式会社ビスキャスの営業譲渡後の運営について、その経営体制や執行等の詳細を三社で取決めたものである。

 

(1)電力事業合弁契約の締結

1.契約の相手

(1)名称    古河電気工業株式会社

(2)本店所在地 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号

(3)代表者   取締役社長 石原廣司

 

(1)名称    株式会社ビスキャス

(2)本店所在地 東京都品川区東品川四丁目13番14号      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前連結会計年度

(自 平成15年4月1日

至 平成16年3月31日)

当連結会計年度

(自 平成16年4月1日

至 平成17年3月31日)

(3)代表者   取締役社長 島田元生

 

2.契約締結の時期

平成16年4月28日 合弁契約の締結

 

(2)重要な営業の譲渡

1.譲渡する相手

(1)名称    株式会社ビスキャス

(2)本店所在地 東京都品川区東品川四丁目13番14号      

(3)代表者   取締役社長 島田元生

 

2.譲渡する事業の内容

上記ご参照

3.譲渡する事業の平成16年3月期における経営成績 

 

売上高    28,542百万円

営業利益   △2,123百万円

 

4.譲渡する資産・負債の額

平成16年3月31日現在の主な譲渡予定対象資産及び負債(帳簿価額)

 

  たな卸資産   5,638百万円

  有形固定資産 10,140百万円

  借入金     3,773百万円

 

 (注)本件譲渡と合わせ、株式会社ビスキャスに統合する予定の日本アルモウェルド株式会社の譲渡資産は、たな卸資産188百万円、機械装置159百万円、その他15百万円、無形固定資産20百万円である。

 

5.譲渡価額

 譲渡する本営業の対価は第三者による評価額及び譲渡資産の時価を基礎として協議の上決定する。

 

6.譲渡のスケジュール

平成16年4月28日  営業譲渡契約の締結

平成16年6月29日 営業譲渡承認株主総会

平成16年10月1日 営業譲渡期日(予定)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





出典: 株式会社フジクラ、2005-03-31 期 有価証券報告書