有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【資本金等明細表】

 

区分

前期末残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

資本金(百万円)

53,075

53,075

資本金のうち

既発行株式

普通株式  (注)1

(千株)

(  386,263)

(    —)

(    —)

(  386,263)

普通株式

(百万円)

53,075

53,075

(千株)

(  386,263)

(    —)

(    —)

(  386,263)

(百万円)

53,075

53,075

資本準備金及び

その他

資本剰余金

(資本準備金)

 

 

 

 

 

 株式払込剰余金

(百万円)

54,894

54,894

 合併差益

(百万円)

9

9

 分割差益

(百万円)

157

157

 その他

(百万円)

40

40

(その他資本剰余金)

 

 

 

 

 

 自己株式処分差益

(注)2

(百万円)

0

0

(百万円)

55,102

0

55,102

利益準備金及び

任意積立金

(利益準備金)

 (注)3

(百万円)

5,320

34

5,355

(任意積立金)

 

 

 

 

 

 海外投資等損失

 準備金  (注)4

(百万円)

1

0

0

 固定資産圧縮

 積立金  (注)4

(百万円)

5,999

4,994

1,004

 特別償却準備金

      (注)4

(百万円)

788

244

544

 別途積立金

(注)4

(百万円)

26,525

4,000

22,525

(百万円)

38,634

34

9,238

29,430

(注) 1 当期末における自己株式は10,060,817株である。

2 その他資本剰余金の増加の原因は自己株式の処分によるものである。

3 利益準備金の増加の原因は日本アルモウエルド㈱を適格吸収合併したことによる。

4 任意積立金の減少の原因は前期決算の利益処分による。

 

【引当金明細表】

 

区分

前期末残高

(百万円)

当期増加額

(百万円)

当期減少額

(目的使用)

(百万円)

当期減少額

(その他)

(百万円)

当期末残高

(百万円)

貸倒引当金

3,372

1,373

210

139

4,397

投資損失引当金

2,744

24

2,768

役員退職慰労引当金

506

105

55

556

(注) 1 貸倒引当金の当期減少額の「その他」欄の金額は洗替えによる戻入額である。





出典: 株式会社フジクラ、2005-03-31 期 有価証券報告書