有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数
貸借対照表計上額
(百万円)











㈱静岡銀行
6,185千株
7,347
㈱協和エクシオ
4,400
6,723
㈱三井住友フィナンシャルグループ
3,678株
4,781
同和鉱業㈱
2,136千株
3,001
三井住友海上火災保険㈱
1,781
2,852
東京電力㈱
700
2,054
㈱七十七銀行
2,230
2,022
九州電力㈱
706
1,876
三井不動産㈱
629
1,701
㈱群馬銀行
1,473
1,310
東北電力㈱
431
1,098
関西電力㈱
400
1,048
三井トラスト・ホールディングス㈱ 
604
1,041
三井生命保険㈱
20,072株
1,003
MTH Preferred Capital 2 (Cayman) Limited
1,000
1,000
東海旅客鉄道㈱
850
986
中部電力㈱
327千株
966
東日本旅客鉄道㈱
1,000株
872
日本電信電話㈱
1,530
772
㈱ダイヘン
1,200千株
729
大明㈱
375
619
三井物産㈱
350
595
極東証券㈱
277
566
他151銘柄
25,431
9,544
計174銘柄
49,669
54,515
投資有価証券合計
54,515
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期末減損損失累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 
建物
64,136
673
3,354
61,454
36,784
2,043
1,728
22,626
構築物
6,621
247
760
6,108
4,559
73
180
1,474
機械装置
75,927
2,938
5,120
73,745
61,991
1,478
3,614
10,275
車両運搬具
649
79
52
675
529
0
50
146
工具器具備品
23,855
1,667
2,602
22,921
19,388
70
1,429
3,462
土地
9,555
1
266
9,290
-
-
-
9,290
建設仮勘定
1,190
5,758
5,636
1,312
-
-
-
1,312
有形固定資産計
181,936
11,367
17,794
175,509
123,254
3,665
7,003
48,588
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 
営業権
-
-
-
-
-
-
1
-
特許実施権
-
-
-
846
564
-
61
282
商標権
-
-
-
52
34
-
5
18
ソフトウェア
-
-
-
6,188
4,987
-
696
1,201
施設利用権
-
-
-
108
61
-
2
47
その他
-
-
-
116
-
-
-
116
無形固定資産計
-
-
-
7,323
5,657
-
767
1,665
長期前払費用
261
59
181
139
77
-
74
62
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
 
-
-
-
-
-
-
-
-
繰延資産計
-
-
-
-
-
-
-
-
 (注)1 建設仮勘定の増加額の主なものは、佐倉事業所の更新投資3,252百万円である。
2 建物の減少額の主なものは、社宅の売却1,375百万円である。
3 機械装置の減少額の主なものは、佐倉事業所の除廃却3,020百万円である。
4 無形固定資産の金額は資産の総額の百分の一以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略した。
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(百万円)
53,075
53,075
資本金のうち既発行株式
普通株式(注)1、2
(千株)
(386,263)
(−)
(10,000)
(376,263)
普通株式
(百万円)
53,075
53,075
(千株)
(386,263)
(−)
(10,000)
(376,263)
(百万円)
53,075
53,075
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
 
 
 
 
 
株式払込剰余金
(百万円)
54,894
54,894
合併差益
(百万円)
9
9
分割差益
(百万円)
157
157
その他
(百万円)
40
40
(その他資本剰余金)
 
 
 
 
 
自己株式処分差益
(注)3
(百万円)
0
0
1
(百万円)
55,102
0
55,103
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(百万円)
5,355
5,355
(任意積立金)
 
 
 
 
 
海外投資等損失準備金(注)4
(百万円)
0
0
0
固定資産圧縮積立金(注)4
(百万円)
1,004
6
998
特別償却準備金
(注)4
(百万円)
544
224
320
別途積立金(注)4
(百万円)
22,525
6,000
16,525
(百万円)
29,430
6,230
23,199
 (注)1 普通株式の減少の原因は、自己株式の消却によるものである。
2 当期末における自己株式は196,304株である。
3 その他資本剰余金の増加の原因は、自己株式の処分によるものである。
4 任意積立金の減少の原因は、前期決算の利益処分によるものである。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
4,397
1,658
705
690
4,660
投資損失引当金
2,768
626
507
2,888
債務保証損失引当金
269
269
役員退職慰労引当金
556
35
151
440
 (注)1 貸倒引当金の当期減少額の「その他」欄の金額は洗替えによる戻入額である。
        2 役員退職慰労引当金の当期減少額の「その他」欄の金額は、平成17年6月の定時株主総会をもって、役員退職慰労金制度を廃止したことにともなう固定負債の「その他」への振替額である。




出典: 株式会社フジクラ、2006-03-31 期 有価証券報告書