有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)              (百万円)
 
情報通信
電子電装
エネルギー関連
その他
消去又は全社
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
112,791
197,635
179,105
13,558
503,090
 
503,090
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
310
142
87
15,236
15,776
(15,776)
113,101
197,778
179,192
28,794
518,866
(15,776)
503,090
営業費用
103,936
173,061
176,408
25,724
479,132
(15,799)
463,332
営業利益
9,164
24,716
2,784
3,069
39,734
22
39,757
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
資産
91,049
129,693
105,693
37,377
363,814
101,552
465,366
減価償却費
5,207
11,486
2,428
1,691
20,814
1,977
22,791
減損損失
754
452
10
298
1,515
1,515
資本的支出
3,118
17,675
1,851
195
22,842
1,755
24,598
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)              (百万円)
 
情報通信
電子電装
ケーブル・
機器関連
その他
消去又は全社
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
117,744
240,950
273,016
14,273
645,984
 
645,984
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
293
169
3,056
16,207
19,727
(19,727)
118,038
241,119
276,072
30,480
665,711
(19,727)
645,984
営業費用
104,412
228,728
271,095
26,862
631,098
(19,621)
611,476
営業利益
13,626
12,391
4,977
3,617
34,613
(105)
34,507
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
資産
82,073
173,187
137,468
37,897
430,627
106,139
536,766
減価償却費
4,399
16,856
2,309
1,523
25,088
1,843
26,931
減損損失
47
191
9
247
247
資本的支出
5,262
22,115
2,605
543
30,526
1,885
32,412
 (注)
1 事業区分の方法
事業区分の方法は、内部管理上採用している区分をベースに、製造方法・製造過程並びに使用目的及び販売方法の類似性を考慮して区分している。
2 各事業区分の主要製品
事業区分
主要品種
情報通信
光ファイバ、光ケーブル、通信部品、光部品、光関連機器、ネットワーク機器、工事等
電子電装
プリント配線板、電子ワイヤ、メンブレンスイッチ、ハードディスク用部品、自動車用ワイヤハーネス、各種コネクタ等
ケーブル・機器関連
電力ケーブル、通信ケーブル、被覆線、アルミ線、裸線、付属品・工事、巻線等
その他
不動産事業他
3 営業費用はすべて各セグメントに配賦している。
4 資産の内「消去又は全社」の項目に含めた全社資産は、前連結会計年度103,815百万円、当連結会計年度147,383百万円である。全社資産の主なものは、親会社での研究開発及び管理部門に関わる資産及び投資有価証券等である。
なお、「消去又は全社」の項目の全社資産の減価償却費は各セグメントの営業費用に含めている。
5 従来、事業区分は「情報通信」、「電子電装」、「エネルギー関連」、「その他」としていたが、当連結会計年度より「情報通信」、「電子電装」、「ケーブル・機器関連」、「その他」に変更した。
  この変更は当社において平成18年4月1日付けで、産業電線・通信メタルケーブル・裸線品種を再編・集約し「メタルケーブル事業部」を発足させたことに伴い、当社グループにおいてケーブル・機器事業を再構築し、事業展開をしていく上で事業の実態をより適正に表示するために行ったものである。
  なお、前連結会計年度のセグメント情報を当連結会計年度において用いた事業区分の方法により区分すると次のようになる。
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)              (百万円)
 
情報通信
電子電装
ケーブル・
機器関連
その他
消去又は全社
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
100,351
197,635
191,544
13,558
503,090
 
503,090
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
194
142
398
15,236
15,971
(15,971)
100,546
197,778
191,942
28,794
519,061
(15,971)
503,090
営業費用
90,951
173,061
189,589
25,724
479,327
(15,994)
463,332
営業利益
9,595
24,716
2,353
3,069
39,734
23
39,757
Ⅱ 資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
 
 
 
 
 
 
 
資産
84,046
129,693
112,745
37,377
363,861
101,505
465,366
減価償却費
5,076
11,486
2,558
1,691
20,814
1,977
22,791
減損損失
754
452
10
298
1,515
1,515
資本的支出
2,976
17,675
1,994
195
22,842
1,755
24,598
【所在地別セグメント情報】
前連結会計年度(自 平成17年4月1日 至 平成18年3月31日)             (百万円)
 
日本
アジア
その他
消去又は全社
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
343,263
110,548
49,278
503,090
 
503,090
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
87,885
75,950
872
164,708
(164,708)
431,149
186,499
50,150
667,799
(164,708)
503,090
営業費用
405,847
172,892
48,614
627,354
(164,021)
463,332
営業利益
25,301
13,606
1,536
40,444
(686)
39,757
Ⅱ 資産
296,838
87,537
35,353
419,729
45,636
465,366
当連結会計年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)             (百万円)
 
日本
アジア
その他
消去又は全社
連結
Ⅰ 売上高及び営業損益
 
 
 
 
 
 
売上高
 
 
 
 
 
 
(1)外部顧客に対する売上高
416,317
153,897
75,769
645,984
 
645,984
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
99,105
88,635
1,851
189,592
(189,592)
515,423
242,533
77,620
835,576
(189,592)
645,984
営業費用
487,413
238,840
75,077
801,331
(189,855)
611,476
営業利益
28,009
3,692
2,543
34,244
262
34,507
Ⅱ 資産
311,236
112,979
63,180
487,396
49,370
536,766
 (注)1 地域は、地理的近接度により区分している。
2 本邦以外の区分に属する地域の主な内訳は次のとおりである。
・アジア…タイ、シンガポール、マレーシア、中国
・その他…アメリカ、イギリス
3 営業費用はすべて各セグメントに配賦している。
4 資産の内「消去又は全社」の項目に含めた全社資産は、前連結会計年度103,815百万円、当連結会計年度   147,383百万円である。全社資産の主なものは、親会社での研究開発及び管理部門に関わる資産及び投資有価証券等である。




出典: 株式会社フジクラ、2007-03-31 期 有価証券報告書