有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1 現金及び預金
 
 
5,548
 
 
7,345
 
2 受取手形
※1
 
3,757
 
 
5,365
 
3 売掛金
※1
 
107,343
 
 
104,828
 
4 製品
 
 
6,072
 
 
6,397
 
5 原材料
 
 
666
 
 
1,369
 
6 仕掛品
 
 
7,559
 
 
7,225
 
7 貯蔵品
 
 
356
 
 
396
 
8 前払金
 
 
1,459
 
 
1,550
 
9 前払費用
 
 
587
 
 
262
 
10 繰延税金資産
 
 
2,683
 
 
2,762
 
11 未収入金
※1
 
19,197
 
 
21,416
 
12 短期貸付金
※1
 
20,504
 
 
22,535
 
13 その他
 
 
228
 
 
571
 
流動資産合計
 
 
175,965
49.5
 
182,024
51.1
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1 有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)建物
 
62,110
 
 
64,517
 
 
減価償却累計額
 
38,383
 
 
39,852
 
 
減損損失累計額
 
2,043
21,683
 
2,179
22,485
 
(2)構築物
 
6,284
 
 
6,309
 
 
減価償却累計額
 
4,734
 
 
4,907
 
 
減損損失累計額
 
77
1,472
 
88
1,313
 
(3)機械装置
 
75,792
 
 
78,741
 
 
減価償却累計額
 
63,441
 
 
66,374
 
 
減損損失累計額
 
1,633
10,717
 
1,633
10,732
 
(4)車両運搬具
 
652
 
 
585
 
 
減価償却累計額
 
516
 
 
473
 
 
減損損失累計額
 
0
135
 
0
110
 
(5)工具器具備品
 
24,209
 
 
24,890
 
 
減価償却累計額
 
20,554
 
 
21,272
 
 
減損損失累計額
 
81
3,572
 
81
3,535
 
(6)土地
 
 
9,281
 
 
9,249
 
(7)建設仮勘定
 
 
1,408
 
 
2,157
 
有形固定資産合計
 
 
48,272
13.6
 
49,584
13.9

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
2 無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)特許実施権
 
 
219
 
 
156
 
(2)商標権
 
 
12
 
 
7
 
(3)ソフトウェア
 
 
1,150
 
 
1,482
 
(4)施設利用権
 
 
52
 
 
49
 
(5)その他
 
 
189
 
 
78
 
無形固定資産合計
 
 
1,624
0.5
 
1,774
0.5
3 投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)投資有価証券
 
 
55,390
 
 
36,888
 
(2)関係会社株式
 
 
58,908
 
 
62,252
 
(3)関係会社出資金
 
 
7,372
 
 
7,736
 
(4)従業員長期貸付金
 
 
70
 
 
51
 
(5)関係会社長期貸付金
 
 
1,040
 
 
1,271
 
(6)前払年金費用
 
 
10,337
 
 
18,077
 
(7)長期前払費用
 
 
276
 
 
566
 
(8)その他
 
 
1,121
 
 
1,072
 
 (9)投資損失引当金
 
 
△3,350
 
 
△3,121
 
(10)貸倒引当金
 
 
△1,787
 
 
△1,948
 
投資その他の資産合計
 
 
129,379
36.4
 
122,847
34.5
固定資産合計
 
 
179,276
50.5
 
174,206
48.9
資産合計
 
 
355,241
100.0
 
356,231
100.0

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1 支払手形
 ※1 
 
4,812
 
 
4,528
 
2 買掛金
※1
 
59,003
 
 
60,102
 
3 短期借入金
 
 
18,814
 
 
21,045
 
4 コマーシャル・ペーパー
 
 
5,000
 
 
 
5 社債(1年以内償還予定)
 
 
20,000
 
 
10,000
 
6 未払金
 
 
111
 
 
177
 
7 未払法人税等
 
 
1,105
 
 
307
 
8 未払費用
 
 
9,264
 
 
10,193
 
9 前受金
 ※1 
 
1,871
 
 
2,442
 
10 預り金
 ※1 
 
18,137
 
 
11,494
 
11 役員賞与引当金
 
 
60
 
 
 
12 預り原料
 
 
72
 
 
104
 
13 建設関係未払金
 
 
1,775
 
 
2,604
 
14  その他
 
 
804
 
 
1,057
 
流動負債合計
 
 
140,831
39.6
 
124,058
34.8
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1 社債
 
 
20,000
 
 
30,000
 
2 長期借入金
 
 
16,678
 
 
37,047
 
3 繰延税金負債
 
 
6,155
 
 
3,832
 
4 債務保証損失引当金
 
 
5
 
 
522
 
5 その他
 
 
862
 
 
733
 
固定負債合計
 
 
43,701
12.3
 
72,136
20.3
負債合計
 
 
184,533
51.9
 
196,195
55.1

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1 資本金
 
 
53,075
14.9
 
53,075
14.9
2 資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
55,102
 
 
55,102
 
 
(2)その他資本剰余金
 
3
 
 
 
 
資本剰余金合計 
 
 
55,105
15.5
 
55,102
15.5
3 利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
5,355
 
 
5,355
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
海外投資等損失準備金
 
0
 
 
0
 
 
固定資産圧縮積立金
 
994
 
 
989
 
 
特別償却準備金
 
42
 
 
 
 
別途積立金
 
16,525
 
 
16,525
 
 
繰越利益剰余金
 
24,748
 
 
18,278
 
 
利益剰余金合計 
 
 
47,665
13.4
 
41,147
11.5
4 自己株式
 
 
△5,207
△1.4
 
△48
△0.0
株主資本合計 
 
 
150,638
42.4
 
149,277
41.9
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1 その他有価証券評価差額金
 
 
20,080
5.7
 
10,731
3.0
2 繰延ヘッジ損益
 
 
△11
△0.0
 
26
0.0
評価・換算差額等合計 
 
 
20,069
5.7
 
10,758
3.0
純資産合計 
 
 
170,707
48.1
 
160,036
44.9
負債純資産合計 
 
 
355,241
100.0
 
356,231
100.0
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
百分比
(%)
金額(百万円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
※3
 
410,805
100.0
 
431,163
100.0
Ⅱ 売上原価
※3
 
 
 
 
 
 
1 製品期首たな卸高
 
4,369
 
 
6,072
 
 
2 当期製品製造原価
※5
167,149
 
 
178,197
 
 
3 当期製品仕入高
 
202,300
 
 
213,945
 
 
4 他勘定振替高
※1
831
 
 
1,192
 
 
5 製品期末たな卸高
 
6,072
366,915
89.3
6,397
390,625
90.6
売上総利益
 
 
43,889
10.7
 
40,537
9.4
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※2
 
 
 
 
 
 
1 販売費
 
11,280
 
 
12,634
 
 
2 一般管理費
※5
16,343
27,624
6.7
18,654
31,288
7.3
営業利益
 
 
16,264
4.0
 
9,248
2.1
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1 受取配当金
※3
7,116
 
 
8,521
 
 
2 受取利息
 
255
 
 
340
 
 
3 その他
 
839
8,211
2.0
235
9,097
2.1
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1 支払利息
 
372
 
 
1,012
 
 
2 社債利息
 
834
 
 
529
 
 
3 製品補修費用
 
466
 
 
1,477
 
 
4 固定資産撤去・移設費
 
491
 
 
719
 
 
5 固定資産廃却損
 
367
 
 
 
 
6 その他
 
1,161
3,692
0.9
1,923
5,663
1.3
経常利益
 
 
20,784
5.1
 
12,683
2.9
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1 投資有価証券売却益
 
161
 
 
2,159
 
 
2 投資損失引当金戻入益
 
208
 
 
730
 
 
3 貸倒引当金戻入益
 
623
 
 
 
 
4 その他
 
0
994
0.2
140
3,030
0.7
 
 
 
 
 
 
 
 
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1 債務保証損失引当金
繰入額
 
 
 
517
 
 
2 投資損失引当金繰入額
 
401
 
 
501
 
 
3 投資有価証券評価損
 
 
 
369
 
 
4 貸倒引当金繰入額
 
93
 
 
325
 
 
5 関係会社出資金評価損
 
 
 
241
 
 
6 減損損失
 ※6 
184
 
 
174
 
 
7 事業構造改善費用
 ※4 
782
 
 
 
 
8 その他
 
139
1,600
0.4
1
2,130
0.5
税引前当期純利益
 
 
20,177
4.9
 
13,583
3.1
法人税、住民税及び事業税
 
1,680
 
 
97
 
 
過年度法人税等
※7 
 
 
△468
 
 
法人税等調整額
 
2,420
4,100
1.0
5,560
5,189
1.2
当期純利益
 
 
16,077
3.9
 
8,394
1.9
               
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
 
138,065
79.0
 
144,718
77.9
Ⅱ 労務費
 
 
19,055
10.9
 
21,303
11.5
Ⅲ 経費
 
 
 
 
 
 
 
1 動力費
 
2,060
 
 
2,432
 
 
2 減価償却費
 
6,593
 
 
7,800
 
 
3 賃借料
 
84
 
 
73
 
 
4 修繕費
 
1,142
 
 
1,262
 
 
5 消耗品費
 
2,888
 
 
3,474
 
 
6 外注加工費
 
239
 
 
248
 
 
7 その他
 
4,603
 
 
4,470
 
 
経費計
 
 
17,612
10.1
 
19,763
10.6
当期総製造費用
※1
 
174,733
100.0
 
185,785
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
 
6,503
 
 
7,559
 
他勘定振替高
※2
 
6,528
 
 
7,922
 
期末仕掛品たな卸高
 
 
7,559
 
 
7,225
 
当期製品製造原価
 
 
167,149
 
 
178,197
 
原価計算の方法
加工費工程別総合原価計算であり、原価計算期間の製造原価中、加工費のみを各工程別に集計し、材料費は直接製品について計算している。
 (注)※1「当期総製造費用」には退職給付費用、前事業年度875百万円、当事業年度1,091百万円が含まれている。
※2「他勘定振替高」の主なものは、販売費及び一般管理費への振替高である。
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)            (単位:百万円)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資本
準備金
その他資本剰余金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
海外
投資等損失準備金
固定資産圧縮
積立金
特別
償却
準備金
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
53,075
55,102
1
55,103
5,355
0
998
320
16,525
12,604
35,804
事業年度中の変動額
                     
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△4,136
△4,136
役員賞与の支払
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△80
△80
海外投資等損失準備金
取崩額
 
 
 
 
 
△0
 
 
 
0
-
固定資産圧縮積立金積立額
 
 
 
 
 
 
1
 
 
△1
-
固定資産圧縮積立金取崩額
 
 
 
 
 
 
△5
 
 
5
-
特別償却準備金取崩額
 
 
 
 
 
 
 
△277
 
277
-
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
16,077
16,077
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自己株式の処分
 
 
1
1
 
 
 
 
 
 
 
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
-
-
1
1
-
△0
△4
△277
-
12,143
11,861
平成19年3月31日 残高
53,075
55,102
3
55,105
5,355
0
994
42
16,525
24,748
47,665
 
 
評価・換算差額等
純資産
合計
自己
株式
株主資本合計
その他有価証券評価差額金

繰延
ヘッジ損益
評価・換算差額等
合計
平成18年3月31日 残高
△136
143,847
19,830
 
19,830
163,677
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
△4,136
 
 
 
△4,136
役員賞与の支払
 
△80
 
 
 
△80
海外投資等損失準備金
取崩額
 
-
 
 
 
-
固定資産圧縮積立金積立額
 
-
 
 
 
-
固定資産圧縮積立金取崩額
 
-
 
 
 
-
特別償却準備金取崩額
 
-
 
 
 
-
当期純利益
 
16,077
 
 
 
16,077
自己株式の取得
△5,078
△5,078
 
 
 
△5,078
自己株式の処分
6
8
 
 
 
8
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
250
△11
238
238
事業年度中の変動額合計
△5,071
6,791
250
△11
238
7,030
平成19年3月31日 残高
△5,207
150,638
20,080
△11
20,069
170,707
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)              
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
資本
準備金
その他資本剰余金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益剰余金合計
海外
投資等損失準備金
固定資産圧縮
積立金
特別
償却
準備金
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(百万円)
53,075
55,102
3
55,105
5,355
0
994
42
16,525
24,748
47,665
事業年度中の変動額
                     
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
 
 
 
△3,703
△3,703
海外投資等損失準備金
取崩額
 
 
 
 
 
△0
 
 
 
0
固定資産圧縮積立金取崩額
 
 
 
 
 
 
△5
 
 
5
特別償却準備金取崩額
 
 
 
 
 
 
 
△42
 
42
当期純利益
 
 
 
 
 
 
 
 
 
8,394
8,394
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自己株式の処分
 
 
△2
△2
 
 
 
 
 
 
 
自己株式の消却
 
 
△0
△0
 
 
 
 
 
△11,208
△11,208
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△3
△3
△0
△5
△42
△6,469
△6,517
平成20年3月31日 残高
(百万円)
53,075
55,102
55,102
5,355
0
989
16,525
18,278
41,147
 
 
評価・換算差額等
純資産
合計
自己
株式
株主資本合計
その他有価証券評価差額金

繰延
ヘッジ損益
評価・換算差額等
合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
△5,207
150,638
20,080
△11
20,069
170,707
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
△3,703
 
 
 
△3,703
海外投資等損失準備金
取崩額
 
 
 
 
固定資産圧縮積立金取崩額
 
 
 
 
特別償却準備金取崩額
 
 
 
 
当期純利益
 
8,394
 
 
 
8,394
自己株式の取得
△6,060
△6,060
 
 
 
△6,060
自己株式の処分
10
8
 
 
 
8
自己株式の消却
11,209
 
 
 
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
△9,349
38
△9,310
△9,310
事業年度中の変動額合計
(百万円)
5,159
△1,360
△9,349
38
△9,310
△10,671
平成20年3月31日 残高
(百万円)
△48
149,277
10,731
26
10,758
160,036
重要な会計方針
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1 有価証券の評価基準及び評価方法
子会社株式及び関連会社株式…移動平均法による原価法
1 有価証券の評価基準及び評価方法
子会社株式及び関連会社株式…同左
その他有価証券
時価のあるもの…決算日の市場価格等に基づく時価法
 (評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
その他有価証券
時価のあるもの…同左
 
時価のないもの…移動平均法による原価法
時価のないもの…同左
2 デリバティブの評価基準…時価法
2 デリバティブの評価基準…同左
3 たな卸資産の評価基準及び評価方法
原材料の銅………………後入先出法による低価法
3 たな卸資産の評価基準及び評価方法
原材料の銅………………同左
上記以外のたな卸資産…総平均法による原価法
上記以外のたな卸資産…同左
4 固定資産の減価償却の方法
有形固定資産…定率法
4 固定資産の減価償却の方法
有形固定資産…同左
 但し、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用している。
 なお、主な資産の耐用年数は以下のとおりである。
建物   主として   50年
機械装置 主として 8〜10年
同左
 
 
(会計方針の変更) 
当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更している。
これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益は、それぞれ483百万円減少している。 
(追加情報) 
  当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年3月31日以前に取得した資産について、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上している。
 これにより、営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ568百万円減少している。 
無形固定資産…定額法
無形固定資産…同左
5 引当金の計上基準
(1)貸倒引当金……………金銭債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上している。
5 引当金の計上基準
(1)貸倒引当金……………同左

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(2)退職給付引当金………従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当期末において発生していると認められる額を計上している。
当期末において退職給付債務から未認識債務を控除した額を年金資産が超過するため前払年金費用として表示している。
なお、過去勤務債務については発生時から従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(16年)による定額法により費用処理する方法を採用している。また、数理計算上の差異については発生の翌期から、従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(16年)による定額法により費用処理する方法を採用している。
(2)退職給付引当金………従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上している。
当事業年度末において退職給付債務から未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務債務を控除した額を年金資産が超過するため前払年金費用として表示している。
なお、過去勤務債務については発生時から従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(15年)による定額法により費用処理する方法を採用している。また、数理計算上の差異については発生の翌期から、従業員の平均残存勤務期間以内の一定年数(15年)による定額法により費用処理する方法を採用している。
(3)投資損失引当金………関係会社株式の価値の減少による損失に備えるため、投資先の財政状況等を勘案し、必要額を計上している。
(3)投資損失引当金……関係会社株式または関係会社出資金の価値の減少による損失に備えるため、投資先の財政状態を勘案し、必要額を計上している。
 (4)債務保証損失引当金…債務保証の損失に備えるため、被債務保証会社の財政状態を勘案し、必要額を計上している。
   (4)債務保証損失引当金…同左
   (5)役員賞与引当金……役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、支給見込額に基づき当期に見合う分を計上している。
(会計方針の変更)
当期より「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用している。これにより営業利益、経常利益及び税引前当期純利益はそれぞれ60百万円減少している。
   (5)役員賞与引当金……役員に対して支給する賞与の支出に充てるため、通期の業績を基礎とした支給見込額に基づき、当事業年度に対応する合理的な見積り金額を計上している。

 

前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
6 収益及び費用の計上基準
 長期・大型請負工事(工期1年超、請負金額10億円以上)の収益及び費用の計上基準については、工事進行基準によっている。
6 収益及び費用の計上基準
同左
7 リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっている。
7 リース取引の処理方法
同左
8 消費税等の会計処理
 消費税及び地方消費税の会計処理方法は税抜方式を採用している。
8 消費税等の会計処理
同左
9 ヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
(外貨建売上取引等)
為替予約が外貨建売上取引の前に締結されているものは、外貨建取引及び金銭債権に為替予約相場による円換算額を付す。なお、外貨建の予定取引については為替予約を時価評価したことによる評価差額を貸借対照表に繰延ヘッジ損益として繰延べている。
9 ヘッジ会計の方法
① ヘッジ会計の方法
(外貨建売上取引等)
同左
(借入金の変動金利)
金利スワップの特例処理の要件を満たしている場合は、特例処理を採用している。
(借入金の変動金利)
同左 
② ヘッジ手段とヘッジ対象
② ヘッジ手段とヘッジ対象
同左 
ヘッジ手段
ヘッジ対象
為替予約等
外貨建金銭債権債務及び外貨建予定取引
金利スワップ
借入金の変動金利
 
③ ヘッジ方針
 外貨建取引における為替変動リスク及び一部の借入金における金利変動リスクについてヘッジする。
③ ヘッジ方針
同左 
④ ヘッジの有効性評価の方法
 ヘッジ手段の変動額の累計額とヘッジ対象の変動額の累計額を比較して有効性の判定を行っている。
 ただし、特例処理によっている金利スワップについては、有効性の評価を省略している。
④ ヘッジの有効性評価の方法
同左
10 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
連結納税制度の適用
連結納税制度を適用している。
10 その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項
連結納税制度の適用
           同左
会計方針の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当期より「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月19日)を適用している。従来の資本の部の合計に相当する額は170,719百万円である。なお、当期における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成している。
 
         ——————— 
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
(貸借対照表)
1 流動負債の「コマーシャル・ペーパー」は、金額的重要性が増したため、区分掲記している。なお、前期の「コマーシャル・ペーパー」の金額は2,000百万円であり、流動負債の「その他」に含めて表示している。
2 流動負債の「建設関係支払手形」(当事業年度 658百万円)については、金額的重要性が乏しくなったため、流動負債の「その他」に含めて表示している。
(貸借対照表)
 
 
 
        —————————  
(損益計算書)
1 営業外費用の「固定資産撤去・移設費」については、金額的重要性が増したため、区分掲記している。なお、前期の「固定資産撤去・移設費」の金額は423百万円であり、営業外費用の「その他」に含めて表示している。
2 特別損失の「投資有価証券評価損」(当事業年度 55百万円)については、金額的重要性が乏しくなったため、特別損失の「その他」に含めて表示している。
3 特別損失の「事業構造改善費用」については、金額的重要性が増したため、区分掲記している。なお、前期の「事業構造改善費用」の金額は261百万円であり、特別損失の「その他」に含めて表示している。
(損益計算書)
1 営業外費用の「固定資産廃却損」(当事業年度 455百万円)については、金額的重要性が乏しくなったため、営業外費用の「その他」に含めて表示している。
2 特別利益の「貸倒引当金戻入益」(当事業年度 133百万円)については、金額的重要性が乏しくなったため、特別利益の「その他」に含めて表示している。
3 特別損失の「債務保証損失引当金繰入額」については、金額的重要性が増したため、区分掲記している。なお、前期の「債務保証損失引当金繰入額」の金額は5百万円であり、特別損失の「その他」に含めて表示している。
4 特別損失の「投資有価証券評価損」については、金額的重要性が増したため、区分掲記している。なお、前期の「投資有価証券評価損」の金額は55百万円であり、特別損失の「その他」に含めて表示している。
   
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
※1
関係会社に対する主な資産・負債
区分掲記した以外で各科目に含まれているものは次の通りである。
※1
関係会社に対する主な資産・負債
区分掲記した以外で各科目に含まれているものは次の通りである。
 
受取手形
     594百万円
売掛金
71,606
未収入金
16,471
短期貸付金
20,496
支払手形
445
買掛金
37,969
前受金
1,252
預り金
17,496
 
受取手形
     439百万円
売掛金
65,713
未収入金
17,728
短期貸付金
22,529
支払手形
382
買掛金
38,269
預り金
10,727

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
 2
偶発債務
保証債務
下記関係会社等に対し、債務保証等を行っている。
 2
偶発債務
保証債務
下記関係会社等に対し、債務保証等を行っている。
 
(保証先)
(主な種類)
(金額)
関係会社
 
 
 
 FIMT Ltd.
銀行借入金
16,377
百万円
フジクラ開発㈱
銀行借入金
10,842
 
Fujikura Federal 
Cables Sdn. Bhd.
銀行借入金
6,036
 
㈱ビスキャス
銀行借入金
5,565
 
Fujikura 
(Malaysia) Sdn. 
Bhd.
銀行借入金
2,329
 
珠海藤倉電装有限公司
銀行借入金
1,497
 
第一電子工業(上海)有限公司
銀行借入金
1,379
 
米沢(番禺)電線有限公司
銀行借入金
1,112
 
江蘇藤倉亨通光電有限公司
銀行借入金
968
 
Fujikura Asia 
Ltd.
銀行借入金
944
 
藤倉電子(無錫)有限公司
銀行借入金
694
 
㈱ケーブルネット鈴鹿
銀行借入金
592
 
藤倉電子(上海)有限公司
銀行借入金
425
 
上海上纜藤倉電纜有限公司
銀行借入金
336
 
藤倉精密模具(上海)有限公司
銀行借入金
334
 
米沢電線(昆山)有限公司
銀行借入金
224
 
上海藤倉橡塑電纜有限公司
銀行借入金
152
 
Fujikura Fiber 
Optics Vietnam 
Ltd.
銀行借入金
149
 
Fujikura Europe 
Ltd.
銀行借入金
126
 
㈱ジャパンリーコム
銀行借入金
75
 
Fujikura Hong Kong Ltd.
銀行借入金
40
 
藤倉貿易(上海)有限公司
銀行借入金
11
 
 
小計
50,215
 
関係会社以外
 
 
 
従業員(財形融資)
銀行借入金
1,151
 
 
小計
1,151
 
 
合計
51,367
 
 
(保証先)
(主な種類)
(金額)
関係会社
 
 
 
 FIMT Ltd.
銀行借入金
23,076
百万円
㈱ビスキャス
契約履行
保証及び
銀行借入金
9,459
 
フジクラ開発㈱
銀行借入金
9,162
 
Fujikura Federal 
Cables Sdn. Bhd.
銀行借入金
7,121
 
珠海藤倉電装有限公司
銀行借入金
3,514
 
Auxiliar de Componentes Eléctricos, S.A.
銀行借入金
2,651
 
Fujikura 
(Malaysia) Sdn. 
Bhd.
銀行借入金
2,047
 
藤倉電子(上海)有限公司
銀行借入金
1,201
 
第一電子工業(上海)有限公司
銀行借入金
1,014
 
藤倉電子(無錫)有限公司
銀行借入金
778
 
Fujikura Asia 
Ltd.
銀行借入金
679
 
広州米沢電線有限公司
銀行借入金
646
 
江蘇藤倉亨通光電有限公司
銀行借入金
528
 
㈱ケーブルネット鈴鹿
銀行借入金
504
 
上海上纜藤倉電纜有限公司
銀行借入金
485
 
藤倉精密模具(上海)有限公司
銀行借入金
312
 
㈱ジャパンリーコム
銀行借入金
213
 
上海藤倉橡塑電纜有限公司
銀行借入金
200
 
他 7社
銀行借入金
665
 
 
小計
64,262
 
関係会社以外
 
 
 
従業員(財形融資)
銀行借入金
989
 
 
小計
989
 
 
合計
65,252
 

 

前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
 3
期末日満期手形
期末日満期手形の会計処理については、当期末日は金融機関の休日であったが、満期日に決済が行われたものとして処理している。当期末日満期手形の金額は、次のとおりである。 
  受取手形      562百万円
 支払手形    1,339百万円
建設関係支払手形 273百万円
なお、建設関係支払手形については、流動負債の「その他」に含めて表示している。     
 3
 
        ———————
(損益計算書関係)
 
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1
製品の自家使用等による振替である。
同左
※2
販売費及び一般管理費の主な内容
販売費及び一般管理費の主な内容
 
販売費
 
給料諸手当福利費
3,509百万円
退職給付費用
531
旅費通信費
319
荷造運送費
4,099
販売諸経費
1,555
一般管理費
 
給料諸手当福利費
4,334
退職給付費用
656
減価償却費
716
技術研究費
6,471
旅費通信費
844
役員賞与引当金繰入額
60
販売費
 
給料諸手当福利費
   3,760百万円
退職給付費用
547
旅費通信費
383
荷造運送費
5,043
販売諸経費
1,729
一般管理費
 
給料諸手当福利費
4,291
退職給付費用
624
減価償却費
861
技術研究費
7,880
旅費通信費
939
※3
関係会社との取引内容
関係会社との取引内容
 
売上高
 215,875百万円
仕入高
178,723
受取配当金
6,168
売上高
 234,420百万円
仕入高
182,826
受取配当金
7,298
※4
事業構造改善費用は、株式会社シグマ・リンクスの清算に伴う費用423百万円及び、ケーブル・機器関連部門の再編、集約による固定資産撤去移設費用359百万円である。     
        ————————
※5
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は10,772百万円である。
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費は12,546百万円である。
※6
場所
佐倉事業所
(千葉県佐倉市)
用途
メタルケーブル製造設備
種類
機械装置他
減損損失
機械装置他     184百万円
減損損失の認識に至った経緯
遊休並びに帳簿価額に比較して市場価額が著しく下落したため。
回収可能価額
正味売却価額
回収可能価額の算定方法
他への転用や売却が困難であることから0円としている。
当事業年度において、減損損失を計上した主な資産は以下の通りである。
場所
富津旧独身寮
(千葉県富津市)
用途
遊休資産
種類
建物・土地
減損損失
建物        135百万円
土地         7百万円
合計       142百万円 
減損損失の認識に至った経緯
遊休並びに帳簿価額に比較して市場価額が著しく下落したため。
回収可能価額
正味売却価額
回収可能価額の算定方法
売却予定価格
 
 (グルーピングの方法)
 他の資産又は資産グループのキャッシュ・フローから概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す単位として事業部品種別にグルーピングを行った。
 (グルーピングの方法)
他の資産又は資産グループのキャッシュ・フローから概ね独立したキャッシュ・フローを生み出す単位として事業部品種別にグルーピングを行った。
※7
──────
過年度に計上した法人税、住民税及び事業税である。
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
普通株式   (注) 1, 2
196
5,670
7
5,859
合計
196
5,670
7
5,859
(注) 1.普通株式の自己株式数の増加5,670千株は、政策的な自己株式の買取による増加5,550千株、
    及び単元未満株式の買取による増加120千株によるものである。
   2.普通株式の自己株式数の減少7千株は、単元未満株式の売渡による減少7千株である。
 
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末
株式数(千株)
当事業年度増加
株式数(千株)
当事業年度減少
株式数(千株)
当事業年度末
株式数(千株)
普通株式   (注) 1, 2
5,859
9,632
15,414
77
合計
5,859
9,632
15,414
77
(注) 1.普通株式の自己株式数の増加9,632千株は、政策的な自己株式の買取による増加9,549千株、
    及び単元未満株式の買取による増加83千株によるものである。
   2.普通株式の自己株式数の減少15,414千株は、政策的な自己株式の消却による減少15,400千株、
    及び単元未満株式の売渡による減少14千株である。
 
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引に係る注記(借主側)
リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引に係る注記(借主側)
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
① リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
 
工具器具備品
(百万円)
 
その他
(百万円)
 
合計
(百万円)
取得価額相当額
 
246
 
62
 
308
減価償却累計額相当額
 
104
 
36
 
140
減損損失累計額相当額
 
16
 
 
16
期末残高相当額
 
125
 
25
 
151
 
 
工具器具備品
(百万円)
 
その他
(百万円)
 
合計
(百万円)
取得価額相当額
 
292
 
106
 
398
減価償却累計額相当額
 
80
 
39
 
119
減損損失累計額相当額
 
11
 
 
11
期末残高相当額
 
199
 
67
 
267
 なお、取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。
 なお、取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。
② 未経過リース料期末残高相当額
② 未経過リース料期末残高相当額
1年内
50百万円
1年超
117
合計
167
1年内
  76百万円
1年超
202
合計
278
   
      リース資産減損勘定期末残高    16百万円
      リース資産減損勘定期末残高    11百万円
 なお、未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。
 なお、未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定している。
③ 支払リース料、リース資産減損勘定取崩額及び減価償却費相当額
③ 支払リース料、リース資産減損勘定取崩額及び減価償却費相当額
支払リース料
66百万円
リース資産減損勘定取崩額
2
減価償却費相当額
66
支払リース料
  64百万円
リース資産減損勘定取崩額
4
減価償却費相当額
64
④ 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。
④ 減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっている。
(有価証券関係)
前事業年度(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの(平成19年3月31日)
区分
貸借対照表計上額
(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
関連会社株式
2,933
11,303
8,370
合計
2,933
11,303
8,370
当事業年度(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの(平成20年3月31日)
区分
貸借対照表計上額
(百万円)
時価(百万円)
差額(百万円)
関連会社株式
2,933
6,513
3,580
合計
2,933
6,513
3,580
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月31日)
当事業年度
(平成20年3月31日)
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1 繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
(繰延税金資産)
棚卸資産評価減
276
百万円
未払賞与
1,152
 
未払事業税
210
 
減損損失
1,337
 
固定資産除却損
2,070
 
関係会社株式評価損
1,929
 
投資有価証券評価損
3,726
 
減価償却費
279
 
貸倒引当金
474
 
投資損失引当金
1,324
 
その他
1,443
 
14,224
 
評価性引当額
△2,235
 
繰延税金資産合計
11,989
 
棚卸資産評価減
249
百万円
未払賞与
1,269
 
未払事業税
33
 
減損損失
1,317
 
固定資産除却損
1,613
 
関係会社株式評価損
1,929
 
投資有価証券評価損
3,695
 
減価償却費
278
 
貸倒引当金
544
 
投資損失引当金
1,234
 
その他
1,880
 
14,045
 
評価性引当額
△4,688
 
繰延税金資産合計
9,356
 
(繰延税金負債)
(繰延税金負債)
固定資産圧縮積立金
650
 
特別償却準備金
27
 
前払年金費用
1,649
 
その他有価証券評価差額金
13,134
 
その他
0
 
繰延税金負債合計
15,461
 
繰延税金負債の純額
3,472
 
固定資産圧縮積立金
647
 
前払年金費用
4,615
 
その他有価証券評価差額金
5,147
 
その他
17
 
繰延税金負債合計
10,427
 
繰延税金負債の純額
1,070
 
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
2 法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの当該差異の原因となった主要な項目別の内訳
  法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略している。
 
(%)
法定実効税率
40.0
(調整)
 
交際費等永久に損金に算入されない項目
0.7
受取配当金等永久に益金に算入されない項目
△3.7
間接及びみなし外国税額控除
△5.2
繰越外国税額控除
△2.1
評価性引当額
△5.6
特別税額控除
△3.7
住民税均等割
0.2
その他
△0.3
税効果会計適用後の法人税等の負担率
20.3
 
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額
460.86円
1株当たり当期純利益
42.86円
1株当たり純資産額
     443.57 円
1株当たり当期純利益
     22.86 円
潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載していない。
 (注) 1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりである。
項目
前事業年度
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
当事業年度
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益(百万円)
16,077
8,394
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
16,077
8,394
普通株式の期中平均株式数(千株)
375,079
367,176
      (重要な後発事象)
 該当事項はない。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数
貸借対照表計上額
(百万円)











㈱静岡銀行
         6,185千株
7,279
㈱三井住友フィナンシャルグループ
         3,678株
2,412
㈱協和エクシオ
         2,930千株 
2,250
三井住友海上火災保険㈱
         1,781千株
1,794
九州電力㈱
           706千株
1,720
DOWAホールディングス㈱
         2,136千株
1,262
東京電力㈱
           470千株
1,252
三井不動産㈱
           629千株
1,244
㈱七十七銀行
         2,230千株
1,244
東北電力㈱
           431千株
1,050
㈱群馬銀行
         1,473千株 
1,050
三井生命保険㈱
           20千株 
1,003
東海旅客鉄道㈱
           850株
875
東日本旅客鉄道㈱
         1,000株
829
JSR株式会社
          361千株
814
関西電力㈱
           266千株
661
日本電信電話㈱
         1,530株
657
中部電力㈱
           227千株
566
他156銘柄
        28,450千株
8,916
計174銘柄
        48,305千株
36,888
投資有価証券合計
36,888
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期末減損損失累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高
(百万円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 
建物
62,110
2,853
446
64,517
39,852
2,179
1,889
(136)
22,485
構築物
6,284
46
21
6,309
4,907
88
196
(11)
1,313
機械装置
75,792
4,370
1,421
78,741
66,374
1,633
4,211
10,732
車両運搬具
652
35
102
585
473
0
43
110
工具器具備品
24,209
2,052
1,370
24,890
21,272
81
1,928
3,535
土地
9,281
31
(26)
9,249
9,249
建設仮勘定
1,408
10,106
9,358
2,157
2,157
有形固定資産計
179,740
19,464
12,753
(26)
186,451
132,882
3,984
8,269
(147)
49,584
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
 
特許実施権
388
232
51
156
商標権
52
44
5
7
ソフトウェア
2,696
1,214
533
1,482
施設利用権
75
25
2
49
その他
78
78
無形固定資産計
3,291
1,516
591
1,774
長期前払費用
489
396
190
695
129
106
566
繰延資産
 
 
 
 
 
 
 
 
繰延資産計
 (注)1 建物の増加額の主なものは、佐倉事業所B工場の増築1,541百万円である。
    2 機械装置の増加額の主なものは、佐倉事業所の更新投資3,246百万円である。
    3 建設仮勘定の増加額の主なものは、佐倉事業所の更新投資6,807百万円である。
4 無形固定資産の金額は資産の総額の百分の一以下であるため、「前期末残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略した。
5 「当期減少額」及び「当期償却額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額である。
 
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金
1,787
518
358
1,948
投資損失引当金
3,350
501
730
3,121
債務保証損失引当金
5
517
522
役員賞与引当金
60
60
 (注)1 貸倒引当金の当期減少額の「その他」欄の金額は、洗替えによる戻入額である。
     2 投資損失引当金の当期減少額の「その他」欄の金額は、投資先の財政状態改善に伴う取崩額である。
(2)【主な資産及び負債の内容】
(1)資産の部
Ⅰ 流動資産
1 現金及び預金
区分
金額(百万円)
現金
4
預金
 
当座預金
217
普通預金
7,114
別段預金
8
小計
7,340
合計
7,345
2 受取手形
(1)相手先別
相手先
金額(百万円)
渡辺電業㈱
1,196
因幡電機産業㈱
1,096
日本電業工作㈱
454
㈱三興
431
東芝プラントシステム㈱
242
その他
1,945
合計
5,365
(2)期日別
期日
金額(百万円)
平成20年4月決済
1,265
平成20年5月決済
1,445
平成20年6月決済
1,282
平成20年7月決済
1,054
平成20年8月決済
311
平成20年9月以降決済
6
合計
5,365
3 売掛金
(1)相手先別
相手先
金額(百万円)
㈱フジクラ・ダイヤケーブル
23,717
藤倉商事㈱
10,662
Fujikura Hong Kong Ltd.
8,113
㈱ユニマック
5,715
㈱ビスキャス
3,357
その他
53,262
合計
104,828
(2)滞留状況
滞留期間
金額(百万円)
1箇月
36,182
2〜3箇月
38,864
4箇月以上
29,780
合計
104,828
4 製品
品名
金額(百万円)
品名
金額(百万円)
情報通信
1,714
その他 
7
ケーブル・機器関連
2,878
 
 
電子電装
1,796
合計
6,397
5 原材料
品名
金額(百万円)
品名
金額(百万円)
金属類
1,220
附属品・その他
75
樹脂・塗料類
50
 
 
繊維・紙類
22
合計
1,369
6 仕掛品
内訳
金額(百万円)
主要材料(銅)
1,781
その他材料
4,187
加工費
1,255
合計
7,225
7 貯蔵品
 生産補助材料他396百万円である。
8 未収入金
内訳
金額(百万円)
㈱ビスキャス
6,739
西日本電線㈱
3,333
㈱シンシロケーブル
3,106
米沢電線㈱
1,109
フジクラ開発㈱
815
その他
6,312
合計
21,416
9 短期貸付金
貸付先
金額(百万円)
第一電子工業㈱
7,641
米沢電線㈱
5,435
Auxiliar de componentes Eléctricos, S.A.
2,978
西日本電線㈱
1,528
㈱ビスキャス
752
その他
4,199
合計
22,535
Ⅱ 固定資産
1 関係会社株式
銘柄
金額(百万円)
㈱ビスキャス
12,050
America Fujikura Ltd.
10,001
Fujikura (Thailand) Ltd.
5,869
Fujikura Europe(Holding)B.V.
3,749
LTEC Ltd.
3,408
その他
27,173
合計
62,252
2 前払年金費用
 前払年金費用18,077百万円である。
(2)負債の部
Ⅰ 流動負債
1 支払手形
(1)相手先別
内訳
金額(百万円)
一般
 
㈱巴商会
245
㈱ジャパンリーコム
244
三信工業㈱
241
丸一産商㈱
156
㈱モリテックス
155
その他
3,485
 合計
4,528
(2)期日別
期日
金額(百万円) 
平成20年4月決済
1,276
平成20年5月決済
1,005
平成20年6月決済
1,088
平成20年7月以降決済
1,158
合計
4,528
2 買掛金
内訳
金額(百万円)
一般
 
㈱ビスキャス
6,991
第一電子工業㈱
6,327
西日本電線㈱
5,641
米沢電線㈱
3,216
㈱ユニマック
2,802
その他
35,122
合計
60,102
3 短期借入金
借入先
金額(百万円)
㈱三井住友銀行
8,077
㈱三菱東京UFJ銀行
2,626
㈱静岡銀行
1,955
㈱みずほコーポレート銀行
1,950
中央三井信託銀行㈱
1,290
その他
5,146
合計
21,045
Ⅱ 固定負債
1 社債
銘柄
金額(百万円)
第9回無担保社債
10,000
第10回無担保社債
10,000
第11回無担保社債
10,000
合計
30,000
2 長期借入金
銘柄
金額(百万円)
シンジケートローン ※
10,000
三井生命保険㈱
6,000
㈱三井住友銀行
5,500
㈱みずほコーポレート銀行
2,500
日本生命保険相互会社
2,500
その他
10,547
合計
37,047
(注)※ シンジケートローンは、㈱三井住友銀行をアレンジャーとするシンジケート団からの借入である。
(3)【その他】
 該当事項なし。




出典: 株式会社フジクラ、2008-03-31 期 有価証券報告書