有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

14,082,272

15,215,050

18,001,868

18,314,375

14,890,902

経常利益又は
経常損失(△)

(千円)

361,337

426,940

94,322

513,350

1,463,945

親会社株主に帰属する当期純利益又は
親会社株主に帰属する当期純損失(△)

(千円)

505,890

621,897

137,364

776,856

1,700,657

包括利益

(千円)

441,348

18,562

452,903

594,654

1,004,366

純資産額

(千円)

15,438,125

15,434,939

15,714,960

15,098,554

16,081,169

総資産額

(千円)

20,130,251

20,825,585

21,795,981

21,014,960

21,838,472

1株当たり純資産額

(円)

2,101.09

2,100.39

2,140.24

2,051.62

2,187.60

1株当たり当期純利益又は1株当たり
当期純損失(△)

(円)

70.75

86.98

19.21

108.65

237.85

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

74.6

72.1

70.2

69.8

71.6

自己資本利益率

(%)

0.9

10.9

株価収益率

(倍)

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

263,361

20,639

29,361

148,865

286,485

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

168,383

90,970

125,811

133,507

3,380,922

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

362,597

302,063

347,020

317,257

961,193

現金及び現金同等物
の期末残高

(千円)

2,797,143

2,620,950

2,260,429

1,964,211

4,011,563

従業員数

(名)

1,638

1,785

1,898

1,991

1,765

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、第68期、第69期及び第71期は潜在株式がないため及び1株当たり当期純損失が計上されているため、第70期及び第72期は潜在株式がないため記載しておりません。

3  第68期、第69期及び第71期の自己資本利益率は、親会社株主に帰属する当期純損失が計上されているため記載しておりません。

4  株価収益率については、金融商品取引所非上場、認可金融商品取引業協会非登録のため記載しておりません。

5  従業員数は、就業人員数を表示しております。

6 「企業結合に関する会計基準」(企業結合会計基準第21号 平成25年9月13日)等を適用し、当連結会計年度より、「当期純利益又は当期純損失(△)」を「親会社株主に帰属する当期純利益又は親会社株主に帰属する当期純損失(△)」としております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第68期

第69期

第70期

第71期

第72期

決算年月

平成24年11月

平成25年11月

平成26年11月

平成27年11月

平成28年11月

売上高

(千円)

8,908,547

8,299,869

9,600,155

10,078,770

9,025,101

経常損失(△)

(千円)

176,844

390,139

51,840

197,360

1,065,415

当期純損失(△)

(千円)

325,299

372,104

37,399

304,318

58,854

資本金

(千円)

365,000

365,000

365,000

365,000

365,000

発行済株式総数

(株)

7,300,000

7,300,000

7,300,000

7,300,000

7,300,000

純資産額

(千円)

18,963,119

18,749,552

18,768,230

18,481,265

18,317,349

総資産額

(千円)

22,912,410

23,333,560

23,571,849

23,406,382

23,363,772

1株当たり純資産額

(円)

2,652.18

2,622.32

2,624.93

2,584.79

2,561.87

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

3.00

3.00

3.00

3.00

3.00

(円)

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり
当期純損失(△)

(円)

45.50

52.04

5.23

42.56

8.23

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益

(円)

自己資本比率

(%)

82.8

80.4

79.6

79.0

78.4

自己資本利益率

(%)

1.7

2.0

0.2

1.6

0.3

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

6.6

5.8

57.4

7.0

36.4

従業員数

(名)

523

531

544

554

577

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため及び1株当たり当期純損失が計上されているため記載しておりません。

3  株価収益率については、金融商品取引所非上場、認可金融商品取引業協会非登録のため記載しておりません。

4  従業員数は、就業人員数を表示しております。

 

 

2 【沿革】

昭和14年3月

国益工業所の名称で個人企業として創立、軍需品の生産を開始。

昭和20年6月

株式会社組織に改め、株式会社国益工業所を設立。

昭和21年2月

株式会社山本商会と改称、腕時計ケース、文字板の生産に着手。

昭和26年10月

株式会社山本製作所と改称。

昭和33年11月

スイスより金鍍金技術を導入。

昭和34年5月

ステンレス・スチール側専門工場として狭山市に入間川第2工場を建設、王子工場内に研究部門を増強。

昭和36年3月

埼玉県日高市に山本金属工業株式会社(現・連結子会社)を設立、文字板生地製造を入間川第1工場より移管。

昭和37年12月

埼玉県所沢市に技術研究所を新設、腕時計外装、電子部品の研究開発を強化。

昭和39年5月

入間川第2工場敷地内に入間川第1工場を統合し、ケースの一貫体制を図る。

昭和41年6月

電子部品事業に進出。

昭和42年7月

技術研究所にプリント基板一貫生産工場増設。

昭和44年3月

ケース部門の生産体制の強化を図るため埼玉県比企郡小川町に株式会社オガワ製作所(現・関連会社)を設立。

昭和45年8月

技術研究所に高級プリント基板工場を増築、増産体制を確立。

昭和59年11月

技術研究所に高密度高多層プリント基板工場を増築。

昭和61年4月

埼玉県本庄市に最新鋭プリント基板工場を建設、生産力を増強。

平成元年6月

時計事業の海外販売拠点として香港にYAMAMOTO Mfg.(HK)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を設立。

平成元年8月

技術研究所にCADセンターを建設、プリント基板設計能力を増強。

平成元年11月

入間川事業所にEF工場を建設、装飾品の生産力を増強。

平成元年12月

プリント基板事業の海外販売拠点として米国にYAMAMOTO Mfg.(USA)Inc.(現・連結子会社)を設立。

平成6年12月

中国東莞市に時計文字板、プリント基板事業増強のため東莞山本五金電子製品有限公司(現・連結子会社)を設立。

平成14年1月

東京都大田区に株式会社山本精密(現・連結子会社)を設立し、Mizuki Electronics(Thailand)Co.,Ltd.(現・連結子会社)を傘下に、ヒンジ等精密機器部品事業に進出。

平成14年3月

埼玉県行田市に株式会社ヤマモトエレクトロニクス(現・連結子会社)を設立、プリント基板事業を増強。

平成17年4月

東莞山本五金電子製品有限公司を東莞山本電子科技有限公司に名称変更。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社の企業集団は、当社、子会社7社、及び関連会社1社で構成され、プリント配線基板、時計・精密機器部品の製造販売を主な内容とし、更に各事業に関連する研究を行っております。

 

当社グループの事業における位置付け及びセグメントとの関連は次のとおりであります。

なお、下記事業区分は(セグメント情報等)[セグメント情報]における事業区分と同一であります。

プリント配線基板関連……

当社は、プリント配線基板を製造販売しており、子会社YAMAMOTO Mfg.(USA)Inc.は当社から仕入れて販売しております。
 子会社東莞山本電子科技有限公司は、製造販売しており、当社で仕入れて販売しております。
 一部の作業工程については、子会社山本金属工業㈱に下請けさせております。
 子会社㈱ヤマモトエレクトロニクスは、製造販売しており、一部の作業工程について当社が行っております。

時計・精密機器部品関連…

 当社は、時計部品を製造販売しており、子会社YAMAMOTO Mfg.(HK) Co.,Ltd.は当社から仕入れて販売しております。
 子会社東莞山本電子科技有限公司は、時計部品を製造販売しており、一部は当社及び子会社YAMAMOTO Mfg.(HK) Co.,Ltd.で仕入れて販売しております。
 時計関連の材料及び一部の部品については、子会社山本金属工業㈱から仕入れているほか、作業工程の一部については関連会社㈱オガワ製作所に下請けさせております。
 子会社㈱山本精密及びMizuki Electronics(Thailand)Co.,Ltd.は、ヒンジ等精密機器部品を製造販売しており、一部は当社が仕入れて販売しております。

 

事業の系統図は次の通りであります。

 


 

4 【関係会社の状況】

 

名称

住所

資本金又は

出資金

主要な事業

の内容

議決権の

所有割合

(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

YAMAMOTO Mfg.

(HK)Co.,Ltd.

Kowloon

HongKong

500千HK$

時計・精密

機器部品

100.0

当社製品の販売をしています。

役員の兼任あり(1名)。

YAMAMOTO Mfg.

(USA)Inc.(注)3

San Jose

CA USA.

6,000千US$

プリント配線

基板

100.0

当社製品の販売をしています。

役員の兼任あり(1名)。

東莞山本電子科技

有限公司(注)3

中国

東莞市

204,200千HK$

プリント配線基板及び時計・精密機器部品

100.0

当社が製品を仕入れて販売しています。

役員の兼任あり(3名)。

山本金属工業㈱(注)3

埼玉県日高市

25,000千円

プリント配線基板及び時計・精密機器部品

80.0

当社が材料、部品を仕入れ及び当社製品の加工をしています。

役員の兼任あり(3名)。

㈱山本精密

埼玉県狭山市

20,000千円

時計・精密

機器部品

100.0

当社の製品を仕入れて加工しています。

役員の兼任あり(3名)。

㈱ヤマモトエレクトロニクス

埼玉県行田市

10,000千円

プリント配線

基板

100.0

当社が製品の加工をし及び当社製品の加工をしています。

役員の兼任あり(3名)。

Mizuki Electronics

(Thailand)Co.,Ltd.(注)3

Bangkok

Thailand

434,186千THB

時計・精密

機器部品

100.0

(14.5)

当社が製品を仕入れて販売しています。

役員の兼任あり(3名)。

 

(注) 1 「主要な事業の内容」欄には、セグメント情報に記載された名称を記載しております。

2 「議決権の所有割合」欄の(内書)は間接所有であります。

3 特定子会社であります。

4 連結子会社のうち有価証券報告書等を提出している会社はありません。

5 東莞山本電子科技有限公司及びYAMAMOTO Mfg.(USA)Inc.は、連結売上高に占める売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の割合が10%を超えております。

 

 

 

東莞山本電子

科技有限公司

YAMAMOTO Mfg.

(USA)Inc.

主な損益情報等

(1) 売上高

5,040,438

千円

2,583,368

千円

 

(2) 経常利益

449,719

千円

13,322

千円

 

(3) 当期純利益

330,658

千円

13,219

千円

 

(4) 純資産額

4,036,463

千円

475,480

千円

 

(5) 総資産額

4,787,935

千円

1,141,652

千円

 

 

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成28年11月30日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

プリント配線基板

1,073

時計・精密機器部品

579

全社(共通)

113

合計

1,765

 

(注)1  従業員数は就業人員であります。

  2 前連結会計年度末に比べ従業員数が226名減少しております。主な理由は、東莞山本電子科技有限公司の従業員数が減少したものであります。

 

(2) 提出会社の状況

平成28年11月30日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

577

38.7

13.7

4,255

 

 

セグメントの名称

従業員数(名)

プリント配線基板

455

時計・精密機器部品

105

全社(共通)

17

合計

577

 

(注) 1  従業員数は就業人員であります。

2  平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

提出会社の労働組合は、昭和36年6月に従業員有志の間で企業内組合である東京工場労働組合が結成され、昭和37年6月同入間川工場労働組合、昭和42年4月同技術研究所労働組合、昭和61年9月同本庄工場労働組合が結成されております。

会社、組合の交渉事項はすべて協議を経て、その都度円満に解決し、極めて穏健裡に推移しており、組合員の総数は339名で全従業員の58.8%であります。

 





出典: 株式会社山本製作所、2016-11-30 期 有価証券報告書