有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1  報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、取締役会が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものです。

当社は、主に精密機械工具を生産・販売しており、国内においては当社が、海外においては米州(米国、カナダ、メキシコ、ブラジル)、欧州(英国、ベルギー、フランス、オランダ、デンマーク、スペイン、ドイツ、イタリア、トルコ、ルーマニア)、アジア(中国、シンガポール、タイ、台湾、韓国、インド、インドネシア、ベトナム、フィリピン)等の各地域をOSG USA, INC.(米国)、OSG Europe S.A.(ベルギー)、欧士机(上海)精密工具有限公司(中国)、韓国OSG株式会社(韓国)、OSG Asia Pte Ltd.(シンガポール)及びその他の現地法人が、それぞれ担当しています。アジアについては、地理的に近接しており、販売する市場または顧客の種類、販売方法が類似していることから、1つの集約した事業単位として管理しています。現地法人はそれぞれ独立した経営単位であり、取り扱う製品について各地域の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しています。

従って、当社は生産・販売体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」、「米州」、「欧州」及び「アジア」の4つを報告セグメントとしています。各報告セグメントでは、主として精密機械工具を生産・販売しています。

 

2  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている事業セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。報告セグメントの利益は、営業利益ベースの数値であります。セグメント間の内部収益及び振替高は市場実勢価格に基づいております。

 

3  報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成26年12月1日 至 平成27年11月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表計上額
(注)2

日本

米州

欧州

アジア

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

48,150

21,758

11,382

30,626

111,917

111,917

セグメント間の内部
売上高又は振替高

19,689

226

31

2,229

22,176

22,176

67,840

21,984

11,413

32,856

134,094

22,176

111,917

セグメント利益

11,400

3,488

1,246

6,296

22,432

834

21,597

セグメント資産

90,579

22,097

11,908

54,954

179,540

24,411

155,129

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,209

793

249

2,619

7,871

166

7,705

のれんの償却額

189

189

189

持分法適用会社への
投資額

152

12

164

164

有形固定資産及び
無形固定資産の増加額

6,652

1,389

471

5,606

14,120

631

13,489

 

(注) 1  セグメント利益の調整額、セグメント資産の調整額、減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、セグメント間取引消去であります。

2  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

当連結会計年度(自 平成27年12月1日 至 平成28年11月30日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額
(注)1

連結財務諸表計上額
(注)2

日本

米州

欧州

アジア

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

48,257

19,478

12,268

25,556

105,561

105,561

セグメント間の内部
売上高又は振替高

17,450

166

46

1,976

19,640

19,640

65,708

19,644

12,315

27,533

125,201

19,640

105,561

セグメント利益

9,529

2,471

1,079

4,734

17,813

432

18,246

セグメント資産

97,508

24,111

13,623

50,508

185,752

29,670

156,081

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

4,305

848

285

2,673

8,112

227

7,885

のれんの償却額

101

214

315

315

持分法適用会社への
投資額

125

1

127

127

有形固定資産及び
無形固定資産の増加額

7,925

1,567

917

3,605

14,015

284

13,730

 

(注) 1  セグメント利益の調整額、セグメント資産の調整額、減価償却費の調整額、有形固定資産及び無形固定資産の増加額の調整額は、セグメント間取引消去であります。

2  セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

【関連情報】

前連結会計年度(自 平成26年12月1日 至 平成27年11月30日)

1  製品及びサービスごとの情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

ねじ切り
工具

ミーリング
カッター

その他
切削工具

転造工具

測定工具

その他

合計

外部顧客への売上高

38,239

26,554

25,743

9,921

1,538

9,919

111,917

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

米国

その他米州

欧州

中国

その他アジア

その他

合計

47,218

16,858

4,795

11,528

12,779

18,737

0

111,917

 

(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

米州

欧州

韓国

その他アジア

合計

33,844

6,116

1,713

10,795

10,806

63,276

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

 

当連結会計年度(自 平成27年12月1日 至 平成28年11月30日)

1  製品及びサービスごとの情報

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

ねじ切り
工具

ミーリング
カッター

その他
切削工具

転造工具

測定工具

その他

合計

外部顧客への売上高

33,948

24,837

26,709

9,443

1,478

9,143

105,561

 

 

2  地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

米国

その他米州

欧州

中国

その他アジア

その他

合計

47,208

14,635

4,739

12,321

10,514

16,132

10

105,561

 

(注)売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

米州

欧州

韓国

その他アジア

合計

37,419

6,620

2,261

9,997

10,095

66,395

 

 

3  主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自 平成26年12月1日 至 平成27年11月30日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

米州

欧州

アジア

全社・消去

合計

当期償却額

189

189

当期末残高

532

532

 

 

なお、企業結合により発生した負ののれん(改正企業結合会計基準適用前発生分)の償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

米州

欧州

アジア

全社・消去

合計

当期償却額

1

15

17

当期末残高

7

31

39

 

(注)のれんの連結損益計算書計上額は、のれん及び負ののれんの償却額を相殺して表示しています。

 

 

当連結会計年度(自 平成27年12月1日 至 平成28年11月30日)

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

米州

欧州

アジア

全社・消去

合計

当期償却額

101

214

315

当期末残高

1,450

1,208

2,658

 

 

なお、企業結合により発生した負ののれん(改正企業結合会計基準適用前発生分)の償却額及び未償却残高は、以下のとおりであります。

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

日本

米州

欧州

アジア

全社・消去

合計

当期償却額

1

15

17

当期末残高

5

15

21

 

(注)のれんの連結損益計算書計上額は、のれん及び負ののれんの償却額を相殺して表示しています。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

  該当事項はありません。

 

 

 

【関連当事者情報】

1.関連当事者との取引

(1) 連結財務諸表提出会社と関連当事者との取引

前連結会計年度(自  平成26年12月1日  至  平成27年11月30日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成27年12月1日  至  平成28年11月30日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

会社等の
名称
又は氏名

所在地

資本金
又は
出資金
(百万円)

事業の内容
又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者
との関係

取引の内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員

大沢  伸朗

当社常務取締役

(被所有)
直接 0.17

弔慰金の支払(注1)

36

役員

大沢  吾平

当社取締役(常勤監査等委員)

(被所有)
直接 0.59

自己株式の取得(注2)

137

 

(注) 1  平成28年9月に逝去した前代表取締役会長大沢輝秀氏のご遺族に対して弔慰金の支払いを行ったものであります。なお、支払金額の決定に当たっては、当社規程に基づいております。

2  自己株式の取得は、東京証券取引所の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)により取得しており、取引価格は平成28年4月11日の終値によるものです。

 

(2) 連結財務諸表提出会社の連結子会社と関連当事者との取引

前連結会計年度(自  平成26年12月1日  至  平成27年11月30日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成27年12月1日  至  平成28年11月30日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種類

会社等の
名称
又は氏名

所在地

資本金
又は
出資金
(百万円)

事業の内容
又は職業

議決権等
の所有
(被所有)
割合(%)

関連当事者
との関係

取引の内容

取引金額
(百万円)

科目

期末残高
(百万円)

役員

大沢  伸朗

当社常務取締役

(被所有)
直接 0.17

弔慰金の支払

66

その他
流動負債

67

 

(注)     平成28年9月に逝去した前代表取締役会長大沢輝秀氏のご遺族に対して弔慰金の支払いを行ったものであります。なお、支払金額の決定に当たっては、取締役会等の機関決議に基づいております。

 

2.親会社又は重要な関連会社に関する注記

  該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

 

 

前連結会計年度
(自  平成26年12月1日
  至  平成27年11月30日)

当連結会計年度
(自  平成27年12月1日
  至  平成28年11月30日)

1株当たり純資産額

1,079円12銭

1,024円34銭

1株当たり当期純利益金額

131円78銭

110円59銭

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

120円25銭

100円62銭

 

 

(注)  1  1株当たり純資産額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度末
(平成27年11月30日)

当連結会計年度末
(平成28年11月30日)

純資産の部の合計額(百万円)

113,637

103,059

純資産の部の合計額から控除する金額(百万円)

11,071

10,842

(うち新株予約権(百万円))

(−)

(13)

(うち非支配株主持分(百万円))

(11,071)

(10,829)

普通株式に係る純資産額(百万円)

102,566

92,216

普通株式の発行済株式数(株)

95,955,226

95,955,226

普通株式の自己株式数(株)

908,970

5,930,079

1株当たり純資産額の算定に用いられた
普通株式の数(株)

95,046,256

90,025,147

 

 

2  1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度
(自  平成26年12月1日
  至  平成27年11月30日)

当連結会計年度
(自  平成27年12月1日
  至  平成28年11月30日)

  1株当たり当期純利益金額

 

 

    親会社株主に帰属する当期純利益(百万円)

12,518

10,134

    普通株主に帰属しない金額(百万円)

普通株式に係る親会社株主に帰属する
当期純利益(百万円)

12,518

10,134

    普通株式の期中平均株式数(株)

94,991,265

91,640,278

 

 

 

  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

 

 

親会社株主に帰属する
当期純利益調整額(百万円)

    普通株式増加数(株)

9,107,831

9,081,458

      (うち転換社債型新株予約権付社債(株))

(9,107,831)

(9,081,458)

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要

第Ⅰ回新株予約権
なお、概要は「第4  提出会社の状況  1  株式等の状況  (2)  新株予約権等の状況」に記載のとおりであります。    

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

 





出典: オーエスジー株式会社、2016-11-30 期 有価証券報告書