有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第4【提出会社の状況】

1【株式等の状況】

(1)【株式の総数等】

①【株式の総数】

種類

発行可能株式総数(株)

普通株式

40,000,000

40,000,000

 

②【発行済株式】

種類

事業年度末現在発行数

(株)

(平成29年7月31日)

提出日現在発行数(株)

(平成29年10月24日)

上場金融商品取引所名又は登録認可金融商品取引業協会名

内容

普通株式

17,922,429

17,922,429

東京証券取引所

市場第一部

単元株式数

100株

17,922,429

17,922,429

 

(2)【新株予約権等の状況】

該当事項はありません。

(3)【行使価額修正条項付新株予約権付社債券等の行使状況等】

該当事項はありません。

(4)【ライツプランの内容】

該当事項はありません。

(5)【発行済株式総数、資本金等の推移】

年月日

発行済株式総数増減数

(株)

発行済株式総数残高(株)

資本金増減額

(千円)

資本金残高

(千円)

資本準備金増減額(千円)

資本準備金残高(千円)

平成10年9月18日

(注)

2,987,071

17,922,429

1,132,048

763,500

(注) 株式分割(1株につき1.2株の割合)

(6)【所有者別状況】

平成29年7月31日現在

 

区分

株式の状況(1単元の株式数100株)

単元未満株式の状況

(株)

政府及び地方公共団体

金融機関

金融商品取引業者

その他の法人

外国法人等

個人その他

個人以外

個人

株主数(人)

26

22

198

51

23

20,095

20,415

所有株式数

(単元)

25,441

561

62,395

3,558

46

87,183

179,184

4,029

所有株式数の割合(%)

14.20

0.31

34.82

1.99

0.03

48.66

100.00

(注)1.自己株式309,705株は「個人その他」に3,097単元及び「単元未満株式の状況」に5株を含めて記載しております。

2.「金融機関」には、取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式52,000株(520単元)が含まれております。

3.「その他の法人」には株式会社証券保管振替機構名義の株式が4単元含まれております。

(7)【大株主の状況】

 

 

平成29年7月31日現在

氏名又は名称

住所

所有株式数

(千株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合(%)

株式会社イナバホールディングス

東京都大田区矢口2丁目5−25

3,569

19.9

株式会社共進

横浜市港北区綱島上町1−1 P1008号

1,963

11.0

稲葉 明

横浜市港北区

526

2.9

稲葉 茂

東京都世田谷区

498

2.8

秋本 千恵子

東京都大田区

475

2.7

瀬間 照次

東京都大田区

453

2.5

稲葉 進

横浜市港北区

448

2.5

稲葉製作所取引先持株会

東京都大田区矢口2丁目5−25

412

2.3

株式会社りそな銀行

大阪市中央区備後町2丁目2−1

411

2.3

稲葉 常雄

東京都大田区

376

2.1

9,136

51.0

(注)株式会社イナバホールディングスは、当社代表取締役社長 稲葉 明の親族の財産保全会社であります。

(8)【議決権の状況】

①【発行済株式】

平成29年7月31日現在

 

区分

株式数(株)

議決権の数(個)

内容

無議決権株式

議決権制限株式(自己株式等)

議決権制限株式(その他)

完全議決権株式(自己株式等)

普通株式

309,700

完全議決権株式(その他)

普通株式

17,608,700

176,087

単元未満株式

普通株式

4,029

1単元(100株)未満の株式

発行済株式総数

17,922,429

総株主の議決権

176,087

(注) 「完全議決権株式(その他)」には、株式会社証券保管振替機構名義の株式が400株(議決権4個)及び取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式52,000株が含まれております。

②【自己株式等】

平成29年7月31日現在

 

所有者の氏名又は名称

所有者の住所

自己名義所有株式数(株)

他人名義所有株式数(株)

所有株式数の合計(株)

発行済株式総数に対する所有株式数の割合

(%)

株式会社稲葉製作所

東京都大田区矢口

2丁目5−25

309,700

309,700

1.7

309,700

309,700

1.7

(注)上記のほか、取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式52,000株を財務諸表上、自己株式として処理しております。

(9)【ストックオプション制度の内容】

該当事項はありません。

(10)【従業員株式所有制度の内容】

当社は、当社取締役(ただし、社外取締役を除く)に対し、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、信託を活用した株式報酬制度を導入いたしました。

①役員向け株式報酬制度の概要

本制度は、当社が指定する信託(以下、「本信託」という)に金銭を信託し、本信託において当社普通株式(以下、「当社株式」という)の取得を行い、取締役に対して当社取締役会が定める株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、当社株式及び当社株式を売却換金した金銭が本信託を通じて交付される株式報酬制度であります。

なお、取締役が当社株式の交付を受ける時期は、原則として取締役の退任時であります。

②対象取締役に取得させる予定の株式の総数

300,000株(上限)

③当該制度における受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

取締役のうち受益者要件を充足する者

2【自己株式の取得等の状況】

【株式の種類等】  普通株式

(1)【株主総会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(2)【取締役会決議による取得の状況】

該当事項はありません。

(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】

該当事項はありません。

(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】

区分

当事業年度

当期間

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

株式数(株)

処分価額の総額

(円)

引き受ける者の募集を行った取得自己株式

消却の処分を行った取得自己株式

合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式

その他

 

 

 

 

(取締役を対象とする株式報酬制度に係る信託への売却)

52,000

44,589,480

保有自己株式数(注)

309,705

309,705

(注)1.当事業年度及び当期間における保有自己株式数には、取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式52,000株は含めておりません。

2.当期間における保有自己株式数には、平成29年10月1日からこの有価証券報告書提出日までの単元未満株式の買取による株式は含まれておりません。

3【配当政策】

当社は、持続的な利益成長と企業価値向上につながる設備投資を優先的に行うことが、株主共通の利益に資すると考えます。

また、株主への適切な利益還元についても経営における最重要課題の一つとして認識し、「安定的な配当の維持」と「将来に備えた内部留保の充実」を念頭に置き、業績や今後の資金需要等を総合的に勘案した利益還元に努めます。

なお、当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。

これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。

このような方針のもと、平成29年7月期の期末配当金につきましては、1株につき13円といたしました。中間配当金は、1株につき13円実施させていただいておりますので、年間配当金は、1株につき26円となります。

内部留保資金につきましては、主に生産効率向上のための設備投資に充当してまいりたいと考えております。

当社は、「取締役会の決議により、毎年1月31日を基準日として、中間配当を行うことができる。」旨を定款に定めております。

当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりです。

決議年月日

配当金の総額(百万円)

1株当たり配当額(円)

平成29年3月16日

取締役会決議

228

13

平成29年10月24日

定時株主総会決議

228

13

(注)1.平成29年3月16日開催の取締役会決議による配当金の総額には、取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式に対する配当金0百万円が含まれております。

2.平成29年10月24日開催の定時株主総会決議による配当金の総額には、取締役(ただし、社外取締役を除く)を対象とする株式報酬制度に係る信託が保有する当社株式に対する配当金0百万円が含まれております。

4【株価の推移】

(1)【最近5年間の事業年度別最高・最低株価】

回次

第66期

第67期

第68期

第69期

第70期

決算年月

平成25年7月

平成26年7月

平成27年7月

平成28年7月

平成29年7月

最高(円)

1,750

1,563

1,534

1,443

1,468

最低(円)

950

1,121

1,265

1,015

1,226

(注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

(2)【最近6月間の月別最高・最低株価】

月別

平成29年2月

3月

4月

5月

6月

7月

最高(円)

1,348

1,359

1,374

1,408

1,468

1,462

最低(円)

1,295

1,300

1,330

1,367

1,394

1,361

(注) 最高・最低株価は、東京証券取引所市場第一部におけるものであります。

5【役員の状況】

男性14名 女性−名 (役員のうち女性の比率−%)

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役社長(代表取締役)

 

稲葉 明

昭和23年1月17日生

 

昭和45年3月

当社入社

昭和47年6月

当社取締役経理課長

昭和51年2月

当社取締役経理部長

昭和55年7月

当社常務取締役

昭和62年4月

当社専務取締役

昭和63年12月

当社取締役副社長

平成2年12月

当社代表取締役副社長

平成3年2月

当社代表取締役社長

平成6年3月

イナバインターナショナル株式会社
代表取締役社長

平成8年4月

株式会社共進 代表取締役社長(現任)

平成15年10月

当社代表取締役社長兼製造本部長

平成17年10月

当社代表取締役社長

平成20年10月

当社代表取締役社長兼製造本部長

平成21年7月

当社代表取締役社長

平成23年10月

当社代表取締役社長兼製造本部長

平成24年10月

当社代表取締役社長(現任)

 

(注)5

526

取締役副社長

営業本部長

稲葉 茂

昭和28年2月20日生

 

昭和51年4月

鳴海製陶株式会社入社

昭和53年7月

当社入社

昭和62年4月

当社取締役営業部長

平成3年10月

当社常務取締役営業本部長兼第一営業部長

平成11年9月

当社常務取締役営業本部長兼営業部長

平成13年10月

当社専務取締役営業本部長

平成20年9月

当社専務取締役営業本部長兼営業部長

平成21年7月

当社専務取締役営業本部長

平成22年8月

当社専務取締役営業本部長兼営業部長

平成23年8月

当社専務取締役営業本部長

平成28年10月

当社取締役副社長兼営業本部長(現任)

 

(注)5

498

専務取締役

開発特命事項担当兼富岡工場長

小島 秋光

昭和21年10月22日生

 

昭和41年4月

東海設計株式会社入社

昭和43年3月

当社入社

平成3年10月

当社取締役犬山工場次長

平成12年10月

当社取締役犬山工場長

平成16年10月

当社常務取締役製造本部副本部長兼犬山工場長

平成17年10月

当社常務取締役製造本部長兼犬山工場長

平成20年6月

当社常務取締役製造本部長

平成20年10月

当社専務取締役技術本部長

平成23年10月

当社専務取締役開発特命事項担当

平成28年3月

当社専務取締役開発特命事項担当兼富岡工場長(現任)

 

(注)5

45

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

常務取締役

製造本部長

兼製造部長

小見山 雅彦

昭和36年6月3日生

 

昭和59年3月

当社入社

平成13年6月

当社製造部製造管理課課長

平成19年6月

当社柏工場次長

平成20年4月

当社生産革新推進室長

平成21年1月

当社執行役員生産革新推進室長

平成21年7月

当社執行役員製造部長

平成23年10月

当社取締役製造本部副本部長兼製造部長

平成24年8月

当社取締役製造本部副本部長

平成24年10月

当社取締役製造本部長

平成26年10月

当社取締役製造本部長兼製造部長

平成28年10月

当社常務取締役製造本部長兼製造部長(現任)

 

(注)5

7

常務取締役

技術本部長

森田 泰満

昭和29年7月3日生

 

昭和52年4月

当社入社

平成16年2月

当社技術部第二開発課課長

平成19年6月

当社技術部次長

平成21年1月

当社執行役員技術部次長

平成22年10月

当社執行役員技術部副部長

平成23年10月

当社執行役員技術部長

平成25年10月

当社取締役技術部長

平成26年10月

当社取締役技術本部長

平成28年10月

当社常務取締役技術本部長(現任)

 

(注)5

2

常務取締役

管理本部長兼総務部長

杉山 治

昭和33年12月2日生

 

昭和56年4月

株式会社三菱銀行(現株式会社三菱東京UFJ銀行)入社

平成19年5月

株式会社三菱東京UFJ銀行押上支社長

平成22年7月

当社出向経理部次長

平成23年7月

当社入社経理部次長

平成23年10月

当社執行役員総務部次長兼法務室長

平成24年10月

当社執行役員総務部長兼法務室長

平成27年10月

当社取締役管理本部長兼総務部長兼法務室長

平成28年10月

当社常務取締役管理本部長兼総務部長兼法務室長(現任)

 

(注)5

2

取締役

犬山工場長

佐伯 則和

昭和31年11月20日生

 

昭和54年3月

当社入社

平成4年5月

当社犬山工場技術課課長

平成17年6月

当社犬山工場次長

平成18年10月

当社執行役員犬山工場次長

平成20年6月

当社執行役員犬山工場長

平成23年10月

当社取締役犬山工場長(現任)

 

(注)5

3

取締役

技術本部

副本部長

稲葉 裕次郎

昭和51年9月14日生

 

平成12年3月

当社入社

平成21年7月

当社生産革新推進室長

平成23年10月

当社執行役員生産革新推進室長

平成24年8月

当社執行役員製造部長

平成26年10月

当社執行役員技術部長

平成27年10月

当社取締役技術部長

平成29年10月

当社取締役技術本部副本部長(現任)

 

(注)5

9

取締役

営業部長

堀川 朋樹

昭和37年3月18日生

 

昭和62年4月

有限会社平田紙文具事務機入社

平成3年1月

当社入社

平成15年8月

当社福岡営業所所長

平成21年7月

当社東京営業所所長

平成23年8月

当社営業部長

平成23年10月

当社執行役員営業部長

平成28年10月

当社取締役営業部長(現任)

 

(注)5

3

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

取締役

 

尾後貫 達也

昭和21年7月15日生

 

昭和45年4月

株式会社協和銀行(現株式会社りそな銀行)入社

平成10年6月

株式会社あさひ銀行(現株式会社りそな銀行)取締役

平成12年6月

同社常務執行役員

平成13年9月

同社専務執行役員

平成15年6月

昭和地所株式会社代表取締役社長

平成15年10月

当社監査役

平成19年6月

昭和地所株式会社相談役

平成25年4月

昭和地所流通株式会社相談役

平成27年10月

当社取締役(現任)

平成28年10月

RB不動産株式会社相談役

平成29年6月

原田工業株式会社社外取締役(現任)

 

(注)5

2

取締役

 

三村 勝也

昭和26年6月18日生

 

昭和49年4月

昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所

昭和52年3月

昭和57年1月

公認会計士登録

三村勝也公認会計士税理士事務所所長(現任)

平成20年6月

株式会社アクセル社外監査役

平成28年6月

同社社外取締役[監査等委員](現任)

平成28年10月

当社取締役(現任)

 

(注)5

1

常勤監査役

 

多田 一志

昭和26年10月12日生

 

昭和50年4月

株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)入社

平成10年4月

同社国際金融法人部 業務推進役

平成13年4月

株式会社三井住友銀行 国際投資サービス部 上席推進役

平成15年10月

当社出向経理部次長

平成16年10月

当社入社経理部次長

平成17年10月

当社経理部長

平成18年10月

当社執行役員経理部長

平成20年10月

当社取締役総務部長

平成23年10月

当社常務取締役管理本部長兼総務部長

平成24年10月

当社常務取締役管理本部長

平成27年10月

当社監査役(現任)

 

(注)6

4

監査役

 

福家 弘行

昭和17年3月8日生

 

昭和46年4月

昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所

昭和48年3月

公認会計士登録

昭和60年10月

太田昭和監査法人(現新日本有限責任監査法人)入所

平成7年7月

同法人代表社員

平成17年6月

新日本監査法人(現新日本有限責任監査法人)退職

平成17年6月

福家公認会計士事務所所長

(現任)

平成18年6月

株式会社朝日ラバー社外監査役

平成18年6月

富士通コンポーネント株式会社社外監査役

平成19年6月

三菱化工機株式会社社外監査役

平成27年10月

当社監査役(現任)

 

 

(注)6

1

 

 

役名

職名

氏名

生年月日

略歴

任期

所有株式数

(千株)

監査役

 

野崎 清二郎

昭和32年5月2日生

 

昭和56年4月

株式会社協和銀行(現株式会社りそな銀行)入社

平成20年4月

株式会社りそな銀行執行役員首都圏地域担当

平成22年6月

りそなビジネスサービス株式会社常勤監査役

平成27年4月

医療法人徳洲会非常勤理事(現任)

平成27年6月

りそな総合研究所株式会社非常勤監査役

平成27年6月

りそな決済サービス株式会社常勤監査役

平成27年6月

ウシオ電機株式会社社外監査役

平成28年6月

上新電機株式会社社外取締役(現任)

平成28年10月

当社監査役(現任)

 

(注)7

1

 

 

 

 

 

1,108

(注)1.取締役副社長稲葉茂は、取締役社長稲葉明の実弟であります。

2.取締役稲葉裕次郎は、取締役社長稲葉明の実子であります。

3.取締役尾後貫達也、三村勝也の両名は、社外取締役であります。

4.監査役福家弘行、野崎清二郎の両名は、社外監査役であります。

5.平成29年10月24日開催の定時株主総会の終結の時から2年間

6.平成27年10月23日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

7.平成28年10月20日開催の定時株主総会の終結の時から4年間

6【コーポレート・ガバナンスの状況等】

(1)【コーポレート・ガバナンスの状況】

① 企業統治の体制

イ.企業統治の体制の概要

当社は監査役会制度を採用しており、本制度のもとで効率性、健全性の高い経営を目指しております。

取締役会は社外取締役2名を含む取締役11名(提出日現在)で構成され、原則として毎月1回開催し、経営に関する重要事項の決定と業務執行の監督を実施しております。

監査役会は、社外監査役2名を含む監査役3名(提出日現在)で構成され、監査役監査基準に則り、取締役の業務執行の適法性、妥当性に関して公正・客観的な立場から監査を実施することとしております。

会社の機関及び内部統制等の関係図(提出日現在)は、下記のとおりであります。

0104010_001.png

ロ.企業統治の体制を採用する理由

当社は、コーポレートガバナンスの強化を経営の最重要課題の一つととらえ、積極的に取り組んでおります。

取締役会を定期的に開催し迅速な意思決定と効率的な業務執行を行うこととしております。また、社外取締役を置くことにより、経営の透明性と健全性を確保しております。業務分掌規程及び職務権限規程により、各職位の職務及び権限を定め職務執行が適正かつ効率的に行われる体制としております。

監査役会は、取締役会の出席、重要な書類の閲覧や経営の妥当性・効率性に関し第三者の立場から客観的な評価を行い、経営の監視体制の充実に努めております。

ハ.内部統制システム及びリスク管理体制の整備状況

当社グループは、会社法及び会社法施行規則等に基づき、以下のとおり、当社の業務の適正性を確保するための内部統制システムの構築の基本方針を定め、かかる体制の下で会社の業務の適法性・効率性の確保並びにリスクの管理に努めるとともに、環境の変化に応じて不断の見直しを行い、その改善・充実を図ることとしております。

(イ)当社グループの取締役・使用人の職務の執行が法令及び定款に適合することを確保するための体制

当社グループ全役員及び社員が法令・定款及び社会規範を遵守し、かつ社会的責任を果たすため、「企業行動憲章」及び「行動指針」を定め、グループ全役員及び社員の企業活動の原点とすることを徹底いたします。また、「コンプライアンス基本規程」を制定しコンプライアンス体制の確立を図っております。

当社取締役の職務の執行が、コンプライアンス上有効に機能することを確保する体制として、監査役会を置いております。監査役会は、監査役監査基準に則り、取締役の業務執行の適法性、妥当性に関して公正・客観的な立場から監査を実施しております。社外監査役は、業務執行者からの独立性が確保できる等を勘案し、有識者を起用しております。監査役は、取締役会に出席するほか、意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、重要な会議等に出席することができるものとし、必要があると認めたときは、意見を述べることができます。また、全ての稟議書その他業務執行に関する重要な書類の閲覧が可能であり、取締役の業務執行状況を十分に監査・監督可能な体制としております。

当社取締役会は、取締役会規則における付議・報告基準に則り、会社の業務執行を決定しております。代表取締役社長及び各取締役は、社内規則、取締役会決議に則り、職務を執行するとともに、執行状況を取締役会において報告するものとし、その職務執行状況は、監査役の監査を受けております。

当社使用人の職務の執行がコンプライアンス上有効に機能することを確保するため、業務の重要事項を決定する営業会議、生産会議及び技術会議には、原則として取締役及び情報取扱責任者が出席し、情報の共有化による部門間の連携と相互間の牽制を図るとともに、会議内容における開示情報の有無も確認しています。なお、会議議事録、会議資料は監査役会へ提出しています。

代表取締役社長の直轄機関として内部監査室を置き、計画的に本社各部・工場・営業所・配送センター・関係会社等の監査を実施しております。内部監査室長は、監査結果を代表取締役社長に報告を行い、代表取締役社長から改善指示、指導がなされ、業務執行の公正性や透明性の確保に寄与する体制としております。

当社グループは、コンプライアンス体制の充実・強化を補完するために内部通報体制を設け、役員及び社員等は、社内においてコンプライアンス違反行為が行われ又は行われようとしていることに気がついたときは、内部監査室に通報しなければならないと定めております。会社は、通報内容を秘守し、通報者に対して不利益な扱いを行いません。

上記の体制の当社グループ社内への浸透を徹底するため、当社の電子掲示板に内部統制システムの基本方針及び関連諸規程を掲示するほか、各拠点・子会社に配付のうえ、適宜教育指導を行っております。

(ロ)当社グループの損失の危険の管理に関する規程その他の体制

当社は、リスク管理全体を統括するため、「リスク管理規程」を制定し、組織横断的リスクの監査並びに全社的対応は総務部が内部監査室と連携をとりながら行い、各部門の所管業務に付随するリスク管理は当該部門が適時適切な対応を行う体制を構築しております。

各部門の長である役員及び社員は、平時においてはそれぞれの自部門の担当職務の業務内容を整理し、内在するリスクを把握、分析、評価の上、適切な対策を実施しております。同規程に定める経営危機が発生した場合には、社長を本部長とする対策本部を設置し、迅速な対応を行い損害の拡大を防止し、これを最小限に止める体制を整えております。

子会社のリスク管理の状況については、内部監査室が監査を行い、また、「関係会社管理規程」に定める担当取締役は、同規程に基づく当社への決裁・報告制度により子会社のリスク管理を行う体制としております。

(ハ)当社グループの取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制

当社グループは、取締役・使用人の役割分担、業務分掌、指揮命令系統を明示することにより、効率的な業務執行体制を図っており、組織図、職務分掌規程、職務権限規程、稟議規程等で示し、必要に応じ改訂を行っております。

業務の運営については、現在及び将来の事業環境を踏まえ各年度の予算を立案し、全社的な目標を設定し、定例の取締役会を原則毎月1回開催し、予算の進捗状況及び重要事項の決定並びに取締役の業務執行状況の監督等を行っております。また、適宜経営会議を開催し、絞り込んだテーマについて議論を行い、定例の取締役会での将来の議題となるべき事項等につき、方向性を見極め、課題の整理を行っております。

社内電子掲示板、社内メール等の社内使用ツールの統一を図り、ITを効率活用し情報の周知徹底を行っております。

また、子会社の効率的な業務執行体制の状況については、内部監査室が監査を行っております。

(ニ)取締役の職務の執行に係る情報の保存及び管理に関する体制

当社は、法令及び社内規程の「稟議規程」「文書取扱規程」等に従い、取締役の職務執行に関わる情報を文書又は電磁的媒体に記録し、管理・保存しております。

取締役の職務執行に係る情報及びその保存、管理状況について、監査役は、適宜監査ないし査閲が出来ます。

(ホ)当社企業グループにおける業務の適正を確保するための体制

当社は、「関係会社管理規程」に基づき、子会社の自主性を尊重しながら円滑な情報交換とグループ活動を促進するため、適時、関係者による会議を開催しております。

「関係会社管理規程」に定める担当取締役は、同規程に基づく当社への決裁・報告制度により各子会社の経営管理を行うとともに、内部統制の実効性を高める施策を実施し、必要に応じて各子会社への指導・支援を行っております。

業務の運営については、当社と子会社間における不適切な取引又は会計処理を防止するため、当社の内部監査室、経理部門、関係会社管理部門及び監査役が連携し、十分な情報交換と対策の検討を行っております。

(ヘ)監査役の職務を補助すべき使用人を置くことを求めた場合における当該使用人に対する指示の実効性の確保に関する事項

当社は、内部監査室が監査役と連携を密にして対応しており、情報の共有、交換等により、現在は、補助すべき使用人を設置しておりません。必要に応じて、監査役の職務を補助すべき監査スタッフを設置可能とし、人事等については、取締役と監査役が意見交換を行って実施し、監査スタッフは監査役が指示した補助業務についてはもっぱら監査役の指揮命令に従わなければならないこととしております

(ト)監査役への報告体制及びその他監査役の監査が実効的に行われることを確保するための体制

当社グループの全役員及び社員は、当社監査役から業務執行に関する事項について報告を求められたときは、速やかに適切な報告を行っております。

当社グループの全役員及び社員は、法令等の違反行為等、当社又は当社の子会社に著しい損害を及ぼすおそれのある事実があることを発見したときは、直ちに当社の監査役又は監査役会に対して報告しています。

監査役は、取締役会の他、重要な意思決定の過程及び業務の執行状況を把握するため、社内の重要な会議に出席できるほか、主要な稟議書その他業務執行に関する重要な文書・通牒類を閲覧し、必要に応じて取締役又は使用人にその説明を求めることが出来ます。

内部監査室は、当社グループの内部監査の状況を監査役又は監査役会に報告しています。また、監査役は、会計監査人から会計監査内容について説明を受けるとともに、情報の交換を行うなど連携を図っております。

(チ) 監査役へ報告した者が当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを受けないことを確保するための体制

当社は、当社グループの監査役へ報告を行った当社グループの役員及び社員に対し、当該報告をしたことを理由として不利な取扱いを行うことを禁止し、その旨を当社グループの役員及び社員に周知徹底しています。

(リ) 監査役の職務の執行について生ずる費用の前払い又は債務の処理に係る方針に関する事項

当社は、監査役がその職務の執行について、当社に対し、会社法第388条に基づく費用の前払い等の請求をしたときは、担当部署において審議の上、当該請求に係る費用又は債務が当該監査役の職務の執行に必要でないと認められた場合を除き、速やかに当該費用又は債務を処理しています。

(ヌ)反社会的勢力排除に向けた体制整備

a.反社会的勢力排除に向けた基本的な考え方

当社は、反社会的勢力に屈することなく、「毅然とした態度」で「法律や社会ルールに則った解決」を基本方針としています。

b.反社会的勢力排除に向けた整備状況

当社は、役員及び社員の「行動指針」並びに「コンプライアンス基本規程」に反社会的勢力排除に向けた基本方針を示すとともに「反社会的勢力対応マニュアル」の制定等、社内体制を整備しております。

(a)対応統括部署

本社総務部が統括し、工場・営業所等は、各事業所の責任者が対応いたします。

(b)外部と連携状況

所轄警察署・暴力追放運動推進センター・顧問弁護士等と連携し対応いたします。

(c)反社会的勢力に関する情報の収集・管理状況

反社会的勢力に関する情報は、本社総務部において一元管理いたします。

(d)対応マニュアル等の整備

「コンプライアンス基本規程」並びに反社会的勢力に対する基本方針を記載するとともに、「反社会的勢力対応マニュアル」を制定しています。

(e)社員への周知徹底

反社会的勢力に対する基本方針を「行動指針」に掲載し各事業所に掲示するとともに、社内電子掲示板に「コンプライアンス基本規程」及び「反社会的勢力対応マニュアル」を掲示しております。

ニ. 責任限定契約の内容の概要

当社と取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)及び監査役は会社法第427条第1項の規定に基づき、同法第423条第1項の損害賠償責任を限定する契約を締結しております。当該契約に基づく損害賠償責任の限度額は、法令が規定する額としております。なお、当該責任限定が認められるのは、当該取締役(業務執行取締役等であるものを除く。)又は監査役が責任の原因となった職務の遂行について善意で重大な過失がないときに限られます。

② 内部監査及び監査役監査の状況

当社の内部監査は、代表取締役の直轄機関として内部監査室を設置し、責任者1名と担当者で構成されており、計画的に工場・営業所・配送センター・関係会社等を監査し、業務執行の公正性や透明性の確保に寄与しております。また、財務報告に係る内部統制監査を担当部門と協議、連携の上実行するほか、監査役会及び会計監査人と必要の都度、相互の情報交換・意見交換を行うなどの連携を密にして、監査の実効性と効率性の向上を目指しております。

監査役会は常勤監査役1名、非常勤監査役2名から構成され、監査役会が定めた監査役監査基準に則り、取締役業務執行の適法性、妥当性に関して公正・客観的な立場から監査を行っております。また、取締役会には原則として監査役全員が出席しており、取締役の業務執行状況を充分に監査できる体制となっております。なお、社外監査役福家弘行は公認会計士の資格を有し、また野崎清二郎は金融機関における豊富な経験を有し、財務及び会計に関する相当程度の知見を有しております。

内部監査室及び会計監査人とは、必要の都度相互の情報交換・意見交換を行うなどの連携を密にして、監査の実効性と効率性の向上を目指しております。

③ 社外取締役及び社外監査役

当社の社外取締役は2名、社外監査役は2名であります。

社外取締役並びに社外監査役は当社の出身者ではなく、人的関係、「第4 提出会社の状況 5 役員の状況」に記載している株式の所有を除く資本的関係、取引関係その他利害関係は該当ありません。

社外取締役並びに社外監査役の選任にあたっては、㈱東京証券取引所の独立役員の独立性に関する判断基準(「上場管理等に関するガイドライン」Ⅲ5.(3) の2に規定されている基準)等を参考にしております。

社外取締役並びに社外監査役は、社内出身者とは異なる経験と高い見識に基づく、客観的な立場から経営に対する有効な意見等を提供するなど、取締役会の適切な意思決定や監査機能の充実に寄与する役割を担っております。

④ 役員報酬等

イ.役員区分ごとの報酬等の総額、報酬等の種類別の総額及び対象となる役員の員数

役員区分

報酬等の総額

(百万円)

報酬等の種類別の総額(百万円)

対象となる

役員の員数

(人)

基本報酬

株式報酬

ストック

オプション

賞与

退職慰労金

取締役

(社外取締役を除く。)

248

195

18

35

9

監査役

(社外監査役を除く。)

13

13

1

社外役員

17

17

5

当社は、当社取締役(ただし、社外取締役を除く)に対し、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、信託を活用した株式報酬制度を導入いたしました。この制度は、当社が指定する信託(以下、本信託という)に金銭を信託し、本信託において当社普通株式(以下、当社株式という)の取得を行い、取締役に対して当社取締役会が定める株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、取締役が退任した場合に、当社株式及び当社株式を売却換金した金銭が本信託を通じて交付される制度であります。

ロ.使用人兼務役員の使用人分給与のうち重要なもの

総額(百万円)

対象となる役員の員数(人)

内容

43

6

部長又は工場長等としての職務に対する報酬

 

ハ.役員の報酬等の額又はその算定方法の決定に関する方針の内容及び決定方法

取締役及び監査役の報酬については、株主総会の決議により報酬総額の上限を定めております。

各取締役の報酬は、独立社外取締役及び独立社外監査役が出席する取締役会で社長へ一任する旨の決議を得たうえで、決定、支給しております。

監査役の報酬は、監査役の協議により決定しております。

⑤ 株式の保有状況

イ.投資株式のうち保有目的が純投資目的以外の目的であるものの銘柄数及び貸借対照表計上額の合計額

11

銘柄

408

百万円

 

ロ.保有目的が純投資目的以外の目的である投資株式の保有区分、銘柄、株式数、貸借対照表計上額及び保有目的

前事業年度

特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

保有目的

富士急行㈱

78,000

113

取引関係等の維持・発展のため

㈱寺岡製作所

179,000

59

同上

トラスコ中山㈱

10,700

55

同上

ジェイエフイーホールディングス㈱

26,170

35

同上

㈱りそなホールディングス

78,537

32

同上

文化シヤッター㈱

30,000

25

同上

ユアサ商事㈱

5,600

12

同上

第一生命保険㈱

5,800

7

同上

凸版印刷㈱

7,000

6

同上

ケイヒン㈱

35,000

4

同上

㈱内田洋行

9,000

4

同上

 

当事業年度

特定投資株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

保有目的

富士急行㈱

78,000

90

取引関係等の維持・発展のため

㈱寺岡製作所

179,000

78

同上

トラスコ中山㈱

21,400

60

同上

ジェイエフイーホールディングス㈱

26,170

55

同上

㈱りそなホールディングス

78,537

44

同上

文化シヤッター㈱

30,000

28

同上

ユアサ商事㈱

5,600

19

同上

第一生命ホールディングス㈱

5,800

11

同上

凸版印刷㈱

7,000

8

同上

ケイヒン㈱

35,000

5

同上

㈱内田洋行

1,800

4

同上

 

⑥ 会計監査の状況

会計監査人である新日本有限責任監査法人には、会社法監査及び金融商品取引法監査並びに投資家への適正な情報開示のための必要な指導を受けております。なお、会計監査の体制は以下のとおりであります。

イ.業務を執行した公認会計士の氏名及び継続監査年数

指定有限責任社員 業務執行社員  小野木 幹久

指定有限責任社員 業務執行社員  清本 雅哉

*継続監査年数については、全員7年以内であるため、記載を省略しております。

*同監査法人はすでに自主的に業務執行社員について、当社の会計監査に一定期間を超えて関与することがないよう措置をとっております。

*監査役会及び内部監査室とは、必要の都度相互の情報交換・意見交換を行うなどの連携を密にして、監査の実効性と効率性の向上を目指しております。

ロ.監査業務に係る補助者の構成

公認会計士 8名、その他 6名

⑦ 取締役会で決議することができる株主総会決議事項

イ.中間配当

当社は、株主への機動的な利益還元を行うことを目的として、会社法第454条第5項の規定により、取締役会の決議によって毎年1月31日を基準日として中間配当を行うことができる旨を定款で定めております。

ロ.自己株式の取得

当社は、機動的な資本政策を遂行することを目的として、会社法第165条第2項の規定により、取締役会の決議をもって自己株式を買受けることができる旨を定款に定めております。

⑧ 取締役の定数

当社の取締役は12名以内とする旨を定款で定めております。

⑨ 取締役の選任の決議要件

当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行い、累積投票によらない旨を定款に定めております。

⑩ 株主総会の特別決議要件

当社は、株主総会の円滑な運営を行うことを目的として、会社法第309条第2項に定める株主総会の特別決議要件について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の3分の2以上をもって行う旨を定款に定めております。

(2)【監査報酬の内容等】

①【監査公認会計士等に対する報酬の内容】

区分

前連結会計年度

当連結会計年度

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

監査証明業務に基づく報酬(百万円)

非監査業務に基づく報酬(百万円)

提出会社

39

39

連結子会社

39

39

 

②【その他重要な報酬の内容】

(前連結会計年度)

該当事項はありません。

(当連結会計年度)

該当事項はありません。

③【監査公認会計士等の提出会社に対する非監査業務の内容】

(前連結会計年度)

該当事項はありません。

(当連結会計年度)

該当事項はありません。

④【監査報酬の決定方針】

規模・特性・監査日数等を勘案し、監査法人と協議した上定めております。





出典: 株式会社稲葉製作所、2017-07-31 期 有価証券報告書