有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

当事業年度

(平成29年7月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金及び預金

13,656,612

14,158,958

受取手形

※1,※2 3,285,713

※1 3,128,556

売掛金

※1 4,821,458

※1 4,125,993

商品及び製品

1,764,614

1,861,313

仕掛品

180,223

238,844

原材料及び貯蔵品

399,509

417,778

繰延税金資産

128,535

101,777

その他

※1 460,738

※1 285,092

流動資産合計

24,697,405

24,318,314

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

5,857,292

5,614,555

構築物

436,058

379,271

機械及び装置

3,388,457

3,300,457

車両運搬具

60,987

52,162

工具、器具及び備品

253,025

182,448

土地

11,210,580

11,211,359

建設仮勘定

432,267

1,000,741

有形固定資産合計

21,638,670

21,740,995

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

154,488

440,615

その他

6,283

6,448

無形固定資産合計

160,771

447,063

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

1,098,845

941,379

関係会社株式

105,000

105,000

繰延税金資産

81,644

150,507

保険積立金

887,616

874,204

その他

111,289

113,704

貸倒引当金

0

0

投資その他の資産合計

2,284,395

2,184,796

固定資産合計

24,083,837

24,372,854

資産合計

48,781,243

48,691,168

 

 

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

当事業年度

(平成29年7月31日)

負債の部

 

 

流動負債

 

 

支払手形

5,052,716

5,029,138

買掛金

※1 1,000,275

※1 1,196,649

未払金

※1 1,057,183

※1 1,387,774

未払費用

421,642

352,977

未払法人税等

466,937

28,845

未払消費税等

373,454

預り金

267,244

221,829

賞与引当金

250,000

253,765

その他

※1 1,193,110

※1 486,544

流動負債合計

9,709,109

9,330,979

固定負債

 

 

退職給付引当金

857,522

1,044,865

役員退職慰労引当金

416,678

役員株式給付引当金

18,592

資産除去債務

1,925

1,961

受入営業保証金

700,786

705,312

その他

17,502

461,341

固定負債合計

1,994,415

2,232,073

負債合計

11,703,525

11,563,053

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

1,132,048

1,132,048

資本剰余金

 

 

資本準備金

763,500

763,500

その他資本剰余金

224,347

250,270

資本剰余金合計

987,847

1,013,770

利益剰余金

 

 

利益準備金

283,012

283,012

その他利益剰余金

 

 

特別償却準備金

217,057

162,377

固定資産圧縮積立金

342,360

326,648

別途積立金

29,397,500

29,397,500

繰越利益剰余金

4,903,236

4,986,602

利益剰余金合計

35,143,166

35,156,140

自己株式

310,161

336,083

株主資本合計

36,952,901

36,965,875

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

124,816

162,240

評価・換算差額等合計

124,816

162,240

純資産合計

37,077,717

37,128,115

負債純資産合計

48,781,243

48,691,168

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 平成27年8月1日

 至 平成28年7月31日)

当事業年度

(自 平成28年8月1日

 至 平成29年7月31日)

売上高

※1 26,157,579

※1 25,941,696

売上原価

※1 19,039,693

※1 19,802,698

売上総利益

7,117,886

6,138,998

販売費及び一般管理費

※2 5,472,279

※2 5,667,180

営業利益

1,645,606

471,817

営業外収益

 

 

受取利息

※1 6,248

※1 1,013

受取配当金

7,057

7,466

作業くず売却益

55,970

87,741

電力販売収益

106,099

108,562

雑収入

※1 89,151

※1 71,810

営業外収益合計

264,528

276,594

営業外費用

 

 

電力販売費用

57,239

52,549

雑損失

3,818

2,127

営業外費用合計

61,057

54,676

経常利益

1,849,077

693,734

特別利益

 

 

固定資産売却益

1,652

3,730

特別利益合計

1,652

3,730

特別損失

 

 

固定資産除却損

2,881

2,199

減損損失

52,304

21,773

その他

77

特別損失合計

55,186

24,050

税引前当期純利益

1,795,543

673,415

法人税、住民税及び事業税

617,000

270,890

法人税等調整額

28,216

50,142

法人税等合計

588,783

220,747

当期純利益

1,206,759

452,667

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 平成27年8月1日 至 平成28年7月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

その他資本剰余金

利益準備金

その他利益剰余金

 

特別償却準備金

固定資産圧縮積立金

固定資産圧縮特別勘定積立金

当期首残高

1,132,048

763,500

224,347

283,012

265,695

249,607

101,879

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

53,020

 

 

固定資産圧縮積立金の積立

 

 

 

 

 

101,863

 

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

 

16,430

 

固定資産圧縮特別勘定積立金の取崩

 

 

 

 

 

 

101,879

税率変更による積立金の調整額

 

 

 

 

4,382

7,318

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

48,638

92,752

101,879

当期末残高

1,132,048

763,500

224,347

283,012

217,057

342,360

 

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

 

その他利益剰余金

 

別途積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

29,397,500

4,060,168

310,161

36,167,598

175,426

36,343,025

当期変動額

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

53,020

 

 

固定資産圧縮積立金の積立

 

101,863

 

 

固定資産圧縮積立金の取崩

 

16,430

 

 

固定資産圧縮特別勘定積立金の取崩

 

101,879

 

 

税率変更による積立金の調整額

 

11,701

 

 

剰余金の配当

 

421,457

 

421,457

 

421,457

当期純利益

 

1,206,759

 

1,206,759

 

1,206,759

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

50,609

50,609

当期変動額合計

843,067

785,302

50,609

734,692

当期末残高

29,397,500

4,903,236

310,161

36,952,901

124,816

37,077,717

 

当事業年度(自 平成28年8月1日 至 平成29年7月31日)

 

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

 

資本準備金

その他資本剰余金

利益準備金

その他利益剰余金

 

特別償却準備金

固定資産圧縮積立金

別途積立金

当期首残高

1,132,048

763,500

224,347

283,012

217,057

342,360

29,397,500

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

 

 

 

 

54,679

 

 

固定資産圧縮積立金の取崩

 

 

 

 

 

15,712

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

 

当期純利益

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

自己株式の処分

 

 

25,922

 

 

 

 

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

25,922

54,679

15,712

当期末残高

1,132,048

763,500

250,270

283,012

162,377

326,648

29,397,500

 

 

 

 

 

 

 

 

株主資本

評価・換算差額等

純資産合計

 

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

その他有価証券評価差額金

 

その他利益剰余金

 

繰越利益剰余金

当期首残高

4,903,236

310,161

36,952,901

124,816

37,077,717

当期変動額

 

 

 

 

 

特別償却準備金の取崩

54,679

 

 

固定資産圧縮積立金の取崩

15,712

 

 

剰余金の配当

439,694

 

439,694

 

439,694

当期純利益

452,667

 

452,667

 

452,667

自己株式の取得

 

70,512

70,512

 

70,512

自己株式の処分

 

44,589

70,512

 

70,512

株主資本以外の項目の当期変動額(純額)

 

 

 

37,424

37,424

当期変動額合計

83,365

25,922

12,973

37,424

50,398

当期末残高

4,986,602

336,083

36,965,875

162,240

37,128,115

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準及び評価方法

(1) 子会社株式

移動平均法による原価法を採用しております。

(2) その他有価証券

時価のあるもの

期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。

時価のないもの

移動平均法による原価法を採用しております。

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

(1) 製品、仕掛品及び原材料

総平均法による原価法(ただし、一部の原材料については最終仕入原価法)(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。

(2) 貯蔵品

最終仕入原価法(貸借対照表価額は収益性の低下に基づく簿価切下げの方法により算定)を採用しております。

3.固定資産の減価償却の方法

(1) 有形固定資産

定率法(ただし、平成10年4月1日以降取得の建物(その附属設備は除く)並びに平成28年4月1日以降取得の建物附属設備及び構築物は定額法)を採用しております。

(2) 無形固定資産

定額法(ただし、自社利用のソフトウエアについては、社内における見込利用可能期間(5年)に基づく定額法)を採用しております。

4.引当金の計上基準

(1) 貸倒引当金

売上債権、貸付金等の貸倒損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上しております。

(2) 賞与引当金

従業員に対する賞与の支給に備えるため、支給見込額を計上しております。

(3) 退職給付引当金

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。

退職給付引当金及び退職給付費用の処理方法は以下のとおりであります。

① 退職給付見込額の期間帰属方法

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっております。

② 数理計算上の差異の費用処理方法

数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(5年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。

(4) 役員退職慰労引当金

役員の退任に伴う退職慰労金の支給に備えるため、当社内規に基づく必要額を計上しております。

(5) 役員株式給付引当金

取締役(ただし、社外取締役を除く)への当社株式及びその換価処分金相当額の金銭の交付に備えるため、当事業年度に負担すべき交付見込額を計上しております。

5.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

(1) 退職給付に係る会計処理

退職給付に係る未認識数理計算上の差異の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表における会計処理の方法と異なっております。

(2) 消費税等の会計処理

税抜方式によっております。

(追加情報)

(繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の適用)

「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」(企業会計基準適用指針第26号 平成28年3月28日)を当事業年度から適用しております。

(役員退職慰労引当金制度の廃止)

当社は、平成28年7月期の定時株主総会において、役員退職慰労金制度の廃止に伴う打切り支給(支給時期は各役員の退任時)を決議しております。

これに伴い、「役員退職慰労引当金」を全額取崩し、打切り支給に伴う未払額452,078千円を長期未払金として固定負債の「その他」に含めて計上しております。

(取締役に信託を通じて自社の株式を交付する取引)

当社は、当事業年度より、中長期的な業績の向上と企業価値の増大に貢献する意識を高めることを目的として、当社取締役(ただし、社外取締役を除く)に対する、信託を活用した株式報酬制度を導入しております。

当該信託契約に係る会計処理については、「従業員等に信託を通じて自社の株式を交付する取引に関する実務上の取扱い」(実務対応報告第30号 平成27年3月26日)に準じております。

(1) 取引の概要

当社が指定する信託(以下、「本信託」という)に金銭を信託し、本信託において当社普通株式(以下、「当社株式」という)の取得を行い、取締役に対して当社取締役会が定める株式交付規程に従って付与されるポイント数に応じ、取締役が退任した場合に、当社株式及び当社株式を売却換金した金銭が本信託を通じて交付されます。なお、本信託内の当社株式については、信託期間を通じ議決権を行使しないものとしております。

(2) 信託に残存する自社の株式

信託に残存する当社株式を、信託における帳簿価額により純資産の部に自己株式として計上しております。当該自己株式の帳簿価額及び株式数は、当事業年度末において70,512千円、52,000株であります。

(貸借対照表関係)

※1 関係会社に対する金銭債権及び金銭債務(独立掲記したものを除く)

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

当事業年度

(平成29年7月31日)

短期金銭債権

1,329,746

千円

1,179,251

千円

短期金銭債務

55,078

 

54,644

 

 

※2 期末日満期手形等

期末日満期手形等の会計処理については、手形交換日等をもって決済処理しております。なお、前事業年度の末日が金融機関の休日であったため、次の期末日満期手形等が期末残高に含まれております。

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

当事業年度

(平成29年7月31日)

受取手形

400,545

千円

千円

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引高

 

前事業年度

(自 平成27年8月1日

至 平成28年7月31日)

当事業年度

(自 平成28年8月1日

至 平成29年7月31日)

営業取引による取引高

 

 

 

 

売上高

2,972,783

千円

2,710,064

千円

仕入高

100,645

 

108,150

 

営業取引以外の取引高

18,346

 

18,751

 

 

※2 販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度約77.6%、当事業年度約76.9%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度約22.4%、当事業年度約23.1%であります。

販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は、次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 平成27年8月1日

至 平成28年7月31日)

当事業年度

(自 平成28年8月1日

至 平成29年7月31日)

荷造運送費

1,347,366

千円

1,541,971

千円

販売促進費

876,115

 

888,915

 

従業員給与手当

1,199,185

 

1,185,517

 

賞与引当金繰入額

63,275

 

63,689

 

退職給付引当金繰入額

75,465

 

77,830

 

役員退職慰労引当金繰入額

22,113

 

35,400

 

役員株式給付引当金繰入額

 

18,592

 

減価償却費

274,644

 

256,825

 

貸倒引当金繰入額

1,134

 

 

 

(有価証券関係)

子会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額105,000千円、前事業年度の貸借対照表計上額105,000千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

 

当事業年度

(平成29年7月31日)

 

繰延税金資産

 

 

 

 

 

 

賞与引当金

77,000

千円

 

78,159

千円

 

未払事業税等

40,339

 

 

16,324

 

 

退職給付引当金

262,839

 

 

319,971

 

 

役員退職慰労引当金

127,632

 

 

 

 

役員株式給付引当金

 

 

5,693

 

 

減損損失

685,263

 

 

661,495

 

 

たな卸資産評価損

22,461

 

 

21,457

 

 

その他

54,311

 

 

192,308

 

 

繰延税金資産小計

1,269,846

 

 

1,295,410

 

 

評価性引当額

△764,959

 

 

△771,713

 

 

繰延税金資産合計

504,887

 

 

523,696

 

 

繰延税金負債

 

 

 

 

 

 

特別償却準備金

△96,160

 

 

△71,823

 

 

固定資産圧縮積立金

△151,075

 

 

△144,089

 

 

その他

△47,471

 

 

△55,499

 

 

繰延税金負債合計

△294,707

 

 

△271,412

 

 

繰延税金資産の純額

210,180

 

 

252,284

 

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

 

前事業年度

(平成28年7月31日)

 

当事業年度

(平成29年7月31日)

 

法定実効税率

法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間の差異が法定実効税率の100分の5以下であるため注記を省略しております。

 

30.8

 

(調整)

 

 

 

 

交際費等永久に損金に算入されない項目

 

3.1

 

 

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

 

△0.1

 

 

評価性引当額の増加

 

1.0

 

 

住民税均等割

 

2.3

 

 

税額控除

 

△3.0

 

 

その他

 

△1.4

 

 

税効果会計適用後の法人税等の負担率

 

32.8

 

 

(重要な後発事象)

該当事項はありません。

④【附属明細表】
【有形固定資産等明細表】

 

 

 

 

 

 

(単位:千円)

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期償却額

当期末残高

減価償却累計額

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

建物

5,857,292

69,053

676

311,113

5,614,555

8,015,348

構築物

436,058

9,733

66,520

379,271

1,495,158

機械及び装置

3,388,457

639,762

4,291

(2,520)

723,471

3,300,457

8,310,847

車両運搬具

60,987

30,535

48

39,311

52,162

282,390

工具、器具及び備品

253,025

220,190

29,490

(19,253)

261,277

182,448

3,117,030

土地

11,210,580

779

11,211,359

建設仮勘定

432,267

1,538,527

970,054

1,000,741

有形固定資産計

21,638,670

2,508,581

1,004,561

(21,773)

1,401,694

21,740,995

21,220,775

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

ソフトウエア

154,488

397,183

111,056

440,615

その他

6,283

216

51

6,448

無形固定資産計

160,771

397,399

111,107

447,063

(注)1.機械及び装置の当期増加額のうち、主なものは次の通りであります。

 

富岡工場生産設備

533,799

千円

2.建設仮勘定の当期増加額のうち、主なものは次の通りであります。

 

富岡工場第2倉庫

687,010

千円

 

富岡工場生産設備

286,720

千円

 

新製品金型

224,856

千円

3.「当期減少額」欄の( )内は内書きで、減損損失の計上額であります。

【引当金明細表】

 

 

 

 

(単位:千円)

科目

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

貸倒引当金

0

0

賞与引当金

250,000

253,765

250,000

253,765

役員退職慰労引当金

416,678

35,400

452,078

役員株式給付引当金

18,592

18,592

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略しております。

(3)【その他】

該当事項はありません。





出典: 株式会社稲葉製作所、2017-07-31 期 有価証券報告書