有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

提出会社の経営指標等

回次

第26期

第27期

第28期

第29期

第30期

決算年月

平成25年8月

平成26年8月

平成27年8月

平成28年8月

平成29年8月

売上高

(千円)

1,162,616

1,585,355

2,124,341

2,242,452

3,035,527

経常利益

(千円)

128,539

255,575

435,858

458,211

737,082

当期純利益

(千円)

81,877

302,529

559,587

363,493

538,716

持分法を適用した場合の投資利益

(千円)

資本金

(千円)

133,000

133,000

135,850

135,850

581,171

発行済株式総数

(株)

18,786

1,854,246

1,865,400

5,596,200

11,911,600

純資産額

(千円)

93,582

396,077

715,364

978,743

3,137,061

総資産額

(千円)

1,660,273

1,765,753

2,188,788

2,569,688

5,418,820

1株当たり純資産額

(円)

87.37

28.68

135.80

92.90

263.36

1株当たり配当額

(円)

36.00

15.00

10.00

(うち1株当たり中間配当額)

()

()

()

(7.00)

(4.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

46.93

57.80

106.32

34.50

50.74

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

33.30

40.95

81.69

自己資本比率

(%)

5.6

22.4

32.7

38.1

57.9

自己資本利益率

(%)

155.5

123.6

100.7

42.9

26.2

株価収益率

(倍)

20.22

6.83

6.15

10.34

24.90

配当性向

(%)

11.3

21.7

19.7

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

164,333

88,199

626,558

556,160

626,122

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

30,299

14,275

185,899

296,407

681,955

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

206,132

239,550

206,560

141,202

1,966,663

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

326,805

162,658

397,457

513,953

2,425,596

従業員数

(人)

70

68

74

76

85

(外、平均臨時雇用者数)

(16)

(20)

(37)

(50)

(60)

(注)1.当社は連結財務諸表を作成しておりませんので、連結会計年度に係る主要な経営指標等の推移については記載しておりません。

2.売上高には消費税等が含まれていません。

3.持分法を適用した場合の投資利益については、関連会社が存在しないため記載しておりません。

4.当社は、平成26年3月1日付で普通株式1株につき100株の株式分割を行っております。第26期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

5.当社は、平成27年9月1日付で普通株式1株につき3株の株式分割を行っております。第27期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額を算定しております。

6.当社は、平成29年3月1日付で普通株式1株につき2株の株式分割を行っております。第29期の期首に当該株式分割が行われたと仮定して1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額を算定しております。

また、第30期の1株当たり配当額の中間配当額は、当該株式分割実施後の1株当たり配当額に換算したものであります。

7.第29期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、希薄化効果を有している潜在株式が存在しないため記載しておりません。また、第30期の潜在株式調整後1株当たり当期純利益については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

8.第26期及び第27期の1株当たり配当額及び配当性向については、配当を行っていないため記載しておりません。

2【沿革】

年月

沿革

昭和40年4月

鹿児島県出水市において鉄工所を故前田務(元社長、元相談役)が個人で創業

昭和63年10月

個人経営の鉄工所をマルマヱ工業有限会社(現当社)に改組(出資金2,000千円)

平成4年(注)

オートバイ部品製造目的のT'sM'sR&D(現当社事業)を前田俊一(現代表取締役)が個人で創業

平成9年9月

T'sM'sR&Dの事業をマルマヱ工業有限会社が引継いでR&D(切削加工の研究開発)事業部を設置

平成13年4月

株式会社マルマエに商号及び組織変更(資本金10,000千円)

平成15年12月

鹿児島県出水郡高尾野町(現出水市)に本店移転、本社新工場竣工

平成16年12月

日本証券業協会によるグリーンシート銘柄に指定

平成17年12月

本社第2工場竣工

平成18年12月

東京証券取引所マザーズに株式を上場

平成19年2月

熊本事業所(熊本県菊池郡大津町)が稼動を開始

平成19年5月

経済産業省発表の2007年度版「元気なモノ作り中小企業300」に選定

平成20年3月

本社第4工場竣工

平成20年4月

関東事業所(埼玉県朝霞市)が稼動を開始

平成23年4月

熊本事業所の閉鎖

平成23年7月

事業再生ADR手続の成立

平成27年1月

事業再生ADR手続による事業再生計画の終結

平成27年6月

本社第5工場竣工

平成27年10月

本社第6工場竣工

平成28年11月

開発部の新設

平成29年1月

本社第7工場竣工

(注)個人事業部分については、月次の確定が困難なため月の記載を省略しております。

3【事業の内容】

(1)事業の内容

(事業の内容)

当社の事業の内容は、半導体・FPD(※1)等の製造装置に使用される真空チャンバーや電極等の真空部品の製造を行う精密部品事業の単一セグメントであります。

小型高精度機から国内最大クラスの門型5面加工機まで幅広い工作機械を駆使し、オートバイのレース用部品、発電所用蒸気タービン部品、防衛庁向け部品、医療装置部品、産業用ロボット部品、FPD製造装置関連部品、半導体製造装置関連部品及び太陽電池製造装置関連部品へ展開して参りました。現在は、主に半導体製造装置とFPD製造装置に使用されるチャンバーや電極等の真空パーツの製造が主力となっております。

当社の製造する半導体製造装置部品は、半導体チップを製造する工程のうち、CVD、エッチング、塗布、洗浄などの一般的に前工程と言われる工程で使用される真空パーツを製造しております。また、FPD製造装置関連部品は、液晶パネルを製造する工程のうち、CVD、スパッタ、エッチング、アッシング、塗布、貼り合わせなどの工程で使用される真空パーツが中心です。

当社は、半導体及びFPD製造装置の精密部品の中でも、要求品質が高く複雑な形状であることから高い参入障壁を持つ真空パーツへ取組み、受注拡大を狙っております。また、独創的な製造手法や継続的な生産性改善手法等を組み合わせた、独自の生産方式(マルマエ生産方式)によりコスト低減を続け、市場価格の低下に先回りした対応を行っております。

各種製造装置の部品製造には切削加工だけでなく、溶接加工、ガンドリル加工、組立、輸送など、さまざまな工程と設備、そしてノウハウが必要です。当社では、これら複数の工程を一貫受注できるよう生産設備を増強し、技術面でもお客様の満足を得られるモノづくりを進めております。この一貫受注により、輸送コストが安い上に納期コントロールがしやすく、仕様変更にも迅速に対応できるほか、製造履歴の管理が徹底できることで、少量多品種の部品製造業としては高度な品質管理を行っております。一貫受注は製造だけにとどまらず、自社で大型高精度部品輸送用のエアサス付大型トレーラーとトラックを所有し、低コストな高品位輸送と短納期に対応しております。

精密部品製造において、一般的には、切削加工のプログラミング担当と工作機械のオペレーション担当が分かれておりますが、当社では、主要な製造技術者に対し、オペレーションだけでなく、プログラマーとしての教育を行うことで量産品の試作やボリュームのある単品物についても短納期対応を可能としており、プログラマーの割合が多いことが当社の強みとなっております。また、当社のプログラマーはコンピュータで製図を行うCADやコンピューターでプログラミングを行うCAMなどITを活用できるデジタルな職人を多数育成し配備しております。

また、当社では、これまでのさまざまな分野での生産活動で培われたノウハウを基に、設計段階での構造提案やVE提案も行っております。アルミ素材の種類選択から、溶接構造、可動部品、熱変形、腐食など幅広い分野での提案が可能です。

当社の成長を支えてきた製造技術は、独創的技術力等の「強み」を持つことで、時間短縮を行ったり、他社が作り得ない製品の受注を可能とすることで受注を生み出してまいりました。

現在は、市場環境が良好に推移し引き合いも増加していることから、当社の試作能力及び生産キャパシティの拡大並びにさまざまな分野のモノづくりと切削技術の革新に努めております。

(製品分野)

①半導体製造装置関連部品

用途:半導体製造装置及び検査装置を構成する真空部品です。

特徴:おもに真空中で使用されるために気密性など高精度な仕上がりが要求されるほか、高温高電圧のプラズマ(※2)にさらされることから高い耐電圧性能が要求されます。また、半導体製造のプロセスは非常に繊細であるため、製品の安定度が重要な要素となっており、試作とプロセス評価に長い時間が掛かりながらも、一旦装置に採用されると長期間変更されずに受注が継続します。また、プラズマにさらされることから消耗も激しく、定期的に消耗品需要もあり、新規装置の需要が無い場合でも消耗品需要が見込めます。

②FPD製造装置関連部品

用途:液晶及び有機EL等の製造装置及び検査装置を構成する真空部品とその組み立てです。

特徴:チャンバーと呼ばれる耐真空容器や電極と呼ばれるチャンバー内蔵物を製造しております。これらの部品は部品サイズが3m以上と大きく、形状が複雑で非常に歪み易い割に、厳しい平面度や位置精度など高精度が要求されるアルミ等の金属製部品です。大きさは違いますが、半導体部品と同様にプラズマにさらされる環境で、耐電圧や安定性が求められる重要部品です。

③その他の分野

用途:スマートフォン筺体(ケース)の表面処理装置、太陽電池製造装置部品、オートバイのレース用部品、光学分野(カメラ・顕微鏡)・医療装置などの産業用装置部品などを製造しております。

特徴:各分野の最終製品を構成する部品の中でも、複雑な形状や高い平面度が必要であるなど歪みの少なさが要求される部品、あるいは溶接や表面処理を含む多工程が必要な部品などで、アルミほか各種金属製の部品です。

(生産拠点及び製造設備)

当社は、鹿児島県出水市及び埼玉県朝霞市に生産拠点があり、平成29年8月31日現在マシニングセンタ(※3)50台、NC旋盤(※4)16台及びその他8台の合計74台の切削機械装置を保有しております。

※1 FPD     ………Flat Panel Displayの略で薄型テレビの総称。

※2 プラズマ    ………高温高電圧の環境下で気体を構成する分子が電離し陽イオンと電子に別れて運動している状態であり、非常に高エネルギーで活性化している状態。活性化した状態を活かして金属の膜をエッチング(溶かして溝を掘る)するなどのプロセスを行います。

※3 マシニングセンタ………自動工具交換機能を持ち、回転する工具によって工作物を切削する工作機械。

※4 NC旋盤    ………旋盤は、回転している材料に刃物を当てて、円柱や円筒形状の部品を削る工作機械です。NC旋盤の"NC"とは、"Numerical Control(数値制御)"の略であり、数値制御によって操作される旋盤であります。

(2)事業系統図

当社事業の系統図は以下のとおりであります。

0101010_001.png

 

4【関係会社の状況】

該当事項はありません。

5【従業員の状況】

(1)提出会社の状況

当社は、精密部品事業のみの単一セグメントとなっております。そのため、セグメント区分別の従業員数は記載しておりません。

平成29年8月31日現在

 

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

85(60)

37.8

7.1

5,421

(注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数(嘱託社員、パートタイマー等を含みます。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

(2)労働組合の状況

労働組合は結成されておりませんが、労使関係は円満に推移しております。





出典: 株式会社マルマエ、2017-08-31 期 有価証券報告書