有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部 【企業情報】

 

第1 【企業の概況】

 

1 【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

 

回次

第88期

第89期

第90期

第91期

第92期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(千円)

13,545,342

14,423,385

15,187,824

16,579,674

15,635,409

経常利益

(千円)

1,134,803

1,400,418

1,336,695

1,609,478

1,413,216

親会社株主に帰属する
当期純利益

(千円)

661,070

804,527

828,254

965,113

919,233

包括利益

(千円)

662,326

807,257

836,479

957,078

924,630

純資産額

(千円)

10,540,765

11,311,012

12,101,230

13,012,047

13,806,334

総資産額

(千円)

12,991,110

13,975,489

14,700,280

16,625,194

16,779,120

1株当たり純資産額

(円)

22,784.93

24,449.90

26,158.04

28,126.85

30,095.55

1株当たり当期純利益
金額

(円)

1,409.50

1,739.07

1,790.36

2,086.19

1,988.30

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
金額

(円)

自己資本比率

(%)

81.1

80.9

82.3

78.3

82.3

自己資本利益率

(%)

6.5

7.4

7.1

7.7

6.9

株価収益率

(倍)

営業活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

842,190

582,126

161,886

2,581,324

976,624

投資活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

438,667

711,332

1,057,015

364,663

425,972

財務活動による
キャッシュ・フロー

(千円)

368,261

37,009

246,262

146,262

130,343

現金及び現金同等物の
期末残高

(千円)

4,519,778

4,357,202

2,896,292

4,966,574

5,384,183

従業員数

(名)

484

492

490

490

492

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

3  株価収益率については、非上場であるため記載しておりません。

 

 

(2) 提出会社の経営指標等

 

回次

第88期

第89期

第90期

第91期

第92期

決算年月

平成25年5月

平成26年5月

平成27年5月

平成28年5月

平成29年5月

売上高

(千円)

11,440,828

12,200,879

13,284,902

14,318,677

13,266,502

経常利益

(千円)

906,301

1,171,161

1,166,072

1,325,781

1,178,903

当期純利益

(千円)

536,980

677,569

733,708

816,975

783,770

資本金

(千円)

255,000

255,000

255,000

255,000

255,000

発行済株式総数

(株)

510,000

510,000

510,000

510,000

510,000

純資産額

(千円)

9,274,800

9,917,981

10,613,277

11,375,918

12,034,772

総資産額

(千円)

11,573,002

12,371,942

13,219,024

14,678,327

14,720,006

1株当たり純資産額

(円)

20,048.42

21,438.72

22,941.67

24,590.20

26,233.84

1株当たり配当額
(内1株当たり
中間配当額)

(円)

80.00

100.00

100.00

260.00

200

(—)

(—)

(—)

(—)

(—)

1株当たり当期純利益
金額

(円)

1,144.93

1,464.63

1,585.99

1,765.98

1,695.29

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益
金額

(円)

自己資本比率

(%)

80.1

80.2

80.3

77.5

81.8

自己資本利益率

(%)

5.9

7.1

7.1

7.4

6.7

株価収益率

(倍)

配当性向

(%)

6.89

6.83

6.31

14.72

11.71

従業員数

(名)

375

382

383

388

383

 

(注) 1  売上高には、消費税等は含まれておりません。

2  第88期の1株当たり配当額80円は、特別配当20円を含んでおります。

3  第89期の1株当たり配当額100円は、特別配当40円を含んでおります。

4  第90期の1株当たり配当額100円は、特別配当40円を含んでおります。

5 第91期の1株当たり配当額260円は、特別配当200円を含んでおります。

6 第92期の1株当たり配当額200円は、特別配当140円を含んでおります。

7  潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載しておりません。

8  株価収益率については、非上場であるため記載しておりません。

 

 

2 【沿革】

昭和17年7月

故大隈栄一氏の創業により、旭兵器製造株式会社を設立。

昭和20年10月

商号を旭大隈産業株式会社と変更し、繊維機械をはじめとする諸機械並びに紡毛糸、各種織物の製造販売に着手。

昭和33年4月

エアレス・スプレイ塗装装置の製造販売を開始。

昭和34年11月

冷間圧造機械の製造販売を開始。

昭和42年4月

繊維部門を閉鎖し、機械に専業。

昭和48年10月

事業部制発足、圧造機械事業部と塗装機械事業部を組織。

昭和50年2月

圧造機械のエンジニアリングサービスを主業務とする株式会社エーオーを全額出資で設立。

昭和50年4月

シカゴに駐在員事務所を開設。

昭和54年3月

静電塗装機の製造販売を主業務とするナカヤ産業株式会社を全額出資で設立。

昭和54年4月

塗装技術センターを開設。

昭和59年11月

ハイテク工業用機器・部品の貿易・販売を主業務とするマーキュリー・サプライ・システムス株式会社を設立。

昭和61年2月

圧造技術センターを開設。

昭和61年5月

米国現地法人Asahi America Corp.を全額出資で設立。

昭和61年6月

ドイツ・デュッセルドルフ市に駐在員事務所開設。

昭和63年12月

台湾台中市に支店(分公司)開設。

平成2年6月

ナカヤ産業株式会社を、塗装機械のエンジニアリングサービスを主業務とする株式会社サービスエースに改称。

平成3年5月

ドイツ現地法人A.O. Machinery Service GmbHを西華産業株式会社と折半出資で設立。

平成4年6月

商号を旭サナック株式会社と変更。(会社創立50周年)

平成8年3月

新事業開拓を目指してニューコンポーネント(NC)事業部発足。

平成10年1月

ISO9001認証取得。

平成12年11月

エア静電ハンドガンが米国の安全規格(FM規格)認証取得。

平成14年1月

粉体塗装機事業を買収。

平成14年2月

ISO14001認証取得。

平成16年2月

関東地区に情報通信を活用したCIC(Coating Information Center)を開設。

平成16年7月
平成16年12月
平成17年1月
平成18年5月
平成22年11月

平成25年9月

中国上海市に上海事務所を設立。
金型事業部を発足。
愛知県「愛知ブランド」の企業に認定。
経済産業省中小企業庁認定「元気なモノ作り中小企業300社」に選出。
中国現地法人 旭燦納克機械商貿(上海)有限公司を全額出資で設立。

タイ現地法人Asahi Sunac Machinery Service(Thailand) Co.,Ltdを西華産業株式会社と折半出資で設立。

 

 

 

3 【事業の内容】

当社グループは、当社、子会社5社、関連会社2社及びその他の関係会社1社で構成され、塗装機械、圧造機械、電子部品製造関連機械及び関連機器の製造販売を主な内容とし、更に各事業に関連する研究開発及びサービス等の事業活動を展開しています。

当社グループの主な事業の内容と当該事業における位置付け及びセグメントとの関連は、次のとおりであります。

なお、セグメントと同一の区分であります。

(1) 塗装機械関連

当社が製造販売するほか、子会社㈱サービスエースに対しては、当社が製造・販売する塗装システムの技術サービス及びメンテナンスを委託しています。

非連結子会社Asahi America Corp.(以下AACという)に対しては、同社が北米地域に販売する塗装機器を供給しています。

非連結子会社マーキュリー・サプライ・システムス㈱に対しては、国内外の機械製品及び部品の仕入れをしています。

非連結子会社旭燦納克機械商貿(上海)有限公司に対しては、当社が中国に販売した塗装システム機器の技術サービス及びメンテナンスを委託しています。

(2) 圧造機械関連

当社が製造販売するほか、子会社㈱エーオーに対しては、その製造する製品の一部を仕入れて販売し、また当社のユーザーに対するメンテナンスサービスを代行させています。一方、その製造に要する資材部品の一部を当社は㈱エーオーに供給しています。

非連結子会社AACに対しては、同社が当社の北米地域に販売した機械のアフターサービスを主たる業務としている関係上、技術サービス契約に基づくサービスの代行及びそのサービスに要する部品を供給し、AACがそれをユーザーに販売し、または修理受注に使用しています。

関連会社A.O. Machinery Service GmbHに対しては、欧州における当社製品の部品販売及び技術サービス、また関連会社Asahi Sunac Machinery Service(Thailand) Co.,Ltdに対しては東南アジアにおける当社製品の部品販売及び技術サービスをそれぞれ委託しています。

(3) 電子部品製造機械関連

当社固有の霧化技術と電子制御技術を核とした精密洗浄機及び精密コーティング装置の製造販売を主な内容とし、液晶パネルや半導体製造業界に納入をしております。

事業系統図は、次のとおりであります。


(注)  無印  連結子会社

※1  非連結子会社で持分法非適用会社

※2  関連会社で持分法非適用会社

※3  その他の関係会社

 

 

4 【関係会社の状況】

 

会社名

住所

資本金
(千円)

事業内容

議決権の所有
割合又は被所有割合(%)

関係内容

役員の
兼任等

営業上の取引

設備の賃貸借

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

 

㈱エーオー

愛知県尾張旭市

50,000

圧造機械の技術サービス

所有

100.00

 

 

兼任

3名

 

 

当社から資材・部品販売並びにサービスを委託
同社から製品及び部品を購入

当社が建物の一部を賃貸

㈱サービスエース

愛知県尾張旭市

50,000

塗装機械の技術サービス

所有

100.00

 

 

兼任

2名

 

 

当社から部品を販売並びにサービスを委託

当社が建物の一部を賃貸

(その他の関係会社)

 

 

 

 

 

 

 

日織㈱

名古屋市東区

34,000

不動産賃貸業

被所有

31.69

 

 

兼任

2名

 

 

なし

なし

 

(注) 1  上記子会社は特定子会社であります。

2  上記会社は有価証券届出書及び有価証券報告書を提出しておりません。

3  ㈱エーオーについては、売上高の連結売上高に占める割合が10%を超えております。

主な損益情報等  ①売上高           1,965,070千円

②経常利益             188,697〃

③当期純利益           124,819〃

④純資産額           1,338,157〃

⑤総資産額           1,536,869〃

 

5 【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成29年5月31日現在

セグメントの名称

従業員数(名)

塗装機械関連

244

圧造機械関連

180

電子部品製造機械関連

29

全社(共通)

39

合計

492

 

(注)  従業員数は、就業人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成29年5月31日現在

従業員数(名)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

383

39.8

16.2

5,636

 

(注) 1  従業員数は、就業人員であります。

2  平均年間給与(税込み)は、基準内及び基準外給与の平均額で、賞与を含んでおります。

 

セグメントの名称

従業員数(名)

塗装機械関連

203

圧造機械関連

112

電子部品製造機械関連

29

全社(共通)

39

合計

383

 

 

(3) 労働組合の状況

当社グループの労働組合は、JAM連合会旭サナック労働組合と称し、平成29年5月31日現在の組合加入者数は354名であります。思想は極めて穏健であり、毎月1回、労使協議会を開催し、労使の意思疎通を円滑ならしめ、労使相互信頼の基に常に協調裡に推移しております。

 





出典: 旭サナック株式会社、2017-05-31 期 有価証券報告書