有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

売上高

(百万円)

101,892

106,665

69,485

41,747

92,893

経常利益又は

経常損失(△)

(百万円)

18,779

21,830

6,118

△5,842

20,289

当期純利益又は

当期純損失(△)

(百万円)

11,467

12,953

1,001

△4,828

12,914

包括利益

(百万円)

11,541

純資産額

(百万円)

96,077

102,106

97,161

93,521

103,716

総資産額

(百万円)

130,481

134,396

123,657

121,048

135,477

1株当たり純資産額

(円)

1,965.13

2,088.56

1,987.55

1,913.16

2,121.78

1株当たり当期純利益金額又は当期純損失金額(△)

(円)

234.55

264.96

20.49

△98.78

264.19

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

73.6

76.0

78.6

77.3

76.6

自己資本利益率

(%)

12.6

13.1

1.0

△5.1

13.1

株価収益率

(倍)

8.2

7.8

39.0

7.1

営業活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

20,298

22,682

9,511

10,171

9,074

投資活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

△4,670

△6,421

△6,446

△2,915

△2,846

財務活動による

キャッシュ・フロー

(百万円)

△6,565

△3,711

2,732

△3,980

△6,347

現金及び現金同等物の

期末残高

(百万円)

32,245

43,256

48,561

51,327

50,181

従業員数

(ほか平均臨時雇用人員)

(人)

2,010

(310)

2,059

(291)

2,010

(266)

1,997

2,011

(224)

(注)1.売上高は消費税等を含んでおりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第64期の株価収益率につきましては、当期純損失を計上したため記載しておりません。

4.第64期の平均臨時雇用人員につきましては、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第61期

第62期

第63期

第64期

第65期

決算年月

平成19年3月

平成20年3月

平成21年3月

平成22年3月

平成23年3月

売上高

(百万円)

95,242

99,531

63,134

38,891

88,883

経常利益又は

経常損失(△)

(百万円)

17,019

19,181

4,671

△5,358

19,682

当期純利益又は

当期純損失(△)

(百万円)

9,946

11,236

273

△3,892

12,069

資本金

(百万円)

5,878

5,878

5,878

5,878

5,878

発行済株式総数

(株)

48,911,874

48,911,874

48,911,874

48,911,874

48,911,874

純資産額

(百万円)

78,383

84,896

79,756

77,765

88,442

総資産額

(百万円)

110,453

114,206

104,307

103,774

117,261

1株当たり純資産額

(円)

1,603.22

1,736.55

1,631.51

1,590.84

1,809.31

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

25.00

(12.50)

40.00

(20.00)

30.00

(20.00)

20.00

(10.00)

37.50

(17.50)

1株当たり当期純利益金額

又は当期純損失金額(△)

(円)

203.44

229.83

5.60

△79.63

246.90

潜在株式調整後

1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

71.0

74.3

76.5

74.9

75.4

自己資本利益率

(%)

13.4

13.8

0.3

△4.9

14.5

株価収益率

(倍)

9.4

9.0

142.9

7.6

配当性向

(%)

12.3

17.4

535.7

15.2

従業員数

(人)

1,621

1,671

1,628

1,635

1,621

(注)1.売上高は消費税等を含んでおりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.第64期の株価収益率及び配当性向につきましては、当期純損失を計上したため記載しておりません。

 

2【沿革】

昭和34年4月

名古屋市中川区昭和橋通において富士機械製造株式会社を設立。旋削機械、その他の工作機械の製造を開始。

昭和35年9月

東京営業所(現東京支店)を開設。

昭和36年3月

愛知県碧海郡知立町(現知立市)に工場を新設。

昭和36年6月

現在地に本社機構を移転。

昭和37年3月

大阪営業所(現大阪支店)を開設。

昭和37年10月

被合併会社である当社が株式額面1株の金額500円から50円に変更する目的をもって神奈川県足柄下郡の富士機械製造株式会社(昭和23年7月24日設立未開業)に吸収合併されたが事業の実体は被合併会社のものがそのまま継承されている。

昭和38年11月

広島営業所(現広島サービスステーション)を開設。

昭和39年5月

名古屋証券取引所市場第二部に上場。

昭和42年3月

「専用機」大型トランスファーラインを完成。

昭和43年3月

愛知県西加茂郡藤岡町(現豊田市)に藤岡工場を新設。

昭和45年4月

アメリカ・イリノイ州に現地法人フジ アメリカ コーポレイションを設立(現連結子会社)。

昭和46年6月

「自動組立機」を完成。

昭和46年9月

「NC自動旋盤」を完成。

昭和48年3月

名古屋市中川区(現在地 知立市)に株式会社アストロを設立(現連結子会社)。

昭和52年4月

愛知県岡崎市に株式会社マコト工業を設立(現連結子会社株式会社アドテック富士)。

昭和53年10月

「電子部品自動挿入機」を完成。

昭和54年10月

「NC専用機」を完成。

昭和56年7月

「電子部品自動装着機」を完成。

昭和61年4月

仙台出張所(現仙台営業所)を開設。

平成元年6月

愛知県岡崎市に岡崎工場を新設。

平成2年9月

名古屋証券取引所市場第一部銘柄に指定替え。

平成3年11月

ドイツ・フランクフルト(現在地 マインツカステル)に現地法人フジ マシン マニュファクチュアリング(ヨーロッパ)ゲーエムベーハーを設立(現連結子会社)。

平成4年11月

愛知県豊橋市に株式会社リンセイシステムを設立(現株式会社エデックリンセイシステム)。

平成6年6月

マレーシアに海外駐在事務所を開設。

平成6年10月

東京都品川区の株式会社エデックを買収(現株式会社エデックリンセイシステム)。

平成6年11月

アメリカ・イリノイ州に現地法人フジ マシン アメリカ コーポレイションを設立(現連結子会社)。

平成7年11月

ブラジル・サンパウロに現地法人フジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダを設立(現関連会社)。

平成9年3月

台湾に海外駐在事務所を開設。

平成15年4月

株式会社リンセイシステムと株式会社エデックは合併し、株式会社エデックリンセイシステムとなる(現連結子会社)。

平成19年11月

中国・上海に現地法人富社(上海)商貿有限公司を設立(現連結子会社)。

 

3【事業の内容】

当グループは、当社、子会社7社及び関連会社1社で構成され、電子部品組立機ならびに工作機械の製造販売を主業務として事業活動を展開しております。

当グループの事業に係わる位置づけとセグメントとの関連は次のとおりであります。

セグメントの名称

主な製品

主な会社

電子部品組立機

電子部品自動装着機

当社、㈱アドテック富士、㈱エデックリンセイシステム

フジ アメリカ コーポレイション

フジ マシン マニュファクチュアリング(ヨーロッパ)ゲーエムベーハー

富社(上海)商貿有限公司

フジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダ

工作機械

自動旋盤

専用機

当社、㈱アドテック富士、フジ マシン アメリカ コーポレイション

その他

制御機器

電子基板受託生産

ソフトウェア開発

㈱エデックリンセイシステム、㈱アストロ

 

事業系統図は次のとおりであります。

(注) ㈱アドテック富士は、平成23年4月1日付で㈱アストロを吸収合併いたしました。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は

出資金

主要な事業

の内容

議決権の所有

又は被所有

割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱アドテック富士

(注)2

(注)5

愛知県岡崎市

百万円

45

 

電子部品組立機

工作機械

100.0

(50.0)

当社製品の機械組立・改造修理

役員の兼任 2名

㈱エデックリンセイシステム

 

愛知県豊橋市

百万円

40

 

電子部品組立機

その他

100.0

当社製品の自動制御装置製造

電子基板の設計製造

ソフトウェア開発

役員の兼任 1名

㈱アストロ

(注)5

愛知県知立市

百万円

10

 

その他

100.0

当社の清掃及び福利厚生に関す

る業務 

フジ アメリカ

コーポレイション

 

米国イリノイ州

バーノンヒル

千米ドル

1,000

 

電子部品組立機

100.0

当社製品の販売

役員の兼任 1名

フジ マシン アメリカ

コーポレイション

(注)2

米国イリノイ州

バーノンヒル

千米ドル

1,000

 

工作機械

100.0

(100.0)

当社製品の販売

役員の兼任 1名

フジ マシン マニュファク

チュアリング(ヨーロッパ)

ゲーエムベーハー

(注)4

独国マインツカ

ステル

千ユーロ

1,022

 

電子部品組立機

100.0

当社製品の販売

役員の兼任 1名

富社(上海)商貿有限公司

 

中国上海

千元

12,737

 

電子部品組立機

100.0

当社製品のメンテナンス・アフ

ターサービス

役員の兼任 2名

(注)1.主要な事業の内容は、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有又は被所有割合の括弧内(内書)は間接所有であり、㈱アドテック富士は㈱アストロが、フジ マシン アメリカ コーポレイションはフジ アメリカ コーポレイションが所有しております。

3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4.フジ マシン マニュファクチュアリング(ヨーロッパ)ゲーエムベーハーは、連結売上高に占める売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の割合が10%を超えております。

主要な損益情報等     ① 売上高        9,410百万円

② 経常利益         642百万円

③ 当期純利益        494百万円

④ 純資産額       2,194百万円

⑤ 総資産額       5,522百万円

5.㈱アドテック富士は、平成23年4月1日付で㈱アストロを吸収合併いたしました。

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

セグメントの名称

従業員数(人)

電子部品組立機

1,491

(174)

工作機械

297

(12)

報告セグメント計

1,788

(186)

その他

60

(37)

全社(共通)

163

(1)

合計

2,011

(224)

(注)1.従業員数は、当グループから当グループ外への出向者を除き、当グループ外から当グループへの出向者を含む就業人員であります。

2.従業員数の括弧内(外書)は、臨時従業員の年間平均雇用人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,621

38.6

13.3

6,438

 

セグメントの名称

従業員数(人)

電子部品組立機

1,234

工作機械

224

報告セグメント計

1,458

全社(共通)

163

合計

1,621

(注) 従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、富士機械労働組合と称し、上部団体に加盟をしておりません。また、組合員数は1,368人で現在までの労使関係は極めて円満に推移しております。

なお、連結子会社には労働組合はありません。

 





出典: 富士機械製造株式会社、2011-03-31 期 有価証券報告書