有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

(1) 連結経営指標等

回次

第65期

第66期

第67期

第68期

第69期

決算年月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

売上高

(百万円)

92,893

86,249

64,349

65,565

85,265

経常利益

(百万円)

20,289

15,661

4,406

3,786

13,026

当期純利益

(百万円)

12,914

8,516

2,698

2,592

8,629

包括利益

(百万円)

11,541

8,731

6,333

6,873

14,138

純資産額

(百万円)

103,716

110,583

115,738

120,794

135,044

総資産額

(百万円)

135,477

133,902

131,089

135,942

153,890

1株当たり純資産額

(円)

2,121.78

1,131.15

1,183.90

1,235.64

1,379.19

1株当たり当期純利益金額

(円)

264.19

87.11

27.60

26.52

88.27

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

76.6

82.5

87.9

88.9

87.6

自己資本利益率

(%)

13.1

8.0

2.4

2.2

6.8

株価収益率

(倍)

7.1

9.5

27.9

34.2

15.5

営業活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

9,074

10,421

7,330

13,769

9,476

投資活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

2,846

4,758

7,371

7,885

5,463

財務活動によるキャッシュ・フロー

(百万円)

6,347

4,801

4,116

4,392

2,004

現金及び現金同等物の期末残高

(百万円)

50,181

50,865

47,877

50,658

54,207

従業員数

(人)

2,011

1,985

2,013

2,027

2,104

(ほか平均臨時雇用人員)

(224)

(207)

()

()

()

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.平成25年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。そのため、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額につきましては、当該株式分割が第66期の期首に行なわれたと仮定して算定しております。

4.第67期、第68期、第69期の平均臨時雇用人員につきましては、従業員数の100分の10未満であるため記載を省略しております。

 

(2) 提出会社の経営指標等

回次

第65期

第66期

第67期

第68期

第69期

決算年月

平成23年3月

平成24年3月

平成25年3月

平成26年3月

平成27年3月

売上高

(百万円)

88,883

80,194

59,776

60,234

78,855

経常利益

(百万円)

19,682

14,230

4,031

3,501

12,300

当期純利益

(百万円)

12,069

7,506

2,607

2,485

8,138

資本金

(百万円)

5,878

5,878

5,878

5,878

5,878

発行済株式総数

(株)

48,911,874

48,911,874

97,823,748

97,823,748

97,823,748

純資産額

(百万円)

88,442

94,410

97,189

100,523

111,434

総資産額

(百万円)

117,261

115,709

111,053

114,427

127,938

1株当たり純資産額

(円)

1,809.31

965.72

994.16

1,028.29

1,139.91

1株当たり配当額

(円)

37.50

35.00

22.50

16.00

28.00

(うち1株当たり中間配当額)

(17.50)

(20.00)

(17.50)

(10.00)

(8.00)

1株当たり当期純利益金額

(円)

246.90

76.78

26.67

25.42

83.26

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

75.4

81.6

87.5

87.8

87.1

自己資本利益率

(%)

14.5

8.2

2.7

2.5

7.7

株価収益率

(倍)

7.6

10.8

28.8

35.7

16.4

配当性向

(%)

15.2

22.8

51.5

62.9

33.6

従業員数

(人)

1,621

1,601

1,617

1,605

1,597

(注)1.売上高には消費税等は含まれておりません。

2.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額につきましては潜在株式が存在しないため記載しておりません。

3.平成25年1月1日付で普通株式1株につき2株の割合で株式分割を実施しております。そのため、1株当たり純資産額及び1株当たり当期純利益金額につきましては、当該株式分割が第66期の期首に行なわれたと仮定して算定しております。また、第67期の中間配当額17円50銭については株式分割前、期末の配当額5円については株式分割後の金額になっております。したがって、株式分割前から1株所有している場合の1株当たりの年間配当額は27円50銭相当となり、株式分割後換算の年間配当額は13円75銭相当となります。また、配当性向につきましては、第67期の期首に当該株式分割が行なわれたと仮定して算定しております。

4.第68期の1株当たり中間配当額には、東京証券取引所市場第一部上場記念配当4円を含んでおります。

5.第69期の1株当たり配当額には、創立55周年記念配当4円を含んでおります。

 

2【沿革】

昭和34年4月

名古屋市中川区昭和橋通において富士機械製造株式会社を設立。旋削機械、その他の工作機械の製造を開始。

昭和35年9月

東京営業所(現東京支店)を開設。

昭和36年3月

愛知県碧海郡知立町(現知立市)に工場を新設。

昭和36年6月

現在地に本社機構を移転。

昭和37年3月

大阪営業所(現大阪支店)を開設。

昭和37年10月

被合併会社である当社が株式額面1株の金額500円から50円に変更する目的をもって神奈川県足柄下郡の富士機械製造株式会社(昭和23年7月24日設立未開業)に吸収合併されたが事業の実体は被合併会社のものがそのまま継承されている。

昭和39年5月

名古屋証券取引所市場第二部に上場。

昭和42年3月

「専用機」大型トランスファーラインを完成。

昭和43年3月

愛知県西加茂郡藤岡町(現豊田市)に藤岡工場を新設。

昭和45年4月

アメリカ・イリノイ州に現地法人フジ アメリカ コーポレイションを設立(現連結子会社)。

昭和46年6月

「自動組立機」を完成。

昭和46年9月

「NC自動旋盤」を完成。

昭和48年3月

名古屋市中川区(現在地 知立市)に株式会社アストロを設立(現株式会社アドテック富士)。

昭和52年4月

愛知県岡崎市に株式会社マコト工業を設立(現株式会社アドテック富士)。

昭和53年10月

「電子部品自動挿入機」を完成。

昭和54年10月

「NC専用機」を完成。

昭和56年7月

「電子部品自動装着機」を完成。

昭和61年4月

仙台出張所(現仙台営業所)を開設。

平成元年6月

愛知県岡崎市に岡崎工場を新設。

平成2年9月

名古屋証券取引所市場第一部銘柄に指定替え。

平成3年11月

ドイツ・フランクフルト(現在地 マインツカステル)に現地法人フジ マシン マニュファクチュアリング(ヨーロッパ)ゲーエムベーハーを設立(現連結子会社)。

平成4年11月

愛知県豊橋市に株式会社リンセイシステムを設立(現株式会社エデックリンセイシステム)。

平成6年10月

東京都品川区の株式会社エデックを買収(現株式会社エデックリンセイシステム)。

平成6年11月

アメリカ・イリノイ州に現地法人フジ マシン アメリカ コーポレイションを設立(現連結子会社)。

平成7年11月

ブラジル・サンパウロに現地法人フジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダを設立(現連結子会社)。

平成15年4月

株式会社リンセイシステムと株式会社エデックが合併し、株式会社エデックリンセイシステムとなる(現連結子会社)。

平成19年11月

中国・上海に現地法人富社(上海)商貿有限公司を設立(現連結子会社)。

平成23年4月

株式会社アドテック富士と株式会社アストロが合併し、株式会社アドテック富士となる(現連結子会社)。

平成24年1月

中国・昆山に昆山之富士機械製造有限公司を設立(現連結子会社)。

平成25年6月

東京証券取引所市場第一部に上場。

 

3【事業の内容】

当グループは、当社及び子会社8社で構成され、電子部品組立機ならびに工作機械の製造販売を主業務として事業活動を展開しております。

当グループの事業に係わる位置づけとセグメントとの関連は次のとおりであります。

セグメントの名称

主な製品

主な会社

電子部品組立機

電子部品自動装着機

当社、㈱アドテック富士、㈱エデックリンセイシステム

フジ アメリカ コーポレイション

フジ マシン マニュファクチュアリング(ヨーロッパ)ゲーエムベーハー

富社(上海)商貿有限公司

昆山之富士機械製造有限公司

フジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダ

工作機械

自動旋盤

専用機

当社、㈱アドテック富士

フジ マシン アメリカ コーポレイション

昆山之富士機械製造有限公司

その他

制御機器

電子基板設計製造

ソフトウェア開発

㈱アドテック富士、㈱エデックリンセイシステム

 

事業系統図は次のとおりであります。

0101010_001.png

(注)前連結会計年度において持分法非適用関連会社であったフジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダの出資金を平成26年8月に追加取得したことに伴い、当連結会計年度より、連結子会社として連結の範囲に含めております。

 

4【関係会社の状況】

名称

住所

資本金又は

出資金

主要な事業

の内容

議決権の所有

又は被所有

割合(%)

関係内容

(連結子会社)

 

 

 

 

 

 

㈱アドテック富士

 

愛知県岡崎市

百万円

45

 

電子部品組立機

工作機械

その他

100.0

当社製品の機械組立・改造修理

役員の兼任 1名

㈱エデックリンセイシステム

 

愛知県豊橋市

百万円

40

 

電子部品組立機

その他

100.0

当社製品の自動制御装置製造

電子基板の設計製造

ソフトウェア開発

フジ アメリカ

コーポレイション

(注)5

米国イリノイ州

バーノンヒル

千米ドル

1,000

 

電子部品組立機

100.0

当社製品の販売

フジ マシン アメリカ

コーポレイション

(注)2

米国イリノイ州

バーノンヒル

千米ドル

1,000

 

工作機械

100.0

(100.0)

当社製品の販売

役員の兼任 1名

フジ マシン マニュファク

チュアリング(ヨーロッパ)

ゲーエムベーハー

 

独国マインツカ

ステル

千ユーロ

1,022

 

電子部品組立機

100.0

当社製品の販売

富社(上海)商貿有限公司

 

中国上海

千元

12,737

 

電子部品組立機

100.0

当社製品のメンテナンス・アフ

ターサービス

昆山之富士機械製造有限公司

(注)4

中国昆山

千元

94,291

 

電子部品組立機

工作機械

100.0

当社製品の製造・販売

役員の兼任 1名

資金援助あり

フジ ド ブラジル マキナス

インダストリアイス

リミターダ

(注)6

ブラジル国サンパウロ州サンパウロ

千伯レアル

6,052

 

電子部品組立機

60.0

当社製品の販売

(注)1.主要な事業の内容は、セグメントの名称を記載しております。

2.議決権の所有又は被所有割合の括弧内(内書)は間接所有であり、フジ マシン アメリカ コーポレイションはフジ アメリカ コーポレイションが所有しております。

3.有価証券届出書又は有価証券報告書を提出している会社はありません。

4.特定子会社であります。

5.フジ アメリカ コーポレイションは、連結売上高に占める売上高(連結会社相互間の内部売上高を除く)の割合が10%を超えております。

主要な損益情報等     ① 売上高              11,819百万円

② 経常利益               524百万円

③ 当期純利益             310百万円

④ 純資産額            15,608百万円

⑤ 総資産額            18,606百万円

6.前連結会計年度において持分法非適用関連会社であったフジ ド ブラジル マキナス インダストリアイス リミターダの出資金を平成26年8月に追加取得したことに伴い、当連結会計年度より、連結子会社として連結の範囲に含めております。

 

5【従業員の状況】

(1) 連結会社の状況

平成27年3月31日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

電子部品組立機

1,481

工作機械

408

報告セグメント計

1,889

その他

68

全社(共通)

147

合計

2,104

(注) 従業員数は、当グループから当グループ外への出向者を除き、当グループ外から当グループへの出向者を含む就業人員であります。

 

(2) 提出会社の状況

平成27年3月31日現在

従業員数(人)

平均年齢(歳)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(千円)

1,597

40.6

15.4

6,622

 

セグメントの名称

従業員数(人)

電子部品組立機

1,171

工作機械

279

報告セグメント計

1,450

全社(共通)

147

合計

1,597

(注)1.従業員数は、当社から他社への出向者を除き、他社から当社への出向者を含む就業人員であります。

2.平均年間給与は、賞与及び基準外賃金を含んでおります。

 

(3) 労働組合の状況

当社の労働組合は、富士機械労働組合と称し、上部団体に加盟をしておりません。また、組合員数は1,378人で現在までの労使関係は極めて円満に推移しております。

また、上記のほか、一部海外連結子会社は労働組合を結成し、労使関係は概ね良好であります。

 





出典: 富士機械製造株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書