有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第2【事業の状況】

1【業績等の概要】

(1) 業績の状況

当連結会計年度におけるわが国の経済は、消費税増税の影響から個人消費が停滞したものの、経済政策や金融緩和を背景に企業収益の改善が進み、景気は総じて回復基調で推移しました。世界経済におきましては、欧州では景況の不透明感から足踏み傾向が続きましたが、北米経済は個人消費に支えられ堅調に推移し、中国経済も減速感はあるものの成長基調を維持しました。

このような環境のなかで、当グループは、スピード経営を推進し、市場ニーズに対応した競争力の高い製品開発に取り組むとともに、次世代製品や革新的製品の迅速な開発を推進してまいりました。また、グループ会社間の連携及び代理店網の拡充による国内外の販売・サービス体制の強化やソリューション営業の推進により顧客満足度の向上に努めるとともに、生産改革による徹底したQCD(品質・コスト・納期)の追求に取り組み、世界最適地調達をはじめとするサプライチェーンの強化等により、収益性の向上を目指してまいりました。

以上の結果、当連結会計年度における売上高は85,265百万円となり、前連結会計年度と比べて19,699百万円(30.0%)増加いたしました。また、営業利益は12,066百万円(前期比298.5%増)、経常利益は13,026百万円(前期比244.0%増)、当期純利益は8,629百万円(前期比232.8%増)となりました

また、平成26年7月には工作機械の新製品モジュール型生産設備DLFnが第44回機械工業デザイン賞において「日本力(にっぽんぶらんど)賞」を受賞し、10月には、電子部品組立機の主力製品モジュール型高速多機能装着機NXTⅢが第6回ロボット大賞「経済産業大臣賞」を受賞いたしました。

 

セグメントの業績は、次のとおりであります。

 

電子部品組立機

スマートフォン等の携帯端末、車載関連基板及び産業用機器基板等に向けた新規設備投資需要が年間を通じて堅調に推移したことにより、主力製品のNXTⅢやAIMEXシリーズが売上を伸ばし、当セグメントの売上高は73,584百万円となり、前連結会計年度と比べて18,839百万円(34.4%)増加し、営業利益は15,223百万円(前期比168.1%増)となりました。

 

工作機械

工作機械の設備投資需要は自動車業界を中心に堅調に推移し、当セグメントの売上高は10,756百万円となり、前連結会計年度と比べて480百万円(4.7%)増加いたしましたが、新製品投入に伴うコスト負担の増加等により、営業損益は203百万円の損失(前期:営業利益27百万円)となりました。

 

その他

制御機器製造、電子基板設計製造、ソフトウェア開発等のその他事業の売上高は924百万円となり、前連結会計年度と比べて379百万円(69.6%)増加いたしましたが、営業損益は97百万円の損失(前期:営業損失171百万円)となりました。

 

(2) キャッシュ・フローの状況

当連結会計年度末における現金及び現金同等物の残高は、前連結会計年度末と比べて3,548百万円(7.0%)増加し54,207百万円となりました。

当連結会計年度における各キャッシュ・フローの状況とそれらの要因は次のとおりであります。

(営業活動によるキャッシュ・フロー)

営業活動によるキャッシュ・フローは、9,476百万円の収入(前期:13,769百万円の収入)となりました。これは主に税金等調整前当期純利益や減価償却費等によるものであります。

(投資活動によるキャッシュ・フロー)

投資活動によるキャッシュ・フローは、5,463百万円の支出(前期:7,885百万円の支出)となりました。これは主に有形及び無形固定資産の取得による支出等によるものであります。

(財務活動によるキャッシュ・フロー)

財務活動によるキャッシュ・フローは、2,004百万円の支出(前期:4,392百万円の支出)となりました。これは主に配当金の支払額によるものであります。

 

2【生産、受注及び販売の状況】

(1) 生産実績

当連結会計年度における生産実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

生産高(百万円)

前期比(%)

電子部品組立機

77,984

41.8

工作機械

13,631

31.5

報告セグメント計

91,616

40.1

その他

1,020

98.0

合計

92,636

40.6

(注) 金額は販売価格であり、消費税等を含んでおりません。

 

(2) 受注実績

当連結会計年度における受注実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

受注高(百万円)

前期比(%)

受注残高(百万円)

前期比(%)

電子部品組立機

75,627

31.2

11,688

21.2

工作機械

15,361

53.6

8,417

120.8

報告セグメント計

90,988

34.5

20,106

49.4

その他

1,030

66.4

235

82.1

合計

92,019

34.8

20,341

49.7

(注) 金額は消費税等を含んでおりません。

 

(3) 販売実績

当連結会計年度における販売実績をセグメントごとに示すと、次のとおりであります。

セグメントの名称

販売高(百万円)

前期比(%)

電子部品組立機

73,584

34.4

工作機械

10,756

4.7

報告セグメント計

84,340

29.7

その他

924

69.6

合計

85,265

30.0

(注)1.主な相手先別の販売実績及び当該販売実績の総販売実績に対する割合

相手先

前連結会計年度

当連結会計年度

販売高(百万円)

割合(%)

販売高(百万円)

割合(%)

アメリカンテック カンパニーリミテッド(中国)

8,830

13.5

14,046

16.5

 

2.金額は消費税等を含んでおりません。

 

3【対処すべき課題】

(1) 当グループの現状の認識について

今後の経営環境は、米国をはじめとして景気は緩やかな拡大基調を維持していくものの、欧州経済での足踏み傾向、中国経済の減速感は依然続くものと思われます。わが国の経済におきましては、景気は緩やかな拡大基調を維持するものと見込まれ、企業収益の改善等を背景に、設備投資は底堅く推移していくものと予想されます。

電子部品組立機事業におきましては、車載関連基板や産業用機器基板向けの新規設備投資需要は安定的に推移するものと思われますが、スマートフォン等の携帯端末分野ではこれまでの積極的な投資の反動等が懸念され、先行きに不透明感が見られます。

工作機械事業におきましては、省エネ技術をはじめとする自動車業界の設備投資需要は世界的に堅調に推移するものと見込まれ、わが国におきましても、低金利等の良好な投資環境を踏まえて、合理化・省力化を中心とした設備投資需要が続くものと思われます。

 

(2) 当面の対処すべき課題の内容

当グループは、製品開発における高付加価値化及び開発スピードの向上、さらに主要マーケットにおける価格競争の熾烈化及びユーザーの生産拠点の移転等への迅速な対応を当面の対処すべき課題として位置付けております。

 

(3) 対処方針

当グループはこのような状況下におきまして、世界有数のロボットメーカーとして、スピード経営の推進に努め、早く知り、早く手を打つことで、市場ニーズに対応し、かつ価格競争力の高い製品開発を推進し、より一層お客様に感動を与えられる製品を市場投入してまいります。

また、グループ会社間のものづくりの連携強化、他社を凌駕する品質及びサービスの徹底、ならびに世界最適地調達の強化によるコスト削減を図り、収益性のさらなる向上に努めてまいります

さらに、変革にチャレンジし、グループ全体の経営管理体制の強化及び構造改革の推進により企業体質の強化に取り組むとともに、コンプライアンスの徹底や社会貢献活動への積極的な参画等、広く社会の信頼におこたえし、企業価値の持続的向上に努めてまいります。

 

(4) 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針

① 当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者の在り方に関する基本方針の内容

当社は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者は、当社の事業特性と企業価値の源泉を十分に理解し、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させることを可能とする者である必要があると考えております。

もとより当社は、大量の株式買付行為であっても、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益に資するものであれば、これを一概に否定するものではありません。また、株式会社の支配権の移転を伴う大量の株式買付行為の提案に応じるか否かの判断は、当該株式会社の株主の皆様全体の意思に基づき行われるべきものと考えております。

しかしながら、大量の株式買付行為の中には、その目的から見て企業価値・株主共同の利益に対する明白な侵害をもたらすもの、株主に株式の売却を事実上強要するおそれのあるもの、対象会社の取締役会や株主が買付けの条件・方法等について検討し、あるいは対象会社の取締役会が代替案を提示するための十分な時間や情報を提供しないもの等、対象会社の企業価値・株主共同の利益に反するものも少なくありません。

当社は、このような大量の株式買付行為を行う者は、当社の財務及び事業の方針の決定を支配する者として不適切であり、このような者による大量の株式買付行為に対しては、必要かつ相当な対抗措置をとることにより、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保する必要があると考えております。

 

② 基本方針の実現に資する取組み

(イ) 企業価値向上への取組み

当グループは、「我々は需要家の信頼に応え、たゆまぬ研究開発に努め、最高の技術を提供する」との社訓をもとに、経営の基本理念を掲げ、株主、顧客、取引先及び社員にとって、より高い企業価値の創造に努めております。当グループの基本理念は下記のとおりです。

ⅰ 職務遂行の全ての場面において、法令・社会規範・定款・社内規則を遵守します。
ⅱ たゆまぬ技術開発と品質向上で、より便利で快適な社会づくりに貢献する商品・サービスを提供します。
ⅲ 個人を尊重し、強いチームワークを育む明るい職場をつくります。
ⅳ グローバルで革新的な経営により、未来への新たな事業フィールドを拓きます。
ⅴ 地球環境の保護が人類共通のテーマと認識し環境に配慮した企業活動を行います。

当グループは、1959年の創業以来、「電子部品組立機」「工作機械」等の産業用機械装置メーカーとして、世界の携帯電話・PC等のデジタル機器メーカーならびに自動車メーカー等に最高の技術とサービスを提供してまいりました。近年、技術革新の進展に伴う顧客要求の多様化や市場のグローバル化、さらには価格競争の激化や設備投資需要の変動等、事業環境が厳しさを増すなかで、当グループは、市場競争を勝ち抜くためのコストの低減、営業・サービス体制の強化、開発・製造プロセスの改革を推進し、顧客ニーズに対応したリーディングエッジ製品の継続的な市場投入により競合他社との差別化を図り、収益性の向上及び安定化に向けた事業構造改革に取り組んでまいりました。

当グループは、中長期経営戦略として、事業環境や市場要求の変化に迅速かつ柔軟に対応し、信頼される確かな技術・品質に基づいた高付加価値製品を顧客に継続的に供給するため、さらなる製品競争力の向上に取り組み、収益性の向上及び安定化を目指してまいります。具体的な重点施策は下記のとおりです。

ⅰ 研究開発力の強化

ⅱ コスト競争力の強化

ⅲ マーケティング・販売力の強化

ⅳ 人材の育成と活用

ⅴ コーポレート・ガバナンスの強化

以上の戦略を中期的な施策として掲げ、社会環境や安全性に十分配慮し、当グループ一丸となって実行していくことが当社の企業業績の向上、また当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益の向上につながり、基本方針の実現に資するものと考えております。

 

(ロ) コーポレート・ガバナンスの取組み

当グループは、株主、顧客、取引先及び社員にとってより高い企業価値の創造に努めることを最重要課題と認識し、経営環境の変化に迅速かつ的確に対応できる組織体制と公正かつ透明性のある経営システムの構築・充実ならびにリスク・コンプライアンス体制の強化を図ることに努めております。

その実現のために、「第4 提出会社の状況 6 コーポレート・ガバナンスの状況等」に記載の基本方針を定め、かかる基本方針に基づき、同項に記載のとおりの施策を実施しております。

 

③ 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組み

当社は、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させることを目的として、平成20年6月27日開催の当社第62期定時株主総会において当社株券等の大規模買付行為等に関する対応方針(買収防衛策)を導入いたしました。その有効期間の満了に伴い、平成26年5月8日開催の取締役会において、本対応方針の継続を決議し、同年6月27日開催の第68期定時株主総会において、株主の皆様よりご承認をいただき、内容の一部を変更し、更新しております。

当社株式等の大規模買付行為に関する対応方針(以下「本対応方針」といいます。)は、上記①に記載した基本方針に沿って、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させる目的を持って継続されるものです。

当社取締役会は、大量の当社株式の買付行為が行われる場合に、当該買付行為が不適切な買付行為でないかどうかを株主の皆様がご判断するために必要な情報や時間を確保し、当社取締役会が株主の皆様のために買付者と交渉を行うこと等を可能とすることにより、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益に反する買付行為を抑止するための枠組みが引き続き必要であるとの結論に至りました。

その概要は以下のとおりです。

 

(イ) 本対応方針に係る手続きの設定

本対応方針は、(a)当社が発行者である株券等の保有者ならびに(b)当社が発行者である株券等の買付け等を行う者及びその特別関係者の議決権割合を20%以上とすることを目的とする当社株式等の買付行為、又は結果として議決権割合が20%以上となるような当社株式等の買付行為(以下「大規模買付行為」といいます。)を行い、又は行おうとする者(以下「大規模買付者」といいます。)に対して、当該大規模買付行為に関する必要な情報の事前の提供及びその内容の評価・検討等に必要な期間の確保を求めるために、当社株式等の大規模買付行為に関するルール(以下「大規模買付ルール」といいます。)を設定し、大規模買付者に対して大規模買付ルールの遵守を求めます。そして、大規模買付者がこの大規模買付ルールを遵守しない場合、あるいは遵守した場合でも、大規模買付行為が当社に回復し難い損害をもたらす場合等、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を著しく損なうものであると明白に認められるときに当社取締役会として対抗措置を行っていくための手続きを定めております

 

(ロ) 新株予約権無償割当てによる対抗措置

当社が本対応方針に基づき発動する大規模買付行為に対する対抗措置としては、新株予約権(以下「本新株予約権」といいます。)の無償割当てを行うものといたします

 

(ハ) 独立委員会の設置

大規模買付ルールを遵守して一連の手続が進行されたか否か、及び大規模買付ルールが遵守された場合に当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、又は向上させるために必要かつ相当と考えられる対抗措置を講じるか否かにつきましては、当社取締役会が最終的な判断を行いますが、その判断の合理性及び公正性を担保するために、当社は、独立委員会規則に従い、当社取締役会から独立した組織として、独立委員会を設置し、その勧告を最大限尊重するものといたします。独立委員会は、当社の業務執行を行う経営陣から独立した、社外取締役、社外監査役又は社外有識者(弁護士、税理士若しくは公認会計士等の専門家、学識経験者、投資銀行業務に精通する者、又は、取締役、執行役若しくは監査役として経験のある社外者等のいずれかに該当する者をいいます。)の中から、当社取締役会が選任する3名以上の委員から構成されるものといたします

 

(ニ) 本対応方針の有効期間、継続及び変更について

本対応方針の有効期間は、平成29年6月開催予定の当社第71期定時株主総会終結の時までといたします

ただし、本対応方針の有効期間の満了前であっても、当社株主総会において本対応方針を廃止又は変更する旨の決議が行われた場合、又は当社取締役会において本対応方針を廃止又は変更する旨の決議が行われた場合には、本対応方針はその時点で廃止又は変更されるものとし、当社取締役会はその旨を速やかに公表いたします

 

(ホ) 株主及び投資家の皆様に与える影響

本対応方針継続時には、対抗措置の発動は行われません。従って、本対応方針がその継続時に株主及び投資家の皆様の有する当社株式に係る法的権利及び経済的利益に対して直接具体的な影響を与えることはありません。また、当社取締役会が対抗措置の発動を決定し、新株予約権無償割当ての決議を行った場合は、別途定められる基準日における最終の株主名簿に記録された株主の皆様に対し、その保有する株式1株につき1個以上で当社取締役会が別途定める数の割合で、別途定められる効力発生日において、本新株予約権が無償にて割り当てられます。このような対抗措置の仕組み上、本新株予約権の無償割当て時においても株主及び投資家の皆様が保有する当社株式1株当たりの経済的価値の希釈化は生じるものの、保有する当社株式全体の経済的価値の希釈化は生じず、また当社株式1株当たりの議決権の希釈化は生じないことから、株主及び投資家の皆様の有する当社株式全体に係る法的権利及び経済的利益に対して直接具体的な影響を与えることは想定しておりません

なお、対抗措置として本新株予約権の無償割当てを実施することを決議した場合であっても、本新株予約権の無償割当てを受けるべき株主が確定した後において、当社が本新株予約権の無償割当てを中止し、又は、無償割当てされた本新株予約権を無償取得する場合には、結果として1株当たりの経済的価値の希釈化は生じないことから、当社株式1株当たりの経済的価値の希釈化が生じることを前提にして当社株式の売買を行った株主及び投資家の皆様は、株価の変動により損害を被る可能性があります

 

④ 上記②・③の各取組みに関する当社取締役会の判断及びその判断に係る理由

当社取締役会は、本対応方針が、以下の理由により、上記①の基本方針に沿うものであり、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、また当社役員の地位の維持を目的とするものでもないと考えております

 

(イ) 基本方針の実現に資する取組み(上記②)は、当社の企業価値・株主の皆様の共同の利益を確保し、向上させるための具体的方策として策定されたものであり、まさに基本方針の実現に資するものであること

 

(ロ) 基本方針に照らして不適切な者によって当社の財務及び事業の方針の決定が支配されることを防止するための取組み(上記③)について、当該取組みが基本方針に沿うものであること。また、当社の株主の皆様の共同の利益を損なうものではなく、また当社役員の地位の維持を目的とするものではないこと

 

(ハ) 買収防衛策に関する指針の要件を充足していること

 

(ニ) 株主意思を重視するものであること

 

(ホ) 独立性の高い社外者の判断を重視していること。

 

(ヘ) 合理的かつ客観的な対抗措置発動要件を設定していること。

 

(ト) 外部専門家の意見を取得すること。

 

(チ) デッドハンド型やスローハンド型の買収防衛策ではないこと。

 

4【事業等のリスク】

当グループの財政状態、経営成績等に重要な影響を及ぼす可能性のある主なリスクには以下のようなものがあります。

なお、文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当グループが判断したものであります。

 

(1) 市場環境の変動による影響

当グループの主力製品である電子部品組立機は、携帯端末・PC等を中心とした電子機器の販売動向に影響を受けて需要が変動します。また、工作機械は主要顧客である自動車業界の設備投資動向に影響を受けて需要が変動します。これら需要の変動が、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(2) 価格競争による影響

当グループの製品は、顧客が製造する電子機器や自動車等の市場価格の下落に伴う設備調達コスト低減要求を受け、競合他社との価格競争により販売価格の低下等が生じ、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(3) 為替変動による影響

当グループは、顧客メーカーの積極的な海外展開、特に中国をはじめとするアジア地域への製造拠点の集中化に伴い、海外への売上高が大きな比率を占めてきております。当グループの輸出取引は為替リスクを回避するため邦貨建て取引を基本としておりますが、為替変動の影響を受け海外の競合他社に比べ価格競争力が低下することにより、業績に影響を及ぼす可能性があります。なお、海外連結子会社(アメリカ・ドイツ・中国)との取引については外貨建て取引を原則としており、急激な為替変動によって業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 技術開発による影響

当グループは、顧客の要求を捉え、積極的な開発投資と技術開発活動を継続的に実施しております。しかしながら、顧客要求の高度化や技術革新による開発技術の陳腐化や新製品投入タイミングのずれ等による機会損失が生じ、業績に影響を及ぼす可能性があります。

また、当グループは、ISO9001を取得し、品質保証体制及び顧客満足に資するサービスサポート体制の強化に努めております。しかしながら、当グループの製品は先端技術を駆使し、新たな分野の開発技術も多く採用していることから予期せぬ不具合が発生し、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(5) 特定地域の売上高比率増加・依存による影響

当グループの売上高は、電子機器製造拠点の中国集中化に伴い中国市場向けの比率が高まっております。このため、中国の政治・経済等の変化が業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(6) 部材等の調達による影響

当グループの製品を構成する鋼材・鋳物・電気材料等、主要部材の市場価格の上昇が業績に影響を及ぼす可能性があります。また、一部の部材については需要集中等により調達に支障をきたし生産体制が不安定となり、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(7) 大規模災害による影響

当グループの生産拠点は愛知県内に集中しております。当該地域において大規模災害が発生した場合には、生産設備の破損や物流機能の停止等により生産・納入活動が停止し、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(8) 知的財産権による影響

当グループが開発・生産している製品について、特許権・商標権等の取得とその保護に努めておりますが、保有する知的財産権を不正に使用した第三者による類似製品等の製造・販売を完全には防止できない可能性があります。また、当グループの製品開発時には第三者の知的財産権を侵害しないように細心の注意を払っておりますが、結果的に知的財産権を侵害したとして第三者から訴訟を提起され、事業活動に影響を及ぼす可能性があります。

 

(9) 法的規制による影響

当グループは、事業活動を行う国・地域において、事業の投資に関する許認可・輸出制限・関税賦課をはじめとするさまざまな法的規制や環境法令等の適用を受けております。当グループは継続的なコンプライアンスの実践に努めております。しかしながら、規制当局による法的手続の当事者となる可能性があり、その場合には事業活動に影響を及ぼす可能性があります。

 

5【経営上の重要な契約等】

特に記載すべき事項はありません。

 

6【研究開発活動】

当グループは、世界の先進の顧客が求める最先端の自動化装置、システムの研究開発にたゆまぬ努力を続けております。

研究開発活動は主に当社にて、各セグメントごとに行っており、各セグメントに属さない研究開発活動は開発センターが行っております。

当連結会計年度の研究開発費の総額は、7,491百万円であります。なお、研究開発費の総額には、開発センターで行っている各セグメントに配分できない研究費用1,013百万円が含まれております。

各セグメントごとの研究開発活動は、次のとおりであります。

 

電子部品組立機

携帯端末等のモデルチェンジに迅速に対応可能なモジュール型高速多機能装着機NXTシリーズのさらなる高精度化や生産性の向上に向けた開発等に努めております。

研究開発費の金額は6,112百万円であります。

 

工作機械

研究開発費の金額は僅少のため、内容についての記載は省略しております。

 

その他

研究開発費の金額は僅少のため、内容についての記載は省略しております。

 

7【財政状態、経営成績及びキャッシュ・フローの状況の分析】

文中の将来に関する事項は、当連結会計年度末現在において当グループが判断したものであります。

 

(1) 重要な会計方針及び見積り

当グループの連結財務諸表は、わが国において一般に公正妥当と認められている会計基準に基づき作成しており、財政状態及び経営成績に関する以下の分析を行っております。

 

(2) 当連結会計年度の経営成績の分析

当連結会計年度の業績につきましては、受注高は92,019百万円(前期比34.8%増)、売上高は85,265百万円(前期比30.0%増)、営業利益は12,066百万円(前期比298.5%増)、経常利益は13,026百万円(前期比244.0%増)となりました。

営業利益の増加要因は、主に電子部品組立機事業におきまして、スマートフォン等の携帯端末、車載関連基板及び産業用機器基板等に向けた新規設備投資需要が年間を通じて堅調に推移したことにより、主力製品のNXTⅢやAIMEXシリーズの売上が伸びたことによるものであります。

 

(3) 経営成績に重要な影響を与える要因について

当グループを取り巻く経営環境は、技術革新に伴うエレクトロニクス製品の高機能・多機能化及び顧客要求の多様化が進展するなか、市場の急激な変動、顧客の設備投資抑制の長期化、製品価格競争の熾烈化、製品開発の遅滞及び製品・サービス品質の欠陥等により、業績に影響を及ぼす可能性があります。

 

(4) 経営戦略の現状と見通し

当グループは、主力事業である電子部品組立機事業において、電子部品自動装着機市場のリーディングカンパニーとしてさらなるマーケットシェア向上を目指し、現在お客様より高評価を頂いているNXTシリーズに次ぐ次期戦略機の市場投入を進めてまいります。お客様第一主義に基づく需要を創出する営業スタイルを強固なものとするため、営業、技術が連携した市場開拓とサービスの強化を図ってまいります。また、サプライチェーンの強化や生産改革の一層の推進により、生産性、品質の向上を図り事業利益を追求してまいります

工作機械事業におきましては、安定した利益体質への改革のため、国内外の販売網及びサービス網の強化を図るとともに、新製品の開発を加速させ同時に徹底したコストダウンに努めてまいります。また、生産改革に取り組み、品質の向上、短納期対応を実現させてまいります。

また、長年蓄積してまいりましたロボットメーカーとしての技術、知的財産を深耕、進化させ、ロボットイノベーションの中核となる新たな事業を創出してまいります。

 

(5) 資本の財源及び資金の流動性についての分析

当グループの資金状況は、営業活動によるキャッシュ・フローでは、9,476百万円の増加(前期:13,769百万円の増加)となりましたが、これは主に税金等調整前当期純利益や減価償却費等によるものであります。

投資活動によるキャッシュ・フローでは、主に有形及び無形固定資産の取得により、5,463百万円の減少(前期:7,885百万円の減少)となりました。

財務活動によるキャッシュ・フローでは、主に配当金の支払により、2,004百万円の減少(前期:4,392百万円の減少)となりました。

これらにより当連結会計年度末における資金は前連結会計年度末と比べて3,548百万円(7.0%)増加し54,207百万円となりました。

 





出典: 富士機械製造株式会社、2015-03-31 期 有価証券報告書