有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

(セグメント情報)

【事業の種類別セグメント情報】

前連結会計年度(自 平成15年12月1日 至 平成16年11月30日)

 

 

繊維機械事業

(千円)

工作用機器

事業

(千円)

その他の事業

(千円)

計(千円)

消去又は

全社(千円)

連結(千円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

27,932,173

5,886,202

944,909

34,763,286

34,763,286

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

(—)

27,932,173

5,886,202

944,909

34,763,286

(—)

34,763,286

営業費用

29,385,634

5,156,374

979,865

35,521,875

(—)

35,521,875

営業利益又は

営業損失(△)

△1,453,461

729,828

△34,955

△758,589

(—)

△758,589

Ⅱ 資産、減価償却費及び

資本的支出

 

 

 

 

 

 

資産

21,628,944

8,874,744

731,056

31,234,745

13,411,622

44,646,368

減価償却費

658,331

265,746

22,323

946,400

946,400

資本的支出

1,108,010

306,248

64,457

1,478,717

1,478,717

(注) 1 事業区分は内部管理上採用している区分によっている。

2 各事業の主な製品

(1) 繊維機械事業………織機、準備機、繊維機械部品装置

(2) 工作用機器事業……工作機械アタッチメント、その他の機器

(3) その他の事業………電装機器、鋳造品等

3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は13,411,622千円である。主なものは、親会社での余資運用資金(現預金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)等である。

 

当連結会計年度(自 平成16年12月1日 至 平成17年11月30日)

 

 

繊維機械事業

(千円)

工作用機器

事業

(千円)

その他の事業

(千円)

計(千円)

消去又は

全社(千円)

連結(千円)

Ⅰ 売上高及び営業損益

 

 

 

 

 

 

売上高

 

 

 

 

 

 

(1) 外部顧客に

対する売上高

30,997,029

7,151,653

1,341,377

39,490,059

39,490,059

(2) セグメント間の内部

売上高又は振替高

(—)

30,997,029

7,151,653

1,341,377

39,490,059

(—)

39,490,059

営業費用

33,785,263

5,831,132

1,370,311

40,986,707

(—)

40,986,707

営業利益又は

営業損失(△)

△2,788,234

1,320,520

△28,934

△1,496,647

(—)

△1,496,647

Ⅱ 資産、減価償却費及び

資本的支出

 

 

 

 

 

資産

22,201,072

9,761,560

948,265

32,910,898

13,820,106

46,731,004

減価償却費

753,578

304,418

34,804

1,092,801

1,092,801

資本的支出

858,130

469,274

50,061

1,377,466

1,377,466

(注) 1 事業区分は内部管理上採用している区分によっている。

2 各事業の主な製品

(1) 繊維機械事業………織機、準備機、繊維機械部品装置

(2) 工作用機器事業……工作機械アタッチメント、その他の機器

(3) その他の事業………電装機器、鋳造品等

3 資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は13,820,106千円である。主なものは、親会社での余資運用資金(現預金及び有価証券)、長期投資資金(投資有価証券)等である。

4 「追加情報」に記載のとおり、当連結会計年度より、法人事業税の付加価値割及び資本割を販売費及び一般管理費に計上している。これに伴い、従来の方法によった場合に比べ、「繊維機械事業」では営業費用及び営業損失が36,089千円増加し、「工作用機器事業」では営業費用が27,402千円増加のうえ営業利益が同額減少し、「その他の事業」では営業費用及び営業損失が766千円増加している。

【所在地別セグメント情報】

前連結会計年度及び当連結会計年度においては、本邦以外の国又は地域に所在する連結子会社及び重要な支店がないため、その記載を省略している。

 

【海外売上高】

前連結会計年度(自 平成15年12月1日 至 平成16年11月30日)

 

 

アジア

アメリカ

ヨーロッパ

その他

Ⅰ 海外売上高(千円)

23,484,586

1,209,726

906,033

240,926

25,841,271

Ⅱ 連結売上高(千円)

 

 

 

 

34,763,286

Ⅲ 連結売上高に占める

海外売上高の割合(%)

67.6

3.5

2.6

0.6

74.3

(注) 1 国又は地域の区分は、地理的近接度によっている。

2 各区分に属する主な国又は地域

(1) アジア…………中国、インド、タイ他

(2) アメリカ………米国他

(3) ヨーロッパ……トルコ、イタリア、フランス他

3 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高である。

 

当連結会計年度(自 平成16年12月1日 至 平成17年11月30日)

 

 

アジア

アメリカ

ヨーロッパ

その他

Ⅰ 海外売上高(千円)

26,720,633

1,972,556

1,248,592

36,209

29,977,990

Ⅱ 連結売上高(千円)

 

 

 

 

39,490,059

Ⅲ 連結売上高に占める

海外売上高の割合(%)

67.6

5.0

3.2

0.1

75.9

(注) 1 国又は地域の区分は、地理的近接度によっている。

2 各区分に属する主な国又は地域

(1) アジア…………中国、インド、パキスタン他

(2) アメリカ………米国他

(3) ヨーロッパ……トルコ、イタリア、フランス他

3 海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高である。

 

【関連当事者との取引】

前連結会計年度(自 平成15年12月1日 至 平成16年11月30日)

役員及び個人主要株主等

 

属性

会社等

の名称

住所

資本金

(千円)

事業の内容

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関係内容

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

役員の

兼任等

事業上

の関係

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等

㈱梶製作

石川県かほく市

高松町

20,000

機械製造業

(所有)

 なし

(被所有)

 直接 0.1%

 間接 なし

兼任

1名

当社の

外注先

当社製品の

加工

351,578

買掛金

支払手形

20,799

69,667

カジレーネ㈱

石川県かほく市

高松町

25,000

織物製造業

(所有)

 なし

(被所有)

 なし

兼任

1名

当社の

得意先

当社製品の

購入

25,830

受取手形

19,099

戸上工業

石川県

金沢市

10,000

機械製造業

(所有)

 なし

(被所有)

 なし

なし

当社の

得意先

当社製品の

購入

43,160

売掛金

受取手形

3,520

34,272

(注) 1 上記の取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれている。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針等

(1) 梶製作所に対する当社製品の加工等の取引条件については、一般取引先と同様当社希望価格と提示された見積価格をもとにし、交渉のうえ決定している。

(2) カジレーネ㈱に対する当社製品の販売の取引条件については、一般取引先と同様当社希望価格をもとにし、交渉のうえ決定している。

(3) 上工業㈱に対する当社製品の販売の取引条件については、一般取引先と同様当社希望価格をもとにし、交渉のうえ決定している。

3 ㈱梶製作所は、当社監査役梶冨次郎及びその近親者が議決権の74%を直接保有している。

4 カジレーネ㈱は、当社監査役梶冨次郎及びその近親者が議決権の98%を直接保有している。

5 戸上工業㈱は、平成16年10月12日に当社代表取締役社長を逝去により退任した戸上一浩及びその近親者が議決権の82%を直接保有しており、取引金額については、平成15年12月から平成16年10月までの金額を表示し、期末残高については平成16年10月末のものを記載している。

 

当連結会計年度(自 平成16年12月1日 至 平成17年11月30日)

役員及び個人主要株主等

 

属性

会社等

の名称

住所

資本金

(千円)

事業の内容

議決権等

の所有

(被所有)割合

(%)

関係内容

取引の内容

取引金額

(千円)

科目

期末残高

(千円)

役員の

兼任等

事業上

の関係

役員及びその近親者が議決権の過半数を所有している会社等

㈱梶製作

石川県かほく市

高松町

20,000

機械製造業

(所有)

 なし

(被所有)

 直接 0.1

 間接 なし

兼任

1名

当社の

外注先

当社製品の

加工

393,912

買掛金

支払手形

37,666

92,276

カジレーネ㈱

石川県かほく市

高松町

25,000

織物製造業

(所有)

 なし

(被所有)

 なし

兼任

1名

当社の

得意先

当社製品の

購入

360

  —

  —

(注) 1 上記の取引金額には消費税等は含まれておらず、期末残高には消費税等が含まれている。

2 取引条件ないし取引条件の決定方針等

(1) 梶製作所に対する当社製品の加工等の取引条件については、一般取引先と同様当社希望価格と提示された見積価格をもとにし、交渉のうえ決定している。

(2) カジレーネ㈱に対する当社製品の販売の取引条件については、一般取引先と同様当社希望価格をもとにし、交渉のうえ決定している。

3 ㈱梶製作所は、当社監査役梶冨次郎及びその近親者が議決権の74%を直接保有している。

4 カジレーネ㈱は、当社監査役梶冨次郎及びその近親者が議決権の98%を直接保有している。

 

 

(1株当たり情報)

 

前連結会計年度

(自 平成15年12月1日

至 平成16年11月30日)

当連結会計年度

(自 平成16年12月1日

至 平成17年11月30日)

1株当たり純資産額

387.36円

1株当たり純資産額

371.05円

1株当たり当期純損失

1.98円

1株当たり当期純損失

24.28円

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載していない。

なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式がないため記載していない。

(注)1株当たり当期純損失金額の算定上の基礎は、以下の通りである。

 

前連結会計年度

(自 平成15年12月1日

至 平成16年11月30日)

当連結会計年度

(自 平成16年12月1日

至 平成17年11月30日)

当期純損失(△)(千円)

△131,084

△1,576,581

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る当期純損失(△)(千円)

△131,084

△1,576,581

普通株式の期中平均株式数(株)

66,295,116

64,933,358

 

(重要な後発事象)

該当事項はない。

⑤ 【連結附属明細表】

【社債明細表】

該当事項はない。

 

【借入金等明細表】

 

区分

前期末残高

(千円)

当期末残高

(千円)

平均利率

(%)

返済期限

短期借入金

3,400,000

3,400,000

0.9

1年以内に返済予定の長期借入金

90,000

65,000

2.1

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)

95,000

30,000

2.3

平成18年12月22日〜平成19年8月25日

その他の有利子負債

65,890

64,890

0.0

3,650,890

3,559,890

(注) 1 平均利率は借入金およびその他の有利子負債の当期末残高に対する加重平均利率を記載している。

2 その他の有利子負債は預り保証金である。

3 長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)の連結決算日後5年内における返済予定額は以下のとおりである。

 

 

1年超2年以内

(千円)

2年超3年以内

(千円)

3年超4年以内

(千円)

4年超5年以内

(千円)

長期借入金

30,000

 

(2) 【その他】

該当事項はない。

 





出典: 津田駒工業株式会社、2005-11-30 期 有価証券報告書