有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成19年12月1日
至 平成20年11月30日)
当事業年度
(自 平成20年12月1日
至 平成21年11月30日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
12,034
45.3
5,427
36.6
Ⅱ 労務費
※1
5,988
22.6
4,902
33.0
Ⅲ 経費
 
8,509
32.1
4,502
30.4
(うち外注加工費)
 
(5,549)
 
(2,227)
 
(うち減価償却費)
 
(1,192)
 
(1,076)
 
当期総製造費用
 
26,531
100.0
14,833
100.0
期首仕掛品棚卸高
 
1,936
 
1,597
 
合計
 
28,467
 
16,430
 
他勘定振替高
※2
139
 
118
 
期末仕掛品棚卸高
 
1,597
 
958
 
当期製品製造原価
 
26,730
 
15,353
 

(注)

 

前事業年度
(自 平成19年12月1日
至 平成20年11月30日)
当事業年度
(自 平成20年12月1日
至 平成21年11月30日)
※1 労務費のうち退職給付費用は617百万円である。
※1 労務費のうち退職給付費用は715百万円である。
※2 他勘定振替高の内訳は有形固定資産 124百万円、経費10百万円、営外費用4百万円である。
※2 他勘定振替高の内訳は有形固定資産101百万円、経費5百万円、営外費用11百万円である。
 3 原価計算の方法
    個別原価計算法
    ただし、社内生産の鋳造品(半製品)は総合原価計算法によっている。
 3 原価計算の方法
同左

 





出典: 津田駒工業株式会社、2009-11-30 期 有価証券報告書