有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

【製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当事業年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
区分
注記
番号
金額(百万円)
構成比(%)
金額(百万円)
構成比(%)
Ⅰ 材料費
 
11,748
32.0
5,215
27.1
Ⅱ 労務費
 
4,966
13.5
3,778
19.6
Ⅲ 経費
 
20,055
54.5
10,266
53.3
    (うち外注加工費)
 
( 13,152)
(35.8)
(6,124)
(31.8)
    (うち減価償却費)
 
( 1,578)
( 4.3)
(1,489)
(7.7)
    (うち荷造運送費)
 
( 1,901)
( 5.2)
(689)
(3.6)
   当期総製造費用
 
36,771
100.0
19,261
100.0
   仕掛品期首たな卸高
 
12,732
 
8,725
 
 
49,503
 
27,987
 
   他勘定への振替高
2,231
 
1,628
 
   仕掛品期末たな卸高
 
8,725
 
6,203
 
   当期製品製造原価
 
38,546
 
20,154
 

(原価計算の方法)      個別原価計算を採用しております。

① 材料費、直接経費は実際原価をもって賦課しております。

② 労務費、製造間接費は直接作業時間を基準として予定配賦率で配賦し、予定額と実際額との差額については、期末において原価差額の調整を行っております。

 

(注)※ 他勘定への振替高の内訳は次のとおりであります。

 

 
前事業年度
(自 平成20年4月1日
至 平成21年3月31日)
当事業年度
(自 平成21年4月1日
至 平成22年3月31日)
区分
金額(百万円)
金額(百万円)
補修工事費
530
317
有形固定資産
362
311
販売費及び一般管理費
1,198
986
その他
140
13
2,231
1,628

上記の補修工事費は、期中において主として製品の引渡後の保証期間内の補修に要した費用であります。

 





出典: アイダエンジニアリング株式会社、2010-03-31 期 有価証券報告書