有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
(セグメント情報等)

【セグメント情報】

1.報告セグメントの概要

当社の報告セグメントは、当社の構成単位のうち分離された財務情報が入手可能であり、経営者が経営資源の配分の決定及び業績を評価するために、定期的に検討を行う対象となっているものであります。

当社グループの事業は、鍛圧機械とこれに付帯する装置等の製造及び販売並びにサービス等付随業務の単一事業であります。国内においては当社が主体となり、海外においてはアジア(主に中国・香港、シンガポール、マレーシア)、米州(主に米国)、欧州(主にイタリア)の各現地法人が担当しております。現地法人はそれぞれ独立した経営単位であり、取り扱う製品について各地域の包括的な戦略を立案し、事業活動を展開しております。

したがって、当社グループは製造及び販売並びにサービスの体制を基礎とした地域別のセグメントから構成されており、「日本」、「アジア」、「米州」及び「欧州」の4つを報告セグメントとしております。

 

2.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額の算定方法

報告されている地域セグメントの会計処理の方法は、「連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項」における記載と概ね同一であります。

報告セグメントの利益は、営業利益であります。セグメント間の取引は会社間の取引であり、市場価格等に基づいております。

 

3.報告セグメントごとの売上高、利益又は損失、資産、その他の項目の金額に関する情報

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

日本

アジア

米州

欧州

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

24,185

16,812

23,804

12,094

76,897

76,897

セグメント間の内部
売上高又は振替高

21,809

2,045

894

2,854

27,604

27,604

45,994

18,858

24,699

14,948

104,501

27,604

76,897

セグメント利益

4,765

1,478

1,587

78

7,908

45

7,863

セグメント資産

70,358

25,363

13,966

14,096

123,785

18,658

105,126

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

885

467

112

250

1,715

3

1,712

有形固定資産及び
無形固定資産の増加額

788

360

161

647

1,958

1,958

 

(注) 1 売上高の調整額はセグメント間取引高の消去額であり、セグメント利益の調整額はセグメント間取引消去に伴う調整額であり、セグメント資産の調整額はセグメント間債権債務の消去額等であります。

2 セグメント利益は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

報告セグメント

調整額(注)1

連結

財務諸表

計上額

(注)2

 

日本

アジア

米州

欧州

売上高

 

 

 

 

 

 

 

外部顧客への売上高

26,216

17,096

18,065

14,151

75,529

75,529

セグメント間の内部
売上高又は振替高

17,825

3,892

943

702

23,363

23,363

44,041

20,989

19,008

14,853

98,893

23,363

75,529

セグメント利益又は損失(△)

4,967

2,321

1,327

490

8,125

88

8,037

セグメント資産

70,839

24,154

10,611

14,230

119,835

19,226

100,609

その他の項目

 

 

 

 

 

 

 

減価償却費

1,052

501

191

252

1,998

2

1,995

有形固定資産及び
無形固定資産の増加額

2,583

453

1,371

245

4,654

4,654

 

(注) 1 売上高の調整額はセグメント間取引高の消去額であり、セグメント利益又は損失の調整額はセグメント間取引消去に伴う調整額であり、セグメント資産の調整額はセグメント間債権債務の消去額等であります。

2 セグメント利益又は損失は、連結損益計算書の営業利益と調整を行っております。

 

 

【関連情報】

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

プレス機械

サービス

その他

合計

外部顧客への売上高

62,893

13,803

199

76,897

 

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アジア

米州

欧州

その他

合計

22,643

18,491

26,044

9,544

173

76,897

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アジア

米州

欧州

合計

10,851

4,160

1,224

2,997

19,233

 

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりません。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

1.製品及びサービスごとの情報

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

プレス機械

サービス

その他

合計

外部顧客への売上高

61,234

14,072

222

75,529

 

 

2.地域ごとの情報

(1) 売上高

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アジア

米州

欧州

その他

合計

25,373

18,041

19,633

12,035

446

75,529

 

(注) 売上高は顧客の所在地を基礎とし、国又は地域に分類しております。

 

(2) 有形固定資産

 

 

 

 

(単位:百万円)

日本

アジア

米州

欧州

合計

11,537

3,772

2,124

3,222

20,656

 

 

3.主要な顧客ごとの情報

外部顧客への売上高のうち、連結損益計算書の売上高の10%以上を占める相手先がないため、記載しておりません。

【報告セグメントごとの固定資産の減損損失に関する情報】

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

【報告セグメントごとののれんの償却額及び未償却残高に関する情報】

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

【報告セグメントごとの負ののれん発生益に関する情報】

前連結会計年度(自  平成26年4月1日  至  平成27年3月31日)

該当事項はありません。

 

当連結会計年度(自  平成27年4月1日  至  平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

【関連当事者情報】

関連当事者との取引

連結財務諸表提出会社と非連結子会社及び関連会社等

前連結会計年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

重要性が乏しいため、記載を省略しております。

 

当連結会計年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

該当事項はありません。

 

 

(1株当たり情報)

1株当たり純資産額、1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額並びに算定上の基礎は以下のとおりであります。

 

項目

前連結会計年度
(自 平成26年4月1日
 至 平成27年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成27年4月1日
 至 平成28年3月31日)

1株当たり純資産額

1,088.96円

1,112.51円

1株当たり当期純利益金額

100.99円

93.78円

潜在株式調整後
1株当たり当期純利益金額

100.52円

93.54円

 

(注)1 1株当たり純資産額に関する算定上の基礎

項目

前連結会計年度
(平成27年3月31日)

当連結会計年度
(平成28年3月31日)

連結貸借対照表の純資産の部の合計額   (百万円)

67,254

68,758

普通株式に係る純資産額         (百万円)

67,104

68,613

差額の主な内訳            

 

 

新株予約権              (百万円)

149

145

普通株式の発行済株式数         (千株)

73,647

73,647

普通株式の自己株式数          (千株)

12,024

11,973

1株当たり純資産額の算定に用いられた
普通株式数の数             (千株)

61,623

61,674

 

 2 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

項目

前連結会計年度
(自 平成26年4月1日
 至 平成27年3月31日)

当連結会計年度
(自 平成27年4月1日
 至 平成28年3月31日)

連結損益計算書上の親会社株主に帰属する
当期純利益                        (百万円)

6,205

5,782

普通株式に係る親会社株主に帰属する
当期純利益                      (百万円)

6,205

5,782

普通株主に帰属しない金額        (百万円)

普通株式の期中平均株式数        (千株)

61,445

61,660

潜在株式調整後1株当たり当期純利益の
算定に用いられた親会社株主に帰属する
当期純利益調整額の主要な内訳      (百万円)

親会社株主に帰属する当期純利益調整額    (百万円)

潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に用いら
れた普通株式増加数の内訳        (千株)

新株予約権

普通株式      290

新株予約権

普通株式      159

普通株式増加数(千株)

290

159

希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり
当期純利益金額の算定に含まれなかった潜在株式の概要
                    (千株)

新株予約権

普通株式       −

新株予約権

普通株式             −       

 

  3 「1 1株当たり純資産額」の「普通株式の自己株式数」及び「2 1株当たり当期純利益金額及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額」の「普通株式の期中平均株式数」においては、資産管理サービス信託銀行株式会社(信託E口)が所有する当社株式を自己株式として会計処理していることから、当該株式を控除して算出しております。

 

(重要な後発事象)

 該当事項はありません。

 

 

⑤ 【連結附属明細表】
【社債明細表】

  該当事項はありません。

 

【借入金等明細表】

区分

当期首残高
(百万円)

当期末残高
(百万円)

平均利率
(%)

返済期限

短期借入金

391

3,163

0.84

平成28年9月28日
平成28年9月30日

1年内返済予定の長期借入金

500

長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く)

1,000

1,500

0.74

平成31年3月29日
平成32年3月19日
平成32年12月15日

合計

1,891

4,663

 

(注) 1 平均利率については、当期末残高に対する加重平均利率を記載しております。

2 長期借入金の連結決算日後5年内における1年ごとの返済予定額の総額

 

区分

1年超2年以内
(百万円)

2年超3年以内
(百万円)

3年超4年以内
(百万円)

4年超5年以内
(百万円)

長期借入金

500

500

500

 

 

【資産除去債務明細表】

  重要性が乏しいため、記載しておりません。

 

(2) 【その他】

当連結会計年度における四半期情報等

 

(累計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

当連結会計年度

売上高

(百万円)

17,857

37,468

56,861

75,529

税金等調整前四半期
(当期)純利益金額

(百万円)

2,347

5,054

6,926

8,329

親会社株主に帰属
する四半期(当期)
純利益金額

(百万円)

1,536

3,386

4,706

5,782

1株当たり四半期
(当期)純利益金額

(円)

24.94

54.94

76.33

93.78

 

 

(会計期間)

第1四半期

第2四半期

第3四半期

第4四半期

1株当たり
四半期純利益金額

(円)

24.94

29.99

21.39

17.46

 

 





出典: アイダエンジニアリング株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書