有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【製造原価明細書】

 

 
 
前事業年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
当事業年度
(自 平成24年4月1日
至 平成25年3月31日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
※1
5,867,634
57.4
5,499,693
57.3
Ⅱ 労務費
 
2,704,037
26.4
2,417,017
25.2
Ⅲ 経費
 
1,654,643
16.2
1,682,486
17.5
  (うち外注加工費)
※1
(485,469)
(4.7)
(453,125)
(4.7)
  (うち減価償却費)
 
(360,980)
(3.5)
(371,241)
(3.9)
  当期総製造費用
 
10,226,314
100.0
9,599,197
100.0
  期首仕掛品棚卸高
 
79,363
 
115,907
 
      合計
 
10,305,678
 
9,715,105
 
  他勘定への振替高
※2
50,746
 
71,635
 
  期末仕掛品棚卸高
 
115,907
 
100,675
 
  当期製品製造原価
※3
10,139,024
 
9,542,794
 

 

(脚注)

 

前事業年度
(自 平成23年4月1日
至 平成24年3月31日)
当事業年度
(自 平成24年4月1日
至 平成25年3月31日)
※1 材料費のうち、関係会社仕入高が1,322,358千円並びに外注加工費のうち、関係会社外注加工費が   62,121千円含まれております。
※1 材料費のうち、関係会社仕入高が1,213,677千円並びに外注加工費のうち、関係会社外注加工費が      51,631千円含まれております。
※2 主に自家使用等への振替高であります。
※2 同左
※3 製造原価計算方法は工程別実際総合原価計算方法を採用しております。
なお、直接労務費は予定賃率を、製造間接費は予定配賦率を採用し、決算期末において実際額との差額は売上原価と期末棚卸資産に按分しそれぞれに含めて計上しております。
※3 同左

 





出典: アネスト岩田株式会社、2013-03-31 期 有価証券報告書