有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④ 【附属明細表】

【有価証券明細表】

【株式】

 

柄銘
株式数(株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
㈱三井住友フィナンシャルグループ
4,716
6,130
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
3,103
5,585
㈱みずほフィナンシャルグループ
4,623
4,451
帝国石油㈱
2,225,000
3,161
山九㈱
3,505,485
2,488
新日本石油㈱
2,369,617
2,187
野村ホールディングス㈱
797,000
2,092
ヤマトホールディングス㈱
555,000
1,337
石川島播磨重工業㈱
2,584,000
963
三井住友海上火災保険㈱
561,760
899
その他(82銘柄)
13,331,201
11,559
25,941,505
40,857

 

【その他】

 

種類および銘柄
投資口数等
(口)
貸借対照計上額(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
出資証券
ミズホ・プリファード・キャピタル(ケイマン)7th リミテッド
9
900
核燃料サイクル開発機構
1,985
55
日本原子力研究所
139
2
理化学研究所
1,990,272
1
960
その他有価証券合計
41,818
投資有価証券合計
41,818
有価証券
その他有価証券
公社債投資信託
三菱東京UFJ銀行㈱
特約付担保型CP(ガネットⅣ)
1,999
三菱東京UFJ銀行㈱
特約付担保型CP(ガネットⅦ)
999
2,998
有価証券合計
2,998

 

【有形固定資産等明細表】

 

資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価
償却累計額
又は償却
累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末
残高
(百万円)
有形固定資産
 建物
45,249
508
805
44,952
16,183
1,579
28,768
 構築物
904
904
685
25
218
 機械装置
1,544
332
46
1,831
1,204
138
626
 車両運搬具
709
372
95
987
497
155
489
 工具器具備品
5,436
376
428
5,385
4,292
388
1,092
 土地
22,542
34
(12)
22,507
22,507
 建設仮勘定
53
2,486
2,498
41
41
有形固定資産計
76,440
4,078
3,909
76,608
22,863
2,287
53,744
無形固定資産
 ソフトウェア
4,442
299
275
4,467
1,963
884
2,503
 その他無形固定資産
49
49
9
0
40
無形固定資産計
4,491
299
275
4,516
1,972
885
2,544
長期前払費用
64
1
7
58
48
5
10

(注)当期減少額のうち( )内は、減損損失の計上額で内数である。

 

 

【資本金等明細表】

 

区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金
(百万円)
23,511
23,511
資本金のうち
既発行株式
普通株式
(株)
(259,052,929)
(259,052,929)
普通株式
(百万円)
23,511
23,511
(株)
(259,052,929)
(259,052,929)
(百万円)
23,511
23,511
資本準備金およびその他資本剰余金
(資本準備金)
株式払込剰余金
(百万円)
25,578
25,578
(その他資本剰余金)
自己株式処分差益(注)1
(百万円)
2
1
4
(百万円)
25,580
1
25,582
利益準備金および任意積立金
(利益準備金)
(百万円)
2,692
2,692
海外取引偶発損失
準備金
(百万円)
24,500
24,500
配当準備積立金
(百万円)
4,355
4,355
固定資産圧縮積立金
(百万円)
221
221
別途積立金(注)2 
(百万円)
47,945
6,500
54,445
(百万円)
79,714
6,500
86,214

(注)1  その他資本剰余金の増加の原因は、自己株式の処分によるものである。

    2  当期増加の原因は、前期決算の利益処分に伴う積立てによるものである。

    3  当期末における自己株式数は、5,165,577株である。

 

【引当金明細表】

 

区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
貸倒引当金 (注)1
10,734
1,952
1,111
526
11,048
完成工事補償引当金 (注)2
1,880
670
1
553
1,995
工事損失引当金
2,074
1,820
764
3,130
賞与引当金 
2,940
3,531
2,940
3,531

(注)1 当期減少額(その他)のうち、35百万円は一般債権の貸倒実績率による洗替額であり、393百万円は債権回収に

 よる戻入額および98百万円は個別見積額の戻入額である。

(注)     2  当期減少額(その他)は、見積額の戻入額である。

 

 





出典: 日揮株式会社、2006-03-31 期 有価証券報告書