有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

2【財務諸表等】

(1)【財務諸表】

①【貸借対照表】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

資産の部

 

 

流動資産

 

 

現金預金

223,999

207,200

受取手形

755

210

完成工事未収入金

※2 98,803

※2 117,388

有価証券

15,000

8,000

未成工事支出金

14,494

28,223

原材料及び貯蔵品

61

73

前払費用

470

422

繰延税金資産

16,284

10,803

未収入金

20,183

23,164

その他

5,078

4,496

貸倒引当金

111

127

流動資産合計

395,018

399,857

固定資産

 

 

有形固定資産

 

 

建物

52,443

49,587

減価償却累計額

28,722

29,052

建物(純額)

※1 23,720

※1 20,535

構築物

1,959

893

減価償却累計額

1,248

804

構築物(純額)

※1 711

※1 88

機械及び装置

3,982

4,539

減価償却累計額

2,540

3,060

機械及び装置(純額)

※1 1,442

※1 1,479

車両運搬具

486

405

減価償却累計額

416

368

車両運搬具(純額)

69

37

工具器具・備品

5,592

4,820

減価償却累計額

4,681

4,101

工具器具・備品(純額)

※1 910

※1 719

土地

※1 21,775

※1 21,775

リース資産

124

802

減価償却累計額

22

162

リース資産(純額)

102

639

建設仮勘定

444

52

有形固定資産合計

49,176

45,326

無形固定資産

 

 

ソフトウエア

1,247

1,179

その他

35

35

無形固定資産合計

1,283

1,215

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

投資その他の資産

 

 

投資有価証券

63,494

36,934

関係会社株式

※1 61,622

※1 46,843

出資金

3

0

関係会社出資金

2,418

3,155

長期貸付金

5,128

281

従業員に対する長期貸付金

18

18

関係会社長期貸付金

※1 7,554

※1 12,518

長期前払費用

26

18

繰延税金資産

3,895

3,448

その他

1,873

2,390

貸倒引当金

23,360

778

投資損失引当金

6,237

5,702

投資その他の資産合計

116,434

99,128

固定資産合計

166,894

145,669

資産合計

561,912

545,526

負債の部

 

 

流動負債

 

 

工事未払金

※2 61,893

※2 61,553

短期借入金

※2 26,776

※2 31,676

リース債務

1

197

未払金

12,263

12,821

未払法人税等

1,039

1,051

未成工事受入金

59,234

35,693

預り金

※1 4,556

※1 4,104

完成工事補償引当金

1,837

2,199

工事損失引当金

34,877

20,521

賞与引当金

5,156

5,083

役員賞与引当金

91

80

債務保証損失引当金

6,324

1,301

その他

1,709

247

流動負債合計

215,760

176,531

固定負債

 

 

長期借入金

1,974

1,968

退職給付引当金

7,935

8,208

リース債務

3

348

再評価に係る繰延税金負債

3,306

3,132

長期預り金

※1 2,510

※1 2,209

固定負債合計

15,730

15,868

負債合計

231,491

192,399

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

純資産の部

 

 

株主資本

 

 

資本金

23,511

23,511

資本剰余金

 

 

資本準備金

25,578

25,578

その他資本剰余金

29

30

資本剰余金合計

25,608

25,608

利益剰余金

 

 

利益準備金

2,692

2,692

その他利益剰余金

 

 

海外取引偶発損失準備金

24,500

24,500

配当準備積立金

4,355

4,355

固定資産圧縮積立金

221

221

別途積立金

221,945

233,945

繰越利益剰余金

30,590

44,221

利益剰余金合計

284,305

309,935

自己株式

6,777

6,853

株主資本合計

326,647

352,201

評価・換算差額等

 

 

その他有価証券評価差額金

10,225

7,041

繰延ヘッジ損益

162

1

土地再評価差額金

6,289

6,115

評価・換算差額等合計

3,773

924

純資産合計

330,420

353,126

負債純資産合計

561,912

545,526

 

②【損益計算書】

 

 

(単位:百万円)

 

前事業年度

(自 平成26年4月1日

 至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

 至 平成28年3月31日)

売上高

 

 

完成工事高

537,079

572,346

売上高合計

537,079

572,346

売上原価

 

 

完成工事原価

511,782

527,057

売上原価合計

511,782

527,057

売上総利益

 

 

完成工事総利益

25,297

45,288

売上総利益合計

25,297

45,288

販売費及び一般管理費

 

 

従業員給料手当

2,806

2,425

賞与引当金繰入額

807

759

退職給付費用

244

228

役員賞与引当金繰入額

71

66

貸倒引当金繰入額

139

13

減価償却費

427

893

研究開発費

1,395

1,928

雑費

5,220

5,764

販売費及び一般管理費合計

11,112

12,079

営業利益

14,184

33,209

営業外収益

 

 

受取利息

1,529

1,573

受取配当金

※1 12,991

※1 7,625

為替差益

3,375

固定資産賃貸料

833

825

その他

137

118

営業外収益合計

18,867

10,142

営業外費用

 

 

支払利息

127

139

為替差損

4,098

固定資産賃貸費用

309

279

その他

286

274

営業外費用合計

723

4,792

経常利益

32,328

38,558

特別利益

 

 

投資有価証券売却益

819

1,084

関係会社株式売却益

4,879

投資損失引当金戻入額

702

貸倒引当金戻入額

10,230

債務保証損失引当金取崩額

5,293

その他

2

特別利益合計

1,521

21,491

特別損失

 

 

固定資産売却損

※2 48

投資有価証券評価損

7,360

17,398

債務保証損失引当金繰入額

6,258

1,235

その他

142

332

特別損失合計

13,809

18,965

税引前当期純利益

20,040

41,084

法人税、住民税及び事業税

8,605

2,530

法人税等調整額

6,373

7,624

法人税等合計

2,232

10,154

当期純利益

17,808

30,929

 

【完成工事原価報告書】

 

前事業年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

区分

金額(百万円)

構成比

(%)

金額(百万円)

構成比

(%)

材料費

108,212

21.1

80,928

15.3

労務費

35,518

6.9

29,527

5.6

外注費

341,745

66.8

415,628

78.9

経費

26,306

5.1

972

0.2

完成工事原価計

511,782

100.0

527,057

100.0

(注)1.原価計算の方法は、工事ごとに実際原価を集計する個別原価計算によっている。

      2.「経費」には、工事損失引当金繰入額および戻入額等を含めて表示している。

 

 

③【株主資本等変動計算書】

前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

その他資本剰余金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

任意積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

23,511

25,578

28

25,607

2,692

220,021

55,780

278,495

6,595

321,017

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

 

346

346

 

346

会計方針の変更を反映した当期首残高

23,511

25,578

28

25,607

2,692

220,021

55,433

278,148

6,595

320,670

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

11,737

11,737

 

11,737

土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

 

 

85

85

 

85

当期純利益

 

 

 

 

 

 

17,808

17,808

 

17,808

別途積立金の積立

 

 

 

 

 

31,000

31,000

 

 

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

182

182

自己株式の処分

 

 

1

1

 

 

 

 

0

1

株主資本以外の項目の

当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

1

1

31,000

24,843

6,156

181

5,976

当期末残高

23,511

25,578

29

25,608

2,692

251,021

30,590

284,305

6,777

326,647

 

 

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

繰延ヘッジ損益

土地再評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

6,845

6,542

303

321,321

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

346

会計方針の変更を反映した当期首残高

6,845

6,542

303

320,974

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

11,737

土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

85

当期純利益

 

 

 

 

17,808

別途積立金の積立

 

 

 

 

自己株式の取得

 

 

 

 

182

自己株式の処分

 

 

 

 

1

株主資本以外の項目の

当期変動額(純額)

3,379

162

252

3,469

3,469

当期変動額合計

3,379

162

252

3,469

9,446

当期末残高

10,225

162

6,289

3,773

330,420

 

当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(単位:百万円)

 

株主資本

 

資本金

資本剰余金

利益剰余金

自己株式

株主資本合計

 

資本準備金

その他資本剰余金

資本剰余金合計

利益準備金

その他利益剰余金

利益剰余金合計

 

任意積立金

繰越利益剰余金

当期首残高

23,511

25,578

29

25,608

2,692

251,021

30,590

284,305

6,777

326,647

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会計方針の変更を反映した当期首残高

23,511

25,578

29

25,608

2,692

251,021

30,590

284,305

6,777

326,647

当期変動額

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

 

 

5,299

5,299

 

5,299

土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期純利益

 

 

 

 

 

 

30,929

30,929

 

30,929

別途積立金の積立

 

 

 

 

 

12,000

12,000

 

 

自己株式の取得

 

 

 

 

 

 

 

 

76

76

自己株式の処分

 

 

0

0

 

 

 

 

0

1

株主資本以外の項目の

当期変動額(純額)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当期変動額合計

0

0

12,000

13,630

25,630

76

25,554

当期末残高

23,511

25,578

30

25,608

2,692

263,021

44,221

309,935

6,853

352,201

 

 

 

 

 

 

 

 

評価・換算差額等

純資産合計

 

その他有価証券評価差額金

繰延ヘッジ損益

土地再評価差額金

評価・換算差額等合計

当期首残高

10,225

162

6,289

3,773

330,420

会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

会計方針の変更を反映した当期首残高

10,225

162

6,289

3,773

330,420

当期変動額

 

 

 

 

 

剰余金の配当

 

 

 

 

5,299

土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

当期純利益

 

 

 

 

30,929

別途積立金の積立

 

 

 

 

自己株式の取得

 

 

 

 

76

自己株式の処分

 

 

 

 

1

株主資本以外の項目の

当期変動額(純額)

3,183

160

174

2,849

2,849

当期変動額合計

3,183

160

174

2,849

22,705

当期末残高

7,041

1

6,115

924

353,126

 

【株主資本等変動計算書の欄外注記】

前事業年度(自 平成26年4月1日 至 平成27年3月31日)におけるその他利益剰余金の内訳は以下のとおりである。                                       (単位:百万円)

 

海外取引偶発
損失準備金

配当準備積立金

固定資産圧縮
積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

その他利益

剰余金合計

 当期首残高

24,500

4,355

221

190,945

55,780

275,802

 会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

△346

△346

 会計方針の変更を反映した当期首残高

24,500

4,355

221

190,945

55,433

275,455

当期変動額

 

 

 

 

 

 

   剰余金の配当

 

 

 

 

△11,737

△11,737

   土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

85

85

   当期純利益

 

 

 

 

17,808

17,808

  別途積立金の積立

 

 

 

31,000

△31,000

 当期変動額合計

31,000

△24,843

6,156

 当期末残高

24,500

4,355

221

221,945

30,590

281,612

 

当事業年度(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)におけるその他利益剰余金の内訳は以下のとおりである。                                       (単位:百万円)

 

海外取引偶発
損失準備金

配当準備積立金

固定資産圧縮
積立金

別途積立金

繰越利益剰余金

その他利益

剰余金合計

 当期首残高

24,500

4,355

221

221,945

30,590

281,612

 会計方針の変更による累積的影響額

 

 

 

 

 

 会計方針の変更を反映した当期首残高

24,500

4,355

221

221,945

30,590

281,612

当期変動額

 

 

 

 

 

 

   剰余金の配当

 

 

 

 

△5,299

△5,299

   土地再評価差額金の取崩

 

 

 

 

 

   当期純利益

 

 

 

 

30,929

30,929

  別途積立金の積立

 

 

 

12,000

△12,000

 当期変動額合計

12,000

13,630

25,630

 当期末残高

24,500

4,355

221

233,945

44,221

307,243

 

【注記事項】
(重要な会計方針)

1.有価証券の評価基準および評価方法

(1)子会社株式および関連会社株式

移動平均法による原価法

(2)その他有価証券

時価のあるもの

期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)

時価のないもの

移動平均法による原価法

 

2.デリバティブ取引により生じる正味の債権(および債務)

時価法

 

3.たな卸資産の評価基準および評価方法

未成工事支出金

個別法による原価法

 

4.固定資産の減価償却の方法

(1)有形固定資産(リース資産を除く)

事業用建物については定額法を、それ以外は定率法によっている。

なお、耐用年数および残存価額については、法人税法に規定する方法と同一の基準によっている。

(2)無形固定資産(リース資産を除く)

定額法によっている。

ただし、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能見込期間(5年)に基づく定額法によっている。

(3) リース資産

リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法を採用している。

(4)長期前払費用

定額法によっている。

 

5.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

完成工事未収入金等債権の貸倒による損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を検討し、回収不能見込額を計上している。

(2)完成工事補償引当金

完成工事高として計上した工事に係る瑕疵担保責任に備えるために過去の経験割合に基づく一定の算定基準により計上している。

(3)工事損失引当金

受注工事の損失に備えるため、当事業年度末の未引渡工事のうち、損失の発生が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積ることができる工事について、翌事業年度以降に発生が見込まれる損失を引当計上している。

(4)賞与引当金

従業員に支給すべき賞与の支払に備えて、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上している。

(5)役員賞与引当金

役員に支給すべき賞与の支払に備えて、将来の支給見込額のうち当事業年度の負担額を計上している。

 

(6)退職給付引当金

従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務および年金資産の見込額に基づき、当事業年度末において発生していると認められる額を計上している。退職給付引当金および退職給付費用の処理方法は以下のとおりである。

① 退職給付見込額の期間帰属方法

退職給付債務の算定にあたり、退職給付見込額を当事業年度末までの期間に帰属させる方法については、給付算定式基準によっている。

② 数理計算上の差異および過去勤務費用の費用処理方法

数理計算上の差異は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(12年)による定率法により、その発生した翌事業年度から費用処理している。過去勤務費用については、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(12年)による定額法により費用処理している。

(7)投資損失引当金

関係会社株式等について、将来発生する可能性がある損失に備えるため、財政状態等を勘案して必要と認められる金額を計上している。

(8)債務保証損失引当金

関係会社等に対する債務保証等の偶発債務による損失に備えるため、被保証先の財政状態等を勘案して必要と認められる金額を計上している。

 

6.完成工事高の計上基準

当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事については工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)を適用しており、その他の工事については工事完成基準を適用している。

 

7.ヘッジ会計の方法

(1)ヘッジ会計の方法

外貨建金銭債権債務および外貨建予定取引に係るヘッジ会計は、振当処理の要件を満たすものは振当処理により、それ以外のものは繰延ヘッジ処理によっている。

また、金利スワップ取引については、金融商品に関する会計基準に定める特例処理によっている。

(2)ヘッジ手段およびヘッジ対象

外貨建金銭債権債務および外貨建予定取引の為替変動リスクをヘッジするため為替予約取引および外貨預金を利用している。

また、借入金等の金利変動リスクをヘッジするため金利スワップ取引を利用している。

(3)ヘッジ方針

デリバティブ取引に係る社内運用規定を設け、その運用基準、取引権限、取引限度額に従って取引の実行および管理を行っており、ヘッジ会計を適用する際のヘッジ対象の識別は、取引の都度、行っている。

(4)ヘッジ有効性評価の方法

ヘッジ有効性評価は、原則として年2回、ヘッジ対象とヘッジ手段双方の相場変動またはキャッシュ・フロー変動の累計額を基礎に行っている。

ただし、ヘッジ手段とヘッジ対象の資産・負債または予定取引に関する重要な条件が同一である場合には、ヘッジ有効性評価を省略している。

 

8.その他財務諸表作成のための重要な事項

(1)リース取引の処理方法

所有権移転外ファイナンス・リース取引については、通常の売買取引に係る会計処理によっている。

(2)退職給付に係る会計処理

退職給付に係る未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用の未処理額の会計処理の方法は、連結財務諸表におけるこれらの会計処理の方法と異なっている。

(3)消費税等の会計処理について

消費税等の会計処理は、税抜方式によっている。

(4)外貨建の資産または負債の本邦通貨への換算基準

外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理している。

 

(会計方針の変更)

(企業結合に関する会計基準等の適用)

「企業結合に関する会計基準」(企業会計基準第21号 平成25年9月13日。以下「企業結合会計基準」という。)および「事業分離等に関する会計基準」(企業会計基準第7号 平成25年9月13日。以下「事業分離等会計基準」という。)等を当事業年度から適用し、取得関連費用を発生した事業年度の費用として計上する方法に変更している。また、当事業年度の期首以後実施される企業結合については、暫定的な会計処理の確定による取得原価の配分額の見直しを企業結合日の属する事業年度の財務諸表に反映させる方法に変更している。

企業結合会計基準等の適用については、企業結合会計基準第58−2項(4)および事業分離等会計基準第57−4項(4)に定める経過的な取扱いに従っており、当事業年度の期首時点から将来にわたって適用している。

 これによる損益への影響はない。

 

(表示方法の変更)

 (損益計算書)

  前事業年度において区分掲記していた「営業外費用」の「貸倒引当金繰入額」は、金額的重要性が乏しくなったため、当事業年度においては「営業外費用」の「その他」に含めて表示している。この表示方法の変更を反映させるため、前事業年度の財務諸表の組替えを行っている。

この結果、前事業年度の損益計算書において「営業外費用」の「貸倒引当金繰入額」に表示していた155百万円は「その他」として組み替えている。

 

(貸借対照表関係)

※1 担保資産

前事業年度(平成27年3月31日)

(イ)当社の債務に対する担保資産

下記の資産は当社の預り金(304百万円)および長期預り金(2,128百万円)の担保に供している。

土地

4,279百万円

建物

1,877

構築物

16

機械及び装置

1

工具器具・備品

0

6,175百万円

 

(ロ)関係会社の債務に対する担保資産

関係会社の債務に対して下記の資産を担保に供している。

関係会社株式

1,196百万円

関係会社長期貸付金

1,090

2,287百万円

 

当事業年度(平成28年3月31日)

(イ)当社の債務に対する担保資産

下記の資産は当社の預り金(304百万円)および長期預り金(1,824百万円)の担保に供している。

土地

4,279百万円

建物

1,793

構築物

14

機械及び装置

1

工具器具・備品

0

6,089百万円

 

(ロ)関係会社の債務に対する担保資産

関係会社の債務に対して下記の資産を担保に供している。

関係会社株式

2,834百万円

関係会社長期貸付金

830

3,664百万円

 

※2 このうち関係会社に対するものは次のとおりである。

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

完成工事未収入金

8,827百万円

5,572百万円

工事未払金

5,960

6,008

短期借入金

26,776

31,676

 

 3 偶発債務

(イ)他社の金融機関からの借入金等に対して次のとおり保証を行っている。

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

JGC Gulf International Co., Ltd.

10,240百万円

JGC Gulf International Co., Ltd.

9,328百万円

 

(46,254千USD)

 

(82,778千USD)

 

(145,905千SAR)

 

(50千SAR)

Rabigh Arabian Water and

8,659百万円

Rabigh Arabian Water and

8,007百万円

Electricity Company

(72,057千USD)

Electricity Company

(71,064千USD)

JGC Exploration Eagle Ford LLC

8,411百万円

JGC Exploration Eagle Ford LLC

7,483百万円

 

(70,000千USD)

 

(66,415千USD)

鴨川みらいソーラー㈱

8,093百万円

JGC EXPLORATION CANADA LTD.

4,925百万円

Solacor Electricidad Uno S.A.

5,868百万円

 

(56,757千CAD)

 

(45,030千EUR)

JGC Algeria S.p.A.

2,778百万円

Solacor Electricidad Dos S.A.

5,777百万円

 

(2,724,464千DZD)

 

(44,335千EUR)

Power Cogeneraion Plant Company

1,446百万円

 

 

 

(12,839千USD)

その他9社

13,481百万円

その他5社

1,516百万円

(このうち外貨建保証額)

(56,757千CAD)

(このうち外貨建保証額)

(11,925千USD)

 

(31,416千USD)

 

(2,000千AUD)

 

(2,945,925千DZD)

 

 

 

(7,514千AUD)

 

 

 

(69千EUR)

 

 

60,531百万円

35,488百万円

なお、上記保証債務には、複数の保証人がいる連帯保証が含まれているが、それら連帯保証人の支払能力が十分であることおよび自己の負担割合が明記されていることから、自己の保証額を記載している。

(USD:米ドル、SAR:サウジアラビアリヤル、CAD:カナダドル、DZD:アルジェリアディナール、AUD:オーストラリアドル、EUR:ユーロ)

 

(ロ)従業員の住宅資金などの金融機関からの借入債務に対して保証を行っている。

前事業年度

(平成27年3月31日)

当事業年度

(平成28年3月31日)

 

10百万円

 

12百万円

 

 

(損益計算書関係)

※1 関係会社との取引にかかわるものが、次のとおり含まれている。

前事業年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

受取配当金

11,721百万円

 

6,527百万円

 

 

※2 固定資産売却損の内訳は、次のとおりである。

前事業年度

(自 平成26年4月1日

至 平成27年3月31日)

当事業年度

(自 平成27年4月1日

至 平成28年3月31日)

建物

2百万円

 

−百万円

構築物

0

 

土地

45

 

48

 

 

 

(有価証券関係)

子会社株式および関連会社株式(当事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式39,592百万円、関連会社株式7,251百万円、前事業年度の貸借対照表計上額は子会社株式49,488百万円、関連会社株式12,133百万円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載していない。

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産および繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

 

 

当事業年度

(平成28年3月31日)

(1)繰延税金資産(流動資産)

 

 

 

 賞与引当金

1,706百万円

 

1,570百万円

 完成工事補償引当金

608

 

679

 工事損失引当金

11,544

 

6,340

 その他

2,425

 

2,212

   繰延税金資産合計

16,284百万円

 

10,803百万円

 

 

 

 

 

 

 

 

(2)繰延税金資産(固定資産)

 

 

 

   退職給付引当金

2,575百万円

 

2,521百万円

 減価償却費超過額

306

 

291

 その他

6,013

 

3,855

   繰延税金資産合計

8,895百万円

 

6,669百万円

 

   繰延税金負債

 

 

 

   (その他有価証券評価差額金)

△4,878百万円

 

△3,104百万円

 (固定資産圧縮積立金他)

△122

 

△116

 繰延税金負債合計

△5,000百万円

 

△3,221百万円

 繰延税金資産の純額

3,895百万円

 

3,448百万円

 

(注)繰延税金資産の算定に当たり、平成27年3月31日および平成28年3月31日現在の繰延税金資産から控除された金額はそれぞれ、9,941百万円および6,710百万円である。

 

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳

 

前事業年度

(平成27年3月31日)

 

 

当事業年度

(平成28年3月31日)

法定実効税率

35.6%

 

33.1%

(調整)

 

 

 

交際費等永久に損金に算入されない項目

0.6%

 

0.2%

受取配当金等永久に益金に算入されない項目

△21.0%

 

△5.3%

研究開発等にかかる税額控除

△1.7%

 

△0.4%

その他

△2.4%

 

△2.9%

税効果会計適用後の法人税等の負担率

11.1%

 

24.7%

 

3.法人税等の税率の変更による繰延税金資産および繰延税金負債の金額の修正

「所得税法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第15号)および「地方税法等の一部を改正する等の法律」(平成28年法律第13号)が平成28年3月29日に国会で成立し、平成28年4月1日以後に開始する事業年度から法人税率等の引下げ等が行われた。これに伴い、繰延税金資産および繰延税金負債の計算に使用する法定実効税率は前事業年度の計算において使用した32.3%から平成28年4月1日に開始する事業年度および平成29年4月1日に開始する事業年度に解消が見込まれる一時差異等については30.9%に、平成30年4月1日に開始する事業年度以降に解消が見込まれる一時差異等については、30.6%に変更されている。

この税率変更により、繰延税金資産の金額(繰延税金負債の金額を控除した金額)は632百万円減少し、法人税等調整額が805百万円、その他有価証券評価差額金が172百万円がそれぞれ増加し、繰延ヘッジ損益が0百万円減少している。

また、再評価に係る繰延税金負債は174百万円減少し、土地再評価差額金が同額増加している。

 

 

(重要な後発事象)

該当事項なし。

 

④【附属明細表】
【有価証券明細表】

株式

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(百万円)

投資有価証券

その他

有価証券

小野薬品工業株式会社

 169,400

 4,035

Taweelah A2 Limited

 15

 2,129

ITC Platinum Development Ltd

 17,539,180

 1,976

Asia Gulf Power Holding Company Limited

 31,668,600

 1,933

TRILITY Group Pty Ltd

 20,910,000

 1,844

山九株式会社

 3,505,485

 1,801

株式会社三井住友フィナンシャルグループ

 479,200

 1,635

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

 3,103,000

 1,618

三菱航空機株式会社

 150

 1,500

住友金属鉱山株式会社

 1,288,000

 1,439

ヤマトホールディングス株式会社

 555,000

 1,247

JXホールディングス株式会社

 2,651,760

 1,150

Solacor Electricidad Dos S.A.

 430,963

 1,101

国際石油開発帝石株式会社

 1,281,600

 1,093

Solacor Electricidad Uno S.A.

 425,919

 1,088

ASCENDAS INDIA DEVELOPMENT VI PTE. LTD.

 5,411,913

 1,067

株式会社みずほフィナンシャルグループ

 4,623,000

 777

Hyflux Ltd

 15,000,000

 749

丸紅株式会社

 1,260,000

 718

横河電機株式会社

 589,900

 686

日本原燃株式会社

 66,664

 666

伊藤忠商事株式会社

 431,810

 598

KBRDC Egypt Cayman Ltd.

 143

 509

日機装株式会社

 612,000

 506

日本シンガポール石油化学株式会社

 1,008,000

 504

株式会社産業革新機構

 10,000

 500

Taweelah A2 Operating LLC

 15

 409

MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社

 121,700

 381

住友化学株式会社

 712,427

 362

株式会社IHI

 1,292,000

 307

その他(50銘柄)

 4,682,844

 2,554

 119,830,688

 36,895

 

その他

種類および銘柄

投資口数等

(口)

貸借対照表計上額

(百万円)

有価証券

その他
有価証券

国内譲渡性預金

株式会社横浜銀行

8,000,000,000

8,000

小計

8,000,000,000

8,000

投資有価証券

その他
有価証券

出資証券

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構

36,137,033

36

国立研究開発法人理化学研究所

1,984,594

1

小計

38,121,627

38

8,038

 

【有形固定資産等明細表】

                                              (単位:百万円)

資産の種類

当期首残高

当期増加額

当期減少額

当期末残高

当期末減価償却累計額又は償却累計額

当期償却額

差引当期末残高

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

52,443

893

3,749

49,587

29,052

1,815

20,535

構築物

1,959

1,066

893

804

96

88

機械及び装置

3,982

857

301

4,539

3,060

775

1,479

車両運搬具

486

5

86

405

368

28

37

工具器具・備品

5,592

248

1,020

4,820

4,101

378

719

土地

21,775

(△2,982)

21,775

(△2,982)

21,775

リース資産

124

677

802

162

140

639

建設仮勘定

444

2,755

3,147

52

52

有形固定資産計

86,808

(△2,982)

5,438

9,371

82,875

(△2,982)

37,549

3,235

45,326

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウエア

2,521

402

474

2,449

1,269

470

1,179

その他無形固定資産

35

35

35

無形固定資産計

2,556

402

474

2,484

1,269

470

1,215

長期前払費用

60

16

44

26

8

18

(注)( )内は、土地の再評価に関する法律(平成10年3月31日公布法律第34号)により行った土地の再評価実施前の帳簿価額との差額である。

 

【引当金明細表】

                                              (単位:百万円)

区分

当期首残高

当期増加額

当期減少額

(目的使用)

当期減少額

(その他)

当期末残高

貸倒引当金(注)1

23,472

906

12,519

10,953

906

完成工事補償引当金(注)2

1,837

986

352

271

2,199

工事損失引当金(注)3

34,877

20,521

34,877

20,521

賞与引当金

5,156

5,083

5,156

5,083

役員賞与引当金

91

80

91

80

投資損失引当金

6,237

323

859

5,702

債務保証損失引当金(注)2,4

6,324

1,235

964

5,293

1,301

(注)1.当期減少額(その他)は、洗替および債権回収による戻入額等である。

2.当期減少額(その他)は、前年度引当額の目的外取崩分である。

3.当期減少額(その他)は、洗替による戻入額である。

4. 損益計算書上、債務保証損失引当金の取崩額と貸倒引当金繰入額は相殺後の純額で表示している。なお、相殺した貸倒引当金繰入額は964百万円である。

 

(2)【主な資産及び負債の内容】

連結財務諸表を作成しているため、記載を省略。

 

(3)【その他】

 該当事項なし。





出典: 日揮株式会社、2016-03-31 期 有価証券報告書