有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
第5【経理の状況】
1.連結財務諸表及び財務諸表の作成方法について
(1)当社の連結財務諸表は、「連結財務諸表の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和51年大蔵省令第28号。以下「連結財務諸表規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の連結財務諸表規則に基づき、当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の連結財務諸表規則に基づいて作成しております。
(2)当社の財務諸表は、「財務諸表等の用語、様式及び作成方法に関する規則」(昭和38年大蔵省令第59号。以下「財務諸表等規則」という。)に基づいて作成しております。
       なお、第43期事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)は、改正前の財務諸表等規則に基づき、第44期事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)は、改正後の財務諸表等規則に基づいて作成しております。
2.監査証明について
 当社は、証券取引法第193条の2の規定に基づき、前連結会計年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)の連結財務諸表及び第43期事業年度(平成18年3月1日から平成19年2月28日まで)の財務諸表について、並びに、金融商品取引法第193条の2第1項の規定に基づき、当連結会計年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)の連結財務諸表及び第44期事業年度(平成19年3月1日から平成20年2月29日まで)の財務諸表について監査法人トーマツの監査を受けております。
1【連結財務諸表等】
(1)【連結財務諸表】
①【連結貸借対照表】
   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ.流動資産
             
1.現金及び預金
   
1,437,937
   
2,756,227
 
2.受取手形及び売掛金
   
3,337,516
   
3,531,523
 
3.たな卸資産
   
1,270,451
   
2,124,537
 
4.繰延税金資産
   
67,603
   
261,143
 
5.前払費用
   
122,937
   
126,342
 
6.その他
   
161,247
   
134,958
 
貸倒引当金
   
△37,764
   
△43,180
 
流動資産合計
   
6,359,928
60.3
 
8,891,551
70.0
Ⅱ.固定資産
             
1.有形固定資産
             
(1)建物及び構築物
※1
2,421,904
   
2,189,060
   
減価償却累計額
 
1,096,310
1,325,593
 
1,056,516
1,132,544
 
(2)機械装置及び運搬具
 
191,508
   
250,121
   
減価償却累計額
 
123,741
67,766
 
124,330
125,790
 
(3)土地
※1
 
1,265,709
   
1,203,753
 
(4)建設仮勘定
   
64,388
   
4,599
 
(5)その他
 
797,037
   
595,916
   
減価償却累計額
 
492,173
304,863
 
360,346
235,569
 
有形固定資産合計
   
3,028,322
28.8
 
2,702,257
21.3
2.無形固定資産
             
(1)のれん 
   
25,513
   
 
(2)ソフトウェア
   
148,745
   
118,007
 
(3)その他
   
4,321
   
4,321
 
無形固定資産合計
   
178,580
1.7
 
122,329
1.0

 

   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
   
296,424
   
317,918
 
(2)長期前払費用
   
210
   
 
(3)事業保険積立金
   
371,032
   
304,426
 
(4)繰延税金資産
   
170,059
   
213,500
 
(5)その他
   
183,267
   
163,317
 
貸倒引当金
   
△49,396
   
△14,438
 
投資その他の資産合計
   
971,597
9.2
 
984,724
7.7
固定資産合計
   
4,178,500
39.7
 
3,809,311
30.0
資産合計
   
10,538,429
100.0
 
12,700,863
100.0
               
(負債の部)
             
Ⅰ.流動負債
             
1.支払手形及び買掛金
   
1,640,431
   
2,541,341
 
2.1年内返済予定の長期借入金
   
116,377
   
12,556
 
3.未払法人税等
   
33,600
   
340,400
 
4.未払消費税等
   
20,584
   
2,860
 
5.未払費用
   
357,446
   
310,740
 
6.前受金
   
745,914
   
1,226,437
 
7.賞与引当金
   
130,390
   
167,574
 
8. 役員賞与引当金
   
   
54,000
 
9.その他
   
123,289
   
88,818
 
流動負債合計
   
3,168,035
30.1
 
4,744,729
37.4
Ⅱ.固定負債
             
1.長期借入金
   
36,030
   
21,973
 
2.退職給付引当金
   
113,605
   
122,433
 
3.役員退職慰労引当金
   
299,113
   
311,093
 
4.負ののれん
   
   
63,582
 
5.その他
   
77,676
   
46,918
 
固定負債合計
   
526,426
5.0
 
566,002
4.4
負債合計
   
3,694,461
35.1
 
5,310,731
41.8

 

   
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ. 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
1,035,600
9.8
 
1,035,600
8.2
2.資本剰余金
 
 
1,282,890
12.2
 
1,282,890
10.1
3.利益剰余金
 
 
4,435,224
42.1
 
5,292,586
41.7
4.自己株式
 
 
△200,826
△1.9
 
△200,826
△1.6
  株主資本合計
 
 
6,552,888
62.2
 
7,410,250
58.4
Ⅱ. 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
22,042
0.2
 
17,188
0.1
2.為替換算調整勘定
 
 
△91,310
△0.9
 
△168,522
△1.3
  評価・換算差額等合計
 
 
△69,267
△0.7
 
△151,334
△1.2
Ⅲ. 少数株主持分
 
 
360,346
3.4
 
131,215
1.0
純資産合計
 
 
6,843,967
64.9
 
7,390,131
58.2
負債純資産合計
 
 
10,538,429
100.0
 
12,700,863
100.0
               
②【連結損益計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ.売上高
   
11,539,358
100.0
 
13,104,520
100.0
Ⅱ.売上原価
   
7,731,312
67.0
 
8,855,660
67.6
売上総利益
   
3,808,045
33.0
 
4,248,860
32.4
Ⅲ.販売費及び一般管理費
※1
※2
 
3,192,407
27.7
 
3,317,729
25.3
営業利益
   
615,638
5.3
 
931,131
7.1
Ⅳ.営業外収益
             
1.受取利息
 
15,967
   
25,833
   
2.受取配当金
 
3,865
   
4,239
   
3.技術料収入
 
27,895
   
30,119
   
4.受取賃貸料
 
9,633
   
7,742
   
5. 事業保険解約益
 
   
17,931
   
6. 投資事業組合持分利益
※3
   
9,275
   
7. 為替差益
 
   
4,525
   
8.その他
 
8,688
66,051
0.6
16,541
116,209
0.9
Ⅴ.営業外費用
             
1.支払利息
 
14,855
   
7,851
   
2.為替差損
 
866
   
   
3.支払手数料
 
7,003
   
5,730
   
4.支払保証料 
 
   
5,485
   
5.投資事業組合持分損失
※3
4,574
   
   
6.その他
 
13,918
41,218
0.3
7,263
26,330
0.2
経常利益
   
640,471
5.6
 
1,021,009
7.8
Ⅵ.特別利益
             
1.貸倒引当金戻入益
 
15,475
   
10,971
   
2.投資有価証券売却益
 
14,034
   
   
3.固定資産売却益 
 ※4
1,209
   
29,739
   
4.過年度固定資産償却戻入益
 
   
11,185
   
5.関係会社株式売却益
 
30,719
0.2
165,139
217,036
1.6
               

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅶ.特別損失
             
1.前期損益修正損
 
4,945
   
   
2. ゴルフ会員権評価損
 
   
2,450
   
3.固定資産売却損
※5
18,801
   
23,736
   
4.固定資産除却損
※6
1,085
   
1,003
   
5.減損損失
※7
   
37,887
   
6.賞与支給方法変更に伴う影響額
※8
11,056
35,888
0.3
65,077
0.5
税金等調整前当期純利益
   
635,302
5.5
 
1,172,968
8.9
法人税、住民税及び事業税
 
169,195
   
426,350
   
法人税等調整額
 
25,684
194,879
1.7
△240,814
185,536
1.4
少数株主利益
   
36,484
0.3
 
43,836
0.3
当期純利益
   
403,938
3.5
 
943,595
7.2
               
③【連結株主資本等変動計算書】
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成18年2月28日 残高(千円)
1,035,600
1,282,890
4,145,025
△127,774
6,335,741
連結会計年度中の変動額
         
利益処分による剰余金の配当
 
 
△87,339
 
△87,339
利益処分による役員賞与の支給
 
 
△26,400
 
△26,400
当期純利益
 
 
403,938
 
403,938
自己株式の取得
 
 
 
△73,051
△73,051
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
290,199
△73,051
217,147
平成19年2月28日 残高(千円)
1,035,600
1,282,890
4,435,224
△200,826
6,552,888
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成18年2月28日 残高(千円)
19,313
△100,081
△80,767
338,524
6,593,497
連結会計年度中の変動額
         
利益処分による剰余金の配当
 
 
 
 
△87,339
利益処分による役員賞与の支給
 
 
 
 
△26,400
当期純利益
 
 
 
 
403,938
自己株式の取得
 
 
 
 
△73,051
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
2,728
8,770
11,499
21,822
33,322
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
2,728
8,770
11,499
21,822
250,470
平成19年2月28日 残高(千円)
22,042
△91,310
△69,267
360,346
6,843,967
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
平成19年2月28日 残高(千円)
1,035,600
1,282,890
4,435,224
△200,826
6,552,888
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
△86,233
 
△86,233
当期純利益
 
 
943,595
 
943,595
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
857,362
857,362
平成20年2月29日 残高(千円)
1,035,600
1,282,890
5,292,586
△200,826
7,410,250
 
評価・換算差額等
少数株主持分
純資産合計
その他有価証券評価差額金
為替換算調整勘定
評価・換算差額等合計
平成19年2月28日 残高(千円)
22,042
△91,310
△69,267
360,346
6,843,967
連結会計年度中の変動額
         
剰余金の配当
 
 
 
 
△86,233
当期純利益
 
 
 
 
943,595
株主資本以外の項目の連結会計年度中の変動額(純額)
△4,853
△77,212
△82,066
△229,130
△311,197
連結会計年度中の変動額合計
(千円)
△4,853
△77,212
△82,066
△229,130
546,164
平成20年2月29日 残高(千円)
17,188
△168,522
△151,334
131,215
7,390,131
④【連結キャッシュ・フロー計算書】
   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅰ.営業活動によるキャッシュ・フロー
     
税金等調整前当期純利益
 
635,302
1,172,968
減価償却費
 
220,402
248,284
減損損失
 
37,887
のれん償却額 
 
24,928
25,248
差入保証金償却額
 
1,114
関係会社株式売却益
 ※3
△165,139
投資事業組合持分損益(利益△)
 
4,574
退職給付引当金の増減額(減少△)
 
12,513
役員退職慰労引当金の増減額(減少△)
 
△1,670
賞与引当金の増減額(減少△)
 
3,865
37,183
役員賞与引当金の増減額(減少△)
 
18,000
36,000
貸倒引当金の増減額(減少△)
 
△4,373
△26,391
受取利息及び配当金
 
△19,833
△30,072
支払利息
 
14,855
7,851
為替差損益(差益△)
 
998
投資有価証券売却益
 
△14,034
事業保険積立金の解約損益(解約益△)
 
△2,107
有形固定資産除却損
 
1,085
有形固定資産売却益
 
△1,209
△29,739
有形固定資産売却損
 
18,801
23,736
売上債権の増減額 (増加△)
 
△438,966
△247,454
たな卸資産の増減額(増加△)
 
1,077
△890,616
その他資産の増減額(増加△)
 
△59,231
88,128
仕入債務の増減額 (減少△)
 
114,577
934,219
未払費用の増減額 (減少△)
 
67,623

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
前受金の増減額  (減少△)
 
126,165
501,355
未払消費税等の増減額(減少△)
 
7,388
その他負債の増減額
(減少△)
 
△67,932
52,155
役員賞与の支払額
 
△26,400
その他
 
5,010
△38,406
小計
 
642,526
1,737,198
利息及び配当金の受取額
 
19,833
29,747
利息の支払額
 
△15,175
△8,343
法人税等の還付額
 
12,006
13,287
法人税等の支払額
 
△337,512
△130,149
営業活動によるキャッシュ・フロー
 
321,678
1,641,740
Ⅱ.投資活動によるキャッシュ・フロー
     
投資有価証券の取得による支出
 
△1,268
△1,293
投資有価証券の売却による収入
 
36,475
子会社株式の取得による支出
 
△11,793
△207,743
連結の範囲の変更を伴う子会社株式の売却による収入
 ※3
293,501
有形固定資産の取得による支出
 
△207,332
△226,924
有形固定資産の売却による収入
 
94,660
33,567
無形固定資産の取得による支出
 
△89,419
△42,751
投資事業組合の分配金による収入
 
1,421
2,288
事業保険積立による支出
 
△21,859
△21,859
事業保険解約による収入
 
41,001
106,397
保証金差入による支出
 
△670
△14,081
保証金返却による収入
 
890
2,560
投資活動によるキャッシュ・フロー
 
△157,894
△76,338

 

   
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
区分
注記
番号
金額(千円)
金額(千円)
Ⅲ.財務活動によるキャッシュ・フロー
     
短期借入金の純増減額(減少△)
 
△197,659
長期借入による収入
 
51,207
長期借入金の返済による支出
 
△116,270
リース債務の返済による支出
 
△11,461
△12,232
配当金の支払額
 
△86,984
△85,818
少数株主に対する配当金の支払額
 
△1,958
△6,043
自己株式取得による支出
 
△73,051
財務活動によるキャッシュ・フロー
 
△319,908
△220,364
Ⅳ.現金及び現金同等物に係る換算差額
 
3,586
△26,747
Ⅴ.現金及び現金同等物の増減額(減少△)
 
△152,536
1,318,290
Ⅵ.現金及び現金同等物期首残高
 
1,590,473
1,437,937
Ⅶ.現金及び現金同等物期末残高
※2
1,437,937
2,756,227
       
連結財務諸表作成のための基本となる事項
項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.連結の範囲に関する事項
(1)連結子会社     4社
・国内子会社     1社
フロイント化成㈱
(1)連結子会社     3社
・国内子会社     1社
同左
 
・在外子会社      3社
FREUND INTERNATIONAL,LTD.
VECTOR CORPORATION
VPS CORPORATION
・在外子会社     2社
FREUND INTERNATIONAL,LTD.
VECTOR CORPORATION  
 前連結会計年度において連結の範囲に含めておりましたVPS CORPORATIONにつきましては、当連結会計年度において株式の一部を売却したことにより、当社持分比率が低下したため、連結の範囲から除外しております。
 ただし、平成19年12月31日をみなし売却日として連結損益計算書及び連結キャッシュ・フロー計算書を作成しております。
 また、前連結会計年度において非連結子会社でありましたCOATING MACHINERY SYSTEMS,INC.については当連結会計年度に清算したことにより子会社に該当しなくなりました。
 
(2)非連結子会社   1社
COATING MACHINERY SYSTEMS,INC.
────── 
 
(連結の範囲から除いた理由)
 COATING MACHINERY SYSTEMS, 
INC.は小規模であり、総資産、売上高、当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等は、いずれも連結財務諸表に重要な影響を及ぼしていないためであります。
 
2.持分法の適用に関する事項
 持分法を適用していない非連結子会社であるCOATING MACHINERY SYSTEMS,INC.は当期純損益(持分に見合う額)及び利益剰余金(持分に見合う額)等からみて、持分法の対象から除いても連結財務諸表に及ぼす影響が軽微であり、かつ、全体としても重要性がないため持分法の適用範囲から除外しております。
────── 
3.連結子会社の事業年度等に関する事項
 国内連結子会社フロイント化成㈱の決算日は1月31日であり、在外連結子会社の決算日は12月31日であります。
 連結財務諸表の作成にあたっては同決算日現在の財務諸表を使用しており、連結決算日までの期間に発生した重要な取引については連結上必要な調整を行っております。
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
4.会計処理基準に関する事項
   
(1)重要な資産の評価基準及び評価方法
① 有価証券
・その他有価証券
時価のあるもの
連結決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定しております。)
① 有価証券
・その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
 
② たな卸資産
(当社及び国内連結子会社)
 商品及び原材料については、主として総平均法による原価法、製品及び仕掛品のうち機械部門については、個別法による原価法、化成品部門については、総平均法による原価法を採用しております。
② たな卸資産
(当社及び国内連結子会社)
同左
 
(在外連結子会社)
 先入先出法による低価法を採用しております。
(在外連結子会社)
         同左
(2)重要な減価償却資産の減価償却の方法
① 有形固定資産
(当社及び国内連結子会社)
 定率法によっております。
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)については定額法によっております。
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。
建物及び構築物   3年〜47年
機械装置及び運搬具 4年〜9年
① 有形固定資産
(当社及び国内連結子会社)
 定率法によっております。 
 ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く。)については定額法によっております。 
 なお、主な耐用年数は次のとおりであります。 
建物及び構築物   3年〜47年 
機械装置及び運搬具 2年〜9年 
 
(在外連結子会社)
 定額法を採用しております。
     ────── 
 
 
 
 
(在外連結子会社)
同左
(会計方針の変更)
 当社及び国内連結子会社は法人税法の改正に伴い、当連結会計年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 この変更に伴う営業利益、経常利益及び税金等調整前当期純利益に与える影響は軽微であります。
 なお、セグメント情報に与える影響は軽微であります。 

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
 
② 無形固定資産
(当社及び国内連結子会社)
 定額法によっております。
 なお、自社利用のソフトウェアについては社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法によっております。
② 無形固定資産
(当社及び国内連結子会社)
同左
 
(在外連結子会社)
 定額法を採用しております。
(在外連結子会社)
同左
(3)重要な引当金の計上基準
① 貸倒引当金
(当社及び国内連結子会社)
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率等により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
① 貸倒引当金
(当社及び国内連結子会社)
同左
 
(在外連結子会社)
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、個々の債権の回収不能見込額を計上しております。
(在外連結子会社)
同左
 
② 賞与引当金
 従業員の賞与の支給に備えるため、当社及び国内連結子会社は支給見込額基準に基づき計上しております。
② 賞与引当金
同左
 
③  役員賞与引当金 
  役員の賞与の支給に備えるため、当社は支給見込額基準に基づき計上しております。
③  役員賞与引当金 
同左
 
④ 退職給付引当金 
  当社及び国内連結子会社は従業員の退職給付に備えるため、当連結会計年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 数理計算上の差異は、各連結会計年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌連結会計年度から費用処理をすることとしております。
④ 退職給付引当金
同左 
 
⑤ 役員退職慰労引当金
 当社は役員の退職慰労金支出に備えるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
⑤ 役員退職慰労引当金
同左

 

項目
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(4)重要な外貨建の資産又は負債の本邦通貨への換算の基準
  外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。なお、在外連結子会社等の資産及び負債は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、収益及び費用は期中平均相場により円貨に換算し、換算差額は純資産の部における為替換算調整勘定及び少数株主持分に含めて計上しております。
同左
(5)重要なリース取引の処理方法
(当社及び国内連結子会社)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
(当社及び国内連結子会社)
同左
 
(在外連結子会社)
 所在地国の会計基準に基づき、ファイナンス・リース契約によるリース資産を有形固定資産に計上しております。
────── 
(6)消費税等の会計処理
 税抜方式を採用しております。
同左
5.連結子会社の資産及び負債の評価に関する事項
 連結子会社の資産及び負債の評価につきましては、全面時価評価法を採用しております。
同左
6.のれんの償却に関する事項
  のれん及び負ののれんの償却につきましては10年間の均等償却を行っております。
同左
7.連結キャッシュ・フロー計算書における資金の範囲
 手許現金、随時引き出し可能な預金及び容易に換金可能であり、かつ、価値の変動について僅少なリスクしか負わない取得日から3ヶ月以内に償還期限の到来する短期投資からなっております。
同左
連結財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
(役員賞与に関する会計基準)
 当連結会計年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。この結果、従来の方法に比べ、営業利益、経常利益、税金等調整前当期純利益は、それぞれ18,000千円減少しております。セグメント情報に与える影響は、当該箇所に記載しております。
────── 
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)    当連結会計年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する額は6,483,620千円であります。 
 なお、当連結会計年度における連結貸借対照表の純資産の部については、連結財務諸表規則の改正に伴ない、改正後の連結財務諸表規則により作成しております。  
────── 
表示方法の変更
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
 (連結貸借対照表関係)
 1.       ────── 
 
  (連結貸借対照表関係)  
 1.前連結会計年度まで区分掲記しておりました「長期前払費用」(当期末残高493千円)は、表示を明瞭にするため、投資その他の資産の「その他」に含めて表示しております。
 2.              ────── 
 2.前連結会計年度まで流動負債の「その他」に含めて表示しておりました「役員賞与引当金」は、重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度における「役員賞与引当金」の金額は18,000千円であります。
 3.              ────── 
 3.前連結会計年度まで固定負債の「その他」に含めて表示しておりました「負ののれん」は、重要性が増したため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度における「負ののれん」の金額は3,745千円であります。 
 4.前連結会計年度まで「連結調整勘定」として表示しておりましたものは、改正後の連結財務諸表規則を適用し、当連結会計年度より「のれん」として表示しております。
 4.        ────── 
────── 
 (連結損益計算書関係)
 1.前連結会計年度まで営業外収益の「その他」に含めて表示しておりました「事業保険解約益」は、表示を明瞭にするため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度における「事業保険解約益」の金額は2,107千円であります。
 2.前連結会計年度まで営業外費用の「その他」に含めて表示しておりました「支払保証料」は、表示を明瞭にするため区分掲記しております。
 なお、前連結会計年度における「支払保証料」の金額は6,211千円であります。 
 (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
 1.         ────── 
 (連結キャッシュ・フロー計算書関係)
 1.営業活動によるキャッシュ・フローの「退職給付引当金の増減額」、「役員退職慰労引当金の増減額」、「未払費用の増減額」及び「未払消費税等の増減額」は当連結会計年度より、表示を明瞭にするため「その他負債の増減額」に含めております。
 なお、当連結会計年度の「その他負債の増減額」に含まれている「退職給付引当金の増減額」、「役員退職慰労引当金の増減額」、「未払費用の増減額」及び「未払消費税等の増減額」はそれぞれ8,827千円、11,980千円、△10,415千円、△17,723千円であります。       

 

前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
 2.         ────── 
 2.営業活動によるキャッシュ・フローの「投資事業組合持分損益」、「為替差損益」、「事業保険積立金の解約損益」及び「有形固定資産除却損」は当連結会計年度より、表示を明瞭にするため「その他」に含めております。
 なお、当連結会計年度の「その他」に含まれている「投資事業組合持分損益」、「為替差損益」、「事業保険積立金の解約損益」及び「有形固定資産除却損」はそれぞれ△9,275千円、△3,606千円、△17,931千円、1,003千円であります。
 3.営業活動によるキャッシュ・フローにおいて前連結会計年度まで「連結調整勘定償却額」として表示しておりましたものは、改正後の連結財務諸表規則を適用し、当連結会計年度より「のれん償却額」として表示しております。       
 3.         ────── 
注記事項
(連結貸借対照表関係)
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
※1 担保に供している資産及びこれに対応する債務
※1 担保に供している資産及びこれに対応する債務
担保に供している資産
 
建物
     728,616千円
土地
   1,007,531千円
   1,736,148千円
上記に対応する債務
 
上記の担保に供している資産に対応する債務はありません。
担保に供している資産
 
建物
     658,698千円
土地
     900,266千円
   1,558,965千円
上記に対応する債務
 
上記の担保に供している資産に対応する債務はありません。
 2 貸出コミットメント
当社は、機動的かつ効率的な資金調達手段を確保するとともに財務体質の強化を図るべく、取引銀行4行と引出し通貨として米ドルも可能なコミットメント契約を締結しております。
この契約に基づくコミットメントの総額は20億円であり、当連結会計年度末の未実行残高は20億円であります。
 2 貸出コミットメント
当社は、機動的かつ効率的な資金調達手段を確保するとともに財務体質の強化を図るべく、取引銀行2行と引出し通貨として米ドルも可能なコミットメント契約を締結しております。
この契約に基づくコミットメントの総額は9億円であり、当連結会計年度末の未実行残高は9億円であります。
(連結損益計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
※1 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりです。
※1 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりです。
給与手当
     911,407千円
賞与引当金繰入額
    80,169千円
役員賞与引当金繰入額
 18,000千円
退職給付費用
     100,912千円
役員退職慰労引当金繰入額
      18,000千円
減価償却費
     102,663千円
のれん償却額
      24,928千円
給与手当
     923,616千円
賞与引当金繰入額
      91,707千円
役員賞与引当金繰入額
     54,000千円
退職給付費用
     105,054千円
役員退職慰労引当金繰入額
     20,250千円
減価償却費
    129,517千円
のれん償却額
      25,248千円
※2 一般管理費に含まれる研究開発費
※2 一般管理費に含まれる研究開発費
 
     286,147千円
 
     270,869千円
※3 投資事業組合に対する出資から生じた持分相当損益であります。
※3           同左
※4 固定資産売却益1,209千円は工具器具備品の売却によるものであります。
※4 固定資産売却益は、次のとおりであります。 
機械装置 
      29,417千円
工具器具備品
300千円
車両運搬具 
 21千円
 計
      29,739千円
※5 固定資産売却損は、次のとおりであります。
※5 固定資産売却損は、次のとおりであります。
土地
     15,548千円
その他
3,252千円
 計
18,801千円
土地
      15,571千円
その他
8,165千円
 計
      23,736千円
※6 固定資産除却損は、次のとおりであります。
※6 固定資産除却損は、次のとおりであります。
建物及び構築物
   417千円
機械装置及び運搬具
   246千円
工具器具備品
   421千円
 計
     1,085千円
建物及び構築物
      484千円
工具器具備品
      518千円
 計
       1,003千円

 

前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
※7     ────────────
※7  減損損失  
   当連結会計年度において、当社グループは以下の資産について減損損失を計上しました。
場所
用途
種類
静岡県
浜松市
賃貸用不動産
土地及び建物等
   当社グループは、製品カテゴリーを資産グループの基礎とし、独立したキャッシュ・フローを生み出す最小単位でグルーピングを行っております。上記資産につきましては、地価の下落により帳簿価額の回収が不可能と見込まれるため、使用価値により算定された回収可能価額もしくは正味売却価額まで減じ、その減少額を特別損失に計上しております。
内訳は下記のとおりであります。なお、使用価値の算出に当たっての割引率は5.51%を適用しており、正味売却価額については不動産鑑定評価額を基礎に測定しております。
土地
31,412千円
建物
6,390千円
その他
     83千円
37,887千円
※8 賞与支給方法変更に伴う影響額11,056千円は、国内連結子会社が賞与支給方法を改訂したことにより、支給時期を変更したため臨時に支給した調整額であります。
※8     ────────────
(連結株主資本等変動計算書関係)
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
4,600,000
4,600,000
合計
4,600,000
4,600,000
自己株式
       
普通株式 (注)
233,050
55,300
288,350
合計
233,050
55,300
288,350
 (注)普通株式の自己株式の株式数の増加55,300株は、取締役会決議による自己株式の取得によるものであります。 
2.配当に関する事項 
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成18年5月25日
定時株主総会
普通株式
87,339
20
平成18年2月28日
平成18年5月26日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
86,233
 利益剰余金
20
平成19年2月28日
平成19年5月25日
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
1.発行済株式の種類及び総数並びに自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前連結会計年度末株式数(株)
当連結会計年度増加株式数(株)
当連結会計年度減少株式数(株)
当連結会計年度末株式数(株)
発行済株式
       
普通株式
4,600,000
4,600,000
合計
4,600,000
4,600,000
自己株式
       
普通株式 
288,350
288,350
合計
288,350
288,350
 
2.配当に関する事項 
(1)配当金支払額
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成19年5月24日
定時株主総会
普通株式
86,233
20
平成19年2月28日
平成19年5月25日
(2)基準日が当連結会計年度に属する配当のうち、配当の効力発生日が翌連結会計年度となるもの
(決議)
株式の種類
配当金の総額
(千円)
配当の原資
1株当たり配当額(円)
基準日
効力発生日
平成20年5月27日
定時株主総会
普通株式
129,349
 利益剰余金
30
平成20年2月29日
平成20年5月28日
(連結キャッシュ・フロー計算書関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金からなっております。
1.連結キャッシュ・フロー計算書における資金(現金及び現金同等物)は、手許現金、随時引き出し可能な預金からなっております。
※2.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
※2.現金及び現金同等物の期末残高と連結貸借対照表に記載されている科目の金額との関係
(平成19年2月28日現在)
(平成20年2月29日現在)
現金及び預金勘定
 1,437,937千円
現金及び現金同等物
1,437,937千円
現金及び預金勘定
 2,756,227千円
現金及び現金同等物
 2,756,227千円
 ※3.     ────────────
※3.当連結会計年度に株式の売却により連結子会社で  なくなった会社の資産及び負債の主な内訳
株式の売却によりVPS CORPORATIONが連結子会社でなくなったことに伴う売却時の資産及び負債の内訳並びにVPS CORPORATION株式の売却価額と売却による収入は次のとおりであります。
流動資産
 45,073千円
固定資産 
 170,579千円
流動負債 
 △57,145千円
固定負債 
 △5,655千円
株式売却益 
 165,139千円
VPS CORPORATIONの株式の売却価額 
 298,273千円
VPS CORPORATIONの現金及び現金同等物
 4,772千円
差引:売却による収入
 293,501千円
4.重要な非資金取引の内容
 該当事項はありません。
4.重要な非資金取引の内容
           同左
(リース取引関係)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置及び運搬具
722,874
282,300
440,574
その他
17,895
9,109
8,785
合計
740,769
291,409
449,360
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置及び運搬具
684,731
339,293
345,437
その他
22,880
8,402
14,478
合計
707,611
347,695
359,916
(2)未経過リース料期末残高相当額
(2)未経過リース料期末残高相当額
1年内
       125,276千円
1年超
       343,191千円
合計
      468,468千円
1年内
       123,938千円
1年超
       253,850千円
合計
       377,789千円
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額
支払リース料
       152,869千円
減価償却費相当額
       143,352千円
支払利息相当額
      10,389千円
支払リース料
       138,362千円
減価償却費相当額
       128,719千円
支払利息相当額
         8,491千円
(4)減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
(4)減価償却費相当額の算定方法
同左
(5)利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
(5)利息相当額の算定方法
同左
2.オペレーティング・リース取引
未経過リース料
2.オペレーティング・リース取引
未経過リース料
1年内
      68,473千円
1年超
       212,496千円
合計
       280,970千円
1年内
        13,581千円
1年超
        11,103千円
合計
        24,684千円
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありません
(減損損失について)
同左
(有価証券関係)
1.その他有価証券で時価のあるもの
 
種類
前連結会計年度(平成19年2月28日)
当連結会計年度(平成20年2月29日)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
取得原価
(千円)
連結貸借対照表計上額
(千円)
差額(千円)
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えるもの
(1)株式
70,391
107,560
37,169
71,685
100,671
28,985
(2)債券
(3)その他
小計
70,391
107,560
37,169
71,685
100,671
28,985
連結貸借対照表計上額が取得原価を超えないもの
(1)株式
(2)債券
(3)その他
小計
合計
70,391
107,560
37,169
71,685
100,671
28,985
2.前連結会計年度及び当連結会計年度中に売却したその他有価証券
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
売却額(千円)
売却益の合計額
(千円)
売却損の合計額
(千円)
36,475
14,034
3.時価評価されていない主な有価証券の内容
種類
前連結会計年度(平成19年2月28日)
当連結会計年度(平成20年2月29日)
連結貸借対照表計上額(千円)
連結貸借対照表計上額(千円)
その他有価証券
   
非上場株式
182,392
203,791
その他
6,471
13,455
合計
188,863
217,247
4.その他有価証券のうち満期があるもの及び満期保有目的の債券の今後の償還予定額
前連結会計年度(平成19年2月28日)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(平成20年2月29日)
 該当事項はありません。
(デリバティブ取引関係)
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 該当事項はありません。
(退職給付関係)
1.採用している退職給付制度の概要
 当社及びフロイント化成㈱は、確定給付型の制度として適格退職年金制度を、確定拠出型の制度として中小企業退職金共済制度等を有しております。
 在外子会社は確定拠出型の制度として401kプランを有しております。
 また、当社は総合型の厚生年金基金に加入しております。
2.退職給付債務に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
退職給付債務
   
(1)退職給付債務(千円)
△341,835
△338,842
(2)年金資産(千円)
180,623
179,597
(3)未積立退職給付債務(千円)(1)+(2)
△161,212
△159,245
(4)未認識数理計算上の差異(千円)
47,607
36,811
(5)退職給付引当金(千円)(3)+(4)
△113,605
△122,433
 (注)1.国内連結子会社は退職給付債務の算定にあたり、簡便法を採用しております。
2.総合型の厚生年金基金に関しては当社固有の債務額を算出することは不可能であるため、本年金基金に関する債務額は退職給付債務額には含めておりません。また、掛金拠出割合により算出した年金資産額は990,963千円であります。
3.退職給付費用に関する事項
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
退職給付費用
   
(1)勤務費用(千円)
103,676
104,732
(2)利息費用(千円)
4,789
5,586
(3)期待運用収益(千円)
△664
△1,197
(4)数理計算上の差異の費用処理額(千円)
4,463
6,005
(5)退職給付費用(千円)
(1)+(2)+(3)+(4)
112,265
115,126
 (注) 簡便法を採用している連結子会社の退職給付費用、確定拠出型制度である中小企業退職金共済等に係る拠出金及び総合型の厚生年金基金に係る掛金については、「(1)勤務費用」に含めて表示しております。
4.退職給付債務等の計算の基礎に関する事項
 
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
(1)割引率(%)
1.7
1.8
(2)期待運用収益率(%)
0.4
0.7
(3)退職給付見込額の期間配分方法
期間定額基準
同左
(4)数理計算上の差異の処理年数(年)
10
10
(ストック・オプション等関係)
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
      該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
      該当事項はありません。
(税効果会計関係)
前連結会計年度
(平成19年2月28日)
当連結会計年度
(平成20年2月29日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
繰延税金資産
 
在外子会社繰越欠損金
   169,017千円
役員退職慰労引当金
   121,739千円
在外子会社税額控除繰越
    94,335千円
未払費用
    68,656千円
賞与引当金
    48,406千円
退職給付引当金
    46,252千円
貸倒引当金
    30,132千円
ゴルフ会員権評価損
    17,804千円
減損損失
     9,868千円
その他
    32,966千円
小計
   639,178千円
評価性引当額
 △326,832千円
繰延税金資産合計
   312,346千円
繰延税金負債
 
在外子会社資産評価差額
    43,475千円
在外子会社固定資産加速償却 
16,079千円
その他有価証券評価差額金
    15,128千円
繰延税金負債合計
    74,683千円
繰延税金資産の純額
   237,663千円
繰延税金資産
 
役員退職慰労引当金
   126,615千円
在外子会社税額控除繰越
   104,561千円
賞与引当金
    68,266千円
未払費用
    56,390千円
退職給付引当金
    49,843千円
在外子会社繰越欠損金
    47,600千円
未払事業税
    27,019千円
減損損失
    25,333千円
ゴルフ会員権評価損
    18,801千円
その他
    65,592千円
小計
   590,026千円
評価性引当額
 △37,491千円
繰延税金資産合計
   552,534千円
繰延税金負債
 
在外子会社固定資産加速償却
    54,563千円
その他有価証券評価差額金
    11,797千円
在外子会社資産評価差額
    11,529千円
繰延税金負債合計
    77,890千円
繰延税金資産の純額
   474,644千円
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別内訳
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別内訳
法定実効税率
 40.7%
(調整)
 
交際費等永久に損益に算入されない項目
 2.2%
在外子会社の繰延税金資産に係る評価性引当額取崩
 △4.5%
のれん償却額
 1.6%
情報基盤投資税額控除
 △1.9%
試験研究費税額控除
 △3.6%
連結子会社との税率差異 
 △1.2%
その他
△2.6%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
 30.7%
法定実効税率
40.7%
(調整)
 
交際費等永久に損益に算入されない項目
2.6%
在外子会社の繰延税金資産に係る評価性引当額取崩
△24.6%
のれん償却額
0.9%
減損損失に係る評価性引当額
0.5%
試験研究費税額控除
△2.5%
連結子会社との税率差異 
△1.6%
その他
△0.2%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
15.8%
(セグメント情報)
【事業の種類別セグメント情報】
 
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
機械部門
(千円)
化成品部門
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ.売上高及び営業利益
         
売上高
         
(1)外部顧客に対する売上高
7,134,193
4,405,164
11,539,358
11,539,358
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
3,928
3,928
△3,928
7,138,121
4,405,164
11,543,286
△3,928
11,539,358
営業費用
6,560,400
4,002,082
10,562,482
361,236
10,923,719
営業利益
577,721
403,081
980,803
△365,164
615,638
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
         
資産
4,586,537
3,821,458
8,407,995
2,130,433
10,538,429
減価償却費
72,898
117,581
190,480
29,922
220,402
減損損失
資本的支出
125,367
48,264
173,632
104,050
277,682
 
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
機械部門
(千円)
化成品部門
(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ.売上高及び営業利益
         
売上高
         
(1)外部顧客に対する売上高
8,696,465
4,408,055
13,104,520
13,104,520
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
8,696,465
4,408,055
13,104,520
13,104,520
営業費用
7,840,359
3,976,375
11,816,735
356,654
12,173,389
営業利益
856,105
431,680
1,287,785
△356,654
931,131
Ⅱ.資産、減価償却費、減損損失及び資本的支出
         
資産
4,574,984
3,366,597
7,941,581
4,759,281
12,700,863
減価償却費
89,156
124,886
214,043
34,241
248,284
減損損失
37,887
37,887
資本的支出
108,156
74,418
182,574
10,164
192,738
(注)1.事業区分の方法
当連結グループの事業区分は、製品の種類、製造方法の類似性等を考慮して区分しております。
2.各事業区分に属する主要製品
事業区分
主要製品
機械部門
粉粒体機械装置、粉粒体機械のプラント設備及び粉粒体関連機器、計器・部品
化成品部門
医薬品添加剤、食品品質保持剤及び栄養補助食品、製薬・食品・化学等の開発研究、処方検討等の受託、治験薬製造の受託及び仲介
3.前連結会計年度及び当連結会計年度における営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、331,978千円及び332,100千円であり、その主なものは当社及び在外子会社の管理部門に係る費用であります。
4.前連結会計年度及び当連結会計年度における資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、2,132,890千円及び4,759,281千円であり、主なものは当社での余資運用資金(現金)、事業保険積立金、投資有価証券、管理部門に係わる資産等であります。
 
 
【所在地別セグメント情報】
 
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
日本(千円)
北米(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ.売上高及び営業利益
         
売上高
         
(1)外部顧客に対する売上高
8,112,095
3,427,262
11,539,358
11,539,358
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
102,414
263,170
365,585
△365,585
8,214,510
3,690,433
11,904,943
△365,585
11,539,358
営業費用
7,412,027
3,447,450
10,859,478
64,241
10,923,719
営業利益
802,482
242,982
1,045,465
△429,826
615,638
Ⅱ.資産
5,713,457
2,691,100
8,404,557
2,133,871
10,538,429
 
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
日本(千円)
北米(千円)
計(千円)
消去又は全社
(千円)
連結(千円)
Ⅰ.売上高及び営業利益
         
売上高
         
(1)外部顧客に対する売上高
9,497,846
3,606,673
13,104,520
13,104,520
(2)セグメント間の内部売上高又は振替高
75,555
198,331
273,886
△273,886
9,573,401
3,805,005
13,378,407
△273,886
13,104,520
営業費用
8,469,926
3,643,286
12,113,212
60,177
12,173,389
営業利益
1,103,475
161,719
1,265,195
△334,064
931,131
Ⅱ.資産
6,808,850
2,703,354
9,512,204
3,188,658
12,700,863
 (注)1.地域は地理的近接度により区分しております。
2.本邦以外の区分に属する地域の内訳は次のとおりであります。
北 米………米国
3.前連結会計年度及び当連結会計年度における営業費用のうち、消去又は全社の項目に含めた配賦不能営業費用の金額は、331,978千円及び332,100千円であり、その主なものは当社の管理部門に係る費用であります。
4.前連結会計年度及び当連結会計年度における資産のうち、消去又は全社の項目に含めた全社資産の金額は、2,263,332千円及び3,201,036千円であり、その主なものは当社での余資運用資金(現金)、事業保険積立金、投資有価証券、管理部門に係る資産等であります。
 
 
【海外売上高】
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 
北米
その他
Ⅰ 海外売上高(千円)
2,253,862
1,708,535
3,962,398
Ⅱ 連結売上高(千円)
11,539,358
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
19.5
14.8
34.3
 (注)1.地域は地理的近接度により区分しております。
2.各区分に属する主な国又は地域
(1)北 米………米国、カナダ
(2)その他………欧州、中南米等
3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 
北米
その他
Ⅰ 海外売上高(千円)
2,732,137
1,435,648
4,167,785
Ⅱ 連結売上高(千円)
13,104,520
Ⅲ 連結売上高に占める海外売上高の割合(%)
20.8
11.0
31.8
 (注)1.地域は地理的近接度により区分しております。
2.各区分に属する主な国又は地域
(1)北 米………米国、カナダ
(2)その他………欧州、中南米等
3.海外売上高は、当社及び連結子会社の本邦以外の国又は地域における売上高であります。
【関連当事者との取引】
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 該当事項はありません。
(1株当たり情報)
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
1株当たり純資産額
    1,503円74銭
1株当たり当期純利益金額
  93円38銭
1株当たり純資産額
     1,683円56銭
1株当たり当期純利益金額
    218円85銭
なお、潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権付社債等潜在株式がないため記載しておりません。
同左
 (注) 1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前連結会計年度
(自 平成18年3月1日
至 平成19年2月28日)
当連結会計年度
(自 平成19年3月1日
至 平成20年2月29日)
当期純利益(千円)
403,938
943,595
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
403,938
943,595
普通株式の期中平均株式数(千株)
4,325
4,311
(重要な後発事象)
前連結会計年度(自 平成18年3月1日 至 平成19年2月28日)
 該当事項はありません。
当連結会計年度(自 平成19年3月1日 至 平成20年2月29日)
 該当事項はありません。
⑤【連結附属明細表】
【社債明細表】
 該当事項はありません。
【借入金等明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期末残高
(千円)
平均利率
(%)
返済期限
(借入金)
       
1年以内に返済予定の長期借入金
116,377
12,556
6.75
長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)
36,030
21,973
6.75
平成21年〜22年
(その他の有利子負債)
       
リース債務(1年以内)
12,363
リース債務(1年超)
18,932
183,705
34,530
 (注)1.平均利率については、期末借入金残高に対する加重平均利率を記載しております。
2.長期借入金(1年以内に返済予定のものを除く。)の連結決算日後5年間の返済予定額は以下のとおりであります。
 
1年超2年以内
(千円)
2年超3年以内
(千円)
3年超4年以内
(千円)
4年超5年以内
(千円)
長期借入金
12,556
9,417
12,556
9,417
(2)【その他】
 該当事項はありません。




出典: フロイント産業株式会社、2008-02-29 期 有価証券報告書