有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
【重要な会計方針】

1.有価証券の評価基準及び評価方法

(1)子会社株式及び関連会社株式

 移動平均法による原価法を採用しております。

(2)その他有価証券

時価のあるもの

決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)を採用しております。

時価のないもの

移動平均法による原価法を採用しております。

 

2.たな卸資産の評価基準及び評価方法

(1)商品及び原材料

 総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。

(2)製品及び仕掛品

機械部門  個別法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。

化成品部門 総平均法による原価法(貸借対照表価額については収益性の低下に基づく簿価切下げの方法)を採用しております。

 

3.固定資産の減価償却の方法

(1)有形固定資産(リース資産を除く)

 定率法を採用しております。

  ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。

  なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。

建物         3年〜47年

機械装置       4年〜12年

(2)無形固定資産(リース資産を除く)

 定額法を採用しております。

 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。

 

4.外貨建の資産及び負債の本邦通貨への換算基準

 外貨建金銭債権債務は、期末日の直物等為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。

 

5.引当金の計上基準

(1)貸倒引当金

 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については、貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

(2)賞与引当金

 従業員の賞与の支給に備えるため、支給見込額基準に基づき計上しております。

(3) 役員賞与引当金

  役員の賞与の支給に備えるため、支給見込額基準に基づき計上しております。

(4)退職給付引当金

 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務の見込額に基づき計上しております。

 過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法にて費用処理しております。

 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の一定の年数(10年)による定額法により按分した額をそれぞれ発生の翌事業年度から費用処理することとしております。

 

6.収益及び費用の計上基準

完成工事高及び完成工事原価の計上基準

イ 当事業年度末までの進捗部分について成果の確実性が認められる工事

工事進行基準(工事の進捗率の見積りは原価比例法)

ロ その他工事

工事完成基準

 

7.その他財務諸表作成のための基本となる重要な事項

消費税等の会計処理

 税抜方式によっております。

 

【追加情報】

 当事業年度の期首以後に行われる会計上の変更及び過去の誤謬の訂正より、「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号)及び「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第24号)を適用しております。 

【注記事項】
(貸借対照表関係)

※1.担保に供している資産及びこれに対応する債務は次のとおりであります。

(イ)担保に供している資産

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

当事業年度

(平成25年2月28日)

建物

489,165千円

468,484千円

土地

900,266

900,266

1,389,432

1,368,751

 

(ロ)上記に対応する債務

 上記の担保に供している資産に対応する債務はありません。

 

※2.関係会社項目

 関係会社に対する資産及び負債は区分掲記されたもののほか次のものがあります。

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

当事業年度

(平成25年2月28日)

流動資産

 

 

売掛金

5,731千円

2,828千円

前渡金

27,226

その他

91

133

流動負債

 

 

買掛金

442,123

578,008

未払金

3,246

3,056

 

 3.偶発債務

 関係会社の買入債務に対し次のとおり債務保証を行っております。

前事業年度

(平成24年2月29日)

当事業年度

(平成25年2月28日)

フロイント化成㈱

13,422千円

 

千円

 

(損益計算書関係)

※1.販売費に属する費用のおおよその割合は前事業年度24%、当事業年度25%、一般管理費に属する費用のおおよその割合は前事業年度76%、当事業年度75%であります。

 販売費及び一般管理費の主要な費目及び金額は次のとおりであります。

 

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

役員報酬

142,415千円

115,274千円

給与手当

523,229

533,482

法定福利費

130,418

141,477

賞与

118,633

116,594

賞与引当金繰入額

119,252

161,474

役員賞与引当金繰入額

63,000

86,000

退職給付費用

21,888

32,196

減価償却費

107,400

54,445

研究開発費

256,899

304,784

 

※2.一般管理費に含まれる研究開発費の総額

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

256,899千円

304,784千円

 

※3.関係会社に係る注記

 区分掲記されたもの以外で各科目に含まれている関係会社に対するものは次のとおりであります。

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

受取技術料

19,444千円

 

22,927千円

 

   なお、当事業年度において、関係会社に対する営業費用が売上原価と販売費及び一般管理費の合計額の100分の20を超えており、その金額は2,527,141千円であります。

 

※4.固定資産売却益の内訳

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

機械装置

千円

 

77千円

 

77

 

※5.固定資産除却損の内訳

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

機械装置

35千円

 

53千円

工具、器具及び備品

70

 

133

105

 

186

 

 

※6.他勘定受入高は、原材料からの受入であります。

 

※7.他勘定振替高は、主として広告宣伝費に振り替えたものであります。

 

※8.他勘定振替高は、主として広告宣伝費に振り替えたものであります。

(株主資本等変動計算書関係)

前事業年度(自  平成23年3月1日 至  平成24年2月29日)

自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首株式数(株)

当事業年度増加株式数(株)

当事業年度減少株式数(株)

当事業年度末株式数(株)

    普通株式(注)

577,581

39

577,620

合計

577,581

39

577,620

(注)自己株式の普通株式の増加は、単元未満株式の買取によるものであります。

 

当事業年度(自  平成24年3月1日 至  平成25年2月28日)

自己株式の種類及び株式数に関する事項

 

当事業年度期首株式数(株)

当事業年度増加株式数(株)

当事業年度減少株式数(株)

当事業年度末株式数(株)

    普通株式

577,620

577,620

合計

577,620

577,620

 

(リース取引関係)

(借主側)

1.リース取引に関する会計基準適用初年度開始前の所有権移転外ファイナンス・リース取引 

(1)リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額

 

(単位:千円)

 

前事業年度(平成24年2月29日)

取得価額相当額

減価償却累計額相当額

期末残高相当額

機械及び装置

4,312

3,090

1,222

工具、器具及び備品

6,779

6,666

113

合計

11,092

9,757

1,335

 

 

(単位:千円)

 

当事業年度(平成25年2月28日)

取得価額相当額

減価償却累計額相当額

期末残高相当額

機械及び装置

4,312

3,953

359

合計

4,312

3,953

359

 

(2)未経過リース料期末残高相当額等

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

当事業年度

(平成25年2月28日)

未経過リース料期末残高相当額

 

 

1年内

1,030

390

1年超

390

-

合計

1,421

390

 

(3)支払リース料、減価償却費相当額及び支払利息相当額

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

支払リース料

31,332

1,064

減価償却費相当額

30,418

975

支払利息相当額

192

34

 

(4)減価償却費相当額の算定方法

 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。

  

(5)利息相当額の算定方法

 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。

 

2.オペレーティング・リース取引

オペレーティング・リース取引のうち解約不能のものに係る未経過リース料

 

(単位:千円)

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

当事業年度

(平成25年2月28日)

1年内

3,428

1,108

1年超

5,309

-

合計

8,737

1,108

 

(有価証券関係)

前事業年度(平成24年2月29日) 

 子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式2,843,049千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

 

当事業年度(平成25年2月28日)

 子会社株式(貸借対照表計上額 子会社株式3,045,309千円)は、市場価格がなく、時価を把握することが極めて困難と認められることから、記載しておりません。

 

(税効果会計関係)

1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

 

当事業年度

(平成25年2月28日)

繰延税金資産

 

 

 

長期未払金

103,972千円

 

109,722千円

未払金

20,229

 

賞与引当金

70,164

 

85,988

退職給付引当金

52,856

 

55,950

減損損失

8,494

 

8,459

未払事業税

36,100

 

31,540

ゴルフ会員権評価損

18,848

 

18,848

その他

46,886

 

34,485

繰延税金資産小計

357,554

 

344,995

評価性引当額

△41,613

 

△35,966

繰延税金資産合計

315,940

 

309,028

繰延税金負債

 

 

 

その他有価証券評価差額金

2,005

 

7,941

株式譲渡認定損

35,608

 

35,608

その他

8,713

 

繰延税金負債合計

46,327

 

43,550

繰延税金資産の純額

269,613

 

265,478

 

2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との間に重要な差異があるときの、当該差異の原因となった主要な項目別の内訳

 

前事業年度

(平成24年2月29日)

 

当事業年度

(平成25年2月28日)

法定実効税率

40.7

 

40.7

(調整)

 

 

 

交際費等永久に損金に算入されない項目

2.5

 

2.2

住民税均等割

0.8

 

0.5

評価性引当額の増減額

0.7

 

△0.4

研究開発費等による法人税特別控除

△1.7

 

△0.6

税率変更に伴う影響額

1.8

 

0.6

その他

0.6

 

△0.1

税効果会計適用後の法人税等の負担率

45.4

 

42.9

 

(資産除去債務関係)

 資産除去債務の総額に重要性が乏しいため、記載を省略しております。 

(1株当たり情報)

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

1株当たり純資産額

98075

1株当たり当期純利益金額

5640

1株当たり純資産額

1,06718

1株当たり当期純利益金額

10019

(注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。

2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。

 

 

前事業年度

(自 平成23年3月1日

至 平成24年2月29日)

当事業年度

(自 平成24年3月1日

至 平成25年2月28日)

当期純利益(千円)

486,265

863,867

普通株主に帰属しない金額(千円)

普通株式に係る当期純利益(千円)

486,265

863,867

普通株式の期中平均株式数(千株)

8,622

8,622

(重要な後発事象)

該当事項はありません。 

④【附属明細表】
【有価証券明細表】

【株式】

銘柄

株式数(株)

貸借対照表計上額

(千円)

投資有価証券

その他有価証券

㈱大川原製作所

317,000

164,100

㈱静岡銀行

65,000

59,865

東和薬品㈱

5,564

27,822

㈱廣貫堂 

20,000

10,000

㈱ブルボン

10,140

13,274

㈱トラスト

40

4,320

㈱箱根カントリー倶楽部

1

3,250

㈱フロインテック

40

2,000

わかもと製薬㈱ 

10,240

2,406

オリオン化成㈱

2,800

1,500

ダイト㈱

1,000

1,315

㈱セントラル

1,945

972

サンケーヘルス㈱

6,000

0

㈱クリエイティブ21

60

0

439,832

290,825

【有形固定資産等明細表】

資産の種類

当期首残高

(千円)

当期増加額

(千円)

当期減少額

(千円)

当期末残高

(千円)

当期末減価償却累計額又は償却累計額

(千円)

当期償却額

(千円)

差引当期末残高(千円)

有形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

建物

1,429,693

3,354

1,433,048

888,447

46,695

544,600

構築物

97,094

97,094

90,830

1,445

6,263

機械及び装置

324,774

35,218

7,442

352,550

237,605

38,662

114,944

車両運搬具

12,785

12,785

12,642

520

142

工具、器具及び備品

219,667

13,100

3,925

228,843

200,197

12,930

28,645

土地

1,156,877

1,156,877

1,156,877

建設仮勘定

17,143

98,089

54,446

60,786

60,786

有形固定資産計

3,258,036

149,762

65,814

3,341,985

1,429,724

100,254

1,912,260

無形固定資産

 

 

 

 

 

 

 

ソフトウエア

171,332

261 

171,593

171,004

953

589

ソフトウェア仮勘定  

13,104

13,104

13,104

電話加入権

1,980

1,980

1,980

無形固定資産計

186,416 

261 

186,677 

171,004

953

15,673

 

【引当金明細表】

区分

当期首残高

(千円)

当期増加額

(千円)

当期減少額

(目的使用)

(千円)

当期減少額

(その他)

(千円)

当期末残高

(千円)

貸倒引当金

13,587

1,268

12,319

賞与引当金

172,395

226,285

172,395

226,285

役員賞与引当金

63,000

86,000

63,000

86,000

 (注)貸倒引当金の当期減少額(その他)欄の金額は、入金による取崩額及び一般債権の貸倒実績率に基づく洗替額であります。

   

(2)【主な資産及び負債の内容】

① 流動資産

イ.現金及び預金

区分

金額(千円)

現金

1,053

銀行預金

 

当座預金

1,695,185

普通預金

18,794

外貨預金

246,428

通知預金 

10,000

別段預金

215

小計

1,970,623

合計

1,971,677

ロ.受取手形

相手先別内訳

相手先

金額(千円)

大成建設㈱ 

403,400

東和薬品㈱

215,090

日新製薬㈱

129,340

金剛薬品㈱

95,735

持田製薬㈱

84,030

その他

394,260

合計

1,321,857

期日別内訳

期日別

金額(千円)

平成25年3月

330,086

4月

301,527

5月

637,009

6月

8,418

7月

15,962

8月

28,854

合計

1,321,857

ハ.売掛金

相手先別内訳

相手先

金額(千円)

ライオン㈱

888,574

日揮㈱

386,381

㈱マツボー

222,122

武田薬品工業㈱

157,573

大正製薬㈱

86,267

その他

1,435,944

合計

3,176,864

 

売掛金の発生及び回収並びに滞留状況

当期首残高

(千円)

当期発生高

(千円)

当期回収高

(千円)

当期末残高

(千円)

回収率(%)

滞留期間(日)

(A)

(B)

(C)

(D)

(C)

─────

(A) + (B)

× 100

(A) + (D)

─────

──────

(B)

─────

365

3,850,860

14,120,868

14,794,864

3,176,864

82.3

90.8

 (注) 上記金額には、消費税等を含めて表示しております。

ニ.商品及び製品

区分

金額(千円)

計器・部品

1,370

医薬品添加剤

116,064

食品品質保持剤及び栄養補助食品

104,560

合計

221,995

ホ.仕掛品

区分

金額(千円)

粉粒体機械装置

粉粒体機械のプラント設備及び分粒体関連機器 

1,125,553

医薬品添加剤

7,592

食品品質保持剤及び栄養補助食品

415

合計

1,133,562

ヘ.原材料及び貯蔵品

区分

金額(千円)

計器・部品

95,079

医薬品添加剤

73,617

食品品質保持剤及び栄養補助食品

11,319

その他

1,917

合計

181,933

② 固定資産

イ.関係会社株式

区分

金額(千円)

フロイント化成㈱

59,630

フロイント・ターボ㈱ 

477,792

FREUND INTERNATIONAL,LTD.

1,699,577

FREUND PHARMATEC LTD.

808,310

合計

3,045,309

③ 流動負債

イ.支払手形

相手先別内訳

相手先

金額(千円)

 ㈱陽進堂

119,433

㈱イシダテック

73,551

㈱オクト

72,428

日本電技㈱

66,282

㈱カナデン

55,397

その他

485,511

合計

872,605

期日別内訳

期日別

金額(千円)

平成25年3月

277,793

4月 

237,656

5月

241,076

6月

116,079

合計

872,605

ロ.買掛金

相手先

金額(千円)

㈱NRLファーマ

383,192

フロイント・ターボ㈱

356,773

㈱大川原製作所

218,840

フロイント化成㈱

218,324

日曹商事㈱

90,882

その他

492,925

合計

1,760,939

ハ.前受金

相手先

金額(千円)

大成建設㈱

403,200

日新製薬㈱

244,290

第一三共㈱

92,746

日本製薬工業協会

30,240

健栄製薬㈱

13,400

その他

39,786

合計

823,662

(3)【その他】

該当事項はありません。 





出典: フロイント産業株式会社、2013-02-28 期 有価証券報告書