有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧

第一部【企業情報】

第1【企業の概況】

1【主要な経営指標等の推移】

回次

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

平成21年2月

平成22年2月

平成23年2月

平成24年2月

平成25年2月

(1)連結経営指標等

 

 

 

 

 

売上高

(千円)

13,478,081

12,943,176

13,257,904

15,236,434

16,396,939

経常利益

(千円)

1,056,253

951,959

698,358

1,123,378

1,618,290

当期純利益

(千円)

619,320

563,983

516,992

608,660

765,356

包括利益

(千円)

550,410

971,902

純資産額

(千円)

7,481,478

7,939,693

8,071,993

8,489,558

9,315,262

総資産額

(千円)

12,495,522

12,049,749

12,196,709

14,342,112

14,971,100

1株当たり純資産額

(円)

1,708.19

906.29

922.32

969.12

1,066.73

1株当たり当期純利益金額

(円)

143.64

65.41

59.96

70.59

88.76

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

58.94

64.85

65.20

58.26

61.44

自己資本利益率

(%)

8.41

7.43

6.56

7.46

8.72

株価収益率

(倍)

4.39

7.41

7.35

7.10

16.67

営業活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

618,592

457,959

65,392

1,219,303

740,505

投資活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

△65,917

△198,034

△623,597

△154,886

△332,266

財務活動によるキャッシュ・フロー

(千円)

△146,012

△154,086

△196,584

△134,998

△164,975

現金及び現金同等物の期末残高

(千円)

2,985,598

3,048,366

2,132,562

3,035,083

3,387,948

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

287

[18]

306

[23]

339

[24]

342

[21]

348

[23]

(2)提出会社の経営指標等

 

 

 

 

 

 

売上高

(千円)

10,647,420

10,170,227

10,069,074

12,248,569

13,506,324

経常利益

(千円)

851,771

810,703

540,142

895,400

1,512,100

当期純利益

(千円)

486,514

463,748

87,180

486,265

863,867

資本金

(千円)

1,035,600

1,035,600

1,035,600

1,035,600

1,035,600

発行済株式総数

(株)

4,600,000

9,200,000

9,200,000

9,200,000

9,200,000

純資産額

(千円)

7,809,410

8,143,103

8,099,643

8,456,397

9,201,667

総資産額

(千円)

11,806,104

11,227,043

11,226,519

13,183,830

14,071,318

1株当たり純資産額

(円)

1,811.40

944.40

939.37

980.75

1,067.18

 

回次

第45期

第46期

第47期

第48期

第49期

決算年月

平成21年2月

平成22年2月

平成23年2月

平成24年2月

平成25年2月

1株当たり配当額

(うち1株当たり中間配当額)

(円)

30.00

(−)

15.00

(−)

15.00

(−)

15.00

(−)

20.00

(−)

1株当たり当期純利益金額

(円)

112.84

53.78

10.11

56.40

100.19

潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額

(円)

自己資本比率

(%)

66.1

72.5

72.1

64.1

65.4

自己資本利益率

(%)

6.23

5.81

1.07

5.87

9.78

株価収益率

(倍)

5.58

9.02

43.62

8.88

14.77

配当性向

(%)

26.6

27.9

148.4

26.6

20.0

従業員数

[外、平均臨時雇用者数]

(人)

162

[14]

177

[15]

173

[14]

174

[13]

174

[14]

 (注)1.売上高には、消費税等は含まれておりません。

2.提出会社の第45期の1株当たり配当額には、創立45周年記念配当10円が含まれております。

3.平成21年6月1日付をもって、普通株式1株につき2株に分割しております。 

4.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、新株予約権付社債等潜在株式がないため、記載しておりません。

    5.連結経営指標等の従業員数が第47期において33名増加しておりますが、主として平成22年6月25日付で、フロイント・ターボ株式会社を株式取得により子会社化したためであります。

 

2【沿革】

年月

事項

昭和39年4月

医薬品用「自動フィルムコーティング装置」及びその装置に使用する「フィルムコーティング液(胃溶性・腸溶性)を開発し、東京都千代田区神田司町に資本金100万円でフロイント産業株式会社を創立。

昭和42年12月

神奈川県足柄上郡大井町に小田原試製所を設置。

昭和44年5月

流動層造粒コーティング装置「フローコーター」を開発し、販売を開始。

昭和44年7月

大阪営業所を大阪府大阪市福島区海老江中に開設。

昭和45年5月

乾式造粒機「ローラーコンパクター」を開発し、販売を開始。

昭和46年6月

減圧通気式自動コーティング装置「ハイコーター」を開発し、販売を開始。

昭和47年10月

本社を東京都新宿区戸塚町(現・新宿区高田馬場)に移転。

昭和50年5月

遠心流動型コーティング造粒装置「CFグラニュレーター」を開発し、販売を開始。

昭和50年6月

医薬品添加剤の乳糖顆粒「ダイラクトーズ」を開発し、販売を開始。

昭和53年3月

食品品質保持剤「アンチモールド−102」を開発し、販売を開始。

昭和53年8月

埼玉県坂戸市千代田に技術開発研究所を建設し、小田原試製所を移転。

昭和54年1月

Gebruder Lodige Maschinenbau GmbH(ドイツ)と「ハイコーター」の特許、技術供与契約を締結。

昭和54年8月

VECTOR CORPORATIONに「ハイコーター」の特許を許諾し、技術供与契約を締結。

昭和55年2月

フロイント化成㈱(現・連結子会社)を埼玉県浦和市(現・さいたま市)沼影に設立し、食品品質保持剤「アンチモールド−102」の製造を開始。

昭和55年3月

㈱大川原製作所と「フローコーター」に関する業務提携契約を締結。

昭和56年1月

医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル−101」を開発し、販売を開始。

昭和56年10月

複合型流動層造粒コーティング装置「スパイラフロー」を開発し、販売を開始。

昭和57年3月

医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル−103」を開発し、販売を開始。

昭和58年5月

大阪営業所を大阪府吹田市広芝町へ移転し、大阪事業所に名称変更。

昭和61年3月

埼玉県東松山市新郷に東松山工場を設置。医薬品添加剤「ダイラクトーズ」「ノンパレル」の製造を開始。

昭和62年9月

多機能型品質保持剤「ネガモールド」を開発し、販売を開始。

昭和63年11月

水系専用コーティング装置「アクアコーター」を開発し、販売を開始。

平成2年11月

医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル−105」を開発。

平成3年4月

医薬・食品用シームレスミニカプセル装置「スフェレックス」を開発し、販売を開始。

平成4年4月

静岡県浜松市都田町都田テクノポリスに浜松事業所・技術開発研究所を新設、埼玉県坂戸市千代田の技術開発研究所を移転。

平成5年2月

DMV International,division of compina melkunie bv(オランダ)に乳糖顆粒「ダイラクトーズ」の製造ノウハウを開示し、技術供与契約を締結。

平成6年4月

静岡県浜松市新都田の当社浜松事業所内に浜松工場を設置し、東松山工場を移転。

平成7年3月

医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル−107」を開発。

平成8年2月

食品用コーティング基剤「ヘミロース」を開発。

平成8年7月

日本証券業協会に株式を店頭登録。

平成9年12月

VECTOR CORPORATION(米国、現・連結子会社)の持株会社DANFORTH AGRI-RESOURCES,INC.(米国)[平成10年3月FREUND INTERNATIONAL,LTD.(現・連結子会社)に社名変更]を買収。

平成10年6月

静岡県浜松市新都田の当社浜松事業所内に新製剤棟を設置。

平成12年3月

ISO−9001の認証を取得。

平成12年4月

遠心転動造粒コーティング装置「グラニュレックス」を開発し、販売を開始。

平成12年12月

ロータリー式流動層造粒乾燥装置「テクトランサー」を開発し、販売を開始。

平成13年3月

VPS CORPORATION(米国)を設立し、治験薬製造受託事業を開始。

平成14年9月

エタノール蒸散持続型食品品質保持剤(アンチモールド・テンダー)を開発し、販売を開始。

平成15年9月

食品用コーティング基材「水性シェラック液」を開発。

 

年月

事項

平成15年12月

直打用澱粉「パーフィラー102」を開発。

平成16年1月

本社を東京都新宿区西新宿に移転。

 平成16年12月 

日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場

 平成17年10月 

アンチモールド自動検知器「Antimold detector」を開発し、販売を開始。 

 平成18年5月 

医薬品添加剤の球形顆粒「ノンパレル−108」を開発し、販売を開始。 

 平成18年8月 

食品添加物カルナウバロウ「ポリシングワックス−104」及び日本薬局方カルナウバロウ「ポリシングワックス−105」を開発し、販売を開始。

平成18年11月

食品・健康食品用全自動コーティング装置「ハイコーターFPC」を開発し、販売を開始。

平成19年10月

名古屋営業所を愛知県名古屋市西区那古野に開設。 

平成19年12月

VPS CORPORATION株式の一部をシミック㈱に売却し、連結の範囲から除外。

平成20年4月

キトサンコーティング技術を開発。 

平成20年7月

カートリッジフィルター専用洗浄機を開発。

平成20年10月

新型錠剤コーティング装置「HC-FZ」を開発。 

平成21年4月

水分活性測定器「EZ-100ST」を開発、販売。 

平成21年7月   

流動層造粒コーティング装置「フローコーターUniversal」を開発。 

平成22年1月  

FREUND PHARMATEC LTD.をアイルランド共和国に設立。

 

医薬品添加剤の直打用マンニトール製剤「グラニュトール」を開発、販売。 

平成22年4月   

食品添加剤のアルコール製剤「フーヅガード」を開発。 

大阪事業所を吹田市より同市内へ移転 

 

ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所との合併。 

平成22年5月   

高速攪拌造粒機「グラニュマイスト」を開発。 

平成22年6月

ターボ工業㈱を買収。連結子会社となる。

平成22年7月 

本社を東京都新宿区大久保に移転。

平成22年8月 

名古屋営業所を愛知県名古屋市西区名駅へ移転。

平成22年10月 

ターボ工業㈱をフロイント・ターボ㈱に社名変更。

 

大証JASDAQ市場ヘラクレスNEOの市場統合。

平成22年12月 

湿式・乾式整粒機「ミルマイスト」を開発し、販売を開始。

平成23年5月 

湿式粉砕機「オプティミル」の販売を開始。 

平成23年10月

大腸崩壊性基剤「キトコート」の販売を開始。 

平成24年1月

VECTOR CORPORATIONをFREUND-VECTOR CORPORATIONに社名変更。   

平成24年5月

食品品質保持剤「ネガモールドナチュラル」、「ネガモールドライト」を開発、販売。 

3【事業の内容】

 当社グループ(当社及び当社の関係会社)は、フロイント産業株式会社(当社)及び子会社5社(うち、連結子会社5社)により構成されており、事業は機械装置、化成品の製造販売及び治験薬製造受託を行っております。

 事業内容と当社及び子会社の当該活動にかかる位置付けは、次のとおりであります。

  なお、当社グループが営んでいる事業内容と、セグメントにおける事業区分は同一であります。

区分

主要製品

主要な会社

機械部門

粉粒体機械装置

粉粒体機械のプラント工事

計器・部品

合成樹脂の微粉砕受託 

製造・販売

当社

FREUND-VECTOR CORPORATION

フロイント・ターボ(株) 

化成品部門

医薬品添加剤、栄養補助食品

製造・販売

当社

 

食品品質保持剤

 

販売

当社

製造

フロイント化成(株)

製薬・食品・化学等の開発研究、処方検討等の受託

治験薬製造の受託及び仲介

治験薬製造受託及び仲介

当社

医薬品の新剤形の開発 

及びその技術供与 

医薬品の新剤形の開発

及びその技術供与 

FREUND PHARMATEC LTD.

 以上の企業グループ等について図示すると次のとおりであります。

 

4【関係会社の状況】

(1)連結子会社

名称

住所

資本金

事業内容

議決権の所有割合

(%)

関係内容

役員の兼任等

資金援助

(百万円)

営業上の取引

当社役員

(名)

当社従業員

(名)

 

 

千円

 

 

 

 

 

 

フロイント化成㈱(注)1

埼玉県さいたま市
南区

48,000

食品品質保持剤の製造

100.00

3

2

 

当社商品の製造

 

 

千円

 

 

 

 

 

 

フロイント・ターボ㈱

 

神奈川県横須賀市内川 

42,000

粉粒体機械装置の開発、設計及び製造販売

100.00

5

1

 

部品等の販売技術提携

 

 

千米ドル

 

 

 

 

 

 

FREUND
INTERNATIONAL,
LTD.

米国

85

子会社株式等の保有

100.00

3

2

 

 

千米ドル

 

 

 

 

 

 

FREUND-VECTOR
CORPORATION

(注)2

(注)3

(注)4

米国

2,247

粉粒体機械装置の製造販売0

88.08

(88.08)

5

2

部品等の販売技術提携

 

 

千ユーロ

 

 

 

 

 

 

FREUND
PHARMATEC
LTD.

(注)1

 

  

アイルランド 

7,000

医薬品の新剤形の開発 

及びその技術供与

100.00

5

 (注)1.フロイント化成㈱及びFREUND PHARMATEC LTD.は、特定子会社に該当しております。

2.FREUND-VECTOR CORPORATIONについては、売上高(連結会社間の内部売上高を除く)の連結売上高に占める割合が100分の10を超えております。

主要な損益情報等

(1)売上高

2,983,787千円

 

(2)経常利益 

158,208千円

 

(3)当期純損失(△)

△79,502千円

 

(4)純資産額

1,166,729千円

 

(5)総資産額

1,965,767千円

3.議決権の所有割合の( )内は、間接所有で内数であります。

4.FREUND-VECTOR CORPORATIONは、FREUND INTERNATIONAL,LTD.による間接所有であります。 

 

5【従業員の状況】

(1)連結会社の状況

 

平成25年2月28日現在

セグメントの名称

従業員数(人)

機械部門

  

   234(6) 

化成品部門

  

  86(12)

全社(共通)

  

  28(5)

合計

  

   348(23) 

 (注)1.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は年間の平均を( )外数で記載しております。

2.全社(共通)として記載している従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属しているものであります。

 

(2)提出会社の状況

 

平成25年2月28日現在

従業員数(人)

平均年令(才)

平均勤続年数(年)

平均年間給与(円)

     174 (14) 

41.6

13.4

6,277,401

 

セグメントの名称

従業員数(人)

機械部門

  

   88(4) 

化成品部門

  

  58(5)

全社(共通)

  

  28(5)

合計

  

   174(14) 

 (注)1.平均年間給与は、税込支払給与額であり、基準外給与及び賞与を含んでおります。

2.従業員数は就業人員であり、臨時雇用者数は、年間の平均を( )外数で記載しております。

3.全社(共通)として記載している従業員数は、特定のセグメントに区分できない管理部門等に所属しているものであります。

(3)労働組合の状況

 労働組合は、結成されておりませんが、労使関係は良好に推移しております。





出典: フロイント産業株式会社、2013-02-28 期 有価証券報告書