有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【自己株式の取得等の状況】
【株式の種類等】 該当事項はありません。
(1)【株主総会決議による取得の状況】
該当事項はありません
(2)【取締役会決議による取得の状況】
該当事項はありません
(3)【株主総会決議又は取締役会決議に基づかないものの内容】
該当事項はありません
(4)【取得自己株式の処理状況及び保有状況】
区分
当事業年度
当期間
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
株式数(株)
処分価額の総額
(円)
引き受ける者の募集を行った取得自己株式
消却の処分を行った取得自己株式
合併、株式交換、会社分割に係る移転を行った取得自己株式
その他
( − )
保有自己株式数
1,939,000
1,939,000
3【配当政策】
 当社は、株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つと認識しております。安定的な経営基盤の確保と内部留保の充実等を勘案しつつ、安定的な配当を継続して行うことを基本方針としております。
 当社は、中間配当と期末配当の年2回の剰余金の配当を行うことを基本方針としております。
 これらの剰余金の配当の決定機関は、期末配当については株主総会、中間配当については取締役会であります。
 当事業年度の利益配当につきましては、上記の基本方針に基づき、1株当たり4.0円としております。
 内部留保金の使途につきましては、今後の事業展開への備えと研究開発費用として投入していくこととしております。
 なお、当事業年度に係る剰余金の配当は以下のとおりであります。
決議年月日
配当金の総額
(千円)
1株当たり配当額
(円)
平成19年6月18日
定時株主総会決議
175,844
4.0
4【株価の推移】
 当社株式は、非上場であるため、該当事項はありません。
5【役員の状況】
役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有
株式数
(千株)
代表取締役
社長
 
花澤 義則
昭和24年10月13日生
昭和47年4月
当社入社
平成6年2月
空気圧機器事業部長
平成13年4月
取締役
平成13年6月
代表取締役社長、事業本部長
平成15年6月
代表取締役社長(現)
(注)3
90
専務取締役
 
河渕 健司
昭和25年7月10日生
昭和50年4月
当社入社
平成13年6月
取締役
平成16年6月
常務取締役、事業本部長、メカトロ事業部長
平成19年6月
専務取締役(現)
(注)3
50
常務取締役
経営本部長
経理部長
情報システム部担当
福田 彰
昭和24年10月5日生
昭和47年4月
㈱大和銀行 入行
平成3年4月
同行 市ケ谷支店長
平成10年6月
同行 融資部次長
平成13年6月
常務取締役、経営企画部長
平成19年3月
常務取締役
 
経営本部長・経理部長
情報システム部担当(現)
(注)3
50
常務取締役
事業本部長
販売統括部長
橋本 隆
昭和26年6月22日生
昭和49年4月
当社入社
平成元年6月
奈良工場長
平成8年9月
経営企画部長
平成13年6月
取締役、事業戦略企画部長、
 
油圧第2事業部・空気圧事業部・技術開発部・資材部担当
平成19年6月
常務取締役、事業本部長・販売統括部長(現)
(注)3
50
取締役
経営企画部長
人事総務部担当
高井 紀夫
昭和28年2月11日生
昭和50年4月
当社入社
平成3年2月
山口工場長
平成11年3月
油圧第2事業部製造部長
平成13年4月
総務部長
平成17年6月
取締役、総務部長
平成19年3月
取締役、経営企画部長・人事総務部担当(現)
(注)3
40
取締役
 
近藤 義法
昭和23年3月30日生
平成15年10月
パーカー・ハネフィン日本㈱代表取締役社長(現)
平成16年6月
当社取締役(現)
(注)3
取締役
 
黒田 浩史
昭和33年9月18日生
平成17年6月
黒田精工㈱取締役
平成18年3月
黒田精工㈱取締役社長室長(現)
平成19年6月
当社取締役(現)
(注)3

 

役名
職名
氏名
生年月日
略歴
任期
所有
株式数
(千株)
監査役
常勤
 
奥村 和則
昭和21年7月1日生
昭和44年4月
当社入社
平成11年3月
経理部長
平成19年6月
監査役(現)
(注)4
30
監査役
 
戸田 米造
昭和13年6月17日生
平成10年9月
パーカー・ハネフィン日本㈱取締役航空機事業部長
平成18年6月
同社顧問(現)
平成18年12月
当社監査役(現)
(注)4
監査役
 
川崎 孝二
昭和25年7月21日生
平成15年4月
共英製鋼㈱顧問
平成15年6月
同社取締役・常務執行役員(現)
平成16年6月
当社監査役(現)
(注)4
       
 
310
 (注)1.取締役 近藤義法及び黒田浩史は、会社法第2条第15号に定める社外取締役であります。
2.監査役 戸田米造及び川崎孝二は、会社法第2条第16号に定める社外監査役であります。
3.平成19年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から2年間であります。
4.平成19年6月18日開催の定時株主総会の終結の時から4年間であります。
5.当社は、法令に定める監査役の員数を欠くことになる場合に備え、会社法第329条第2項に定める補欠監査役1名を選任しております。補欠監査役の略歴は次のとおりであります。
氏名
生年月日
略歴
所有株式数
(千株)
宮下 尚幸
昭和38年9月16日生
平成10年5月
弁護士(はばたき綜合法律事務所)(現)
平成18年12月
 当社補欠監査役(現)
6【コーポレート・ガバナンスの状況】
(1)コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
   当社は、経営環境の変化に迅速かつ柔軟に対応できる経営体制の確立を重要な経営課題の1つとして位置づ       けており、絶えず経営管理体制の革新と組織の改善・整備に努めております。
    また、経営活動の透明性と健全性を向上させるとともに、コンプライアンスの徹底にも努めコーポレート・ガバナンスを一層充実させてまいります。
(2)コーポレート・ガバナンスに関する施策の実施状況
①会社の経営上の意思決定、執行及び監督に係る経営管理組織その他のコーポレート・ガバナンス体制の状況
    当社の取締役会は、取締役7名(平成19年6月18日現在)で構成され、取締役会規定に基づき法令で定められた事項、当社の経営方針等の重要事項に関する審議と意思決定を行い、取締役の職務の執行を監督しております。なお、取締役のうち2名は社外取締役であります。
    当社は監査役会制度を採用しており、監査役は取締役会、経営会議等の重要な会議に出席し、意見を述べるなど監査・監視の役割を果たしております。
また、監査役、会計監査人、内部監査室は定期的に意見交換を行い、情報の共有化を通じて相互連携を図り、監査の効率化、品質の向上に努めております。
平成19年6月18日現在では監査役は3名であります。なお、監査役のうち2名は社外監査役であります。
社外取締役1名及び社外監査役1名は親会社の子会社であるパーカー・ハネフィン日本㈱からの派遣役員であります。
なお、社外取締役及び社外監査役との人的関係、資本的関係又は取引関係その他の利害関係については、該当する関係はありません。
    顧問弁護士には、法律上の判断を必要とする場合、随時専門的な立場から助言を受けております。
    会計監査人につきましては、監査法人トーマツと監査契約を締結し監査契約に基づき監査を受けているほ か、適宜専門的なアドバイスを受けております。
②内部監査の状況
        当社の内部監査は、内部統制システムの一環として社長直轄の内部監査室(常設・構成員3名)が担当しております。
            内部監査室は、年間の監査実施計画及び監査方針を作成し、これに基づき定期的に各事業部及び各グループ会社の内部監査を実施しております。
③会計監査の状況
        当社の会計監査業務を執行した公認会計士は新免和久及び和田稔郎であり、監査法人トーマツに所属しております。当社の会計監査業務に係る補助者は公認会計士2名、会計士補等9名、その他2名であります。
④役員報酬等の内容 
    取締役に支払った報酬    86,100千円(社外取締役は無報酬であります。)
    監査役に支払った報酬    10,500千円(うち、社外監査役  1,500千円)
    (注)報酬の額には役員賞与30,000千円(取締役28,500千円、監査役1,500千円)が含まれております。
⑤監査報酬の内容
    公認会計士法(昭和23年法律第103号)第2条第1項に規定する業務に基づく報酬の額   24,000千円
    上記以外の業務に基づく報酬の額                            5,100千円
⑥取締役の定数
当社の取締役は5名以上15名以下とする旨定款に定めております。
⑦取締役の選任の決議要件
当社は、取締役の選任決議について、議決権を行使することができる株主の議決権の3分の1以上を有する株主が出席し、その議決権の過半数をもって行う旨定款に定めております。




出典: 株式会社TAIYO、2007-03-20 期 有価証券報告書