有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
 
 
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動資産
 
 
 
 
 
 
 
1.現金及び預金
※1 
 
1,757,994
 
 
1,284,295
 
2.受取手形
※3 
 
4,283,655
 
 
4,353,111
 
3.売掛金
※3 
 
4,417,126
 
 
6,059,869
 
4.商品
 
 
70,663
 
 
62,662
 
5.製品
 
 
206,282
 
 
186,975
 
6.原材料
 
 
1,261,385
 
 
1,140,205
 
7.仕掛品
 
 
2,130,470
 
 
2,007,019
 
8.貯蔵品
 
 
46,336
 
 
58,250
 
9.前渡金
 
 
10,043
 
 
2,030
 
10.前払費用
 
 
18,267
 
 
15,245
 
11.繰延税金資産
 
 
509,176
 
 
429,896
 
12.その他
 
 
18,620
 
 
14,200
 
13.貸倒引当金
 
 
△8,715
 
 
△10,428
 
流動資産合計
 
 
14,721,308
67.8
 
15,603,335
70.5
Ⅱ 固定資産
 
 
 
 
 
 
 
(1)有形固定資産
※2 
 
 
 
 
 
 
1.建物
※1 
 
1,433,276
 
 
1,349,941
 
2.構築物
 
 
63,414
 
 
58,431
 
3.機械装置
 
 
805,959
 
 
838,081
 
4.車両運搬具
 
 
4,422
 
 
3,944
 
5.工具器具備品
 
 
250,813
 
 
193,872
 
6.土地
※1 
 
2,659,794
 
 
2,659,794
 
7.建設仮勘定
 
 
163
 
 
11,101
 
有形固定資産合計
 
 
5,217,844
24.0
 
5,115,166
23.1
(2)無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
1.ソフトウエア
 
 
191,699
 
 
205,232
 
2.その他
 
 
14,939
 
 
14,907
 
無形固定資産合計
 
 
206,639
1.0
 
220,140
1.0

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
(3)投資その他の資産
 
 
 
 
 
 
 
1.投資有価証券
 
 
141,308
 
 
89,421
 
2.関係会社株式
 
 
223,444
 
 
223,444
 
3.出資金
 
 
1,115
 
 
1,115
 
4.関係会社出資金
 
 
62,107
 
 
62,107
 
5.関係会社長期貸付金
 
 
170,000
 
 
170,000
 
6.従業員長期貸付金
 
 
55,963
 
 
47,995
 
7.繰延税金資産
 
 
631,179
 
 
423,567
 
8.破産更生債権等
 
 
10,565
 
 
12,170
 
9.長期前払費用
 
 
20,185
 
 
15,031
 
10.差入保証金
 
 
93,644
 
 
 
11.長期性預金
 
 
150,000
 
 
 
12.その他
 
 
6,992
 
 
152,921
 
13.貸倒引当金
 
 
△11,554
 
 
△13,151
 
投資その他の資産合計
 
 
1,554,952
7.2
 
1,184,625
5.4
固定資産合計
 
 
6,979,436
32.2
 
6,519,932
29.5
資産合計
 
 
21,700,745
100.0
 
22,123,267
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
(負債の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 流動負債
 
 
 
 
 
 
 
1.支払手形
※1,3 
 
3,524,078
 
 
3,879,808
 
2.買掛金
※1,3 
 
992,688
 
 
1,336,406
 
3.一年以内返済予定長期借入金
※1 
 
380,000
 
 
380,000
 
4.未払金
 
 
1,241,776
 
 
792,749
 
5.未払費用
 
 
85,380
 
 
263,276
 
6.未払法人税等
 
 
303,536
 
 
460,429
 
7.前受金
 
 
23,398
 
 
7,356
 
8.預り金
 
 
63,117
 
 
72,293
 
9.賞与引当金
 
 
208,525
 
 
213,956
 
10.役員賞与引当金
 
 
30,000
 
 
 
11.受注損失引当金
 
 
7,833
 
 
9,469
 
流動負債合計
 
 
6,860,336
31.6
 
7,415,747
33.5

 

 
 
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅱ 固定負債
 
 
 
 
 
 
 
1.長期借入金
※1 
 
475,000
 
 
95,000
 
2.退職給付引当金
 
 
1,488,578
 
 
889,769
 
3.役員退職慰労引当金
 
 
92,930
 
 
101,195
 
4.その他
 
 
63,500
 
 
63,500
 
固定負債合計
 
 
2,120,008
9.8
 
1,149,464
5.2
負債合計
 
 
8,980,344
41.4
 
8,565,211
38.7
 
 
 
 
 
 
 
 
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
2,944,200
13.6
 
2,944,200
13.3
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
2,519,116
 
 
2,519,116
 
 
(2)その他資本剰余金
 
1,050,000
 
 
1,050,000
 
 
資本剰余金合計
 
 
3,569,116
16.5
 
3,569,116
16.1
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
375,600
 
 
375,600
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金
 
1,572
 
 
1,179
 
 
買換資産圧縮積立金
 
113,586
 
 
106,713
 
 
別途積立金
 
2,462,808
 
 
2,462,808
 
 
繰越利益剰余金
 
3,347,978
 
 
4,216,592
 
 
利益剰余金合計
 
 
6,301,545
29.0
 
7,162,892
32.4
4.自己株式
 
 
△145,425
△0.7
 
△145,425
△0.6
株主資本合計
 
 
12,669,437
58.4
 
13,530,785
61.2
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
1.その他有価証券評価差額金
 
 
50,963
0.2
 
27,270
0.1
評価・換算差額等合計
 
 
50,963
0.2
 
27,270
0.1
純資産合計
 
 
12,720,400
58.6
 
13,558,056
61.3
負債純資産合計
 
 
21,700,745
100.0
 
22,123,267
100.0
 
 
 
 
 
 
 
 
②【損益計算書】
 
 
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅰ 売上高
 
 
23,494,743
100.0
 
23,425,474
100.0
Ⅱ 売上原価
 
 
 
 
 
 
 
1.期首商品たな卸高
 
82,587
 
 
70,663
 
 
2.期首製品たな卸高
 
226,311
 
 
206,282
 
 
3.当期製品製造原価
※2 
17,642,436
 
 
17,580,386
 
 
4.当期商品仕入高
 
823,608
 
 
719,092
 
 
合計
 
18,774,942
 
 
18,576,426
 
 
5.他勘定振替高
※3 
27,116
 
 
16,687
 
 
6.期末商品たな卸高
※6 
70,663
 
 
62,662
 
 
7.期末製品たな卸高
※6 
206,282
18,470,879
78.6
186,975
18,310,100
78.2
売上総利益
 
 
5,023,863
21.4
 
5,115,374
21.8
Ⅲ 販売費及び一般管理費
※2 
 
 
 
 
 
 
1.荷造発送費
 
443,318
 
 
452,697
 
 
2.広告宣伝費
 
65,854
 
 
73,725
 
 
3.貸倒引当金繰入額
 
859
 
 
3,310
 
 
4.役員報酬
 
69,975
 
 
88,476
 
 
5.役員退職慰労引当金繰入額
 
35,345
 
 
20,115
 
 
6.給与
 
1,070,773
 
 
1,119,185
 
 
7.賞与
 
356,429
 
 
329,209
 
 
8.賞与引当金繰入額
 
72,652
 
 
75,752
 
 
9.役員賞与引当金繰入額
 
30,000
 
 
 
 
10.福利厚生費
 
232,144
 
 
223,675
 
 
11.旅費交通費
 
159,777
 
 
157,024
 
 
12.賃借料
 
162,345
 
 
169,039
 
 
13.減価償却費
 
61,291
 
 
71,143
 
 
14.その他
 
621,435
3,382,202
14.4
666,109
3,449,463
14.7
営業利益
 
 
1,641,661
7.0
 
1,665,910
7.1

 

 
 
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
百分比
(%)
金額(千円)
百分比
(%)
Ⅳ 営業外収益
 
 
 
 
 
 
 
1.受取利息
 
7,633
 
 
9,732
 
 
2.受取配当金
 
37,610
 
 
20,699
 
 
3.賃貸収入
※1 
63,807
 
 
58,730
 
 
4.仕入割引
 
16,644
 
 
15,907
 
 
5.為替差益
 
3,081
 
 
 
 
6.その他
 
10,796
139,573
0.6
11,239
116,309
0.5
Ⅴ 営業外費用
 
 
 
 
 
 
 
1.支払利息
 
16,742
 
 
10,439
 
 
2.賃貸資産原価
 
33,849
 
 
34,083
 
 
3.休止固定資産維持費用
 
4,412
 
 
 
 
4.売上割引
 
14,190
 
 
13,987
 
 
5.為替差損
 
 
 
17,485
 
 
6.その他
 
204
69,398
0.3
5,204
81,199
0.3
経常利益
 
 
1,711,836
7.3
 
1,701,020
7.3
Ⅵ 特別利益
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産売却益
※4 
3,937
 
 
 
 
2.貸倒引当金戻入益
 
872
 
 
 
 
  3.適格退職年金制度終了益
 
4,809
0.0
125,502
125,502
0.5
 
 
 
 
 
 
 
 
Ⅶ 特別損失
 
 
 
 
 
 
 
1.固定資産除売却損
※5 
56,923
 
 
5,657
 
 
2.関係会社出資金評価損
 
87,892
 
 
 
 
3.合併による抱合せ株式消滅差損
 
16,143
 
 
 
 
4.棚卸資産評価損
 
190,034
350,993
1.5
5,657
0.0
税引前当期純利益
 
 
1,365,652
5.8
 
1,820,865
7.8
法人税、住民税及び事業税
 
677,000
 
 
466,000
 
 
法人税等調整額
 
△32,880
644,119
2.7
317,673
783,673
3.4
当期純利益
 
 
721,533
3.1
 
1,037,192
4.4
 
 
 
 
 
 
 
 
製造原価明細書
 
 
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
区分
注記
番号
金額(千円)
構成比
(%)
金額(千円)
構成比
(%)
Ⅰ 材料費
 
7,228,433
41.3
7,126,425
40.6
Ⅱ 労務費
 
3,290,892
18.8
3,305,926
18.9
Ⅲ 経費
 
6,986,685
39.9
7,095,703
40.5
(うち、外注加工費)
 
(5,000,255)
(28.6)
(5,366,170)
(30.6)
(うち、減価償却費)
 
(294,378)
(1.7)
(326,686)
(1.9)
当期総製造費用
 
17,506,011
100.0
17,528,055
100.0
期首仕掛品たな卸高
 
2,520,151
 
2,130,470
 
合計
 
20,026,163
 
19,658,526
 
期末仕掛品たな卸高
 
2,130,470
 
2,007,019
 
他勘定振替高
※1
253,256
 
71,119
 
当期製品製造原価
 
17,642,436
 
17,580,386
 
(注)※1 他勘定振替高
 
 棚卸資産評価損の特別損失への振替額134,643千円のほか、研究開発のため自家消費したものであります。
 
 主として、研究開発のため自家消費したものであります。
2 原価計算の方法
 
 原価計算の方法は、主に個別原価計算を用いながら一部総合原価計算によっております。
 
同左
③【株主資本等変動計算書】
前事業年度(自 平成18年3月21日 至 平成19年3月20日)
 
株主資本
評価・換算
差額等
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
その他
有価証券
評価差額金
資本準備金
その他
資本剰余金
利益準備金
その他
利益剰余金
(注1)
平成18年3月20日残高(千円)
2,944,200
2,519,116
1,050,000
375,600
5,388,275
△145,425
12,131,767
74,106
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金の取崩し(注2)
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金の取崩し
 
 
 
 
 
 
買換資産圧縮積立金の取崩し(注2)
 
 
 
 
 
 
買換資産圧縮積立金の取崩し
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当(注2)
 
 
 
 
△153,863
 
△153,863
 
役員賞与(注2)
 
 
 
 
△30,000
 
△30,000
 
当期純利益
 
 
 
 
721,533
 
721,533
 
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
△23,143
事業年度中の変動額合計(千円)
537,669
537,669
△23,143
平成19年3月20日残高(千円)
2,944,200
2,519,116
1,050,000
375,600
5,925,945
△145,425
12,669,437
50,963
 (注1) その他利益剰余金の内訳
 
特別償却
準備金
買換資産
圧縮積立金
別途積立金
繰越利益
剰余金
その他利益
剰余金合計
平成18年3月20日残高(千円)
2,358
129,355
2,462,808
2,793,753
5,388,275
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
特別償却準備金の取崩し(注2)
△393
 
 
393
特別償却準備金の取崩し
△393
 
 
393
買換資産圧縮積立金の取崩し(注2)
 
△8,322
 
8,322
買換資産圧縮積立金の取崩し
 
△7,447
 
7,447
剰余金の配当(注2)
 
 
 
△153,863
△153,863
役員賞与(注2)
 
 
 
△30,000
△30,000
当期純利益
 
 
 
721,533
721,533
事業年度中の変動額合計(千円)
△786
△15,769
554,225
537,669
平成19年3月20日残高(千円)
1,572
113,586
2,462,808
3,347,978
5,925,945
 (注2) 平成18年6月の定時株主総会における利益処分項目であります。
当事業年度(自 平成19年3月21日 至 平成20年3月20日)
 
株主資本
評価・換算
差額等
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本
合計
その他
有価証券
評価差額金
資本準備金
その他
資本剰余金
利益準備金
その他
利益剰余金
(注1)
平成19年3月20日残高(千円)
2,944,200
2,519,116
1,050,000
375,600
5,925,945
△145,425
12,669,437
50,963
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
 
 
 
特別償却準備金の取崩し
 
 
 
 
 
 
買換資産圧縮積立金の取崩し
 
 
 
 
 
 
剰余金の配当
 
 
 
 
△175,844
 
△175,844
 
当期純利益
 
 
 
 
1,037,192
 
1,037,192
 
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
△23,692
事業年度中の変動額合計(千円)
861,348
861,348
△23,692
平成20年3月20日残高(千円)
2,944,200
2,519,116
1,050,000
375,600
6,787,293
△145,425
13,530,785
27,270
 (注1) その他利益剰余金の内訳
 
特別償却
準備金
買換資産
圧縮積立金
別途積立金
繰越利益
剰余金
その他利益
剰余金合計
平成19年3月20日残高(千円)
1,572
113,586
2,462,808
3,347,978
5,925,945
事業年度中の変動額
 
 
 
 
 
特別償却準備金の取崩し
△393
 
 
393
買換資産圧縮積立金の取崩し
 
△6,872
 
6,872
剰余金の配当
 
 
 
△175,844
△175,844
当期純利益
 
 
 
1,037,192
1,037,192
事業年度中の変動額合計(千円)
△393
△6,872
868,613
861,348
平成20年3月20日残高(千円)
1,179
106,713
2,462,808
4,216,592
6,787,293
重要な会計方針
項目
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社及び関連会社株式
移動平均法に基づく原価法
(1)子会社及び関連会社株式
同左
 
(2)その他有価証券
時価のあるもの
 決算日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
(2)その他有価証券
時価のあるもの
同左
 
時価のないもの
 移動平均法による原価法
時価のないもの
同左
2.棚卸資産の評価基準及び評価方法
通常の販売目的で保有するたな卸資産
(1)商品・製品・原材料・仕掛品
主として総平均法に基づく原価法
通常の販売目的で保有するたな卸資産
(1)商品・製品・原材料・仕掛品
同左
 
(2)貯蔵品
最終仕入原価法
(2)貯蔵品
同左
 
 なお、収益性が低下した通常の販売目的で保有するたな卸資産については、帳簿価額を切り下げており、当該評価減の金額は219,373千円であります。
 なお、収益性が低下した通常の販売目的で保有するたな卸資産については、帳簿価額を切り下げております。
 
(会計方針の変更)
 「棚卸資産の評価に関する会計基準」(企業会計基準第9号 平成18年7月5日)が平成20年3月31日以前に開始する事業年度に係る財務諸表から適用できることになったことに伴い、当事業年度から同会計基準を適用しております。
 これにより、営業利益、経常利益は29,339千円、税引前当期純利益は219,373千円それぞれ減少しております。
 なお、上記会計基準の公表が当下期であったため、当中間事業年度は従来の方法によっており、変更後の方法によった場合に比べて、営業利益及び経常利益は29,778千円、税引前中間純利益は212,466千円それぞれ多く計上されています。
 

 

項目
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
3.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
建物          3〜50年
構築物         5〜50年
機械及び装置      2〜13年
車両運搬具       2〜7年
工具器具備品      2〜20年
(1)有形固定資産
 定率法(ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備は除く)については定額法)を採用しております。
 なお、主な耐用年数は以下の通りであります。
建物          3〜50年
構築物         5〜50年
機械及び装置      2〜13年
車両運搬具       2〜7年
工具器具備品      2〜20年
   
(会計方針の変更)
 当社は、法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。
 これにより、営業利益、経常利益、税引前当期純利益はそれぞれ7,911千円減少しております。
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。
 なお、自社利用のソフトウェアについては、社内における利用可能期間(5年)に基づく定額法を採用しております。
(2)無形固定資産
同左
4.引当金の計上基準
(1)貸倒引当金
 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については、個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。
(1)貸倒引当金
同左
 
(2)受注損失引当金
 受注案件に係る将来の損失に備えるため、当期末における受注案件のうち、損失の発生が見込まれ、かつ、その金額を合理的に見積ることができるものについて、その損失見込額を計上しております。
(2)受注損失引当金
同左
 
(3)賞与引当金
 従業員に対する賞与の支給に備えるため、翌期に支給することが見込まれる賞与のうち、当期対応額を引当計上しております。
(3)賞与引当金
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
 
(4)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 過去勤務債務はその発生時の従業員の平均残存勤務期間に基づく定額法により費用処理しております。
 また、数理計算上の差異は従業員の平均残存勤務期間に基づく定率法により、翌期から費用処理しております。
(4)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当期末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 過去勤務債務はその発生時の従業員の平均残存勤務期間に基づく定額法により費用処理しております。
 また、数理計算上の差異は従業員の平均残存勤務期間に基づく定率法により、翌期から費用処理しております。
 
(追加情報)
 当社は平成19年4月1日付で、改定日現在52歳未満の従業員について従来の適格退職年金制度における年金資産の一部を確定拠出年金制度へ移行いたしました。
 これに伴い適格退職年金制度終了益125,502千円を翌期に計上する予定であります。
(追加情報)
 当社は平成19年4月1日付で、改定日現在52歳未満の従業員について従来の適格退職年金制度の一部を確定拠出年金制度へ移行し、年金資産の一部を同制度に移換しました。
 これに伴い、適格退職年金制度終了益125,502千円を計上しております。
 
(5)役員退職慰労引当金
 役員(執行役員を含む)の退職慰労金の支給に充てるため、内規に基づく期末要支給額を計上しております。
(5)役員退職慰労引当金
同左
 
(6)役員賞与引当金
 当社は役員賞与の支出に備えて、当事業年度における支給見込額に基づき計上しております。
─────
 
(会計方針の変更)
 当事業年度より、「役員賞与に関する会計基準」(企業会計基準第4号 平成17年11月29日)を適用しております。
 これにより、営業利益、経常利益及び税引前純利益は、それぞれ30,000千円減少しております。
 
5.外貨建資産及び負債の本邦通貨への換算基準
 外貨建金銭債権債務は、決算日の直物為替相場により円貨に換算し、換算差額は損益として処理しております。
同左
6.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
同左

 

項目
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
7.重要なヘッジ会計の方法
(1)ヘッジ会計の方法
 金利スワップについては、特例処理の要件を満たしているため、特例処理を採用しております。
(1)ヘッジ会計の方法
同左
 
(2)ヘッジ手段とヘッジ対策
ヘッジ手段
 金利スワップ
ヘッジ対象
 借入金
(2)ヘッジ手段とヘッジ対策
同左
 
(3)ヘッジ方針
 金利変動によるリスクを回避するために、金利スワップ取引を利用しております。なお、投機目的によるデリバティブ取引は行わない方針であります。
(3)ヘッジ方針
同左
 
(4)ヘッジ有効性評価の方法
 金利スワップについては、特例処理を適用しているため、有効性の評価を省略しております。
(4)ヘッジ有効性評価の方法
同左
8.その他財務諸表作成のため基本となる重要な事項
(1)消費税等の処理方法
 消費税等の会計処理は、税抜方式によっております。
(1)消費税等の処理方法
同左
(財務諸表作成のための基本となる重要な事項の変更)
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
(貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準)
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は12,720,400千円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
───────
表示方法の変更
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
───────
(貸借対照表)
 
 前事業年度まで区分掲記しておりました「差入保証金」(当事業年度は95,928千円)及び「長期性預金」(当事業年度は50,000千円)は金額的重要性が乏しくなったため、投資その他の資産の「その他」に含めて表示することにしました。
 
 
───────
(損益計算書)
 
 前事業年度まで区分掲記しておりました「休止固定資産維持費用」(当事業年度は3,150千円)は金額的重要性が乏しくなったため、営業外費用の「その他」に含めて表示することにしました。
注記事項
(貸借対照表関係)
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
※1.担保提供資産及び担保付債務
(1)担保に供している資産は次の通りであります。
※1.担保提供資産及び担保付債務
(1)担保に供している資産は次の通りであります。
預金
11,000千円
建物
659,552千円
土地
1,279,685千円
1,950,238千円
預金
11,000千円
建物
623,019千円
土地
1,279,685千円
1,913,704千円
(2)担保資産に対応する債務は次の通りであります。
(2)担保資産に対応する債務は次の通りであります。
一年以内返済予定長期借入金
380,000千円
長期借入金
475,000千円
支払手形
27,565千円
買掛金
9,509千円
892,074千円
一年以内返済予定長期借入金
380,000千円
長期借入金
95,000千円
支払手形
33,450千円
買掛金
10,760千円
519,211千円
(注) 上記のほか、定期預金95,000千円を海外取引に伴う契約履行保証として、また、定期預金60,000千円を太派液圧気動(上海)有限公司の銀行取引に伴う差入保証金として担保に供しております。
(注) 上記のほか、定期預金,95,000千円を海外取引に伴う契約履行保証として、また、定期預金60,000千円を太派液圧気動(上海)有限公司の銀行取引に伴う差入保証金として担保に供しております。
※2.有形固定資産の減価償却累計額
 
 
11,713,664千円
※2.有形固定資産の減価償却累計額
 
 
11,970,056千円
※3.関係会社に対する資産及び負債
 区分掲記されたもののほか次のものがあります。
※3.関係会社に対する資産及び負債
 区分掲記されたもののほか次のものがあります。
売掛金
189,674千円
支払手形
359,068千円
買掛金
160,714千円
受取手形
   35,786千円 
売掛金 
193,589千円
支払手形
406,286千円
買掛金
165,632千円
 4.偶発債務
保証債務
 4.               ──────
保証先
金額(千円)
内容
太派液圧気動
(上海)有限公司
3,000
借入債務
 
(損益計算書関係)
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
※1.関係会社との取引に係るものが次の通り含まれております。
※1.関係会社との取引に係るものが次の通り含まれております。
関係会社よりの賃貸収入
30,370千円
関係会社よりの賃貸収入
28,474千円
※2.研究開発費の総額
※2.研究開発費の総額
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
 
83,685千円
一般管理費及び当期製造費用に含まれる研究開発費
 
80,937千円
※3.他勘定振替高の主なものは、棚卸資産評価損の特別損失への振替額7,564千円のほか、商品から原材料への振替によるものであります。
※3.他勘定振替高の主なものは、商品から原材料への振替によるものであります。
※4.固定資産売却益の主なものは、建物及び土地の売却によるものであります。
※4.固定資産売却益の主なものは、機械装置の売却によるものであります。
※5.固定資産除売却損の主なものは、機械装置及び工具器具備品の除却によるものであります。
※5.固定資産除売却損の主なものは、機械装置及び工具器具備品の除却によるものであります。
※6.期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、次のたな卸資産評価損が売上原価に含まれております。
※6.期末たな卸高は収益性の低下に伴う簿価切下後の金額であり、当該切下額は187,814千円であります。
 
29,339千円
 
(株主資本等変動計算書関係)
前事業年度(平成18年3月21日から平成19年3月20日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式
1,939
1,939
合計
1,939
1,939
当事業年度(平成19年3月21日から平成20年3月20日まで)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式
1,939
1,939
合計
1,939
1,939
(リース取引関係)
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置
152,864
143,373
9,491
車両運搬具
13,092
5,553
7,538
工具器具備品
73,633
65,443
8,189
合計
239,589
214,370
25,218
 
取得価額相当額
(千円)
減価償却累計額相当額
(千円)
期末残高相当額
(千円)
機械装置
152,864
152,400
463
車両運搬具
17,250
8,883
8,366
工具器具備品
73,633
71,762
1,871
合計
243,747
233,046
10,700
(注) 取得価額相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注)         同左
2.未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額
1年内
17,498千円
1年超
7,720千円
合計
25,218千円
1年内
5,163千円
1年超
5,537千円
合計
10,700千円
(注) 未経過リース料期末残高相当額は、未経過リース料期末残高が有形固定資産の期末残高等に占める割合が低いため、支払利子込み法により算定しております。
(注)         同左
3.支払リース料及び減価償却費相当額
3.支払リース料及び減価償却費相当額
支払リース料
32,378千円
減価償却費相当額
32,378千円
支払リース料
18,329千円
減価償却費相当額
18,329千円
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数として、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
同左
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失について)
同左
(有価証券関係)
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
 子会社株式及び関連会社株式で時価のあるものはありません。
同左
(税効果会計関係)
前事業年度
(平成19年3月20日)
当事業年度
(平成20年3月20日)
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(1)繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
 
(単位:千円)
繰延税金資産
 
賞与引当金
84,744
未払事業税
26,744
棚卸資産評価損
89,153
退職給付引当金
604,958
役員退職慰労引当金
37,766
投資有価証券
13,348
減損損失
97,939
未払賞与等
232,782
関係会社出資金評価損
35,719
その他
106,553
繰延税金資産小計
1,329,710
評価性引当額
△75,622
繰延税金資産合計
1,254,088
 
 
繰延税金負債
 
買換資産圧縮積立金
△77,765
その他有価証券評価差額金
△34,891
その他
△1,076
繰延税金負債合計
△113,732
繰延税金資産の純額
1,140,355
 
(単位:千円)
繰延税金資産
 
賞与引当金
86,952
未払事業税
37,750
棚卸資産評価損
76,327
退職給付引当金
361,602
役員退職慰労引当金
41,125
投資有価証券
13,348
減損損失
97,939
未払賞与等
180,933
関係会社出資金評価損
35,719
その他
75,364
繰延税金資産小計
1,007,063
評価性引当額
△75,622
繰延税金資産合計
931,440
 
 
繰延税金負債
 
買換資産圧縮積立金
△73,060
その他有価証券評価差額金
△4,109
その他
△807
繰延税金負債合計
△77,976
繰延税金資産の純額
853,464
 平成19年3月20日現在の繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
 平成20年3月20日現在の繰延税金資産の純額は、貸借対照表の以下の項目に含まれております。
流動資産 − 繰延税金資産
509,176
固定資産 − 繰延税金資産
631,179
 
1,140,355
流動資産 − 繰延税金資産
429,896
固定資産 − 繰延税金資産
423,567
 
853,464
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
(2)法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の原因となった主な項目別の内訳
 
(単位:%)
法定実効税率
40.6
(調整)
 
住民税均等割
2.7
交際費等の永久差異項目
1.7
評価性引当額の増減額
3.7
試験研究費等の特別税額控除
△0.6
その他
△1.1
税効果会計適用後の法人税等の負担率
47.2
 
(単位:%)
法定実効税率
40.6
(調整)
 
住民税均等割
2.1
交際費等の永久差異項目
0.6
試験研究費等の特別税額控除
△0.3
その他
△0.0
税効果会計適用後の法人税等の負担率
43.0
(1株当たり情報)
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
1株当たり純資産額
289.35円
1株当たり当期純利益
16.41円
1株当たり純資産額
280.37円
1株当たり当期純利益
21.45円
 
 当社は、平成19年7月1日付で株式1株につき0.1株の株式無償割当を行っております。
 なお、当該株式無償割当が前期首に行われたと仮定した場合の前事業年度における1株当たり情報については、以下のとおりとなります。
 
1株当たり純資産額
263.05円
1株当たり当期純利益
14.92円
 (注)1.潜在株式調整後1株当たり当期純利益金額については、潜在株式が存在しないため記載しておりません。
2.1株当たり当期純利益金額の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
1株当たり当期純利益金額
 
 
当期純利益(千円)
721,533
1,037,192
普通株主に帰属しない金額(千円)
普通株式に係る当期純利益(千円)
721,533
1,037,192
期中平均株式数(株)
43,961,000
48,357,100
(重要な後発事象)
前事業年度
(自 平成18年3月21日
至 平成19年3月20日)
当事業年度
(自 平成19年3月21日
至 平成20年3月20日)
─────
当社は、株式会社東京証券取引所より平成20年2月21日に上場承認を受け、平成20年3月26日をもって、同取引所市場第二部に上場いたしました。この上場に当たり、平成20年2月21日開催の取締役会において、下記のとおり有償一般募集(ブックビルディング方式による募集)による新株発行及び自己株式の処分を決議し、平成20年3月25日に払込が完了いたしました。
この結果、平成20年3月25日付で資本金3,153,450千円、資本準備金2,728,366千円、その他資本剰余金
1,175,065千円、発行済株式総数53,296,100株となっております。
(1)新株発行 
発行新株式数
:普通株式
3,000,000株
発行価格 
:1株につき
 150円
引受価額 
:1株につき
 139.50円
発行価額
:1株につき
 150円
発行価額の総額
 450,000千円
⑥ 
払込金額の総額
 418,500千円
資本組入額 
:1株につき
 69.75円
資本組入額の総額
 209,250千円
払込期日 
 平成20年3月25日
資金の使途
 
 
 
 全額設備資金に充当する予定であります。
(2)自己株式処分
処分株式数
:普通株式
1,939,000株
処分価額 
:1株につき
 139.50円
③ 
払込金額の総額
270,490千円
自己株式処分差益
125,065千円
払込期日 
 平成20年3月25日
資金の使途
 
 
 
 全額設備資金に充当する予定であります。
 
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
 有価証券の金額が資産の総額の100分の1以下であるため、財務諸表等規則第124条の規定により記載を省略しております。
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(千円)
当期末残高
(千円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(千円)
当期償却額
(千円)
差引当期末
残高(千円)
有形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
建物
8,574,516
11,470
8,585,987
7,236,045
94,805
1,349,941
構築物
442,231
565
1,000
441,796
383,365
5,308
58,431
機械装置
3,855,684
211,168
54,648
4,012,204
3,174,123
176,828
838,081
車両運搬具
50,491
720
4,140
47,070
43,126
1,049
3,944
工具器具備品
1,348,626
27,982
49,340
1,327,268
1,133,396
81,446
193,872
土地
2,659,794
2,659,794
2,659,794
建設仮勘定
163
43,950
33,013
11,101
11,101
有形固定資産計
16,931,509
295,856
142,142
17,085,223
11,970,056
359,438
5,115,166
無形固定資産
 
 
 
 
 
 
 
ソフトウェア
374,858
169,625
54,735
205,232
その他
15,211
303
31
14,907
無形固定資産計
390,069
169,929
54,766
220,140
長期前払費用
46,432
848
47,281
32,250
6,002
15,031
 (注)1.当期における主な増減は次の通りであります。
 
機械装置
(増加)
(山口工場) 
横型マシニングセンター
39,500千円 
 
 
(増加)
(筑波工場)
横型マシニングセンタ−
35,000千円 
 
 
(増加)
(本社工場)
マシニングセンター
24,400千円 
2.無形固定資産の金額が資産の総額の100分の1以下であるため「期首残高」、「当期増加額」及び「当期減少額」の記載を省略しております。
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(千円)
当期増加額
(千円)
当期減少額
(目的使用)
(千円)
当期減少額
(その他)
(千円)
当期末残高
(千円)
貸倒引当金
20,269
3,310
23,579
賞与引当金
208,525
213,956
208,525
213,956
役員賞与引当金
30,000
30,000
役員退職慰労引当金
92,930
20,115
11,850
101,195
受注損失引当金
7,833
9,469
7,833
9,469
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 現金及び預金
区分
金額(千円)
現金
9,394
預金の種類
 
当座預金
378,147
普通預金
544,852
定期預金
266,660
外貨預金
85,240
小計
1,274,900
合計
1,284,295
② 受取手形
イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
(株)山善
714,514
サンコー商事(株)
510,097
(株)日伝
294,639
三菱自動車工業(株) 
238,717
カツヤマキカイ(株)
235,026
その他
2,360,115
合計
4,353,111
ロ)受取手形の期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年3月
51,742
4月
908,342
5月
1,311,821
6月
847,241
7月
845,039
8月
388,923
合計
4,353,111
③ 売掛金
イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
サンコー商事(株)
1,721,890
東京エレクトロンAT(株)
394,962
三菱日立製鉄機械(株)
323,285
(株)モリタ
315,983
(株)山善
217,368
その他
3,086,379
合計
6,059,869
ロ)売掛金の発生及び回収並びに滞留状況
前期繰越高
(千円)
当期発生高
(千円)
当期回収高
(千円)
次期繰越高
(千円)
回収率(%)
滞留期間(日)
(A)
(B)
(C)
(D)
(C)
─────
(A) + (B)
× 100
(A) + (D)
─────
──────
(B)
─────
366
4,417,126
25,894,586
24,251,844
6,059,869
80.00%
74.04日
 (注) 当期発生高には消費税等が含まれております。
④ 商品
品名
金額(千円)
油空圧機器
62,645
機械・装置
16
合計
62,662
⑤ 製品
品名
金額(千円)
油空圧機器
129,302
機械・装置
57,673
合計
186,975
⑥ 原材料
品名
金額(千円)
油空圧機器
828,435
機械・装置
311,770
合計
1,140,205
⑦ 仕掛品
品名
金額(千円)
油空圧機器
1,386,496
機械・装置
620,523
合計
2,007,019
⑧ 貯蔵品
品名
金額(千円)
油空圧機器
56,640
機械・装置
1,610
合計
58,250
⑨ 支払手形
イ)相手先別内訳
相手先
金額(千円)
タイヨーテック(株)
383,692
東洋鋼管(株)
175,818
サンコー商事(株)
122,063
エムテック(株)
97,597
(株)興和製作所
96,335
その他
3,004,301
合計
3,879,808
ロ)支払手形の期日別内訳
期日別
金額(千円)
平成20年4月
1,049,617
5月
978,037
6月
805,795
7月
1,046,358
合計
3,879,808
⑩ 買掛金
相手先
金額(千円)
タイヨーテック(株)
137,904
東邦工業(株)
80,850
(株)大垣鐵工所
54,522
東洋鋼管(株)
47,471
三幾工業(株)
29,435
その他
986,222
合計
1,336,406
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 株式会社TAIYO、2008-03-20 期 有価証券報告書