有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(千株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
信越化学工業㈱
328
1,332
宇部興産㈱
4,269
943
旭電化工業㈱
1,270
1,408
横浜ゴム㈱
2,302
978
古河機械金属㈱
8,620
1,232
古河電気工業㈱
11,000
5,401
月島機械㈱
5,597
5,339
フジテック㈱
5,089
2,844
富士通㈱
92,700
59,699
能美防災㈱
855
490
東光電気㈱
1,996
1,078
ファナック㈱
10,617
71,244
FDK㈱
3,015
624
川崎重工業㈱
7,645
1,414
㈱三菱東京フィナンシャル・グループ
0
909
㈱みずほフィナンシャルグループ
2
1,412
東日本旅客鉄道㈱
1
633
東海旅客鉄道㈱
2
2,028
東京電力㈱
197
512
北陸電力㈱
549
1,073
東北電力㈱
378
751
北海道電力㈱
308
672
㈱みずほフィナンシャルグループ優先株
5
5,000
その他(47銘柄)
8,828
4,735
165,580
171,762
 
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(千口)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
ミズホ・プリファード(ケイマン)1リミテッド
0
3,000
ミズホ・プリファード(ケイマン)7リミテッド
0
2,000
リソナ・プリファード・キャピタル
0
500
0
5,500
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
       
建物
5,763
54
48
5,769
3,609
160
2,160
構築物
298
103
401
209
23
191
機械及び装置
1,420
4
26
1,398
1,216
46
181
車両及び運搬具
20
20
19
0
1
工具器具及び備品
1,410
130
264
1,276
1,077
95
198
土地
1,685
674
1,011
1,011
建設仮勘定
76
122
199
有形固定資産計
10,675
415
1,213
9,877
6,132
326
3,744
無形固定資産
       
ソフトウェア
272
29
23
278
102
53
176
その他
34
336
3
366
41
38
325
無形固定資産計
306
365
27
644
143
92
501
長期前払費用
12
3
1
14
6
2
8
繰延資産
       
社債発行費
457
240
217
145
152
72
繰延資産計
457
240
217
145
152
72
 (注)当期増減額の主なものは次のとおりであります。
資産の種類
増減区分
事由
土地
減少額
館山市所在の土地売却に伴う減少額506百万円
前橋市所在の土地売却に伴う減少額168百万円
【資本金等明細表】
区分
前期末残高
当期増加額
当期減少額
当期末残高
資本金(百万円)
47,586
 
 
47,586
資本金のうち既発行株式
普通株式(注1)
(株)
(746,484,957)
(746,484,957)
普通株式
(百万円)
47,586
47,586
(株)
(746,484,957)
(746,484,957)
(百万円)
47,586
47,586
資本準備金及びその他資本剰余金
(資本準備金)
     
株式払込剰余金
(百万円)
56,105
56,105
合併差益
(百万円)
180
180
再評価積立金
(百万円)
492
492
(その他資本剰余金)
     
自己株式処分差益
(注2)
(百万円)
15
1
16
(百万円)
56,793
1
56,794
利益準備金及び任意積立金
(利益準備金)
(百万円)
11,515
11,515
(任意積立金)
     
研究基金
(注3)
(百万円)
2,400
2,400
別途積立金
(百万円)
26,793
26,793
(百万円)
40,708
2,400
38,308
 (注)1.当期末における自己株式数は31,266,513株であります。
    2.当期増加額は、自己株式の処分によるものであります。
3.当期減少額は、前期決算の利益処分によるものであります。
 




出典: 富士電機株式会社、2005-03-31 期 有価証券報告書