有価証券報告書を3社、または3期分比較分析できる! いますぐトライアルで試す >>
 






セクション一覧
2【財務諸表等】
(1)【財務諸表】
①【貸借対照表】
   
第131期
(平成19年3月31日)
第132期
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(資産の部)
             
Ⅰ 流動資産
             
1.現金及び預金
   
11
   
37
 
2.前払費用
 
 
296
   
93
 
3.繰延税金資産
   
126
   
255
 
4.短期貸付金
※2
 
20,004
   
45,002
 
5.未収入金
※2
 
7,737
   
5,628
 
6.その他
 
 
865
   
558
 
流動資産合計
   
29,043
6.3
 
51,575
11.6
Ⅱ 固定資産
             
1.有形固定資産
※1
           
(1)建物
   
1,055
   
986
 
(2)構築物
   
92
   
69
 
(3)車両及び運搬具
   
0
   
5
 
(4)工具器具及び備品
   
119
   
132
 
(5)土地
   
370
   
332
 
(6) 建設仮勘定
   
   
127
 
有形固定資産小計
   
1,638
0.3
 
1,653
0.4

 

   
第131期
(平成19年3月31日)
第132期
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
2.無形固定資産
             
(1)ソフトウェア
   
77
   
49
 
(2)その他
   
225
   
212
 
無形固定資産小計
   
302
0.1
 
261
0.0
3.投資その他の資産
             
(1)投資有価証券
 
 
250,099
   
200,459
 
(2)関係会社株式
   
108,163
   
108,155
 
(3)出資金
   
388
   
388
 
(4)長期貸付金
   
500
   
500
 
(5)従業員に対する長期貸付金
   
0
   
0
 
(6)関係会社長期貸付金
 
 
67,800
   
80,800
 
(7)長期前払費用
 
 
10
   
10
 
(8)前払年金費用
   
   
6
 
(9)その他
※2
 
743
   
643
 
(10)関係会社投資損失引当金
 
 
△332
   
△389
 
投資その他の資産小計
   
427,374
93.2
 
390,575
87.9
固定資産合計
   
429,315
93.6
 
392,490
88.3
Ⅲ 繰延資産
             
社債発行費
   
231
   
436
 
繰延資産合計
   
231
0.1
 
436
0.1
資産合計
   
458,590
100.0
 
444,502
100.0
               

 

   
第131期
(平成19年3月31日)
第132期
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(負債の部)
             
Ⅰ 流動負債
             
1.コマーシャルペーパー
   
18,000
   
28,500
 
2. 社債(1年内償還)
   
40,000
   
30,000
 
3. 長期借入金 (1年内返         済)
   
   
1,050
 
4.未払金
※2
 
997
   
1,399
 
5.未払費用
※2
 
1,183
   
1,293
 
6.未払法人税等
   
4,225
   
711
 
7.預り金
 
 
114
   
68
 
8.その他 
   
508
   
48
 
流動負債合計
   
65,030
14.2
 
63,071
14.2
Ⅱ 固定負債
             
1.社債
   
110,000
   
140,000
 
2.長期借入金
   
1,050
   
 
3.繰延税金負債
   
55,899
   
38,625
 
4.退職給付引当金
   
504
   
160
 
5.長期未払金
   
   
132
 
6.役員退職慰労引当金 
   
153
   
 
固定負債合計
   
167,608
36.5
 
178,919
40.2
負債合計
   
232,638
50.7
 
241,990
54.4

 

   
第131期
(平成19年3月31日)
第132期
(平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
構成比
(%)
金額(百万円)
構成比
(%)
(純資産の部)
 
 
 
 
 
 
 
Ⅰ 株主資本
 
 
 
 
 
 
 
1.資本金
 
 
47,586
10.4
 
47,586
10.7
2.資本剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)資本準備金
 
56,777
 
 
56,777
 
 
(2)その他資本剰余金
 
22
 
 
40
 
 
資本剰余金合計 
 
 
56,800
12.4
 
56,817
12.8
3.利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
(1)利益準備金
 
11,515
 
 
11,515
 
 
(2)その他利益剰余金
 
 
 
 
 
 
 
別途積立金
 
26,793
 
 
26,793
 
 
繰越利益剰余金
 
11,897
 
 
16,004
 
 
利益剰余金合計 
 
 
50,206
11.0
 
54,312
12.2
4.自己株式
 
 
△7,178
△1.6
 
△7,265
△1.6
株主資本合計 
 
 
147,414
32.2
 
151,450
34.1
Ⅱ 評価・換算差額等
 
 
 
 
 
 
 
その他有価証券評価差額金
 
 
78,537
17.1
 
51,060
11.5
評価・換算差額等合計 
 
 
78,537
17.1
 
51,060
11.5
純資産合計 
 
 
225,951
49.3
 
202,511
45.6
負債純資産合計 
 
 
458,590
100.0
 
444,502
100.0
               
②【損益計算書】
   
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
区分
注記番号
金額(百万円)
百分比(%)
金額(百万円)
百分比(%)
Ⅰ 営業収益
※1,2
 
16,932
100.0
 
20,814
100.0
Ⅱ 営業費用
※2,3,6
 
11,101
65.6
 
11,902
57.2
営業利益
   
5,830
34.4
 
8,911
42.8
Ⅲ 営業外収益
             
1.受取利息
※2
937
   
1,254
   
2.受取配当金
 
2,812
   
3,002
   
3.その他
 
260
4,010
23.7
292
4,550
21.8
Ⅳ 営業外費用
             
1.支払利息
 
23
   
20
   
2.社債利息
 
1,504
   
1,798
   
3.コマーシャルペーパー利息
 
65
   
154
   
4.為替差損
 
7
   
6
   
5.社債発行費償却
 
37
   
81
   
6.その他
 
8
1,647
9.7
25
2,088
10.0
経常利益
   
8,193
48.4
 
11,373
54.6
Ⅴ 特別利益
             
1.固定資産売却益
※4
   
8
   
2.退職給付信託返還益
 
88
88
0.5
8
0.1
Ⅵ 特別損失
             
1.固定資産売廃却損
 ※5 
805
   
1,019
   
2.関係会社投資損失引当金繰入額 
 
332
   
57
   
3.関係会社株式評価減
 
899
   
   
4.その他
 
2,038
12.0
10
1,087
5.2
税引前当期純利益
   
6,244
36.9
 
10,294
49.5
法人税、住民税及び事業税
 
△567
   
△985
   
法人税等調整額
 
691
123
0.8
1,455
469
2.3
当期純利益
   
6,120
36.1
 
9,825
47.2
               
③【株主資本等変動計算書】
第131期(自 平成18年4月1日 至 平成19年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本
準備金
その他
資本
剰余金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成18年3月31日 残高
(百万円)
47,586
56,777
18
56,796
11,515
26,793
11,547
49,855
△7,081
147,157
事業年度中の変動額
                   
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△5,719
△5,719
 
△5,719
利益処分による役員賞与
 
 
 
 
 
 
△50
△50
 
△50
当期純利益
 
 
 
 
 
 
6,120
6,120
 
6,120
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△99
△99
自己株式の処分
 
 
3
3
 
 
 
 
2
5
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
3
3
350
350
△97
256
平成19年3月31日 残高
(百万円)
47,586
56,777
22
56,800
11,515
26,793
11,897
50,206
△7,178
147,414
 
評価・換算差額等
純資産
合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成18年3月31日 残高
(百万円)
95,030
95,030
242,187
事業年度中の変動額
     
剰余金の配当
 
 
△5,719
利益処分による役員賞与
 
 
△50
当期純利益
 
 
6,120
自己株式の取得
 
 
△99
自己株式の処分
 
 
5
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△16,493
△16,493
△16,493
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△16,493
△16,493
△16,236
平成19年3月31日 残高
(百万円)
78,537
78,537
225,951
 
第132期(自 平成19年4月1日 至 平成20年3月31日)
 
株主資本
資本金
資本剰余金
利益剰余金
自己株式
株主資本合計
資本
準備金
その他
資本
剰余金
資本
剰余金
合計
利益
準備金
その他利益剰余金
利益
剰余金
合計
別途
積立金
繰越利益剰余金
平成19年3月31日 残高
(百万円)
47,586
56,777
22
56,800
11,515
26,793
11,897
50,206
△7,178
147,414
事業年度中の変動額
                   
剰余金の配当
 
 
 
 
 
 
△5,718
△5,718
 
△5,718
当期純利益
 
 
 
 
 
 
9,825
9,825
 
9,825
自己株式の取得
 
 
 
 
 
 
 
 
△111
△111
自己株式の処分
 
 
17
17
 
 
 
 
24
42
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
事業年度中の変動額合計
(百万円)
17
17
4,106
4,106
△87
4,036
平成20年3月31日 残高
(百万円)
47,586
56,777
40
56,817
11,515
26,793
16,004
54,312
△7,265
151,450
 
評価・換算差額等
純資産
合計
その他有価証券評価差額金
評価・換算差額等合計
平成19年3月31日 残高
(百万円)
78,537
78,537
225,951
事業年度中の変動額
     
剰余金の配当
 
 
△5,718
当期純利益
 
 
9,825
自己株式の取得
 
 
△111
自己株式の処分
 
 
42
株主資本以外の項目の事業年度中の変動額(純額)
△27,476
△27,476
△27,476
事業年度中の変動額合計
(百万円)
△27,476
△27,476
△23,439
平成20年3月31日 残高
(百万円)
51,060
51,060
202,511
 
重要な会計方針
 
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.有価証券の評価基準及び評価方法
(1)子会社株式及び関連会社株式
……移動平均法による原価法
(2)その他有価証券
時価のあるもの
……期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
時価のないもの
……移動平均法による原価法
(1)子会社株式及び関連会社株式
……移動平均法による原価法
(2)その他有価証券
時価のあるもの
……期末日の市場価格等に基づく時価法(評価差額は全部純資産直入法により処理し、売却原価は移動平均法により算定)
時価のないもの
……移動平均法による原価法
2.固定資産の減価償却の方法
(1)有形固定資産
 定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
(1)有形固定資産
 定率法を採用しております。ただし、平成10年4月1日以降に取得した建物(建物附属設備を除く)については、定額法を採用しております。なお、主な耐用年数は以下のとおりであります。
 
建物
7年〜39年
建物
8年〜39年
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。
(会計方針の変更)
 法人税法の改正に伴い、当事業年度より、平成19年4月1日以降に取得した有形固定資産について、改正後の法人税法に基づく減価償却の方法に変更しております。これによる影響額は軽微であります。
 
 
 
(追加情報)
 法人税法の改正に伴い、平成19年3月31日以前に取得した資産については、改正前の法人税法に基づく減価償却の方法の適用により取得価額の5%に到達した事業年度の翌事業年度より、取得価額の5%相当額と備忘価額との差額を5年間にわたり均等償却し、減価償却費に含めて計上しております。これによる影響額は軽微であります。
 
 
 
(2)無形固定資産
 定額法を採用しております。

 

 
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
3.引当金の計上基準
(1)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により費用処理しております。
 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
(1)退職給付引当金
 従業員の退職給付に備えるため、当事業年度末における退職給付債務及び年金資産の見込額に基づき計上しております。
 過去勤務債務は、その発生時の従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により費用処理しております。
 数理計算上の差異は、各事業年度の発生時における従業員の平均残存勤務期間以内の年数による定額法により按分した額を、それぞれ発生の翌事業年度から費用処理しております。
 
(2)役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく事業年度末要支給額を計上しております。 
(2)役員退職慰労引当金
 役員の退職慰労金の支出に備えるため、内規に基づく要支給額を計上しておりましたが、平成19年6月26日開催の定時株主総会において、役員退職慰労金制度廃止に伴う役員退職慰労金の打ち切り支給が決議されたことに伴い、当該定時株主総会までの期間に対応する役員退職慰労引当金は、固定負債の「長期未払金」に振り替えております。
 
(3)関係会社投資損失引当金
 関係会社への投資に係る損失に備えるため、その財政状態等を勘案して所要額を計上しております。 
(3)関係会社投資損失引当金
 関係会社への投資に係る損失に備えるため、その財政状態等を勘案して所要額を計上しております。 
 4.リース取引の処理方法
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引については、通常の賃貸借取引に係る方法に準じた会計処理によっております。
5.その他財務諸表作成のための重要な事項
(1)消費税等の会計処理
 税抜方式によっており、残高は流動資産の「その他」に含めて表示しております。
(1)消費税等の会計処理
 税抜方式によっており、残高は流動資産の「その他」に含めて表示しております。
 
(2)連結納税制度の適用
 連結納税制度を適用しております。
(2)連結納税制度の適用
 連結納税制度を適用しております。
重要な会計方針の変更
 
 
 
第131期  
(自 平成18年4月1日
  至 平成19年3月31日)
第132期  
(自 平成19年4月1日
  至 平成20年3月31日)
 1. 貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準
 当事業年度より、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」(企業会計基準第5号 平成17年12月9日)及び「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準等の適用指針」(企業会計基準適用指針第8号 平成17年12月9日)を適用しております。
 これまでの資本の部の合計に相当する金額は225,951百万円であります。
 なお、当事業年度における貸借対照表の純資産の部については、財務諸表等規則の改正に伴い、改正後の財務諸表等規則により作成しております。
──────
 
注記事項
(貸借対照表関係)
項目
第131期
(平成19年3月31日)
第132期
(平成20年3月31日)
※1.有形固定資産の減価償却累計額
 
(百万円)
 
     1,752
 
(百万円)
 
         1,604 
※2.このうち、関係会社に対する主な資産・負債
 
(百万円)
短期貸付金
     20,000
未収入金
    7,666
その他の資産
516
   
未払金
 943
未払費用
210
 
(百万円)
短期貸付金
45,000
未収入金
5,554
その他の資産
425 
   
未払金
1,184
未払費用
 397
 3.偶発債務
金融機関借入金等に対する債務保証
金融機関借入金等に対する債務保証
 
 
(百万円)
富士電機フィアス㈱
22,464
マレーシア富士電機社
   9,916
当社及び子会社の従業員
   5,613
その他2社
657
   38,651
 
(百万円)
富士電機フィアス㈱
      39,307
マレーシア富士電機社
19,927
富士エクサス㈱
2,619
当社及び子会社の従業員
4,719
その他2社
599
         67,173
(損益計算書関係)
項目
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
※1.営業収益
 関係会社からの受取配当金、研究受託収入及びグループ運営収入であります。
 関係会社からの受取配当金、研究受託収入及びグループ運営収入であります。
※2.関係会社との取引
 
(百万円)
関係会社に対する営業収益
    16,932
関係会社に対する研究開発費
     5,452
関係会社からの受取利息
  914
 
(百万円)
関係会社に対する営業収益
20,814
関係会社に対する研究開発費
5,584
関係会社からの受取利息
1,227
※3.営業費用
 
 
 
(百万円)
従業員給料諸手当
1,613
退職給付費用
 △162
減価償却費
 214
研究開発費
      6,195
租税公課
 445
賃借料
 689
その他
     2,105
 
 
 
(百万円)
従業員給料諸手当
1,628
退職給付費用
 △86
減価償却費
 200
研究開発費
         6,439
租税公課
 430
賃借料
635
広告宣伝費
600
業務委託費
715
その他
   1,339
※4.固定資産売却益
──────
 土地等の売却益であります。
※5.固定資産売廃却損
 建物等の廃却損であります。
 土地及び建物等の売廃却損であります。
※6.研究開発費の総額
 
(百万円)
営業費用に含まれる研究開発費
    6,195
 
(百万円)
営業費用に含まれる研究開発費
6,439
(株主資本等変動計算書関係)
第131期(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)1,2
31,447
164
10
31,601
合計
31,447
164
10
31,601
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加164千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
     2.普通株式の自己株式の株式数の減少10千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
 
第132期(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
自己株式の種類及び株式数に関する事項
 
前事業年度末株式数(千株)
当事業年度増加株式数(千株)
当事業年度減少株式数(千株)
当事業年度末株式数(千株)
普通株式(注)1,2
31,601
249
106
31,743
合計
31,601
249
106
31,743
 (注)1.普通株式の自己株式の株式数の増加249千株は、単元未満株式の買取りによる増加であります。
     2.普通株式の自己株式の株式数の減少106千株は、単元未満株式の売却による減少であります。
 
(リース取引関係)
項目
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
 リース物件の所有権が借主に移転すると認められるもの以外のファイナンス・リース取引
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
1.リース物件の取得価額相当額、減価償却累計額相当額、減損損失累計額相当額及び期末残高相当額
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
工具器具及び備品
40
25
14
合計
40
25
14
 
取得価額相当額
(百万円)
減価償却累計額相当額
(百万円)
期末残高相当額
(百万円)
工具器具及び備品
35
14
21
合計
35
14
21
 
2.未経過リース料期末残高相当額等
 未経過リース料期末残高相当額
2.未経過リース料期末残高相当額等
 未経過リース料期末残高相当額
 
 
(百万円)
1年内
5
1年超
9
合計
15
 
(百万円)
1年内
7
1年超
13
合計
21
 
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
3.支払リース料、リース資産減損勘定の取崩額、減価償却費相当額、支払利息相当額及び減損損失
 
 
(百万円)
1)支払リース料
13
2)減価償却費相当額
12
3)支払利息相当額
0
 
(百万円)
1)支払リース料
7
2)減価償却費相当額
6
3)支払利息相当額
0
 
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
4.減価償却費相当額の算定方法
 リース期間を耐用年数とし、残存価額を零とする定額法によっております。
 
5.利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
5.利息相当額の算定方法
 リース料総額とリース物件の取得価額相当額との差額を利息相当額とし、各期への配分方法については、利息法によっております。
 
 
 
 
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありません。
(減損損失について)
 リース資産に配分された減損損失はありません。
(有価証券関係)
子会社株式及び関連会社株式で時価のあるもの
区分
第131期(平成19年3月31日)
第132期(平成20年3月31日)
貸借対照表計上額
(百万円)
時価
(百万円)
差額
(百万円)
貸借対照表計上額
(百万円)
時価
(百万円)
差額
(百万円)
子会社株式
1,144
2,168
1,023
1,144
1,956
811
関連会社株式
839
2,194
1,354
839
1,914
1,074
合計
1,984
4,362
2,378
1,984
3,870
1,885
(税効果会計関係)
項目
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1.繰延税金資産及び繰延税金負債の発生の主な原因別の内訳
(繰延税金資産)
(百万円)
繰越欠損金
5,029
投資有価証券
915
退職給付引当金
584
有形固定資産
359
その他
392
繰延税金資産小計
7,282
評価性引当額
△5,535
繰延税金資産合計
1,746
(繰延税金負債)
 
その他有価証券評価差額金
△53,499
投資有価証券
△3,703
退職給付信託設定益
△316
繰延税金負債合計
△57,519
繰延税金資産(負債)の純額
△55,772
(繰延税金資産)
(百万円)
繰越欠損金
5,421
投資有価証券
412
退職給付引当金
451
有形固定資産
91
その他
1,006
繰延税金資産小計
7,382
評価性引当額
△6,765
繰延税金資産合計
617
(繰延税金負債)
 
その他有価証券評価差額金
△35,044
投資有価証券
△3,616
退職給付信託設定益
△326
繰延税金負債合計
△38,986
繰延税金資産(負債)の純額
△38,370
2.法定実効税率と税効果会計適用後の法人税等の負担率との差異の内訳
法定実効税率
40.7%
(調整)
 
評価性引当額
12.5%
受取配当金等永久に益金算入されない項目
△55.0%
交際費等永久に損金算入されない項目
1.4%
その他
2.4%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
2.0%
法定実効税率
 40.7%
(調整)
 
評価性引当額
11.9%
受取配当金等永久に益金算入されない項目
 △46.6%
その他
 △1.4%
税効果会計適用後の法人税等の負担率
 4.6%
(1株当たり情報)
項目
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり純資産額(円)
316.07
283.34
1株当たり当期純利益(円)
8.56
13.75
潜在株式調整後
1株当たり当期純利益(円)
8.26
13.17
 (注)1株当たり当期純利益及び潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定上の基礎は、以下のとおりであります。
 
第131期
(自 平成18年4月1日
至 平成19年3月31日)
第132期
(自 平成19年4月1日
至 平成20年3月31日)
1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益(百万円)
6,120
9,825
普通株主に帰属しない金額(百万円)
普通株式に係る当期純利益(百万円)
6,120
9,825
普通株式の期中平均株式数(千株)
714,952
714,806
潜在株式調整後1株当たり当期純利益
 
 
当期純利益調整額(百万円)
普通株式増加数(千株)
25,826
30,991
(うち新株予約権(千株))
25,826
30,991
希薄化効果を有しないため、潜在株式調整後1株当たり当期純利益の算定に含めなかった潜在株式の概要
(重要な後発事象)
第131期(自平成18年4月1日 至平成19年3月31日)
該当事項はありません。
第132期(自平成19年4月1日 至平成20年3月31日)
該当事項はありません。
④【附属明細表】
【有価証券明細表】
【株式】
銘柄
株式数(千株)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
信越化学工業㈱
328
1,690
㈱ADEKA
1,270
1,277
横浜ゴム㈱
2,302
1,098
古河機械金属㈱
8,620
1,577
古河電気工業㈱
11,000
3,542
月島機械㈱
5,597
4,208
フジテック㈱
5,089
2,849
富士通㈱
93,250
60,799
能美防災㈱
855
529
ファナック㈱
10,617
100,654
川崎重工業㈱
7,645
1,697
㈱三菱UFJフィナンシャル・グループ
978
841
㈱みずほフィナンシャルグループ
1
646
東日本旅客鉄道㈱
1
911
東海旅客鉄道㈱
2
2,276
東京電力㈱
197
525
北陸電力㈱
549
1,291
東北電力㈱
378
920
北海道電力㈱
308
714
㈱みずほフィナンシャルグループ優先株 
5
5,000
その他(44銘柄)
10,896
5,406
159,894
198,459
【その他】
種類及び銘柄
投資口数等(千口)
貸借対照表計上額
(百万円)
投資有価証券
その他有価証券
ミズホ・プリファード(ケイマン)7リミテッド
0
2,000
0
2,000
【有形固定資産等明細表】
資産の種類
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(百万円)
当期末残高
(百万円)
当期末減価償却累計額又は償却累計額
(百万円)
当期償却額
(百万円)
差引当期末残高(百万円)
有形固定資産
             
建物
2,111
177
342
1,946
960
74
986
構築物
198
10
188
118
17
69
車両及び運搬具
5
6
5
6
1
1
5
工具器具及び備品
704
79
127
656
523
58
132
土地
370
25
63
332
332
建設仮勘定
390
263
127
127
有形固定資産計
3,391
679
813
3,257
1,604
150
1,653
無形固定資産
             
ソフトウェア
251
21
9
263
214
49
49
その他
350
57
28
379
167
42
212
無形固定資産計
602
78
38
643
381
92
261
長期前払費用
18
3
21
10
3
10
繰延資産
             
社債発行費
268
287
555
119
81
436
繰延資産計
268
287
555
119
81
436
 
【引当金明細表】
区分
前期末残高
(百万円)
当期増加額
(百万円)
当期減少額
(目的使用)
(百万円)
当期減少額
(その他)
(百万円)
当期末残高
(百万円)
 役員退職慰労引当金
153
18
38
132
 関係会社投資損失引当金
332
57
389
 (注) 役員退職慰労引当金の「当期減少額(その他)」は、役員退職慰労金制度廃止による役員退職慰労金の打切り支給の決議に伴う長期未払金への振替額であります。
(2)【主な資産及び負債の内容】
① 流動資産
1)現金及び預金
現金(百万円)
当座預金
(百万円)
普通預金
(百万円)
合計(百万円)
 −
22
15
37
     2)短期貸付金
 
相手先 
金額(百万円)
 富士電機フィアス㈱
 その他
45,000
2
合計
45,002
② 投資その他の資産
1)関係会社株式
子会社株式(百万円)
関連会社株式(百万円)
合計(百万円)
107,315
839
108,155
     2)関係会社長期貸付金
 
相手先 
金額(百万円)
 富士電機フィアス㈱
80,800
③ 流動負債
 1)コマーシャルペーパー 
    満期日は平成20年4月23日他であり、使途は運転資金であります。         
2)社債(1年内償還)
  「1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 ⑤連結附属明細表 社債明細表」を参照。     
④ 固定負債
1)社債
 「1.連結財務諸表等 (1)連結財務諸表 ⑤連結附属明細表 社債明細表」を参照。
2)繰延税金負債
 「2.財務諸表等 (1)財務諸表 注記事項(税効果会計関係)」を参照。
(3)【その他】
 該当事項はありません。




出典: 富士電機株式会社、2008-03-31 期 有価証券報告書